楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


落ち込んでないけど、2ちゃんねる風に落ち込んでみた件
今スゲー落ち込んでますwww
励ましキボンヌ。



ORZ
■READ MORE■
スポンサーサイト

予告日記に挑戦
今日は予告日記、宣言通りチャレンジします。この一回の日記で《一切合切(いっさいがっさい)》と《おもむろに》と《まるでそれは竿竹屋のようだった》と《メチルアルコール》という4語を順番通り使います。…勝負のポイントは3つ目と4つ目ですね。さっき少し考えたけど未だノープラン。ブログ書きながら、神が舞い降りるのを祈ってます。
朝は《一切合切》ゆっくり起きた(?)。いつもは出発60分前に起きてなんだかんだ寝ぼけながらこたつ(リビングに《一切合切》まだ健在)で30分二度寝するところ、今日は最初に起きた時点ですでに出発20分前。

電車では施設の仕事をやり、ラスト5分は英語の本を熟読。そこに暇な時間はない、《一切合切》。
2限の産業経済論。今日担当の先生は金融について講義。なかなか面白かったけど、途中数分意識が飛んだ。
昼休み、チャイ語の教室へ。クラスメートのT君と、『電車で隣りの人が眠り、自分の肩に寄り掛かって来たらどうするか』について話した。T君は基本、足をこづくらしい。僕だったらカッケをこづく…と言いたいところだけど、判例によると、人によって対応かえてますね。昔勉強していた少年が寄り掛かって来た時は放置。あろう事か調子にのって終いには「眠いんだったら肩使っていいよ」発言(2007年7/18の日記より)。寄り掛かって来たのが少年でなく、もしお疲れのご老人だったら、肩を小刻みに揺らしマッサージ機能を発動させる。そしてもし松たか子だった、きっと終点までその体勢で過ごす。
チャイ語が始まった。予習はしてある。指名されても大丈夫だった。で、授業終了。またまた、集中力不足。8時間睡眠でもダメなものはダメです。
《おもむろに》教室を出てバイトへ行く前に一旦帰宅。1時間の猶予で散髪に行こうとしていたものの、‘まだまだイケる’と自己暗示を決行し、わらび餅に着手。いざ出発の時。兄が玄関まで送りに来た。
兄「ねぇ、一弘のお店って平日はどのくらい人来るの?」
一弘「毎日違うから分からない。」
兄「それはそうだろうけど、僕が聞きたいのはそういう事ではなくてね…」
一弘「あ、今日このあと雨降る?」
兄「ちょっと降るらしいよ。」
一弘「んー傘はいいや。忘れて帰って来ると厄介だし。降ったら濡れて帰って来るわ。」
兄「うん。一弘のお店って平日はどのくらい人来るの?」
一弘「毎日違うから分からない。」
兄「うん、だから僕が聞きたいのはそういう事ではなくてね…」
同じ質問には同じ内容を無駄なく伝える。《まるでそれは竿竹屋のようだった》。

入店。
「いらっしゃいませーー。」
いつものようにマニュアル通りの機械的な挨拶が聞こえた。《まるでそれは竿竹屋のようだった》。
スタッフルームに入ると、店長室にK店長。
ヨネ「お疲れ様でーす。」
K店長「……。」
挨拶完了。
僕は雑誌を見ながら、準備をした。さぁ行こうとした時スタッフルームから出て来たK店長。
K店長「お!お疲れ。」


気付いてなかったんかーい!!
17:00、仕事開始。店内を軽く整備したあと、ジーパンのサイズと、値札に書いてあるサイズ、そしてそのサイズチップ(ハンガーにつけてるサイズの目印)が一致しているかを調べた。K店長に
「いちいちレジに持ってくんな。持って来た分だけお客さんは見られないわけだから売り上げが落ちる」
と注意された。ほーほー。一本取られました。
その後はあとから入ったBさん(オープンからここでバイトしてる、スタッフルームのドアを閉めるのが強い人)に手伝ってもらいつつ、作業続行。ジーパンのサイズを見つつ、さりげなく今度の連盟系列イベントの衣装に使えそうなダボダボジーパンを探す事も忘れないオレ、米田。
レジに人が来た。K店長は休憩に入っていたため、レジに近かった僕が担当。
すると…
客「このGジャン…2500円のヤツさ。もうちょい安くならない?」
ネダ「申し訳ございません。当店ではそのような事は…表示通りのお値段でお売りしております。」
客「2000円じゃダメ?」
話聞け、おい(笑)
ネダ「申し訳ありません。」
客「あーバイトだから無理?」
バイトとかそういう問題じゃない。魂の問題だ。
ネダ「申し訳ございません…。」
諦めてくれたようだ。棚に戻り、またジーパンのサイズをチェック。するとさっきのお客様。Gジャンをまた持って僕のところへ。
客「ちょっといい?」
といいつつ、すでに僕の背中を使ってGジャンのサイズを見るお客さん。僕はその体勢のまま言った。
ネダ「どなたかへのプレゼントですか?」
客「うん、ちょっとね。」
だからってなぜオレのサイズに合わせる?
客「いいや。2500円で買うわ。」
急展開。そしてなぜ若干そっちが譲ったみたいになってる?
ネダ「ありがとうございます。お預かり致します。」
てかプレゼント値切るなし(笑)非常識で有名な僕だってそんな事しねぇぞ?ま、今まであげた最高のプレゼントは1500円の室内用靴下(フットウォーマー)だけどな(笑)

サークルとは違い、強気な姿勢を貫いたためなんとか店の赤字を作らずにすんだ僕。休憩時間はBさんとコンビニへ。無論、冷やし中華を購入。
スタッフルームに戻り、Bさんと今までにした最高に悪い事を自慢しあった。切り札の『小学3年の時、T君の家にあったバトエンを盗んだ』話は、あっさり敗れた。
スタッフルームの冷蔵庫には、名前さえ書いておけば自分の飲食物を入れておいていいらしい。じゃあ今度、納豆とお酢入れておこ。

休憩明け。店長から
「8時45分までに終わらせろ」
と言われたのは20:25。あと12時間20分かぁ…って違う。タイムリミットまであと20分。一層の集中力で挑んだが結局終わらず。

若干怒りながらも、閉店に向けて店内整備を命じるK店長。真面目にやってても結果が伴わないと怒られるこの現場。たまらなく刺激的。

閉店間際にはレジにも結構入る事ができ、またレジの様子を見つつも最近ハマってる靴の整理をしお開き…という名の閉店。

あっという間にすぎた一週間。超多忙な中、ダンスの振りの入りが不十分だったり、英語リーディングとコミュニケーションのプレゼン準備ができてなかったり、チャイ語の宿題がたまってたり。いろいろあるけどこの土曜はダンスのコマにバイト、日曜はダンスの全体練がある。頑張ります。






《メチルアルコール》。

クラブイベに向け、意識改革
朝、テレビでは船場吉兆が廃業したというおめでたなニュースこそあったものの、その大半が残念な内容。政治資金の無駄遣いだとか、下水道から骨片発見だとか。そんな時の米田家の風景。
一弘「ヒュー!!」
兄「この暗いニュースでなんで盛り上がってんの?笑」
一弘「いや、最近こんなニュースばっかでしょ?だから暗いニュースこそヒューとかいって明るくやり過ごそうかなと思って。こういうニュース番組が一つぐらいあってもいいはずだよ!?で、最後になんかしら上手い事言って次のニュースにいくの。」
父「いってきまーす。」
見送りに玄関に集う母、兄、一弘。
母「傘持って行って!」
父「傘、いっぱいあるな!!」
一同「いってらっしゃーい!」
父離陸完了。
母「うち4人家族なのに傘10本以上あるわね(笑)」
兄「お父さん、『傘、いっぱいあるな!!』って言ってたね(笑)」
一弘「うん、勇ましかった(笑)」
平和な米田家。その10分後、僕も離陸した。

一限はチャイ語。先週は休講だったけど、思い切って宿題の日記、2週分作成してやった。ポイントポイントってうるせぇこの先生、僕は大嫌いだけど、だからってチャイ語の『A』を諦めるこたぁしません。
先生「じゃあSさん、本文を読んで訳してください。………はい、素晴らしい。言う事ないですね。よく出来てると思います。じゃあ米田君、次を読んで。」
なぜか僕を呼ぶ時だけ表情を曇らせる先生。そして完璧に回答する僕。
先生「………うん、合ってる。次。」
扱い違い過ぎね?え、あんた…じゃなくて先生、僕の事嫌いですか?僕はあなたの事嫌いです。
授業中、
「先週の授業休講なのに間違って来ちゃいましたよ」
と言った男子生徒がいた。馬鹿だなぁ。
先生「あーほんとに。じゃあその分、ポイントあげます。」
なにぃぃぃ!!!!え、いつの間にそんなルールできたの?この授業は『ナイスボケ』ポイントとかってあるの?

二限のマーケティングマネジメント論。最前列に座っていると来ました来ましたR君(シャイニングブレイカー)。
ヨネ「あのさ、後輩S君に『ブロンクス』(ブレイクの技)教えてあげて」
R君「嫌だよ」
ヨネ「なんでだよ(笑)」
R君「アイツはフットワーク(『六歩』など、フロアで使う足技の総称)が得意なんだよ。だからそこを伸ばしてやりたいの。」
ヨネ「そうなんだ。え、R君は何が得意なの?」
R君「オレは絵を描く事かな。」

マーケティングマネジメント論。今日も内容が濃い。日本と違って、アメリカでは買ったものを返品する人がざらにいるらしい。
ヨネ「うちの店では一週間以内にレシートをお持ちいただければお取り換えを致します。」
R君「お前なんのバイトしてんだっけ?」
ヨネ「地元のスポーツ用品店だよ。」
R君「なんかお前ムカつくな、うん。お前が仕事してるのムカつくわ。」
ヨネ「R君、確か昨日かなんか、オレが踊ってるのもムカつくっていってたよね。オレ消えた方がいいのかな?」
R君「そんな事はないよ。」
ヨネ「R君…」
R君「必要悪ってあるじゃん?」
ヨネ「え、オレR君にとって悪なの?」
R君「そうじゃなくてさ。何やってもムカつく奴っているじゃん?悪いものっていうかさ」
ヨネ「今『悪いもの』っていったよね?」

気持ちを切り替えて昼休みにたまり(同じサークルの人と食事する集まり。つっても来るのはいつも5人ぐらい)へ。R君とT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)は共に塾の講師のアルバイト経験がある。R君に至っては現役バリバリだ。
ヨネ「科目は何教えてるの?」
R君「高校の英語と数学。」
ヨネ「あれ、数学は確かR君苦手じゃなかった?」
R君「微積にはいるまでは得意だったよ。」
T君「実際微積とかが深いんだけどねwww」
R君「うちの塾テスト対策やってるからさ。テスト期間になるとよく質問しに来るんだよ。たまに家庭科とかも聞かれるからね(笑)『これなんていう切り方ですか?』って…知らねぇよ!!」
T君「オレもさ…経済学部だからってよく政経聞かれたわぁ。実際学校であんま経済の勉強してないからねwww」
ヨネ「センター試験、社会は何とってたの?」
T君「倫理www」
R君「意味ねぇwww」

今日の授業はこれで終わり。ダンスへ。今日は集会室F。僕が一か月前に取ったヤツです。僕が一か月前に取ったヤツです。飲み物を買って来て、あとはひたすら18:00からのブレイクコマまで練習。K君(飲み会ハッスラー)にHip Hopの曲でロックのフリーを要求され、踊った。Jさん(ジャムサンドジャザー)には「連盟系列イベントのユニゾン、ヨネ最後の振りキモいよ」と言われ、直してもらった。ただ、『キモい』以外に訴え方はあっただろうと思った。
久し振りの入念なアイソレ、リズム練、ロック基礎練のあと、ポップもブレイクも思う存分やった。ポップの振りを確認がてら踊っていると、後ろで明らかにM先輩(女性ポッパー。先日曲なしでの振り作りを要請。ポップチームのコマ責の一人)が僕を見ている。そして決して話しかけてはこない。
一年生に指導したり、R君とブレイクを練習したりしたあと、ふと左を見るとM先輩。
M先輩「ヨネちょっっといいかな?」
ヨネ「ためましたね(笑)なんでしょう?」
M先輩「ヨネさっき振り踊ってたじゃん?あたし的にはいいんだけど、このままじゃ確実にヨネみんなで合わせた時うくからアドバイスしてもいい?」
ヨネ「絶対にお願いします(笑)てかさっきバッチリ僕を見てたのそれですか?」
M先輩「うん、『ヨネ間違ってる間違ってるwww』と思いながら目に焼き付けてた。」
ヨネ「それで今教えていただけるわけですね。」
M先輩「そう。」
ヨネ「2時間の時空を超えて?」
M先輩「そう。」
振り、僕だいぶ間違えてました。そして最近M先輩と話すのがメチャメチャ楽しいという(笑)ポップ、ますます好きになります。実力はまだウンコだけど。

ブレイクコマが始まった。パートごとに練習したあと、振りを合わせた。…練習不足露呈。音についていくだけで、かっこよく踊れない。練習法をかえなくては。

ロックのコマが始まった。『ウィッチウェイ』を指導。S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)が、アクシデントに見せかけて僕を蹴ろうとしてくる中、振りも入った。1曲目、振り完(振りが完成する事。)です。で、グループに分かれて発表。最後、普通の『ロック』をやればいいところ、なぜか左足をあげてしまった。慌ててこれまたなぜか左手で左足を叩いて下げた。これを見ていたのがもう一つのロックコマのコマ責、K先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)。
「それ振りに使わせてもらうかもぉ~!!」
だって。もし使うなら僕のミスから生まれた事は伏せてください(笑)

今日踊ってみて思ったのは、僕がクラブイベに向けてまだ完全に燃焼しきれてないって事。その前に連盟系列イベントがある事も原因の一つだけど、何より振りの練習が足りてないからミスを恐れて思いっきり踊れてないのだ。お陰様で、どこか気の抜けた、かっこつけたような感じに。練習します。


今日はこんな感じでフィニッシュ。明日はダンスなしのバイトあり。明日は一風変わった日記にします。題して『予告日記』。使うワードを前もって公約しとくの。というわけで……




明日の日記には『一切合切』『おもむろに』『まるでそれは竿竹屋のようだった』『メチルアルコール』という4語を順番通り使います(笑)


考え事
僕はよく哲学的な事を考える。たとえば、世の中には何が本当に存在しているのか。

考えまくってみた。もしかしたら、周りのものは自分が『在る』と信じているだけかもしれない。しかし、今確かに考えにふけっている自分は存在する。?『我思うゆえに我あり』…





やべっ、考え過ぎてデカルトの域に達しちゃった(笑)

ついにメーリスでも・・・
昨日書いたように、深夜にメーリスを作成し、今日の朝10時に6/1の施設についてのメーリスが、昼12時に6月いっぱいの場所取り当番の報告メーリスが流れるようにした時点で、とりあえずしばらく施設係の大役は終えた。

朝。うなされずに起き、2限の英語リーディング。パソコンでまた企業の社会的責任について探求。今回はパソコンがバグらず、作業は順調に進んだ。世界規模で活躍する企業5つの社会的責任の共通点を調べ、さらに日本企業のそれの共通点を調べ、最後に共通点同士の共通点を調べて、プレゼンをするらしい。タイムリミットは…来週(笑)せめて再来週、出来れば8月半ばぐらいにしてくれ。

昼休み、予約通りに流れたメーリス。その中で『一年生に賛否を問う』メーリスを流した。反響は大きかった。回答者数こそ伸びないものの、賛成11、反対10のデッドヒート。どちらにしても清き一票であることに変わりはない。反対者の意見を覗いて見た。

『ヨネの文章の気持ち悪さに反対』byT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉。同期。)
…内容について答えていただきたかった。僕ももう少し、わかりやすい文章を書こうと思った。次。


『昨日の場所取りじゃんけん、もうちょいで集F取れたのになぁ。』byM君(超毒舌ご意見番。同期。)
…メーリスの回答に独り言を持ち込む。奇抜。次。


『集会室全部爆破させるからいいよ。』byR君(シャイニングブレイカー。同期。)
…本末転倒。

結論としてわかった事は、反対票の過半数が同期からの『ヨネの存在への反対』だった事。よかった、内容じゃなくて。そしてもう一つ。世の中には清くない一票も存在する事が分かった。

3限の地域文化論、4限の哲学は先週爆睡してしまったため、飲み物を持ち込んで参戦。寝ずにすんだが、それが飲み物のおかげだったのかは明らかにならなかった。

集会室にダンスをしにいった。連盟で使った8000円のブーツ、I先輩(ギリギリ履修申告完了男)が7000円で買ってくれた。途中、「うわぁ3000円あるかなぁ…」といってどさくさに紛れて値切ろうとしてきたが、最後はちゃんと7000円のお支払い。野口英世の消えた僕の財布に後光が射した。助かった。これで連盟系列イベントの衣装が買える。
今日は19:00からその全体練習がある。その前にはK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)と振りの確認。そしてその後はM先輩(女性ポッパー。僕に‘曲なしの振り’を作るように命じた指定なき司令塔。)と『ヨネ振り』の合わせがある。

K先輩との振り確認が済むとすぐ横にM先輩。
M先輩「あ、ヨネじゃん!?」
絶対待ってましたよね(笑)お待たせしました。
ヨネ「あ、僕のロックの振り、うまくポップ風にアレンジできましたか?」
M先輩「振りの最初の4カウント、ムービーに撮れてなかった(笑)」
笑えない。
ヨネ「なんで撮れてなかったんすか?!撮影後、『鼻の穴にフォーカスしたりしてないから』とかいって不安なしっぽかったじゃないですか(笑)」
M先輩「いいから、4カウント踊って。」

なんとかポップ風アレンジが完成。その振りは、前でT君(フロム埼玉)と僕がロックを、その他の人が後ろでポップ風味の方を踊るという感じらしい。
M先輩「構成は…前にT君とヨネの二人を置いて、後ろ20人ぐらいポッパーでいいかな?笑」
Mさん(鬼神)「あーいいですね、トライアングル型で。」
それのどこがトライアングルなんだ。そしてMさん、いつの間に。
ヨネ「Mさん最近ロックやってるじゃん!ロックの振りとポップの振り、どっちやるの?」
Mさん「ロックは疲れるからポップやる。M先輩、私立ち位置どこでもいいですよ。」
ヨネ「謙虚なようですんごいワガママ言ってるよね。」


そんな会話のあと、僕は集会室でロック、ブレイク、ポップを練習。「ヨネのブレイクは卑猥だな」とM君(超毒舌ご意見番)に言われたり、M君(超毒舌ご意見番)に尻を叩かれたりして時を過ごした。

場所を移し、スタジオへ。『ノック』という技の時によく用いる、『ウォーク』というリズムの取り方を一人練習していると、女の子2人が来て、並んで『ウォーク』の練習をし始めた。彼女らは後輩である。名前はまだない。
流れ的に僕は指導する事に。
「膝は曲げて、体は特に力む必要はないよ。で、ポイントは腰から背中を板のように真っ直ぐにしながら前後に振る事ね。ほら、腰に串が刺さったみたいにこの部分を軸にするんだよ。」
我ながら、さほど問題はない説明である。女の子二人もコツが掴めたようで、一人が言った。
「あ、なるほど。腰に鉄棒があると思えばいいんですね?!わかりやすい!」
さりげなく喩えをかえられ、少し傷ついた。

一段落したら、Mさん(鬼神)が来た。
Mさん「ヨネ、ミクシィに『3回のモテ期』書いたよね。あれ、なんか診断テストみたいなのがあって私やってみたの。もう2回は過ぎてて、あと一回は24歳だって。」
ヨネ「あ、オレもやったよ。オレは…6歳と10歳と34歳だった。」
Mさん「34歳がモテ期?もう意味ないじゃんwww…えーとまずクロスハンドして…」
ヨネ「言うだけ言って勝手に踊り出すのやめてもらえるかな?」

連盟系列イベントの全体練習が始まった。風邪気味のM先輩(鬼ロッカー。サークル代表。)が一生懸命声を張っていたもんだから、皆も必死で食らいついた。そんな中、Y君がポツリと
「あ~まだやるのか…。今日の練習ダルビッシュだな…」
と言っていたのが印象的だった。

散々通し練をして、21:00に無事フィニッシュ。最後に集合がかけられた時、近くにいたのはK君(飲み会ハッスラー)とT君(守護神)。
汗だくの僕の背中に、なぜか手を触れようとするK君。それを見たT君。
「触るな、K君!!汚いぞ!」
はい、人権侵害。
周囲にいたD先輩(ど真ん中のB系ヒップホッパー)やY先輩(元代表)がそんな光景を温かく見守りつつ決して僕を助けてはくれない中、無事今日の練習は終了。
家に帰ってきてからは亀の水換えもした。好物のマカロニグラタンも食った。酢納豆は明日食う。
明日は一限のチャイ語から。で二限後はたまりへ行って、そのあとは踊りまくる。ダンス用のシャツ、5枚持っていきます。で汗かいたら飲み物買います。何せ今の僕には7000円がある。誰にも負ける気は致しません。

疲れているからこそ起きた事故
僕はいつも、携帯でブログを打ち、家のパソコンに送り、パソコンから『てか、オレ米田。』にログインし、文章をコピペしている。
…。




携帯からメール送る時、例の有料施設にも送っちゃった(笑)

人生は施設のために
現在2:04。やっと施設の仕事が片付いた。今日はもうストレスと疲れで体調最悪。ブログ軽めります(=軽めに取り掛かります)。

朝は7:30起き。また施設の夢を見た。迫り来る施設係(?)。しかし今日、解決予定。6/1の有料施設、昼に電話して決まればはい終わり。

学校につき、一限経済学。死。
二限統計学。死。その45分後には地元でのバイトが僕を待つ。
地元の駅に着いて、ギリギリの時間を縫って有料施設へ電話。実際この時間が一番ドキドキした。予約にはなかなか時間が掛かるから、この時間を逃すとバイトが終わる22:30まで電話が出来ないのだ。そして有料施設は22:00に電話受付が終了する…ひどすぎる。

前日にトコトン策は練っておいた。僕が狙ったその有料施設は、スタジオを50近く所有している。僕は前もって、6/1のコマに使いたいスタジオと全体練習に使いたいスタジオをそれぞれ第七希望まで挙げておいたのだ。電話したら、案の定第3希望まで見事に断られた。
下調べのおかげでスタジオの予約は完了。かなり難航したこの『6.1施設問題』は、Y先輩(元代表)、M先輩(鬼ロッカー。現代表)、K先輩(最強最恐ジャザー。現副代表)、K先輩(レジェンドオブ肝試し。元施設係)の協力を経てなんとか解決。報告のメールを打った。

バイトへ。昼食を食べる時間はなし。今日は初めて『棚卸し』に挑戦。なんとなく『棚下ろし』だと勘違いしていた僕は、棚ごとの商品の金額をTさん(プロレス好きの女性。先週は京都に行ったらしい。「面白くなかった」と、土産話はしてくれなかった。)と書き写しながら、‘棚から品物下ろすだけじゃないんだ…’と実感。

…ダメだ。今日はもう疲れた(笑)テニスラケットの硬式と軟式の見分け方覚えた話とか、M副店長としたあんな会話や、K店長とのシカト合戦、13時間振りに飲み物を口にした夕食休憩など、書きたい事は結構あったんだけど省略!!!


家に帰り、いつものように納豆にお酢をかけて食べる、酸っぱいものが大好きなオレ、米田。最後はおもむろに、その納豆に『納豆ふりかけ』をトッピング。納豆の味がした。

23:00から、場所取り当番の割り振りに90分、メーリス作成に30分、6/1の施設の確認に30分、それについてのメーリス作成に30分をかけフィニッシュ。もうダメ…死んでしまう(笑)

明日は通し練。4限後にM先輩(女性ポッパー。口調は厳しいけど凄く優しい。けど口調は厳しい。)とこの間の‘ヨネ振り’の合わせがある。そのあとの体調次第では早退します。あ、あとこれは言っておかなくちゃ!!









やっぱいいや。おやすみなさい。

米田、振りを作るの巻
昨日書くだけ書いて、答えを言っていませんでしたのでまずはそれを。『コンバース(=CONVERSE)』とは大きな星が目印の、衣服のブランドの事です。なんだよ~ならはなっから『ビッグスター』とかにしてよ。
ちなみにスポーツ用品店でバイトするようになり、ジーパンのブランドを少し覚えたのでご紹介します。『Levi's』とは『レビス』ではなく『リーバイス』と読みます。もう一度言います。『レビス』ではありません。ちなみに『Michael Jackson』とは『ミカエルジャクソン』ではなく『マイケルジャクソン』と読みます。

便利な豆知識を紹介したところで、今日の日記。
3限のみの今日は11:00起き。睡眠時間としては十分だったけど、夢に施設係の仕事が出て来たり、場所取りじゃんけんの結果報告メールで起きたりと、グッタリな朝。今日が月曜なのは信じがたかったけど、男はこの日も学校へ。
電車では施設の交渉と計画推敲。大学に着いたら即受付に7月のスタジオ申請書提出。他のサークルの集会室の獲得状況チェック。教室に入ってからは交渉メールの送信と場所取り当番アンケートの回答結果の整理。…。
『昼休みは施設のために』。
『深夜0時からの2時間は施設のために』。
『人生は施設のために』。

その言葉を学んで早数ヶ月。今では施設が授業や夢にまで侵入して来ています。

そんな中、英語リーディングはまたまたシビアな話題。『アメリカはテロリストか』。んーまた今度考えます。今はまず施設やりたいんで。

授業後、メディアセンターへ。6/1の連盟系列イベントの全体練習用の施設が決まらん事にはこの張り詰めるような緊張、心配は解決せん。連盟で使った施設をひたすら検索。そして全滅。壊滅。幻滅。
1時間を費やしても、結局いい施設は見つからなかった。もうダメ。ダンス練習しなくては。今は連盟系列イベントのロック上級生振り、ロック初心者振り、ユニゾン、さらにクラブイベのロックK先輩ゴマ、ロックM君ゴマ、ロックチームゴマ、ブレイクゴマ、ポップゴマを抱えている。無駄な時間などない。

すぐに振りを確認したかったが、今日はやる事があった。前日5/25、23:29。M先輩(女性ポッパー。口調は厳しいけど凄く優しい。けど口調は厳しい。)にメールにて言われた言葉。
『4×8カウント、振り作ってくれないかな?』
忙しいけど、このクソ忙しい中踊らせてもらえる仕事なら大歓迎。M先輩には日頃ほんとに良くしてもらってるし、この間のミニポップゴマも面白かった。振りも、一年の夏合宿以来ちゃんとしたのを考えたことはなかったし。
ただ問題があった。…




曲のどこで使う振りなのかを教えてもらえない…



どんなイメージの振りにしたいのかを教えてもらえない…

音ハメ(曲のアクセントに合わせて振りを作ること)する権利すら与えられない米田。しかし、逆に言えばそれはいわゆるヴァーリトゥード(何でもあり)。僕は30分足らずで完成させた。

その後はコマの振り確認をしたり、一年生とポップの練習をしたりして、M先輩の到着を待った。
M君(超毒舌ご意見番)が
「生協にテープ買いに行かない?」
と僕を誘う。珍しい。いつも汗をかいた僕に触れては、
「きったねぇ~。うわっ。くっせぇ~。」
と二段階ギアで僕を傷付けるM君からの誘い。実際、僕はテープなんて必要なかったけど、ちょうど飲み物も買いたかったから、一緒に行くことに。財布をカバンから出し、早くも出発の準備オーケー。そんな時、
M君「ヨネー、テープあったわ。」
立ち尽くす僕。自分に、‘喉なんて乾いてない’と言い聞かせ、練習再開。

結局しばらくしてM君(超毒舌ご意見番)とM君(若武者)と飲み物を買いに生協へ。奮発してチップスターとピザパンも購入。ついに財布から札が消える。
練習に戻ろうと歩いていると、ご意見番君は右手の怪我をみせ事情を説明した。アクロバットをやって落ちたらしい。
「オレも寝転がりながらケータイでブログ打ちすぎて、最近右手の薬指と手首が痛いんだよ」
と言おうとしたが、さすがにやめておいた。正直アクロバットを一度失敗すると心に何かが生まれてしまう。僕も高3の体育祭のあとの“ラストダンス”的な催し物でやってしまったからわかる。彼の身体能力やセンスには度々嫉妬するし、羨ましがってるし、憧れてるけど、是非克服して欲しい。

練習を再開してすぐ、M先輩到着。僕が作ったロックの振りをムービーで撮ってもらった。あとでポップ風にするんだとさ。撮り終えた時、
「大丈夫。鼻の穴にフォーカスしたりしてないから。ありがとう。」
とM先輩。いささか心配ごとが出来た。

続いて、I先輩(ギリギリ履修申告完了男)がポップの振りを作ったらしく、僕に教えてくれた。カッコいい振りに必死で食らいついた。しかし、その後…。I先輩は僕に‘おいしい’振りを提供。ただそれは下ネタだった。
とりあえずせっかくの機会だからと従ってやってみた。喜ぶI先輩。後輩M君にも見せてあげた。喜ぶI先輩。さらにM先輩にも見せた。喜ぶI先輩。

I先輩は本気で本番で使う気らしかったが、何うえ僕のキャラに合っていないネタだったため僕は拒否。その後一年生や同期にも見せたかったらしいが、これ以上のストレスは素で避けたかったためパスさせていただいた。だいぶ空気は読めてない感じだったけど、身を守ることを覚えた大学2年の春。1年の夏合宿で覚えていれば、今頃僕はいじめられていなくて済んだだろうと思いつつ、練習再開。

K先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)とS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)のロックコマが開始。基礎練中、
「ヨネは『ノック』が綺麗だね(^O^)」
と褒めてくれたS先輩。
ヨネ「相変わらずダンスに関しては優しく指導してくれるんですね。」
S先輩「うん、アメとムチだよぉ~(^o^)/あ、今日は立ち位置ごとに振り入れするから。」
ヨネ「僕の立ち位置って『左後ろ』でしたっけ?」
S先輩「ヨネの立ち位置?ないよぉ~(*^_^*)」

コマ中、シフト制で僕をいじって来る同期ロッカーやS先輩。就活でここ3か月ほどはダンスに来ていなかったK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)はそんな僕を見て、
「ヨネは私がいない3か月間ですっかりいじられるようになっちゃったね…」
とリアルに心配してくれている。そしてどさくさに紛れて、
「そうですね…」
と便乗するS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)。いや、あなたのせいで加速したんで(笑)


コマが終わり、僕は家に帰って風呂食事松たか子。で、6/1の有料施設をついに探し当て、明日電話することをY先輩(元代表)、M先輩(鬼ロッカー。現代表)、K先輩(最強最恐ジャザー。現副代表)に示唆。一時間かけて希望のスタジオを査定。値段は高くなっちゃうけど、仕方がない。


ブログ書いて、一日が終わりだと思いきや。今日はこれからチャイ語の日記(ま、ブログに比べりゃ長くないけど笑)、英語の論文がある。そしつ明日は一限。二限後は22時までバイト。その後は施設係のアンケートメーリスの回答結果をまとめ、メーリス作成。今週は明日が山場です。クリアして見せます!!!たぶん!!もしかしたら!万が一。

新知識・コンバース
今日は久し振りの遅起きの日。正直助かった。8時間寝て気分爽快。S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)がコマの振りを入れてくれるらしく、前日に誘いがあり、僕自身行きたかったけど断った。その我慢のおかげだ。まずは最近のバカ眠気から解き放たれなくては。
10:30に起きて、13:00からのバイトに向け準備。英語の文法で『比較』が全く出来なくなっている事にショックを受けつつも、ショックを受けた。で朝食食ってアルバイト。スポーツ用品店にチャリを飛ばした。

店に入って、まず服の加工(値札付け)をし、さらに釣り用具も加工。お次はサーフィンと足をくっつける紐みたいななんかに値段を付け、値札も付け。休日にもかかわらず、今日いたスタッフはK店長(純正ジャパニーズ)、M副店長(プロレス好きの新卒社員)、Bさん(スタッフルームのドアを桁外れに強く閉める)、僕の4人。

店長は、そのサーフィンの用具に値札を付けている僕に忠告。
「おめぇ付け方ちげぇじゃねぇかよ!!こっちのが正しいんだよ。『もやし』(よく値札を品物に付ける際にくっついてる、だいぶ堅い白い紐。家でハサミで切るのがめんどい彼。)を二つ付けろ!これだ、これを見てみろ!!…あれ…ねぇな…。」



さっき僕が外しておきましたが何か?
いや、一つの品物に『もやし』が二つ付いてるのっておかしいやん、普通に考えたら。だから気ぃ聞かせちゃったのよ。あとで事情知ってるBさんから
「あれ外したのネダ(←バイトでの僕のあだ名)だべ?なんで店長が『ねぇな』って言った瞬間、『どうしました?』みたいな顔してんだよwww」
と言われたのは、今となってはいい思い出だ。

副店長は4月から入社したのに、かなりこってり店長に指導され、色々困っている。今日は『お前の好きなようにレイアウトしてみろ』と言われたんだと。
M副店長は、僕を誘ってくれた。
M副店長「コンバースの靴を、あのガラスの棚に持って行こう」
ネダ「『コンバース』ってなんですか?」
M副店長「あ、論外な感じ?笑」
巷では‘聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥’という言葉があるそうだが、聞いて猛烈な恥を被るなら、聞かないで恥をかかないように生涯を終える事も大切だと思った。

夜7時半。K店長と二人で休憩。コンビニへ夕食を買いに行った。
ネダ「うわぁ…コーンマヨネーズパン、これ僕の好きな形じゃないんですよね。隣りのコンビニのは、長細くてお得なのに。あ、『長細い』って言いませんね。『細長い』でした。」
K店長「………。」
ネダ「お、冷やし中華だ!!…今店長、僕がこれ買うと思ったでしょ?トラップです。今日はそばにします。」
K店長「………。」
ネダ「てか今日…」
K店長「おめぇさっきから一人で喋りすぎなんだよ!!」
怒りの余り、店長は不覚にもレジでアメリカンドッグを購入。先にレジをすませていた僕は、バイトの癖からか、コンビニ内の『ウイダー』をひたすら整理しまくっていた。店長、レジ終了。スポーツ用品店のスタッフルームに戻る道にて。
ネダ「ウイダーって知ってます?」
K店長「あ?!」
ネダ「あの『10秒チャージ』のです。」
K店長「そりゃ知ってるよ。」
ネダ「あの飲み物だか食べ物だか分からなくて味はグレープフルーツなど豊富に取り揃えてる…」
K店長「知ってるって言ってるだろ?!」
ネダ「あれって200円するんですよ。」
K店長「だからどうしたんだよ?!」
ネダ「いや、『10秒で200円』って時給にするとエラい事になるなと思いまして。」
K店長「お前のその発想が訳わかんねぇよ。」

スタッフルームにつき、そばに箸がついてなかった事に気付いた僕。
ネダ「緊急事態です。箸ありません!!あ、K店長。この部屋に確か割り箸ありましたよね?どこですか?」
K店長「教えねぇよ。さぁて、宝捜しの始まりだ。」
ネダ「あ、あった。つまんね。」
人からもらったトスは受け流すオレ、ネダ。

ネダ「あ、このお菓子なんすか?前から気になってたんですけど、接待かなんかに使うのかと思って僕、一個も食ってないんすよ。」
K店長「あーそれ警察から貰ったヤツ。食っていいよ。捜査に協力したらもらえたんだよ。」
ネダ「あ、賞味期限5/24…昨日ですね。これ、テイクアウトしていいですか?米田家で分けたいので。」
K店長「もう好きにしろよ!!」
ネダ「しゃ!」
所有権の移動成立。
ネダ「昔…あれは小学校低学年の時かな。財布拾って。中身は1000円ぐらいだったんですけど、僕わざわざ30分ぐらい歩いて交番に届けたんですよ。で、カードかなんかで持ち主が分かって。持ち主が来るまで、謝礼替わりに交番でひたすらお菓子食ってたんですよ。もう交番にあったお菓子全部食っちゃって。あんときは確か…」
K店長「またお前の話に付き合わなくちゃいけねぇの?」
ネダ「あ、いいですよ、じゃあ。あ、このお菓子、ほんとにいただきますね。米田家は賞味期限とか気にしないんで大ジョブです。牛乳とか、期限切れ一週間以内だったら飲みますからね(笑)」
K店長「だから無駄な情報はいらねぇっつーの。」

食事開始。僕はそばのパッケージを開けた。
ネダ「おーなんだこの水は。あ、そばにかけて馴染ませるんか。はいはい。んでこれがそばつゆ。で海苔。やべっ。つゆにかけちゃった…こうすると後半戦ほとんど海苔無くなっちゃうんですよね。そばにかけりゃよかったぁ~。で、最後わさび。これはつゆでいいよな?うわっ。またこのわさびの出方が汚ねぇし。色間違ったら『アレ』だっつーの。」
K店長を見ると、もうすでに食べ終わって読書を開始していた。

ネダ「あ、K店長!!」
K店長「んだよ!?」
ネダ「K店長って格闘技好きですか?」
K店長「まぁ…プロレス以外の格闘技は好きだよ。」
ネダ「えーマジすか?誰好きなんすか?」
K店長「………。」
ネダ「誰好きなんすか?」
K店長「読書中。」
ネダ「じゃあ今日メールしますね。」
しないけどな(笑)
食後のダンス練習を始めると、K店長は本を閉じてパソコンの方へ移動。
ネダ「あっ、読書終わりました?じゃあ好きな格闘家答えてください。」
K店長「………。」
ネダ「これ(お菓子)あげますから!」
K店長「オレはお前とは休憩時間の使い方が違ぇの!!」
ネダ「休憩時間まだ余ってますけど、もう働いてもいいっすか?」
K店長「もう行け!」

仕事に戻り、M副店長と鞄のレイアウトをしたり店内整備をした。
M副店長「(小声で)米田君、今日売り上げ目標達成したよ!」
ネダ「マジすか?やったー!」
M副店長「閉店までまだ時間がある。まだまだ頑張ろう!」
ネダ「はい!」
M副店長「あ、米田君前は怖がってたのに、もうレジ普通に入れるようになったね。」
ネダ「はい、今はマジ楽しいです。」
M副店長「バイト楽しい?」
ネダ「はい!すんげー楽しいです。」
M副店長「そっかそっか!」
ネダ「てか僕楽しい事しかやらないんで。」
M副店長「それはよくないよ~。」
ネダ「いや、そうじゃなくて。僕仕事を嫌々やった事がないんです。全部楽しんでるんで。」
M副店長「そりゃよかった!」
お手本のように切磋琢磨しあえるM副店長(笑)閉店業務も分担して行った。
反省会。Bさん、K店長と反省を言っていき僕の番。
ネダ「お疲れ様です。今日はレジをまた頑張りました。だいぶ自然な表情とか手順で楽しみながら出来るようになったんですが、まだまだ言葉遣いがイマイチなのでしっかりしたいです。あと…まだバイト始めたばかりってのもあるんですが、今凄く意欲が高くて。皆さんが親切に教えてくれてるので、僕ももっと…クレジットカードの精算方法とか、ポイントカード入会の勧めとか、買い取りとか、いろいろやりたいんです。でも『一つ教わってもすぐ次には出来ない』っていうのが現状で。焦らず一つ一つ出来るようになりたいです。あと、今日M副店長が『売り上げがいい』ってちょっと話しかけてくれて。僕自身凄く嬉しかったんですが、M副店長はさらに『まだまだ頑張ろう!』って言ってて。バイトとか社員とか関係なく、もっと上へ、もっと前へ行けるようにモチベーション保ちながら、バイト続けたいです。お疲れ様でした。」
続いてM副店長。
「お疲れ様です。そうですね…いくつか問題点もあったので、K店長から学んで自分で動けるようになりたいです。あとは…自分は今日米田君とよく仕事をしていたんですけど。前までは『怖い』っていってたレジも『楽しみながらやってます』って言ってて嬉しかったし。『バイト楽しい?』って聞いたら『凄く楽しいです』って言ってたので…そういう仕事が楽しいって感覚は凄く大事だと思うので、そういう環境をこれからも作っていきたいです。今日一日お疲れ様でした。」
僕らの反省一文一文に頷くK店長。何このいい職場(笑)てかM副店長…すんげーいい人(笑)



しゃ。今日も一日楽しかったぞ。K店長と話しながら、携帯ではその会話を忘れないでブログに書けるようにメモるという裏技を使ってたから、タダのバイトの日記なのに3500字越え(笑)明日はバイトなしのダンスあり。授業は2限の美術休講により、3限の英語コミュニケーションだけ。わっしょい!!

はったり
オレのIQ?


30000だけど?
■READ MORE■

ありがとうございました!!
今日は朝はクラブイベのロックとブレイクのコマ、昼は連盟系列イベントの全体練習、夕方はサークルの月例会と、イベントに向けた全体練習。
出発が遅れ、コンビニで飲み物を買って学校に着いたのは11:22。K先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)たちのロックコマが始まる8分前だ。小走りで集会室に向かうと、S先輩(学園祭の時、よく一緒に練習してくれた‘同期の先輩’)に遭遇。
ヨネ「S先輩やばいっすよ!」
S先輩「何が?」
ヨネ「コマまであと10分切ってます!!」
S先輩「やばいよね、これじゃ遅れるっつーの(苦笑)じゃあ煙草吸ってから行くから先行ってて。」
言葉と行動が伴うとは限らない事を学んだ。


集会室に到着。入室するなりギッと僕をにらんだのはM君(超毒舌ご意見番)。
M君「ヨネ~!!何遅れてんだよ!!」
いや、遅れちゃいないけどさ(笑)
ヨネ「ごめんなさい…」
M君「ほんとお前は馬鹿だな!!」
同期から叱責されている時、再び集会室のドアが開いた。入って来たのはS先輩ではなく、Y君(省エネロッカー)だった。
M君「Y君~!!」
言ったれ言ったれ!!
M君「この間のバトルどうだった?」
Y君「あ~クッソ面白かったよ!!」
M君「マジかぁ!!?」
この件はいつか法廷で争いたい。

K先輩のロックコマが始まった。M先輩(鬼ロッカー)によるリズム練あり、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)の遅刻あり、T君によるちょんまげイケメンポーズのパクりありの濃密なコマ。立ち位置もなかなかいい位置がもらえてる。ほんと、ありがたい。
K先輩がまた立ち位置について話す。次の立ち位置は残念ながら僕は後ろらしい。Y君は話を聞いていない。
ヨネ「おいY君!!今話聞いてた?お前『後ろの右』だってさ!」
Y君「あーそうなの?わかった。ありがとう。」
え?Y君…え?今…え?お礼言った?嘘?え?君僕と出会ってから1年間、お礼なんてタダの一度も言ってないやん。こんだけ話してるのにドライな関係で居続け、僕らの間には君の言う通り確かに『分厚い壁が存在してる』やん。お互い本名と出身の県と血液型ぐらいしか知らないやん。メール、いっつも最後はそっちがシカトして終わるやん。
限り無く不吉な予感がしたので、コマ中はあまり彼とは絡まない事にした。

ロックのコマのあとはブレイク。コマ責のT先輩(夏合宿で1時間しかコマをやらなかった猛者)は遅刻するらしい。そんなコマ、あっていいのか(笑)
Y君(シューティングスター)がコマを進める。振りの確認後、グループに分かれての振り入れがあった。僕のグループには後輩Y君と、M君(超毒舌ご意見番)とR君(シャイニングブレイカー)。…豪華だな、おい。
振りには『マカコ』って技があった。しゃがんだ状態から反って手をついてバク転する大技。M君、K先輩(1000の笑いを持つ男)、K先輩(レジェンドオブ肝試し)がまた丁寧にアドバイスしてくれた。
コマも残り30分程となったそんな時。コマ責のT先輩到着。
「さて、じゃあ成果を見ようかね」
だって。いやいやいやいや(笑)遅刻したとは思えぬスムーズな展開の移行に感動しつつ、みんなで踊った。
僕らは次のパートのグループが前転して来る時に、その間を例の『マカコ』って技をやって入れ替わるように下がる。R君が口を開いた。
R君「なるほど。つまりあれですね。まるで風車のように入れ替わるわけですね…まるで機織り機のように入れ替わるわけですね」
リアクションが薄かったため思わず喩えをかえたR君。いいテンションでコマを終えた。

連盟系列イベントの全体練習のため、一旦全集がかかった。少しずつ人が集まる中、着替えてる僕にM君(若武者)が話しかける。
M君「喉乾かね?」
ヨネ「うん、乾く乾く!!一緒にコンビニ行こうか?」
M君「いや、ヨネ買ってきて。」
断った。
Y先輩(元代表)が僕を呼ぶ。Y先輩は5/30の施設を僕のかわりに手配してくれた。
Y先輩「この施設の件はヨネに任せていいんだよね?」
ヨネ「はい。施設取ってくれて、本当ありがとうございました。」
Y先輩「うん、いいよいいよ。じゃあ料金の振り込みとか任せていいかな?たぶんこのアドレスにいけば分かると思う。で、たぶん利用規約読めばいいと思う。」
ダブル『たぶん』を使いこなすY先輩。
ヨネ「わかりました。あ、振り込みの際に領収書とかなんかもらえばサークルからお金返って来ますよね?」
Y先輩「領収書?それは会計に聞いて。オレの範囲外だから(笑)」
ごもっとも(笑)
全集で今日の流れが発表されたあと、M先輩(鬼ロッカー)によるロック上級生振りの指導と立ち位置の確認があった。紙を持ち説明するM先輩のもとにみんなが集まる。
「うわ~やべぇ。オレ、紙見えないんだけど~」
と言いながら、僕の足を踏みまくるY君(省エネロッカー)。それを見て、十分紙が見える位置にいるのに僕の足を踏み始めるMさん(鬼神)。
少しの空き時間のあと、上級生のユニゾンの練習。ユニゾンはロックの動きがベースになっているため、最前列をもらえた。しかも左はK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)、右はMさん(鬼神)、斜め後ろはK君(飲み会ハッスラー)。素晴らしいね(笑)
狭いスペースでのダイナミックな振り。踊っている時、僕と手が当たったMさん。踊り終わったあと、
「ごめん。手が当たったね」。
さっき足踏みまくっといて何を言う(笑)

スタジオに移動。雨が降っていた。
ヨネ「うわ、雨かよ!傘持って来てないよ~。てか今日雨降るの?聞いてないし。」
Jさん(ジャムサンドジャザー)「え、『雨振る』って言ってたよ?」
ヨネ「だって天気予報見てねぇもん」
と言いながら歩いた。隣りにいたM君(超毒舌ご意見番)が「傘ねぇの?入っていいよ」と言いながら決して入れてはくれなかったのが印象的だった。「入れるもんなら入って見ろ」という意味だったらしい。

練習が始まった。しかし、月例会のあとに衣装を着た状態で行われる写真撮影を気にしているMさん。
Mさん「え、もう衣装着なきゃダメなの?…あ、練習のあと月例会だもんね。ビックリさせないでよ、ヨネ」
人を全く寄せ付けない新しいトークスタイルを確立したMさん。癒し系の風貌、奇抜な発想、お願いする時だけかわいい声を使う世当たりの巧みさ、そして毒舌。面白い。

全体練習のあと、月例会。
K先輩(最強最恐ジャザー。副代表)「…それと、まだ6/1の施設が決まってません」
施設係の僕のせいである。一斉に場内が沸く。
R君(シャイニングブレイカー)「ヨネ!!」
M君(超毒舌ご意見番)「ヨネ!!」
K君(飲み会ハッスラー)「ヨネ!!」
いや、誰か新しい事言えよ(笑)
「いや、ヨネはマジ頑張ってるからさ」
と僕を気遣ってくれたのはM先輩(鬼ロッカー。代表)。K先輩も、
「うん、ほんと頑張ってる。」
と続けてくれた。そんな時、スタジオ内にこだましたR君の声。
「ヨネ!!」。
彼はまだ分かっていないようだった。

写真撮影。僕は周囲の後押しもあり、スワットで写真を撮った。「うわ!一人スワットだ!!」と来たら「いや、いつも一人だから…ってバカ!」とノリツッコミをする準備はできていたが、読みが外れ、結局言えなかった。Y君(省エネロッカー)がハロウィンロックでレンジャーを着た時みたいに盛り上がる事もなく、撮影後、素で落胆。

帰ろうとすると、H君(プリンスポッパー)とK君(OOM)とH君(マジックはプロ並、ダンスは中級)のポッパー三人衆と遭遇。M先輩(女性ポッパー。スタジオで練習していた時、「え、月例会まだ?ポッパーは待つの嫌いだからさ(笑)」と言っていた)に加わってもらい練習する事に。振りを一度説明しただけで、
「じゃあ振り通してみようか」
と強行な姿勢を取るプリンス。
「M先輩!この時手を引くのと足をつくのは同時ですか?」という僕の問いに、
「知らねぇよ。そんな質問された事ねぇし(笑)」
と回答するM先輩。
「右足のあと左足をトンってついて。…ヨネなんで右左になってんの?二回とも右だよwww」
と犯罪的なハメ方をしてくるこれまたプリンス。終いには、
M先輩「ヨネ、ソロあるから。」
H君「8エイトってほんとっすかwww」
M先輩「いや、12エイトwww」
ヨネ「荷が重い!!!」
とコンビネーションで仕掛けても来た。うん。面白いぞ、ポップ。
最後に
「ヨネは体の残しが甘いね」
と振りすら覚えていない僕にアドバイスしてくれたM先輩。まだそういう段階じゃない(笑)

そんな感じで帰ってきやした。ポッパーいなかったら、落ち込んだまま帰って来てたな。助かりました。


で、最後に報告です。
突然ですが、今日をもって『てか、オレ米田。』を閉鎖する事にしました。施設係の仕事が多忙を極めため、やむなく至った結論です。スパムさんを始め、たくさんの方に読んでいただいたこのブログは、僕にとって生きがいで、人に知らせたくない本音以外は全て書いてきた拠り所でもありました。日記であると同時に、‘不特定の読み手にいかにわかるように、誤解のないように、プライバシーを守りながら書くか’というのは、メディア関係に興味がある僕には夢への掛け橋でもあったと思います。でも、施設係は尊敬するD先輩(策士)やK先輩(レジェンドオブ肝試し)から引き継いだもので、僕自身最後まで責任を持って勤めたいのです。
本当に辛いし、悔しいし…これからどうすればいいのか今は何にも見えていません。
ですが、こんな乱文に目を向けてくれた方々、時間を割いてくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。いままでありがとうございました。
■READ MORE■

キャラ変更?
宿題、クラブイベ練習、連盟系列イベント練習、施設係、バイトに追われる超多忙な生活のかたわら、昔よく読んでいた『2ちゃんねるのおもしろスレ総集編』サイトでの最新トピックは『なぜミュウツーはポケモン図鑑に載っているのか』。極めて深刻な温度差を感じながら今日も2限の産業経済論へ。
大学の構内に入り、教室へと歩く。ちょうど休み時間だったから、結構人が歩いていた。こういう時に楽しみなのは回りの人達の会話だ。面白さはどこに隠れているか分からない。人の会話に耳を傾けながら、かといって時間には余裕がなかったから早足で前へ進む僕。
「今日体脂肪だわ、オレ。」という不完全な文体で会話を始めた男性や、「懺悔したい事があるんだけどいい?」ともう一方の女の子に真剣な表情で語りかける女性…。『てか米ブログ』のために思わず付いていって続報をお届けしたかったが我慢した。

産業経済論。授業を始めるなりまずは「前回の授業に出なかった人はプリントが何枚かあるので取りに来てください」と先生。もちろん僕は前の授業には出ていたけど、クリアファイルにはプリントがなかった。
プリントをもらいに前へ。
‘僕はプリントはないけどちゃんと授業は出てるもん!!’
そんな思いから足取りは勇ましく、誇りを持ってプリントゲッチュ。席につくと、前でまだプリントに群がっている者に先生が
「ごめんなさい。プリントもうなくなっちゃいました。もらえなかった人は隣りの人に見せてもらうなりして下さい。」
と言った。フフフ。これこそ格の差。ノートを開いて早速板書を書き写そうとした。





プリント発見(笑)
あー先週はクリアファイルに入れないで挟むスタイルでしたか。
公共財について学び、その後はチャイ語前に昼休み。昼休みの45分間は施設係の仕事の時間です。受付で6月のスタジオの申請結果を受け取り、7月の申請書を受け取った。チャイ語の教室に移り、結果をスケジュール帳に写し、7月の予定と照らし合わせながら申請書に記入しつつ、K先輩(最強最恐ジャザー。副代表)とメールで5/30の施設について打ち合わせをし、かつおにぎりを食べた。
K先輩はY先輩(元代表)と提携し、僕が取れなかった5/30の有料施設を代わりに予約してくれたそうだ。『どこのを取りましたか?M先輩(鬼ロッカー。代表)には言いましたか?』的な、いよいよ佳境というところでメールが途絶えた。さすが。副代表ともなるといじるとかそういう次元じゃない。メールを途絶えさせ仕事を終わったかどうか気にならせるという『仕事で追い込む』手法は今までなかった。パイオニアですな。
チャイ語を受けたあと、18:00のバイトまでは少しゆとりがあった。集会室へ行くと、そこではまたM君(若武者)とM君(超毒舌ご意見番)とT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)がいて、振りを作っていた。
次第に空気はゆるゆるな感じになり、「今年の一年生って『クラブイベント』を『クラブイベ』って訳さずに『クライベ』って訳すよね」「なんでお前構成表の下に英語のプレゼンの台本書いてんの?」「あ、ヨネの立ち位置はないからwww」などなど、雑談が始まった。そんな中、いつの間にか入室し、ヨーグルトを食べながら僕の首に僕が貸していたベルトをかけ、さりげなく返却したJさん(ジャムサンドジャザー)。
話に夢中になっていたため、とりあえず返却されたベルトはマフラー形式で首に巻いて見た僕。ベルトの端っこを笑顔で引っ張ってみる後輩A君。一瞬白い世界が見えた。


宿題をやろうと家に帰った。帰ったはいいが、みたらし団子をゆっくり食いすぎたり、『ラブジェネ』…いや松たか子を鑑賞したり、でちゃっかりちょいちょい施設の仕事をしたりでバイト出発20分前となっていた。昼寝開始。起床。出発。

バイトでは店内整備のあと、『ところてん』ってのをやった。簡単に言えば『値下げ作業』です。パートナーは…Y君(自分を見失う男。)
Y君「ヨネ、手伝ってってば!!」
いきなり『てば』はねぇだろ。
Y君「ここに服があるじゃん。ところてんやるから、ヨネこっちの端からやって。」
ヨネ「あ、じゃあここからね。」
Y君「ちょ、ちょっと待てよ!!だーかーらー!!ここまでは店長がやってくれてんじゃん…」
『だから』の使い方間違えてるよ~!強いていうなら『しかし』です。
ヨネ「すみません…」
さらに調子づかせようと低姿勢な米田。
Y君「で、札見て切って、値下げして。防犯装置にも値段書いてあるから付け替えて。」
ヨネ「え?あ、わかった。あれ、防犯装置外れねぇ…」
Y君「何やってんだよ!!…ほらよ。」
あ、これはマジで僕のミスだわ。
Y君「じゃあオレ休憩行くわ。」
今日は自己中キャラか(笑)

ダンスサークルでは『いじられキャラ』、山岳部や昔入ってたスポーツ新聞会では『いじりキャラ』の僕。バイト先ではどうしようか迷ってます。幼稚園の時は『ガキ大将キャラ』、小6の時は『かっこつけキャラ』、中2では『究極のサブキャラ』、中3~高1は『ツッコミキャラ』、HGブームに沸いた高2では一時『ゲイキャラ』もこなした。なんかまた新しいのやりたいな。『爆弾キャラ』とかどうだろう。事あるごとに爆発するの。

また外人のお客さんが来店。前とは違う人。服を試着したいと英語でいってきたから軽く
「Yes.You could.(どうぞ)」。
今日は行ける予感。
外人の方は僕がある程度英語が通じると分かったからか、しきりにこちらを見ていた。
ヨネ「May I help you(いらっしゃいませ=どうかしましたか)?」
近くにいたY君とBさんが、
「うわっ!ヨネが英語喋ってるよ!さすが〇〇大学…。」
と言ってる。いや、『いらっしゃいませ』って言っただけなんだけど(笑)
外人さんは自転車がどうこう言ってる。とりあえず指を指してる方向へ「Yes,sir.(かしこまりました)」といって向かった。今度は歩きながら、プライスがどうこう。なるほど、値段を知りたいのね。今日はオレ、テンパらないから。目の前には自転車が3台。
「You want?Which bike?(あなた欲しいの?どのチャリ?)」





文法壊滅www
しかし、外人さん。
「This one.(これだよ。)」
つ、伝わるんだ(笑)
異様にその後はスムーズな会話が繰り広げられた。やべぇ…英語メチャンコ楽しいよ。文法なんていらないのね(笑)

彼がレジに来る前にBさんと休憩。一緒にコンビニに向かおうとレジの前を通ったら、例の外人さんがレジで会計やっとる。レジはK店長。果たして、彼の英語やいかに…。




「こちらサイズと状態の確認はよろしいですか?カードはお持ちですか?お会計〇〇円になります。〇〇円のお返しです。ありがとうございました。」
純日本語フゥ~!!!

休憩後はほかの支部から社員の方が来たみたい。なんか店長が仲介してくれ、僕を紹介。
ヨネ「米田一弘と言います。どうぞよろしくお願いします。」
店長「こいつ一番新人。〇〇大学。まぁー頭はちょっとイカれてるけど。」





『バグキャラ』か…悪くないな(笑)


またあっという間に時間がすぎた。レジ業務にも慣れたし、楽しい空間です。閉店後、みんなで休憩室に引き揚げた。
店長「おい、ネダ!!」
いいかげんその呼び方やめませんか?『ヨネ』の方が呼びやすいって気付いてますよね、絶対(笑)
ネダ「はい?」
店長「お前シフト票、これなんだよ?!」

シフト票ですけど。

店長「お前面接で、『土日はどっちか必ず入ります』って言ったじゃねぇかよ。なのに6/7も6/8も休み希望じゃねえか!!契約不履行の場合は2ヶ月で解雇だからな!」
ネダ「いや、僕は面接では『土日は…どっちかは出たいなと思ってます』って言いましたよ。あくまで理想ですから(笑)」





『口答えキャラ』もええな(笑)



明日はバイトなしで、終日ダンスの全体練習や月例会です。絶対盛り上がる。ブログ炎上するわ。で、悩んでる事が一つ。なんか連盟系列イベントにうちのサークルの集合写真が必要で明日撮るらしい。みんななんかしらの衣装着ろってさ。僕…スワット(連盟仕様)じゃダメかしら(笑)ちょうどその時使ったブーツをI先輩(ギリギリ履修申告完了男)に高値で売る事になってるし(原価は8000円。なのにうまくいけば7000円で買ってくれるらしい。ま、思い出代って事で。)、スワットの衣装とか今後絶対着ないし。ただ…空気次第なんだよね。どうしよう、全体集合でM先輩(鬼ロッカー)あたりがキレてピリピリした中の撮影だったら…スワットとかマジKYだし。
一応大量の着替えと、スワットの衣装と、予備として10/20の学園祭で使ったシャツをカバンに詰めた米田一弘。万が一の事を考えすぎて荷物がかさ張りまくり、旅行バッグを用いる事にした。明日、いろんな意味で楽しみです。

起床したまではツイてた日
一限のチャイ語は休講。今日は二限のマーケティングマネジメント論だけという夢のような日だった。朝も早く起きて英語の勉強したし、いまのところ2008年上半期ベストの滑り出し。これで電車で隣りに座ったのが松たか子だったら最高だ。

松たか子はなぜかいなかったけど、二限には遅刻する事なく着いた。いつも一緒にこの授業を受けるR君(シャイニングブレイカー)はまだいない。最前列で待った。向かって左のドアからO先生登場。‘あちゃ~R君遅刻かよ~’と思ったら、向かって右のドアからR君入場。ってお前ら一緒に来たみたいじゃねぇかよ(笑)
僕を見つけるなり僕と一つ間を空けて着席…ではなく普通に隣りに座ったR君。先生を指差して言った。
R君「あいつと一緒に来ちゃったよ。」
嘘つけ(笑)
R君「俺たちの関係はみんなには内緒だから(笑)」
ん、それは趣が変わってくるよ?www
ヨネ「今日は珍しく来るの遅かったね。」
R君「うん、朝起きたらね…ビックリした。」
ヨネ「普通に『寝坊した』っていえよ(笑)」
R君「朝起きたらビックリしたんだよ!で、O先生起こして…」
ヨネ「それもういいから(笑)」

相変わらず授業はクソ真面目に受け、おまけに互いに気になったところを確認しあった僕ら。普通な流れでたまりへ。もうメンバーはだいぶ固まりつつある。T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)は僕を見るなり、
「おーヨネー!!どうした?今日の服おしゃれじゃん?!」
『どうした?』ってお前(笑)
たまりでは後輩で誰が一番かわいいかとか、T君のバイト先の新人がミスを隠すから困るとか、Nさん(連盟に出たジャザー)が「ヨネって女心わからなそうだよね…」とリアルトーンで言ったりしてまたまた大盛況。清々しい気持ちで昼休みを終えた。「今日は二限までだからこのあとダンスだぁ!!」と三限に社会科学概論(例のヘド授業)を取っているにもかかわらずいってのけたT君と、集会室へ。

体調はあまり優れなかった。しかし、バイトと宿題に追われ、最近満足に踊る時間が取れないため、僕には踊るという選択肢しかなかった。
調子がよかったのは柔軟だけ。しかし、ポップやブレイクも織り交ぜ、なかなかいい時間を過ごした。T君は7月のクラブイベントのロックのコマ責を務めている。同じくコマ責のM君(超毒舌ご意見番)もM君(若武者)も、本当に長い時間を掛けて少しずつ丁寧に振りを作っていっている。T君は思い詰めた表情で僕に言ってきた。
「ヨネさ…ここの振りちょっと考えてくれない?」
僕を必要としているのは家で食事を待つ3匹のカメだけ。久々に哺乳類からオファーがあった。
どうやら、中腰の姿勢からなんとか普通の体勢に持っていって幾つかポーズを決めたいらしい。『スクービードゥー』を入れる事を提案したら、
「あーなるほど。それ頂くわ!!ありがとう」
とまさかの好評価。19:30からのコマが楽しみだった。
S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)が入室。
「おはよう!!おはよう!!おはよう!!…………。おはよう!!おはよう!!」
と僕以外のすべての人に笑顔で挨拶していた。そのキラーぶりの割に、ダンスは本当にいつも丁寧に指導してくれるS先輩。最近テーマとしている、『クロスハンド』の猛練習に付き合ってくれた。
しかし、すでに2枚のTシャツを汗でビショビショにしており、飲み物を紙パック1.5本分飲んでいた僕。体調不良により一時外に出て休憩した。
5分ほどで、止まっている自分がいたたまれなくなり練習再開。あっという間にブレイクのコマが始まった。振りが入った。夏合宿でコマを1時間で切り上げたあのコマ責・T先輩が「やばい」と苦笑いするここまでの進み具合。足を引っ張らないよう頑張りたい。

ロックのコマ。T君が腹筋で動かなくなり、Y君(省エネロッカー)が終始サボっていた筋トレのあと、これまで入った振りを確認した。で、一年生をグループ分けして振り入れ。僕ら上級生は後ろで何だかんだ踊るというスタンスに。
T君が一年生に振りをいれている。あ、中腰の姿勢だ!!僕はY君を呼び止めた。もちろん「アレ、オレの振りだぜ!!」と自慢するためだ。
中腰から…え……あれ………ははは………




僕が提案した振りが激しく変わっていた。というかもはや跡形もなかった。
彼が作る振りは、「オレ5ジャンル出るから覚えやすい簡単なのにして」という僕の願いに反しおしゃれで流れのある感じ。S先輩とK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)も「T君らしいよね!」「かっこいい!」と称賛。チラッと僕を見たS先輩。
「そういえばヨネの振りで踊った事ないなぁ。いつか踊ってみたい」
とのこと。8カウントですよね?僕なら…

『トゥエル』

『ダブルロック』

『ダブルロック』

『ダブルロック』

『ダブルロック』

『ダブルロック』

『ダブルロック』

『ダブルロック』
ですね。いつかやりましょう、米田ロック。あ、僕は嫌です。

結局昼から踊った僕は、Tシャツ4枚をビショビショに。んで3リットルの飲み物を消費。馬鹿か。
Jさん(ジャムサンドジャザー)にズボンのベルトを貸したまま集会室を後にした。

帰りの電車でM君(超毒舌ご意見番)から電話が。電車を降り掛け直すと、
「ヨネ、お前『差し替え』したの忘れて帰ったべ」
しまった…。戻ろうかと思ったが電車はしばらく来そうにない。M君は残念ながら僕を必要とはしなかった。電話を切った。ホームには誰もいない。おまけに自動運転装置のついたエスカレーターが止まった。なんなんだこの空虚な感じは…。

あまりに寂しかったから、何はともあれエスカレーター付近にまで行き、エスカレーターの運動を再開させるオレ、米田。より一層寂しい展開となった。

家に帰って、せめて今日の自分の頑張りだけでも伝えようと兄と話した。
ヨネ「今日超練習したよ!!Tシャツ4枚汗でビショビショ!!で、飲み物も4リットル飲んだ!!」
兄「おー、一弘頑張ったね。4リットルかぁ~。飲んだね~。」
ヨネ「あ、飲んだのは3リットルだった。Tシャツは4枚使ったけど。」
兄「あ、なんだ3リットルか…」



現実は厳しい。悲しみは絶えないから、小さな幸せに気づかないんだろ。


明日は学校のあとバイト。間に軽く踊れればいいけど…ま、無理だな。5/30、6/1に借りようとしてる有料施設、予約申請はしたのに向こう側が返信くれなくて困ってます。でそのせいで代表のM先輩(鬼ロッカー)も困ってます。最近、代表副代表は言うまでもなく、ほかにも二年のコマ責は「振り作るの大変だよ…」「練習したいのに出来ない…」「てかみんなちゃんと振り覚えて来てよ…」とかって悩んでるのを感じます。で一年生も一年生で、「イベントの練習大変だな…」「友達と思ったより話せない…」「ダンス、自分だけ下手だ」とかって思ってるのも察してます。んでなにより今は自分も施設の事で手も頭もいっぱい。みんながいろんなものを抱えて、我慢してる気がこの上なくなくしますが、それだけに本番は連盟系列イベントもクラブイベも爆発する予感。僕は僕で、出来る事をやります。で余裕があれば、S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)やM先輩(鬼ロッカー)といっぱい絡んでいじられまくろうと思います。

~名言~
話したいことが幾つもある あの頃の僕に会えたら
たとえば迷いながら選んだ道の たどり着く場所について
伝えたいことは他にもある あの頃の僕に会えたら
たとえば信じていた事の正しさと その過ちについて
それから不安を胸に映し 怯えたあの夜の闇も
たとえばありもしない夢に 紛れて逃げた事も

byさだまさし(さだまさし・小田和正共同制作『たとえば』より)


■READ MORE■

~名言~
悲しみは絶えないから 小さな幸せに 気づかないんだろ
by小田和正(本人作詞の『たしかなこと』より)


■READ MORE■

自分を見失う男、Y君
すごく反省しとる。今日の授業、全部無駄にしたわ。

英語の予習はパッタリできなくなった。睡眠時間的には5時間はとれたんだけど。やはり体調がすぐれない最大の理由は、バイトのシフト入れまくりにありそうです。

二限の英語リーディング。授業中にパソコンを使ってCSR(=企業の社会的責任)について調べる。GAPやEUなど、グローバルで活躍する会社や政府や事業がターゲット。授業を25分残しで、今日のノルマは終了。ゆっくりと仕上げにかかる前に、『てか米ブログ』とミクシィのチェックをした。すると…

画面フリーズ。カーソルが自然に滑るように右から左へ。さらに『てか米ブログ』が勝手に最小化。おい、どうなってんだよ(笑)
フリーズは続き、僕は右クリックを駆使し、開いていたワープロとウェブを10分かけて閉じた。残り時間10分。こんな状態で調べ事なんて出来ない。
シャットダウン。まるまる10分かかった。B先生が見事なまでに暇そうにしている僕をチラチラ見ている。事情を説明しなくては。
「I'm sorry.My computer was broken.I couldn't link the web page.So I turned down computer.(よ!久し振りだな。会いたかったぜ。あ、すまんな。オレのパソ、バグっちまっただ。なんかウェブ繋がんねぇんだよ。だからパソ、切ってやった。納得いかないからかかってこいよ。言っとくがオレ、武道の精通者だからね。柔道初段、空手二段、ボクシングに至ってはコーチのライセンスまで持ってるんで。)」
といったら納得してくれたけど、実際ラスト数分は暇で仕方なかった。

昼休みは施設係として一年生にメーリスを流し、アンケート結果を書き出していった。昼食は抜かずにすんだ。
しかし、これで力尽きたのか、3限の地域文化論、4限の哲学は爆睡。マジやばい。両方とも追加申告したヤツだから、ただでさえ一回目出てないのに。

リアルにヘコみながら電車に乗って地元のバイトへ。途中で、施設係の仕事をやり忘れた事に気付いた。交渉で変更になったヤツを帳簿に書き込まなくちゃいかんの。ま、明日とかでいいけどさ。

バイト開始。メンバーは昨日と同じようにR君(一緒に英語で接客した‘年下の先輩’)とY君(外人を見ただけで頭痛になったリアル英語嫌い)、んでもってK店長とT君という新人。店長は僕と入れ替わるように店を出た。なんか別の仕事があるらしく、今日は店に店長も副店長もいないという異例の事態です。R君が総指揮をしてくれるって。

指示通り、アロハシャツのグラデーション(色分け)をした。アロハシャツって一色じゃないから、かなりメチャクチャな感じに並べてあり、大変そうな作業だった。お客さんが来た都合で、僕はY君とともにボディボードを長さ順に並び換える事に。正直、嫌なんですよ。ボードは棚にパンパンに入ってるから出し入れ大変だし、それに…。
ヨネ「うわぁ、マジ大変そうだな。上に置いてあってどれが長いのかわからんから、まず全部下ろしてみようか?」Y君「あ!?何?!」
ヨネ「下に下ろして順番決めて、端から並べていけば仕切りとかも組み替えられるしさ。」
Y君「あ!?」
なんでY君、仕事中いつもキレ気味なんだろう。
ヨネ「じゃあここから下ろしていい?」
Y君「あ!?待て待て待てよ!!!何やってんだし、マジで。チクショ、高くて長さ比べられねぇよ…」
いやだから下ろすんじゃん(笑)
Y君「だから下ろすなって!!クソッ、めんどくせぇな…。じゃあそこの青いヤツと黄色いヤツを入れ替えて。オレここ押さえとくから。あ、なんで抜くんだよ!!?」
入れ替えろっつったやん。てかY君…




自分見失いすぎwww

抜群にチームワークが悪く、一旦休憩する事に。R君一人を残し、僕はY君とT君と食事をとった。ま、僕は何も食ってないけど。ここに来る前家でコーンフレーク食ったからさ。R君もY君も元野球部らしく、その話で盛り上がった。昔、送りバントで指を骨折したY君は、一塁には知らず痛がってそのまま試合を中止にしたんだって。これぞ『試合を終わらせる送りバント』。神業っすな。
一方T君はキャッチャーをやってた時、ファールチップが股間にミートした話を披露。一二年生がその日はいなかったから、彼はその裏、内股でバッターボックスに立ったんだって。

休憩終了。R君と入れ替わった。レジをY君に任せ、僕とT君でボード整理に再チャレンジ。T君はバイトも僕より日が浅いし、年も一つ下。基本的に僕の言う事にしたがってくれた。まず15個ボードを下ろして、3つずつの組に分けその中で一番短いものを出す。5個の中で一番短いものを棚にあげたら、それを取り出した最初の組からまた一番短いのを取り出し、また5個の中で一番短いのを…を繰り返す。僕が咄嗟にひらめいたこの『トーナメント式』(?)は、一度に15個を比べずに済むなかなかいい方法。T君との相性も悪くなく、着々と仕事をこなせた。ボディボード完成。
アロハシャツもグラデーション完了。清々しく仕事を終えた。
ここで残念なお知らせがあります。Y君、この仕事やめちゃうって。僕、決して好きなタイプではないけど、彼がいればブログ盛り上がると思ったんだけどなぁ。つーわけで、送り出す意味を込めて、昨日Y君とやったスポーツウェアの整理の様子をお送りします。
Y君「ヨネ~。これやろうぜ。」
ヨネ「何やってんの?」
Y君「ここにかかってる服は全部『その他』のウェアなんだよ。」
ヨネ「あ、これ全部?」
Y君「あ!?ちげぇよ!!ここからここまでだよ!!」
『全部』って言ったじゃん(笑)
ヨネ「でこれをどうするの?」
Y君「あ!?そんなんも分からねぇのかよ!!」
…いや、分からないでしょ、フツー。説明してよ(笑)
Y君「だーかーらー!!この棚にかけてある服は上が『バスケット』用で、下が『サッカー』用と『野球』用なわけ!でもこれ以上入らないべ!?だからこの『その他』をどこにやればいいのかなって悩んでんだよ。」
ヨネ「そっちの棚に詰めていれちゃダメなの?」
Y君「そっちの棚はジャージ用の棚だからダメだね。」
ヨネ「じゃあやっぱこの棚に詰めて入れるしかないか…。」
Y君「ちょっと待てよ!!詰めて入れたら見づらいだろ!?」
ヨネ「でもなんとかしてこの『その他』を入れなくちゃいけないんでしょ?そっちの棚には入れちゃダメなら、こっちに入れるしかないやん。とりあえず、詰めたらどれぐらいになるか見たいから詰めてみようぜ。」
Y君「ダメだよ!!!!見づらくなるじゃん!!!」
ヨネ「でも入れなくちゃいけないんだろ?」
Y君「だからそうだっていってんじゃん!!!店長にそう言われたんだよ!!」
ヨネ「で、そっちの棚は入れちゃダメで、入れられるとしたらこの棚しかないんだろ?他に案がないんだったら、とにかく試しに入れてみようよ。」
Y君「あ~もうダメだダメだ!!!クソ!!ムカつく~!!」
だから・・・


自分見失いすぎwww




あ、週刊プロレスのモバイルサイトのニュース記事に、僕の意見が丸ごと掲載されました。とある団体でシングルのリーグ戦が開かれて、その参加選手をファン投票で決めるヤツだったんだけど。いやぁ載るものですね。また暇があればやってみよ。そういや最近プロレス見に行ってないな。7月はクラブイベとテストで行けないだろうから…6月勝負に出ますかね

店に初貢献
今、僕が通学で使ってる電車の会社がキャンペーンを実施している。定期を機械に当てると、1ポイントずつたまっていって、30ポイントたまると抽選で一日乗車券かなんかがもらえるらしい。ポイントは一日1ポイントまでで、期限は5/31まで。んで今僕のポイントは7。頑張ろうと思う。

一限の経済学受けに学校へとチャリをこぎ始めたオレ、米田。小雨に強風というアンバランスな天候が僕を襲った。傘をしならせながらなんとか漕ぎ続けたけど、途中でついにチャリを引いて普通に歩く事に。こんな事は初めてだった。傘を持つ右手首の力が限界に達したこと、僕のお気に入りの白シャツを泥跳ねが襲ったことによる苦渋の決断だったが、授業には遅れずにすんだ。
悪天候の中、休校にはならなかった。クラスメートのT君と共に授業を受ける。産業連関表、面白いけど難しい。
さらに二限は統計学。この時間、結構辛い。内容がクソ難しく、教科書はもっと難しいからだ。これは…単位逃げるよ(笑)ま、去年の微積のピンチを凌いだ僕なら何とかできなくもなさそうだけど。
隣りのT君、TS君も滅した。テスト前、勉強会を開くと決めお開き。T君とTS君は昼食をとりに食堂へ、僕は地元のバイトへと向かった。

地元の駅に着きチャリで直接向かった。途中、行きと同じところでまた泥跳ねを食らった。服を見てみた。尋常じゃないぐらい泥だらけになっていた。オレは小学生か(笑)

結局一旦家に帰ってから出直した。バイトではレジをちょいちょいやってみた。クレジットカードさえ出されなけりゃ、もう大丈夫です。下手に緊張することもない。買い取りの受付にも挑戦したし、お客さんと少し話したりした。18:00ごろだっただろうか。
客「あのすみません。」
ヨネ「はい!」
客「このお店は何時までやってますか?七時?八時?」
ヨネ「あ、夜10時までです。」
客「え、そんなにですか?すみません(笑)」
何がだ。
ヨネ「いえいえ(笑)こちらこそすみません。」
何がだ。
「ごゆっくりご覧下さい」と言って、その方をトイレに案内して差し上げた。僕はしばらく仕事をして45分の休憩。いつも仕事を教えてくれる一週間先輩のY君と、今日初めて会った12月のオープンからバイトで入っているR君(一つ年下)と夕食をとった。休憩後の20:00、レジに入った。さっきのお客さんが購入しに来た。ごゆっくりしましたねぇ~(笑)
店内整備をしに回った。じっくり見ると、ハンガーにかかった服で出っ張ってるものがあった。丁寧に直していった。お客様が購入しようと目印で出っ張らせていたそうだ。ちょいと謝った。

そうだ。あれは13:30ごろ。「サーフボードの立て掛けてあるところに、ボードの名前とサイズと値段が入った値札をつけろ」
とK店長に言われたのよ。あのゴリ押し店長です。ボードの名前なんて、書いてある場所はまちまちだし、ボードも値札もそれぞれ20近くあったため、Y君(僕よりバイト経験が一週間ほど長い。タメ。)と一緒にやってもなかなかはかどらない。僕は値札を料金順にして、料金ごとに照らし合わせる自分なりの方法を発掘。しかし、値札を料金順にする僕を見た店長は、
「お前何やってんの?ボードは長さ順に並んでるんだから料金順じゃなくて長さ順にしろよ。ホントお前は能無しだな。」
ちょっと来い。久々に一発かましたる。元ヤンキーだかヤンキースだか知らんけどんな事関係ねぇ。まわりのみんなには内緒にしてるけど、オレ地味に武道の精通者だからね(笑)柔道初段、空手二段、ボクシングに至ってはコーチのライセンスまで持ってるんで。そんじょそこいらの奴には負けましぇん。あんま舐めると後悔するで。
僕も僕でごり押しして、自分のやり方で作業を続けた。Y君は嫌々ながら店長のやり方に従い、ボードと札を照らし合わせた。どっちが早かったと思います?僕です(正解早っ)。彼が一つも見つけてないのに、僕は一分に4つも見つけてたからね。店長のアドバイスには致命的な事が一点あったの。




ボード、長さ順になってなかったのよね(笑)いやぁ意外な展開。僕もそれは読めなかった。

で、20:30。黒人のお客様が5、6人ほど来店。
「コンニチハ~」
となかなかにこやかな人達だった。しかし、店内にいた僕、R君、Y君は膠着。誰がレジをやるか、それが問題だった。お客さんたちはどうやら挨拶ぐらいしか日本語が通じないようなのだ。英語リーディングか。

大学に行っているのはスタッフの中で僕だけ。トークは僕に託された。R君に言われ、Gパンの分類をしていた僕だけど、外人さんがなかなかレジに来ないから全く集中出来んかった。
‘えーと。最初の言葉は『いらっしゃいませ。サイズ状態の確認はよろしいですか?』だから…『Can I help you? Did you finish checking these size and condition?』だよな?’
そんな事を考えていると、僕のもとにY君が飛んで来た。
「ヨネ!!助けて!!外人さんがなんか言ってる!!何いってるか超わかんねぇ!!」
とY君。僕はお客様のもとに行き勇ましく
「What matter with you?(どうされました?)」。
お客さんはゆっくり品定めしたいのか、
「Is this shop closed soon?(この店はもうすぐ閉まるの?)」的な質問をして来た。20:45の事だった。
この質問は今日二回目。言いたい日本語はすぐに浮かんだ。『10時に閉まりますので、ごゆっくりご覧下さい』だ。英語は聞くのも喋るのも得意じゃないけど、僕だってだてに大学にいってない。出た言葉が…





「NO.」
…。あまりに簡潔だと思い、付け足したのが…




「10P.M.」
…僕英語もっと勉強しますわ(笑)

ついにレジに外人さんが来た。カゴ4つ分ぐらいの大量購入な上、誰がお金を払うかとか、どれを同じ袋に入れるかとかを細かく指定してきた。そんな時、店長がレジに来た。助かったぁ!!!







外人とは目を合わせず、静かにレジで事務作業を開始する店長。おーい!!
結局かなりテンパったけど、最後に「Please come this store again.(またこの店にぜひ来て下さい)」と言ったら「Yes!!」と笑顔で言ってくれてたからよかった。ほんとはあんな中学英語じゃなくて、「I'm not good at English.And I'm sorry for us to cause you so much trouble.(英語苦手なんです。煩わしい思いをさせてすみませんでした)」ぐらい言いたかったもんだけど。まぁいっか。

てわけで、今日は初めて店に貢献出来ました。閉店間際のBGM『蛍の光』も僕が流せたし、スタッフともお客さんとも自然に話せるようになって来たし。楽しかったっす。

最後に一言。
『ちょっと来い。久々に一発かましたる。元ヤンキーだかヤンキースだか知らんけどんな事関係ねぇ。まわりのみんなには内緒にしてるけど、オレ地味に武道の精通者だからね(笑)柔道初段、空手二段、ボクシングに至ってはコーチのライセンスまで持ってるんで。そんじょそこいらの奴には負けましぇん。あんま舐めると後悔するで。』
…なんのこっちゃ(笑)

■READ MORE■

初の、冷蔵庫品切れ
さきほど米田家の冷蔵庫にあったすべての飲料が飲み終わりました。そしていつも烏龍茶やら麦茶やらがあるスペースにあったものは・・・





ポン酢。

米田家、絶滅か。

これ、寸止め?
二限の美術から。またイギリスの絵画について学習。プリント忘れたから授業前に先生に直談判してもらっちゃいました。もう絵については知り尽くしたので興味はなかったけど、ちゃんと受けた。授業後の小テストに向けてメモも取った。今日は小テストはなかった。

昼休み。まず施設係の仕事をしに受付へ。6月の施設獲得状況の確認と、ほかのサークルの施設係の連絡先を増やした。いつでも交渉できるように、ネットワークを拡大したのだ。
三限の英語コミュニケーション。先ほどメモした連絡先に施設の交渉メールを打った。昼休みが終わった。休めていない。飯、食ってない。
授業ではテーマである『クローン人間に反対か、賛成か』を話し合った。紙に書いたのを見ながら意見を交わした後提出。で、今日の課題は『家庭内暴力はなぜ問題になっているか』。…テーマ重くね?

授業終了後、集会室へ。I先輩(ギリギリ履修申告完了男)のポップゴマを受けた。メンバーは後輩Nさんと、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)ら。ポップの技である『ヒット』には、いわゆる『寸止め』の力がいるのだとI先輩がNさんにレクチャー。
I先輩の解説が聞こえやすいように、曲の音量を調整するためにデッキを操作していた僕。先輩が呼んだ。
I先輩「ヨネ~!ちょっと来て~」
ヨネ「はい、なんでしょう。あ、音はこのままにしますね。」
I先輩「ちょっとかがんで。んでここに顔やって。」
ヨネ「あ、はい。こうですか?」
I先輩「いい?Nさん。ヨネってすげぇ殴りてぇじゃん?でもこれを…こう!!こう!!こうやって寸止めすんだよ。」
ちょいちょい実演し、僕の顔面間近までチョップを繰り出すI先輩。
I先輩「Nさんもやってみ。ヨネ、Nさんの手の付近に顔やって。」
ヨネ「てかこれ顔じゃなくてもよくないっすか?手でいいですよね?Nさん、じゃあ手を置くからね」
僕の手に向かって寸止めのチョップを放つNさん。3回に1回ぐらい普通に当たっていた。

ポップゴマが終わり、リズム練をしていると、どうしようもない眠気に襲われた。どうしようもなかったから眠る事にした。集会室で寝るのは“踊りに来たんだから踊れ”という思想に反するから、これが初。目が覚めると、M君(若武者)は寝る前同様コマ責として立ち位置や振りを考えていて、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)とJさん(ジャムサンドジャザー)は連盟系列イベントのダンスの振りを練習していた。
僕も踊りたい。曲がすでに始まっている中、僕は出番のところまでに着替えを済ませようと服を脱いだ。出番は4×8カウント目。上半身を脱ぎ終わった時点で3×8カウント目に入っていた。若武者の
「そのまま行け」
の合図で僕は上半身裸で踊った。そしてなぜか本職であるロックパートは踊らず、次のジャズパートを踊り始めるT君。僕の寝ている間に何があったんだ…。

T君は10分程でジャズパートの振りを覚えた。そしてJさんと一緒に踊っていた。
「T君、まだまだだぞ!!まだT先輩(桜先輩)と並んだぐらいだ!!笑」
と言った僕に、
「全然並んでねぇしwww」
と笑うT君。こういう素の風景をビデオに撮っとくと面白いんだけどな。


今日は実は集会室が取れていなかった。ここを正式に使う権利を持つ他団体が来て、差し替えた。僕らは来往舎へ行くことに。僕はその時メディアセンターのパソコンで、有料施設の予約申請をしていたから、一時僕のGパンが消えるという事件に巻き込まれたが、僕以外の人は誰も慌てず、結局後輩S君が預かっていてくれたという地味な展開に。

後輩S君には、今日リズム練を指導してくれと頼まれていた。やりましょう、どこまでも。指導しているうちにだんだん後輩S君、Sさんと受講生が増殖し、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)がサポートしてくれたため、コマみたいになった(笑)その後は19:30からのコマに向けた振り確認をさらに人数を増やしてやった。
S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)のコマが始まった。基本技の練習に多くの時間を使ったが、ちゃっかり振りも入った。音ハメ(『ガチッ』という音には『ガチッ』という振り…というように、曲に合わせた振りを踊る事)のよさが光ったS先輩の振りは、覚えやすくかつ凄く好感が持てた。下手したら今まで踊った中で一番好きかも。今日はもう一人のコマ責であるK先輩(キラーな面を持たない、ちょんまげイケメンポーズ伝道師)がいなかったため、S先輩は僕をいじる事はなかった。そして上級生の数も少なかったため、M君(超毒舌ご意見番)もM君(若武者)もT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)も大して僕をいじらず、純な笑いでコマを盛り上げた。…………え、今日オレいらない日?

家に帰って、今後の自分の方向性について考えながら食事をとった。
明日は1、2限受け終わった45分後にはバイト。稼ぐで。んで、休憩室で宿題やって、ダンスの練習して、閉店間際の店内BGMの『ほたるの墓』はワシがかけたるわい!!

返事
ダンスの自主練中のシーン。僕の回りにいたのはY君(省エネロッカー)とMさん(鬼神)。
Y君「ヨネさ…」
ヨネ「ん?」
Mさん「何?」
Y君「振りってこれであってる?」
ヨネ「あ、そうだよ。」



…なんでMさん、『ヨネ』で返事したんだろう…

意見交換を店長に求む!
‘明日も全体練だ。頑張るぞ’。そう思って床に就いた5/18、AM3:30。その30分後、俯せになって眠りについていた僕を金縛りが起こした。久し振りである。もともと金縛りとは精神や肉体の疲労から生じるものらしいが、今回は霊も見えたし、声も聞こえた。
俯せになった状態で、上から物凄い力で背中を押し潰されていた。手の感触があった。僕は人と話すのは緊張するが、霊や幻覚に関しては恐怖がない。冷静に心の中で
「君の顔が見えないから、枕元に来て顔見せてよ」
と提案してみた。すると霊さんは…

「耳舐めるぞぉー。」
…めんどくさそうだったからしばらく黙ってみた。金縛りが解け即座にまた寝た。
するとまた俯せで金縛り。背中をマッサージするようにゾワゾワ振動をかけてくる霊。そして霊さんが一言。
「本当の気持ち言ってみろ。」
寝ぼけていたためか、僕は誰にも明かしていない気持ちをあっさり打ち明けた。金縛りが解けた。なんだこりゃ(笑)でもなんかこの金縛りに限っては、助かったかな。
また眠りについたらさらに金縛り。「―な者に裁きを―」と言っている霊。声が小さくて一番肝心なところが聞こえない。ただ、枕元に突然ロウソクの火と神秘的な光が見えた時はさすがにビビった。


なんだかんだで怖くなって、金縛りが終わった後、一時的に眠れなくなった。このことをブログに書こうと、忘れないように出来事をメモって、また床に就いた。‘まだ何かあるかもしれない’と、一応俯せになろうかと思ったが、やめておいた。

全体練習は11:30から。10:45に着くなり、まずはコンビニで昼食購入。店を出たところでMさん(鬼神)に遭遇。擦れ違うようにコンビニに入ったMさんと挨拶を交わし、歩道を歩き始めた。すると、今度はM先輩(鬼ロッカー)やY先輩(韓国海苔風チョコレートのパイオニア)率いる計四名の先輩方。コンビニ入店。
いつもはそんなことしないけど、なんとなく大勢で集会室に向かいたくなった僕は、コンビニ前で待つ事に。Mさんが店から出て来た。
Mさん「ヨネ、何してんの?」
ヨネ「いや、みんな入って行っちゃったからさ。待とうかと思って。」
Mさん「フッ。ヨネって女の子みたいな事するんだね(笑)」
ヨネ「え?てか今鼻で笑ったよね。まず謝ろうか(笑)でどの点が女の子?」
Mさん「いや、一緒にトイレ行くみたいな習性www」
男の意地を見せようと、M先輩たちを待つのをやめた僕。そういえばMさんとまともに話すのは少し前のポップ練習以来。あの時は、なぜか『米田』って呼び捨てにされたっけな。で、昨日(5/17)は『米田さん』って言われたし。
集会室まで話しながら歩いた。
Mさん「最近寝不足で辛いんだよね…」
ヨネ「マジで?何時間睡眠?」
Mさん「んー…………………………。」
ヨネ「考え過ぎじゃね?アバウトでいいよ。実際そこまで精密なデータは興味ないから(笑)」
Mさん「8時間ぐらいかな」
ヨネ「怒るよ(笑)オレ今日は多めで5時間だからね(金縛りを考慮すると4時間半)。Y君(省エネロッカー)なんて6:00に寝る事あるらしいよ。」
Mさん「やばすぎる(笑)じゃあ私寝過ぎなのかな?」
ヨネ「知らないよ(笑)あ、集会室人いっぱいいる?」
Mさん「ヨネって松たか子好きなんだよね?」
ヨネ「オレの話聞いてる?」
Mさん「松たか子、かわいいよね。」
ヨネ「あ、わかってもらえる?あー嬉しいわ。」
Mさん「いつから好きなの?」
ヨネ「ドラマの『HERO』って知ってる?」
Mさん「は?知ってるに決まってんじゃんwwwあれ知らない人なんていないよwww」
ヨネ「なんでイチイチあざけ笑うの?普通に『知ってるよ』でいいじゃん(笑)あ、でその宣伝番組で、慎吾ママの『おっはーは世界を救う』って奴があって、それに松たか子が出たんだよ。ちなみに、オレ家では松たか子のこと『まっちゃん』って呼んでるから(笑)」
顔はかわいくて癒し系と評判のMさんは相変わらず毒舌で、僕の気持ちを考慮する気配すら見せないが、やはり話しやすかった。Mさんは、クラブイベントのポップの振りをみんなに教えるのを担当している。練習後、「新しい振り入った?」と聞いてみたら、「入ってないし、もし入ったとしてもヨネには教えない(笑)」だって。独学かぁ…って振りを独学って不可能じゃねぇか!!


集会室についてそばを食ってるK君(飲み会ハッスラー)にわさびが入りまくったソバ湯飲まされて、全体集合がかかった。K君と、1年のロッカーの付近に腰掛けた僕。最近コマとか集合とかで、何かしらおしゃべりして迷惑をかけてしまっていたから、今日はすべてシャットアウト。しかし、出席確認で僕が呼ばれなかった時のK君と一年ロッカーの喜びようには思わずちゃんとリアクションしてしまった。
その後連盟系列のイベントの練習開始。僕らロッカーが踊り始める前、一年生の大半と数名の上級生が走って舞台を横切る演出がある。あくまで‘演出’だ。M先輩(鬼ロッカー)も「あくまで目立たないように無駄なく出入りして下さい」とランナーたちに忠告。ランナー隊にはR君(シャイニングブレイカー)がいた。嫌な予感。
合図と共に走り出すランナーたち。大してスピードを出していないのに「ウォー!!」と叫ぶR君。台無し(笑)
今度はなぜかR君が隊の先頭に。ますます嫌な予感。低い姿勢からのヘッドスライディングを決め爆笑を取ったR君はご満悦。とても昼前とは思えない。

ユニゾンの振り確認。42名もの上級生が一挙にステージに立つ。3つのグループに別れ、最後発表しあった。僕やM君(超毒舌ご意見番)は1番最初に披露。続いて2番目の組。R君登場。ブレイカーなのに、ロック的な振りが多いこのユニゾンの発表で堂々とセンターで踊った。メッチャこちらを見つめながら。

その後ロックのパートを練習し、さらに鬼ロッカーは集会室の外に上級生ロッカーを集め徹底指導。厳しかったけど、やっぱり僕の永遠の師匠。すごく楽しかったし、勉強になった。途中、「一年生集会室でちゃんと練習してるかな…してなかったらちょっとシメてくるわ」と言い残し集会室に向かった鬼ロッカー。僕は「M先輩、ほどほどでお願いします!!今は新入生の数があんま多くなくて困ってる時期ですよね!?マジ抑え目に!!」と言った。こちらを振り返りニヤッと笑ってまた歩き始めたM先輩をみて、見張り役として僕も付き添った。

その後は集会室に戻り、全曲を通した練習開始。ロックの上級生パートを踊っている時、なぜか「ヨネー!!」「ヒュー!!!」などと言って僕に大歓声を送ってくれたのは、T先輩(去年の春、個人バトルで僕をボコボコにした)やK君(飲み会ハッスラー)やT君(守護神)やMさん(マイミク)やR先輩(ノットマイミク)たちヒップホッパーだった。嬉しくて振りが飛んだ。

全て終えた後、もう一度通す流れに。ランナー隊のR君が開始前に側転していたし、さらにその後後ろのI先輩(ギリギリ履修申告完了男)となにやら打ち合わせをしていたからすごく嫌な予感がした。そして案の定一人完璧に目立っていた。
通し終了後、M先輩(鬼ロッカー)がみんなを集め、
「今更なんやけど、こんなかにいる上級生で、もしかして『ユニゾンやりたくねぇ…』って人いる?いたら手ぇ挙げて。」
誰も手を挙げない。そりゃそうだ。出番は多い方がいいもん。僕自身、出られるのスゴく嬉しいし。そんな時。
M君(超毒舌ご意見番)「ヨネがいいと思います。」
R君(シャイニングブレイカー)「ヨネ!!!出るなよ!!」
I先輩(ギリギリ履修申告完了男)「ヨネ、やめりゃいいじゃんwww」
Y君(省エネロッカー)「やめるなら今だよ。」
…やめないから。てかこれ他薦制度じゃないから(笑)


その後、一年生への指導と、自分のブレイクの練習をした。ブレイクの基本技の『六歩』、少しよくなったってさ。Y君(シューティングスター)とR君(シャイニングブレイカー)とM君(超毒舌ご意見番)に薄く褒められ、僕は16:00に集会室を出た。

地元でバイト。レジもアグレッシブに挑戦。かなり噛む回数が減った。休憩時間にはK店長と飯を食った。最近思う。





Kさんあんま感じいい人じゃないわ(笑)
ま、『目を見ればわかる』のもたまに外すって事で。でも相変わらずお客さんへの考え方は素晴らしい。気になったのは、「スタッフが足りないという現状の中で…」とか「売り上げが不安定な中で…」などと『~の中で…』が口癖な事。んでもって「一円を大切にするようなケチは出世しねぇぞ。一円よりさらに高い利益を求めないと」とか「大学には行ってねぇよ。行く意味が分からなかったから。少なくとも大学出の奴よりオレは仕事できるって自信があるからな」と終始強い経営理念を話す割に、僕の「でも大金も元は一円ですよね?僕はガキなんで全然分かんないですけど、物事の大元を忘れたら利益なんて出ないんじゃないですか?」「僕もルート計算とかが役に立ったって実感はいまだにありません。でもそういう規則に縛られた状態で頑張る事で得たものってかなりデカいんですけどね」っていう反論には、「お前は屁理屈を言い過ぎだな」の一言で終わってしまう事。学校に行ってたら、相手の意見のいい意見を取り入れる力とか、いろんな意見を聞く機会とか得られるから、それなりに意味があると思うんだけどな。

一方最近仲良しなのは副店長のMさん(男)。軽く喋りながらもレジをフォローしてくれたり、励ましてくれたりと親切にしてくれる。さすがプロレスファン。
靴の値札付けなどにもチャレンジした今日。閉店後の反省会にてK店長。
「着々と開店から日を重ねる中で、仕事を覚えていっている中で、どうしても売り上げに課題が残っていて。一度のミスは取り返しがつかないっていう中で、うまくいかないことは改善していきたいです。でも今日みたいにみんなで目標を持ってやろうと言う中の中では…」
『中の中』って何よ(笑)

最後の反省会コメントは僕。
「今日はいろんな仕事をやりました。そんな『中で』、基本的な事は覚え、実践できるようになりました。そんな『中で』、今日は時間に気を配ることにしました。ほら、何でしたっけ?閉店10分前に流す店内BGM。……ほたるの…墓でしたっけ?あ、ほたるの光。あれを次は自分で流せるようにしたいです。」
厳粛な反省会が終わった後、店長は「『墓』はねぇだろ」と笑った。ま、実際ネタで言っただけだけと、受けて何よりです。もうちょっと話しやすくなれば、もっともっと僕あなたのこと慕いますよ。
あ、この間僕の愚痴を言ってたプロレスファンで『クワバタオハラ』の眼鏡の方に似てる女性。一週間京都に旅行だそうです。何?成長のチャンスくれるの?え、もしかして『てか米ブログ』見ていらっしゃいます?笑


そういや、休憩時間に店長と休憩室で食事した後、僕はタンクトップになり鏡の前でダンスの振りを確認していた。で、店長に「ここで踊るなよ(笑)」と注意されたから、「いや、これだけは勘弁してください」と言って踊り続けた。成り行きで「マイミクになりましょう」と提案したら「仕事が出来るようになったらな」と保留にされ、さらに「ダンスにGパンが必要でここで買おうと思うんですが、いいメーカーを教えてください」と言ったら「知らねぇよ。そういうのは自分で考えろ」と斬られた。
あのね店長。口下手な僕がこんな話しかけてるのには、僕なりの気遣いがあるのよ。店長面接で言ってたやん。「僕はスタッフには家族のようになって欲しくて。何でも話して相談出来るような環境を望む中で、今は正直そうなってない」って。だから相談したのよ。
でも残念でした~。マイミクはもう申請しません。で、Gパンも他の店で買います。なぜかって?店長反省会で言ってたじゃないですか。『一度のミスは取り返しがつかない』って。

エッセイ達成
毎日時間が足りなすぎる。神様、お願いです。僕の一日を30時間にしてください。たったの365日だけでいいので、一日30時間の日が欲しいです。


施設の仕事があり、9:00に出勤。今日はダンスのコマが計3つ、その後はミクシィとエッセイと英語論文とブログという4大文芸に勤まなければならない。
集会室の入室こそ9:00だったものの、ダンスの練習を始めたのはコマの始まる11:00の30分前からだった。それまでは、ひたすらミクシィの文章をしたためた。‘充電器がないから今日はウェブもメールもやらずひたすら作文する’という思いは空しくついえた。こういう時に限ってメールが膨大に来る。マイミク申請の返事だったり、後輩からの施設についての質問だったり、他団体からの交渉についての返信だったり、メーリスだったり。副代表のK先輩(最強最恐ジャザー)ったら、メーリスで『今日使うスタジオはいくつか注意事項があります。あとでヨネがメーリスしてくれると思うんで』的な文書くんですもの、打ち合わせなく(笑)そりゃ書きますわな。

結局ミクシィの文すら書き終わらぬままS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)とK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)のコマが始まった。さ、K先輩のキラーなところ、引き出すよ!!
コマは無断遅刻や無断欠席の新入生が多かった。何も仕掛けずにキラーが出るかと思ったが、やっぱり優しく、大人な対応。てか、僕が引き出そうとしてる『キラー』ってのは『いじる』って意味だからね。怒ってもらっちゃ困ります。

コマでは振りがいくらかは入った。最初は軽く駆け足をするらしい。僕はK先輩に質問した。
「え、足音は立てていいんですか?」
ロッカーの罵声が飛ぶ。
M君(超毒舌ご意見番)「うっせぇよ!」
T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)「ヨネ、黙れよ」
そしてK先輩。
「うん、最初は勢いが欲しいからドタバタやってもいいかもね!」
おー…。

コマ中も、隙あらば仕掛けようとK先輩の近くにいた。ただ何を仕掛けたらいいのか分からなかった。そんな時。
K先輩「ヨネ、左肘のバンソウコウどうしたの?」
ヨネ「この間チャリでコケまして(笑)回転受け身したらここだけ血が出ました。」
これいいよ~!!さぁさぁK先輩、どっからでもキラー出しちゃってください!!たぶん他のロッカーなら「受け身とかマジキモいんだけど。」とか「そのまま死ねばよかったのに」とか「うわ、だからヨネ今日バンソウコウ臭いんだ(^O^)あ、臭いのはもともとだった(^o^)/ウフフフ(*^_^*)」とか言いますよ!こちらもありとあらゆるリアクション取り揃えていますのでどうぞ!!3・2・1…
K先輩「そっかぁ~(笑)てっきりロックダンスで怪我したのかと思って。怪我大丈夫?」
…はい。
僕はこの瞬間確信した。K先輩の内面にキラーは存在しないと。

コマを終え昼食…と思ったらブレイクのコマ開始。終わって今度こそ昼食…と思ったら今度はM君(若武者)、M君(超毒舌ご意見番)、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)によるロックのコマ。僕はおやつがわりに持って来たチップスターを生命線としつつ、チビチビ食べた。
スタジオの鍵を取りに行った。これは『施設係』としての仕事ではなく、『パシられ屋』としての任務である。受付で鍵をもらい、スタジオのドアに挿した。もらった鍵は違う部屋の鍵だったらしく、再び取りに行った。往復2回、その距離推定800m。精神的に疲れた。
コマの後は連盟系列のイベントの全体練。体力的に疲れてはいなかったけど、睡眠不足と精神的気疲れと空腹感で辛かった。おまけに今日はいった振りが難しくて。M君(若武者)たちのコマの上級生の振り、ユニゾン。さらにS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)たちのコマの振り。さらにさらに連盟系列イベントのロックの振り、初心者の振り、ユニゾン。精神的な重みは正直かなりのもので、スタジオにいるのがどうしようもなく辛かった。
そんな僕の気持ちを支えてくれたのは、自分のジャンルじゃないのに一緒に練習してくれたD先輩(ど真ん中のB系ヒップホッパー)やS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)だったり、技の形をアドバイスしてくれたK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)やM先輩(鬼ロッカー)だった。キャパ越え感はマックスで感じてるけど、頑張ってみようと思います。
題名で分かると思うけど。今日帰ってから、ミクシィもエッセイも英語論文も書き上げました。おまけに施設の仕事としてとある都市の有料スタジオを予約しちゃったりもして。その代償が今の時刻です(笑)すみません、今日のブログはこんな感じで勘弁してください。ほんとは、Mさん(ポッピンロッキンで組んだ仲良しの鬼神)に「ヨネ」でも「米田」でもなく「米田さん」と言われた話や、Y君(シューティングスター)になぜかバトルを仕掛けられた話など書きたかったのですが。
ドンマイちゃんです。

『暗ッシュ』
平成20年5月12日、僕はいつものようにiPodを聞きながら駅付近の駐輪許可のおりていない駐輪場から、家まで自転車を飛ばしていた。iPodからはコブクロの『君という名の翼』。天気こそ暗かったが、清々しい気分だった。
自慢の自転車通称『松たかゴー』はオートライトを搭載している。なんと暗闇で走ると自動でライトが付くという優れ物。優秀なマシンに乗りながら、僕は前カゴに入っているM先輩(鬼ロッカー)からいただいたパンを見て、本当に幸せな気分に浸っていた。
軽い下り坂に差し掛かると、この通りの右端に小学校低学年ぐらいの少年たちが3人いるのが見えた。なんの気もなしに、彼らを見ながら横を通り過ぎたそのとき。

ガシャンダッギギッブピーガタタ。
転倒。オートライトでは、下にレンガが置いてあった事など確認出来ようもなかった。幸い、大きな怪我はないようだ。いつもダンスの練習の合間にやっている回転受け身がここで咄嗟に出たため、自転車が前に一回転する大事故にもかかわらず、負ったのは左肘の擦りむき傷だけだった。
早く起きようとすれば出来た。しかし、僕は冷静に考えた。


‘小学生に自転車の転倒シーンを見られ、恥ずかしくないのか?’
‘このまま起き上がっただけで、おもしろ話として家で報告出来るのか?’

そんな思いから、僕はある措置を取る事を決めた。それが、死んだ振りだった。どうせ恥をかいたのなら、今度はこちらが向こうを驚かせてイーブンにもっていこうという魂胆だ。

アクティング開始。僕は小学校4年生で演劇部だったし、ダンスの連盟公演で役になりきる心意気も学んだ。まだ自転車の車輪がカラカラ言いながら回るその通りで、僕はピクリとも動かず死んだ振りを続けた。しかしここで誤算が生じる。
小学校のリアクションが異様に薄い。小声で何か喋る程度で事を片付けようとする薄情者たち。そのまま10秒ほどがすぎた。そして彼らのうちの一人がついに僕に聞こえるぐらいの声で言った。




「動かないね(苦笑)」

謎の苦笑い、神秘的な冷静さ。引くに引けなくなった僕はそのままさらに死んだ振りを続けた。午後9時に繰り広げられた我慢比べ。決着がつく気配はない。
そんな時、どこからかおばさんの声がした。
「ちょっと!?やだ!?え!?大丈夫!?」
僕が求めていたリアクションがようやく来た。しかしあいにく相手は少年たちではなくおばさん3人衆。下手に融通を利かせてもらってしまうと救急車でも呼ばれかねない。僕はスクッと起きて、その可能性を一切排除しようとさらりと言った。
「あ、大丈夫です。記憶が少し飛んでました。」
この出来事を事細かにエッセイにしたとは思えない僕の一言になぜか納得したおばさんたちはその場を去った。僕は前カゴから飛び出たパンを拾い、去り際に少年たちに言った。
「お前らも気をつけろよ。」
ポカンとする少年たち。iPodではコブクロが『呆れるほど~』なんとやらと言っている。構わない。とにかくミッションは終了した。なんとか土産話が完結したのだ。

家に帰った。肘からの出血を見せながら、兄と母に転倒事件の概要を語った。一端一人で部屋に戻り、次はどんな語り口調でオチまで持っていこうか考えていた。そんな時、台所の方から母の声が聞こえた。




「食事出来たわよー!」



母のあまりの切り替えの早さに、事件の詳細はお蔵入りにした5月12日の夜だった。

(2008年5月18日記録)

3回のモテ期について
『ホームがアウェイ』こと米田一弘です。ミクシィにて、M先輩(鬼ロッカー)が日記に僕の名前を出してくれたことにより、マイミクが増えました。そんなM先輩への感謝の印として、僕なりの返答記事を作成しましたのでお読みください。明らかにニーズは希薄だと思いますが、『3回のモテ期』について書きます。

◆生誕
高らかに産声をあげたのかどうかは知らない。とりあえず、母から生まれた。同日、兄との劇的な初遭遇を果たす。当時1才10ヶ月だった彼は、赤ん坊の僕をみて一言。
「変なの。」
こうして、第一次モテモテ期を無事迎えた。


◆幼稚園
暴君は無事幼稚園に出陣。初めての幼稚園バス、初めての母との別れにバス内で号泣マシーンと化す。しかし、両親から授かった類い稀なる才能を生かし、幼稚園ではどのクラスでもスター的存在となり、第二次モテ期を迎えた。幼稚園で飼っていた犬とは哺乳類つながりで親友となり、鉄棒では早くも空中逆上がりを習得。さらに格下相手とのケンカの強さも並でなく、即座に『かずひろ軍団』を結成。休み時間には軍団のメンバーと狭い隙間を通ったり、高いところから飛び下りたりと‘修行’を繰り返す。当時放送されていたアニメ『スラムダンク』の『桜木軍団』をパクって結成した事実は、今となっては誰も知らない。

夏の大人気企画であるプールの時間。水が苦手な暴君は号泣。プールサイドにたたずんだ。

サッカーの才能も非凡なものを見せ、一年間習ったうちでドリブルで相手を抜かした回数1回、キーパーをやった際のセーブ率は0%(ダイビング率100%)と将来を嘱望される。

ラストインパクトは年長でのお泊まり会。カレーをみんなで作っている際、安全性を考慮して用いられたピーラー(皮剥き器)で指先を切り出血してみせるという離れ業で第二次モテ期完結。


◆小学校
1~4年生の間は千葉の小学校で時を過ごす。4年連続マラソン大会一位、学年合同演劇『ピーターパン』では‘フック船長の手下1’を熱演。功績が称えられ、バレンタインチョコは生涯最高数値を弾き出す。小4では盟友4人と新軍団『あしでまとい』を結成。『鉄棒が結構上手い』という絆で結ばれたこの鉄棒集団は、真面目にかなりの知名度を誇り、体育の時間には発表の場も与えられた。

優等性的性格だったが、実は裏では軽いいじめにも手を出していた。‘意外性’を狙ったこのモテモテ必勝パターンは有効かに見えたが、担任のS先生に叱責され、いじめそのものから手を引いた。

小5で横浜に引っ越して来た。とりあえずモテてはいなかった。千葉との違い、時流の儚さに焦りを感じた暴君は、小6から暴走キャラにシフトチェンジ。女の子の名字をやたら呼び捨てしまくったり、しまいには「バレンタインチョコなんて興味ねーよ」と歴史的一言を教室で叫び、異彩を放った。その年のバレンタインチョコ、1つ。僕の母と仲良しの、友達のお母様からだった。

◆中学
暴走キャラはミスだったと気付いた暴君。入学してからは一転して穏健派に。僕なりの中学デビューを果たす。その年の合唱コンクールではクラスで一番大きな声で歌う。幼稚園年少での初恋に始まり、毎年着々と多くの女の子を好きになっていき、しばしば一度に2人の女の子を好きになる通称『二毛作』(命名は‘怒れるウンコ’ことN君)を経験し、中学3年までに結局合計14人もの女の子を好きになって来たが、自分のキャパシティーを痛感した15の冬。ようやく『惚れすぎ症候群』から脱却を果たす。

◆今
というわけで僕のモテ期は①生誕②幼稚園③小4でした。まぁこうして書いて来た今思うのは、あんまりモテ期について触れられてないという事。以上、報告完了。


約束通り…
あ、昨日書き忘れたけど。今日のコマ、僕挑戦してみますんで。K先輩(ちょんまげイケメンポーズをこよなく愛する、‘サークルで一番優しい’女性ロッカー)のキラーな面、引き出します。武藤敬司にしても小橋健太にしても松たか子にしても、本当に凄い人は相手の姿を完璧に引き出すからね。『てか米ブログ』にとびきりのワンスパイスなるか、乞うご期待!

ちなみにちゃんと合間を縫ってエッセイとmixiも製作予定。あ、充電器忘れた(笑)

京都最強説
なんだか清々しい気持ちの米田です。今日はいい日だった。明日は朝から晩まで踊る日だから、いい状態で挑めることが素直に嬉しい。

平日のラストは、言わずと知れた金曜日。朝、英語の勉強できた。兄が起こしてくれた。兄がお礼を言わせようとして話しかけてきたから、「起こしたのは君でも、実際に起きたのは僕だからさ」と言って一蹴。駅へチャリを飛ばした。
チャリ置き場に困る今日この頃。一昨昨日(さきおととい)は駅近くの公共施設に停めて警告の紙が貼られていた。何、このオレに駐輪するなとでも?
『大変迷惑しています。今後は撤去する事もございますのでお気をつけ下さい』。
動揺が走ったが、「一弘、心配いらないよ。『昨日警告されて今日撤去』なんて事ないからまだしばらく同じように停めなさい」との父の助言で一昨日も公共施設に。問答無用で二度目の警告の紙が貼られる。緊迫。
昨日はさらに駅に近いデパートの入口に停めた。紙が貼られていた。ここもダメ?
『自転車泥棒が増えています。施錠をお忘れなく。』
…え、で駐輪はいいの?
なんとなく嫌な予感がしたから、今日はあの公共施設に停めた。‘デパート入口の駐輪は撤去されるかもしれないから避け、一番危険な公共施設の方に’。我ながら奇想天外な発想である。

学校に着いた。S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)に「明日の集会室、どの団体がどの集会室使ってるか見て来て。チップスター買ってあげるから」と言われていたので、‘場所取り最後の砦’の施設係として受付へ。

用事が済みS先輩への報告を終え、2限の産業経済論に出た。オムニバス形式(授業ごとに先生が変わる事)だから、先週のクソいい加減な先生とはおさらばだ。市場の失敗について少々学んだ。

で、S先生のチャイ語。先週のリベンジ、見事達成。寝ずにすんだ。授業前の先生の話が聞いたのかもしれない。内容は『京都最強説』だ。
S先生「というわけで来週は私が京都へ旅行に行くので、授業はチャッチャと終わらせます。ところで皆さん、京都って最強だと思いませんか?あれ、思いません?あ、ちなみにこの中に京都出身の方っていらっしゃいますか?あ、いない。それは残念。いや、あの京都の女性の方の方言ってズルイと思いません?私聞くだけで胸がドキドキしちゃうんですよ、はははは。」
はははは。


チャイ語は2度3度指名される人もいた中、米田一弘は回避。一度も当たらず。予習した範囲がほぼ全部埋まってしまったため、授業の隙間時間に少し進めた。

今日は17:00のバイトまで余裕があったため、ちょっと集会室に赴いた。踊るには少ない時間だけど、一年生に指導しようと思った。ドアを開けた。一年生がいなかった。
施設係として他のサークルとまた無謀な交渉をしようとメール開始。結局一時間もの間携帯を握り締めていた。ま、ブログ書くのも一時間ぐらいかかるから珍しくはないんだけどね。
施設係のためならと、自分を捨てた僕。なんと携帯のアドレス帳のグループ分けに、『施設係』というファルダを製作。作業の効率化は経営における勝利を呼び込む。『親戚』『山岳部』『ダンスサークルE』とある中、『施設係』という明らかに波に乗り切れないファルダの存在がある事を無視し、交渉を続けた。
隣りに座っていたM君(若武者)とはなした。
ヨネ「あ~施設係やめたい(笑)てかM君、来年度の施設係、誰に引き継いだらいいと思う?」
M君「いや考えるの早すぎるだろ(笑)まだ5月だぞ。」
ヨネ「施設係、やめたいです…。」
M君「オレだってDMC(練習で取った動画や写真をネットやホムペにアップする係)やめたいよ…。」
なんか二人でダークな気分になった。裏方の仕事は、実際やってみないとその辛さが分からない。施設係の大変さはブログで散々言ってきたけど、若武者は若武者で、サークルEのホムペを本を買って独学で製作した。サークル代表のM先輩(鬼ロッカー)にしても、本当に辛さが分かってるのはY先輩(前代表)ぐらいだろう。表面的な辛さは分かっても、たとえば『メーリスや月例会で説明した事を、行事の度に個別で再び相談されてイラッとする』みたいな地味でかつ頻繁に起こる辛さを察している人は、サークルEの中に何人いるだろうか。そして次期施設係は誰がいいだろうか。

最後の5分だけI先輩(ギリギリ履修申告完了男)とT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)とJさん(ジャムサンドジャザー)と『ヒット』(ポップの技)を打って、集会室を去った。

バイト先に着いたのは10分前。支度して…チャイ語予習開始。何しろ時間ないからね、この先二週間は(笑)あと2行和訳すれば終わりってところで切り上げレジへ。今日はちゃんとレジ、挑戦します。
袋に品物をいれて渡すのは出来るようになった。意外に深い。服の畳み方とか袋のサイズとか、テープを切る位置だとか、チラシを入れるのとか、渡す時の袋の向きとか言葉とか渡し方とか。でもそれはクリア。
レジにおけるセカンドステージ(=ファイナルステージ)はレジ打ち。隣りには先日プロレス話をしたTさん(女性。店長、副店長とこの人だけは学生ではない。)。3400円のお釣のところ、間違って千円札を4枚渡してしまい、Tさんが注意。
お客さんが帰ったあと「まだヨネ君はお金も足せちゃダメね」。って小学生かよ(笑)
ミスは確かにそんなレベルだったし、僕は大人しくレジを離れレジ付近の棚を整理していた。この数分後にはほかのアルバイトのAさんやT君が帰るからしばらく僕とTさんの二人となる。そんな時、Aさんに話しかけるTさんの声が聞こえた。

「Aさん、帰っちゃうのね。ヨネ君は不安だわ。もう…あの子全然ダメ。自分を過信してるみたいなの。」

カチーン…。Tさん、僕棚で死角になってて見えないでしょうけど、あなたの5mぐらいの距離にいるんで(笑)ただ、これが今日の僕の最高の瞬間だった。
この『イラッと』ならぬ『カチーンな』出来ごとで、仕事の目標が出来た。目標は、
『明るく仲良くけじめのあるクラス』
…じゃなくてズバリ、
『Tさんを見返す』。これっす。一瞬一瞬に100パーの力注いで、すぐには無理でも必ず上達して見せます。で、見返してやります。僕、恨みは有意義に使うんで。店のためにもなって時給上がって目標達成出来れば最高やん。言っとくが僕、自分大好きだけど過信する事なんてないんで。

目標が浮かんでから、メラメラと今まで以上にやる気が湧いた。店内整備の際の腰の高さがもはや別物だ。反復横飛びのようなステップからダンスを生かした華麗なターンで後ろの棚チェックへ移行。あっという間に時がすぎた。

今日は店員が少なかったから、休憩は一人で飯食ってその後チャイ語。予習終わりました(笑)でまた店内整理。Mさん(男。4月に新卒で入社した副店長で、この間はプロレスの話をした)とレジ。Mさんは僕にレジをやらせてくれた。テンパったけど、すんげー実になったし楽しかった。
ほんと、楽しく充実した時間が過ごせた。あっという間に閉店時刻。店内に『ほたるの光』流す方法とかも教えてもらい、また仕事が増えた。で、帰宅。

夕食を食べ、ふと中学時代の友人とマイミクになっていない事に気付いた。とりあえず思い付いた10人にメール。ここから、伝播していけばいいっしょ。

明日は濃くなりそうよ。ロックコマ2つ、ブレイクコマ1つ、連盟系列イベントの全体練習に、ミクシィ更新、エッセイ製作、英語の論文作成…。たぶん2回ぐらい意識飛ぶと思う。実際家帰ってからは出来ないから、ダンスの合間にミクシィは書き始めると思う。あ、それブログにもちゃんと載っけすんで。だから明日の『てか米ブログ』は日記、mixiコピペ、エッセイの3本立て。さてさて、達成するかな。達成したら、明日の日記のタイトルは『エッセイ達成』です。


目標
朝の英語、また起きれんかった。3時間睡眠じゃ無理っすよね。明日は必ずやりますんで。もうマジで。
1限のチャイ語は成績にうるさいあの先生。授業進むのクソ早いし、僕異様に当てられるし、先生ムカつくし、内容分かりづらいし、楽しくない。五拍子揃ったこの授業、来週は休講らしい。それ言われた時、思わず「よっしゃ~」って普通につぶやいちった。ただ宿題、2講分ぐらい進めておきたいと思う。そしてそれより前に、統計学を理解したいと思う。
2限のマーケティングマネジメント論、またR君(シャイニングブレイカー)と一緒に受けた。彼とは授業中もちょこちょこ話すんだけど、その割にノートはお互い完璧に仕上がってるという不思議な関係が築かれている。
前半は価格戦略について。これ、日常と密接に関わってて面白かったんでちょいとお裾分けします。以下、講義内容。
価格決定の方針には6つほどのバリエーションがある。それが①ハイロープライシング②EDLP③ロスリーダー戦略④フルレンジプライシング⑤補完財プライシング・代替財プライシング⑥心理的プライシングである。
たとえば③。これは『おとり戦略』とも呼ばれるもので、低価格ないわゆる‘目玉商品’をおとりにし客を店に呼び、ついでに高い物も買わせるという戦略である。おとりになるのは牛乳や卵が多い。これらはどこの店にも売られており、品質も均一なため、差別化をするにあたっては値段を下げるのが常套手段なためだ。
⑤の補完財プライシング。これはたとえばプリンターとインクが挙げられる。プリンターとインクは、言わずもがな両方が揃ってこそ使用出来る正しく互いを‘補完’する財。店はそれを利用し、まずプリンターを安くして買わせる。そしてインクを高くする。すると、プリンターを買った人はそれを使うためにインクを買わざるを得ない。
…などなど。この授業、本当に面白い。先生も真面目だし素晴らしい。講義に点数をつけるとしたら、90点だ。残りの10点?それは板書。色分けもされてるし、字もそれなりに綺麗だけど…先生はあとで色々書き足す習性をもつ。無駄なスペースなく板書を書き写してる僕とR君。先生が有り得ないスペースにいつもと違って縦書きにしてまで書き足した時、R君は静かに
「う~ん…」
と言った。僕がそれに笑っていると、R君は
「オレ的にはあそこに書いてある『有形財』の横に今先生が『―』付け足したのが怖いんだよね」
と言った。そして先生は見事その期待に応え、隣りのホワイトボードにまで線を延ばし付け足し。最前列で大爆笑してしまった。


たまりへ。行く途中、Y君(省エネロッカー)と会った。
「集会室以外の校舎内で偶然会うのって初めてだよね」
とY君。彼は『世界の政治』という授業ガイダンスで僕と会ったのをすっきり忘れていた。僕と彼はこんなもん。

たまりのあとはT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)とメディアセンターへ。今日コマ責を務めるT君は、先ほどレジュメをワープロで作成したそうで、その印刷を行っていた。印刷機はこちらをじらすように紙をゆっくり製作していった。

ダンスへ。ストレッチとアイソレ、リズム練、基本練習。飲み物は2リットル分購入。仮眠は取らず、昨日宣言したとおりぶっ続けで練習した。ロック、ブレイク、ポップ。今日は柔軟もダンスも調子よかった。ロックはM君(超毒舌ご意見番)にトゥエルを褒められ、S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)にウィッチウェイを褒められた。T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)は横で後輩のTさんに「これは『ナイフ』って技だよ。指は揃えて伸ばしちゃダメだよ。それじゃ去年の夏休み明けのヨネみたいだからね。あとこれは『ロック』って技ね。肩のラインまで手首を持って来ちゃダメだよ。それじゃ去年の夏休みのヨネみたいだからね」と指導していた。なるほど、拒否反応を利用したコーチングか。
そういや去年の夏休みの僕は、自分のダンスに自信を持ちすぎていたっけな。実際夏合宿のチーム(この時に結成したのがポッピンロッキン。)動画見ると…恥ずかしさを通り越して誇りになるからね。逆に、‘あ、今の自分はこの頃より上手い。成長してる成長してる’みたいな。
ロック以外に今日やったブレイク、ポップ。ポップは昨日はいったらしい振りを教わり、また筋トレがわりに『ヒット』を10分ぐらい打ち続けた。メンバーはT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)とM君(若武者)とI先輩(ギリギリ履修申告完了男)とD先輩(ど真ん中のB系ヒップホッパー)など。珍しい組み合わせだったけど盛り上がった。ブレイクはR君(シャイニングブレイカー)とM君(超毒舌ご意見番)と練習。倒立とか体操技とかやりまくったけど、『六歩』『トーマス』っつー技にも挑戦。技の方はちょっと余り調子よくなかったけど楽しかった。
5時間のノンストップ練習なんてあっという間。Tシャツは2枚ともビショビショに。そのままブレイクのコマに出た。ステップやフロアを教わってもうこのシャツは汗で使用不可。ヨネの秘策は…




鞄から3枚目のシャツを取り出した。これぐらいの発汗量は覚悟してましたんで。7月のクラブイベントのコマ、なんとかついていきたい。
19:30、ブレイクのコマ終了。19:30、ロックのコマ開始。コマ責は超毒舌ご意見番、若武者、フロムオタクトゥーロックフロム埼玉の三人。自己紹介から始まった。円になって時計回りに。僕の右の人が喋っている時、僕は左の省エネロッカーに質問した。
「きっとオレが喋ったらT君とかが『あ、ヨネの紹介はいいや』とか言うよね?リアクション考えといた方がいいよね?」
「ま、実際そうされるのが何よりの紹介なんじゃない?」
とやはり省エネでエコな発言をしたY君。僕はリアクションを考えた。恐らく「あ、ヨネの紹介はいいや」とか言ったら新入生は僕に気を使って失笑するだろう。そしたら僕がすかさず「そうでしょうね、次の方、どうぞ。」だ。失笑を中笑いに変えるぐらいの力はあるはずだ。僕は自己紹介を始めた。
「あ、商学部2年の…米田です。え~………ヨネって呼んでください。よろしくお願いします。」
普通にミッション完了。わざわざ『あ、ヨネの紹介はいいや』を言いやすいように間を開けたのに…。
練習開始。コマ責の3人は、僕らが去年M先輩(鬼ロッカー)に教わったのを忠実に再現。筋トレには桜庭和志の入場テーマ曲を使ったり、適度なタイミングで笑いを取ったりと満点に近い出来栄え。コマが終わった20:40、後輩Mが「もう終わりですか?短くないですか?」と僕に聞いたように、実に時の流れを早く感じるいいコマだった。


え~、バイトこそ始めたものの、6月は連盟系列のダンス発表やチャイ語検定、7月はクラブイベや期末テストがあるのに対し、5月は地味です。ここは一つこの『てか米ブログ』にスパイスを加えようと今日目論んでいたテーマ。それが『K先輩のキラーな部分を引き出そう』だった。K先輩は先日のメンバーズリストでサークル1優しい人に選ばれた人であり、ダンサーとしても人としても憧れの人であり、この僕をいじらず、理解し、そしてちょんまげイケメンポーズをこよなく愛して下さっている伝道師。この方についにいじられてみようと、今日は色々仕掛けるつもりだった。D先輩(策士)が「練習する時はテーマや目標を持て」と言ってたからね。しかし、逆に変な緊張感が生まれ、話しかけられなかった。












土曜のコマで、もう一度挑戦してみます。


睡眠不足は良くない、僕はそう思います
普通に静かに10時間ぐらいぶっ通しで勉強の時間を作りたい米田です。ちょっといろいろありまして、精神病んでます。

朝は起きれるはずもなく。英文法、全然出来ない。目標があるのに全然進まないのってすごくムカつくのよね。あと5日分よ。あと5日分やればテキストクリアなのよ。

2限の英語リーディングから出場。遅刻してないのが唯一の救い。企業の社会的責任をその場で調べてグループで話し合う。んでほかのグループと意見交換という流れ。別段難しい事ではない。しかし一つぽっかりと浮かんだ問題点は…





僕がグループに入れていないという事(笑)いや、いじられてるわけでもはたまたいじめられてるわけでもないんですが。実は初授業の日に隣りに座った人が3年生で。「この授業は半期しか取ってない」とかいうから、‘それじゃあ秋学期僕は誰と組むの?’という考えに達し、次の週は大胆不敵に新パートナー発掘を目論み席移動。で、見事余ってしまったと。まずい。出来た作品は盤石なのに、発表する場所がない。
ブログ的にはここで最後までかたくなに一人で居続けて、その描写を鮮明にすれば面白いんですが、この授業は語学だし、こっちも必死なので(笑)隣りの人に話しかけてグループに入れてもらった。最初向こうはメンドくさそうだったんだけど、僕の課題の出来栄えを見て目付きが変わっていた。人間は汚い生き物だ。

昼休みは施設の仕事をした。場所取りじゃんけんは、みんなが協力してくれてほとんど欠席していない。しかし勝率が異様に低い。6/1~6/14までで使える施設が取れているのはたったの4日分。6/1と6/14に至っては全体練習がある。他の団体と交渉しようにも、うちには交換に差し出せる施設などなく…の輪廻。最近ではあまりにこっちに都合のいい条件ばかり提示してるからか、返信すら来なくなっとる。
今、僕はなんだかんだ係としてしかサークルに貢献出来ていないから残念。ダンスサークルに入ったからにはダンスで貢献したい。施設係とかっつーサークルの駒として扱われるのはもう懲り懲り。仕事はやり通すけど、来年度は純ダンサーとして頑張りたい。そう決意した5月14日。

で、地域文化論。睡眠不足により記憶飛ぶ。こういうのが嫌だ。出ているからには完璧に授業受けたい、学びたい、楽しみたい。でも気持ちとは裏腹に目は閉じるし、先生が「スライド見せる」とかいって電気消すし(笑)

次の哲学もダメだった。ただ、ラスト30分は『神について思う事を自由に書け』と出席がわりの出題があった。書きまくってやった。

アルバイター米田一弘に休みなし。ポップのコマがあるらしいが、先日書いたように、6/1まで空き時間は全てバイトに注ぎ込んでしまっている。‘統計学の宿題はいつやるの?英語コミュニケーションは?プレゼンは?チャイ語は?睡眠時間は?てかダンスは?そんなんで5ジャンルできるの?’という不安は一切考慮しない。

バイト先に着いたのは開始の10分前。5分前にはレジに向かって身だしなみチェックを受けなくてはならない。実質5分の空き時間の使い道、それはチャイ語の宿題だった。2問解いて鞄にしまって、レジへ。バイト開始。加工業務に始まり品出しや店内整備。普通なら5分で終わらせるサーフボードの再加工を30分で終わらせてみせた脅威の新人米田。バイト開始3日目でY君と意気投合ししゃべりまくる奥義まで習得。
「品出しいってきまーす」
と威勢良くGパンを片手にレジを去り、ブランドごとに分けられた棚を見て錯乱し、そのまま帰って来る事も忘れない。しかしレジ作業は少し成長を見せ、袋詰めしお客さんに渡し、最後に気の利いた一言を送るのは出来るようになった。
夕食は20:00、Bさんととった。なかなか気疲れした。面白い人だったけど、慣れない人との一対一のトークはやりづらい。

結局仕事は45分の休憩を挟んだものの、17:00~22:00までこなした。まだ店長に雷落とされた事はないが、どうやら野心家の店長はマジ怖いらしい。男なら普通に殴るとさ。受け身を多めに練習しておこう。あと、往復ビンタに備えて、リアクションのコメントも数パターン用意しておきたい。

このバイトが当たりなのか外れなのかは分からないけど、少なくとも今は仕事面白いし、店長の不器用な考え方も好きだ。シフト入れすぎたっていう事以外、僕は今のところなんの判断ミスもしていない。明日はバイトはおやすみ。1、2限受けたら21:00までダンス出来ます。たぶん仮眠取るけど、きっと今の僕のダンスと勉強へのモチベーションはハンパない。明日は仮眠以外、ノンストップで踊りまくりたい。


自由の束縛
まず今日からの恒例企画となりました、‘今週の目標’コーナーです。今週末には久々にエッセイ書こうと思います。実は昨日の夜クソ眠くて、日記無意識で書いてたみたいなんです(笑)で、じっくり書けば面白かったチャリ転倒事件がさらり風味だったので、それを書きたいと思います。あ、ちなみにこの‘今週の目標’コーナー、来週にはなくなると思います。


朝は英語の授業出来ず。行きの電車では中学時代の友人T君にまた会い、英語の本を読めず。2限の経済学をクリアし、3限は統計学。サイコロの話になった。確率がどうこう言ってたみたいなんだけど、‘サイコロ’と聞いた瞬間僕の意識は中学の夏休み明けにタイムスリップ。夏から秋にかけての風物詩、自由研究。『昆虫採集』とか『おもちゃの車』などが小学校では定番だったけど、中学ではレベルアップ。なんとその中に、サイコロ1万回分の結果を調べた奴がいたの(笑)確率が等しくなるかを調べたらしい。で、結論が『5があまり出なかったけど、大体どれも6分の1』とかだった。それにしてもサイコロを振り続ける夏休み…彼は今どんな気持ちで青春を謳歌してるんだろう。
てか、今もし『夏休みの自由研究』出されたら、みんな何やるんだろう…。自由を求める弱き人間は、与えられたら与えられたで「少しはしていしてくれないと絞れないよね」とか言うのよ、僕みたいに。僕は、小学校ではそれこそ『昆虫採集』とか『プロレスの全て』とかを提出し、中学校では緑のスポンジに甲羅の模様書いて、爪楊枝4本差して『カメ』として提出した。今は…あ、『てか米ブログ』のアドレス紹介しちゃうかな(笑)製作期間は実に1年以上。総文字数は100万字とかに及ぶ大プロジェクトだよ、これは。あ、そうかこの手があったのよね。

統計学でまた宿題が出た。バイトのシフト票、慣れてなくて6/1までダンスの時間以外全て入るように申請しちゃったから、結局睡眠時間とダンスの自主練減らすしかない。てか睡眠時間この3日で7時間とかなんだけど…これ以上減らしちゃいます?

統計学の45分後には地元でバイトが始まるという馬鹿メニュー。ちなみに明日もです。歩きながらおにぎりを一つ。バイト先に着いて支度しながらもう一つ。加工作業とか品出しとかしたあとの休憩時間でまた一つ。そんときに同室にいた人は二人とも年上だったんだけど、三人プロレスが好きっていうミラクル現象が起きまして。連盟マジックです(?)。

イタイぐらい盛り上がって、そのあとはレジの使い方を教わった。小心者で有名な僕。店の人と練習したのに緊張しまくり。バイト経験では先輩の高校生の女の子(名前忘れた)に笑われた。回りは半分ぐらいが年下なんだけど、とりあえず僕は今のところみんなに敬語のスタンス。バイト経験では後輩ですんで。
15:00、17:00、19:00といった具合に、2時間ごとに休憩が取られた。19:00は夕食休憩でもあったらしく、270円のカツ丼を買った。特売です。そして頑張った自分へのご褒美として50円のおいなりさんを二つ贈呈。今日はスペシャルな感じでしたね。そうでしたよ。


休憩明けにはまた加工、品出し、店内整理などをこなし今日は閉店作業にも初挑戦。電気消したり自動ドア閉めたり、灰皿の掃除したり…あとなんと、電気を消したりした。

終了後は完全燃焼な感じがしたからサバサバと帰って来た。で、昨日の『ラブジェネ』最終回、ようやく見終えた。ラスト10分残ってたの。正直、ストーリー的にはラスト3話ぐらいダルシムでしたが、松たか子がかわいかったから満点です。(※『ダルシム』はシャイニングブレイカーR君によって作られた言葉です。もし意味がわからない方は2008年2月6日の日記を御覧ください。)


明日は2限から4限に出て、その45分後にまたバイト。これから施設の仕事もあるけど今日はホムペの修正だけだからね。なんとかします。ヨガファイアー!!


眠い!
施設係の仕事を学校で一時間、家で一時間半やり、ゲロりそうな米田です。現在深夜1:13。今からブログを書き始めるのには少々の勇気と希望が必要ですが頑張ります。

朝は8:30に起きて英文法の勉強。なぜか異様にケアレスミスをした。でも、昨夜恐れていた魔の『筋肉つり』ブームは寝てる間は大丈夫だったから機嫌は悪くない。家出発。2限の美術へ。早くも期末レポートの説明があった。美術館に行けってさ。
先生は授業でイギリスの絵画について熱弁。眠かったしつまらんかったけど、メモを取りつつクリア。授業の最後、
「では、出席確認代わりに小テストします。」
騒然とする講義室内。でも僕は、メモを取ってたからそれなりに自信があった。口頭で問題が出された。
「なぁに心配する事はないですよ。問題は『‘イギリス’と聞いてあなたが連想したものを自由に論じなさい』です(笑)」
…え、授業聞かないもん勝ち?そしてなぜ先生含み笑い?
昼休み、飯抜きで施設の交渉と連絡事項のホームページアップを両方やった。次の教室に移動してからも交渉は続いた。え、ストレスでなんか高く飛べそうなんだけど(?)。
3限は英語コミュニケーション。頑張ってワープロで意見書いていったのに、特別な発表の場や提出はなかった。んで、次回までの宿題は『人間クローンに賛成か反対か』。紙にまとめて提出だって。僕、ただでさえチャイ語の宿題、統計学の宿題出来てないんですけど。僕だけなしってのはダメですか?

集会室へ。いたのはM先輩(鬼ロッカー)、ヒップホッパーのT君(守護神)、Jさん(ジャムサンドジャザー)、R君(シャイニングブレイカー)など。やっとおにぎりを食べ始められた僕。M先輩は
「あ~久々におにぎりが食べたいなぁ~」
と僕を横目でチラ見しながらいった。少し分けてあげようとしたら、僕のおにぎり丸々一個と、M先輩のパン(バイト先の余りらしい)一日分との交換が提案された。成立。食いあさった。Jさんにさりぐなく強奪された。R君には袋ごと窓からポイされそうになった。T君には
「ヨネ、パン食うか調子のんなよ」
と言われた。
回転受け身の練習をしてM先輩に「お前何やっとるん?」と冷ややかに言われたあと、僕以外の4人全員が退室する流れに。
ヨネ「みんな行っちゃうの?集会室に一人とか寂しいじゃん!」
R君「大丈夫、お前はいつでも一人だよ」
あ、そっか。

集会室にM君(超毒舌ご意見番)とM君(若武者)登場。反射的に、M先輩からもらったパンを隠す僕。取られずに済んだ。

眠気を堪え練習を続けた。19:20、S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)とK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)のクラブイベのコマが始まった。結局僕はロック2コマ、ブレイク、チームロック、ポップの計5つのショーケースに出演する事を決意。ポップは最後まで悩んでたけど、M先輩(女性ポッパー。学園祭前日にモノマネ大会を一緒にやった)に「ロッカーの助けが欲しい」と言われたから。まぁ実際キャパ越えですよ。バイトもあるし施設の仕事もあるし、6月は英語のプレゼンもチャイ語検定もあるし。ちゃんと寝たい。

で、コマ。S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)との軽快なトーク。コマ開始直後の軽い自己紹介だ。半時計回りに進めていって僕の左の人が終わった時だ。
ヨネ「僕の名前は…」
S先輩「ヨネの紹介はいいや(^o^)/」
ヨネ「そうですね、時間の無駄ですね。じゃあまた次の機会に。」
アイソレ、リズム練のあとトゥエルロックの指導。S先輩が僕のを見てくれた。
S先輩「とりあえず、顔がキモち悪い(^O^)うふふふふふ。顔がちょっと気持ち悪い(*^_^*)」
ヨネ「僕このコマキツいなぁ(笑)」

見事ないじりとリアクションのテンポに笑う新入生。顔ネタで来るのは正直イラッと来るけど、どうせ来るならスベッてもらっちゃ困る。責任持って大爆笑まで導くべきだ。
少ししてから、またこちらの方にS先輩がやってきた。
S先輩「ヨネ、トゥエルロックやって(^_^)v」
ヨネ「一応聞きますけど新ネタで来ていただけますよね?このネタ、前にコマ2回分ぐらいで使ってるんで、そろそろ変化球お願いしますよ?」
S先輩「………あ~間を外しちゃったぁ(^o^)/また今度ね(^O^)」
ヨネ「はい、すいません。パッサリ行くべきでしたね。」
ロックのコマが終わり、駅からチャリに乗って帰った。
右に小3ぐらいの少年が3人いたのが確認できた時。
ガタッ。
タイヤに奇妙な衝撃が与えられ、僕はそのまま転倒。スピードは出していなかったとはいえ、軽い下り坂だったため幾分怪我をしたかと思えば、左肘を擦りむいただけの『これぞ軽傷』とも言える状態だった。軽傷だった理由は……






回転受け身だった。とっさにバヂッと出たのはたいしたもん。少年たちにガン見されて恥かしかったから、床に倒れたまま動かなくなるアクティングスタート。すると、おばちゃんたちが駆け寄ってくれて途端に騒ぎ始めた。さすがにマズいと思いアクティング終了。回転受け身でダメージはほぼゼロ。頭もクールだった。ただ少年が真っ直ぐにコケ滑った僕にあきれていないかどうかは不安だった。

チャリンコ再開。iPodシャッフルでコブクロの『君という名の翼』がついた。
♪あきれ~るほど~まっすぐに~
だって。大きなお世話じゃ。
帰って来てからはもう雑務に終われ…。てかミクシィ久し振りにブログのコピペしようと思ったのに書けない。まぁいい。明日は昼からバイト。やらしい話、稼ぎます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。