楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


瞬座
電車で座れた。
5秒後、駅に着いたから降りた。
スポンサーサイト

『バトルヨワイワル』
先日友人から、『バトルロワイヤル』という漫画を借りた。政府によって日本中からたった一つ、対象のクラスが選ばれ、選ばれたクラスは政府による監視の下、殺しあわなければならないという大人気コミックだ。映画化もされ、もはやその認知度は計り知れない。
‘僕がこの漫画に出るなら…政府がいいなぁ。’
そんな事を思っているうちに、つい、昔の記憶を呼び起こしてしまった。
幼稚園のころは殴り合いの喧嘩をたくさんやった。当然当時は体格差などない。横にデカい奴からは走って逃げれば簡単だった。距離をとって尻を出し、『オシリペンペン』をすると、彼らは悔しがって泣き出すのだ。実際の殴り合いも負けた記憶はない。当時やってた『スラムダンク』というアニメの‘桜木軍団’というグループ名をもじって、‘一弘軍団’というのを結成したりした。主な任務は忍者ごっこ、修行、犬の世話、決めポーズの確認だった。
そして小学2年。クラスの嫌われ者、O君は何かほんの些細な事で僕と喧嘩になった。そうなったら早い。殴り合いが始まった。当時の僕はいじめだろうが何だろうが、とにかく気に入らない奴を潰すのがうまかった。喧嘩の得意技は『昇龍拳(しょうりゅうけん)』からの連続パンチ。技名は‘昇龍拳ダダダダダダ’だった。
結局僕は勝った。O君はどこかへ行ってしまった。しかし、喧嘩の中で食らった蹴りかパンチが、僕のミゾオチを直撃し、僕はしばらく激痛に耐えるハメになった。本当に負けたのは僕の方だったのだ。
それから、なにかがかわった。とりあえずイジメとか差別とかはみっともない…とS先生がいったからやめた。
現在僕は高校2年。あれから僕は負けていない………




無戦無敗だ。
(2006年1月20日記録)



めちゃくちゃっす、素で。
今日はメチャメチャだったな。
ダンスは出来なかったし、英語の授業では爆睡。アルバイトは生徒に対してイライラしてしまった。また小学校6年男子のM君だ。
彼のために色々考えてるつもり。授業前にはいつもその日のテーマを設定する。今日は「正解した時に喜び、間違った時に学ぶ」だ。
教える予定の単元は「直方体・立方体」。彼はそろばん経験があって計算力があるので、もうすでに分数の掛け算をマスターしているから進みが速いのだ。宿題に出したそれを答え合わせするところからはじめた。ところが、ミスばかりが目立つ。本人もこれには驚いたようで、とたんに授業態度が悪くなった。僕の説明も聞いてくれない。「もうやだぁ・・・この問題嫌い!!」といってばかり。
「M君、じゃあ何で出来ないか考えよう。できないのは俺が教えるから、M君は何で出来ないかを俺に伝えてよ」「じゃあとりあえず問題文を読んでみて」「俺が必死で教えるんだから、M君も必死で教わってよ」
僕がいったこと自体に、そんなにおかしい事が含まれているだろうか。でも理屈で通じないのが小学生。すごく厳しい口調で問い詰めたりもしたから、同じ部屋で他の子を教えていた室長もチラチラこちらを見ていた。
‘これはあとで僕が注意されるな・・・’
少し気になったが、授業を続けた。授業後、室長のところに自ら向かった。でも室長がいったのは、僕が思ったものとは正反対の内容だった。
「もっと厳しく言っていいよ。優しいだけじゃなくて、こっちも本気なところを見せないと。」
室長のアドバイスには本当に助けられる。これで次回からも気負わずに思い切り注意できる。
計算がもともと速い人は得だ。それをいい加減な態度で無駄にしてしまうのはむなしい。本気で注意していきたい。

迫り来るテストとダンス
情報の時間、パワーポイントを使った。あれ、おもろいな。文字の出し方にアニメーションを起用したんだけど、あれだけで相当な時間遊べる。先生への提出も完璧に行った。期末テスト期間よりも少し早い2週間後、テストがある。簿記と同じ日だ。情報は提出さえしとけば単位は来るらしいけど、ここは正々堂々とAを狙って頑張るぞ。
サークルでは、ダンスの振りが全部入った。F先輩のコマは昨日(27日)完成。で、S先輩のコマは今日(28日)完成。クラブイベント本番は7月8日だから、滑り込んだ感はあるけど、それまでに完成度を高めてみせる。土曜には、サークル内での発表がある。途中経過を見せあうのだ。しかもコマ責のF先輩は来ないらしい。がんばろ、マジで。
今日のサークルはマジ楽しかった。最近なんか、話せる人が増えてきてるし。いい仲間と、いい時を過ごしたい。

通勤ラッシュに勝った男
今通学の電車ん中。この線では、初めて席に座れた。やべっ、超嬉しい(笑)
でも、俺…あと4駅で降りるのよね。超迷惑じゃん(笑)

ダンスのご褒美
ダンスの振りがだいぶ増えた。でもそのおかげで、F先輩の方のロックは完成した。あとは仕上げるだけだ。
この間ボロボロだったのはS先輩のロック。明日特別練習がある。頑張らなくては。
最近クソ暑くて困る。練習室に入ると熱気でムンムン。準備運動だけで汗ビッショリ。基本の動きでウォーミングアップした暁には、もうヤバい。で、そのあとコマの練習が始まるわけで。飲み物は必須なんだけど、持っていくのは体積と質量的に無理。買うしかない。
大学内の自販機は少し安くなっている。普通は150円の500mlペットボトルが140円で買える。それが水なら110円。無論僕は毎日水です。
今日はなんか振りを覚えるのが早かったから、みんなの前で発表した時僕だけうまくいって拍手してもらえた。自分へのご褒美と思って、140円のアクエリアスを買おうと思った。でも、‘それとこれとは関係ないんじゃないか’という邪念が、僕にボタンを押させなかった。右の水か、左のアクエリか…


‘右だ。’

覚悟を決めて水を選択。ファイナルアンサー。
しかし、ボタンを押し間違えた僕は真ん中のレモンジュースをプッシュ。140円。しかも炭酸。
終わった。

職業にはイメージがありますから…
休み時間、合唱の先生がどこかへ全力疾走して行くのを見た。なんかショックだった。

ワイルドペガサス逝去
ここには出来るだけ暗いニュースは書かないように、あるいは書いたとしても最後は明るく読めるようにしてるけど、今日は悲しいニュースを。
プロレスをある程度知っている人ならほぼ全員が知っている、クリス・ベンワー(本名クリストファー・マイケル・ベノワ)が亡くなった。実家で、妻、子供の遺体と共に見つかったのだ。
僕は彼が大好きだった。間違いなく、世界中のプロレスラーの中で、3本の指に入るぐらい。
彼は外国人だが、新日本プロレス(アントニオ猪木の団体)に留学生として入団した異端児。ジュニアヘビー級(プロレスはボクシングのように階級がある程度ある。ヘビー級とジュニアヘビー級。前者は100キロ以上、後者は以下)でデビュー。人並みはずれた努力で、1990年にはIWGPジュニア・ヘビー級王座(新日本で一番強いジュニア選手の称号)獲得、1994年にはSUPER J-CUP(日本全体のあらゆる団体を巻き込んだ、人気選手たちが集まる大会。野球で言うオールスター戦) 1st STAGE優勝、1995年にはBEST OF SUPER Jr.優勝(ジュニアの最強を決める大会)優勝など、輝かしい成績を残している。日本での活躍後は本場アメリカに主戦場を置き、第一線で活躍。研ぎ澄まされた肉体とは裏腹に、空中技も華麗にこなす器用さと、細かいテクニックを合わせ持った理想のプロレスラーだ。
僕が彼を知ったのは、プロレスを見始めて数年した頃。当時のリングネームは『ワイルドペガサス』。獣神サンダーライガー大谷晋二郎との名勝負は今もビデオに残っている。彼のフィニッシュ前の首切りポーズにほれ込んだ。見事なブリッジで放つドラゴンスープレックスや、ド迫力のパワーボムに驚嘆した。海外に行ってしまってからはなかなかテレビで見ることは無かったけど、それでも雑誌などで彼が勝った記事を見ると、嬉しくなったもんだった。
彼が亡くなって、なんか生きる希望が一つ消えたような、そんな感じ。実際彼を慕う日本人レスラーも多く、武藤敬司カズハヤシ金本浩二などが続々と彼の訃報についてコメントしている。
しかも、彼の死は事故でも病気でもない。殺人だ。でも彼は殺されたわけではない。アメリカの警察は、「ベンワーさんが妻、子を殺し、自身は心中自殺した」と発表。僕はもう、なにがなんだかわからなかった。
大好きだったワイルドペガサスのご冥福を、心からお祈り申し上げます。
今でも、彼が大好きです。


最悪のラッキーデー
自動車の教習所に申し込みにいった。サービス期間中との事で特典としてiーpodがもらえるらしい。前から欲しいと思ってたので嬉しい。
同窓会の関係で、懐かしい友人からメールがあった。
あと、ダンスの衣装作りもした。参加率は低かったけど早く終わり、いよいよ本番が迫って来たな、と気合いが入った。
社会学のレポートの残りは明日から取り組んで土曜には仕上げるつもり。
今日はいろいろいいことがあったけど、ダメだ。日記書く気分じゃない。僕の大好きなプロレスラーが死んだ。家に帰って落ち着いたら書く。

金縛り
今日の1、2限の化学は実験ではなく講義。間違えて実験室に直行したオレ、米田。
当然実験室には誰もいなかった。でも僕は、‘授業まであと20分あるから、まだみんな来てないんだな’と勘違い。実験室の鍵もなぜかかかってなかったし、なんの疑いもなく僕は席について寝ていた。
何分ぐらい経っただろう。リアルに寝ちゃったから分からなかったけど、もう授業5~10分前なのは確か。人気がないのは、机に顔を伏せた状態でも分かった。
なんかおかしい。今日は講義なのかな。起きよっ。
そう思った。その時。
体が動かない…くそ、なんでこのタイミングに金縛りだよ!授業遅れるやん!!これで遅れたらどう説明すりゃいいのよ!?「金縛りにあってました」ってか?!嘘ついてる感丸出しじゃねぇか!
動けず声も出ないこの状況で、僕は中学の時の、社会のY先生を思い出した。中学でボディビル部を作った、コワもてでごつい、かつ優しい先生だ。彼は言った。
「みんなの年の頃、私はよく金縛りにあいました。あれは私でもなかなか動けませんでした。でもなんとか勝ちたいと思いましてね。必死で体を鍛えたんだよ。そしてある時また金縛りにあったんだよ。その時は不思議な気持ちだった。なんか勝てる気がしたんだよ。そして動けなくなった時にグーーッて力を入れた。そしたら………


動けたんだよ。」

金縛りは筋力があれば乗り越えられる。人類が導き出したこの法則に僕は懸けた。
すると……





動けなかった。
結局解決してくれたのは時間だった。授業に何とか間に合ったから、別にいいけどさ。

過去問 FROM N先輩
朝から妙に体調が悪かった。行きの電車で体調崩すかもなんて思ってたけど、チャリで駅まで向かってる途中でリフレッシュ。回復した。
そろそろテストの香りがしてきましたよ。7月18日からですわ。語学とかはその1週間前だけど。
休み時間に図書室に行った。うちの大学の図書室はすごい。映画コーナーがあった。各自勝手に見られるブースがあって、イヤホンで音が聞けるの。映画も、資料系ばっかかと思ったけど『バックトゥーザフューチャー』とかあった。もうTSUTAYAはいらないぜ。
3限後、小、中、高、大と学校が同じN先輩に過去問を貰った。1科目だったけど、ほかの教科についてもすごくいいアドバイスをくれて、参考になった。持ち込み可のテストも高校時代同様、気を抜かず頑張りたいと思う。
あ、高2のクラス会の掲示板の事だけど、やばいわ、いい意味で。懐かしい名前がズラリ。12通来ました。クラスの人数にはまだ程遠いけど、ゆっくりたまっていって欲しいと思う。目標は20ね。無理かな?
ではでは。

K-1オランダ大会の感想
K-1オランダ大会が放送された。感想書きます。
①ブレギー(2メートルの人)の試合全て
感想の分け方いきなり粗雑だけど巨人ブレギーについて。ぼくはそこまできらいじゃない。K-1巨人時代はつまらないけど、強けりゃいいと思う。それより、準決勝で負けたのに、客の反応をいい事に勝った気になってセコンドと手を上げてたあのクソ。名前は「マゴメド・マゴメドフ」。なんだそのドラえもんの道具並みにふざけた名前は。アイツ、伸びる気配なし。決勝は劇的でよかった。倒れ方も気持ちよかったし。
②天田ヒロミ将軍(日本人のケンカ屋。昔入場時にのぼりに決着方法を予告していたが、一度も当たらないのでやめたという経緯がある)対スロウィンスキー
仕事師天田が見せた。『日本代表』という肩書きを引っさげ、明らかに日本人だからというひいきで上がったこのリング。見事に散ってくれました。ローキックによる魂折れ。彼は明らかに口で「ヤバイ・・・」って言ってました。折れましたか。やっちゃいましたか。てかもう日本人枠いらなくね?でも、ここですごい定義に気づきます。オランダ大会の天田、ベガス大会の富平、日本大会の中迫・・・この日本人三人衆はそれぞれ仕事を分担し、世界中でKO負けされ続けています。彼らの行くところにKOあり。これからもよろしく!
③シュルト(2メートルのK-1王者)対モー(絶好調)
つまんなかった。モーが奇跡を起こすことを期待していたのだが、可能性が見られなかった。モー少し対策を練るべきだったのではないか、モー。あと、最近試合しすぎでは?モー少し身体を大切に。
④マヌーフ(ちびマッチョ。先日、逆下克上)対カラエフ(兄貴が大好き)
意外な結末。ちびマッチョ勝っちゃったよ。マヌーフはそろそろ捨てられると思ったんだけど。インパクトがあって面白かったけど、できれば名勝負が見たかった。
⑤沢屋敷(老いぼれのバンナに勝ったことで、ニューヒーローになった人)対ヴェルモン
つまらなかった。てか僕、日本人ファイター基本的に否定的なので。こいつと武蔵は特に嫌い。曙は論外。
⑥HIROYA(16歳ぐらいの人)対タン
プレッシャーに打ち勝ったのはすごいし、同じ十代として応援したい。でも相手は食わせもんなんだから食わなきゃ!KOして欲しかった。
⑦ピーターアーツ(結構好き)対サップ(野獣)
僕の家族の試合前勝敗予想は多岐に渡りました。
「サップ再逃走」
「裏をついたアーツの逃走」
「ホーストの逃走」
「サップの逃走でホーストが試合に出てきたが、アーツも逃走してホーストの不戦勝」
「大地震」
「サップのKO勝ち」
・・・みんな言いたい放題でした。試合については2ちゃんねるのほうが面白く書いてるからそちらへ(笑)
てか、テレビもサップの『逃亡』いいすぎ。サップ出づらいじゃん(苦笑)その逃亡事件だって、実はホースト戦で試合直前に八百長を提案されてキレて帰っただけのことでしょ、ぶっちゃけ。Kー1の試合直前に「契約上のトラブル」があったって、他にどう理解できんの?だからK-1は、もう罪を誰かにきせんのはやめたほうがいいよ。ダニ川いい加減にせい。
弱いサップが格闘技を引退し、ヌル山は大山を道連れにして追放、ダニ川は・・・普通の社員で。美味しい処分にすらしない。
では、勉強してきます。

ダンスやっちった
ダンスやばい。
今日やったのはF先輩のロックと、S先輩のロック。S先輩のロックは毎週月曜と日曜に行われる。僕は月曜日バイトがあるから、その分他の日に行って自主練しなければならない。で先日、S先輩(←上に書いた人とは別人)にお世話になったわけだ。
教わったあと、僕なりに自主練した。で今日を迎えた。今日のS先輩のロックでは、自分たちの踊ってる姿をビデオでとる企画があるらしい。でもいつもと何の代わりもない気持ちで行った。
しかし、行ってから知ったのだが、このビデオ撮影はどうやら全体ではなく個人を撮るらしいのだ。そして先週の月曜にこれをやっていたほかの奴らはそれを知っていた。それもあって、僕が思った以上に皆が振りを覚えてきていた。そして迎えたビデオ撮影。
真っ白になった。撮影のちょい前に踊りの一部が変更になったのも一因だが、それは皆同じ条件。僕は油断していた。もうあんなテンパリかたしたくない。次回はもっと練習してから行く。
あっ、K-1終わったので、今その感想書きます。

最近聞かない言葉8
‘ハラハラドキドキ’
■READ MORE■

あ、忘れた
『ライアーゲーム』最終回の後半一時間は面白かった。兄貴が横で「もしかしたら『最終回』ってのが嘘なんじゃないの」なんていうから、ハラハラドキドキしてた。『ハラハラドキドキ』って最近聞かないね。
今、ダンスをしに学校に向かってる。電車の中。帰りに車の教習所に手続きしようと思ってたんだけど、印鑑忘れました

集まるか!?高2クラスメート
昨日書き忘れたが、今また幹事風のことやっている。高校2年の時のクラスで集まろうっていう企画。
いつもはクラスの委員長がやっていたのだが、都合があって僕が。いや、事の発端は僕にある。
高2のクラスのホムペはかつては隆盛期があったものの、さすがに今は過疎化している。掲示板には、僕ともう一人の友人Kが何週間かにいっぺん書く一言ぐらいしか、書き込みがなかった。
‘仲のよかったこのクラスも、こういう時が来るんだな…’
ふとそんな事を思った。しかし、同時に一つの可能性が浮かび上がった。
‘夏休みに同窓会があるかもしれん’
3月にあった同窓会は、僕は山岳部と山行に行っていたので欠席した。高校時代はマネー面であまり出席できなかった。この夏、もしあるなら出たい。でも、あるかないかわからない同窓会のために、早くも予定が埋まってきた夏休みを空けておく事はできない。そう思い、僕は自らモーションをかけた。掲示板にこう書いた。
「今年はクラス会ないんかなぁ…」
クラスの委員長から返信があったのはその何日か後。
「じゃあヨネが企画してよ(笑)」
決まった。どうせ決まったなら、早めに決めてしまいたい。即座にかつてのクラスメートに提案メールを作成。36人中、19人のアドしか知らなかったから、あとは委員長に転送してもらって準備完了。全員に情報がいった。
僕はちょいと頭を使った。メールには「日にちややる内容の案を募集」としたが、その返信先を僕の携帯ではなく、あの掲示板にしたのだ。これにはいろんな意味がある。
①僕の携帯がパンクしない
②いざという時に僕任せにならない
③みんながみんなの意見を見られる
④日程の決定が、主観ではなく人数の問題である事が証明される
⑤同窓会にいけない人も、掲示板での交流が可能
⑥過疎化した掲示板は復活

いい作戦だ。昨日こそ掲示板へのアクセスは皆無だったものの、今、少しずつ増えてきている。さ、掲示板の話だけまとめて、あとは丸投げしよ(笑)

迷いの種、ダンスチケット
ダンスサークルのクラブイベントが迫ってきた。結局日程は7月8日だ。それは嬉しいんだけど、ちょっと痛手が・・・。2コマ分の出番がある僕は、チケット2枚を誰かにさばかなくてはいけないらしい。チケット1枚は1500円。もしさばけなかったら、僕の負担になる。友人に「ダンスに見に来る?!」的なことは一応言うつもり。でも無理でしょうね。正直自分で言うのもなんだけど、値が張りすぎ(笑)僕ならどんな友人でも買わんね、うん。1500円だよ、1500円。んで、肝心の僕が出るのは数分でしょ。普通に考えてこの条件下でチケット買うのは相当のダンス好きか、相当の暇人か、相当の富豪ぐらいだね。うん。さぁ、ここでこのブログの読者に質問。





僕のダンスのチケット、買ってくれませんか?

今日はダンスのサークルもないし、学校もバイトもない。1日ゆっっっくり・・・レポート書いた。社会学のレポートだ。800語で授業の内容をまとめ、1200語で自分の意見を書く。これを3講義分。今日は2講義分書いた。計画通り。でもちょっと疲れたわ。
今、ドラマ『ライアーゲーム』がリビングでついてる。最終回3時間スペシャルだっていうから期待していたら、これまでの2時間はこれまでの総集編みたいな感じだった。何考えてんだよ(笑)いくら嘘をつくドラマだからって、視聴者をだますとは・・・。やられた。

塾イマイチ?
塾のバイトは放棄せずに行ってきた。今日も1対2。小学校6年のM君と、体験生の中学2年のIさん。
Iさんはシャイなタイプで、なかなか自分からはしゃべってくれなかった。笑いをとろうとしてもほとんどノーリアクション。力むといけないと思って、僕も自然に話す事にした。教えたのは英語の過去形と未来形。テストが近いらしいので、いっぱい知識を詰め込んであげたかったけど、過去形の理解の方が、イマイチできていないようだった。疑問文にしたり、否定したり、動詞の過去形を覚えたり・・・ここはムズイからね。
M君の方は相変わらず集中力不足。1対2でこれはとても辛い。すぐにあきらめてしまうのはもったいないから、必ずこの癖を直してあげたい。
以前僕が連立方程式を教えたOさんの体験期間が終わった。どうやら、入会はしてもらえないようだ。正直、凄く意外な結末であり、同時に凄くショックだ。上手く教えられた自信はあったし、向こうも満足していた感じがあったし。室長からやめる理由を聞いたら「個別授業より集団授業の方がいいらしいよ」っていってたけど、明らかに僕の力不足。室長も、僕に遠慮する事なんかないから、僕のダメだったところをちゃんと教えて欲しい。てか一番いいのは、自分で気づくことなんだけどね。
あっ、中学校2年のM君は入ってくれるそうだ。妙に僕にケンカ腰だった感じがあったけど、彼も入る気がしていた。ただ、僕は彼を教える事ができない。部活の関係で、通う曜日が変わってしまうのだ。なかなか上手くいかんね。今日はちょっとショックよ。

放棄しない日
今日は6月22日。374年前の今日、ガリレオは宗教裁判で地動説を放棄した。192年前の今日、ナポレオン一世が再度退位し、権威を放棄した。66年前の今日、ドイツが独ソ不可侵条約を放棄してソ連に侵攻した。
今日6月22日は、‘放棄の日’なわけだ。
歴史ってものは偉大で、どんなに今努力しても過去の事は変えられない。また「歴史は繰り返す」という言葉にもあるように、歴史というものには現代にまで影響力を持っているような印象すらある。
逆に言えば、僕が今日という日を‘放棄しない日’にすれば、その事実は未来にやって汚される事はなく、さらに今後の歴史に影響を与えうるという事だ。俺が時代を変えてやる。
勢いよく飛び出した今日。いつもは電車の中で携帯を見る。寝て乗り過ごさないように真剣に見る。しかし先日は凝視しすぎて疲れて眠ってしまい、結局乗り過ごした。今日はそんなわけにはいかない。学校の教科書を読んで勉強した。なぜか眠くはならない。やはり今日は気合いが違う。ドアに寄りかかれる微妙なスペースを駆使し、満員電車でも本を持っていた。さすがに読めはしなかったが。その時。
ドアが閉まった。やってしまった。
胸に抱えた僕のショルダーバッグのファスナーのつまみが戸袋に引き込まれてしまった。くそっ。こいつはこのクソ短い期間に2度も修理に出された僕の相棒だ。慎重に引き抜かなければ。
しかし僕は気づいた。このファスナーのつまみの先端がタマ結びされている事に。引き抜けん。下車する駅まであと4つ。
そうこうしているうちに次の駅に着くようだ。僕は思った。
「ガリレオ!!」
こちらのドアが開き、救出に成功。ガリレオありがとう。君のおかげで無事僕の盟友は一命をとりとめた。地動説は僕が証明しとくよ。
1限に無事間に合った。しかし・・・


先生が授業を放棄した

休講報告もなしに来なかったのだ。僕のあきらめない心を踏みにじりおって。
2限の私法基礎は無事クリア。あとは英語のリーディングだ。寝ないようにガムを装備。僕は授業を放棄したりしない。



途中の数十分、記憶がない・・・・



ガリレオ!!!

S先輩に大感謝
英語のレポートを提出してきた。出来は自己評価でもあまりよくはないけど、それでも必死で作ったもんだから後悔はない。大学のレポートデビュー戦が英作文800字。それにしちゃ、よく奮闘したと思う。
授業後はダンスサークルへ。自主練ですわい。かれこれ2時間、ビシビシやった。最近笑顔の素敵なS先輩が自主練時によく話しかけてくれる。んで、月曜バイトで休んでいて置いていかれたダンスの振りを丁寧に教えてくれる。本当に助かっている。今日もずっと教えてくれた。んで、最後は2人で一緒にあわせて踊った。今日覚えたばっかりだったから、全然完璧ではなかったが、次の練習日までにはおかげさまで間に合いそうだ。
練習が終わったあと、S先輩と途中まで一緒に帰ってきた。途中、「○○と△△がサークル内で付き合っている」という話になって、いろいろ情報をくれた。別に僕には関係ない事だけど、なんか貴重な情報を手にして嬉しかった。高校時代でさえこんな事なかったから、明日からうっかりしゃべらないか不安だ。まぁ、皆知ってる事らしいけど。
もともと僕は人の秘密を知りたくないタイプ。情報というのはどこからバレるか分からない。もしAさんが僕にしか教えていない情報を何らかの経路でBさんが入手し、それを広めたら、疑われるのは僕だからだ。
そんな理由で、秘密事はなるべく知らないようにしている僕。S先輩が、さらなる情報をくれようとしたが、それはやめておいた。
人間、持つ情報の量は程々がいい。

時空を超えた和解
定期テストの過去問がなかなか集まらなくて困っている。先日、ダンスのサークルのF先輩にちょうだいメールを送った。返事はこなかった。だから高校時代に通った塾のチューターで、色々世話をしてくれたM先輩にもプリーズメール。華麗にシカトされた。なんでだろ。過去問を求めることって、失礼なのかな…。大学では普通だと思うんだけど。
小中高大すべて学校が同じで住んでいる地区もこれまた同じでそれでいてイマイチ強い交流がないN先輩にもヘルプメールをおくった。ついに返信あり!何個かもってる科目があったらしく、今度コピらせてくれるらしい。ありがたや。本当に助かる。
しかしまだまだ集まらない科目は多い。早く返信来ないかな…。
中国語の中間テストが帰って来た。ケアレスミス0の素晴らしい大学デビュー戦だった。平均点より10点以上とれた。必死でやった甲斐があったな~。期末がこれで少し楽になったけど、変わらずベストを尽くしたいと思う。
空き時間に文献を集めにメディアセンター(図書室)へ。この土日に社会学のレポートを書くからだ。大学の図書室とあって、数はとんでもなかったが、良さそうな本はすぐに見つかった。あくまで参考にするだけだから、全部読む必要は無い。小学校の時の読書感想文より遥かにいい。でも、さすがに90分でレポートが出来るわけは無く、本を借りることにした。僕は中学校1年以来、学校で本を借りたことがない。中学の時借りたのだって、授業で半強制的に借りさせられたものだ。小学校1年の時、返却しなくちゃ行けない図書の本を家に忘れ、泣いて帰ったのがトラウマになってるのかもしれん。とにかく、大学1年にして、長きに亘る僕と図書室の確執が解けたわけである。


馬鹿ども結集
化学の実験で「中和滴定」をやった。高校二年で理系だった頃、一度やったことがある実験だ。その時は、僕はほぼ何もできずに友人に頼ってしまっていたので、今回は決めてやろうと思っていた。
隣の席の人と、序盤は一緒にやることになっている。しかしコイツがかなりウザイヤツなのだ。毎回授業に遅刻してきては、実験のやり方をしつこく僕に聞いてくる。迷惑すぎる。講義を聞かないあいつが悪い。今回も案の定遅刻。まわりの人たちは、わからなくなったら教えあえる環境なのに、僕にいたってはただお荷物を抱えているだけ。
中和滴定は、ほぼ僕の独壇場で進めた。まぁ今回は、途中でわかんなくなった時に助けられた時があったのだけど、ほんとに勘弁して欲しい。んで、オレより先にレポートを書き終えて先に帰るのは、ほんとにやめて欲しい。
今日は学校が終わってから、高校に直行。後輩に過去問を渡す為だ。後輩Kははたしてコピー代50円をくれるだろうか・・・。
待ち合わせの教室には、時間通りに着いた。Kは
「お忙しいところほんとにありがとうございます」
と僕を迎えた。礼儀スゲェいいじゃん。さすがにここまでは期待してなかったのに。そして過去問を渡すと、
「あぁ助かりました。どうもありがとうございます。お礼にこれをどうぞ」
といって、隣の机を指差した。机の上にはペットボトル。500mlのお茶がそこにあった。おいおい、150円ものじゃねぇか!?オレはお前に50円しかかけてねぇぞ!!後輩のビックリするぐらいの配慮を清々しく思いながら、僕は彼に最近の部活(Kは高3なのですでに引退しているが・・・)の状況を聞いたりした。このあと、高校時代の部活、山岳部を襲撃するからだ。
部室に着くと、そこには同期のN君がいた。俺が呼んだ。後輩Kもちょっと部室に来たかったらしく、3人で話していた。すると今度は同期O君が入場。俺が呼んだ。てか、この機会に同期の4人全員を集めたのだ。全員来られたのは奇跡。同期O君、N君、後輩K、僕で爆笑トークをしていると、今度は同期U君の登場。くそっ。
少し盛り下がったと思ったら、O君がU君の変化に気づき爆笑。彼のあごに、数ヶ月前にはなかったひげが装着されていたのだ。
「U君どうしたそのアゴのプロテクター?!」
O君は叫んだ。同期N君は言った。
「カビ?!」
ひどいいじられように満足げなU君。
後輩たちと合流後も、あのアゴヒゲは異彩を放っていた。そして部室に戻り、後輩と話しながら時刻は7時をまわった。ここでようやく最後の同期、Nさんの登場。全員そろった。まだまだ後輩たちとも話したかったが、何しろここは学校。さすがに限界だと思い、僕ら同期は後輩と別れたあと、夕食を食べに行った。
U君だけチャリじゃなかった。夕食の会場はだいぶ離れたサイゼに決まった。U君はバスに乗車。僕ら4人はチャリ運行。U君との2人乗りをかたくなに拒んだN君にが印象的だった。
サイゼに先に着いたのは僕らのほう。先にオーダーさせてもらった。品が出てくるとU君到着。彼の座れるスペースはそこにはなかった。まぁチャリがなかった彼が悪い。席に座ろうとしたU君に、みんなはドリンクバーを持ってくる様に指示。まぁチャリがなかった彼が悪い。
皆がある程度食べ終わると、デザートの雰囲気になってきた。Nさんが珍しく、U君と絡む。
「U君、これおいしそうだね」
アイスを指差すNさん。苦悶の表情のU君。店員をボタンで呼び出す僕。店員が来た。
「このアイスをお願いします」
彼はこういうしかなかった。
U君がちょいと食べると、早くもNさんは奇襲を仕掛けた。横取り。食いまくり。さすが、山岳男塾・塾長。
続いてなんとなくポテトを追加注文する流れに。しかしU君はすでに369円のアイスを負ってしまっている。そう簡単に払ってくれるわけがなかった。
「U君てほんといい奴だよな。ポテト食う?」
僕はそういったがだめだった。
強行作戦に出て、無理やりボタンを押してみた。しかし、さすがのU君も我慢の限界だったようで、今回ははまらなかった。結局今回は僕がボタンを押したと言うことで、僕が払う事に。249円だ。U君。これでチャラだぜ。
楽しく過ごせた午後4時からの6時間。明日からまた、頑張るぞ!!

今は両面コピーの時代っしょ
このブログを書き始めて初めてさっき、アクセス時に「混雑していて今はつなげません」的なことが表示された。1時間の間に、確かに結構立派な数のアクセスがあったようだ。嬉しい。でも危なく日記が書けなくなるところだったので、正直イラッとした。
疲れる一週間が始まった。月曜は3時間だからまだ良いが。帰ってきてから、明日の部活襲撃に向けて準備をした。といっても本当の目的は後輩に過去問のコピーを渡す事。準備ってヤツはそのコピーをとりにいっただけのことです。近所にコピー機を使わせてくれるところがあるので、タンクトップのまま出陣。ところが、ここのコピー機では両面コピーが出来ないそうだ。バカ言え。そんだけでこっちは20円も損する事になるんだぞ。俺は自分で言うのもなんだが今回は恩人的ポジションだ。オレが出費する事でさえおかしいのに何が50円だよ!!両面コピーで30円にするというオレの計画を乱すな。
黙ってその場を去った僕は、最後の砦、セブンイレブンに直行。しかし、ここでも両面コピー機能にはめぐり合えなかった。おい、全然イイキブンじゃねぇぞ。バイトの時間が迫り、これ以上の移動は避けたかった為、仕方なく50円でコピーした。はぁ・・・。後輩には一応メールでさりげなく「明日ちゃんと『コピーして』持ってくから心配すんな」といってある。もし気が利けば・・・てか常識があれば払ってくれるはずだが・・・ま、無理だろうな。何せ、あの山岳部の後輩だもん。金のかかる人助けって、ボランティアより辛いじゃねぇか・・・。さすがに後輩には「コピー代払え」とはいえんしなぁ。
コピーを終わらせ塾のバイトへ。遊んでる時間はない。中学校受験をもくろむ小学校5年の男子に、小数の掛け算・割り算と三角形・四角形の角を教えた。宿題にしてあった小数の問題の正答率がとても悪く、授業の半分近くの時間をそれに取られてしまった。無念。
で、その子の後は中学校2年生の女子だ。連立方程式の利用。はじめはスラスラいってたんだけど、速さとかが絡んでから急に顔が曇り始めた。「は(速さ)じ(時間)き(距離)の法則」を使ってあげたら、
「それは‘木’(距離)の下の‘は’(速さ)げ‘ジ’(時間)ジイです」
と直された。悔しかったから木の下に禿のおじさんがいる絵を描いてやった。笑われた。
その子は今日、先日学校で行われた定期テストの問題を持ってきてくれた。僕の塾は、定期テスト対策も行っているから、貴重な資料となる。僕がそれをコピーする事になった。ところが、大変だった。
過去問として使うから、問題用紙に書いてあるさまざまな印をまず消しゴムで消さなければならないのだ。その子は、自分が解答用紙に書いた答えはもちろん、様々な落書きを施していた。「眠い」とか「うそつきおばさん」とか・・・意味深すぎる。
結構な時間を吸い取られ帰宅。明日の為に今日は早く寝たいけど、まだ宿題があるからがんばろ。
あっちなみに僕が明日後輩に渡す過去問には、落書きは一切ありませんでした。自分の答えとか、他の印もしっかり消したし。僕は完璧。あと残る問題は、後輩に常識があるかどうかだ。

『幹事の惨事』
幹事というのはこんなに大変なのか、と実感した。
ダンスサークルの飲み会の話だ。幹事になったきっかけは単純。ダンスの練習場で自主練をしていた時だ。隣りにいたF先輩がいった。
「今度の飲み会の幹事決まっとらんのだけど、ヨネやっとくれん?店予約するだけやから。」
F先輩は同じロックというダンスジャンルで一番うまい人。普段すごくお世話になっている。断る理由はなかった。
「あ、じゃあやります。」
これがまさか、あんなことになるとは…。




店の予約を取って当日を迎えた。待ち合わせは東京・新宿東口。『日本で一番危険な場所』とも言われるこの地に、一人で出向いた午後7時。待ち合わせ時間になり、みんなを連れ店に直行。途中、明らかに怖い系の人がいた。そしてその数メートル手前には、『暴力団を追放しよう!』のポスターが空しく風に煽られていた。店に向かう途中、一人で来たと思われる少年がいた。




階段で寝そべって本を読んでいた。少年、馴染み過ぎだろ。君の年で貫禄はまだ早い。BOOK・OFFに行きなさい。
店に着いたのは予約時刻より10分早い7時50分。店の前で待たされた。イスすらない。回りのみんなが無言で僕をチラチラ見ていた。すごく居づらいが僕は何も悪くない。今のところ、僕の幹事っぷりは完璧だ。強いて言えば少年を正しい道に導いてやれなかったぐらいだ。必死にトークでつないで、時間を待った。
時間になって、ようやく店にいれてもらえた。これで僕の任務は終了だと正直思った。しかし、
「テーブルはここ?」
「靴はどうすりゃいい?」
「料理うめぇの?」
「Qoo頼んでもいい?」
など、みんな質問し放題。いや、僕そこまでは分かりませんから。Qoo飲みたきゃ頼めよ。
15人なのに、1m×2mぐらいの1テーブルにおさめられた。狭い。うちらが力士だったらどうするつもりだったんだ。コップが来るまでみんなジッと時を待ってる感があった。
コップ来た。F先輩がコップを持って一言。





「じゃあ乾杯を幹事から。」
いや、先輩が勢いそのままにやりゃいいじゃないですか。しかし、正直覚悟はしていた。セリフはもう考えてあったのだ。「今日はお忙しいとこお集まりいただきありがとうございます。F先輩とS先輩をリーダーとした、僕らロックの栄光を祈って…乾杯!!」だ。ほどよくウィットに富んでいて、かつ流れは損なわない。僕はその場に立った。
「今日はおあちゅま…」
終わった。回りがオイオイ言ってはやし立てとる。負けない。僕は続けた。
「乾杯。」

無念すぎる。しかし、この後は会は順調に加速。F先輩はビールを一気飲み。1年のR君はコールを先導。K先輩は早くも顔が真っ赤。H先輩とS先輩はまだこの場に到着していない1年のS君のために料理を少しずつ取っていた。みんなそれぞれに盛り上がり方があるなと思った。
なぜか飲み会の席に必ず出てくるカッパエビせんのデカさに、食うペースを乱されながらも僕らは会を楽しんだ。無事、1年のS君も合流。途中会計も済ませたし、仕事はほんとにほんとに終わりである。しかし、さっきからF先輩がチラチラこっちを見ている。そしてついに仕掛けて来た。
「ヨネーお前酒強いんか?」
先輩その手にはかかりませんよ。「強い」はいうまでもなく、「まぁまぁ」もこの場合は禁句なんでしょ。僕は大声でいった。
「弱いです!!!!!」
僕の拒否反応を不審に思ったF先輩は、次の攻撃を考えているようだ。こうなりゃ先手を打ってやる。
「さっきから全然飲めてないんです!!!」

目の前に2つのピッチャー(デカい酒の入れ物)が出て来た。「立て続けに飲めるように」F先輩は2カップになみなみとついだ。酒の名は『ルシアン』。アルコール25パーセントの強豪だ。くそ。回し飲みなら、口だけつけて喉を動かせば、飲んだフリができる。着物だったら、こっそり袖に入れちゃえばいい。でもあいにく無理だ。強烈なコールの中、僕はバカバカしく思いつつも飲んでいった。なんか途中目の前に川みたいのが見えたが、あれはなんだったのだろうか。
その後、F先輩に「踊れ」と命じられたので、フラフラになったフリをしながら踊った。実は先ほどの一気飲みの際、僕は口に含むだけ含んで、あとで少しずつのみ、直後にウーロン茶を飲んだりしていたので、酔いはそこまではまわっていなかったが、盛り上げるための芝居としてはあれ以上のものはなかった。
その後も黒緑色にミックスされた液体を飲まされたりした。僕のやられ具合もあり、会は無事お開き。
「ゼッテー次からは幹事やらない」
と心に決め、僕は新宿を後にした。
今日、昨日飲み会をやったロックの奴等と練習してきた。






僕のあだ名が「ヨネ」から「幹事」になっていたのが気になった。



(2007年6月17日記録)


アンラッキーデー
朝からダンス。昨日の飲み会ではベロベロだった人が普通に華麗に踊ってたのには驚いた。回復力は偉大だなぁ。猛烈な暑さの中、3時間踊った。クラブイベントまで時間がない。でもまだ曲が半分も終わっとらん(笑)やばすぎる…。
ここで残念なお知らせ。7/8に予定されていたそのクラブイベント。延期になった。7/15だとさ。なんかテンションガタ落ちだわ。日程延びるのはフリ覚える時間増えるからいいんだけど、その分緊張感だったりとかがなくなるからな。しかも7/18からテストだからね…。いつ勉強すりゃいいんだ…。こうなりゃヤケクソだ。テスト勉強そろそろ始めるわ。遊ぶ時間も減らす。
もう一個。飼っているカメに使ってる保温球がさっき割れた。ショックすぎ。落とした僕が悪いんだけど、これまで落ちても割れたことなかったから。嫌な事って続くもんだな、いい事はなかなか続かんのに。そのあとは母親が破片拾ったり、掃除機かけたりしてくれた。僕は呆然としてた。無力。
あ、今日父の日らしいね。じゃ。

飲み会の幹事ですわい
日記書くの遅くなっちった。一応言っとくと、今から書くのは昨日、つまり6月16日の事なんで。
いよいよ幹事の任務遂行の日だ。ダンスサークルの飲み会は20時からだったから、とりあえず朝はレポートやった。英語のヤツ。「子供は親の期待や国の風習によって、将来の夢を決めていいものか」だってさ。『800~1000字』の文なんていつも書いとる。舐めんじゃねぇ。

そう思っていたが・・・痛い目にあった。日本語なら30分で完成できる。しかし、ここでいう『~字』とは、イコール『~単語』の事だったのだ。英語で書く800字は長い。あらかじめ登下校の時間を使って作っておいた基本の文に限界まで肉付けして、802単語にようやく辿り着いた。あとはワープロでこれを移しゃいい。飲み会の時間が近づいたので、フィニッシュは明日・・・てか今日に回して家を出た。
待ち合わせ時間の1時間半前に最寄り駅に到着。また東京だ。駅を出ると、人ごみで歩けなかった。持っている地図で場所を把握したかったが、バカデカいビルたちのせいで目印が見当たらない。野生の勘で進み始めた。人間最後に頼るのは勘だ。火事場の馬鹿力ってやつよ。



間違っていた。駅のオバちゃんに交番の位置を教えてもらい、そこで尋ねた。おかげでその後は簡単に店に辿り着いた。幹事の僕はここで飲み会開始の1時間前までに予約代を払う事になっていた。時間まではまだかなり時間があった。よし、とりあえず第一任務は完了だ。
次は待ち合わせ場所の確認。簡単に見つかってとりあえず安心したけど、今日の僕は幹事として、みんなが無事にここに来られるように手配しなければならない。もう一度駅に戻って、わかりやすい道の説明のメールを打ちながら、歩いた。そして戻ってきた20分ぶりの待ち合わせ場所。集合20分前にいたのは僕ともうひとり。1年のヤツだ。
ところが、結構話してるのに他の人は一向に来ない。いやもう3分前ですが。メーリス(=メーリングリストのこと。これに団体で登録しておくと、そのメンバーにメールを一斉送信したりできる。わかりやすくいうと、私用のメルマガ。)の本文にさっき作った道順案内をのっけて送信。そうこうしてたら、メンバーが10人ぐらい集まってきた。メールリス意味ねぇじゃん・・・。
集合時間より少しずれたけど、無事全員集合。飲み会開始。15人ぐらい居たのに、用意されてたのは1テーブル。文字通り、肩身の狭い思いをした。先輩に乾杯を任されたり、料金の途中払いをやったり、シラケないタイミングを見計らってお金を徴収したりで結構きつかったけど、料理はスゲー上手かった。
この後、「幹事だから」とアルコール度25の『ルシアン』っつー酒をコップ2杯分一気飲みされられたり、みんなの前で立って踊らされたりしたけど、演劇部で培った芝居で酔ったフリをしたから、最後の日本酒はパスできた。
2次会はなし。僕の任務はここまで。回も盛り上がったし、僕はこれ以上は責任持ちましぇん。あー楽しかった。
でもあれだな。やっぱ僕は酒の一気飲みコールとかはあんまり好きになれないな。ガキが大人ぶってなんかをするのが嫌いだから。カップルがペアで指輪を買ったり、タバコをふかしたり、このコールだってそう。僕らガキは、所詮ガキなんだから、ガキらしくしてりゃいいのにと思う。ま、高校生は(大学生以上に)酒はダメだし、大人になって職に就いたらこんな事やってられないから、いましかやれないことではあるんだけどね。
その点、4月に行った山岳部との歓送迎はよかったな。みんな自由に飲みたい人が飲んで、コールは一切なし。トーク中心の展開だったから。ああいうところも山岳部の良いところだよ、うん。

あっ、そういや今日は高校時代のチアの結集日でもあったな。盛り上がったんだろうか。正直ちょっと行きたい気持ちもあったけど、この間も書いたように、今のダンスサークルに出会えたのはチアのおかげ。無駄にしない為にも、今日の選択は間違ってなかったと思う。
では、明日もダンスが待ってるので。

最近聞かない言葉7
‘ひじ鉄’
■READ MORE■

祭り決定!?
今日は一段と眠かった。1限のチャイ語、2限の私法基礎、3限の英語と、全てにおいて失神しかけた。
バイトは今日は1対2。教え方はなかなか慣れてきたんだけど、小6の男の子はまだ自立心がないな。もう少し自主的に勉強に取り掛かって欲しいんだけど。1対1ならとことんやってやれるけど、今日は高1の女の子もいたわけだし。そんなこんなですぐ1時間はすぎた。高校生の方の生徒に教えたのは英語で『現在完了・過去完了』。高1にしてはレベルが高い分野だったから、かなり慎重に教えた。まだまだ僕の教え方には無駄があるけど、生徒さんのほうは満足してくれたみたい。
そういや、朗報が一つ。この間あたし、懸命に頑張りました例のポスティング。1件問い合わせがあった。中学生で、今度体験に来るらしい。室長に、「来週の火曜、その子の体験授業やってくれる?」といわれた。二つ返事でOKしようとしたその時、僕は思い出した。
来週は高校時代の後輩に定期テストの過去問渡しに行くんだった。室長、来週は無理っす。その日はそのあと、部活も襲撃してくる。同期のヤツ5人に今さっき、メールを送った。Nさんはこられんらしいけど、O君、N君は来るって。意外に好評だ(笑)
よし、19日は祭りだな。
で、明日は英語のレポートを午前中に書いて、夜は飲み会。ほんとは夜、高校時代の友人たち(チア)の集まりがあるんだけど、参加は無理ね。なにせ僕、幹事ですから(笑)

多い勝ちに挑戦
ダンスサークルの場所取りじゃんけんに行ってきた。これがなけりゃあと30分多く寝られたけど、数ヶ月に一度の当番だから我慢我慢。
30分前についたから、スポーツ新聞会の部室に行って、過去の新聞を読み漁ってた。最近新聞といえば、天気予報のところしか見ていなかったためだ。普段から新聞独特の書き方になれとかんと、いい記事は書けん。
場所取りじゃんけんの時間になると、他のサークルの人がぞろぞろと決まった場所に集まってきた。9サークルで6つの空き教室を取り合う。
だれかが、
「人数が多いから『多い勝ち』にしましょう」
とかいった。バカ言うな。このオレなら、9人一気に仕留めてやるぜ。じゃんけんに関しては、生まれてから一度も負けた事がねぇんだ()。
僕の意思に反して、流れは『多い勝ち』をやるカンジになった。ここで男を見せたい、そう思った僕はチョキを出そうと思った。いわずもがな、『多い勝ち』でチョキが勝つことはありえない。風潮的に、‘パーが大体勝って、中学生の一時期はグーが勝つ’ってのがあるみたいなのだ。今こそ、『多い勝ち』の歴史を塗り替える時・・・


と思ったがやっぱやめた。これで負けたら、ダンスサークルの100人に嫌われる。人に嫌われるのはそこまで恐れないが、これはさすがに嫌だ。
案の定、僕が出したパーは勝った。『多い勝ち』の提唱者がいきなり敗れるという波乱の結末でスタートした今回の場所取りは、後のじゃんけんの結果、僕が総合4位になる事で落ち着いた。僕のグーが敗れるとは・・・。

授業は終わってからは、ダンス踊って、マックに行った後帰ってきた。最近思うんだけど、マック高くね?もういい加減嫌なんだけど。量は少ねぇし。オレが本気になったら、ビッグマック5個いけんぞ。メガマックじゃ役不足。ギガマックに期待だな。
で、最近思ったことがもう一つ。最近のオレ、なんか外で気ぃ使いすぎてるかも。その場のノリで金いやいやながら使うし、納得いかないこともウンウン言ってうなづいてるし。高校時代は、「一つの意見で離れるぐらいの友達はいらねぇ」っていうのはモットーだったからなぁ。あの頃の自分のほうが、らしかったような気がする。また一人でラーメンでも食って、ゆっくり考えようかな。

場所取りじゃんけん
今日のダンスサークルの練習場の場所取りじゃんけんは僕の番だ。これに行かないと、数十名に迷惑をかける。10時に学校に着いていなきゃいかん。





もう着いちゃった……
どんだけ掲示板見るんだよ、オレ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。