楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春休みラスト・・・濃かったぜ・・・
派遣のバイトを入れた。ダンス連盟、春山、飲み会とハードスケジュールをこなし、極度の金欠に陥ったためだ。

朝は6時半起き。電車に乗って1時間ちょい。集合には20分も余裕がある8:30に現場に着いた。担当の人が来るまで仕事はできない。僕は一人そばにあったイスに座り、エッセイを書き始めた。時間が経つのは早い。8:35…8:45…9:00…9:10…

って待ち過ぎだろ!!おい担当者いらっしゃい!もう約束の時間だろ!?
派遣バイトで担当者と合流できないなんて恥ずかしい。大体人数がそろっていなかったら電話が来るはずなのにそれもない。派遣バイトの本社の方に電話をしても繋がらない。僕が集合場所を間違えているかと確認しようにも、メモをしたスケジュール帳がない。家に忘れたのかと思い母に電話をしたが、机の上にはないと言う。
どうにかしなくちゃいけないのにどうにも出来ないこの状況。ひとまず僕は…




エッセイを書いた。いや、時間がないからね。春山を忘れる前に書かなくちゃと思いまして。
しばらくして、派遣バイトの本社と連絡が出来るようになった。事情を話すと向こうは、もうすでに現場で仕事は開始されている事、今から合流しても給料を差し引いたりはしない事を告げてきた。こっちは8:30からずっと待ち合わせ場所でちゃんとエッセイを書いていたんだから当たり前だけど、正直ホッとした。
残る問題は一つ。合流だ。本部の人も、仕事がビルのどこで行われるのかは分からんらしい。そして向こうが言ってきたのは…

「悪いんだけど、自力で探してくれる?」
…候補はこの西館の関係者限定の部屋を含む1階から3階…。見た目は高校生、頭脳は大学生、名探偵ヨネンの推理が始まった。
本能系名探偵ヨネンはまずやみくもに1階まで駆け下りた。なんの手掛かりもなかった。とりあえず駐車場の中に走り入った。派遣会社の車はない。理由なく外に出た。そしてぐるりと回って元の位置に戻った。その辺にいた人に、
「〇〇っていう派遣バイトが今どこでやってるか知りませんか?」
と聞いたら、はっとしたようにおじさんは指をさして位置を教えてくれた。ヨネンは見事な推理力で無事合流。9:40ごろ、仕事を開始した。

机を並べて、揃えて、イスを出して、拭いてが中心のバイトだった。指導者に、ウエストモアランド(『プリズンブレイク』より)に似てる人、おぎやはぎの矢作君(『おぎやはぎ』より)に似てる人がいた。僕はウエストと仲良く机の感覚をそろえ、優しく指示を受ける度に‘頼むからベリックには逆らわないでくれ’と祈るのだった。

休憩時間。昼食は出ないようで僕は近くのコンビニへ。コーンマヨネーズパン、ソーセージパン、唐揚げパンとなかなかヘビーなパンでそろえた。レジに持って行く。
「347円です」
店員がそう言った。細かい小銭は今持っていない。400円出そうと決めた。ところが、100円玉は3枚しかないようだ。困った。あと100円なのに。そんな時に見つかったのが50円玉。こちらはしっかり仕事をこなす。2枚あった。僕は100円玉3枚と50円玉2枚で無事400円を支払えたのだ。しかし店員は…
「…あ、こちら350円で足りますので。」
といって50円玉一枚返却。オレは幼稚園児か。恥ずかしくて思わず渋く
「おう」
とか言っちゃったし。
昼食を取りバイト再開。今度はなんか金属のヤツを組み立てるんだと。やり方を軽く教わり、あとは一人でやらされた。見張りがいないから、延々自分との闘い。そうこうしているとバイトの終了時刻に。給料をもらってサバサバと帰った。

一旦家へ。サークルの施設係の仕事をして、また交渉の末、使える場所を増やした。

メーリスを流し、隙間時間に完成させた春山初日(3/26)の記録もブログに貼った。前言ったように、これが実質日記の代わりになるので是非。
食事をしてから少し遠くの駅へ。目的は高二のクラス会。いわゆる同窓会。カラオケには参加せず、18:45からの飲み会参加だった。久しく会ってなかった友人と、近況報告するのは楽しく懐かしかったが、なぜか僕のテンションが上がり切らなかった。てか眠くなっちった(笑)
飲み会後の三次会には参加せずそのまま帰ってきた。

え~春休みが終わりました。反省するのはエッセイが思ったより書けなかった事と、勉強が壊滅的に放置だった事。極度の金欠も今更って感じだけど。ただ連盟のダンスにしろ、春山にしろ、飲み会にしろ、楽しく濃く無駄がなかったのは事実だから、僕は凄く満足してます。

明日からはまた学校が始まる。ダンスしたいし、MC楽しみだし、カリキュラム真剣に考えたいし、一年生をダンスに呼び込みたいし、バイトもやりたい。また暴走しようと思います!
スポンサーサイト

『春山の記録①~終身時刻編~』
春山の準備は一週間前からと、かなりドタバタしていたが、いざ当日となると意外に昔の勘が戻るものだった。
OBとしての参加なため、遅刻はあり得ない。集合時間の50分前に着く。待ち合わせ場所にいたのは駅員ぐらいだった。
同期のN君、Nさんと僕は、現役と違い自由席だったため、三人で目的地の最寄り駅まで行く事に。自由席には座れず車両と車両の間のトイレの前で立つ事になり、明らかに不機嫌で会話も減る三人。その時。



グッ、ガチャ、ゴホッ。



一瞬の出来事だった。トイレのドアを引く音と、その鍵がしまっていて開かなかった音と、絶対的によからぬ結末の生理現象。
小学3年生ぐらいの少年が、トイレ前で嘔吐していた。正直、関わりたくなかった。しかし、作り天然でおなじみのNさんが「大丈夫?」と優しく声を掛け、問題児のN君は「苦しかったか?大ジョブ大ジョブ」とトイレットペーパーで吐瀉物の始末をする。負けていられない。
僕は長旅に備え150円でお茶のペットボトルを購入していた。ケチで有名な僕だがこの時は別。少年にお茶を渡した。
「はいこれ。じゃあ200円いいか?」
利益すら得ようとしたがやはり相手は少年。早くから社会の厳しさを教えるのもよかったが、とりあえずお金の請求は後日に回す事にした。
一通り始末が終わると駅員が来た。事情を話すと、明らかにパニック状態の駅員。小学生の相手に
「大丈夫ですか?何かあったらお呼びくださいね。大丈夫ですか?何かあったらお呼びくださいね。」
を超早口で連呼。もういろいろあったあとなのに…そう思ったがやめておいた。そして最後に駅員。
「私この電車のどこかにいますから、何かあったらお呼びくださいね。」
10両を超える車両編成のこの電車で、ついさっきまで嘔吐していた少年に人探しゲームを挑む駅員に、僕はむしろ潔さを覚えた。そして何より、少年がそんな駅員を横目でチラリと見て、見事に邪魔にしているのにも気付いた。
駅員が去り不安要素がなくなったからか、少年は自分の席に戻ったようだ。N君、Nさんと健闘をたたえあった。
N君「将来あいつが大物になったらどうする?」
Nさん「駅員さん?」
ヨネ「ちげーよ。ゲロりボーイだよ。」
N君「『あなたに会いたい』とかの再会番組に呼ばれたりな!」
ヨネ「いいね。で司会者が言うんだよね。『あなたがお探しの、電車で助けてくれた三名の方…見つかりましたよ。………二名はね』。」
N君「二名www」
ヨネ「もうすでに一人死んでんのなwww」
Nさん「死にたくないよ~」

しばらくして、どこかの温泉がそのまま駅名になっている新奇性に富んだ駅でおばあさんが下車する運びに。ドア前にいた僕は、おばあさんが出やすいように揃って下車。
「ご乗車ありがとうございました。温泉、ごゆっくりお楽しみください。今後とも当電車をよろしくお願いします」
と見送る僕。おばあさんが
「おや。」
と返答したのが印象的だった。

駅に着き、現役と合流した僕らは、バスで山道まで行った。アイゼン(雪山で使うスパイクのようなもの)を装着し、ついに春山が開戦だ。




テント場に着いた。僕らのテントの名前は『他校テント』。言わずもがな、他校から借りたテントであるためそう呼ばれている。班員は1年生のI君、S君、2年生のAさんとY君だ。テントを立て、中でくつろぎつつもちゃっかり防寒着を着る僕。夕食前のちょっとした時間に、火で雪をとかして水を作っている時だ。
「ねぇAさん、オレすげぇ事思い出したんだけど。」
Y君がそう口を開いた。そして言った。





「このテント、防水してないよね(笑)」
凄すぎる。山に来る前にテントを防水するのは言うまでもなく必須で、しないと季節関係なく雨が浸水し、最悪テント内は洪水状態となる。大雪に囲まれ、夜は零下15℃にもなるこの地で、防水をしていなかったらどうなるかは言うまでもない。現役よ、なぜ忘れた…。Y君よ、なぜ笑う…。こうして、『山岳版タイタニック号』の長い長い3泊4日が始まった。
夕食になり、V5というテントから同期のN君が僕のテントにきた。夕食時はテントが3つあっても、2つに同人数を動員するのだ。当然1.5倍の人員…いやクルーが入ったこのテントでは、防水をしていないという話題で持ち切りとなった。そして自然な流れで、『他校テント』は『死亡テント』にその名を変えた。違うテントで寝るため明らかに他人ごとのN君は『しぼてん』と略し始める。
死を覚悟したクルーは、共に最後の晩餐を楽しんだ。そんな中、圧倒的に先ほどからテンションが急落している男。それがクルー1年のI君だ。
「絶対死ぬ…絶対死ぬ…」

彼はそうつぶやき続けた。

「死ぬんだ…みんな死ぬんだ…こんなもの食べてもどうせ結末は同じ…僕の人生なんてそんなもんさ、ハハ。」
OBの貫禄か、N君と僕はそんな彼の様子がツボにハマり大爆笑。N君はI君を指差しながら言った。
「こいつ夜中バグるんじゃね?『死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ…』とか言ってwww最後は英語になるんだ。『デスデスデスデス…』」
その瞬間、
「ノート。」
僕はそうつぶやいた。見事『デスノート』が完成。
「今デスノート関係ねぇし」
と言いつつ大爆笑するN君。終いには、『デス』と言ったら一拍おいて『ノート』と言い左拳を突き上げる号令が出来上がった。

人間死が目の前に迫るとおかしくなるのはI君を見て理解した。そしてそれはほかのクルーにも伝染。1年のS君は「うぅ~」と奇声を発し始める。2年のY君は相変わらず笑顔だ、笑顔すぎる。そして同じく2年のAさんは「え、『デスノート』なんですかぁ?『テスノート』だと思ってましたぁ~。」と完全に争点を見失っていた。
そんな中、
「オレは今回この春山にOBとしてきてんだよ!!言うなればゲストだよ!!死んでたまるか!!」
そう叫んだ男がいた。それが米田一弘19歳。
「ぜってー生き残ってやるからな!」
と豪語する彼に、2つ下の後輩、Y君は笑顔で言った。
「明日の朝もし先輩が起きていたら、ナイフで刺します。」

テント防水を忘れた事による出血多量死に見せかけた完全犯罪。Y君の笑顔が物凄く怖かった。

夕食は、N君のこんな一言で幕を閉じた。
「ヨネ、お前今回の春山の目標は『後輩と仲良くする』とか『安全に登山を楽しむ』とかじゃないよな。『生きる』だよな。」


いよいよ就寝…いや終身時刻。テント内でシュラフ(寝袋)をどう並べるかを話し合う。真ん中は比較的温かいので、基本的に下級生や体調が悪い者にそれを譲る。しかし、生死がかかった今、まさに真ん中は断崖絶壁のV.I.P席。

じゃんけんの結果、5分後には1年生二人を端にして寝る僕ら先輩たちの姿があるのだった。
(2008年3月31日記録)

O君としばしの別れ、そして尊敬する先輩との再会
8:30に学校へ。春山で使ったテントを干し、その後反省会をした。
反省会は毎回、僕はネタを用意していき爆笑させながらかつ真面目な事も言うのが恒例となっている。つーわけで無論今回もネタをふんだんに入れた。それがそれがまた大爆笑で。みんなは1分ぐらいで終わる個人の反省を僕は長々10分間。笑わせて、真面目な事言って、最後はまた笑わせていい雰囲気で先生からの反省へとつなぐ最高の形に。これ、完全ノーカットで再現します。てかしました。しかししかしまだ貼りません。春山の記録かいてからの方が盛り上がるかなと。エッセイかくまでしばしお待ちを。公開は早くても4/10とかになるでしょう。

反省会後、S君(1つ下の後輩)とO君(1つ下の後輩)とN君(同期の馬鹿)とO君(同期の馬鹿。今度大学の都合で北海道へいく)でフリスビー。さらにO君の送別会として先ほどのフリスビー軍団+Nさん(同期)とT先輩(5つ上の先輩)でマックへ。行く途中に警察にチャリンコチェックされたり、なぜかU君のバイト先に行ってゲリラ戦法とったりした。
マックについてからは食べながらベラベラ話した。その後のボーリングにも付き合いたかったし、O君だけでなく山部とはもう少しいたかったけど、中学時代の先輩と飲みに行く約束があったため一度帰宅。
家で施設係の仕事をこなし、飲みへ。メンバーはO先輩とMB先輩とMM先輩。6人いる四天王の話など、大盛り上がりの中、酔い始めたMB先輩が
「水をロックで~」
と注文したり、O先輩が昔ピアノの弾き語り演奏会でマイクの調子が悪かったから仕方なくひたすら無言でピアノをひきつづけた話とか聞けた。あと、MM先輩が、ゲーム『ポケットモンスター』のピカチューバージョンでライチューに進化させようとすると拒まれるって事を教えてくれたり、オレのゲイ疑惑がうまれたりした。また、注文したおでんが出てきたときはしばし争奪戦に。
「じゃんけんで勝った人から時計回りで好きなやつとっていこうぜ」
そんな提案で始めたじゃんけん。一位になったのは僕。大好きなはんぺんがなかったので、僕あえて先輩たちが食べたがっていた卵をゲット。激怒する先輩たち。一巡し僕が2つ目をとろうとしたとき、
「ちょっと待て」
と先輩方。どうやら皿にはもはやおでんが3つしかないから一人はスープ(だし)を飲むことになるという。というわけで・・・
ジャンケン2回戦(笑)いやぁそのルール聞いてないですよ。アンフェアですよ。そして僕の左隣のMB先輩勝利。というわけで僕に回ってきたのはスープ。にんまりする先輩方。おでんを取りつつもちゃったりスープをかける先輩たち。せめて独占させて欲しかった。
そんな感じですんげー楽しかった飲み会。帰りはMM先輩と二人で駅から歩いた。チャリは引いていった。やっぱりMM先輩はスゴい。僕の話をちゃんと聞き、相談にのって欲しいところだけに答えたりっつー些細な事。すんごい嬉しかった。

今日は酔っ払いながらブログ書いたわ。明日(3/31)はクラス会で飲みがある。もっと荒れるだろうな(笑)
明日は朝から夕方までバイトして飲み代稼いで夕方から夜遅くまでクラス会。でもでもエッセイや施設係の仕事、ダンスの練習やチャイ語の自己紹介、コントの台本覚えなど、ひたすら地獄なメニューが待っている。とりあえず…寝よ。


ザザッとメモ書き春山山行
~3月26日~
起きたのは4:45。90分かけて支度をし出発。25キロを超えるであろう荷物を持ち、最寄り駅まで20分歩く。
集合時間より45分も早く着く。OBとして切符を別で購入したため電車も現役とは別で向こうの駅まで行く。新幹線の自由席には座れず、車両の間で立っていると、知らない少年がゲロッた。珍しくOBの3人が協力してその場をしのぐが、援護に来た駅員が少年に「ご用がありましたらおよびください」を連呼。N君と爆笑。
現役と合流し、バスに乗ったあと登山開始。テン場に着くとすぐ食事開始。我らのテントが防水されていない事が発覚。『山岳版タイタニック』と化し、夕食はその話題で持ち切りに。
命懸けの就寝は、じゃんけんで平等に場所を決めた。

~3月27日~
5時起き。先輩として初めてした仕事は朝の号令だった。E君が体調不良で下山を決める。ほかの後輩にも体調が悪い人が続出。
そんな中爆発的に元気だったのはN君と僕。天狗岳に登った後はテン場に戻ってすぐにDM。2時間以上。事故同然の落下を連発し、ヤンヤの喝采を浴びた。
しかしDMのせいで後輩たちがさらに体調を崩すものが増え、僕のテントは寂しく早めの就寝。隣りのテントからはエロ話や怖い話が聞こえ、眠れなくなる。

~3月28日~
5時起き。講習を行う。
ワカンレースでは貫禄を見せようと余裕の走りを披露しビリになる。しかしチームは優勝。ガチになりすぎたO君が印象的だった。アイゼンの散歩ではレースで完敗。罰ゲームは‘雪を投げ当てられる’。OBの貫禄を見せて後輩から尊敬された。
その後滑落停止の練習。耐風姿勢の時は先生方のイタズラによりヒートアップ。
一段落した後中山に。O君にエロ男爵疑惑を吹っ掛け、さらに腹痛で黙る2年のN君を爆笑させ続ける。
さらにテン場に戻ってからはまたDM。人数が拡大したり、サングラスがかけたりと大盛況。
交歓会では後輩の一発芸に不覚の大爆笑。楽しい気分で夜就寝 。

~3月29日~
4:30起き。テントの外の寒さにキレる。N君と食糧テントへ罵声を浴びせながら、パサパサのパンにハンバーグをはさみ朝食。水がなければ窒息していた。テント撤収後のゴミじゃんけんは中止。クソ急がしいときにNさんは
「フリスクいる人~」
と募る。
わが校恒例の祈りをささげた後下山。素晴らしい山行にし温泉へ。んでバスにのり駅へ。そばを食べた後、電車を乗り継ぎ帰る。


うん、わけわかんないっしょ?頑張ってエッセイ書くぞい。ちょっとずつね。




春山の記録は・・・
先ほどアップしたとおり、無事春山から帰ってきました米田です。
全体の感想としては、とにかく最高に楽しかったということ。ダンスにはダンスの、スポーツ新聞会にはスポーツ新聞会のよさがあるように、やっぱり山岳部には山岳部のよさがありました。正直今回、例年多数のOBのフォローで支えられていたはずの春山にもかかわらず、先日卒業したO君を含め、OBは計4人と集まりませんでした。
でもその中で逆に新しいチームワークが生まれ、噛み合わないながらも噛み合うという不思議な事も起こり、実にいい山行に。空いている時間には同期のN君と現役生について真剣に話したりでき、収穫もありました。反省点としてはもっと現役だけの時間を与えて、現役に‘先輩をグチる時間’を与えてあげたかったって感じ。愚痴は連携をとる上ではめんどくさい障害になり得るけど、それをきっかけに現役同士のホントの気持ちをさらけ出し合ってもらってもよかったなと。

あと僕としては、同期と久し振りに意見交換が出来てよかったと思う。最近の事を話したり、あるいは未来の事やそれこそ山岳部の事を話したり聞いたりして、‘あぁなるほどね。さすがよく考えてるな’と思ったり、‘おい、そりゃ考えが浅すぎるぞ。大人になれ’と思ったり。もやもやしてた気持ちがなんだったのかはわからなかったけど、とにかく楽しさと清々しさでスーッとしました。

で、日記なのですが(笑)とりあえず3/26~3/29はほんと軽く書きたいと思います。
「おい、着々とミクシィにシフトしていこうとしてないか?」
なんて思わないでください(笑)僕がミクシィを書くのはあくまでその機能を利用する時だけですから。一応これまでのミクシィ利用歴とその動機を列挙します。
一回目…コメントがどんな感じで来るのかなど、システムをしりたかったから。
二回目…連盟に出てない人が連盟組の様子を気にして不安がってたから。
三、四回目…連盟公演の記録を書いて欲しいとY先輩(韓国海苔風チョコレートを我がサークルに輸入した女性ブレイカー)に言われたから。Y先輩からコメントは来なかった。
五回目…山に行くため音信不通になる事を大勢の人に知らせたかったから。

です(笑)で、なぜ軽く書くかと言うと…



全日程エッセイにしたいからです。
つーわけであくまでネタを忘れないようにメモがわりに書くので読んでもなんのことかわからないかもです。悪しからず。


帰還!!!!!!!
春山から帰ってきました!!無事です。超楽しかったです。
いろ~んなことがあった(笑)でも疲れちゃいません。今からもう一回行きたいぐらいです。余った体力で、この3泊4日の記録を書きまくろうと思うのですがしかししかし、明日は8:30から高校でテント干しだそうで。で昼は北海道に行く友人O君の送別会、夜は中学校時代の先輩と飲み会(笑)
ちょっと待ってくださいね(苦笑)

『崩壊したジェンガ』
先日山岳部のOBとして部室に行った。同期OBのN君、O君も来て、三馬鹿が揃った。
2日後に控えた春山への体調管理のためか、続々と帰る現役生。決して帰らず喋り続ける三馬鹿。ついに部室に残ったのは三馬鹿と高校1年の岡村(仮名)だけとなった。
三人だけで話していては岡村がかわいそうだ。しかし礼儀正しく真面目な岡村は、ただ僕ら先輩と話しているだけだと、気疲れしてしまう。僕らは親睦を深める意味も込めて、『ジェンガ』をする事に。ブロックで立てた塔から、一個ずつブロックを引き抜いては上に乗せ…を繰り返す、一世を風靡したあのゲームだ。

「岡村、お前何回ジェンガでアジア制した?オレたちもうこれやりまくって世界レベルに到達してるから。」
僕のそんな一言から始まったジェンガ対戦。二十歳を控える3人と高校一年生が、そんなもので盛り上がれるはずがない。大抵の人の予想はこうだろう。しかしさすが山岳部。盛り上がりは衰えることがなく、ついにN君の
「ムービー録ろう」
という意味不明な提案で、僕らは決着をつけては録れたてのムービーを見てバカ笑いし、ジェンガを再開し…を繰り返した。

経験に勝る三馬鹿。明らかに連敗している岡村。ジェンガを崩す度に僕は
「オワタ(^o^)/」
を連呼。ムービーで岡村がジェンガを崩し敗戦を決めたのを見た。

「オワタ(^o^)/オワタ(^o^)/オワタ(^o^)/オワタ(^o^)/」

明らかにはしゃぎすぎ。
しかし次からは好勝負に。N君は冷静にピンチを脱却。
「見せてくる…」
とO君が解説。自分もピンチを脱却し、僕もクリアするとすかさず、
「岡村、早くやれよ」。
先輩の圧力炸裂。岡村が低い体勢で、どれを引き抜くか探っていると、
「エロいよ、エロすぎるよ!!」
エロくない。
言葉に動揺したのか、早くも負けそうな岡村君。先輩たちが畳み掛ける。
N君「ヨーロッパチャンピオンなにやってんだよ!?」
ヨネ「地球なめんなよ!?」
O君「地球否定www」
ついに三人の中で正論を言う者がいなくなった。
なんとか逃れた岡村。N君、O君もクリアし、今度は僕がピンチに。沸き上がる場内。てか部室。
ヨネ「オレ19年のうち18年ジェンガの練習してるからね」
N君「さすが世界。」
O君「人生をジェンガにささげてる…。」
ムービーで録られようと、決して黙る事のない三馬鹿。さりげなくほとんどしゃべっていない岡村。

僕の携帯によるムービーは、三馬鹿が自分の番が来たら交代して録るスタンスだった。O君は一言、
「ヨネ、このストラップ邪魔www」
「連盟公演でもらったストラップ邪魔とか言うなし。」
盛り上がっていても言う事は言う米田。
そうこうしていると、今度はN君ピンチ。
「N君の最期を見届けよう。」
渋めの声でO君が言った瞬間、N君はフィニッシュ。

ムービーを確認してさらに再戦。相変わらず岡村に順番が回った時の盛り上がりは桁違い。
「上に置く時に倒す男、岡村。」
大人気なく茶化すN君。O君はなんとか成功。
「これ春山の2日前だからね(笑)大丈夫か山岳部www命を懸けた山行の前に。」
と僕。
「岡村…てか岡林さぁ。」
なぜか言い直したO君。
N君が
「今日調子悪いんだよ、右手痛めてて。」
と言えば、
「プロ意識www」
とO君がはしゃぎ、
「N君集中力鍛えるために剣道やってたって本当?」
と米田がなぜかこのタイミングで問い合わせる。
「今だから言える真実www」
と笑うN君に
「本末転倒www」
と意味なく四字熟語でその場をまとめるO君。相変わらず岡村の声が聞こえない。

先輩として、岡村にもしゃべってもらおうと、
「岡村は今までスポーツ何やったことがあるの?」
と聞く米田。
「自分は特に何もやってないです。」
かっこいい一人称で質問をスウェーする岡村。その時、
「唯一のスポーツ経験がジェンガ?」
とせっかく岡村が主体となったトークで笑いを再び交えるO君。この流れはマズい。僕は一言。


「岡村ジェンガをスポーツだと思ってんのかよwww」
思っているはずがない。そんな時回って来た岡村の出番。彼はついに自分から言葉を発した。





「これいけそうじゃね?」
先ほどまで礼儀正しかったのに、タメ口キャラに変貌を遂げた岡村。トークに張りが出た。
N君「なんでタメ語なのwww何がお前をそうさせる?」
ヨネ「勝負がさせた罠www」
岡村「いや、ここで落とした奴は誰もいない…。」
目の前のジェンガからブロックを引き抜くことに必死で、こちらの言葉を受信できなくなった岡村。
O君「お前誰?www」
岡村「ちょっと待って。これみんな動くんだけど!!」
N君「だからなんでタメ口?www」
ヨネ「お前誰と話してんの?www」
岡村「(小声で)こうずらしたら下が危ないもんな…」
ヨネ「ヤバい、こいつもう神の域に達してるwwwジェンガと会話してる。さすがヨーロッパチャンプ。」
最後に彼はいった。
岡村「なんでナナメってんの?」


大爆笑のジェンガ大会は岡村が帰り三馬鹿だけになった部室でも続き、次第に僕の服の中にブロックを入れる遊びへと変容し、最後はジェンガの上に乗せた人形を落としてみんなで喜び合うゲームと化すのだった。

(2008年3月26日記録)


春山前日、買い出し出陣
いよいよ春山が明日(3/26)から始まる。今日は買い出しの日だ。全14名の3泊4日分の食料を買いに行くのだ。春山に参加するOBのO君(中学の卓球部時代から知り合いの、一つ下の後輩)、Nさん(同期の作り天然)、N君(同期の馬鹿)に加え、春山に行かないO君(同期の馬鹿。歓送迎で出し物をいっしょにやる)も出陣。盛り上がる事は必死だ。

『11:30に部室に来られますか?』

現役の後輩からそんなメールを見たのは今日の10:30。急すぎる。
なんとか時間に間に合ったOBは僕とO君(卓球)のみ。こう集まりが悪い中参加してしまうと、僕が限りなく暇人に見えるのだが、決して暇ではない。
そう断ると、後輩から聞かれた。
「え、友達いないんすかwww」
カチン。言ってやった。
「馬鹿!!大学生だぞ?!友達ぐらいいるわ。多くはないけどね。」
リアル。


スーパーに買い物に行った。N君、O君が到着し、三馬鹿が揃った。OB三人で、牛肉を探しに行った。三人もいらないと思った。N君が賞味期限に注意しながら品定めをし、そろばん経験があるO君が重さの総量を計算。僕がいらないと思った。

しばらくして、Nさんから電話が来た。
Nさん「もしもし、今どこにいる?」
ヨネ「スーパーで行動食(山行の休憩時に食べるおやつ)買ってる。今どこにいるの?」
Nさん「今部室着いたんだよね。行っても間に合わないかな?」
ヨネ「うん、もうすぐ終わりそうだからね。Nさんが来たらちょうど部室に帰る感じになると思う。」
Nさん「わかった、じゃあ今から行くね。」
え?


後輩から人気を得ようと、僕とN君は行動食を多めに買った。無論、後輩に分けるためだ。悪いが、人気はいただく。僕の買ったコンブ飴が嫌われる訳はない。

学校に戻り、今度は買った食料を分ける事に。ここでN君が魅せる。
N君「山行く前に言っとくけど。山に一人3合米持ってくでしょ?そんとき、米は1合ずつ分けて名前書いておくとわかりやすいよ。」
先輩ならではの知識、貫禄。N君はこうやって決めるところで決めるから嫌だ。僕も負けじと後輩たちに言った。
ヨネ「忘れ物はしない方がいいと思います。」

食料はじゃんけんで勝った順に選べる。勝てば軽くてかさばらないものを持てるのだ。じゃんけんの円滑化を図り、O君(同期の馬鹿)が前でグーチョキパーいずれかの技を出し、勝った者と負けた者に分ける方式に。
「O君、次パー出して。」
と小声で話すN君と僕。そして…




O君グー出しやがったwww

そんな感じで楽しく、苛立たしく終わった今日の集まり。
帰って来てからは、春山に行く前に仕事は終わらせておこうと、サークルの施設係としてメーリスを流した。4月前半の場所取りの当番を募るメール。僕はネット上のアンケートに答えてもらう通常他のみんながやっている方式ではなく、あえて僕に『当番になれる日』を送るようにと指示した。これには多くの意味がある。箇条書きにする。

①ネットアンケートは『機械に回答する』という意識が働くため、回答率が低いが、メール返信にすれば『人に回答する』ため、責任意識が伴う。

②みんながどれぐらいの時間で回答するのか、回答期限までどれぐらいのゆとりを持とうとするのか知りたかった。

③みんなのアドレスを知りたかった。

④交渉以外でメールがしたかった。

こんな感じだ。まぁ正しかったかどうかは別として、期限までまだ5日もあるのに早くも続々と返事が来ているのは事実。仕事は果たした。

さて、カメの水換えもしたし、荷造りもした。アイゼン(雪山で靴に装着して使うスパイクみたいな物)をつける練習もした。準備は完璧だ。
つーわけで、明日から圏外となる雪山に行きます。3泊4日です。毎日欠かさず更新している『てか米ブログ』ですが、少なくとも明日から29日までは書き込みませんので。更新なくて、‘米田一弘死んだのかな’とか思わないでください。
連盟終わってからでしょうか。最近なんか心にくすぶってるものがある気がします。それがダンスなのか、山岳部なのか、友人・家族関係なのか、役職関係なのか、あるいはくすぶってるものがある事自体気のせいなのかわかりません。とにかく、春山を安全に執り行う事に貢献するだけでなく、自分自身を見つめ直す時間としても利用してきたいと思います。そういう意味で、僕にとってこれからの3泊4日は‘武者修行’。行ってくるど!!

※書きながら思ったけど山岳部のメンバー紹介もあると面白いかもね。近々気が向いたら書きます。

春山への意気込み
春山に明日から行ってきます。意気込みを『あいうえお作文』にしたいと思います。『はるやま』でいってみます。

なっから



んるん気分でしたが



まには



じめに挑む心を持つのを忘れず、かつOBとして後輩のサポートをし、安全な山行を心がけ、その上で、いい気持ちで新学期に移行出来るような楽しい思い出を作りたいと思います。

『自分の居場所を保持する為に』
施設係としての一番の仕事は、いうまでもなく自分のダンスサークルの練習室、いわゆる『集会室』を確保する事。場所取りじゃんけんとは、その名の通り練習場所を争うじゃんけんの事で、ほぼ毎朝ほかのサークルの代表者と行っている。
施設係となり、いかに4月の集会室の獲得状況が悪いか、そして勧誘においていかにそれが痛手かを実感している。3月24日の場所取りじゃんけんは、4月23日、24日の集会室を決める勝負所となっている。施設係の僕がその勝負の日に場所取りじゃんけんに送り込んだサークルの代表者は僕。米田はなんとメーリスで、全サークル員に宣言した。


『僕が集Fゲッチュしてみせます』


『集F』とは『集会室F』の事で、全部で7つある集会室の中でもっとも広いものだ。当然じゃんけんで一位にならないと手に入らない。なぜか自らを窮地に追い込む僕。

場所取りが始まった。幸いじゃんけん参加者は7人。どんなに負けても集会室自体はもらえる。しかし僕は思っていた。




集F以外はいらねぇ…。



じゃんけん開始。大人数だからなかなか決まらない。続々といいかげんに技を繰り出す対戦相手。毎回毎回必死でグー、チョキ、パーからセレクトしているのは僕だけのようだ。鋭い眼光で闘ったのが影響したのか、4/23、4/24の両日とも集Cを取った。2番目にいい集会室だ。
場所取りは、取れた集会室を施設係に報告して初めて任務が完了する。無論メールを作成。

『米田です。集C取れました』

送信。


ちょうどそんな時、メールを受信した。


『米田です。集C取れました』


M先輩(鬼ロッカー)と、S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)にもメールを作成。
『宣言通り集C取れました』


宣言していたのが集Fだということに気付きながらも、あえて褒めてくれたM先輩とS先輩の優しさに心を痛めた、3月24日の昼だった。
(2008年3月25日記録)

3馬鹿はやはり馬鹿
場所取りじゃんけんのため7:30に起きた。電車で学校付近まで行くとやたらと着物来た若い女性がいる事に気付いた。なんだよ、卒業式じゃあるまいし。
卒業式らしい。電車を降りて駅の信号を渡ろうとすると、それはそれはすごい人だかりで。信号が青になっても一向に渡れない。ほかの信号まで歩いた。
校門前がもっと凄かった。写真撮影しまくり。まぁ僕も入学式の時したけどさ。親子での写真はなかなか撮る機会ないからね。あれ、ご夫婦だけで撮ってる人もいるぞ。うわ、あいつは自分で自分撮ってる。しかもソロ。あの写真どうすんだろ。やっぱ自分で自分に焼き増しすんのかな(する必要がない)。

場所取りは一言で言えば無事取れました。でも面白かったんでエッセイにします。場所取りをエッセイに出来るのなんて僕だけです(笑)

場所取りじゃんけんの後は、11:30までダンスの練習をしようと思っていた。しかし、9:30から施設係の仕事をして、場所取りじゃんけんして、仕事の続きをやって…としていたらあっという間に10:30。とりあえず集会室を借り、移動。10:30までの作業で、新しい渉外係(施設係)の連絡先を書き写したり、今後の集会室の利用状況をみたり、交渉したところを訂正したり、交渉出来そうなサークルを見極めるため4月の施設の獲得状況を全サークル分メモるのは終わった。移動後は早速交渉開始だ。どのサークルにどんなメールをすれば施設を譲ってくれるのか考えに考え、二通送信した。こう見えて、交渉頑張っとるのよ(てかブログで頑張り具合主張し過ぎだけど)。11サークル中2通しか今まで返信来なかったんだけど、話術をちょいと使って今は5つほどのサークルと交渉可。つってもうまくはいかないんだけどね。
ハッと気がついた時には11:10。練習出来ない。着替えずにその場で適当に踊った。集会室を出た。これで春山から帰って来るまで踊る事はない…って今日もほとんど踊ってないけど。
山岳部の同期Nさんが、『春山の交通費、大学生は学校で発行する「学生証明書」を用意すると安い』と言っていた。「学生証」とは違うらしい。大学で発行する証明書で一番に浮かぶのは『在学証明書』だが…。とりあえず発行。200円だとさ。金欠なのに。チャリン。発行された紙を見た。




これゼッテー違ぇ!!!
クソッ、割引のつもりがNさんのトラップにより200円余計に払うという結果に。ちゃっかりあとでNさんに請求出来るように領収書をもらっておいたオレ、米田。破れないようにクリアファイルに入れた。

帰宅。昼食を取り出発。今度は山岳部の部室だ。三馬鹿がそろう。

一通り喋って現役が続々と帰り、ついに部室には3人の馬鹿と後輩のO君(3つ下)のみに。ムービーを撮りながらジェンガで遊んだ。撮影中も衰えないトークテンポ、声のデカさ。一ゲームしては録画したヤツを見て笑い、保存を続けたのだが…



携帯のデータ量パンクwww
そしてまさかのエッセイ行きwww

あまりに楽しみすぎて、時間を忘れていたが、後輩O君は帰る時間になった。彼を見送る三馬鹿。しかし決して自分達は帰らない。しばらく三馬鹿で部室に居座った。ジェンガを応用させて新しい遊びを作った。
手順を説明する。
①ジェンガの上にコアラの小さな人形を置き、ジェンガに向かってテニスボールを蹴り転がし、コアラが落ちないように当てる


ルールもある。
①コアラを落とした人が負け
②ボールが当たらなかった場合は次の人に順番がいく
③ただし勝者は、負けた人の一つ前にジェンガにボールを当てていた人
④ジェンガのブロックは、一つ崩すごとに1ポイント加算される
⑤ポイントが何に役立つのかは不明
⑥チャンスの時は『米田ポイント』がつく
⑦米田ポイントが何に役立つのかは不明
⑧普通は2ポイントでも、たまに米田ポイントは3入る
⑨コアラがジェンガから落ちた際は、みんなで円になって喜ぶ


コアラを落としてみんなで喜ぶ…全く新しいゲームがここに誕生した。
お陰様でだいぶ疲れた。家に帰ってからは春山の荷造りしたりでそれなりに忙しかった。

明日は春山前日って事で買い出し。三馬鹿に加え、Nさん、O君(一つ下の後輩)も来ます。盛り上げる…いや盛り上がるぜ!


~名言~
タイタニック号は美しかったわ。それこそが真実よ。
byタイタニック号乗客の生き証人
■READ MORE■

ジョリーパスタへの道
今日はのんびりな日だった。春山前にこんだけ暇出来るなら、Y先輩(元代表)S先輩(元副代表)M先輩(現代表)K先輩(現副代表)という超豪華メンバーが出演するダンスイベント見に行けばよかった、未だに続いていて遂に20次会まで突入したらしい連盟公演の打ち上げにも行けばよかった、と思いつつ、‘金がないからやっぱ無理か’と結論に至った米田です。

携帯のアラームを凌ぎきり、起きずに済んでいた朝、メーリスの2連発に結局起こされた。昨晩送信予約をしていた僕によるものだった。寝ぼけつつ寝ぼけていると、M先輩(女性ヒップホッパー。今まで深い関わりは特にないけど、新歓の実行責任者みたいのをやってる)から施設について問い合わせがあった。施設といえば僕の仕事。10:30、起床した。

明後日25日の施設が取れていなくて必要だという。午前中から交渉開始。あらゆるサークルに問い合わせて、なんとか「15:00以降なら…」という条件をもらい、M先輩に意見を聞き、M先輩がみんなにメーリスを流し…今日も大変だった。さらに途中それとは別に施設の交渉の話が来た。施設係をやっていて今のところよかったと思える事は2つ。D先輩(策士)やK先輩(レジェンドオブ肝試し)やM先輩(鬼ロッカー)に頼りつつも、事務的な事とはいえ話す機会が増えた事。そしてもう一つは…


メールの数が増えた事(笑)メーリスとメルマガオンリーの日からはもはやおさらばです。ま、実際疲れるからキツいけど。

朝食兼昼食を食べ、昨日Y先輩(韓国海苔風チョコレートを我がサークルに輸入した女性ブレイカー)に「ミクシィで連盟公演の事書いてよ」と言われたのを思いだし、書いた。ところがY先輩…






コメントくれねぇ!!
いや、コメントをくれるのを当然とは思っちゃいませんよ。僕だってブログのコピペしただけ(ただしTさんにキュンとした話などは誤解が生じそうなので編集。)だからそんなに大変じゃなかったですよ。でも…(笑)

施設係の仕事も一段落(つってもなんだかんだ完了までに2時間を要した)し、派遣バイトも予約いっぱいとわかった今、今日の予定は登山靴の防水と、中国語の自己紹介文作成だけとなった。楽勝。‘正直、3月23日はあと3時間あれば十分だ’と悟った午後1時、兄貴とマリカーを開始。グランプリレース開始前、僕が
「お前何学校休んだ人みたいな格好してんの?」
と灰色のしましまな服を着ていた兄を馬鹿にすれば、負けじと兄も
「お前何学校休んだモリアオガエルみたいな格好してんの?」
と緑色のパーカーを着ていた僕を馬鹿にする。
レースは兄がスター状態で後ろからタックルを仕掛ければ、僕がショートカットを2連発で決め、兄が『カラカラ砂漠』で電車に轢かれれば、僕が『チョコマウンテン』のラストコーナーで3回転落したりと一進一退の攻防に。そして延長戦として行ったスマブラではチームを組んだため、差がつかなかった。

ゲーム後は予定通り登山靴の防水。これで春山前の防水は完了。明日山部に行った際、冊子(遠足でいうところの『しおり』)をもらって準備をすればもうあとは行くだけだ。

家族と久しぶりにカードゲームをやりまくった。ひたすら細かいテクニックで判定勝ちを狙いに行く題して『マーカスアウレリオ戦法』は功を奏し、僕の勝利に終わった。

さりげなく持ち上がった夕食の話。今日はジョリーパスタで外食と決まった。米田家にしてはスムーズな決定だった。しかし問題はその後。
一弘「じゃあ久し振りに車運転しようかな!」
母「え…あーそれもいいかもね…。」
一弘「え、歩くつもりだった?」
母「うん、だってすぐそこのでしょ?」
父「そうだね、じゃあ歩いちゃおうか?!」
少し意外な展開。ちなみに前回は車で行きました。どさくさに紛れて珍しくテンションが上がっている父。どさくさに紛れてトイレに行っていたため、会話には入れていない兄。
一弘「じゃあジョリパス、歩いて行こう!!って事で車エンジンかけて暖める時間いらないよね!?じゃあ今すぐ出発で!玄関前に5分後に集合。じゃあ出発5分後じゃねぇか。どうもおおきに。」
僕の一人ツッコミで交通手段が徒歩に決まった。トイレに行った。
しかし出ると話は急展開を見せていた。
兄「あ、一弘。車で行くことになったから。」
兄貴ぃぃ!!!さっきトイレ行ってて会話には入れず、家族話多彩の今日のブログで今の今までマリカーでしかその存在感を出せていなかった貴様が何を言っとる!?
兄「車で行くことになったから。あ、お父さんもさっきまでは『歩く』って言ってたんだけど、僕が『車じゃないの?』って言ったら、その意見に乗り換えた。車だけに。」
何さりげ上手い事言ってんだよ。そこまで上手くないけど。
兄「あ、今の使っていいよ。」
出た、上手い事言ったつもりになった兄貴がいつも言う決めゼリフ、『使っていいよ』。誰がそんな言葉他で使うか!!
弟、一弘も切り返す。
一弘「兄の『使っていいよ』で使えるのがない件。」
2ちゃんねるのスレッド式の返答に兄も
「ちょwww」
と返答。レベルが高い。

車の運転は…ライトつけ忘れたり(致命的)、バックしながらハンドルきったら前のボンネットの横側をすりそうになったり(致命的)と危なげなしだった。
ジョリパスではまた粉チーズを丸々一本分使ってやった。
で、家に帰って来てからはまたのんびり風呂に入ってミクシィのコメントにまだY先輩から返信がないのを確認したり。しかも今回はちょっとショックよ。





足跡(つまり僕のミクシィの日記を見た跡)があったwww
これはコメント、もらえませんねorz

てなわけで今日はゆったりと過ごせた楽勝な日…と思いきや、まだチャイ語やってなかったという(笑)しまった。あ、エッセイも書きたいのに…。あ、とりあえず今日もたくさん来ましたスパムさんへの返信したので、よろしかったら米田の奮闘振りをご覧ください。(くれぐれもリンクにジャンプしませんようお願いします。問題があった場合の責任は負いかねます、マジで。)

決意
てか米ブログを読んでいただきありがとうございます。言うまでもなく、管理人の米田一弘です。
お気づきの方も多いかと思いますが、最近トラックバックやコメント欄に異様にスパム(イタズラ、悪質メール)が来てます。
‘読者の方がリンクでジャンプして、問題に巻き込まれたら大変だ’
そんな思いから、毎日のように削除を繰り返してきました。しかし・・もう限界です。
なのでこれからは・・・







全てに返信したいと思いますwww


ですのでこれからは米田とスパムの戦いを見ていただくとともに、決してスパムのサイトには行かぬよう宜しくお願いします。

施設係は辛いのです
朝6時までブログを書いていたわりに、起きたのは12時。安眠を妨げたのは携帯の目覚ましアラーム。眠いのに起こすなよ、そう思ったが起きた。
同じ過ちは繰り返さない。2度寝は決してしなかった。カメもちゃんと起こした。14:00に家を出て、大学へダンスをしに向かった。
集会室にいたのはY先輩(韓国海苔風チョコレートを我がサークルに輸入した女性ブレイカー)ただ一人。連盟についてかなり褒めてくれた。そして僕が来るまでほかに人がいなくて
「虚しさの極意だった。」
と言っていた。『極意』じゃなくて『極み』だと思った。
30分ほどでY先輩は退陣。状況は一変し今度は僕が虚しさの極意に陥った。
一人で着々とアイソレとリズム練を消費し、基礎練へ。連盟が終わった事によるしりつぼみからか、3/21の喪失感からかわからなかったが、早くも集中力を切らす僕。体のキレもイマイチだし、そろそろやめようかなと思っていた時。集会室のドアが開いた。
入って来たのはT先輩(連盟のよさを僕に教えてくれ、スペのオーディションを受ける事も勧めてくれたハウサー)。T先輩、お久し振りでーす!!
T先輩「ヨネ、お前連盟出たんだよな?」
あれ、何を言いますか…え…だってT先輩がスゴい背中押してくれて…スペのオーディションも…え?
その後、連盟に出たダンサーが皆満足していた事や、本番の出来栄えなどを話したが、あれだけ連盟のよさを語ってくれたT先輩の割に、ヤケにそっけない。
集会室に音楽をかけるために使っているスピーカーには、僕のiPodシャッフルが使われている。T先輩のMP3に交換しようとした時気付いた。




あ、T先輩じゃない(笑)
T先輩(連盟のよさを語ってくれたハウサー)だと思っていた人は実はT先輩(学園祭では男ながらガールズを踊り、米田家から人気を博した。新歓ステージでポップの策士・D先輩とその彼女様のM先輩とチームを組む)だった。集会室にサングラスをかけてはいって来てたし、背格好もなんとなく似てるとこがあるしで気付かんかった。
しまった…普通に名前呼び間違えたよ…バレてないかな…名前似てるからなんとかなってるといいんだけど…。
なんだかんだT先輩が来てくれて助かった。やる気を取り戻した僕はダンスにまた集中し始めた。体のキレはやっぱイマイチだけどそれはそれでいい。その後策士・D先輩も来た。3人特に話す事はなかったけど、みな真剣に練習してた。
気付いてみれば19:30を回っていた。4時間近くの練習。今日はもうやめて帰ろうと荷物をまとめた時、D先輩(疾風)とB君(ブレイクもできるハウサー)とK先輩(前施設係。レジェンドオブ肝試し)が来た。とりあえず少しばかり集会室に居残った。連盟も終わったという事でちょうど今朝、K先輩から施設係の仕事を正式に引き継いだところだ。それにあたり色々浮かび上がった疑問をぶつけ、かつ4月の集会室の取れ具合(つまりは3月の場所取りじゃんけんの結果)を聞いた。






ほとんど取れてねぇよ(笑)
ってわけで早速あるサークルの施設係に交渉メールを打った。送信後、K先輩と施設係という役職の立ち位置について語り合った。
K先輩「キツくね?」
ヨネ「キツいです。」
K先輩「みんな施設係の辛さわかってないよな。」
ヨネ「はい。しかもK先輩はそういうの表に出さないじゃないですか。僕連盟出てる間毎日言ってますからね。『施設マジ大変』って(笑)」
K先輩「オレ昔Y先輩(元代表)にメチャメチャキツい条件提示されて。確か追いパあたりだったと思うんだけど、『頼むよ』みたいな感じで。ちょっと待ってください~みたいな(笑)」
ヨネ「僕もM先輩(鬼ロッカー)に先日、『4月の集会室をタダでもらえ』と(笑)毎日深夜2時まで交渉したり策練ったり。僕、全然まだ手探りでやってるんでイチイチM先輩に相談してるんですよ。だからほかのサークルの施設係から条件もらって、要点まとめてM先輩に伝えて、でM先輩からの返答待って、それから向こうの施設係と交渉し直しての繰り返しで…『なんかオレいない方がよくない?直接話した方がスムーズじゃない?』みたいな(笑)でも施設係としてそこはやらなくちゃいけないし…。」
K先輩「で、ホムペにアップしなくちゃな。しかもそれを…」
K先輩&ヨネ「みんな見ない!!!」
苦笑い連発の苦しい状況の語り合いは、‘策士’D先輩(初代施設係)と‘レジェンドオブ肝試し’K先輩(2代目施設係)と‘重力を忘れた男’米田一弘(現施設係)でしかできない。またしたいような…したくないような。
そんな感じで今日は帰宅。んー実は今日学校行ったのはダンスだけが目的でなく、施設係として今後のスケジュール確認したり、春山に向けて学生証明書もらいにいったりってのもあったんですが…。時間、曜日がことごとくかわされ何も出来んかった。クソッ。派遣バイトも予約いっぱいで金稼げんし…クソッ。
今日は施設係としてメールを流してやろうと思ってます。クソッ。

3月21日の日記(頑張って長文にしたバージョン)
えーあまりに3/21の日記がサッパリしすぎてて、書き手として寂しい限りなので、意地をみせます。精一杯膨らませて長く書いてやります。

連盟の打ち上げ後、帰ったのはなんと朝6時半。6時半と言えばもう朝刊が来ている時間だし、多くの社会人が目を覚ます時間だし、『やじうまプラス』が始まって30分が経過した時間だ。
僕は家に帰るなり物音で起きた母と一言二言会話を交わした。家族は僕がダンスを楽しんでいる事を喜んでくれていて、父と母はクラブイベントも見に来てくれたし、それに兄を加えた3人で10/20の学園祭(小規模の方)も見に来てくれたし、学園祭(デカい方)はなんと3回すべての公演を見てくれている。当然のように今回の連盟公演も21日の昼公演に来てくれ、客出しの時は父以外は笑顔で僕に手を振ってくれた。
夜が明けたとは言え、公演後初めて会った僕ら。当然会話もその感想や、僕による裏話となるはずだ。
母「一弘、お風呂温めてあるから。」
ヨネ「うん。」
兄も起きた。
兄「あ、一弘どうした?」
ヨネ「帰って来たよ。風呂入って来る。」
恐るべき無駄のない会話。僕はダンスと打ち上げで、母と兄は朝物音で起こされた気怠さでこうなってしまったのだろう。

「12:30に大学にダンスに行く」
そう告げて、風呂に入ったあと僕は寝た。兄が起こしてくれるらしい。





「カズ君、僕はいつまで君を起こしてればいいんだい?」
兄の明らかにしなびた声で目が覚めた。時計を見た。時刻は…15:30。兄はほんとうに疲れ果てた時、僕の事を『一弘』でなく『カズ君』と呼ぶ。どうやら12時から声を掛け続けても、なんのリアクションもなく、起きる気配が無かったらしい。
当時の様子を彼はこう語る。
「いやぁつまんなかったよ。何を言っても何の反応も無いんだもん。色々言ったんだけどね。『3時1時間半前だよ。』とか『君がそう来るなら僕はああするぞ』とか。」
15時間の時を経てツッコんであげたいと思う。


それは13:30の事だろ。
どうするんだよ。


15:30になったのでは、出発時刻はもっと遅くなるからダンスへ行くのはやめておいた。今日はもう少し眠る事に。再び就寝。また布団を5枚かけて、右側を向いて寝た。そのあといつも通り左側を向いて、新幹線の抱き枕を抱いて寝た。起きたのは…







21:30www

果てしなく空っぽな3/21。真っ先に不安だったのはブログだ。『毎日どこよりも長く』をモットーとする(してないけど。)『てか米ブログ』も破綻の危機となる一方、兄の、
「カメを起こしたら?」
という一言にハッとした。カメ、21:30起床(笑)ガラスケースにかぶせてあった布を剥いだ。いや、あれだよね。連盟中カメ君も早寝早起きに突き合わされて大変だったもんね。…ゴメン。

メールが21件来ていたのには驚いた。そして大体がメーリスだった事にもっと驚いた。ロックの飲み会は今日(3/21)行われるという。てか、今行っているという。参加者を募っている。無理だ。
食事を済ませ、
「一弘、これはなんの食事なの?朝食?昼食?夕食?」
との母の質問に思わす黙り込んだ。
朝風呂に入ったきり、ずっとパジャマでいる今の状態。
「着替えるか…」
とつぶやくと
「もういいと思う」
と母と兄に言われた。
「これじゃ今日やった事の50パーセントが風呂になっちゃうよwww」
という兄の忠告も聞かず風呂に入った。
出てから柔軟をして、カメを寝かせた。カメ君、今日(3/21)は3時間しかありませんでしたね(笑)

3/21、一番びっくりしたのはパソコンのトップ画面の壁紙が変わっていた事。兄が変えてくれたらしい。連盟公演にまさに出演している僕の写真だった。しかも僕が真ん中に写っている。ちなみに今までの壁紙の写真は10/20の学園祭のもの。イントロの最後の決めポーズですな。




真ん中に写ってんの、M先輩(鬼ロッカー)だけど…




そしてなにより…




オレ出てないけどwww



そんな一日。夜、眠れるわけはなく、3/22の今までずっと、たまった分のブログ書いてました。連盟も終わったし今日からまた活動開始だな。とりあえず今日こそ、大学にダンスしに行って、春山の交通費の割り引きに必要な在学証明書的なのもらって、施設係の仕事もちゃんとシフトするつもり。
昨日(3/21)を過ごしたおかげで、僕は人生を一日欠かしました(笑)濃い毎日を過ごしたいと思います。




3月21日の日記
打ち上げ後、朝6時半に家に帰って来た。6日間で10時間しか寝ていない僕は、風呂に入ったあと爆睡開始。12:30に起きてダンスをしに大学に行く予定だったが、21:30まで寝てしまったため、
カメを起こして風呂に入って、食事をして、ブログを書いた。終わり。

3月20日、連盟公演の日記(千秋楽、打ち上げ編)
クソ長くなりそうなので、結局昼と夜の部、分けて書くことにしました。で、こちらは連盟公演夜の部(3/20、千秋楽)の記録です。どうぞ。


昼の部が終わって客出ししたあと、一旦全集。ついにあとは千秋楽(夜の部)…最終公演だ。舞台監督を務めたM先輩や、演出のY先輩、そして会長のR先輩は一言ずつコメントしていった。
M先輩が泣き、Y先輩が泣き、R先輩が泣いた。
「本当に大変で僕が400人をまとめられるわけはないと、不安と闘って来た50日間ですが…凄く幸せでした。ありがとうございました。」
その言葉に400人近くが泣いた。僕も思わず、泣いた。
『千秋楽まであと45分。Are you ready?』と煽り映像が流された。関東中の400人の熱いダンサーたちが集った連盟公演。準備はもう…出来ている。
みんなで気合いを入れたあと、控え室へ。

千秋楽も当然超満員札止め。T先輩(超優しいヒップホッパー)が言うには、千秋楽はダンサーだけでなくお客さんのテンションも半端ないらしい。また、うちのサークルから見に来てくれる人も、Y君(省エネロッカー)、S先輩(ムッツリコマ責副代表)、D先輩(ど真ん中のB系ヒップホッパー)、T君(フロムオタクトゥーロック)、K先輩(最強最恐ジャザー)、K先輩(優しくダンスもうまい女性ロッカー。僕はファンです。僕の家族はもっとファンです。)、Y先輩(元代表。)たちと最多である。

全集後、今度はロックのみで集まった。コマ責のR先輩がみんなの前で喋って泣き、続いてA先輩がみんなの前で喋って泣き、僕もダラッダラに泣いた。ほんとに泣かないつもりだったし、てか僕は『泣いた』ってのを文字で書くのが本当に嫌なんだけど…泣きました(笑)コマ責から全員宛のメッセージが書かれた手紙が配られ、さらにCDが与えられた。こちらは内容が少しずつ違うらしい。A先輩曰く、「みんなの関係がこれで終わらず、『お前内容どうだった?』とか『交換しよう!』とかで続いていけるよいに」らしい。ありがたくいただきます。

本番前の控え室。Y先輩からの差し入れでバナナが一房丸々届いた。バナナは好物だ。緊張はしてるけど昼食のおにぎりも夕食のパンも軽くたいらげた。まだ全然食える。しかし、なぜか手をつけないダンサーたち。Y先輩のという事で恐れ多いのか、本番前の緊張かわからなかったが、とにかく食べようとしない。
「人からもらった物にそりゃないだろ。食わねぇならオレが全部食うぞ。」
正論を述べる米田。まわりのヤツらが言う。
K君(飲み会ハッスラー)「よし言ったな。」
T君(守護神)「おいK、ヨネに食わせてやれ。」
K君「皮は剥かないでいいよな!?」
S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)「ならムービー撮ろうかな(^o^)/」
あわわわわわわわ…

なんかウザかったからとりあえずトイレに行って時間稼ぎ。てか普通に用を足した。用を足すのに普通も何もないけどとにかく戻った時は彼らの興奮も冷めていて、僕は落ち着いて一人でバナナを食べられた。その数4本…食い過ぎだろ(笑)

本番が始まった。控えのダンサーたちは、控え室前のテレビで舞台の様子が見られる。みんな釘付け。バナナを食べていた僕はテレビの前に行くのが遅れたけどそれでも何とか見られた。関東中から集まったダンサーの大物中の大物が、最高の振付と曲と極上の演出に合わせて、ジャンルの枠を超えて出演するオープニングは何度見ても本当に素晴らしいもので、控え室前も客席も大歓声に包まれた。
昼の公演で落ちてしまったメイクは、Tさん(もはやカリスマ)が忙しそうで頼めそうになかった。メイク道具が置いてある練習室にいた知らない人にやってもらった。
「はい、目開けて。」
「目閉じて。」
「はい、目開けて。」
「目閉じて。」
「赤上げて。」
「白上げて。」
「赤下げないで白下げて。」など、かなり機敏に指示が出された緊張感あるメイクだった。

2部が始まって、ロックの2曲前。そろそろ控え室から舞台袖に待機しなくてはいけない場面で、ロックはまさかの撮影会。ロックの3曲前を終えたR先輩とA先輩が来るのを待ってからドタバタだったけどちゃんと撮れた。気合いを入れてから舞台袖へ。
舞台袖での私語は厳禁となっている。だから僕はS君(飲み会でオススメの漫画を教えてくれた)とガッチリ握手し、S君(互いに口下手だけど、さりげよく話した。早替えをお互い不安に思っていた時期がある)とは抱擁を交わした。
僕の早替えを手伝ってくれるO先輩(ジャズの超大物)には、一時は上着の2着をリハで外されたりしたけど今は最高の信頼を置いてるパートナー。目で合図した。
曲が始まり、僕は楽しく犯罪者役をまず踊った。振りは間違える気配が無い。早替えも完璧。続いてスワットだ。昼公演では役になりきるため、スワットのシーンではガチッと顔を固めたけど、千秋楽前にA先輩が「自由でいいよ」と言ったため、自然体で出た。前に出た瞬間の歓声は異常だった。ステージからは客席の顔が全く見えないが、確かに身内(同じサークルのダンサー)の声も聞こえた。
万感の思いを胸に踊り切った。50日間で無駄にした日は一日も無い。後悔は無い。終わった後の舞台裏は皆笑顔だった。そこに涙は無い。
スワットの姿で控え室前に戻ると、テレビの前に集まっていた他のダンサーから拍手で迎えられた。すごく幸せだった。
フィナーレで客席通路に出た時は、すぐ左横にK先輩(家族共々憧れの女性ロッカー)たち、すぐ右横にY君(省エネロッカー)が偶然いた。僕は最後まで楽しく踊り切った。

公演後、見に来てくれた同じサークルの人と言葉を交わした。いつも僕をいじるフロムオタクトゥーロックも、省エネロッカーも、ムッツリコマ責副代表も、異様に褒めてくれた。K先輩(家族共々憧れの女性ロッカー)も相変わらず僕の努力をわかってくれてる。
「パンフ、あのポーズしてくれてありがとう(笑)すごくよかった。」
全て終わったからもう言おう。僕は一回目の時も撮り直しの時も、パンフレットのダンサー紹介の写真をふざけて撮った。学園祭のロックでポーズをせがまれ、とっさにやって大好評だったあのちょんまげイケメンポーズ。チケットスタッフのM先輩からもそれを機に話しかけられ、今では通り過ぎる度にあのポーズをする仲になっている。あの写真を撮るのは大変だった。一回目にまわりに同じサークルのメンバーがいなかったのは、まだいい。撮り直しでわざわざ出向いた時は、当然ほかに写真を撮ってるヤツはおらず…しかも場所は売店前の休憩スペース。すぐそばでみんながソファに座って、静かにしているようなところで、僕は一人あのポーズをし、チラチラまわりの人に見られながら撮り直したのだ。そしてパンフに載った写真が撮り直したにもかかわらず若干ピンぼけだった事…。ロッカー、仕事は果たしたぞ。

客出し終了後、挨拶を済ませ夜0:00店集合の打ち上げに向け、僕はM君(ビデオ撮影の時の組み合わせで、一時僕を裏切ろうとしたヤツ)とラーメンを食った。で、店近くのゲーセンでUFOキャッチャーして、店到着。
400人近くの連盟メンバーだけで貸し切った店。おつまみが4食しか出ず、飲み物は飲み放題の割にセルフサービスで3000円もするこの店で、0:00から5:00まで僕らは騒ぎに騒いだ。乾杯時にはまた全席を回った。いつのまにかロッカーとはほぼ全員と話せるようになっていた。スタッフやコマ責、他のジャンルのダンサーとも壁を感じなくなっていた。飲みまくれた。
あ、言わずもがなですが、連盟マジックは起きませんでした。50日間で、しかもダンサーを僕が好きになるような事はなく、かつ僕を好きになった人はみんな照れ屋で告白に来ませんでした。
ロックの集まりの時間が15分程設けられた。コマ責のR先輩は
「もうねぇ…千秋楽前に話しちゃったから話す事はもうないんだけどね、話す事ないとか言っちゃったアッハッハッハ。」
といつもの調子で喋りつつ、涙を見せる。A先輩は
「これっきりにならずこの関係を長く続けて欲しい」
と、パンフのダンサー紹介写真で全裸だった人とは思えない真面目なコメント。コマ責へ寄せ書きと帽子のプレゼントも与えられ、解散した。
今まで書いていなかったが、僕は今回スワット役に使う衣装で、R君(あだ名が個性的。ジャズも出来る)に黒いキャップ(帽子)を借りていた。洗濯して返そうと思ったが、今日(3/20…だけどもう日が変わってたから3/21)返した。3/26からの春山に向けて準備を進めなければならない。残念だが、この後にあるであろう連盟ロック飲みには出られない。だからこの帽子のその場返却は、僕にとって別れを意味するもので、少し辛かったけど、R君は洗濯してないのを気にせず、受け取ってくれた。

飲み会では、友人が「かわいい」と絶賛した女の子を探しまわったりもした。400人の中で見つけるのはそれはそれは大変で、時間が掛かった。そんな中、ようやく見つけた。友人が僕に感想を求める。僕は言ってやった。
「あの人がかわいい?口ほどにもないわ!!!点数をつけるとしたら100点だね。」

飲み会は本当に5:00まで続き、結局僕はこの時点で『6日間で10時間睡眠』となった。

最後は連盟について、真面目に書く。
『連盟公演に出ると決めたのは、ロックがうまくなりたいからです。正直ロック以外は考えられないです。ワークショップで振りを入れてもらいました。あの短い時間では覚えられませんでした。だからこそ、中途半端に終わらせたくないです。僕に振り全部を教えてください。
連盟公演のロックの練習に毎日出て、自主練も心置きなくできるように、1年間続けたバイト、もうやめました。僕は本気です。
学園祭では、夕方6時からのコマの日、朝10時から休憩なしで踊り続けたぐらい、根性には定評があるし、自信があります。僕はダンスの実力に自信はありませんが、振付師の方々の指導力を信じます。だからかわりに僕の根性を信じてください。お願いします。』
連盟のエントリーシートに僕はこんなような事を書いた。携帯で下書きして、それを直しながら書き写したから若干内容は違うけど、とにかく僕はこの文章をずっと保存していた。辛く苦しい練習の日々にもなるだろう50日間で、挫折しそうになった時や、初心を忘れそうな時に、いつでもこの文章が読みかえせるように、だ。そして様々なものを犠牲にした。1年間続けたバイトであったり、山岳部に参加したり勉強したりする時間だったり、衣装や合宿や移動に使うお金だったり、新歓のステージだったり…。僕は後戻りできない状況を自分で作り上げたけど、いざ始まってみるとそれは後戻りしたくない状況に変わっていた。結局この文を読み返したときはなかった。後悔なんてまるでない。言うまでもなく、連盟に出てよかった。
僕は今まで、自分のサークル以外の人のダンスにはまるで興味が無かった。K先輩(最強最恐ジャザー)のワークショップへの参加への強い勧めがなければ、ワークショップに行くことも、連盟と関わる事もありえなかった。そしてそのワークショップでコマ責のR先輩のダンスに惚れ込み、連盟へ参加する事もありえなかった。連盟公演の日程が春山の日程の一週間前だったり、S先輩(ムッツリコマ責副代表)の助言を守ってエントリーシートを書いた結果高い競争率の中からの抽選でロックに決まったり…K先輩からメーリスをもらってから、奇跡の連続だったと思う。
連盟でダンスはうまくなった。それはコマ責のA先輩やR先輩の本当に手厚い指導があったからだし、S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)がこれでもかってぐらい自主練に付き合ってくれたからだし、N先輩やS先輩やH先輩やP先輩など連盟で知り合った先輩たちがアドバイスをくれたからだ。同期のやつらが気さくですごく話しかけてくれたのも影響したのかもしれない。ただそれはまだ一歩でしかない。アドバイスや言葉は胸に刻んだし、忘れようもないけど、自分自身で煮詰めて身につけるには50日間は到底短すぎた。むしろ大きな変化があったのは内面だ。精神的に強くなったし、ダンスへの考え方が大きく変わった。
正直に言う。僕は連盟に出たのはあくまでスクールに行かないでダンスの実力をあげるためであり、他のサークルの人と友達を作るとか、そいつらとチームを組むなんて事はどうでもよかった。でも連盟公演後の打ち上げで同じロックをとった同期の友人と、別れを惜しみながらアドレスを交換した時は、
「今はオレら互いに全然ダンスうまくないけど、いつかそれぞれうまくなって、そしたらチーム組もうな」
と言い合うようになっていた。ダンスに対して一つの答えが出たり、考える事が出来たりした事が連盟公演に参加した最高の成果だと今思う。そしてオープニング振付師のT先輩が行ったように、この公演を『振り返らないで糧にできるよう』にしたい。

打ち上げからの帰りの電車で、改札を出た僕は、残金が40円となったPASMOをチャージした。

これが『僕の連盟』だ。



3月20日、連盟公演の日記(昼の部編)
3月20日、連盟公演最終日。これまでの50日間を言葉という限られたもので表現する事は出来ないし、しない方がいいのかも知れないけど、できる限り鮮明に書いていきます。また5000字超えるかもです。覚悟しぃや。


朝は5:30起き。寝たのは3:30ごろだからこれで5日間で10時間ぐらいしか寝ていない事になる。おまけに今日(3/20)の夜は打ち上げで翌朝(3/21)の朝5:00まで飲んでいると…。もういっそ殺してくれ、そう思った。
気合いを入れすぎたかもしれない。会場に着いたのは400人中両手で表せるぐらいの順位だった。ちなみに男では一番に到着。全集前のスタッフ(ダンサーでありつつ、公演の様々な雑務を取り仕切る人達)集合にも余裕で間に合う時間帯だった。僕は一人まだ開かぬ会場の外で、雨宿り。
続々とスタッフの方々や、ダンサーたちが集まって来た。オープニングの振付師のI先輩(昔うちのサークルのクラブイベでMCをやってくれた事がある)はひたすら向こうで
「ヒィィヤ!!
と言っている。重低音で放たれたその叫びに爆笑に包まれる会場入口付近。スタッフであり、フィナーレでは僕とペアで踊るK先輩(パンフの写真を撮り直すために、メーリスで僕を呼び出した)はスタッフ集合ギリギリに到着。
「あっぶねあぶね。」
といいスタッフの輪に入るかと思いきや、喫煙タイムに入った。まさかの一服。
「スタッフ集合!!」
と会長のR先輩が言った時には、たばこに火をつけたばかりで、結局遅れて輪に加わった。ならばと……




さりげなくスタッフ集合の輪に加わるオレ、米田。会長の一言一言にうなずき、どさくさに紛れてなじんでいるオレ、米田。施設係の先輩から、
「トイレの流しの使い方が悪く、またトイレットペーパーの芯が抜かれたりもしているらしいので、あとで全集でみんなに注意します」
との発言も聞いた。そんな中、会場入口の屋根の下でひたすら傘をさし続ける会長。

スタッフ会議への出席が済み、ダンサーも集まった頃会場が開いた。後ろにいた人達の話に耳を傾ける。
「お前トイレ終わったあと、どんぐらい手洗うの重視する?」
魅力的な議題。
「うーん…小の方なら指先だけぬらすかな。」
リアルな討論。
「大の方は別に直接何を触ってるわけでもないけど意外に丁寧に洗う気にならね?」
確かに。そんな中…
「オレさ…昔朝犬の散歩してて、まぁ犬がフンしたわけよ。で、こう…左手でビニールをひっくり返してフンを取ろうとしたんだ。そしたらオレ、何を考えたのか、素手の右手でフン持っちゃったんだ。」
あまりの突発的な笑いに吹き出してしまった僕。友人との個人的な会話で回りの人も和ます…それこそ僕が目指しているトーク。いい勉強になった。

全集にはうちのサークルのメンバー13人、みんな遅刻なし。昔D先輩(ど真ん中のB系ヒップホッパー)とT先輩(バトルでヨネをブッ潰した)が連盟に出た際は、本番当日にそろって遅刻し、サークルのイメージが下がったらしい…。今年は大ジョブそうだ。
そんな中、異様に眠そうだったのはS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)。T先輩(超優しいヒップホッパー)と僕と話していたE君(…ハウサー)に、一言。
「E、ヨネを殴っていいよ」
…やるなら直接手を下して下さいよ(笑)ついに触れる事すら嫌になったんですか?

全集で施設係から話があった。
「トイレの使い方が汚いそうです。あとトイレットペーパーの芯がぬかれたりもしているそうなので、やめてください。」
スタッフ会議に出た僕は周知の事だった。‘今日は全集での話聞かないで寝ててもいいんじゃないかな…’そう思った時会長が話し始めた。
「今日まで皆さんお疲れ様でした。今日、2回の公演で、僕たちの連盟公演は終わりです。僕ら集まったダンサー400人…ダンスに対する考えとか表現したい事は違うかも知れない。でも『表現したい』という気持ちが一緒なら、凄い一体感が生まれるはずなので、今日はよろしくお願いします。」
ゾクッと来るようないい言葉だ。『一つになる』という言葉は、正式にはこういう事なのだろう。長く探していたその意味が、会長によって言葉にされた。
その後、振付師による話。ラストはオープニングのT先輩とI先輩だ。階段からスモークを焚いて入場。最終日だから豪華めだ。異様にかっこいい。大歓声で僕らは迎えた。
まずはT先輩。
「今日で連盟公演…終わります。ただこれ終わって少しして、学校なり仕事なりが始まった時、『連盟やってた頃は良かった』と思わないで欲しい。これを糧に、さらにいい日を送れるような、そんな公演にしよう。」
ヤバい、泣きそう…。今日は泣かないって決めとるのに…『振り返らないで糧に出来るような公演』…深い言葉だなぁ。
続いてI先輩。
「ヒィィヤ!!えーと…連盟で凄い多くの人と会って『出会ってくれてありがとう』と思える友達が出来たと思います。巡り合えたのは奇跡です。そしてそんかいい出会いに出来たのはみんな自身のおかげです。では質問するので一緒に叫んで下さい。今日この地球上でもっとも美しい奇跡が起こるのは……ヒィィヤ(here)!!」

今日はゲネなしでいきなり昼公演を迎える。10時から本番への準備が始まり、12:30の会場に備える。メイクはまたTさん(旅行カバンがなくなっても気にしない、肝っ玉のでかいハウサー)。昨日のキュンとなった経験からか、正直今日は頼んだ時点でドキドキしてました(笑)
で、メイク。なんか顔全体に濃いめの色塗って、鼻を立体的にして、でアイメイクして。横で同じように化粧をしてあげてる女の子とは知り合いのようで、Tさんはその子に話しかけてた。
「これなんかクサくない?w」



それ、さっき僕に塗ったよね。しかも顔全体に。さっきからおかしな匂いすると思ってたんだよね、うん。今日もありがとう。

昼の公演が始まった。第1部の出演を終えたダンサーは控え室でしきりに、観客のテンションが昨日(3/19)より低い、年齢層が高い、ゆえに拍手の音がヤケにキレイとか言っていた。なるほど。

そして迎えたロック。このメンバーでスワットと犯罪者を演じるのもこれと夜のあと二回。前日(3/19)の反省としてスタッフの人から『ダンサーは非現実のモノを舞台で見せる。だから舞台が静かになった時に舞台裏での「お疲れ」という声が聞こえてしまうと凄く残念。あと、踊ってる時友達の声が聞こえて、思わず表情が緩んでしまうときがあるかも知れませんが、そこは演じ手として、最後まで役にやり切ってください。笑っちゃいけないところではキリッとした顔で踊って下さい』と言われていた。

だからバッチリスワットっぽく真面目な顔で踊った。楽しかったけど顔はガチッと。しっかり出来た。年齢層が高いお客さん相手にも、ロックの印象は強烈だったようで、凄い歓声が聞こえた。

フィナーレはK先輩(スタッフ会議に喫煙のせいで遅刻した、例の先輩。)と組んで踊る。振りに、僕がK先輩の頭を撫でて、一度体を引いたあと、軽く抱き合う場面がある。スタッフの仕事の関係で、十分に振りがはいっていないK先輩。カウントを間違えたらしく、抱き合うところで体を引かれ、なんか一瞬僕が変態みたいな構図になった。
その後客席横の階段でユニゾン。大声で
「ヨネー!」
と呼ぶ声があった。見てみるとそこにはP先輩(バランスボール)とMさん(数少ない仲良しの一女。ミクシィの僕のプロフィールを気に入ってくれている。先日「紹介文書こうと思ったけどプロフィールが詳細すぎて書く気失せた。また今度書くかも」と言っていた。たまにミクシィの足跡にMさんが来た日がある。そのたびに紹介文をチェックする。まだない。)たちがいる。なぜか笑顔…というか大爆笑。あれは見下してる笑いですな。ありがとうございます。客席に踊りに行くだけで笑いが取れるなんて僕も来るとこまで来たって感じです。
公演後、退場口付近で来てくれた同じサークルの人達を出迎えた。ちなみに昨日の公演(3/19)に来てくれたのはK君(ポッピンロッキンで組んだ、俗に言うKOO。)やH君(プリンスポッパー)やM先輩(鬼ロッカー)やD先輩(疾風)やS先輩(D先輩の彼女様)などが来てくれました。
で今日(3/20)の昼に来てくれたのがMさん(仲良しの一女)、P先輩(バランスボール)、P先輩(マフラー。ただし都合によりロックの前に帰ったようです。あとで『ガールズみられなくてマジ泣きそう』とメールをくれました。)、K先輩(100分の1の男)たち。ダンサーも、見に来てくれた人たちを大興奮で、テンションが高かった。僕はMさんに大爆笑の動機をうかがおうと思っていた。今日も噛みあったトーク頼むぜ!!





一言も会話を交わすことなく全集がかかりお別れ!!おーーい!
とまぁいろいろあったけど、皆さん応援ありがとうございました!!

酢納豆のよさ
最近のブームは酢納豆だ。納豆のしつこさを酢でさっぱりさせると同時にもう一つ、酢を入れるのには動機がある。食べては酢を足し、食べては酢を足していく、カスピ海ヨーグルトの原理だ。




確実に減ってるけどね。

超満員御礼
集まったのは1110人。超満員札止めの中の連盟公演一発目はそれはそれは凄いものとなった。
朝9時の全集もいよいよ今日と明日のみ。8:30ごろ施設につき、同じサークルの奴と話してた。
全集後、昨日最後まで終わらなかった場当たりが行われ、さらに13:30からはゲネ(本番同様に通しを行うリハーサル)が行われた。Tさん(合宿で旅行カバンが紛失してもケロッとしているハウサー)が僕のメイクをやってくれた。人生初メイクです。なんか舞台だと顔が薄くぼやけちゃうから、顔の色を濃くして鼻を立体的にして、アイラインを書くんだとさ。Tさんは自分のメイクやダンスの練習で忙しいにもかかわらず丁寧にやってくれた。Tさんは「普段はスッピンの事も全然ある」と笑っていたが、さすが女の子。化粧する作業には慣れから来る余裕が感じられた。終始喋っていた。
「あ、この色面白い!!使ってみよ。あ、これミスると一気にヤバくなるから動かないでね。…あっ…フフッ。」
どしたどした!?何があった?
「じゃあ賭けに出てみようかな…」
それまた今度でよくね?
「あーヨネウケるwww鏡見てみて。」
どうやら君と僕の間には完成作品の方向性に違いがあるようだね(笑)
しかしなんだかんだ言ってソフトな感じに仕上げてくれたTさん。ありがとう。そのさりげないメイクテクに、僕の顔を見たK君(飲み会ハッスラー)とT君(守護神)の二人は、
「ヨネ、つまんね」
と太鼓判を押した。どうやら思いっきりのオカマ顔を期待していたようである。いや、ご希望とあらば今度やるからさ。今日は勘弁して(笑)
早替えはいつもより少し時間が掛かったけど、ダンスには全く問題なかった。振りもノーミス。とにかく、楽しくて仕方なかった。

確かな自信を胸に本番への準備を行う。しかしゲネや自主練で大量の汗をかいた多汗症男、米田。アイメイクはほとんど落ちてしまっていた。こうなったら頼みの綱は一つ。


Tさーん!!
またまたメイクをしてくれるTさん。いやぁ目を閉じてアイメイクをされてる時の緊張感、んで「目開けていいよ」と言われた時のあの解放感。そんな時。今度は普通にうまくいったらしく「ヤバい!!」と一言。目を開けると満面の笑顔のTさんがいた。

…。





キュンとなった(笑)
おいおい照れるぜてやんでい!!思えばオレに笑いかけてくれるのなんて道端に咲いてる一輪の花だけである。生身の人間の優しさに久し振りに触れ、‘このままじゃ連盟マジック来ちゃうぜベイビー’と思った。

本番が始まった。満員の場内ではオープニングの曲が始まった時点で大きな拍手が起きた。
この公演のチケットは格安で980円で見られる。しかもすんごい演出によって盛り上げられてる事もあり、どれも素晴らしい出来。中でも僕のオススメはオープニング、ジャズスペシャル、ロックスペシャル、アフリカン、ジャズ、ブレイク、ロック、ソウルパンキングだな…って結構あげちゃったけど(笑)オープニングには毎回感涙させられかけるし、始めは正直なめてたアフリカンもみんなの気合いが集まると凄いものになるし、ブレイクには毎回元気もらえるし。
お客さんにもそれは伝わったみたいで、会場のテンションは下がる事なく第1部終了。ついに僕が出るロックが間近になってきた。そんな中、控え室の回りでは記念撮影をしまくる奴、振りの最終確認をする奴、なぜかこのタイミングで手品を披露する奴などが現れた。着替えを済ませ、メイクもバッチリしてもらった僕もいよいよそんな事をする時間帯に。
何気なくR君と座っていたら、Eさんが写真を撮ろうと誘ってくれた。「いいよ!」とノリノリで承諾するオレ、米田。カメラを渡されるオレ、米田。パシャッ、オレ、米田。R君とEさんのツーショットを撮り終わると、なんと僕ともツーショットしていただけるという。…って別に流れ的には普通だけど。やや照れつつもEさんとツーショット。連盟マジック来ちゃうか、おい!?
さらにさらにR君ともツーショット。ジャズもこなすR君はロックの衣装でジャズのポーズ。まさにそれはダンス版和洋折衷。ジャズのポーズを決めるR君を、ロックを決めながら横目で変顔する米田というなかなかいい写真が出来た。連盟マジック来ちゃうか、おい!?


写真を撮り終え、舞台袖に移動するほんの数分前になると、なぜか急に早替えが不安になり始めた。そわそわして落ち着きが無くなる。今までの失敗した何回かが脳裏をよぎり、悪い結果を予想してしまう。いかんいかん、本番前に。ダンスはいつも楽しいからやっているから、当然舞台も楽しいはず。現にこれまで本番直前にこうして不安が襲った経験はなかった。そんな時助けてくれたのはついさっきHip Hopを舞台で踊り終わってこちらに戻って来たT先輩(超優しい。今朝「ヨネ、連盟でロックうまくなったよね」と褒めてくれた)。僕のところに笑顔で近付いて来てくれ、
「ロック頑張れよ!!」
と握手してくれた。力強くも温かいその手は、凄く僕に勇気をくれ、僕は平常心を取り戻した。

結果は大成功。早替えもうまくいったし、振りもミスらんかったし、前も見れたし、なにより楽しめた。楽しすぎた。
フィナーレも決め、第一回公演は予想以上の盛り上がりで幕を閉じた。フィナーレん時の歓声は、まるでジャニーズに群がる女の子たちのそれで驚いた。
公演後、サークルで集まって、今日の公演に来てくれた人達をお見送りした。うちのサークルではM先輩(鬼ロッカー)やD先輩(疾風)やH君(プリンスポッパー)たち計8名が応援に来てくれた。舞台の上からでも、声援はしっかり聞こえました。感謝感謝っす。
そして今日、凄い事があった。鬼ロッカー、M先輩にあった時だ。僕の顔を見るなり笑って一言。
「ヨネ、お前うまくなったな。」

衝撃の一言だった。温かい助言や励ましなどは数多くこれまでもくれたM先輩だが、真正面から褒められたのはたぶん初めてだった。もちろん今日の公演は大人数で迫力があったし、照明などの演出がよかったしで、客席からはかなりよくうつるというのは認識していた。しかししかし、鬼ロッカーに言われたこの一言は、たぶん回りに人がいなかったら泣いていただろうと思うぐらい、衝撃的かつ感動的だった。

まだ明日(3/20)公演がある。昼に第二回公演があり、その後夜の第三回公演でフィニッシュだ。50パー50パーなんてやり方しない。昼に100パー使いきって夕方に回復して、夜にまた100パー使いきります!


すんげー悩み
昨日は施設係の仕事が立て込み、就寝時刻が3時を超えた。そして今日の起床は5:30。キツい朝だった。
今日は公演前日。無論向かった先は会場だ。9時の全集なのに、会場の最寄り駅には8時前に着いた。近くのコンビニで夕食のパンを選んでいると、同じロックコマをとっているN先輩に会った。
「おーヨネ、早いな。」
そんな会話から始まったトークは思わぬ方向に。どうやら昨日飲み会に参加したN先輩は電車を90分も乗り過ごし、そのまま終電をむかえたらしい。そして金銭的事情からホテル泊りを断念したN先輩は、とある駅でホームレス体験をしたそうだ。
「いやぁ、若いうちにやっておいて良かった」
とN先輩。僕はそんな体験したくない。
全集を終えて、衣装に着替えたあと、“カツカツ”なメニューで場当たりがスタート。今日は照明などもついてより本番に近い形となっていた。ゲネ(お客さんがいない状態で、本番同様に通しをやること。リハーサル。)は明日だから、ゲネへの最終チェックとして行われていく。
しかし、またまた提示された条件は携帯禁止、外出禁止、飲食禁止、睡眠禁止、私語禁止。拷問状態のまま10:00から場当たり。14:00までの僕の出番はたった一つ。





『昼休みに昼食をとる』だ。恐ろしいまでのアイデンティティの消失。耐え忍んでひたすらロックの場当たりの時間を待った。そして19:40、ようやく場当たり開始。会長のR先輩に何度居眠りを起こされた事か…。
照明のあたったステージから見た客席は真っ暗で、緊張も何もなかったが、とにかく楽しいの一言。演出が加わった事でさらに完成度が増したらしく、完成が凄かったのを覚えている。早替えも問題なし。明日が楽しみだ。

本番前日だからって、明日への意気込みを語ったり、これまでの事を思い出して感慨に更けるなんてこと、僕はしない。文を書いている僕がいうのは変な話だが、僕は言葉に対し深い懐疑心と警戒心をもっているからだ。これまでの50日間を、『朝は眠かったけど楽しかった。明日は全てをぶつける』なんていいうありきたりな言葉で納めたくはない。今持ってる全ての感情は、今言葉にするんじゃなく明日、明後日まで取っておく。全て終わった時に、何か書きたい。

というわけで今日は最後に二つ。二つ目は悩みごとで長くなりそうなんで、まずは一つ目。訂正ですね。恐らく気付いていた読者の方、いるでしょう。




『連盟ミラクルではなく…連盟マジック』
です(笑)いやぁやっちまいました。黙って過去の記事を訂正しようかとも思ったんですが、そうすると『ミラクル』にひっかけたフェイントドッキリ恋愛話の下りがオジャンになるので、そのまま馬鹿をさらしときます(笑)連盟マジックですよ、連盟マジック。

で二つ目。書くのダルいなぁ(笑)昨日書いたのですが、ダンスの新歓合宿と山岳部の歓送迎の日にちがカブった件です。ほんと、深刻です。
新歓合宿では新2年生として後輩にダンスを披露する企画があり、2月中旬にK君(省エネロッカー)から2人でチームを組む話をいただきました。言わずもがな、僕がチームを組むとしたらK君以外にはないし、それがベストであり、しゃくだけどオファーをもらった時は嬉しかったし助かりました。僕自身少しずつではありますが、構想を練り始めたところです。
一方歓送迎では、OBと現役の交流の意味も含め、簡単にいえば『出し物大会』が行われます。そんなただの企画に毎年本気で挑む男達…それが僕とO君なわけです。OBらしからぬガチ度で挑むコントはなかなか好評で…今年のネタは去年10月に完成し、同時期に二人とも台本を手にしました。さらに2月からはネタの入れ替えや練り直しをメールで繰り返し…正直完成度は高いです(笑)
僕が新歓合宿に出なかったらチームの話を持ち掛けてくれたある意味恩人のK君はいったい誰と組めばいいのでしょうか?恩人を見捨ててコントなどしてていいのでしょうか?
僕が歓送迎に出なかったらO君はなんの出し物をすればいいのでしょうか?半年の時を経て練りに練ったネタはお蔵入りなのでしょうか?

僕は1月1日に、『今年の目標、テーマは『自由』。2007年はあらゆるものの呪縛があった。いや、そんな気がしてただけかもしれないけど。具体的にどんな呪縛とかもわからんけど、とにかく僕はもっと自分を自由に表現したい。』と書いた。だから自由にダンスをやり、山部にも自由に参加していた。その結果、結局すごい呪縛に今苛まれています。皮肉なものです。自由を追及すると呪縛にぶつかるんですね。
で、一番問題なのは相談出来る人がいない事。O君に相談すれば「歓送迎に来い」、K君に相談すれば「新歓合宿に来い」というに決まってるし、正直立場的にどちらを休んでも多大な迷惑が掛かる。同様に山岳部に相談すれば「歓送迎に来い」、ダンスサークルに相談すれば「新歓合宿に来いよ、カス」と言われるわけで…。とりあえずダメ元中のダメ元で今後輩に『歓送迎の日にち代えられない?』と圧力かけてますが、先輩一匹のためにそんなことありえないと言う話で(笑)

もちろん僕は両方に行きたい。そして行かなければならない(笑)というわけでどちらを優先すべきかはっきりさせるため、それぞれの参加の必要性を列挙します。

~歓送迎編~
準備(=コント作成)が始まったのはこちらが先。
台本は10月から出来ており、このコントを流すのは勿体ない。
僕が行かないと、O君は出し物がなくなる。
歓送迎は山岳部OBが多く集まる年に一度のイベント。ただでさえもOBとなった今、行ける山行は春山と歓送迎だけになっており、逃す手はない。
山岳部ではいじりキャラを担当しているため、自分でいうのもなんだが僕が行った方が確実に面白くなる。
無論山行自体もスゴく楽しみ。

~新歓合宿編~
日にちが決まったのはこちらが先。
僕が行かないとK君が困る。
てかある意味恩人のK君を裏切ったら生きる価値なし。
総会で、先輩として新入生との交流を目的とした行事には積極的に参加するよう言われた。
新歓のMCの出来次第ではここでも・・・があり得る。
無論合宿自体もスゴく楽しみ。





列挙してみて…ますます選べなくなった(笑)一時は、‘偶然とは言え、どちらかを選ぶって事はどちらかを捨てるって事。罰として両方から恨まれよう’と考えたりもしましたが、それはますます迷惑の範囲が拡大する事になり実も蓋もないのでやはり選ぶ事に。何度も言うけど両方行きたいのよ!!ただこうなったからには『どっちに行きたいか』じゃなく、『どっちに行ったらより迷惑がかからないか』で決めたいと思います。4月初旬までには結論を…。


~名言~
そうさ・・・美しい死なんてあるもんか。死ぬって事は、この体を傷つけるって事なんだ。壊すって事なんだ。そうさオレは・・・この体を壊しに行くんだ。
by喜多善男(ドラマ『あしたの、喜多善男』より)
■READ MORE■

新奇性
世の中を動かしているのは新奇性だ。僕はとある物をもって、埼玉県の公演会場に向かった。
もう電車は使い慣れた。予定通りの時刻に到着。またポケットティッシュを忘れた。同じサークルのB君(ブレイクもできるハウサー)に持っていないと言われ、トイレットペーパーに頼る僕。まだ時間があったから、B君の昼食のマックに付き合うべく外に出た。
B君がバーガーを頬張る横で僕が取り出したとある物。それは………




ゲームボーイポケット。クリアパープルの本体がバッグから出た瞬間に、B君が「うわっ」と言って大爆笑した時のあの興奮は忘れられない。DSなるお手軽便利ゲームの流行る昨今、このゲームボーイ、しかもカラーではなくポケットを使っている者は見かけない。今の時代に再びゲームボーイポケットをやる…これこそが新奇性だ。昔の物を引張りだしてるだけだからもはや『新』なのかはわからないが、とにかく発想が奇抜だ。
そしてカセットは…ポケモン。色は…




赤。パーフェクトです。金銀クリスタル、ルビーサファイアなどがでたこの時代に…赤。明らかな出遅れ。小学校低学年の時に初めて店頭に並んだ『ポケットモンスター』を欲しがった少年たちよ、さぁ感動してくれ。友達と通信対戦するために放課後校庭にゲームボーイポケットを持って行き、わけのわからない隙間から校庭の砂が混入し、さらにクリアパープルであるがゆえ、その入り具合が丸見えになって少し落ち込んだ少年たちよ、僕に少しばかりの拍手をくれ。

僕自身何年ぶりかのポケモンだった。まず、スイッチを入れてゲームボーイのバッテリーの残りを知らせる赤いライトがついた時点で感動した。そして『GAME BOY』の文字がバグって読めなくなっていた事にも感動した。
少しプレーしただけなのにもう時間になった。13:00に全集。うちのサークルの遅刻者はいない。ハウサーのTさん(合宿で旅行バッグが紛失したのに大して気にしなかった人)は
「さっきコンビニで朝食買ったんだ~」
と言って食べ始めた。Tさんの今日の朝食の献立は




ゆでたまご×1。スゴい…なに気なく机にコンコンして殻を割っていくTさん。
「どうせコンビニで売ってくれてんなら、殻も剥いといてくれればいいのにね。『甘栗、むいちゃいました』があるんだから、『ゆでたまご、むいちゃいました』があってもいいじゃん!」
という僕の声にも耳を傾ける気配はない。Tさん、新奇性高いわ。

全集が終わるまでに鼻水はかなり悪化。E君からポケットティッシュをまるまる一個強奪。なんとか半日過ごせそうだ。全集後、ツアーを待つため本番当日も使う控え室に男全員が詰め込まれた。そしてまさかの2時間待ち。ゲームボーイをやったり、ジャムサンドクッキーを食ったり、鼻をかんだりして時を過ごした。また、パンフレットの印刷ミスで、最後のページの主人公の手足が無くなってしまうという怪奇現象があったらしく…400人が一人10部ずつ書くことで見事4000部完成。僕の書いた奴はどこへ行くのやら。ただでさえも美術センスうんこの僕があろう事か太ペンで書いた(てか家に細いペンがなかった)からかなり変なはず。でも、心を込めて書いたので許してください!!鼻水が滝のように流れる中、なんとかパンフには垂れないようにしたんで受け取ってください!!そんな事を思っていたそのとき。
「僕も鼻水出て来たからさっきのティッシュ返して。」
とE君。しかたない。一枚あげた。
待ちに待ったツアー。ライトの当たったステージを見た時は、私語厳禁の場でありながら叫びそうになった。

控え室に戻ったあと、K君(飲み会ハッスラー)とT君(守護神)と色々話した。K君のゲロゲロ話とかマジウケたな。
で、突然の帰宅指令。ただちに必要な物を持ち部屋からでろってさ。さっきは2時間待たせたくせに…緩急効き過ぎだろ(笑)えーと、衣装は置いていくから持ち帰るのは携帯、財布、あ一応持って来た練習着…。
山岳部でいかに荷物を小さく持って行く事が大事かはいやという程学んだ。必要最小限を持ち部屋を出た。荷物をまとめて持つのに選んだのは旅行バッグでなく…

ビニール袋。ハズい。実際そんなヤツ僕しかおらんかった。そういや山岳部で学んだ事はもう一つあった。それは…

手で物を持つな。しまった、背負う系のカバンとか持って来ればよかった…。T先輩(超優しいヒップホッパー)にはあまりに身軽な服装とビニール袋をみられ「地元の人みたい」と称賛された。
そして部屋を出たあとの全集で、ゲームボーイと眼鏡を控え室に忘れた事に気付く僕。これだからゲームボーイはいやだ。

解散後、みんなは飲み会へ。僕はマネー的に参加できず、とりあえず黙々と駅まで歩いた。S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)発見。この寒い中、上はパンクの半袖ポロシャツ。下は黒ニッカ。正直格好は新奇性に富んでいる。そんなS先輩に明らかに軽装でかつ手にビニール袋のみを所持する米田が接近した瞬間…新奇性と新奇性が化合し…


二人とも浮いた。

その後、なぜか二人で大学の集会室にダンスを練習しに行くことになった。集会室を取っていた鬼ロッカーM先輩はもう帰宅済みのようで、集会室を自ら取る事に。鍵を開けようと向かっていた時に遭遇したのはD先輩(ど真ん中のB系ヒップホッパー)とアニメーションのL先輩(人間人形)。4人で集会室で練習した。D先輩がS先輩をいじったり、L先輩が「最近ロックに興味がある」といってロックをアニメーション風にアレンジしたりして面白かった。
そんな中、S先輩のビデオを借りて、僕の連盟の振りを撮ってもらった。実際、やってもらってよかった。自分では十分と思っていたところが、実は出来ていなかった事が発覚したりで…こりゃ本番までまだ一仕事ありそうです。

練習後、S先輩ととんかつを食べに行った。午後9時の事である。飲み会以外での外食は久々だ。売れたチケット代の4000円が手元に来て、浮かれたのかもしれない。僕は迷わずとんかつ定食を注文。しかし、優柔不断なS先輩は…
「うーんどうしようかな(^O^)わっ、ごはんと味噌汁おかわりし放題だって。あ、それは全部一緒か。値段も一緒だ。とんかつ定食にしようかな。ヨネ、何にするの?とんかつ定食?じゃあやめた(^o^)/鳥からあげ定食にしよう…いや逆にハムカツ定食にしようかな(*^_^*)」
何のどの点が『逆』なんすか?


S先輩が言ったように、この店はご飯と味噌汁のおかわりが自由。S先輩は大食いなため、大量に食うのはわかっているとして。実は僕も最近大食いである。昨日の夕食ではご飯を4膳分食ったあと、牛肉を皿一杯食べ、納豆を3パックたいらげ、お茶を1リットル飲み、うどんを3人前食った。というわけで僕らはいろんな話をしながら食べたわけだが…
S先輩「そーだよね。連盟辛いって言われるけど、むしろかなり楽だよね。すみません、ご飯おかわりください。」
ヨネ「はい、まぁ僕は一曲しかとってないってのもあるんですけど。すみません、ご飯おかわりください。」
S先輩「あーてかやっぱロックスペ受かりたかったな。まぁ振りみた時点で受からないのはわかってたけど。すみません、お味噌汁ください。」
ヨネ「てか、あの振りって結構フリー多くないっすか?すみません、お茶おかわりいただけますか?」
S先輩「うん、未だに曲のリズムが分かんないよ~(笑)すみません、ご飯とお味噌汁おかわりください。」
ヨネ「あ、僕も。ですよねー。あ、でもうちらのサークルでもB君とかE君は結構連盟キツいみたいですよ。まぁ僕は一曲選択ですけど、僕には全く意味が分からなくて。やべぇご飯クソうめぇ。」
S先輩「あ、すみません、ポン酢ありますか?あ、ないですか。じゃあご飯おかわりください。」
ヨネ「僕も。」




おかわりし過ぎwww

そんな感じで楽しい夕食でした。帰りの電車。普通な流れで『人口密度』の話になった。
S先輩「東京の人口密度は基本知識だよ~。ヨネは馬鹿だなぁ(^_^)v」
ヨネ「いやいや、僕学校でそんなのやってませんよ。」
S先輩「え、嘘~。だって『東京はバングラディシュより人口密度が少ない』って習った気が。」
ヨネ「東京は都市でバングラディシュは国ですよね?比較の仕方おかしくないすか?」
バングラディシュは国か都市か、携帯で調べ始めるS先輩。なぜかリンクで『モナコ』なるページに飛んでいた。
ヨネ「モナコってなんですか?」
S先輩「モナコは2番目に小さな国だよ。知らないの?」
ヨネ「2番目とか中途半端な物は嫌いなので。」
S先輩「あーなるほどね。日本で一番高い山が富士山ってのは知ってるけど、二番目は知らないもんね。」
ヨネ「北岳です。」
S先輩「ウソでしょ~?あ、ヨネは元山岳部だったから知ってそう(笑)」
ヨネ「いや、実際知らないです。僕、山の名前とか一切覚えてないんですよ。」
S先輩「ほうほう。」
ヨネ「標高とか名前とかって、自分で実際に計ったものじゃないし、自分でつけたわけじゃないじゃないですか。そんなものより僕は自分の目で見た景色を大切にするんで。」
S先輩「ヨネ、いい事言うね。」
ヨネ「ま、悲しいかな景色も忘れちゃってるんですけどね(笑)」
S先輩「オチもあんのかよ(笑)おあとがよろしいようで。」
そんな感じで駅に到着。分かれて帰って来た。


家に帰ってから一仕事ある。施設係の任務のため、副代表のK先輩(最強最恐ジャザー)と電話で話し合うのだ。うわぁ直接話した事もほとんどないのに。
K先輩に電話。3回掛けたがいずれも出ない。と思ったら、K先輩から
『ごめん、今ちょっと話し合いしてるから10分ぐらい待ってて。もしあれなら先に風呂入っていいよ』
とメールが来た。さりけなくこちらのスケジュールを組んで下さるとはさすが副代表。すぐに返信のメールを打った。
『あーじゃあ風呂入ってきまーす(笑)長風呂なんで気にせずゆっくり話しててください。ちなみに僕は2時までは起きてるので。』
明るい返答、先輩への配慮、簡潔な内容。我ながらいい文が書けたと思ったそのとき。
「じゃあお父さんはお風呂に入って来ます!!」

父入浴開始www
僕は携帯を両手で持ってタダ電話を待つしかなかった。そんな時、面白い展開になった。サークルのおふざけメーリスが乱発されたのだ。
発端はS先輩が『成績表まだ届いてません』宣言をした事。『みなさんはどうですか?』と返信をあおっている。しかしみんなは…



『届いたよ』。

次々とS先輩を出し抜くダンサーたち。S先輩から返信がない。S先輩とはほんとについ先ほどまでとんかつ屋でおかわりをしまくった仲。僕がフォローしなくては。メーリス作成。
『なんなんだこの切ないメールの嵐は…。S先輩…なんか言ってくれないといたたまれないんですけど(笑)ちなみに僕のとこにも成績表来ました。』
今までの流れの総括、S先輩への返信の催促、オチ…どれも程よいまたまた我ながらいい文が書けた。送信。しかし。



届かない。メーリスを出せば、当然自分のところにもそのメールが来るはずなのだが、何度『新着メール問い合わせ』をしても来ないものは来ない。そんな時、携帯画面の上にメール受信のマークが。よかった、やっときた。


『S先輩です。メーリスくだらない事に使ってごめんなさい。(中略)』

S先輩返信してもうた!!どうしよう…これじゃさっきの『S先輩…なんか言ってくれないといたたまれないんですけど(笑)』の文が意味プーになる…いたたまれない(笑)そんな時…。



『なんなんだこの切ないメールの嵐は…。S先輩…なんか言ってくれないといたたまれないんですけど(笑)ちなみに僕のとこにも成績表来ました。』

…今届くのかよ!!というわけで推定70人ぐらいを相手に恥かいた夜。風呂の件にしてもメーリスについてもトコトンかみ合わなかったな。そしてもう一つあまりにもデカすぎるジレンマがこの日生じた。

ダンスの新歓合宿と山岳部の歓送迎…日にちかぶった…。ダンスはY君(省エネロッカー)との2人でのチームダンスが決まってるし、新歓ステージのMC具合によってはここでも…というのがありうる。一方歓送迎は言わずもがな、O君と半年間練ったコントがある。米田大ピンチ…。今日は眠いんで、明日詳細を書きます。ちなみに明日(てか今日)は5:30起き(笑)


ヨネにも・・・連盟ミラクル
―連盟ミラクルが僕にも起きた。奇跡ってあるものだなぁ―

今日も朝の全集がないコマ練日。しかししかしロックは9:00からの1時間というわけで結局いつもと同じ時間に起きて出発。行きの電車でなぜか鼻水の気配がした。今日も持ってる旅行カバン。ポケットティッシュの一つは入ってるはず。あった。ビショビショだった。昨日の雨のせいだ。うわ、4枚ぐらいが束になっとる…お得か。一応使ったが役立たずだった。くそっ、一枚でもあれば電撃的に状況かわるのに。
駅員に助けを求めようかと思ったが、エッセイのネタにされたら嫌なのでやめておいた。なんとか施設についたのは8:40。トイレに行って名案が浮かんだ。トイレットペーパーがあるじゃないか。用をたして手を洗ってから、トイレットペーパーのもとへ。手に持ちこちら側に引くとホロホロちぎれた。あのぉ~天然素材使ってます?これ。
火事場の馬鹿力なのだろうか、鼻は自力で回復した。しかし問題がもう一つ。…誰もいない。はっとした。今日のコマ開始は…



9:30だ(笑)やってしもた。つーわけで格闘技批評を携帯で打ち暇潰し。R君が来てストレッチの時にBGMにとアニソンをかけたりと弊害はあったが、なんとか無事にコマ開始。
今日でコマはラスト。半分に分かれて踊りを見せあった。分かれた都合上、僕が最前列になった時はちょっと緊張した。
で、残り20分を残して集合した。コマが最後という事でコマ責のR先輩はフリーサークルをやろうと提案。A先輩はコマ責から話をしたいと申し出た。A先輩はこう言った。
「ダンスに限らず、いろんな事に言えるんだけど、物事って悪いところは簡単に見つけられるんだよ。ダンスだったら疲れる、とかなかなか上手くならないとかさ。だけどそんな中でも楽しい事を見つけようとする目線を持って、これからの大学生活、卒業する人は就職先での人生を送ってください。」
つくづく大人な意見だと思った。2日前に全裸になってたとは到底思えない、素晴らしい人柄は最後まで健在だった。
一方R先輩は号泣。
「まだ泣くのは早いね」。
それだけを繰り返し言っては泣いていた。しんみりした雰囲気をかき消すようにフリーサークルが始まった。
コマ責2人はもちろん、N先輩がコマ責のものまねをやったり、H君がバック宙のみをやったりした中、僕もルーティンで突撃。すごく楽しかった。
コマが終わったのが10:30。僕は11:30、14:30からそれぞれ1時間ずつ自主練室が開放されたのでそれに出陣。余った時間は携帯で格闘技批評をかき足したり、BOOK・OFFに言ったり、友人と話したりした。ジャムサンドクッキーもちゃんと食べた。同じサークルのJさんに横取りされた。だから小声で
「太るぞ。」
と言ってやった(笑)

18:00に全集。アフリカンのコマ責から連盟への意気込みや、みんなへのメッセージが語られた。この時期はもうほんとにコマ責が感きわまる事が多くなる。言葉に詰まったアフリカンのコマ責は、静かにその話を聞いている僕らに一言、
「黙んないでよ(苦笑)」
と照れながら言った。すると場内の女の子。
「かわいい~」


えー!!冷めるんですけど(笑)女の子同士の「かわいい」合戦、僕大嫌いでして。コマ責はようやく話し始めた。
「私は将来保育園で働きたいんですけど…」
すると場内の女の子。
「きゃわいい~」

何『きゃわいい』って!?てかオレキレるよ、こういうじれったい展開。さっきも言ったけど、僕女の子同士の「かわいい」合戦嫌いなんだよ。イラッとする。てか、周りの男は結構そうだと思うな。
コマ責が話を再開。

「で、保育士の面接を受けるため、この間電話したんです。すごく緊張しました。そしたら向こうの園長先生が最後に『気をつけてお越しください』って言ってくれて。何が言いたいかっていうと、時に私たちの小さな言葉や行動が他の人に勇気を与えるって事で…みんなにもこういう気持ち、大切にして欲しいと思います。」
………




かわいい…。

この後、フィナーレ練が行われた。僕とペアで踊るK先輩はまたも欠席。また一人で手ぇ繋ぐ振りしたり…一番キツかったのは「じゃあしばらくペアで振り確認してて」って言われた時。みんなは手ぇ繋ぐのとか、抱き合うのとかで照れてたけど、一番恥ずかしかったのはこのオレですから。

あ、連盟ミラクルが起きました。僕、フィナーレでロック踊ったあと客席通路でユニゾン踊るんだけど、僕の前の人が異様に自由人で、毎回順番違っちゃうわけ。で、たまたま前に来たのが…Tさん。この人、実は僕とすんごい昔に関わってる人で。中学1年の時に習っていた器械体操、同じクラスだったの。それが6年の時を経て運命的に再会。まず年齢が近かった事、互いにダンスサークルに入り、かつ互いのそれが連盟に加入しており、かつ互いに連盟に登録しており、かつ互いにフィナーレでロックを取り、かつ互いに客席通路で踊る事になり、しかもそれが自由人の人のおかげで順番が変わり、で前後になったと。この偶然ヤバくね?僕は2月中旬ごろからTさんの存在に気付いていたし、3月に入ってからは目が合ったらしばらく凝視するみたいな、つまり互いに「もしかして…」と思う感じになってたの。ただだからといって話す事もないし、特別話したくもないし。過ぎていった時間…。でも立ち位置が前後になった事で話す流れになった。話しかけてきたのは向こう。
Tさん(←一つ上の先輩だけど、体操時代は敬語とか使ってなかったので『さん』付けで)「ねー、〇〇っていう体操クラブいたよね?」
ヨネ「うん。」
Tさん「やっぱりね。覚えてたんだぁ。あの時、背、小さくなかった。」
ヨネ「あーまぁ今も小さいけどね。」
Tさん「でも私抜かされてるし。大きくなったねぇ(笑)」
ヨネ「どうも。」



こんな感じで会話終了。え?連盟ミラクルはどう起きたかって?いやだから6年振りに再会したんだよ。え?どっちが告ったか?バカ言っちゃいかんよ。オレが言った『連盟ミラクル』は文字通り『連盟』で『奇跡的』な再会をしたって事だよ。皆さんが期待してる、カップルがどうこうのって話じゃありましぇん。フェイントでした~。



実は、ミクシィでS先輩(学園祭ロックコマ責)の日記の題名に見事騙されまして。深く感銘を受けたんで、自分も読者をちょいとビビらせる文を書こうなんて思ったんです。失敬失敬。

あ、最後に。例のネクタイ、見つかりました。忘れ物係の方が確保してくれたみたい。これは騙しじゃなくてホントです。明日はついに本番で使う会場に衣装を置きに行く。練習場としてどっかの体育館を使う日々は終わった。さ、お楽しみはこれからだ!!


Dream.1の感想
昨日地上派でも放送された格闘技イベント『Dream.1』について、感想書きます。僕自身久々の格闘技批評、ワクワクしてます。以下、お楽しみください。



■READ MORE■

通し練、激盛り上がり
今日は朝の全集がないコマ練日。11時までゆっくり眠れた。
家を出て施設へ着いたのは13:30。14:00からの30分コマに出た。振りの最終確認と、最後に半分に分かれて見せ合いをした。初めての試みに大盛り上がり。テンションが異常に高かった。
問題はこの後。14:30から全集の18:00まで…自主練室なし(笑)あちゃちゃちゃ。とりあえずこの施設での暇時間に頼れる所は一つ。近所のBOOK・OFFへ。ちょうど昨日飲み会で面白いマンガのタイトルを聞いたからそれを探そうとしていた。しかし、旅行バッグ持参のまま来たため思うように動けず。棚の奥に探しに行こうとすると猛烈に迷惑が掛かる。敗北。『クロマティ高校』などを読む事1時間。携帯に電話が掛かった。
同じ大学のダンスサークルJからだった。無論施設の交渉である事は言うまでもなく、無論新歓期の集会室についてである事も言うまでもなく、無論難航する事も言うまでもない。店を出て、電話をしながら施設に戻った。ここからはまたメール大会。出先だったから携帯のバッテリーが切れたらジ・エンド。メールでのもどかしいやりとりが続き、サークルJから話を聞いてまとめてはうちのサークルの代表のM先輩(鬼ロッカー)に伝えてボツ食らって、サークルJに伝えて、向こうが新しい条件出して来て…。向こうも必死だけどこっちだって必死。サークルJとは今後も仲良く付き合いたいけど、こっちに不利にならないように僕は断っては話を聞き…を繰り返した。
結局向こうが再検討する方向になった。引き分けか。てか、昨日もサークルJから交渉が来て、M先輩と話したんだけど、なんかうちのサークル4月の上旬集会室ほとんど取れてなくてやばいらしい。で、M先輩から施設係の僕に出た命令が…




『ほかのサークルからタダで集会室をもらえ』。

これぞほんとのミッションインポッシブル。普通は交換してもらう集会室を、「すいません、うち集会室使いたいんで、おたくが持ってる〇〇日の集会室〇をタダでください」と言わなければならない…。いや、無理でしょ(笑)

18:00からの全集の前に30分とある練習室が開いたため基礎練とストレッチをした。全集で今日が最後の通し(昨日は最後の衣付き通し)だと告げられ…場内テンションマックス。迎えたオープニング。


感涙しそうだった。会長がソロで叫んだ時の盛り上がりはそれこそ地鳴りにならんばかり。その熱気はその後も冷めず、僕も寝る事はなかった。そして楽しみにしていた格闘技イベント『Dream』のオンエアを見られる事もなかった。
ロックに限ってはコマ責の指示により、今日も衣付きで行った。
父から借りた緑のネクタイが紛失している事に気付いたオレ、米田。
慌てて荷物を確認するが見つけられないオレ、米田。
忘れ物の管理係のP先輩に尋ね、それでも見つけられないオレ、米田。
思わず笑うオレ、米田。
諦めるオレ、米田。

ノーネクタイで挑んだ。早着替えは当たり前のように成功し、振りもミスらんかった。強いていうなら自主練時間が足りなかったから、トゥエルの巻きが遅かったけど、まぁいい。
ロックのあとのプログラムもハイテンションで進み、最後フィナーレ練も行った。フィナーレのロックではコマ責のP先輩(忘れ物係)が「連盟ミラクル(連盟でカップルが出来るという慣例)を起こそう」と男女ペアの振りの部分を作った。当然僕のペアは女の子。お相手は……




K先輩。同じサークルで、今回連盟のスタッフをやっていて、ガールズとかのムードメーカーで、はっちゃけ系で、少し前にメーリスで「一弘君のアドレス知ってる人いませんか?」と応募を募ったあのK先輩。今までまだ一度も一緒にノーミスで踊れてない。今日は決めなくては。フィナーレ練が進み、ついにロックのパートになった。




K先輩現れずwww
スタッフだからね。なんかの仕事をしていたんだろうね。でも手を取って回る所とか、‘自分一人で何やってるんだろう’とか思った(笑)

そんな感じで練習終了。時間は20:30。おー『Dream』メインぐらいは携帯のテレビで見られんじゃね?全集が終わって解散になったのは20:55。見られねぇんじゃね?
というわけで帰ってからのお楽しみ!明日は朝からコマだけど、格闘技批評書くで!!


飲み会意外に盛り上がる
今日の連盟は9:00集合の17:00解散。楽勝かと思いきやその後に連盟ロックの飲み会があると。また僕の財布が軽くなる。2680円(リアル)。お金は惜しいけど、連盟公演後は春山の準備のため全体打ち上げ以外の企画(ロック打ち上げなど)はいけなさそうなので、エントリーしたのだ。
朝の電車。毎日の課題はいかにこの旅行バッグを早く迅速にかつ確実に網棚に乗せるかだ。いつも急行に乗り換える駅は降りる人が少なく乗る人が多いため、対策を練る事は必須となる。僕は網棚にカバン乗せようと、このデカいカバンを前に抱えて乗車した。満員電車にもまれていた乗客はそんな様子を見て「お前そう来るのかよ」みたいな顔をしていた。しかし、対策の甲斐あり持ち上げ完了。
荷物を網棚にのせ、安心して携帯でミクシィやらを見ていると、高2の時のクラスメートK君からメールが来た。クラス会をやるとの事だ。3/29は無理だけど、3/31なら行くよん!てか、思い出してみると去年の8月はオレが企画したんだよね。あん時のオレ、すげー賢い方法使ってかっこよかったと思う。頑張れK君。そして31日にして。
車内で事件が起きた。腰パンをしていた僕のズボンが脱げかけたのだ。電車の振動と乗客の持つ手提げカバンなどが密接に作用し、コンビネーションで着々と僕のズボンを下げる下げる。先日地上派でやった映画『それでも僕はやってない』を見て、車内での手の位置への気配りはしていたが、これは盲点だった。シブヤーに着いて客が下りたと同時にズボンも下りて、痴漢コース一直線の一撃必殺パターンが脳裏をよぎる。おもわず中腰蟹股に。たぶんあの電車で一番ダサイ格好をしていたのは僕だっただろう。
ズボン問題こそ解決したものの、さらにさらに電車は揺れた。サラリーマンは吊り革を持ったまま傾いた。足が動かせず、右腕だけで体を支えている様相。おいおいみんな、もうちょい気ぃ遣いあってさ…楽しくやろうぜ!!僕がそう言おうとしたその時…
サラリーマンが腕に力を入れて引き寄せると、近くにいた5人ぐらいがその力によって一気に体勢を戻した。お前はジャイアント・シルバか。ちなみにシルバの昔の紹介Vで、サンドバック投げつけるやつがあったけど、あれって反則だよね。
会場に着いて全集後、早くも最後の衣付き通しが行われた。早替えは自信あったけど、今日はほんっとにミスれない日だったから若干緊張。ほかのコマの発表を見て、凄いものになったと感動した。同じ舞台に立つ者として僕もガッツリ決めなくては。
ロックが始まり…振り完璧…早替え…楽勝!!!帽子の向きをじっくり直す余裕まであり、今日は完璧でした。そのあとの振りが清々しい気持ちで踊れたのはいうまでもなく。過去最高の出来となりました。
通し全体としてもそれはそれは完成度の高いものとなり、はっちゃけ通しが敢行される事が決まった。つまり、今日二回目の通しを行うわけで。しかもこちらは仮装やネタありのとにかくどんちゃかやるいわば“裏公演”。全体的に疲れてる人が多かったものの、はっちゃけバージョンのオープニングが始まった時のテンションはヤバかった。そしてプログラムは進んでロックスペ。はっちゃけ通し一番の笑いをとったのは意外や意外、ロックコマ責のA先輩。なんとドン・キホーテの黄色いビニール袋で『もの』を隠し、黒いのがモザイクがかる中ロックスペを踊ったのだ。今までのA先輩像が崩壊した瞬間だ。感動したのは、袋を手で押さえた状態で、腹と胸と膝の動きだけでパンキングまでも表現した事だ。本人曰く、「そりゃ隠さずにさらけ出して踊れば簡単だよ。でもものには限度がある。あそこでもしそれをやったら完全にKYだね」とあとで語ったこのシーン…

いや、押さえてても限度は超えてましたから(笑)


はっちゃけ通しのあとは全集、そして解散。ロッカーは60人中50人が飲み会参加。N先輩たち5、6人で集合時間まで近くで時間を潰していた。メーリスでA先輩とR先輩へのプレゼント企画(え、また?…またです。いいのです。)がどうこう来たから一緒に買い物に行くことに。

購入後はいよいよ飲み会。今日は飲み放題食べ放題。お好み焼きともんじゃ焼きやで、てやんでい!!同じ席だったのはN先輩とS先輩とR君。なぜか僕もテンションが高く、乾杯の時は全部のテーブルに乾杯しにいった。飲み会での僕のこの行動は奇跡。
飲み会では恋話が出た。正直僕はあまり人の恋話に興味が持てない。特に出会って数ヵ月だからなおさら。僕の好きな人が話してたり、逆に話し手が僕の事好きならバンバン聞くけどさ(笑)まぁ残念ながらそんな機会はないわけで。ただやっぱ飲み会で話が続くのって恋話なんかな。その点、Y君(省エネロッカー)との話は持つよ。「この肉焼けてる?」「いや、焼けてないよ」とか。ほら、恋話じゃないっしょ。
で、恋話をバンバカする奴とか、なぜか酔った振りをする奴とかいる中、僕は飲みまくり食いまくり…つつ今日は珍しく話もしたな。コマ責のA先輩はもちろん、N先輩、R君、Oさん、S先輩、S君、H先輩、S先輩…。なんかダンス以上に疲れたな(笑)
初めて話す人に「ヨネです」って言ったら、3人中3人に「自主練しまくってるよね。」って言われた。だろうな。しまくってるもん。たぶんコマ責を除けばS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)か僕がトップでしょう。

そんな感じで意外に楽しかった飲み会。明日は14:00からコマでそれまでは休みらしい。そういや、格闘技イベント『Dream』の放送もあるわ。久しぶりに格闘技批評でもするかね。



一文で日記書いてみた
調子に乗って昨日宣言しちゃったので…一文で日記書きます。正直、宣言した事後悔してます。例によって、僕の日記は数千字に及ぶわけで…それを一文にするって事は原稿用紙十数枚に一度しか句点が登場しないという事で…書く方もしんどければ、読む方もしんどいわけで…頑張ります。以下、お苦しみください。



連盟公演まで一週間を切った今日は、いつものように朝は6:00に起きて7:00ごろ出発し、行きの電車ではコマ責の指示により衣装を持って行くことになっていたため重くでかいカバンを持ち疲れ、でも網棚にあげるのをサラリーマンのおじさんが助けてくれたりしてあったかい気持ちになりながら練習場について、でもまだ体育館は開いてなくて、僕は最近ハマっている携帯ゲームをやって時間を潰していたら、先日の通し練で僕が学園祭のイントロで使ったバンダナを貸したH君が僕にそれを返して来て、わざわざ「ゴメン、一人暮らしでアイロンかけられなかった」と謝り、飲み会でビールはどこの会社のがうまいかを熱く語っていたH君にもこんな一面があるのかと感心して、体育館に入れて、割とすぐに全集が始まって、僕は人見知りな性格だから連盟で話しまくれる友人はできていないけど、それでも普通に挨拶できる仲間がほんの2ヵ月でたくさんできた事を、みんなと挨拶しながら集まった時に嬉しく思って、全集では全員が朝9時から夜9時まで集まるのは今日が最後と言われ、ストレッチの時には同じサークルの超優しいヒップホッパーで先日僕の黒いブーツについて色々取り持ってくれたT先輩の近くにいたH先輩という人とたまたま二人組になって、話す事ができて、自己紹介したら「いつも真面目に自主練してるよね」と僕を知っててくれた事に感激して、その後隠れ米田キラーwithスマイルのS先輩に連れられ、久しぶりに鏡のある部屋で練習できて、もちろん10:00ごろからずっとぶっ続けでしかも水分補給やトイレ休憩もせず踊っていたら、正午を知らせる放送が流れて、僕がS先輩に「昼食食べましょう」と誘ったらS先輩は「まだ早いよ~(^O^)」と笑い、僕はおもわず「ベストタイミングだろ」とどさくさに紛れてタメ口でツッコみ、僕だけ全集のあったデカい体育館に戻って来たら、鏡の部屋が一時使えなくなったらしくS先輩が帰って来たので、僕はおにぎりを持って来ていたけどS先輩に付いていってコンビニに向かって、おやつのジャムサンドクッキーを持ってき忘れた僕はボリュームと添加物マックスの夕食用のパンを3つ、400円以下で購入し、スパゲティをレジの行列を耐えて買ったS先輩は、「あの状況だったらこっそりレジの近くにあったおでんを箸持って行って食ってもばれなさそうだよね」と笑って、帰り道で『BAR BER F』っていう床屋なのか飲み屋なのかわからない店を見つけて、「これじゃちょっと飲みに行こうと思って入ったら髪切られちゃうね」と笑って、昼食後も自主練して、14:30から1時間のコマが始まって、明日の最後の衣付き通しに向けて早着替えもやって、無事成功し、コマが終わった後はまた自主練に没頭しつつ、お腹が空いたから16:30ごろから夕食をS先輩と食べながら、先ほどトイレに行った際も見掛けた師範のような白髭を持つおじいさんをS先輩と共々見つけ、「あれは太極拳の師範だね(^o^)/」となぜか喜ぶS先輩を疑いつつ、本当にそれっぽいからツッコむ事も出来ずにいたら、S先輩が「ヨネ、ためしにパンチしてきなよo(^-^)o当たらないから(^_^)v」と言ってきたため、「当たらないどころか、弾き返されますよ」と苦笑いしたのも束の間、座っていたベンチの近くに太極拳教室のチラシがあり、冷や汗が出て、その後は19:30の全集に向けてまたぶっ通しで練習して、リズム練と基本動作練習と振りの練習を効率よくやって、コマ責のA先輩とR先輩には今日は質問出来なかったから、N先輩にスクービードゥーを教わったら、「ヨネ、まだちょっと荒削りなところもあるけど、うまくなったよね」と褒められ天狗になった矢先、「このまま調子に乗らず基本をしっかりやればもっとうまくなる」と言われ気を引き締めて練習を再開していたら、ふと昔習っていた器械体操で同い年だった女の子の名前を思い出して、実はその子が連盟のジャズかなんかにでてるTさんにそっくり瓜二つで、思い出した名前もTさんだったから、顔も名前も年も同じなんてすごい偶然だなと思い、全集の時を迎える直前にはまたレディーススペとロックスペの発表を見て感激し、全集では明日が最後の衣付き通しでそのあとははっちゃけ通しでカツカツのメニューだから遅刻しないようにと言われ、『カツカツ』という表現にイラッとした。



…以上。読んでくださいましてありがとうございました。大変お疲れになられた事でしょう。今夜は早く寝て、明日はごゆっくりお休みください。

魅力的な全集
連盟の公演まであと1週間となった。ミクシィかなんかで告知しようかな。やめとこ。
朝は9:00に全集。軽い話のあと9:30からコマ練が始まった。ロックは相変わらずためる。14:30から1時間だとさ。9:30から10:00は携帯いじってたけど、そこからはガチ。S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)とのノンストップの約束はまだ続いている。12:00の食事休憩までリズム練を中心に踊りまくった。汗でTシャツ全体の色が変わった。交替。
30分ぐらいで食事をしている間に、まだ休憩をとらなかったS先輩はロックスペのコマ責を務めるプロのダンサーS先輩の指導の元、スキーターを練習している。声は聞こえない。
2階の客席から下りてS先輩と接触。親切にも、先ほど教わっていたスキーターを伝授してくれた。キラーは抑え目のようだ。

昨日充電しなかったせいか、13:00ごろに早くもiPodシャッフルのバッテリーが力尽きた。体育館内に流れる音を聞いて、本能で踊った。楽しすぎる。
コマでは昨日の場当たりの反省を踏まえた練習が行われた。入りハケが中心。あまり踊る事はなかったため、暇な時間に回りの人に早替えのコツを聞いた。ハケのタイミングが一番遅く、かつみんなと同じぐらいに出なくてはいけない僕と同じパートのK先輩とH先輩は、犯罪者用の上着はコートだけ脱いであとはそのままにし、上からスワットの上着を着ているらしい。そうでっか!!あたし、それならぜってー大ジョブっす。ま、一応やってみるけど。
自主練をしていた人達に公開する形で、最後に通しをやった。こういう感じの企画は今日何度も行われた。オープニング、ジャズ、ジャズスペ、アフリカン、ソウルパンキング…どのコマもよかったし、見ている側のテンションも異様に高かった。
コマの後は全集して、フィナーレの練習があった。ボップやパンキングにチャレンジしようとしたけど、結局ロックにした。ロックにして正解だったみたい。フィナーレで各コマが踊った後のユニゾン(全員が同じ振りを踊るところ)の時、ロックは都合により舞台でなく一階客席付近の通路で踊れるらしい。400人が乗る舞台より目立ちますよ。わーい。

不思議と今日は眠くならなかった。S先輩とのノンストップ契約が効いたのかもしれない。フィナーレ練が終わった後の17:30~18:00は、ジャムサンドクッキー食って携帯ゲームやっちゃったけど。S先輩にあとで
「こらっ」
って言われた(笑)お詫びに
「もうチップスター買わなくていいですから許してください」
といったら許してもらえた。さよならチップスター。こんにちはジャムサンドクッキー。

20:30全集。今日は結局9時間半ほど踊った。なかなかいい。疲れもない。
全集では毎回様々なスタッフが話をする。大人気なのは『忘れ物係』のP先輩。
「お疲れーす。みんなお店見てくれたー?」
いつも通りの生暖かいトークテンポから始まった。ちなみに『お店』とは、P先輩たちが回収した忘れ物を公開して持ち主を募ってるスペースの事。P先輩は話を続ける。
「みんな結構忘れ物してるじゃーん?物は大事にしようねー。ぜってー100パーこん中の誰かの物なんだから(笑)あと、タイツとか下着なんだけどー。捨てていいっすか?発酵してくるんで(笑)でね、今日のこの体育館。帰る前にイスとか足下必ず確認して。ぶっちゃけここメチャクチャ忘れ物多いんすよ。あと、誰か僕のiPod知りませんか?」
さすが、オチもついてた。

この後ガールズのコマ責2人から話があった。実は最近いつも、全集の時間を利用して各コマ責が、ダンスや連盟との出会い、またその意気込みなどを語る時間が設けられているのだ。で、今日はガールズと。
始めの1人は、連盟への熱い思いを語っているうちに、感きわまってしまった。話をまとめてから、もう一人にパス。ところがこちらももらい泣き。2人目が話している間、先ほど話し終わった方のコマ責がおもむろにカバンから何かを取り出し…



カシャッ。
記念撮影しちゃった(笑)さらに二人目のコマ責の聞いているこちらの方にもカメラを向けるという暴挙に。泣きながら二人目のコマ責は
「ごめん、今話してるから。」
と言って涙ぐみながら話を続けた。
「私達…みんなももちろんそうだと思うけど、この連盟公演にスゴい思い入れがあって、始め私はスタッフのYさんからコマ責やらないかって話をいただいたんですけど、Yさんって今年のこの公演を2年前から構想してたらしくて、それ知って私も嬉しくなって、みんなの中にはもしかしたらこの公演は一つの発表の場にすぎないと思ってる人もいるかもしれないんですけど、私たちにとっては今回のダンスは本当にダンス人生の終局に向かうようなもので、だから本当に成功させたくて、それをわかってほしくて、怪我とか疲れで本当に辛い事もあるかもしれないんですけど、みんなにももっと楽しんで欲しいし、私たちも最後まで楽しみ続けたいと思ってて…だからほんと最後まで全力を尽くして欲しくて、だから後悔しないように、あと一週間頑張りましょう!!」







一文で言ったwww
待て…これは……というわけで……



明日の日記は一文で書きます!!!
そんな楽しい楽しい全集も終わり解散。明日もまた9:00集合だって。どんとこいや。こちとら毎日ジャムサンドクッキー食えて幸せの絶頂だよ。
あ、昨日書き忘れたけど、成績表が届きました。とりあえず進級って事と、単位を落とした事を意味する『D』はなかったっす。そういやテスト終わってまもなくに予想成績とかって書いてたよね。結構…外したわ。『A』しか来ないと言われていた私法基礎と、『A』間違いなしと思っていた経済学がまさかのB。あと難攻不落の商業学はまたまたB。…成績落ちた(笑)意外だった。てか必修でBがあるってのが気に食わない。2008年度はオールAをとってみんなにキモがられる事でいじられキャラとしての地位をさらに固める事を目標に頑張ります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。