楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オレ、活躍
昨日までの山行の疲れを癒す為、今日は遅くに起床。昼の12時まで寝てた。12時間睡眠。
起きてから、ゆっくり朝食をとり、机の上の整理。入学してからの資料やら何やらを片付けた。で、今週の学校に向けて、予習しようとしたその時。電話が鳴った。
祖父が道で転倒し、軽い怪我をしたため病院にいった、というものだった。病院の手続きの関係で親族が必要らしかったが、家には僕しかいなかったため、少しあせった。病院の位置を聞き、地図をパソコンで印刷してから父のもとへ。場所は分かっていたから自転車で迷わずに向かった。合流してから、事のあらましを話し、病院へ行き、他の親戚にも会い、祖父ともども夕食を食べ・・・疲れた。
今から予習しなきゃな。
スポンサーサイト

バベル事件について
映画『バベル』で軽いハプニングが起きたようだ。
関西の方の映画館でそれを上映したところ、何人かの客が吐気を催したらしい。そういや、こんな事件が何年か前にテレ東で起きたな。
地上波放送の『ポケットモンスター』で、赤青に点滅するシーンがあり、それを見た日本の子供の何百人かが今回の事件みたいに体調を崩したやつ。ちなみに僕の兄の友人は、事件を知ってから何回もそのシーンを巻き戻して見たが、何も起こらなかったそうだ。まぁとにかく、その事件の後からアニメの放送において、テロップで
「~コナンからのお願い~テレビを見る時は、部屋を明るくして、なるべく離れてみてね」
見たいな感じなのが書かれ始めたのを覚えている。今回も、それと似た感じだろう。映画館って暗いし、画面のデカさの割に距離が近い。問題となったシーンもなんかクラブのシーンだったみたいだし。
ちなみに、僕も昔映画館で体調崩した事あります。『学校の怪談』。口サケ女を見に行ったんだけど、その直前で腹痛くなって。でも、映像には何の問題もなかったらしい。なんつーか、小学校低学年だった僕にはまだ、ホラー映画は早かったって事だな。

『ラストダストクラス』
高校2年の年をともに過ごした1組のメンバーと、今日お別れをした。一人一人が本当に個性的なこの36人が、何万分の一の確率で生まれたことを考えると、感慨深い。しかし、最初はこんな思い、微塵もなかった。クラス表が配られた時、「ダスト」だと思った。
「明日は写真を撮るので、校章の付いたバッチをつけて来るのを忘れずに」といった先生に「『バッチ』リです」と返したT君。君のことは忘れない。球技大会のバレーで同じチームだったのに、一度もパスをくれなかったE君。君のことは忘れない。文化祭で「ぬぉ!!」とか「う゛゛ー」とかいってゴツい声出してたKさん。君のことは忘れない。バレンタインデーで食い過ぎて鼻血を出したこれまたT君。やっぱり君のことは忘れない。最後に作った文集で「家が近い」ということをカミングアウトしたTさん。君のことは忘れない。前田健に似ている先生をひたすらいじったダブルYさん。君らのことは忘れない。僕の顎を9月からひたすらさすりまくったO君。君のことは忘れるかもしれない。あとN君。…は特に思い出はない。
‘’ダジャレはいつかウケる’と信じ1%の可能性に懸け続けたT君。来世にその1%は来るよ。途中から一部で変態扱いされてたサッカー部キーパーK君。守らなくちゃいけないのはゴールだけじゃないよ。バレンタインデーにチョコを作って来た男子K君。ちょっとその意味を勘違いしてるようだけどうまかったよ。なぜか年間通してラッパー気取りだったK君。社会は甘くないよ。僕のツッコミがうまいと褒めてくれたS君。それは君がグローバルな変人だったからだよ。調理実習で『油と水は跳ねる』という教訓を教えてくれたMさん。君は調理士になるべきだ。
ほんとは全員いじりたい。てかいじれる。だがそれはしない。読者が疲れる。ただ一つ、これは言っておく。
このクラスはほんとに僕にとって「ダスト」である。そう…



「誇り」である。
(2006年3月24日記録)


29日の日記
人生初の徹夜をした。寝られなかっただけだ新しく入った1年生がこの部活を楽しんでくれるかが不安でたまらなかった為だ。
山行は7時から17時。マジしんどかった。山というよりは、睡魔で。
今日は眠いからもう寝よ。とりあえず、まじおもろかったよ!!

28日の日記
この日は歓送迎初日。高校時代の山岳部に、OBとして参加した。
むこうに着いてからは完全リラックスモード。OBは楽だ。バーベキューが出来るのを待っていればいいし、温泉に行くタイミングも自由。
仕事があるはあるで楽しいが、ないはないで楽しい。
初日には交歓会がある。OBと現役の全員が一同にバンガローに会し、一人ひとりが自己紹介後に出し物をやるのだ。僕は同期O君とコントをやった。ネタが飛ぶのを避けるため、本番まではお酒は控えた。その甲斐あり、例年通り好評を博した。
交歓会でほかの後輩、先輩は、心理テストやクイズ、ものまねや歌、楽器演奏やジャグリングなど、かなりレベルの高いものを披露した。
交歓会後、現役は2日目の山行に備え就寝。OBはお酒へ。盛り上がり過ぎた。
最高の歓送迎の火蓋が、切って落とされたわけだ。

わかりました!
さっきの書き込みですが、回答わかりました。だったらさっきの記事消せよ、的なことですが。
仲村瑠璃亜さんの『君に幸あれ』でした。これいいです。
僕が好きになる曲は大体男の曲なんですが、この曲は久々の女性のヒットです。松たか子の『コイシイヒト』以来です。是非、視聴を。
ちなみに、『君に幸あれ』は、5月2日に発売です。

情報提供キボンヌ
今日ブックオフにいった。店内に流れていた曲が妙に耳に残っている。
曲名が分からない。だれか知ってたら教えて欲しい。
NHKで放送中の『爆笑オンエアーバトル』で昔エンディングテーマとして使われていた曲で、サビが
‘がんばーれー 負けーるーなぁー’
的な奴。当時は男性の声だったけど、今日聴いたのは女性の声。
情報提供、誰か頼む。

アメフトとの出会い?
今日は2限からの授業だったけどなんかきつかった。
休み時間にスポーツ新聞会の部室に行った。会ったことのない先輩に会えた。担当しているスポーツはアメフトで、僕は全く興味がない。それに、僕は野球を志望している。
でも、なんか、雰囲気のいい先輩だった。別に多くを話したわけでもなく、ただパワプロをやっている先輩にちょくちょく話しかけたって感じだったんだけど。
アメフトも、考えてみるか。

サークルほぼ決定!
先日、スポーツ新聞会というサークルに入会した。部室つきだ。
部室にはマリオカート64がある。僕はマリカーとスマブラだけは、人並みに出来る。
マリカーで一人プレーでタイムアタックをした。記録出してやった。ミニターボなしで。てか、出来ないだけだけど。
5時限目が終わった後にダンスサークルへ。入会した。一応LOCKというジャンルにした。器械体操を昔やっていたから、その経験が生きるブレイクダンスにしようとも考えたんだが、体験練習のスケジュールと、僕のそれが合わなかったからとりあえずやめた。そんな決め方でいいのか、といわれるかもしれない。いいのだ。
ちょっと前から縁というものを大切にするようになった。山岳部だって、今僕の周りにいる人だって、そうやって近づいたり離れたりしていった。今それなりにいいんだから、こういう選び方もいいでしょう。
‘縁’で決めたLOCKというダンスジャンル。僕がこれからどんな風にそれと化合するのか、楽しみである。

踊り場
階段の踊り場で、ダンス部が

■READ MORE■

反省
罪っていうのは跳ね返ってくるもんだなぁ。
先日取材として見に行った野球の試合。T大学の試合を見ながら、だいぶ騒ぎ、冷やかした。今日、その時の事を先輩に怒られました。
「記者として、アレはないよ。周りの人も迷惑してたし。ふざけないで欲しい。」
確かに度を越してました。少なくとも一生懸命練習した選手にぶつけるコメントではありませんでした。本当にスミマセン!!

ただ僕はちょっと悔しい事がある。あの場で確かに一番騒いでふざけていたのは僕です。だれが一番悪いとかは関係ないのかもしれないけど、実際僕の態度はひどかった。でも、ついてなかったのは・・・
先輩が怒っていたあの場に、
実行犯が僕しかいなかったということ・・・。
僕だけ怒られたのはいささかショックではあった。
でもこれもいい教訓にしたい。3人分反省して、3倍いい記事書いて、迷惑をかけた全ての人に対し、お詫びすっぞ!

『スーパー無理よワールド』
文化祭で恒例の企画とは何だろう。お化け屋敷か。それとも焼きそばか。バンドのバンドによるバンドか。僕は敢えて人探しゲームを推す。
そこまで人気があるわけではないのに毎年やっている。粘り強い企画である。受け付けにいって、紙をもらう。指定された人物を、校内を歩き回って見つける。スタンプをもらう。見つけた人数によって豪華な景品がもらえる。
別段大変な準備はいらない。歩ければ参加できるという山岳部のような明快さ。コスプレによって文化祭の活性化にもつながる。仕事をしながら遊びに行ける。
「人探しが一番面白かった~」
という声は聞いたことがないし、聞きたくもないが、企画としては、見事としかいいようがない。
今年の文化祭で初めてそれにチャレンジした。
きっかけは女友達Nがそのコスプレに立候補したことだった。ここ最近で流行りそう、あるいは女子が好みそうなコスプレといえば『メイド』や『ピカチュー』などであろうか。女友達Nになんのコスプレをやるのかを聞いた。Nは答えた。




「ルイージ。」

驚いた。本当に驚いた。それは最近勉強ばかりの日々を送り、刺激にかけていた僕の人生に、ワンスパイスを加えるに十分なものであった。
おそらく罰ゲームかなにかだろう。『脇の下にゴミ付いてるよ』とかいわれて、ついうっかり手を上げてしまったに違いない。僕は
「ドンマイ」
といった。これが今の僕にできる精一杯の励ましだ。Nも
「うん・・・」
と答えた。話が丸く収まったと思ったそのとき、Nは続けた。

「『マリオ』がよかった」

『向上心』という言葉が頭に浮かんだ。話を聞くと、Nは『マリオ』に自ら立候補。受験でいう自己推薦である。そして社会でいえば事故推薦だ。そしてNはその戦いに敗れた。相手より背が高かったという理由で『ルイージ』に降格したのだ。ここで特筆すべきは『マリオ』に立候補したのがもう一人いたことだ。社会では何があるか分からない。
僕は2日目からトライした。後で聞くと、人探しゲームのうまいやり方は、初日に紙をもらい、どんな店があるのか、適当にまわっているうちにあら見つかった、という方向性らしい。しかし、この日、もっとすごい奴がいた。午前中は自らの店であるトースト屋をやっていた。はじめ焼おにぎりをやるつもりで、散々議論を交わした挙句、米が使用禁止なのを知った時はどうなるかと思ったが、それでも無事にここまできたのを考えれば感慨深い。
しばらく売っていると目の前にマリオ発見。Nではない。男子だ。頬がこけて、ヤケに色白だ。クッパとの激戦の後なのだろう。僕は店から叫んだ。
「おいマリオ!!トーストいらん?」
マリオを何気なくナンパしてる自分が面白くて仕方なかった。マリオはやって来て言った。
「昨日食べたから。」

マリオが守るのはピーチだけだった。
すると僕の隣りでトーストを売っていた女子Yがなにやらポケットを模索し始めた。白い紙が出て来た。
「スタンプちょうだい。」


なにぃー!!!この人、人探ししてませんよ。売り子でスタンプゲッチュしようとしてまーす。そしていった。
「あーもうマリオのスタンプはもらってたわ。」
さらにいった。

「委員長もういいよ。」

大NGワードが出た。Yはマリオをあだ名で呼びやがった。マリオキレろ、僕はそう思った。マリオは口を開いた。

「あーごめんね。」


どごに謝る要素があるんだ、マリオ。どうしてそんなに体調が悪そうなんだ、マリオ。さまざまな疑問を浮かべる僕をよそに、マリオはワープした。
徒歩で。
ほんとはこの時僕もスタンプをもらおうとした。しかし、この時点ではまだ受け付けにいっていなかったため、僕の野望は未遂に終わってしまった。

売り子が終わり、いよいよ人探しゲームを開始。賞品は2日目にもかかわらずなかなかいいのが残っていた。いらないけど、記念にぬいぐるみをもらってやる。必要なスタンプは5つ。ノルマが2つのセンベイの方がよっぽど欲しかったが、僕はぬいぐるみを目指し、歩み始めた。
と、教室に設置してあった段ボールの家みたいなところから、騒がしい声がする。
「よーし、しばらくマジ頑張るぞ」
「てゆーかこの格好嫌なんだけど」
「あー似合うじゃん。かわいいよ。キャハハハ」
「てゆーかこの格好嫌なんだけど」

着替えてる!!!そうか、今は交替時なんだ!出て来たところを襲撃すればスタンプ大量ゲットじゃん!!待ってろよ。
しかし、でてきたのは、頭に変な耳を付けた男子Sただ一人。むかつく。教室を出て1秒後、彼を捕らえた。ほかの笑ってた連中は着替えの手伝いか何かだったのだろう。僕は2つ目のスタンプに向け、歩み出した。
目指すはもちろんルイージ。Nは初日に続いてこの日もそれをやることになっていた。果敢だ。初日はマリオとセットで歩いていたN。意図が分からん。さぁさぁ見つけてやるぜ。

しかし、不思議なもので、人探しゲームはマジめに取り組むとなかなか見つからない。明らかに人のいないPTAバザーもみてみたがやはりいない。すると、後ろから、
「ヨネくーん」
という声。『ヨネくん』とは僕のあだ名。僕のことをそう呼ぶのはNのみ。馬鹿め。人探しゲームで自ら呼び止めるとは。満面の笑みで振り返った。




制服姿のNがいた。ありえない。一体僕は何を探していたのだろう。理由を尋ねた。Nは答えた。


「もうみんなやめちゃってるよ」
時計を見ると、文化祭終了1時間前。早すぎる。しかし、そういわれたら仕方がない。人探しゲームで人がいないなんて犯罪だ。僕は1つポツリとおされたスタンプが輝く紙を受け付けにもっていった。半分寝かけていた受付は言った。


「もう景品好きなの持って行っていいよ」


どうしようもない虚無感に駆られた僕は、その場でセンベイに着手するのだった。

(2006年12月4日記録)

昨日の事だけど、日記。
高校の部活に久しぶりに行った。28、29日に山行に行くから、その挨拶だ。先月行った春山で使わせてもらった、学校の道具を返す意味合いもあった。あと、新しく入った一年生も見ておきたかったし。
一年生を見た感想としては・・・まだまだ開花してない感じ。まぁ、この時期に開花されても困るんだけどね。馬鹿、ツッコミ、ボケ、オタク、天然、作り天然、自己中、シラケ、巨人、癒し・・・どのキャラになるのか楽しみだ。もっとも、もうすでに全部いるけど(笑)
一年生の大半が帰った後、2年たちとくだらない話をして時を過ごした。お菓子の『カンパン』が部室にあったので食べた。賞味期限は今年の4月。保存状況的に微妙だったけど、ちょっと懐のでかいところを示そうと食べた。皆も食べたから、あまり意味がなかった。

午後8時からは、同期のO君と待ち合わせがあった。用事はもうどうせネタバレしてるから言っちゃうけど、今度の歓送迎での出し物の練習。コントのセリフ合わせだ。
当初は公園かどっかでやるつもりだったが、寒かったし暗かったからやめた。サイゼリ○にいった。
近況報告やメニューの注文が一通り終わり、ちょこちょこ食べていると、O君に異変が生じだした。そして一言。
「米田、帰っていい?」
オレはなぜ男にフラレかけているんだろう・・・。お前が今帰ったら、俺の目の前のこのハンバーグステーキと、タレのかかったライスはどうなるんだよ!!
しかしどうやら事態は深刻らしい。地区センターに、大事な大事なプリントを置いてきたんだと。馬鹿め。でも、どうしても今日中に取り返したいらしいから、絶対戻ってくるという条件付きで、行かせてやった。遅かったら、オメェのドリア食ってやるとまでいった。O君は、走って出て行った。
暇な時間、僕はまだ全然手をつけていなかったコントの台本に目をやった。1週間を切っている。覚えなくては。しかし、サイゼリ○といえば名物企画がある。‘子供メニュー’の間違え探しだ。10個見つけなくてはいけない。使命感を胸に、挑戦した。
しかししかし、こいつはなかなか難しく、どうしても8個しか見つからなかった。O君が帰ってきたら、手伝ってもらおう。僕は時を待った。その時だ。
強烈な腹痛発生。やばい、腹が伸びない・・・。カンパンがあたったか?それとも間違え探しが出来なかったバツか?!いづれにしてもこの腹痛はやばい。とそこへタイミング悪くO君が帰還。
コントのセリフ合わせに入った。
朦朧とする意識の中、僕がやっていたのはコントの練習だ。噴出す脂汗をぬぐいながら、僕は必死でコントをしているのだ。
全部読み終わると、僕はもうギブアップ。この尋常じゃない腹痛に屈し、帰ることにした。俺はいったい今日何の為にコイツにあったんだろう。O君が忘れ物をとりに行き、帰って来たら俺の腹痛で解散。
珍しく僕のことを心配したO君は、僕を家まで送ってくれた。彼氏か。
でも、まぁ、助かったよ。うん。
とはいってもO君!会計時間の節約の為に俺が払ったお前のドリア代、キッチリ払ってもらうからな(笑)歓送迎で会おう!

100円ショップ
100円ショップで友人が店員に言った。「これいくらですか?」
■READ MORE■

拝啓、ミルコクロコップ様
格闘技という競技はまだまだ一般への浸透性が弱い。しかし、この選手の名前は、聞いたことがある人もいるのではないだろうか。


ミルコ・クロコップ。
具体的な説明は、サイトに任せるとしてとにかくすごい奴である。立ち技のK-1ではトーナメント優勝者に勝利し、総合格闘技(立ち技も寝技もありの格闘技)のPRIDEではトーナメント優勝。あらゆる方向からの挑戦者をことごとく退け、実力で人気を勝ち取った、真のファイターだ。
彼は今、戦場をアメリカに移している。UFCという、総合格闘技の登竜門のようなところで、PRIDEでの実績を引っさげアメリカデビュー戦を白星で飾った。先日もそのUFCで、無名の選手とあたった。ところが・・・



1RKO負け。まさかの結末に場内は総立ち。一部ではK-1で頂点をも極めたともいわれている彼のKOシーンは、僕もとあるサイトで見たが完璧だった。左ハイキックを得意としている彼が、相手のハイキックで敗れた。おまけにダウン時に足首が180度曲がり骨折。長期欠場が決まった。
一部では油断だといわれている。相手は無名の選手なんだから、そういわれても不思議じゃない。ミルコ自身、過去にケビンランデルマンと言う格下(といっても強い選手だが・・・)に敗れた過去を持つ。
僕はここで彼が油断なのかどうかを突き止めようとしているのではない。ミルコの負けはPRIDEという日本の総合格闘技の負けであり、あまりにも損害がでかい事に注目しているのだ。
だからミルコ、偶然でも何でもいい。次は、勝て。
http://www.prideofficial.com/free/fighters/details/1091194912.html

たい焼きの向こう側
近くにデカいショッピングセンターが出来たから、友人と行ってみた。

まず近くの駅で待ち合わせ。「たい焼きが食べたい」って言ってたから、買っていってあげた。僕が人におごるのは珍しい。僕は変な思想の持ち主で、「親に稼いでもらっておいて何が『おごる』だよ。でしゃばんな」という感じだから。
でもなんとなく今日はおごってあげた。抹茶味二個、小倉味二個を購入。二人がそれぞれの種類を一個ずつ食べれば、440円でかなりの幸福を味わえるのではないだろうか。
結果、友人は本当に幸せそうに食ってくれた。こういうお金の使い方をしたいものだ。しかし、問題点が一つ。友人は

たい焼きの抹茶味が嫌い


だった。なんてこった。お陰で僕は抹茶を二つ食った。僕はもともとこういう甘いものを食べないから、かなりスタミナを消費した。こういうお金の使い方には注意したい。
これで終わりだと、僕は440円の半分の、220円をおごった英雄だけど、そこはさすが僕。昼食のパン150円を、友人におごってもらった。ほうれん草パンと、コロッケパン、マジで上手かった。
友人は、ほうれん草パンとチーズパンを食べていた。チーズパンをほおばる友人は僕に
「一口食べる?」
と聞いてきた。僕は
「それはそっちのだからいいよ。ありがとう」
といった。すると友人は言った。

「米田のコロッケパン分けて欲しいから食べていいよ」

・・・。僕はチーズパンを一口食べた。友人はコロッケパンを三口食べた。おあいこだ。

ショッピングセンターは、出来たてとあってなかなか混んでいた。友人は福袋を購入。僕は見てた。あー楽しかった。

仮眠グアウト
この記事の題名は『カミングアウト』。変換したらなんか『仮眠グアウト』になったから、そのままにするわ。ちょうどさっきまで仮眠とってたし。こういうのを、エッセイのタイトルに使えたらな、と思う。
で、ここでカミングアウトするのは先日書いた『再会特集』にでてきた、アルティというあだ名の由来。ホントはメンドイし、知り合いの人にはもう話したから飛ばそうと思ったんだけど、今はなんとなく時間があるから書きます。
中三の時、クラスの人気者Mはいつものように馬鹿ばっかしていた。確かあの時やっていたのは『メガネ』だ。それぞれの手の人差し指と親指をくっつけて、腕ごと手前に一回転。手首をひねらせた状態で指を何とか目にもっていく、あれだ。おおよそ、中三の奴がキャッキャ言ってやるもんじゃない。僕はその光景を見て、近くにいた友人にいった。
「アイツ・・・究極の変態だな。『アルティメット変態』。『アルティだ』。」
僕はその時から奴をアルティと読んだ。
しかし、一時間後、変な事になってきた。人気者Mが僕に向かって『アルティ』と言い始めたのだ。僕特に変態じゃないですけど。少なくとも表向きには。
噂や流行とは不思議で皮肉なものである。発信者が人気者のほうが、広まるのも早く、かつ信頼度や浸透性も高い。僕のあだ名『アルティ』はあっという間にクラス全体で使われ、しまいには「米田って変態なの?」と聞かれるようにもなった。おいしかったからいいけどね。

あだ名って普通、下の名前とか、名字の一部をとって「ちゃん」をつけるとか、そんな感じだ。僕のはあまりに斬新。気に入ったから、後日M君に、
「ごめん。あんなに広まるとは。アルティって呼ぶの、やめたほうがいい?」
といわれた時も
「おいしいからいいよ!!」
といった。でも、ちょっとういてることを感じた僕は、そいつに『ドッティ』と名づけた。由来は、プロレスラーで、『コンドッティ修司』ってのが当時いたから。『アルティ』と『ドッティ』なら、うかない。ちなみに、M君がコンドッティに似ているとか、そんなのは一切ない。ほんとになんとなくつけた。
ちなみにそのコンドッティ修二、リングネームを『近藤修司』にかえ、最近までチャンピオンやってました。馬場さんが作った、全日本プロレスっていう団体で。
http://all-japan.co.jp/profile/players/kondo.html


変化
昨日突然、僕のブログに変化が起こった。管理者ページに移行する際、パスワードを一回打てばいけるようになったのだ。今までは、何故か二回打たないといけなかった。
今までの手順はこうだ。
①IDとパスワード入力
②ENTER
③間違ってないにもかかわらず、『パスワードが間違っています』の表示。
④再度入力
⑤管理者ページの出現

この手順のうち、昨日から③と④がなくなった。ありがたい。てか今までなんだったんだろ。無駄にセキュリティーきつくないか?人のブログにそこまで侵入したい奴いないと思うんだけど。ま、オレもついにFC2に認められたってことだな。

『ボーイズベースボールシヤス』
心から対象を心配し、あまりにも感情を移入した時、人は強くなる。相手の事をただひたすらに応援する、純な心を手にするのだ。
今日、いつものように一人で大学に行き、一人で帰ってきた。僕は一人が嫌いじゃない。一人になっている時間は、自分で静かに物事を考えられるし、眠る事だって自由だ。しかし、少し今日は寂しかった。
中途半端な時間に起床した僕は、昼食が遅れ、午後三時、地元のマックでこれまた一人で食べる羽目になった。この後にもまだ外での予定があったため、チーズバーガー1つで済ませるわけにもいかない。チーズバーガーセットを頼んだ。クーポンを使った。一枚で、3セットまで有効なクーポンを。
チーズバーガーを一口。まず口に入ってきたのはピクルス。いきなりの最終回に僕はため息をついた。後半戦はポテトのMサイズとジュースを競演させた。こういう静かな時間はつい、考えなくてもいい事を考えてしまう。
‘ポテトのMサイズって、あんまり一人で完食した事ないなぁ。てかだいたい、マックって友達と来るもんなぁ。’
少ししんみりした。その時だ。ふと横を見ると、そこには中年のサラリーマン。一人で食べている。



ポテトのLだった。
不思議な仲間意識を感じた僕、は彼を強く応援したくなった。彼は力強く、てりやきバーガーを口にしていた。

先日サークルの取材で、6大学野球を見に行った。4月15日の事だ。野球の記録をノートにつけるのは忙しいが、ちゃんとある程度観戦自体も楽しむことが出来た。T大学対W大学の一戦。あれは面白かった。
T大学は毎年このリーグ戦でビリの弱小チーム。しかし、パンフレットの意気込み欄にはこんな文字が。
「毎年6位の僕たちですが、今年は一気に優勝を目指します。」
これぞ、『少年よ、大志を抱け』のお手本。最下位ではなく、6位と言っているところも気に入った。応援する事に決めた。
試合前のキャッチボールは少年野球を思わせた。ファーストがボールを取れるのは3回に一回ぐらい。暴投の嵐だ。厭な予感が立ち込める中、試合が始まる。
初回。W大学が早速先制。ピッチャーの投げる球が、僕の肉眼ではっきりと確認できた。はっきりと。さては決め球は、125キロのストレートか?僕は小馬鹿にしていた。
しかし変なことになってきた。W大学が思うように走者を出せず、また逆にT大学がチャンスと多々作るという展開になったのだ。あれよあれよと同点に。2対2だ。W大学の応援が小さくなっている。T大学はいつの間にかピッチャーを交代。そこそこの球速の奴がチームを引っ張る。
困った。応援はしたものの、さすがに勝ってほしくはない。
4回の表、W大学の攻撃。僕はつい思ってしまった。


‘打て・・・’


ぼっこぼこになるT大学。4回に4点、6回に2点、8回に4点とテンポよく長打を浴び、勝機はゼロに。ピッチャーが何か投げるのをためらっている。
‘嵐が来て終了になるのを待っているのかな’
と思った。そして僕は、
‘頼むから試合を投げないで、ボールを投げて!’
と思った。結果は12対2の大敗。さすが。そして気づくのだった。
T大の応援団が、試合途中から座っていた事に。
お疲れ!東大!!

柔術・・・じゃなくて充実。
朝ゆっくり9時に起きた。ゆっくり過ごしたあと、大学へ。
先日申告した履修の抽選結果を確認する為だ。結果は・・・
第一希望オール確定。手を合わせながら掲示板に向かった甲斐があった。
嬉しくなった僕はそのまま図書館(図書室)に直行。宿題を済ませた。んで、午後1時15分からダンスサークルの体験。僕がやるつもりのダンスのジャンルは『LOCK(鍵を掛けるように、カチカチした動きをするダンスである事が由来)』。約2時間汗を流した。


帰り際、腹が減ったからマックに寄った。一人で。飲み物が、いつもより冷たく思えた。

再会特集
今日はいろんな人に会った。
同じ学校で学部の違うK君。高校2年の時同じクラスで、ギターが上手い。彼には昔、僕は作った詞で曲作りもしてもらった。彼とは入学式以来、ほとんど会っていなかった。大学に近く出会った僕らは、その勢いでCDショップへ。K君がなにやら購入していた。そのあと一緒にお茶した。近況報告して、お互い色々心配したり計画したりしている事が確かめ合えた。
バイトに向かう途中では、高校時代の山岳部の女子部員にあった。同期だ。同じ電車に乗っていた。奇遇。
さらにさらに彼女とそのまま電車を降り、チャリを飛ばしていると、中学時代の友人、M君に遭遇。彼は僕に「アルティ」という、今後の人生をも左右しかねないあだ名をつけた奴だ。「アルティ」とは、「アルティメット変態」の略。呼ばれた動機は特にない。まぁ、話すのがめんどいだけなのだが。仕返しがてら、僕は彼を「ドッティ」と呼んでいる。特に意味はない。
いろんな人に会った今日。バイトも何とかできたし、いい日だった。

最近聞かない言葉3
‘サンボマスター’
■READ MORE■

『スーパーサムイヤ人』
最近学校に変化が訪れた。ストーブの導入である。英語のグラマー(文法)で教室を移動するクラスの半分は11月22日、事件に遭遇した。
舞台となったのは移動教室先である第二会議室。僕らはいつもここでグラマーを教わる。ストーブ係のY君はこの教室に来るなり、すぐにストーブをつけた。先生に断りなく。僕はそれはマズいだろうと思った。Y君に言った。
「あ、Y君!!…ありがと。」
先生が来た。点火済みのストーブを見て一言。
「もうつけてくれたの?ありがとう。」
ってお礼かよ!!先生それ僕とかぶってますから。ま、いい。いつもの授業が始まった。しかしここで、事件は起きた。ストーブが煙を上げ、スーパーサイヤ人みたいになっていたのだ。かっこよかった…わけがない。先生はY君にストーブを消すように言った。Y君は言った。
「でもあったかいし…」
おもしろい!僕はストーブをムービーし始めた。先生は、他の先生を呼びに、教室をでた。生徒の半分も教室をでた。しかし、なぜかストーブ付近の人達は、意地でもそこを動かなかった。ストーブはスーパーサイヤ人3までいっている。危険を察知した女子が言った。「先生呼びに行かない?」
そうだよ、それが妥当だよ。さらにいった。
「ウフフフ」
……って笑うなよ!もう一人のストーブ係のS君がストーブに近付く。ジュースを飲みながら。君しかいない、僕を助けてくれ!!彼は沈黙のあと…言った。
「…なんだよこれ(笑)」
………って笑うなよ!!
結局僕らは、一度も席を立たずに、授業再開の時を迎えるのだった。
(2005年12月2日記録)

プリントゲッチュ
先週休んだ英語の授業。僕にはその時に配られたプリントを手に入れる必要があった。
授業開始40分前から、職員室前で張り込んだ。担当の先生である、ピーター(仮称)に会うためだ。一回目の授業に出なかった僕は、ピーターの顔すら知らない。職員室に向かう先生っぽい外人全てに、
「Excuse me.」
といって話しかけた。そして3人目。ヒットした。緊張でいっぱいいっぱいになる中、僕は英語で「僕は米田といいます。先週あなたの授業をサボってしまいました。ごめんなさい。休んだのは単純に僕のミスです。もっと履修案内を見るべきでした。本当にすみませんが、先日のプリントをいただけますか」といった。かなりマジで頑張った。
ピーターは「OK」といって、僕にプリントを授けてくれた。これでこの間の遅れは取り戻した。さぁ、こっからは完全出席してやるぞ!!

合唱
大学の水曜5限の授業は音楽だ。合唱をやってる。僕は歌が特別好きなわけじゃないし、上手くもない。この授業は僕のポリシーには反するが、単位の為にとった。出席してある程度のレポートさえ提出すれば単位ゲットという、大人気企画だ。
抽選にも通った。自己アピールには嘘はつかず、ちゃんと堂々と、「合唱経験なし」と書いてやったにもかかわらず、だ。ラッキーだった。
その授業の初日が今日だったわけだ。
普通合唱というと、
①出席はある程度みんなする
②声は最初全くでない
③先生の叱責
④まだでない声
⑤パートリーダーの出現
⑥パートリーダーの涙と仲間の友情
⑦待望の大声
⑧合唱の完成
ってカンジになる。ところが、この授業は違った。最初からビッグボイス。先生からは「ピアニッシモ」の指示。そして経験者が見事に声を引っ張り、見事はハーモニーを最初から奏でた。清々しい。
みんなが単位目的でなく、合唱目的でここにいるのだと感じた。やっぱり勝負は真っ向勝負に限る。僕も来週からは、
‘最初っからラストスパート’でいく。

満員電車
マナーの悪いクズどもが増えた。満員電車で携帯をいじっていた。身動きが取れなくて大変な奴がいる中でだ。テメーの送ったメールはそんなに面白いのか?ケータイゲームの自己ベストは今じゃないと出ねぇのかよ?!

■READ MORE■

ついてない日々
1,2時限は化学の連続授業。いつものように6時30分に起きていざ学校へ。ところが・・・休講・・・。そりゃないべ~。休講の予告はなかったし、先生がどうしていないのかも不明。僕ら生徒に落ち度はない。一つ間違いないのは、確実に本当は3時間ぐらい多くもっと寝られたという事。睡眠時間返せ!!てかオレは、純粋に化学楽しみにしてたぞ(笑)
その後は、先週の木曜にフケてしまった英語の授業に宿題があったことが判明したり、その授業に参加した友人の友人との連絡が途絶えたり・・・。あと、3限の社会学は抽選になるとかもいってたなぁ・・・。今日はいやなことばっかだった。
そういや、化学の休講騒動で知り合いになった3人とおしゃべりもしたな。なんかいろいろあってその後2人ずつに分かれた。僕の相手は女子だったんだけど、正直それも辛かった。悪い人じゃなかったんだけど、なんか疲れた。女子とは話のネタも笑いのツボもなかなか合わないから、変に気を使うし。山岳部の人とはそんな事ないんだけどなぁ。やっぱり、自分に合う人といるのが一番だぁ。

いやな事が続く今日この頃だけど、今日のアルバイトはうまくいった。小学5年の国語と、高校1年の英語を教えた。塾にしてはギャラはよくないらしいけど、今、すごく満足。僕が当時、‘こう教えてくれたら分かったのに’と思ったやり方で出来てる。僕みたいな勉強のできなかった者は教える時には化ける。どこが出来ないかがわかるのは、天才にはない強み。バイト、落ち着いたらいっぱいやろ。

授業本格開始
大学のカリキュラムの履修申告が完了し、まだ確定ではないものの、正式に授業がスタートした。
雨だったため、昼は校内の店がとても混んでいた。昼食のおにぎりを持っていっていた僕には関係の無いはずだったが、一緒に歩いていた友人に付き合いいざ店の入り口へ。
人ごみは嫌いだ。僕は友人に「入り口で待ってる」といって別行動。
なかなか店内に入れない友人を尻目に僕はおにぎりに着手した。みんな我先にと入り口に向かう中、僕は一人なぜか入り口付近でおにぎりを食べていたのだ。周りでその対比を見ていた人は、さぞかし楽しかったであろう。
で、授業のほうはいきなり4ページ書いたりもしたが、それは覚悟の上。かかってこいや!

嬉しかった事
電車でたまたま前に座った人の…
■READ MORE■

最近聞かない言葉2
‘つべこべ言わずに・・・’
■READ MORE■


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。