楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダンス復活!!
今日は朝場所とりじゃんけんをしに行った。集合10分前、大学の最寄り駅に着くとクラスメートのM君(T君に語学以外の全ての教科の全てのノートをコピらせてもらってる人。T君は、「テスト前になって急に話しかけて来る奴とは違うからいい」らしい。)が話しかけて来た。彼が自分からそうするのは珍しい。
「今日、心理学のテストなんだ。」
なるほど、僕はもう終わってるからすっかり意識になかったけど、普通はまだテストが残ってるんだもんな。
「進級がかかってる…」
深刻だね。
「心理の単位が来れば70パーで進級出来る。来なければ100パー終わり。さすがに緊張してる。」
深刻だね…。
彼はテスト開始より1時間早めにこちらへ来たようだ。メディアで勉強するらしい。あとのない男って、理由は関係なく時にかっこよく見えるもんだ。頑張れ、目指せ70パー。
で、僕は場所とり開始の5分ぐらい前に着いた。まわりにほかのサークルの部員らしき人はいない。これはじゃんけんなしでゲッチュかぁ~!!ってそんなはずない。現に10時になっても一向に始まらないではないか。





場所取りはないそうです。どうもありがとうございます。
僕は集会室を取ってずっと踊ってた。途中、ハウスの1年女子(名前はまだない)が来たけど、会話は二つ。
①「あ…こんにちは~」
 「お、おー。ウッス。」
②「じゃあ…お疲れ様でーす」
 「あ、はーい。」

気まずっ(笑)何しろ名前知らないからね。僕はその後、差し替え(今日は僕のサークルは集会室をとれてなかった。よってほかのサークルの場所を使っていた。そういった場合、場所を使う権利のあるサークルのメンバーが来たら、差し替えをしなくてはいけない)を2度もして、場所を移した。ガールズのN先輩は来るだけ来てすぐ帰った。ブレイクのK先輩(過去に連盟主催のイベントでブレイクに出た際、ソロで『コマネチ』をやった)は横で何やら奇怪な動きをしたり、音楽に合わせて歌い始めたり、バク転をしたりしていた。僕は無論ロック。昼食の時は片手でノックしたりしてたから、14時までトイレと飲み物を買いに行ったの以外休んでいない。
14時からブレイクのK先輩(レジェンドオブ肝試し。第二代施設係。ちなみに初代はポップの策士・D先輩。)に施設係の引継ぎに当たっての説明を受けなければならない。13:55から約束の場所で待っていた。14:00。K先輩は来る気配が無い。14:10。まだ来ない。14:40。いいかげんにしろ。
って嘘です。なんか都合により間に合わないそうで、時間を15:30に組み直して僕はそれまで練習してた。
15:40、無事会えた…ってK先輩遅れとるやん(笑)あ、K先輩今年初ですね。明けましておめでとうございます。
施設係の仕事の説明を受けた。掲示板の確認や、場所取りじゃんけん当番の割り振り、場所のホムペアップ…めんどそうだけど頑張ります。
仕事を終えた僕は集会室で踊りまくった。初めてここでバク転もした。やっぱ汚いな、フォーム。高校3年の体育祭のチアで、打ち上げ的な企画で最後に踊った時、バク転3連発を狙って失敗。頭から落ちた。それ以来形が汚くなった。体操経験者のプライドだ。汚いバク転なんか見せたくない。見せるなら常に完璧なものを提供する、これがモットー。だから、ダンスで使うのはまだ先にする。
僕は本当に18時までやった。施設の仕事こそやったものの、それでも6時間はノンストップでやったぐらいの量だ。復帰戦にしては上出来。さすがにバテて、切り上げた。
K先輩を筆頭とするブレイクの3人は、走り込んで頭をついて三角倒立で滑る芸当をやるだけやると満足したらしく帰宅。集会室には僕とハウスのT先輩(関西弁と黒髪を操る猛者)2人。T先輩とは機会が無くて、今までちゃんと話した事がなかった。話しかけようとすると、T先輩の方からそうしてくれた。
「ヨネ、連盟でるんでしょ?」
「はい、ロックに出ます。」
「あと一個は?」
「いえ、一本にしました。不器用な男ですから。ロックも一人前にできんのに、ほかのなんてとんでもないです!」
「うわぁそれ暇やで。ロックスペ(スペシャル。選抜の事)のオーディション受けな!」
思ってもみなかった一言だった。T先輩は去年連盟に出て、情報を多くもっていた。ロックスペのオーディションは去年は募集定員が多く、初心者が受かった事、また3月は自主練がメインになる事など貴重な情報を分け与えてくれるT先輩。
特に衝撃だった事がある。僕が帰ろうとしてT先輩に差し替えを頼もうとした時である。T先輩はこちらが声を掛ける前に自ら差し替えに立候補。
「あ、差し替えオレやるな!ほれ」
そう言って差し替えに必要な学生証を手渡すT先輩。見ればそこにはブレイクのK先輩の名前。
T先輩「オレ、ここの大学の生徒じゃないねん。だからそれ借りとんの。」
ヨネ「あーそうなんですか!!え、T先輩がここの大学の生徒じゃないって、みんな知ってますか?」
T先輩「全然知っとるけど(笑)」
ガビーン。
ヨネ「じゃあ僕も前から知ってた事にしといてください。2008年の米田は情報通なキャラでいきますので。」
数々の衝撃と情報を与えてくれたT先輩との初の正式会話は実にいいものだった。それに、「スクールに行く回りの人に置いてかれるのが若干不安」という悩みは、「スクールより連盟の方が全然指導も細かいし、うまくなれるで」の一言で不安を解消してくれたし、さらにチケットの購入も約束してくれた(出演者はチケットを一人ノルマである9枚売らないといかん)。

差し替えをして先に帰って来た。帰りの自転車では、立ち漕ぎで腕がつりそうになった。夕食後、席を立つ元気が出ず、こたつで寝た。これだこれ。毎日こうじゃなきゃいかん。ぶっ倒れる直前まで動いてギリギリ一日もつみたいな日。華々しくスタートした自由な日。一層これからが楽しみになった
スポンサーサイト

昨日の引退バイトの記述
昨日のバイトは1月のラスト、つまり僕にとっては‘引退勤め’となるものだった。月曜と金曜が当番の日だったが、小6男子が振替えをしたため、水曜出勤…いや出動となった。
生徒報告書を仕上げなければならなかったため、10分いつもより早く家を出た。もちろん、火曜日に買った塾へのお礼の粗品も持って行った。塾には先日(月曜)僕にボールペンと手紙をくれた小5男子を始め、見慣れた生徒、先生がすでに授業をしていた。僕の授業まであと10分。始まってしまえば、19:20からの国語、20:25からの算数と、忙しい時間を過ごす事となる。授業の準備を進めていた。
前の授業が終わったようで、例の小5男子が教室から出て来た。
「はい、これこの間の仕返し…じゃなくてお返しです。」
僕はそう言って手紙を渡した。家を出る数十分前、1枚だけだけど書いておいた、小5男子への感謝状だ。彼は受け取って、ゆっくりと帰っていった。授業が始まる直前で忙しい時ではあったが、僕はその姿を最後まで見ていた。
授業をする小6男子は、僕がここで初めて授業を担当した生徒。最初も最後もこの子っつーのは、なかなか縁深いものだ。
国語を教えて、算数を教えて…。印象としては相変わらず難しい問題への集中力の持続がないと言う事。急遽中学受験を決めた彼は、それを本番では克服しなくてはならない。僕は最後の授業でもそれを訴え続けた。
算数で教えたのは、彼が苦手な平面図形、立体図形。生徒の様子を確認しようしたのかと、何度か室長がこちらのブースに来た。終了時間が迫ったため、教えた方がわからない展開図の問題が出たから、最後、室長に頼ってしまった。
授業自体はこんな感じだった。授業後、僕は小6男子に
「忙しいところ悪いけど、ちょっと時間をちょうだい。」
と言って、お別れの言葉がてらエールを送った。
「受験を急遽決めた事で、この数週間は本当に宿題、授業ともにキツかったと思う。現にオレも室長も〇〇君に厳しく教えたし。ただ、〇〇君が本当に受かって欲しいと思ってるからそうしてるって事はわかってほしい。一年を通して、オレはいろんな単元を教えて来たけど、一貫して言い続けたのは『諦めるな』と。『分からない問題が出てもヤケになるな』と。今日も難しい問題いっぱいやったけど、説明を聞けばわかった…少なくとも納得出来たと思うんだ。だから、試験中、オレの顔なんか思い出さんでいいから、オレの言葉、『諦めんな』だけ胸において挑んで欲しいな。では、1年間ありがとうね。」
こんな感じ。先生として言うべき事は言ったって感じかな。オレ的には満足です。
授業後、室長と同期のN君と話した。今まで話した事のない、結構深入りな話。で、N君と一緒に帰って来た。バイトを終えた感想としては…やっぱ連盟っていうどうしてもって感じの環境がなければ、このバイトはやめなかったなって感じ。生徒、先生ともに恵まれて、不満はなかった。まぁ、固定シフトには大いに苦しめられたけど(笑)オレは今日からほんと、ダンスだけに照準を絞れる。バイトはしばらくは空いてる日に派遣のバイトをいれるかもってぐらい。連盟終わったら、次のバイト始めます。その時まで、バイバイバイト!!


多くの人が納得するであろう呟き
知らぬ間にタンコブが出来てる事ってあるよね。

■READ MORE■

自由の身へ・・・
今日はテスト最終日。やる事はやった。『テスト勉強』は、朝9時から2時間やった微積がラストとなった。後期試験は、前期よりかなり勉強に苦しんだ感じだ。新年という事でスタートが遅れたり、マリカーという名のクモの巣から抜け出せなかったり。学園祭の直前は、授業中のノート写しが不完全だった事も影響してるかもしれない。でもその分頑張ったのは僕らしい。後悔はない。
学校に着いたのは試験開始40分前。教室に入る事も出来なかったから、生協で週刊プロレスを読んだ。金本と田中を筆頭に、新日とゼロワンの抗争が熱いらしい。試験直前にいい情報を仕入れる事が出来た。テストに活かせればいいな、そう思い教室に向かった。
試験は正直、簡単だった。最後まで公式を覚えるのに苦労させられたテイラーの定理も出て、平均点は下がったと思われるが、僕は満点…近くをとる自信がある。ここで総評として、予想単位を列挙したい。

商業学…B~D(Aはない。論述は長々書いたけど、ほぼ全部勘なので。努力を受け取っていただければBもある。)
経済学…A
経営学…A
化学…A
社会学…A(ウンコたちはBかC)
チャイ語…A
微積…A
合唱…A
英語コミュニケーション…A
私法基礎…A(点数は厳しかったけど、先生が甘いからたぶん。)
英語リーディング…A

って感じ。肝はやっぱ商業学だな。アイツのテストのレベルは高過ぎるっつーのもあるけど、商学部だけに商業学は外したくない(笑)あとは運に任せるのみですな。そういや、この間やったTOEICの結果もあと1、2か月で来るはずだし。その間あたしは…



ダンスしまくりだぁぁ。おめでとう、米田一弘。これで思う存分踊れるぞ。とりあえず今日はバイト最終日。最後の授業は小6男子の算数の予定。この子は近々中学受験を控えとる。ビシッと喝いれて終わります。


準備オーケー
朝は10時に起きた。勉強しようと思ってたけど、気持ちが乗らなかったから計画変更。生徒報告書を作成。もう慣れが出てきたからか、かなり早く打てた。慣れが出てきたっつっても・・・今月がラストなんですがね。皮肉なもんだ。
生徒報告書を作成後、食事をして図書館へ向かった。微積は集中力を持続させて一気に片付ける作戦。6時間連続を目標に13時、家を出発。
図書館に行けば、ゴロンと転がるスペースも無い。もちろんテレビやパソコンなんていうのもないから、勉強し集中できるというものだ。いやでもこれなら6時間出来る。
ところが、僕の意志は強いもので。目標まであと2時間と迫った17時・・・帰りました。いやぁ盲点だよ(笑)そうだよね、何も遊ぶものが無くてつまんなくなったら帰ればいいんだもんね。しかもあろうことか・・・向かった先はブックオフ。くそ、ビーオーオーケーオーエフエフが!というわけで時を過ごす事20分ぐらいでしょうか。ふと思いついた。
‘塾やめるから、お礼の品買わなきゃ。’
買ったのはサブレーみたいなやつ。20枚もはいっとるよ。1000円越えですわい。これ時給と同じぐらいですから。なんか変な感じですがこれで引退試合への準備は出来た。明日の微積への準備は出来てない!
今からやる!といいたいところだけど、今『明日の喜多善男』始まった。見まーす。

サラバ
今日、テストすんごいことになりました。商業学、やばいです。過去問やりまくったのに、問題超ムズイヤツが出て撃沈・・・ヤバイ。マジで。
朝、TS君と待ち合わせて教室へ。商業学のすんごいしたから、‘まちがえなく今回はA来るわ。シメシメ’なんて思ってた。でもテストに出たのは聞いたこと無い企業名と、それが成功した戦略を問うものだった。出来るわけねぇじゃん!!というわけで問い4つ中3つは相当無理ある回答で論述しました。こりゃ・・・あるね(笑)
そのかわり、経済学は大丈夫。IS、LM曲線の原理や利用までやったのが馬鹿馬鹿しい位ひねりの無い問題が出た。『グラフを描け』だって。クソ。
でもワードはかけんかったな。教科書の太字、そんなに覚えなかったから。でも30問中不安なのは7問。単位は100パー、Aが来るのは80パーぐらいかな。
で、経営学は論述。過去問と全く同じ問題が出た!商業学、見習え!!これだよこれ。論述は下書きして行ったのを丸写し。Aですね、こりゃ。
で、帰ってきてから一眠りして、バイトへ向かった。月曜の授業はラストになります。教えたのは小学5男子の算数、社会、で小6男子の算数、中2男子の英語だ。小6男子以外は水曜に授業を教える事はないから、今日がラスト。小5男子に指導後、学習アドバイスをした。すると、その子がボールペンと手紙をプレゼントしてくれた。マジ、あれ泣きそうだったね。もちろんそれを目当てで頑張ったわけじゃないし、僕はあくまで仕事をこなしたまでなんだけど、僕の授業を真っ向から食ってくれた彼と、仕事に慣れない頃からずっと一緒に勉強してこられたのが嬉しかった。
んでもう一つ。中2男子は最近入った子で、敬語も使えないし学習意欲も高くないし、宿題を2回連続で忘れたような子。だけど学習アドバイスマジメにアイツに言葉を送ったら、なんか生まれ変わったような顔を見せたのね。「あんまりオレはこういう言葉は好きじゃないが、君には才能がある。それは身につけようとしても限界がある解くスピードであり、回答するときの度胸だったりもする。君は60~80点の平均点を狙うような人じゃない。100点を狙え。教えてて確実に95点ぐらいは取れる実力があると思った。だからこれからは必死で勉強しろ」みたいな事を言ったの。彼のこれからに期待ですな。
今日は勉強せずにこのまま寝る。明日は水曜の微積に備え、ほんとのほんとにラストスパート。生徒報告書も書きたいけど・・・色々頑張ってみます。

IS曲線とLM曲線に見える像
第二の山を明日迎えます。商業学、経済学、経営学。でも今日は勉強しまくった為か意外にいい仕上がりになりました。
朝起きて1時間ほど経営学。ノート読んで内容確認して。時間が余ったからこの間書いた論述を写してみた。実際どのくらいのタイムがかかるかを調べる為だ。18分。50分で大問3つ。そのうち論述は一つだから、ちょっと内容的に少ないかなとも思ったけど、いいかな、みたいな感じで終了。インデックスの精度を上げて、昼食をとった。
午後は商業学から。ノートを緑シートで隠して音読。で、論述対策として過去問4年分を2時間半かけて制覇。論述のコツ分かったよ。書きたいことの単語を箇条書きにするの。すんごいいい文が出来た。明日もこの調子で行きたいものです。
風呂入ったりして『どハッスル』みたりして、経済学の勉強を始めた。するとTS君からメールが。経営学の過去問が手に入ったらしく、メールで問題を打ってきてくれた(TS君とT君と僕は、過去問が見つかったらコピー代は払うなどの条件の下分け合うことにしている。)。優しい。これで論述は完璧。で、穴埋め問題もわかっちゃったし。
家族で録画した相撲見ながら夕食食った。「土俵は上から見るとなんだ?」「土俵の出っ張ってる部分はなんていう名前だ?」「『これより三役』では東西で何が違う?」「白鵬の本名って何だ?」など、クイズな展開が多かった。
で、経済学はIS曲線とLM曲線マスター。これにより『なぜ変動為替相場制では財政政策が無効で、金融政策は有効か』説明できるようになった。よし!
あとは商業学を復習して・・・寝ます。明日は朝、早ぇんだ。

第一の山
テストは今日が一個目の山場だ。チャイ語と社会学。チャイ語は一番勉強した科目だけどリスニングがある。小心者の僕は大学生になった今でもテストで緊張してしまうため、リスニング中にパニクったらジエンド…いや、ジ・エンドなわけだ。
前日、満足に勉強出来なかった。家に帰って昼食をとったらもう14時をまわっていたし、バイトが18時から21時半まで入っていたからだ。ちなみに金曜にバイトをするのは昨日が最後でした。約1年間、僕の慌ただしい1対2の授業を受けてくれた中2女子、高1女子にどんな感謝の気持ちと学習アドバイスをするか、僕なりに考えてから行った。
驚いた。高1女子休みwww
たまげた。中2女子初の宿題忘れwww
というわけで1対2の授業でした(笑)授業がすんごくうまくいったのはよかったんだけど、ちょい複雑な気持ちでした。
昨日は体組体重計が届いた日でもある。めでたい。体脂肪率があまりかわってなかったのが嬉しかった。とはいえ確実に増えてはいるんで、テスト終わったら絞ります。目標は曙以上亀田以下(範囲広っ。てかもう達成済み)。
昨日の出来事書き過ぎた(笑)今日はとにかく大勝負のチャイ語に集中してた。昼辺りに出発だったから、朝、1時間半勉強した。教科書の本文書きまくって、範囲全部音読してピッタリ。家族になぜか拍手されて家を出た。帰りたくなかった。
行きの電車は、ひたすらiPodを聞いてすごした。もちろん聞いていたのはチャイ語のCD。何度も繰り返して万全の姿勢で教室へ。T君が遅れて来た。
T君「第19課やった?」
ヨネ「うん、そりゃやったよ。13~19課が範囲じゃん(笑)」
T君「やってないんだよ、オレ。」
致命的。てかこれ高校だったら指定校推薦消えてるからね(笑)
T君「昔の復習からやろうと思って…1課から9課までは完璧なんだけど。範囲終わらなかった。」
優先順位、おかしいよ。
T君「徹夜したんだ。」
ヨネ「え、それで間に合わなかったの?」
T君「いや、深夜の字幕の映画見ちゃった。」
死んだな…。
T君「見ながらやろうと思ってつけたんだけど、字幕だからTV見ないとどんどん内容遅れていっちゃって。」
ごめん、なんの言い訳にもなってないよ。
T君「で、結局ずっと見ちゃったんだ。」
ヨネ「なんていう映画?おもしろかった?」
T君「なんていったっけな…忘れちゃった。よくわからなかった。」
試験直前、筆記用具を用意しようとペンケースをカバンから出すオレ。
バシャン。
ペンケースのファスナーは相変わらず閉まらないため出した瞬間辺りにいろいろ落ちた。そして落ちた物たちをかき集めた。消しゴムがない。おいふざけんなよ。お前はものを消すものであって消えるものではない算段だろ。T君にいった。
ヨネ「消しゴムがなくなったんだけど…もしこのまま見つからんかったら貸してくんない?」
T君「いいよ」
待てよ…この会話…








オレは金髪涙か!!!テストの日に筆記用具を借りるなんてなんて迷惑な奴なんだ。自己嫌悪に陥りながらペンケースを探ると、消しゴムはそこにあった。落ちていなかったようだ。T君に報告する。
「消しゴムあったよ。じゃあシャー芯くれない?」
嘘です、そこまで金髪涙に染まっちゃいません。
テストは結構難しかった。パニクる事はなかったけど、リスニングがバージョンアップ。筆記の方も昔にやった単語が出て来て…満点ブロックされました。くそっ。不安な問題も結構あったから、今回は95点はいかないっすね。ま、88点オーバーでしょう。ちなみにT君はボコボコだったらしいですが、昔にやった単語だけは出来たらしく、満足そうな顔してました(笑)
社会学はあれです。例の持ち込み可で波紋を呼んだやつ(笑)このテストだけで4人に頼られた。ウンコたちも含めると6人ですね。ウンコ二人とスポーツ新聞会のH君は「プリント全部コピーさせて」、ダンスのT君(俗に言うイケメン。フロムオタクトゥーロック)は「空欄埋めてないところがあるから教えて。(←これは至って普通の要望。イラッとしなかった。)あと授業中に先生が言った過去問、うつした?教えて(←ウンコ事件の直後だったから、ちょっとイラッとした。イラッと度、2)。」、英語コミュニケーションで同じだったK君は「今度プリント全部コピーさせてもらうかも。(←イラッと度、7億。もち完全拒否した。)」、でダンスのM君(若武者)は「なんか『テストで裏に書くとそれだけで単位が確定する単語がある』って聞いたんだけど、教えて。(←そんなもの、ない。)」と要求。うん、千差万別ですね。
テストは楽勝。選択問題は語群が多かった事もあり、満点はブロックされたものの、ノートにしか書いてない問題が出たり、過去問と同じ論述問題が出たりでAは確定です!そしてノートにしか書いてないワードと過去問が出たという事は…
ウンコたちは崩壊です!!しゃあ!単位は来るかも知れんが、とりあえず問2は全滅した模様(笑)神の鉄槌だぁぁぁ!トラップ成功だ!!!
論述の方は、過去問があったから全講義分前もって完成済み(笑)ほぼ何も考えず、機械的にただ答案用紙に写しただけなんで(笑)ま、Aいただきます!
次は月曜の商業学、経済学、経営学の3コンボ(笑)こいつが一番キツいけど、今日乗り切ったんで一段落。チャイ語が終わったから、勉強の時間、効率は半端なく上がるはず。しゃ!!


金髪涙、参上!
うぇ…私法基礎が終わりました。
だいたい商学部なのになぜ民法?という疑問を胸に挑んできた私法基礎。筋トレにもなりうる鬼板書、お陰様で僕の右腕は小橋建太に匹敵します。
私法基礎は全科目の中で一番安定したテスト勉強課程を過ごしてこられた。おまけにテスト一発目。縁起がいい。
教室の入口でT君に会う。彼は言った。
「やばい、今日の朝4時から徹夜で始めたんだけどさ。まだノート一回しか見てない。」
縁起がいい。
ってよくない(笑)教室で隣りの席には座ったものの、彼は緊急事態らしいので話しかけないでおいた。すると、前に座っとる金髪の男が話しかけて来た。
「シャー芯もらえませんか?」
僕が知らない人に話しかけられるのは珍しい。普段は殺気を振りまいているせいか、知らない人に話しかけられることはまずない。高校1年の時、入学式前夜に兄に『殺気』を提案された。その年は、式から2日間僕は誰とも話さないという偉業を成し遂げたものだ。
迂闊だった。他人に話しかけられたばかりか、第一声でシャー芯を請求されたのだ。僕は返答した。







「いくらで?」
嘘です(笑)ただであげましたよ、テスト用に一本、でその勇気にもう一本つけてね。しかしまぁ、取引の等価性(両者が同等の価値を提供しあうという原則)を学んだ私法基礎で、堂々とそんな事を言われてしまうなんて皮肉なものね(笑)
彼は二本のシャー芯に納得したのか、前を向いて静かにしていた。僕はT君と話し始めた。するとまた金髪君が話しかけてきた。
「あの…すみません(笑)」
笑うな。
「シャーペン壊れちゃったんですけど、シャーペン余ってませんか?」
えー!お前、シャー芯はないわ、シャーペンは壊れるわって(笑)どんな信条でここへ来た!?あいにく、心配性の僕は予備のシャーペンは自分で使いたい質だった。隣りのT君もそうだという。すまん、金髪。すると…



金髪君、涙目www



わかった、わかったよ!!僕は彼にバトルキャップ(小学校の時にはやった意味もなく対戦出来る『バトエン』のキャップ版)がついた鉛筆を授けた。全長約5センチ。すまんな(笑)というわけで2つあげた。
「ありがとね。」
なぜかタメ口になった彼に若干イラッとしたが、無事取引は終了した。これで勉強に集中出来る。テスト開始まであと5分だよ、チクショー。ノートを見始めた僕にある疑問が浮かんだ。






‘……………え、シャー芯は?’


っておーい!!!!オレのシャー芯返せよ!!もはやいらねぇじゃねぇか!
荒手のシャー芯詐欺師コードネーム『金髪涙』により、すっきりペースを乱された。そしてテスト開始。全13問。ん…意外に…ムズいね(笑)というわけでかなり辛い時を過ごした。終了後、T君と話した。
ヨネ「最後の問題って『1』だよね?」
T君「え、『2』じゃなかった?」
互いにショックを受ける僕とT君。







「『2』だよ。」
会話に入ってくる金髪涙。黙れ!!去れ!!シャー芯返せ!!!!




というわけで、スタートは意外に苦戦してしまいました。明日はチャイ語と社会学。しかも今日は18:00から21:30までバイトがあるっていう話。頑張ります。


傷害事件発生
明日から怒涛のテストです。
金曜・・・私法基礎
土曜・・・チャイ語、社会学
月曜・・・商業学、経済学、経営学
水曜・・・微積分
木曜以降・・・天国。

ん~凄い一週間になりそうっすな。特に月曜は山場だから、日曜は大変な事になりそうです。
というわけで今日は午前9時半からラストスパートを開始。チャイ語で2時間過ごして朝は終了。午後は経済学、商業学、微積で追随。効率は良かった。あとはこれから本題の私法基礎に入るって感じ。
連盟公演のメーリスへの登録方法がわからんくて大変な事になってます。これじゃ連絡が来ませぬ(笑)近々、S先輩(いじられキャラなのに僕をいじる先輩)にヘルプを出さなくては。
今日は家内でミニ傷害事件が起きた。兄が僕に地獄突き(ブッチャー風)を敢行し、寸止めのつもりが本当にヒットしてしまったのだ。あまりの切れ味に、僕は出血(ごく微量)。負傷箇所はまさかの鼻下。セオリーである喉元から20センチほどずれたところだった。カミソリ負けが直った昨今、まさか地獄突きで再発するとは読めなかった。今日の反省点です。
バツとして兄貴には勉強を手伝ってもらった。腹筋しながらノートを暗唱した。最近腹の出具合が気になってるので(笑)早くダンスにもどりたい!

ナイス雪
雪だぁぁ!!関東人、おめでとう。初雪です。今年はいい年になるで!!
初雪で迎えた2008年1月24日朝。部屋では僕が机でチャイ語を勉強していた。隣りに並んだ机では兄もなにやら作業している。兄の方を見るたび、窓越しに雪が見える。そのたびに「あとで・・・合戦する?」といってみたが、挑戦が受諾されなかった。しつこく言い続けたら、ついに兄が言った。
「じゃあ・・・あとでやる?」
やらねぇよ(笑)お前とは、こんな陳腐なところでやる意味は無い。世界大会に決勝戦で会おうぜ。
チャイ語を終えて、昼食をとった。で、経営学の論述対策に、下書きを書いた。組織デザインをいろいろと・・・でもあれじゃ量が足りんな。もしでたら足さんといけなくなるかも。精度上げようかな・・・少し不安です。
論述が終わった後、持ち込み可という条件を利用してインデックスを作った。これにより、問題文に出た特殊なワードをもとにノートのページを探す事ができる。シメシメ。これでもう単位は確定さ・・・フフ。
で、微積をやった。いつもと違う問題をやってみたら出来ない出来ない。これは意外にヤバイ。ん~明日もう一度ですな。今日は商業学を残して完走。バイトに備えてグッタリ休んだ。
今日のバイトは小6男子の国語、その後は算数。国語は久しぶり。受験対策のレベルだったんだけど、意外に楽で(笑)楽しかった。算数と違って、答えが合わなくて計算しなおし・・・なんてことないし。その次の算数がその分辛かった。
室長から出された今日の進度はかなり厳しいもので、それに加えて宿題でわからないところの解説もしなきゃで・・・結局ノルマはこなせんかった。教え方もテンポもよかったけど・・・室長ありゃ無理ですよ(笑)あれにあわせると応用問題1分ぐらいで解かなきゃいけないので。
あっ、バイトは今月で引退するから、来週の水曜がラストです。なんか感謝の印に、菓子折りを買おう。生協で。考えてみりゃ、合宿いった時とか、一度もお土産買った事なかったからな(笑)最後にインパクト残します。
明日はテスト前最後の休み。バイトも無いからメチャメチャ追い込む。私法基礎はもちろんだけど、チャイ語、経済学、微積、商業学など、課題は山積み。頑張ります。

『奇術の記述』
化学で液体窒素の勉強をした。世界中に存在する液体の中で最も生活に親しみのないあれだ。実験室で先生が行う様々な‘奇術’をみた。液体窒素の沸点はマイナス…とにかく低い。細かい温度は気にしないがとにかく低い。驚くほど低い。クラスのみんなは、先生のやるすべての動作にリアクションをしていた。先生がテニスボール(軟式)を液体窒素にいれた。どうやら、これを投げてバットでバントするとボールが砕けるという‘仕掛け’のようだ。野球部の奴がバントに名乗り出た。彼がゴーグルをしただけで拍手が起きたのには疑問が生じたが、ま、順調な立候補だ。
‘見送れ’
僕はそう思っていたが、彼はバスター…ではなく予定通りバントした。砕けるボール、割れる歓声。実験は成功だ。
ほかにも数々の奇術で皆をあっといわせた後、フィナーレを迎えた。ラストは机の上に奴をぶちまけて‘生・ターミネーター’を披露というわけだ。すると、クラスのいじられキャラNo.1、K君のホワイトバンドが机に乗せられている。何が始まるんだ?!「先生この中に液体窒素いれてよ」誰かが言った。なるほど、脅威の加速度を見せる窒素君もその中に入れられては、逃げられない。面白い。ただ問題はK君がそれを許すかだ。先生は確認する。「ほんとにいいの?」僕はそっと、K君をみた…。黙認してた。決行決定。先生は入れた………



液体窒素の中にホワイトバンドを。ってそれちげーじゃん!!カチカチになったホワイトバンドは5分後、3本に分身するのだった。

(2005年12月16日記録)

今日の明日の喜多善男
今日は補講日。当てはまる科目がなかったから休みだった。ほんとはテスト勉強に余裕があれば、今日辺りはダンスに行けたんだけど、無理でした。
朝は1時間チャイ語をやって過ごした。もう本文の中訳もできるようになった。回答のスピードも上がったので、あとは本番のテンパりだけが不安要素。昼食を挟んで続いて社会学。
1時間ぐらいで全範囲やるつもりが、論述の見直しもしたりなんかして、気付いたら2時間ぶっ続け。すごく効率良かったし、楽しかった。社会学に関しては単位は確定だし。ま、AかBがくるのはやる前からわかります。で、きっとAが来ます(なぜか強気)。
少し休んで私法基礎。金曜にテストだからね。売買の等価性に基づく担保責任の区別が覚えにくい。もし目的物の一部が他人のものだったら減額か契約解除、権利の不足や目的物に瑕疵があったら契約解除と損害賠償ね。あと、使用貸借は要物契約で、贈与は諾成契約って辺りも。うん、難しい。
で、教科書を読みあさったりして計1時間。次に経済学に移行した。IS曲線が右下がりで、LM曲線が右上がりね。わかりましたよ、わかってないけど。経済学ヤバ(笑)
商業学はまだやっとらん。これからやります。
ドラマ『明日の喜多善男』を見た。てか、今日は午後十時を軸に過ごした感じだった(笑)相変わらず面白い。小日向さんの演技力がたまらん。早く来週のがみたいな。で、再来週のもみたい。
てか、最近テスト勉強のせいでなかなかやりたい事が出来てないのがムカつく。ま、『明日の喜多善男』見たりしとるから十分自由なんだけど、ダンスがね。来週の水曜がテスト最終日なんだけど、バイトがラストで入っとるから…木曜までお預けですな。とりあえず、痛い目見ないように今は頑張ります。

ラスト授業
今日は今年度の最終授業日。これでテスト以外の全ての課程を終わる。気合いが入っていたのか、朝は6:30にバッチリ起きられた。そしてこたつで寝直した。
TS君と駅で待ち合わせて向かった商業学。始まる前に論述の対策を二人で話した。過去問を元に製作した僕の解答を二人で検証。互いのノートから疑問点を解決した。んで授業。バッチリノートをとって終了。
T君と合流し経済学へ。
「英語のテスト勉強、範囲まだ終わってないよ(笑)」
とT君。
「テストいつ?」
「今日の4限。」
って今日かーい!しかも4限て…。2限が経済学で3限が経営だから実質もう勉強出来ないやん(笑)
というわけで経済学の時間、彼は目下の問題に対処していました。僕は先生の話を聞いてる振りをしながら、教科書を読んで独学。できれば黙って欲しかった。
授業後、昼休みは空き教室で昼食をとった。経営学が始まる前にはTS君とも合流してまた商業学について相談しあった。そうそう、これがギブアンドテイク。この姿勢を、ウンコたちにも見習って欲しいもんである。
思えばTS君とは去年のTOEICIP試験の返却の際、T君とはチャイ語の教室で、偶然出会い、偶然話しかけた。3人とも指定校推薦だったのも偶然だ。そんな僕らが、今だにこうして共に勉強し、互いに依存するのではない姿勢を保っているのはこれまたすごい。来年の科目選択は、申請前に3人で打ち合わせをする事が決まっている。全くもって楽しみだ。
今日はこれからバイト。テストへの残された時間を考えたら辛い限りだが、あと5回で僕はあそこを去る。精一杯やってきたい。


今日の主役はスパムかよ
ガチ勉強出来ました。
朝チャイ語。で昼から商業学微積を全範囲やった。あと経済学が残ってるけど、これだけの効率で出来たのはデカいです。
ただ…商業学はやっぱキツいな。過去問やったけど潰された。明日TS君とT君に相談する。で、オレが書いた論文見てもらう(笑)
チャイ語は…テンパりそうだし。経済学は詰めが甘い。んーテスト不安があるなぁ。というわけで今週は明日は学校でその後3連休で金曜日からテスト開始。勝負はバイトがない火曜と木曜。徹底的に自分を追い込みたい。
って今日はホントずっと勉強して一番のイベントが夕飯のすき焼きって感じだったから短めですね(笑)というわけでちょっとスパムさんに一言。この記事を見てる可能性はほぼ0だと思いますが。
え~なんかここ3日連続で『ネオニート』さんからコメントが来てるようですが・・・。なんか儲かるとはなんとかって記事の後にサイトへジャンプするアドレスがあって。いってみると出会い系っていう話ですね、はい。僕、儲かりませんね、はい。というわけで2つ3つは削除させていただきました。しかし!!今また同じコメントがあるではあ~りませんか。というわけで出会いに興味のある方は『速報!』『気合い入れし時』のコメントをご参照ください(笑)その際のトラブルは負いかねますので。
でこれで記事終わろうと思ったんだけど、なんかやっぱ問題ありそうなので、『ネオニート』さんは削除しときます。というわけで、以後再発しましたらお気をつけください。

BY夏目漱石
我輩は米田一弘である。名前はまだ無い。

速報!
連盟公演、ロックに決定!!!!!!!!
オレ、2月3月は踊り死にます!!

ガリ勉男の意地
今日はTOEICのIP試験。今更何をやっても無駄な事は分かっていたが、一応という意味で単語を復習した。冬休み前半、テスト勉強開始と共に中断したTOEIC単語勉強。年を挟んだが無事復活。急いで覚えたものだったから、1ヶ月で相当忘れていたが、それでもなんとか予習としての役割は果たした。
出発の準備をし始めるまであと40分ちょい。社会学を勉強し、余った時間でちょいと作業をした。
TOEICにはトリオでおなじみのT君、TS君と挑んだ。3人で校舎に入ろうとすると、
「米田!」
と呼ぶ者があった。そこにいたのはスポーツ新聞会のH君。例の、1つの英文を和訳しただけで僕の社会学のプリント約10講分を無償でコピー出来る超やり手の男だ(笑)呼び止めた目的ももちろんそれ。だが今はTOEICに集中したかったため、僕は今コピーするのは断った。
僕ら3人は最前列に座って試験を受けた。リーディングが意外にヤバかったけど、リスニングは意外によかった気がする。少なくとも、前回の感じとは終わった後の気分が違った。楽しみというわけではないけど、結果を恐れてはいない。
試験後、僕は『用事』があるためT君とTS君とは別れた。いつまで経ってもH君から連絡がない。帰っちゃおうとも思ったが、これ以後呼び出されるのもメンドイし、僕も彼には借りがある。取引が釣り合ってるかどうかは別として、借りは借りなのだ。取引が釣り合ってるかどうかは別として。彼にメールした。待ち合わせには、彼とあと2人僕の知らない男達が来た。
すぐにわかった。彼らはH君の『付き添い』ではない。H君の友人で、同様に授業に出もしないで単位だけかっさらうウンコたちだ。しかも今回はレベルが高い。僕に何の借りがないどころか、全くの他人な訳だ。さぁ僕はこのウンコたちに無償でプリントを献上すべきだろうか。答えはノーだ。商学部なら、取引の基本原理ぐらいマスターしとけ。
コンビニにコピーをしにいく途中、僕は土壇場で彼らに「オレらのもコピーして」と言わせないように、
「あの人たちの分はコピーしなくていいんだよね。」
とH君に確認。H君は
「え、マジで?(ウンコたちに)おい、お前らもコピらせてもらうと?」
わざとらしい芝居はいらん。僕は彼らの目的に確信が欲しかっただけだ。
「いや、コピーさせんよ。馬鹿言うな(笑)」
僕はマジメでお人好しで気が弱いと回りに思われているようだ(もっとも僕をよく知る者はそんな事微塵も思っていないが。)が、貫くところは貫ける。コピーをしてる時、H君は僕に
「隠し問題知っとる?教えて。」
といって来た。ウンコたちも耳を傾ける。『隠し問題』とはこの社会学特有のシステムで、出席していた者だけが知る事のできるものだ。テストでは問題はおろか解答欄さえない。論述スペースに自分で解答欄を作って書くのだ。図々しすぎる申し出に、僕はいった。
「教えないよ。授業に出てたら馬鹿でも分かる。これ教えちゃったら意味ないじゃん。」
授業に出ないで単位をもらおうとするウンコらは僕の事を『ケチ』というだろうが、逆に授業にちゃんと出て、いつも「コピらせて」と言われて断れない奴等からは称賛される気がする。そして僕はそれを信じる。今日はいい事をした。
そして、あのコピらせたプリントにはトラップがある。あのプリントには重要な情報が足りない。過去問だ。論述形式のテストはそれがあるのとないのとでは差が生まれる。英語で僕を助けたH君には悪いが、もともとこれは僕の『善意の取引き』だ。これぐらいはあっていい。僕はプリントに書きうつした過去問を、ノートに書き写し直したのだ。つい最近の事である。そう、






今日の朝だ。


気合い入れし時
今日は月曜の時間割りの日だったんだけど、商業学・経済学・経営学の全てがなしって話で、結局僕はお休みでした。正直最近休みすぎ。起床時間が遅いから、生活にメリハリ感が無い。そろそろ脱却したいものだ。布団についても最近眠れないのね。んで1時間ぐらいはそのまま過ごす。なんだかなぁ・・・。
朝は10時半おき。で、チャイ語やりました。なんか完成度中途半端。来週の土曜にテストなんだけど、前日はバイトがあるから追い込めない。それまでに詰めるべきところだがなかなかそうもいかない。分量が多くて一気に進める量が少ないのだ。テスト、このままじゃ危ういね。
で、昼食ってマリカー若干やって私法。これが意外に穴。テスト初戦がコイツなんだけど、ほとんど何もしてない・・・どうやら今回の期末は、嵐あるかもな。
どうしようもないけだるさの中、バイトの時間が刻々と迫り、まぁまぁな効率で時間を迎えた。明日はTOEICのIP試験があるからその単語もちょっとやったけど、こいつもまぁまぁだった。
で、バイトは中2女子数学と高1女子英語の1対2からスタート。完璧な内容。てか、あれだけスムーズに指導して、あんだけ進めりゃなんも文句ないっしょ。最近の授業は、確実に授業料以上のものを提供してます。
で、次は2時間連続で小6男子の算数。受験用の問題集だったからオレ、ヘロヘロ。申し訳ないけど、あれはオレは解く気にならんわ。いきなり応用問題って(笑)
あ、マフラーは昨日返ってきました!!2007年からの贈り物です。いやぁダンスサークルの忘年会以来、ずっとヒップホップのP先輩の手中にあったからなぁ。よかったよかった。
さ!明日はセンター試験の日ですね。僕には直接的には関係ないけど、1年前の僕は推薦が決まっていたとはいえ学力の全盛期。ここは一つそれに乗っかって、勉強マジスタートします。今日からマリカー封印。で、TOEICマジで受けてくる。目標は自己ベスト。だぁぁぁ!!

ワタシハ、負ケナイ
久し振りの学校。2限の英語コミュニケーションだけのために見参。つっても同じ授業を取っているM君が「プリントを見せて欲しい」と言うから結局登校したのは朝の9時。1限開始時刻です。ま、「コピらせて欲しい」とかいう図々しい奴よりは、「休んだところを写させて欲しい」というM君の方が健気で好感が持てる。それに昔M君には借りがある。同じサークルのR君(ブレイカー。「オレには誰よりもブレイクを練習しているという自負がある」といったやつ。)の友人として知り合ったのが彼で、最初の授業を出忘れた僕にプリントを授けてくれたのだ。今こそ恩返しの時。人間の三大義務は『お礼・謝罪・恩返し』だ。
彼はちょっと遅れてきた。そして僕のプリントを1枚とって、書き写す。2枚目…3枚目…あれ、M君そんなに休んでいらしたっけ?結局彼はテスト範囲のほとんどを僕のプリントに頼るのだった。なんだよ!!欠席とかそういう話じゃないやん(笑)
テストは意外に鬼だった。映画のワンシーンの会話の聞き取り、そこから読み取れる性格、内容問題、単語。会話の聞き取りはマジキツかったな。みんなも「出来なかった」って言ってたから、無遅刻無欠席の僕は単位的には問題ないけど…Aもらえるよな?
今日はこのあと憂鬱な事が残っていた。スポーツ新聞会で一緒の社会学の授業も取っているH君に、そのプリント10枚をコピーしなくてはならないのだ。朝あんな事があったから、なおさら嫌だった。思えば1週間前の英語リーディングのテスト後がいけなかった。H君はこれも同じのを取っていて、さりげなく全コピを依頼してきたのだ。咄嗟だったのと、英語リーディングのテスト範囲のうちの1文の和訳を手伝ってもらっていた恩義があった(テストには出なかった)僕は、承諾。今日に至る。しかし、授業に一度も出ていない彼が、毎回授業に出て睡魔と闘いながら板書する僕と同じ単位を取るのが、今日になって猛烈に我慢ならなくなった。
昼休み、スポーツ新聞会の部室で昼を食べていると、T君がきた。彼に事のあらましと僕の思いを伝えた。
「でも米田はなんも損してないっちゃろ?コピらせなかったらH君との関係が悪くなるけど、コピらせたら両者損しないっちゃろ?」
僕は反論した。
「そいつは違うっペ。わては90分の授業を10回ほど出とるわい。もし彼にその成果を献上するっちゃかい、それはつまりわての利益が半分になるっつーわけさかい。てこたぁわては90分×5回は彼のために働ろうとることになる。時間にすると450分、つまり7時間半や。時給1000円のバイトなら7500円の価値がわてのプリントにはあるんよ。これを恩義があるとは言えタダで渡してもうたら、わては7500円彼におごっとることになりまするさかいねんど。商業の基本はギブアンドテイク。それも双方向に釣り合っとらんとあかん。てことは彼はわてにコピー代と7500円をくれて当然なんちゃいます?」
僕の力説をじっと聞いていたT君は静かに言った。
「一番いいのは米田が考え方をかえる事じゃけん(笑)」
ワタシハ、負ケナイ。

その後、集会室を取って一人でダンスをした。久し振りなせいか、かなり動きが鈍くなっていて、クロスハンドやノックにもブレがあった。テスト期間の嫌いなとこはこれである。学園祭の全盛期まで戻すのには時間が掛かりそうだが、そうも言っていられない。連盟合宿のエントリーが受諾された。あとは土日に個人的に電話があって、ジャンルが発表される。ロックなら迷わず参加するし、それ以外なら悩んだ末辞退する事になるだろう…ってもう決まってるなら悩む必要ないけどな。とにかく、できるだけ支障がないように持っていきたいものだ。
1時間程で練習は終了。生協で週プロを立ち読みした(今週は買わなくてオーケー。)あと、校舎の方でテストの日程を最終確認。帰ろうと歩いていると、サムタイムズ差し替え・M君が歩いていた。
「M君!!」
話しかけたら最後。自然な流れで、彼の教科書の購入に付き合わされた。場所は生協。効率悪っ。しかし、縁とは不思議なもので。S先輩(学園祭のコマ責)に偶然遭遇。キャンパスが違うはずなのになぜ…
「いやぁ食事してた。」
と訳の分からぬ動機だったが、今年初めてS先輩に会った事は、とにかく嬉しい事だった。
M君の教科書購入は無事決行され、僕は解放された。んで先程帰宅。今日も勉強しますぞえ。


奥の手
頭脳でも力でも相手にかなわない。何で勝負すればいいんだ…?そうだ!!




力で勝負しよう

開戦へ
チャイ語1時間やって朝は終了。朝食兼昼食へ。今日は5連休のラスト。んで明日はさっそく英語コミュニケーションのテスト。つってもなに勉強していいか分からんからあんま勉強してない・・・。
つーわけでメニューとしては経営学、経済学、英語、微積、商業学。マリカーはやったものの、今日もちゃんと勉強した。経済学はケインズの消費関数を解読。てかマスター。で、経済学のノートを見たら・・・クエスチョンの連続。テストは持ち込みありだけど、持ち込んでも分からないなら意味がない・・・ってことで図書館へ。先生の本をテスト現場に持ち込んでやる(笑)しかし・・・
貸し出し中。なぜだ!誰が『組織デザイン』の話なんて興味あんのよ!といいつつ、本探してたらなにげ楽しかった。2、3月、経営の勉強しまくるのもアリですね。ブログメチャクチャつまらなくなるだろうけど(笑)で、しゃあないからそのまま図書館で経営学と英語。帰ってきてから商業学。微積もちょいやった。もうすっかりこちらは解読済み。解読具合にも貫禄が出てきた。
で、明日。いよいよテストです。とりあえず朝メディアセンターで友人と勉強予定。まぁ・・・Aとってきますわ!

~名言~
目の前で悲しんでいる人を見つけたら何とかして笑わせたい。そのためなら警察につかまってもいいし、寿命が縮まってもいい
■READ MORE■

勉強した
今日は久しぶりに勉強し感じがしてます、米田です。
朝は10時に起きられた。兄に起こしてもらった。布団から出て、リビングのコタツで暖まっていた。このままでは寝てしまう。そう思い兄にマリカーを提案。30分で見事目が覚めた。
午前中の勉強がおかげで可能に。12時までチャイ語の音読で本文の暗記につとめた。んで朝食兼昼食。2度目のプリズンブレイクはシーズン2まで先日見終わった。というわけで今日からは『一弘作 バラエティ傑作』(バラエティ番組で面白かった選りすぐりのものを一つのDVDにまとめた。『作』が二つあってゴロが悪いのは無視。)とか、プロレスが主流になりそうだ。
午後は商業学の暗記と内容理解、んで微積をやった。合計8時間ぐらい勉強したのではないだろうか。大学生にしては十分である。カメの水換えや風呂など、合間の時間を上手く使ったから効率も良かった。そのかわり、今ちょっとダルイ。もう寝るのだ。

『デモクラシーな暮らし~究極の民主主義とは~』
数か月前、いとこの夫妻にお子さんが生まれた。非常にめでたい事である。米田家には、『内祝い』なる物をもらう権利があるという。先日、その品物のカタログが届いた。
「一弘、ちゃんと投票してね。お父さんもお母さんもお兄ちゃんももうしたの。あとは一弘だけよ。」
母のそんな言葉は、1月13日最初の会話だった。そう、米田家は内祝いの品物のセレクトを、全員の投票制にしたのだ。面倒臭い。
提唱者は父だ。
「みんなが第一から第三希望まで紙に書く。どれか品物がかぶっていればそれで決定な。それで何も揃わなかったら、集まった12個の品物の中でまた投票して一番を決めよう。」
なかなかしっかりしたルールだ。そして一ついえるのは全てが規格外に面倒臭いという事だ。この企画に至るまで、「えー面倒だから肉とかにして早くハガキ出そうよ」という者は皆無。その満場一致には目を見張るものがあった。
第三希望まで記入して時がすぎた。家に置いてある招き猫の隣りに集まった、4枚の紙。果たして願掛けに意味はあるのか。
兄がまだ起床しておらず、開票の時は待たれた。遅くまで起きていた彼が起きる気配はない。声を掛けると彼はリビングの隣りの部屋へ移動。そこでまた寝た。母が言った。
「内祝い、一弘が投票したわよ。」
「あ、本当?」
兄起床。かくして全員の前で開票がなされる運びとなった。
4枚の紙をランダムに配り、開く米田家の面々。
「あ、これはお兄ちゃんの字だな」
と僕。
「お母さんのは一弘のだ(笑)」
と母。
「お父さんのはお母さんの字だ」
と父。
「これはお父さんのだ」
と兄。そんな事はどうでもいい。
発表は、各々が持っている紙に書いてある第一希望を順々に言っていき、二周目に第二希望、三周目に第三希望を言う事に。ますます面倒臭い。
結果から言うと、母は全員が使える全身鏡など、父は彼しか欲していない酒器など、兄は誰も望まないダーツや掛け軸などを志望していた。僕の希望した腕時計とフットマッサージャーはほかのと同様、一致はなかったが、唯一体重体組計だけは母と一致。結局これが内祝いにもらう品となった。
全ての催しを終え、兄がハガキを書き始めた。そして彼は原爆を落とす。
「色は白とシルバーがあるらしいけどどっちがいい?」
真っ先に意見を出したのは僕と兄だった。
「僕としては白がいいけど。」
「あ、僕も。」
そんな中、戦士がいた。
「えー私はシルバーがいい!」
母だ。あと一票で確定のところ、母は決勝票を父に託した。父が口を開いた。
「シルバー。」
延長戦だ。白かシルバーかを決めるためにあみだくじを作った。面倒臭い。わざわざみんなに線を足してもらった。面倒臭い。そして誰が引くかをジャンケンで決める事に。面倒臭い。
あみだくじ実行責任者の僕が号令をかける。
「じゃあジャンケンするよ!ジャンケン…」
「待って!」
珍しく声を荒げる父。視線が集まる。彼は言った。
「『最初はグー』はやるの?」
まさかの正式ルール採用説。『最初はグー』ありでのジャンケンに変更になった。そしてまさにジャンケンが行われそうになったその時、兄が言った。
「じゃあ『最初はグーがいいか、チョキがいいか、パーがいいか』で投票しない?」
こんな中決まったシルバーの体重体組計は、家にきたらさぞかし重宝されるだろう。
(2008年1月15日記録)

非人道的な男
12時起きの今日この頃。なんか損してる気がする(笑)
食事をして早々、勉強に取り掛かった。英語コミュニケーションを一蹴し、残りはチャイ語と経済学と商業学。休まないでチャイ語に移行した。今日は残りの10時間、みっちり相手してやる。そう思っていた矢先、机に積み上げていた今日勉強する教材がずれた。顔を出した生徒引き継ぎ書。はっとした。




今日バイトだ…。祝日というのは恐ろしい。祝いすぎると仕事を忘れる。幸い、出発まであと2時間あったため、焦る必要はなかった。チャイ語を少しつめて、引き継ぎ書を書いた。これでこの3連休で6枚を完成させた事になる。よくやった、オレ。期限まであと1週間だった。
バイトに出発。今日は小5男子に算数、んで社会、コンピュータを使った授業、で中2男子に英語を教える。一番大事なのは、担当の生徒に『2月からバイトをやめ、ほかの先生に変わってもらう』事を伝える事だ。中2男子の方はまだ入塾したばかり。僕に思い入れはないだろうし、正直僕も彼の事を把握し切れていない。問題は小5男子だ。中学受験をする彼を、僕は一学期早々から指導し、共に成長してきた。来年に控えた受験に向け、彼は受験まで担任は僕であり続けるだろうと思っていただろうし、僕もそう思っていた。彼に打ち明けるには何分慎重になる必要があったのだ。
授業前、静かに「ちょっと5分だけちょうだい」と話しかけた。さっきまでホワイトボードに僕と一緒に落書きをしていた彼だが、僕の真剣な顔を見るなり、途端に顔つきが変わった。
「なに?」
同じように静かに聞いた。そしてバイトをやめる事を告げると彼は一言
「うん、わかった。」
文句一ついわない彼の姿勢はありがたかった。別れはつらくない。あと2週間あるし、彼に祈るのは合格のみ。引き継いでもらう先生へ伝えてほしいことも特にないようで、僕の今日の大仕事は無事終えた。
授業は4時間、全てうまくいった。事件は授業後に起こった。受付にある机で給料表に書き込んでいた時。机の上には平たい箱。『うなぎパイ』との文字を見つけたのは次の瞬間だった。新年恒例のお土産だ。
「これ、誰からですか?このうなぎパイ。」
室長は答えた。
「そのうなぎパイはN先生からだよ。」
N先生は今日はいなかったから直接お礼をいう事ができなかった。しかし果たして『うなぎパイ』とはなんなのだろう。箱を開けてみると、うなぎの形をしたホームパイ風のお菓子が顔を出した。いや、違う。これは映像トリック!ホームパイ風ではなくホームパイだ。形がうなぎなだけだ。なぜN先生はこんな通なお土産をセレクトしたのだろう。
ちょいと一袋いただく。うまい。それはまさにホームパイ。腹ぺこだった僕の口にこれでもかというぐらい合う一品だった。そして米田は非常識な行動に出る。







もう一つ。なんとほかの先生の分が残るかなどの心配を取り払い、2つ目を食い始めた。あろうことか
「あまりにうまいんで2つ目いっちゃってますよ。」
と室長に自慢。
米田の暴走は止まらない。







もう一つ。しかも今回は陰湿だ。テイクアウト。さすがに3つ目はヤバいと認識していた彼は、室長の目を盗んで事を起こすという暴挙に出たのだ。しかし彼は‘家族に分けてあげたい(僕のじゃないけど)’と自分を正当化していた。
そして最後に僕は非人道的な手段に出た。





駐輪場で独占食い。家族に分ける意思は微塵もなくなり、欲望に負けた僕はそれをむさぼり、その後のうのうとチャリを漕ぎ始めたのだった。いやぁうまかった。そして家に帰り、僕はうなぎパイの包みをそっと、リビングのゴミ箱にいれた。

皆さん、ごめんなさい。


遊びすぎ(笑)
今日は当たり前のように12時おき。勉強もいまんとこ30分しかしてません!これからします。
食事してうだうだして、車を運転した。初心者マークのマグネット版が一個しかなかった(本来は前後に1つずつつけなくてはいけない。僕は1つマグネット、1つキューバンのやつを持っていた。)から買いに行った。あと、A4の封筒も。なんか、例の連盟公演のエントリーを送るのに必要なんだって。証明写真といい、手間を掛けさせるなぁ。
で、ゲーセン行ってドンキーコングのメダルゲーム楽しんだ。帰ってきてからは家族でカードゲーム・・・遊びすぎだろ。
あ、今日は内祝い(先日いとこの夫妻がご出産)の品を決めた。みんなの意見を考慮して決める方向にしたから、超めんどくさい展開に(笑)エッセイ行き決定です。近々。
なんか眠くなっていたな。少々遊びすぎた。今から微積と商業学。ファイトー!

微積解読
あまりに嬉しいんで書き込んじゃいます!
深夜1時に開始した微積のテスト勉強。公式の分からないテイラーの定理。例題と演習問題及びその解説を繋ぎ合わせてようやく公式発見!まだ使いこなせはしませんがこれで微積のテスト範囲全理解が完成。あとは定着だけだ!どーだ!!

証明写真~鮮明さとか空気読め~
5連休1日目。今日のキーは微積と、塾をやめるにあたって書かなくてはいけなくなった授業引き継ぎ書の作成だ。メニュー的には連盟公演のエントリーシートの記入、英語コミュニケーション、私法基礎、チャイ語、社会学と、ほかにも盛りだくさんだった。
んで起きたのは昼の12時。伊達に朝3時までおきてない。なんか大人しく寝るのには抵抗があってな。まず食事して、ブログサーフィンして、本題に入った。私法基礎はようやく全範囲1周目を見られた。教科書があるから理解はできてる。持ち込み無しのテストだから、後の期間はひたすら反復作業だ。覚えなくては。
んでチャイ語。2講分を復習。イマイチ成績が伸びんのよね。音読すりゃいいのかな。なんかなぁ・・・。懲りずに電車とかで勉強します。
我在電車学習中語(簡体字は変換出来んかった。)です。
休憩がてら、生徒引き継ぎ書を2つ作成。んでエントリーシートも若干記入。事件。あると思ってた証明写真が家に無い。おいおいこちとら2枚用意せんといかんのだよ。というわけで写真撮影へはるばる車で10分の駅へ。僕の運転で行きました。ブランクはあったけど、そういうのは関係なく普通に調子が悪かった。カーブとかブレーキとかムラがあったな・・・ディズニーランドの乗り物みたいになりました(笑)
駅に行ったのは証明写真の機械があるから。しかし工事中かなんかでなくなってた。仕方なくはるばるそこから歩いて30秒の写真屋さんへ。枚数少ない割りに金超高いっていう話。ザッケン。写真撮る時「3・21・・・」とかって合図ねぇのな!ザッケン。おかげさんで一回目ぇつぶっちったよ(笑)取り直してくれたけどだったら始めから声出ししろよな!!で、できた写真。なんだよ、この鮮明な出来は!!鮮明すぎて剃ってない髭が写っちまってるじゃねぇか!どうしてくれんだよ(笑)
で、家に帰ってきてから英語コミュニケーションの勉強やら夕食やらして社会学もさっき完了。進んだ進んだ。ちょっとエントリーシート書いちゃおうかな。それとも生徒引き継ぎ書かな。あるいは今日の砦、微積かな。忙しい5日間になりそうです。

西村修した。
今日は深い日だった。
朝はチャイ語から。模擬試験をやった。期末試験は26日。もはや2週間ってトコ。んで勉強が進んでるかっていうとそうでもなく・・・でも中間で99点取った時点で『こうなりゃ後期期末は一つしかないっしょ!! 』とかってかっこつけちゃったから引っ込めるわけにも行かず(笑)でたたき出した点数は・・・







92点!!これはマジで予想外。すんげー高いです。あとは文法極めて、んでもうちょい冷静に回答できるように定着させます。自信ついた。時代いただきます。2008年はオレの年です。
で、2限は私法基礎。先生がサボりやがって、テスト範囲言って早々に帰っちゃった(笑)私法、やってないからなぁ・・・範囲広いし、早めに頑張ります。
3限はいよいよ来ました英語リーディングのテスト。冬休み、一番やったのがこの教科だ。今のやばい状況はコイツの担保と言っても過言ではない。で結果は・・・
楽勝。50分を予定していたテストを20分で完答。見直し3回後、昼寝しました。テストは返却されんけど、ありゃ満点だな。唯一の反省点は腕時計を持っていき忘れたから先生が合間合間にいう時間でしかペースがつかめなかったこと。そういや後期中間のチャイ語のテストも持っていき忘れたからな。気をつけます。Gショック持って行きます、アナログの持ってないんで。今、欲しくはないけど必要なものが3つあるの。腕時計(アナログ)がその中の一つで、あとは着替えを入れる袋と、ペンケース。袋の方はちょっと小学生風味なんで。でペンケースはファスナーが閉まらない(笑)でも困ったのは、彼らが全く機能を果たしてないかといえばそうではないところ。なんとか使えるの。実際今から買い換える気にもならんし、値もある程度するしね。誰かオレに無償で貢いでくれたりしないかな。ほら!オレ誕生日もうすぐだし!!あと7ヶ月だよ!!誰か頼むわ!!
テストを終え、大学の方はこれでしばらく休み。5連休。土日(フツーに休み)、月(祝日)火(化学も社会学ももう終了してる)水(土曜の授業の日)。こりゃ、微積攻めますよ。で、チャイ語もやるし、木曜の英語コミュニケーションにも備えるし。
家に一旦帰って、塾のバイトへいった。今日は2時間。中2女子数学と高1女子英語の1対2、んで小6男子の算数。上手くいった。すんげーいい調子だったわよ。で、ここで突然の報告。







オレ、バイトやめます。
ほんとに急。断っておくと、バイトにはなんの不満もありません!確かに代講に金が掛かったりっていう固定シフトには苦しめられた事が多々あったけど、同僚・室長・生徒は本当に素晴らしい人たちに囲まれて、幸せな1年間のバイト生活でした。でも、やっぱりちょっとやりたいことがあって・・・連盟公演。オレはやっぱあれに出たい。ロック上手くなりてぇもん。スクールではなく、できるだけ純サークルな感じの指導で上達したいの。そういう意味で今回はほんとにチャンス。同僚や室長、生徒にかける迷惑は半端無いけど、今日、室長に許可いただきました。公演のジャンルは応募制だから、希望通りになるかわからん。でも、「もし希望が通らなくて連盟に出るのをやめるのなら、代講としてまた働いてね」って室長が言ってくれた。本当にありがたい。この時期に会社を辞めるってのは、プロレス用語で言ういわゆる『西村修する』、つまり『裏切る』ととられてもおかしくないのに。感謝です。
明日、思う存分エントリーシートに思いの丈を綴って応募してきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。