楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


YoNeDa2.0
米田です。
さて、そろそろ・・・







更新してもいいですか?
スポンサーサイト

OLYMPIA DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUNDの感想
昨日(5/26)開催され、地上波放送された総合格闘技興行『DREAM9』の感想を書きます。豪華カードが割と多かったのにテレビ枠が90分だった事、放送内容が視聴率狙いのものに従事していた事など、米田兄弟(メンバー:兄、一弘)による幾多のブーイングの中繰り広げられた試合、振り返ります。


①ミノワマン(大好き。『絶対に諦めない』『本能の闘い』をモットーとする僕の人生の恩師。しかし最近はあっさりTKO負けになったりタップしたり、意外に勝ちにこだわる堅実な闘いも披露する。僕はどうすればいいのだろうか。)対ボブサップ(かつてはCDを発売するなど、国民的スターだった。かつては。)
『ROOKIES』主演の佐藤隆太がリングアナを務める。経験値がたまって来たため、どこか玄人化している。全然ルーキーじゃないと思った。
サップの入場&パネル破壊Vが凄く懐かしく、なんとなく泣きそうになる。一方ミノワマンの入場はなんとカット。TBSの暴挙に僕が不機嫌になる中試合開始。
開始早々サップはグラウンドでアームロック、裸締めを仕掛ける。があっけなくミノワマンに足を狙われる空気に。
‘まさか…まさかね。サップ、まさかやられないよね?’
と周囲が見つめる中、あっという間に足関節にタップするサップ。『電光石火の足関節』というよりはむしろ『電光石火のタップ』。ミノワマンの関節技はこれまでのヒール、アキレス系と違い、膝を狙ったレッグロック系と思われる。プロレス的なフィニッシュにどよめきこそ起こったものの、会場もまだ温まりきらず。ミノワマンの恒例、SRFはやや盛り上がりにかけ、佐藤隆太の盛り上がり方は無理やりだった。
ミノワマンファンでありながら、彼のTKO負けを予想していた僕としては思いも寄らぬ嬉しい結果。しかし、若干サップが切ない。


②チェ・ホンマン(クラスに一人はいる、ちょっと背が高い人)対ホセ・カンセコ(元大リーガー)
昔から格闘技にあこがれていたという元大リーガー、カンセコ。しかし、憧れすぎてその年齢はすでに40オーバー。黒い長ズボンをコスチュームにチョイスしてしまったがために、見掛けはまさに『マッチョ江頭2:50』。
開始直後はビギナーらしい思い切った攻撃も仕掛けるが、ホンマンの左ジャブをもらい一気に恐怖心発生。蹴り足が滑り転倒したカンセコはそのまま『茶番パウンド』を食らいギブアップ。正直、いくらデビュー戦とはいえもう少し魂が欲しかったという印象。

③所英男(『闘うフリーター』から一躍格闘技界を背負うファイターになったが、スランプにより徐々に見捨てられつつあり、『闘わないフリーター』になろうとしている)対カラム(ザ・荒削り)
いつの間にかトレードマークの金の短髪をやめ、坊主になっていた所。もともと『イケメン』枠に入るのか微妙な位置にいたため、これで決着。彼はイケメンではありません。
DREAM恒例の『TKチャート(試合前に出る選手の能力のパラメーター表示)』でスタミナだけ最高値を弾き出しているカラムはその真価が問われる。
試合開始。三角締めを1分近く凌ぐスタミナありすぎのカラム。さすがTKチャート。米田兄弟も、
一弘「打撃も荒削りだし腰強いしスタミナあるし。カラムってまさに韓国人って感じのファイターだよね」
兄「カラムの出身国、アメリカだけどね。」
と絶賛。
2R早々。所はタックルから羽根折り固めの要領で後方回転しポジションをキープ。見事。そしてチョークで勝利。リング下で観戦していたバナナマン・日村(所の友人)は大喜び。日村が初めてイケメンに見えた。


④川尻(実力が本当にあるのかは別として、今がちょうど全盛期のクラッシャー)対カルバン(久々の登場。ヘロス最強の男。ちなみに本名はカバウカンチ)
ノリにノってる川尻はスタミナ切れの恐れなし。ガンガン攻める。一方、ブランクで試合勘が戻らないのか、カルバンは主導権を握れない。珍しくグラウンドでも終始押され気味のカルバンは、下からラバーガードを見せるシーンもあったが、ジャッジの心は動かせず。判定で川尻。


⑤ジョー・ウォーレン(実はこの試合がデビュー2戦目らしいwww)対KID(神の子らしい。)
KIDの1年振りの復帰戦。数々の怪我を乗り越えたKIDは紹介Vで、「落ちるところまで落ちた」と過去を振り返る。
「大丈夫だ。まだ大山(ネット辞書『ウィキペディア』ですら誹謗中傷されかける、『不幸の中の不幸』男)がいる。」
と兄。
ウォーレンは前回、デビュー戦ながら本フェザー級トーナメントの優勝候補を破った超新星。試合は、ウォーレンが大胆にKIDを倒し、ガードポジションの状態から『ラッパ(相手の口を手でふさぎ、呼吸をさせづらくする小技)』を仕掛けるシュールな展開。しかし、声をあげながらのパウンドは魂を感じさせる。カンセコには是非見習って欲しい。時折バスターも見せ、デビューしたてとは思えない素晴らしい試合運びで善戦するウォーレン。そのまま試合終了。
判定は2―1でなんとウォーレンの勝利。むしろ『KIDポイント(視聴率やらなんやらの大人の事情から、主催者側がKIDをひいきしてあげるポイント。他に『武蔵ポイント』や『魔裟斗ポイント』がある。武蔵ポイントは消滅気味)』さえなければ本来なら3―0の完勝試合。ウォーレン、恐るべし。
しかし、ウォーレンが空気を読まなかったせいで、せっかく敗者復活でも負けた所を繰り上げてまで盛り上げようとしたフェザー級のトーナメントから、いきなりKIDが消えるというたまらない展開に。やっと進出したゴールデンタイムから早くもDREAMが撤退する可能性が出て来たり、これ以後の集客が危ぶまれるだけでなく、『KIDを潰せ』的な煽りをしていたフェザー級トーナメントの煽りVを取りやめる必要も出て来た。これはまさに、地デジCMで世を席巻した『草なぎ現象』。面白い。

TV放送にしても、未放送試合にしても、全体的には‘シケたな…’という印象か。ファンとしては、カンセコなんかよりソクジュやムサシの方がよほど見たかった。『スーパーハルクトーナメント(軽量級が巨漢に挑む事が魅力の無差別級トーナメント)』の4試合中、3試合で巨漢が敗れたのがまたイタイ。
ただ、前回青木に敗れた『ハロージャパン男』や、『ただの巨漢』ジミーアンブリッツなど、数々の飛び道具を持っているDREAMにはまだまだ期待できる。今後の展開も楽しみたい。

勝利至上主義のソフトボール
来るソフトボール大会。さらりと迎えたように見える今日も実は、5月上旬に予定されていた練習が天候の都合でボーリングに変更になったり、前日である昨日に「O先生のゼミは、優勝が至上命令です」的なアナウンスがあったりと波瀾万丈の中での到達だった。今日のラインナップは
15:00~vsS先生のゼミ
16:00~vsT先生のゼミ。
あいにくの体調不良+不機嫌により、珍しく外出する気力すら危ういオレ、米田。意地の出発。

I君(オーバープッシュ)から出席をとるよう任されたそのプレッシャーからか、14:00集合の駅に、13:20に着いた。プロレスのDVDコーナーさえあれば1時間は潰せる僕。TSUTAYAを探す。ない。週刊プロレスさえあれば1時間は潰せる僕。コンビニを探す。見つけたが、目的の物はなく、トイレを借りるだけにとどまった。
無駄な時間を埋めようと、前もってソフトボールを行なう土手を見に行った。広かった。
駅に戻るとそこにはS君(いじられイズム)。続いて先輩達も集まって来た。O先生はK先輩(ゼミ長。春合宿で酔いつぶれた僕を諫めた)と共に登場。僕ら『遅刻していない組』は先に現場へ。道案内をしながら、
‘きれいさっぱり出席とる仕事放棄したなぁ…’
と逆に爽快な気持ちになる僕。機嫌が直った。
現場に着くと、ゼミナール委員のI君が他のゼミの試合の審判を務めているのが確認できた。元野球部のI君。本格派の脛当てまで完備した完璧なコスチュームは、O先生も
「審判があれなら信憑性が高い」
と舌を巻いた。
試合開始まで、僕は出場する予定もその気もないのにキャッチボールとフリスビー。十分に体を温めた。
「米田君、これ。」
O先生から渡されたのは例の10万円相当のカメラ。久し振りのこの感触。今日もカメラ係のようだ。なにげWEB係で一番楽しい仕事であり、なにげ完成した写真ファイルに自分がいなくて一番落ち込む仕事である。
プレイボール。この頃には汗が引いて、完全に体が冷めきっていたオレ、米田。俄然カメラの仕事に熱が入る。学部1エグイゼミである事からしばしば‘エリート’扱いされるこのゼミだが、その結束力からなのか、毎年なぜか強い。1試合目。一回の表から猛攻を仕掛ける。そして5回あたりまでで10点差がついた。それでもセカンドフライの時三塁からタッチアップを仕掛け成功させたI君。その姿に、S先輩(電子辞書の神)は
「自分のゼミのチームとは言え、さすがに引いた。」
と舌を巻いた。

ソフトボールの試合なのに、謎にO先生のゼミの守りが堅かったり、M先輩(ヤギの犠牲者)が
「オレはいつ出るの?え?『ゼミの切り札』?嫌だよ!去年そう言われ続けて結局出してもらえなかったもんwww」
と言ったり、補球をミスしたセカンドのN先輩(ブリッジレスポンス)があたかも上手くいっているかのような素振りでシャドー送球を披露したり、T先輩(落ち着きMAXの院生)が
「ソフトボールの日はやっぱこれ。」
とベンチでビールを飲んでいたりと盛り上がった。向こうのゼミの応援とこちらのゼミの応援(オールスタンディング&前衛)の温度差も選手を後押しし勝利。

2試合目。カメラはもう一人のウェブ係であるMさんに交代。T先輩(だいぶ落ち着きのある院生。)の隣りで相手チームの打者の打席を見ていた。
ヨネ「ん?何があったんですか?」
T先輩「み、見逃し三振らしい…(笑)」
ヨネ「www」
T先輩「ソフトボールで見逃し三振ってあるんだwww」
ヨネ「20年生きてきましたけど、初めて見ましたwww」
T先輩「あれ、次の打者も今、2ストライクだよね?」
ヨネ「はい。なんか三振の匂いがしてきましたね。嫌だなぁ、ソフトボールの奪三振ショーwww」

2試合目は大根斬り打法の使い手が現れたり、突如として僕がライトに起用されたり、その割に一切ボールは来なかったり、Kさん(暴れまくりの同期の女の子。ちなみに先日提出した僕の因子分析では、独特の恋愛性向が検出された)がカメラに何としてでも写ろうと躍起になっていたりした。そして、大量の三振、エラーを披露しつつなぜか勝ってしまうO先生のゼミ。こうして2戦2勝で幕を閉じた。
試合後、集合写真を撮る時S君(いじられイズム)の頭上に黄色いグローブをかぶせ、「お前の頭の上にあるとバナナみたい」となじり、終了後は余韻にまったり。隣りにはN先輩(割とおっとり系の性格だが、ソフトボールは守備で出場。実はゼミ面接の日、一時迷子になった僕を助けてくれた)がいた。
ヨネ「N先輩、今日は21:30から格闘技番組がありますよ!」
N先輩「ん、ボクシングとか?」
ヨネ「いえ、総合格闘技ですね。『DREAM』っていうんですけど。」
N先輩「あ、山本KIDとかが出るヤツか。」
ヨネ「そうです!」
N先輩「格闘技見るの怖くないの?」
ヨネ「いえ、僕自分が弱いんで、強いヤツが戦ってるの見ると自分が強くなった気持ちになるんですよね。そうです。一番ダメなヤツですwww」
N先輩「オレ、自分が弱いから、格闘技見るとやられてる側に感情移入しちゃうんだよwww」
ヨネ「www」

帰り道はI君による綾瀬はるかトークに巻き込まれそうになったが回避した。ついさっきソフトボールをしていた時まではかっこよかったI君。
「決勝は金曜日だよ。ただ前日の木曜日は他大とのディベート対決で、そのあと飲みがあるよ。オレそこで潰れるだろうから、次の日は二日酔いだよ。」
じゃあ潰れないよう、セーブしてもらいたいと思った。ちなみに「隅っこで飲む派」であるH君は、先日他大学と飲んだ際、片っ端から男に抱き付いていったそうだ。飲みの席での要注意人物が早くも増殖している5月下旬。ソフトボールの決勝ラウンドは無事に迎えられるのか。そして僕はどうしても出たい某テレビ局提供の授業に出られるのか。

速報
WEB・・・






































出来ませんでしたorz
■READ MORE■

トライ
月1といういい感じのピッチでいっぱいいっぱいになる米田です。今はまたヤバい。月曜までに基礎文献レポート(田中本は先週で終わった。今週は田村本。一週間で1冊丸々200ページを読破し20枚のワープロに要約。かつ考察)と多変量解析(『クラスター分析』とやら。ただし先週よりは楽)。来週の木曜の中間発表までに他大学主催のプログラムであるケーススタディのテーマ決め&データ集め&レジュメ作成。さらに明日はゼミ対抗ソフトボール大会(ちなみに僕はなぜか、集合場所で出席を確認する係になった)。そして最大の難関が今日。なんと、WEB係としての資料アップ作業を家で一人で今日中にやらなくてはならない。言ってしまえば99パーセント、いや100パーセント無理なんです。K先輩(パッション)は「まぁどうしても出来なかったらオレがやるから。」と言ってくれつつも、
「頑張ってください」。
K先輩が去り際に言うお決まりのフレーズである。その言葉に応え、2時間ぐらい粘ってやってみようと思う。そしてその暁に、K先輩に託したいと思う。
朝は8:30起き。11:00に学校に着き、今日提出の多変量や基礎文献のレポートを印刷した。
ヨネ「ねぇI君(オーバープッシュ)。他大学主催のプログラムのテーマさ、今H君(大盛りチャレンジャー)が忙しいからオレ達で決めちゃわない?オレ、一つ案があってさ。『宅配ピザ』はどう?」
I君「え、『ティザー』?」
ヨネ「でね、オレこの間思ったんだけどさ。『ラーメンの出前』とか『寿司の出前』とかってニーズが高そうで繁盛しそうだけど、『ピザの出前』って苦しそうじゃない?だからさ、ピザの出前の将来性について研究しようよ。」
I君「オレ、ピザ好きだけどな。」
ヨネ「やめにしよう。」

余った時間は田村本を読んで過ごしたオレ、米田。4限のサブゼミへ。木曜に他大学とディベートで対戦する2チームのプレゼンを見た。明らかに取っ付きにくいテーマに挑む彼らは立派だ。ティザー広告のディベートを終え、グッタリな二日間を過ごした僕とは雲泥の差である。
5限は多変量解析。これがクラスターだったわけだ。いつも、授業内で完璧に理解できる事はない。ただ、『ちんぷんかんぷん』な前回と違い、今日は『ちんぷん』程度。頑張ってみたい。
ちなみに今日返された田中本のレポートを添削してくれたのはK先輩(首謀者)。
「この表が書けてたら米田の評価は3上がっていた。」
とのコメントが。K先輩にとって『3』がどれほどの位置付けなのかがよく分からなかったが、次からはさらに頑張る。
一通りのタスクを終え、帰り道を歩いていたら、K先輩(パッション)から例の電話があったわけだ。
K先輩「WEBの資料なんだけど。とりあえず今日のディベートの資料は今日中にアップしてください。」
ヨネ「イェッ!?」
動揺のあまり『エッ!?』も言えていないオレ、米田。
ヨネ「無理な自信があるんですが(笑)」
K先輩「まぁ基本的に資料はその日のうちにあげるからさ。」
ごもっとも。そして先輩達、僕に仕事教えてくれたしな。そう、要は僕の飲み込みの遅さのせいなのだ。
K先輩「出来なかったら最悪、オレのところにデータ送ってくれればやるから。」
たぶんそうなると思いますが。
ヨネ「じゃあ…とりあえず挑戦だけしてみます。」
K先輩「頑張ってください。」
ヨネ「はい…。」
あなたは「とりあえずヒョードルの娘を全力で殴って来て」と言われたらそうするか?僕は今、絶対に残酷な展開が待つ事をやろうとしている。今日の僕は、最高に悲壮感に漂っている。殴って来ます。


グータラな一日
5月24日の米田です。
昨夜は史上初の下ネタ投稿を失礼致しました。皆様のご期待に添えられたかは分かりませんが、この企画が成立しましたのは何よりM先輩(ヘルパー改め下ネタリアン)のおかげです。勝手に企画、実行してしまった無礼をお詫びするとともに、感謝致します。
祖父の家にて。昼にはここを出て自宅に戻る予定だったため、9:00頃目が覚めた。父、母、兄は皆起きており、
「一弘はやっと起きたか」
的な表情で僕を見下ろしている。それを確認し、また目を閉じるオレ、米田。
目を開けると、時計は短針が『10』と『11』の間を、長針が『6』を指していた。父、母、兄は
「もう起きてくれ」
的な表情で僕を見下ろしていた。

朝食を食べ、家に帰ってきたのは12:00頃だっただろうか。深夜、30分限定公開法に基づき下ネタブログを処理しつつ、多変量のレポートを作りつつ…と結局3:00頃まで起きていたとは言え、睡眠時間はそんなに少なくもない。しかし、なぜか体調が悪かった。体温を計った。平熱は36.5℃。ところが観測された体温は36.7℃だった。熱がある。
14:00頃から多変量のレポートの仕上げにとりかかり、家で印刷しようにもインクが足りなかったため断念。16:00頃から不貞寝した。
「30分寝るわ。」
起きたのは19:30だった。

基本的に今日は食べて寝ただけ。久し振りに、そして必要以上にダラダラ出来たこの土日。さすがに各方面の方々に申し訳ないため、ここから巻き返そうと思う。来週提出の基礎文献をやりたいと思う。目標は朝3:00まで。頑張ります。


速報
ダンサーメンバー紹介のジャザー欄にY先輩(珠玉の天然)を、ハウサー欄にS先輩(ハウスの実力者。先日はM先輩と誤表記してました)を追加しました。まさかこの時期に追加することになるとは(苦笑)
それぞれニックネームは変えたので、そちらにもご注目ください。なお、ゼミのメンバー紹介はもう少しデータなりニックネームなりが確定したら書くかもです。

ブログFROM祖父の家(5/23後半の日記)
‘たぬきうどんの開拓者’である祖父に会いに行った。ゆっくり話す機会は最近なかなかなかった。
僕は今ダンスよりゼミを優先して毎日を過ごしている事、しかしグループワークで行き詰まった時はグループ学習室で踊っている事、ディベートが終わったその日のうちはいくら普段仲良しの相手チームとも少し気まずい空気になる事などを話した。サークルEの各メンバーから『部外者』『ヨネ、来たのか。』『でも私は嫌いじゃないよ』などと言われている事は、心配をかけたくないから言わなかった。
だいぶ話し、帰宅は18:00頃。起きたのは遅く、行動もダラダラし、運転も勉強もしていないのになぜか疲れ切った僕。二時間半の睡眠を敢行した。久し振りに思う存分寝たこの清々しさはなんなのだろう。『世界中に森林を植えたい気持ち』とでも言うべきだろうか。とにかく、いい気分だった。
家でピザを食べて21:00。祖父の家へ行き泊まる事に。
一弘「向こうでお腹すかないかな。」
兄「そしたら夜食食べればいいじゃん。」
一弘「ダイエット中だからさ。」
母「間空ければ大丈夫よ。」
その理論は何なんだ。
兄「カツとかは重いじゃん?だけどお団子とかなら太らないよ。」
一弘「そう?」
兄「軽いから。」
一弘「そっか。気軽に食べられる物はOKだもんね。」

そんなこんなで今、祖父の家。みんなでビールを飲み全体的に目がトロリとなっている。今日のんびりした分、しばらくは起きていられそうだ。レポートやります。

新しきドライブスルーのシステム(5/23前半の日記)
最強の一族の後継者、米田です。
タスクがない今日。朝は久々に自然起床の11:30。のんびりカメに食事を与える。
「今僕ダイエットしてるじゃん。だからカメの食事も少なめにしてるんだ。」
と言うと、兄に
「お前は最低だ。」
と言われたオレ、米田。
13:00頃、祖父を訪問しに出掛ける事にした米田家。今回の出演者は父、兄、僕。
のんびりしすぎて、この時間まで食事もせずにいた。
「車で行く途中、マックに寄ってもらえる?」
と父に頼んだ。ダイエット中の身で、朝一番に口にする物が果たしてマックでいいのか。そんな一抹の戸惑いがあった僕は、‘ドライブスルーなら問題ない’と自らを納得させた。
出発。ドライブスルーはなかなかの混み具合。いつも、マイクで注文を聞かれ、窓口で支払いと品物の受け取りをするそこのシステムも緊急の措置を施していた。店員が一つ一つの車に何か聞いている。注文するのは僕の役目になった。
店員「いらっしゃいませ。」
ヨネ「(ドン)イテテテ。」
窓からクーポン券を出そうとして腕をぶつけた。
ヨネ「注文は…」
店員「あ、今ここではとりませんので。」
ヨネ「え、あのクーポ…」
店員「クーポンはあとでご注文をお聞きしますのでその時にご提示ください。」
ヨネ「でも注文はもう決まって…」
店員「こちらメニューになりますのでもう少しお待ち下さい。」
ヨネ「え…」
店員が去る。
兄「一弘、今ほとんど喋らせてもらえなかったよね。」
一弘「飲まれたよね。」
兄「まともに言ったの、『イテテテ』ぐらいだったよねwww」

ドライブスルーで第二コーナーへ。ようやく注文を言えた。
第三コーナーにはなんと外にレジが設置されていた。
‘え、こんなマックって効率悪いシステムだっけ…?’
そんな思いで兄の方を向くと、兄も同じ事がツボだったらしく、肩をヒクヒクさせて笑いを耐えていた。
その先の窓口で品物を受け取った。さりげなく振る舞い、見事クーポンを取られずにやり過ごした。


下ネタタイトル公開への見解
え~爆発的な反響をありがとうございます(苦笑)
このブログをお読みいただいている方々がいかに下ネタ好きの集合体かというのは、十分に実感いたしました。
『下ネタ希望者は拍手をしてください』。
ニーズを図るためにこう書いた先日の記事。はじき出された5月23日1:20時点での拍手数は最高水準の『8』。おまけにスパム様にもお越しいただきまして、俄然機運が高まりました。というわけで・・・







『てか米ブログ』史上初の下ネタを解禁いたします。
ただし、やはりここは僕にとっての聖地。『公での内輪ネタと空気の読めない下ネタ』が氾濫してしまっては、僕のプライドにかかわります。というわけであくまで、今回は特別、というスタンスでいくつもりですのでご了承ください。
そしてその公開方法ですが・・・










30分限定公開法を取りたいと思います。
公開期間は5月24日の朝1時半~朝2時の30分間。2時を回ったら、記事を丸々削除します。
というわけでこのブログの革新的記事を目に入れたい方、単純に下ネタが好きな方は、24時間後、このブログにお越しください。

完全再現たまり日記
ディベートが終わりちょっと安心な米田です。今週はやはりダンスに行くのはやめ、因子分析を自力でやろうと思います。

今朝5時まで因子分析のレポートをやっていたオレ、米田。3時間睡眠で学校へ。1限こそ諦めたが、2限から出席。教室でパソコンを広げ、因子分析を終わらせた。そうこうしてる間に、サークルEのメーリスが発動。今日のたまりもまた、M先輩(鬼ロッカー)からバイト先で売っているパンやケーキの差し入れがあるという。とはいえダイエット中の僕。たまり参加はやめ、生協へ。いつもはコロッケパン、ホットドッグ、ドーナツパンなどをチョイスするが、今日はアップルパイ一つにセーブ。
「オレは………やったぞ………。」
達成感は僕をたまりに向かわせた。
たまりにいたのはM先輩(ハウスの実力者)とM先輩(オンリーツーエイト)。
ハウス「うわぁヨネだぁぁ!!ウケる~。久し振りぃ~」
オンツー「ヨネなんか用?」
ヨネ「冷めるのやめてもらえませんか?wwwあ、お久し振りです。あれ、M先輩(鬼ロッカー)は?」
ハウス「なんか用があるみたいでパンだけまず預かったの。すぐ来るよ。」
オンツー「パン届けただけ?来るんだよね?」
ハウス「そりゃ来るでしょ(笑)」
そこに現れたのが先日華々しくブログに初登場したY先輩(去年留学していた珠玉の天然ジャザー)。
ハウス「あーYさん!久し振りー!」
珠玉「久し振りぃ~!!あ、Mさん(オンツー)だぁ。久し振りぃ!!」
オンツー「久し振り!!この間会ったけどね。」
ヨネ「www」
さすが姉貴。緩急が効いている。
オンツー「てかパンもう食おうぜ。」
さすが姉貴。男らしい。
ハウス「さすがにM君(鬼ロッカー)来る前に食べるのは(苦笑)」
オンツー「一個ぐらい並ばれないっしょ。」
先輩方3人が1個ずつ食べたらさすがにバレると思うがな。
ハウス「ヨネいらないの?」
ヨネ「あ、僕はもう買ってきたので。ダイエット中なんで遠慮しときます。」
オンツー「誰もあげるといってないしね。」
ヨネ「そんなwww」
ハウス「ヨネ、たまに学食で一人で食べてるよね?」
ヨネ「他の言い方ありませんでしたか?」
オンツー「友達、いないの?」
ヨネ「なんでちょっと神妙なんすかwww大ジョブです。多くはないですけどちゃんといますから(笑)」
ハウス「金曜はよく学食で見る気がする。この間K君(=1000の笑いを持つ男・K先輩。)と一緒に、ヨネが一人でカレー食べてるとこ見掛けて。『食べてるね』って遠くから見てたの。」
ヨネ「なんで話しかけてくれないんすかwww」
オンツー「ヨネ、今度からあたしが付き合ってあげるから。」
ヨネ「てか木曜がゼミなので、金曜は結構学校に来ないゼミ生が多いんです。あと、課題やったりとか。」
オンツー「言い訳しなくていいよ。分かってるから。」
ヨネ「だから僕にだって何人かは友達いますってwww」
珠玉「ホントだよ!!この間私、ヨネが友達といるところ見たもん!!」
ヨネ「Y先輩、そういうの証言するのやめてくださいwww」
オンツー「ヨネってなんか院生みたいだね。」
ヨネ「そういう突発的な一言が傷つくんですけど。」
M先輩(鬼ロッカー)が登場。
ヨネ「M先輩、お疲れ様です。」
鬼ロッカー「お、ヨネ。来たのか。」
ヨネ「すみません。」
オンツー「来ただけで謝るwww」
珠玉「M君(=鬼ロッカー・M先輩)、パンありがとう!パン屋やめたんじゃなかったっけ?私M君がパン屋やめたって聞いて超ショックだったの。」
ヨネ「人のバイトに感情移入するというwww」
オンツー「てかYさん(=珠玉の天然・Y先輩)、バイトしてないの?」
珠玉「やってるよ。」
オンツー「何やってんの?」
珠玉「法律事務所。」
オンツー「それってバイトでやっていいの?www」
ヨネ「www」

さらにここでS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)も参戦。
ヨネ「お疲れ様です。」
S先輩「おーヨネだ(*^_^*)久し振り。」
…………
オンツー「S君(=隠れ米田キラーwithスマイル・S先輩)、今ヨネを普通に受け入れたね。」
ヨネ「受け入れたも何も、別に僕何も悪い事していないんですがwww」
珠玉「え、ヨネってさぁ、嫌われてるの?」
ヨネ「www」
鬼ロッカー「あーそっか。Yさん(=珠玉の天然・Y先輩)、あんまヨネの事知らないんだ。」
珠玉「うん。あ、でも私は嫌いじゃないよ!!」
ヨネ「あぁ…どうも(笑)」
オンツー「なんか今の言い方、リアルに皆がヨネを嫌ってるみたいなwww」
ヨネ「www」
オンツー「ヨネはこういうキャラなんだよ。」
鬼ロッカー「そうそう。」
珠玉「いじめられっこなんだね。」
ヨネ「www」
スマイル「『いじられてる』じゃなくて『いじめられてる』と(^_^)v」
珠玉「でも私はホント嫌いじゃないから!」
ヨネ「フォローしていただく度に僕が傷ついている事に気付いてますか?」
ハウス「あ、この間私集会室でヨネのマネしてたよ。」
ヨネ「あ、嬉しいですね、そういうの。何してたんですか?」
ハウス「ジャンプしてた。」
ヨネ「あ、『土ジャンプ』ですか。」
珠玉「何それ?」
ヨネ「あ、いわゆる開脚ジャンプです。」
珠玉「やって。」
ヨネ「え!?」
オンツー「ヨネ、やれよほら。」
ヨネ「M先輩(オンツー)分かってますよね。私服、教室、食事中。明らかに今やるべきではないと思うんですがwww」
鬼ロッカー「あ、このパン新しく発売したヤツなんだけど、味微妙やけん。ちょっと食べてみて。」
M先輩(ハウスの実力者)が試食。
ハウス「………あ、確かに。美味しくない。」
M先輩(オンツー)が試食。
オンツー「……………。」
ヨネ「黙るのだけはやめません?www」
オンツー「あのあれだ………なんか………どの時間帯にも食べたくない味。」
ハウス「そうそう!」
それは売らない方がいいと思う。そして僕には試食が回ってこなかった。
珠玉「あ、Mさん(オンツー)、この間の魔法の話して。」
オンツー「あぁあれね。」
ヨネ「なんすかその気になるトピックスはwww」
オンツー「いや、サークルEにね、何人魔法使いがいるかって話。」
鬼ロッカー「いるのが前提なんだwww」
オンツー「だって私魔法使いだもん。」
ヨネ「出ました『I am 魔法使い』発言www」
珠玉「あんまり魔法使いをバカにしない方がいいよ。」
ヨネ「えぇ~www」
オンツー「あ、サークルE内は私だけかも。D君(=ど真ん中のB系ヒップホッパー・D先輩)は『魔法使いに見せかけた一般人』。」
珠玉「うんうん。」
オンツー「この話分かるのYさんとMさん(=美人ジャザー・M先輩)だけなんだよなぁ。」
ヨネ「分かる人がいる時点で奇跡だと思うんですが。」
珠玉「Mさん(オンツー)、魔法使うために何してる?」
オンツー「一応イメージトレーニングしてる。」
鬼ロッカー「一応www」
オンツー「あ、ヨネまた今度焼肉行こうよ。」
ヨネ「あ、是非!でも安安で一人3000円って高過ぎましたよね(3月28日更新の日記参照)www」
オンツー「伝票で合計10000円超えたの見て、D先輩(策士)、『大台に乗った』って言ったからねwwwあ、そういえばS君(スマイル)、D先輩に就活の二次募集の告知送ってくれてありがとね。」
スマイル「あ、いいよo(^-^)o」
ヨネ「D先輩、就活始めた頃にはもう志望してた職業の募集終わってたんですよねwww(3月17日更新の日記参照)」
オンツー「あの人就活上手くいくのかな。」
ハウス「この間集会室前スペースで踊ってたよ。」
鬼ロッカー「wwwてか、就活もそうやけどオレ卒業が危うい。」
珠玉「そうそう。私授業ほとんど出てるんだけど、全部寝ちゃうんだよね。」
オンツー「そこがYさん(珠玉の天然)の最大の弱点だよね。」
ヨネ「『最大の弱点』www」
鬼ロッカー「というわけでヨネ、テストの時は頼む。オレダンス忙しいから。」
ヨネ「僕だってゼミ忙しいっすよ!」
鬼ロッカー「言い訳すんのか?」
ヨネ「M先輩(鬼ロッカー)だって『ダンス忙しいから』って。」
オンツー「ヨネ言い訳すんなよ!」
ヨネ「なるほど。これが年功序列ですね。」
鬼ロッカー「てかケーキ余ってんじゃん。ヨネ食えよ!」
ヨネ「僕ダイエット中なので。」
ハウス「え!?」
鬼ロッカー「ダイエット!?」
オンツー「気持ち悪っ。」
ダイエットの話、さっきしたのに。
結局食ったオレ、米田。よりにもよって、モンブランだった。凄く美味しかった、濃厚で。
鬼ロッカー「あ、この間電車に乗ってたらさ、クッソデカいハチがいて。マジ近く飛んで、逃げるに逃げられなかったよ。」
ヨネ「でも皆ハチ怖がりますけど、実は刺される事ってあんまないっすよね?」
スマイル「えー夏とか運動部がよく刺されたって聞いたけど(^O^)」
ヨネ「え、僕『友達いません』よ?………じゃなくて『友達に一人もいません』よ?」
オンツー「やっぱ友達いないんだ…。」
ヨネ「今僕、自爆しましたねwww」
オンツー「さっき、『ヨネはよく一人で食事してる』って話になったの。」
鬼ロッカー「確かにヨネはよく学食にいるな。」
ヨネ「そのポケモンみたいな言い方やめてください。」
オンツー「ポケモンwww」
鬼ロッカー「掴まえるなら、ノーマルボールだなwww」
珠玉「あー『スーパーボール』とか『ハイパーボール』じゃなくて、一番機能の低い『モンスターボール』?」
ヨネ「そこ掘り下げないでもらえますか?」
スマイル「まぁヨネがポケモンならいらないけどね(*^_^*)」
オンツー「ゲットしたあと確認テロップが出るんだよ。『いりますか?』ってwww」
ヨネ「www」

食事を終え、僕はグループ学習室へ。同じ机にはK先輩(首謀者)やK君(学園祭の論文で同じチーム)。K先輩に、昨夜仕上げた多変量のレポートを見せた。
K先輩「恋愛性向の結果、なかなか面白いね。」
K君「てかヨネどんな人が好きなの?」
ヨネ「松たか子。」
K先輩「そうきたか(笑)」
K君「普通に、タイプは?」
ヨネ「あー…うーん……ギトギトしてない人かな。って、ギトギトしてる人が好きな人自体いないだろうけどwww」
16:00過ぎまで、WEB担当の仕事の引き継ぎをしてもらった。いよいよ、僕がゼミのホムペを操る出番が迫っている。じっくり指導してくれた前WEB担当のK先輩(首謀者)とK先輩(パッション)。理解した現WEB担当のMさん(先日僕が見栄を張った人)と理解出来なかったヨネ。
16:30から某テレビ局提供の授業に出て、18:00にグループ学習室に戻り、再度WEBを教わった。そして実際にホムペ操作をやってみた。失敗した。

家に帰ると、スイートポテトが2つあった。
母「一弘食べていいわよ!」
一弘「いや、ダイエット中だから。」
兄「1つは食べていいんじゃない?」
一弘「いや。いらない。」
兄「まず半分食べて、また後で半分食べれば?」
ヨネ「なるほど。」

半分食べた。そしてすぐさま夕食が出て来た。おにぎりが出て、その後母が
「これだけだと寂しいわね」
と肉入りの鍋を提供。さらに牛肉の炒め物。追撃として最後の最後に、一膳分の白米が出て来た。米、肉、肉、米。
一弘「いつもより、多くない?」
兄「まぁいいんだよ。あ、一弘、もう時間空いたから残り半分のスイートポテト食べてもいいんじゃない?」
ヨネ「『時間空いた』って僕その間も食べ続けてるからねwwwフツーの三角食べじゃんwww」
母「一弘、チョコ食べる?」
兄「このチョコは細いから大丈夫だよ。」
母「ミント入りだし。」
ヨネ「まず根本的に、僕チョコ食べられないからねwww」
チョコ嫌いだが、バレンタインで困る事はないオレ、米田。悲しくなるから、理由は言わない。

今日は必要以上にたまりの会話を詳しく書いてしまった。スラスラ思い出せた。それだけ楽しかったのだろう。
明日は土曜。ちょっと疲れているから、のんびり休もうかな。


最高の負けにするために
先日ディベートの班でグループワークをしている時、突発的に自らの便秘をカミングアウトした米田です。お陰様で、今は快調です。

ディベートの本番。この日まで、今までのケース(ドトール)やディベート(不正ネット配信)以上に、チームに貢献しよう、役割を果たそうと思って来た。力も無いくせに、「今日は何する?」「個人の宿題はこれね」と仕切った。それはチームのI君(オーバープッシュ)もAさん(情報屋)もS君(いじられイズム)も、前へ前へ出て指揮を取るタイプでは無かったからであり、チームのヘルパー、M先輩に頼らないでディベートを噛み合わせる、勝つという意地だった。
だから昨日の帰宅後は多変量や英語の和訳、英語などのあと、今日(5/21)の朝5時までずっとディベートの構想を練っていた。2009年は誰かに頼る自分を消す『独』の年。忘れちゃいない。
12:00に学校に着き、グループワークを開始。このチームが清々しいのは全員が遅刻しない、かつ無駄な時間を過ごしたくないという強い意志を持っている事だ。M先輩は13:30に到着する。僕らは昨日の夜に印刷したレジュメの誤字脱字を修正し、質問への返答や反駁を打ち合わせ。さらに本番を想定した立論のリハーサルまでした。ここまで計画的に出来たのは完全に『M先輩のおかげ』。本ディベートの禁断ワードだ。

14:30、ディベートで使うレジュメの印刷を終え、時折S君に「テンパってんじゃねぇよ」と言いながら自らの緊張をごまかすオレ、米田。今にもディベートへ飛び出したかったが、4限の本ゼミは英語購読だった。
未だexcite翻訳から抜け出せない。もちろん本文にはちゃんと目を通し、手書きで修正もしたが…米田一弘20歳。来週からはスタンスを換えます。まず自力で読んで、そのあとエキサトります。excite翻訳は和訳文のタイピングの時間節約のためだけに使います。
M先輩(ヤギの犠牲者)が、僕の隣りに座った。
M先輩「やべぇよ、英文一度も読んでない。英文ダウンロードして印刷しただけだwww」
ヨネ「僕の和訳でよければ、この紙見て下さい。もとはexciteですけど。」
M先輩「excite使ってるようじゃダメだよ!」
ヨネ「一度も読んでないM先輩よりいいじゃないですか!!」
M先輩「オレ、本文の段落ごとに印つけたもん!」
ヨネ「僕もこれからつけますよ!」
この後、『五十歩百歩』という言葉が生まれた。

授業後開始まもなく、
「ヨネ、ちょっとexcite見せて」
と言って来たM先輩。
「M先輩、僕が和訳する文ってこれですか」
と言った僕。この後、『人』という字が生まれた。

4限が終わり、いよいよディベート。僕らのレジュメが公開された。ティザー広告(docomo2.0の「そろそろ反撃してもいいですか」のように、消費者に敢えて情報を隠し、関心を引く広告手法)の是非を問う今回のディベート、僕らは否定側であり、同時に既存広告(=ティザー広告以外)の良さも主張する。レジュメの題名は、
『既存広告をナメてる全ての人達へ』。
I君のアイディアが採用されたこのタイトルだが、実はかなり吟味した。前日にもかかわらず40分近くにのぼる貴重な時間を費やし、5人で10を超える多くの案をノミネート。そしてなぜか、投票する案をメールに書き、一斉にアップロードする完全秘密選挙のシステムを確立した。今日は特別に、候補作を公開したい。

米田の作品
『じらさないで…』
寸評:本議題である『ティザー広告(=じらし広告)』の否定派である事を端的に表しつつ、そこに若干のセクシャルなエロティシズムを垣間見せる珠玉の一品。
『小沢が去りティザーは消える』
寸評:民主党の小沢氏が代表から退いた最新の時事を見事に盛り込みつつ、『小沢』と『ティザー』で韻を踏もうとし、見事失敗した勇気の作品。
『大公開時代への回帰』
寸評:今や、情報をじらさずに公開するCMは古いのだろうか。時代への懐疑を『大航海時代』とかけて表現しつつ、もし読者に‘誤字か’と誤解されたら致命的にイタイ爆弾作品。
『情報が裸で何が悪い!!』
寸評:SMAP。

S君(いじられイズム)の作品
『ティザー広告無能論』
『ティザーの幻影』
『ティザーじらしに溺れる』
寸評:なぜか全体的にカッコいい仕上がりのS君の作品。特に1つ目は、‘もう既に存在し、証明されている論なのではないか’と読者を惑わす破壊力があり、レジュメを配った時点で勝負が決まる可能性すらある。

I君(オーバープッシュ)
『既存広告をなめてる全ての人達へ』
『そろそろ反駁してもいいですか』
寸評:ティザー広告の有名な2つをもじった秀逸な作品。しかし二つ目は、「こんなにかっこよく言っといていざ反駁の時何も言えなかったらヤバくね?笑」という理由で却下された。

Aさん(情報屋)の作品
『じらさないで
寸評:周りの4人全員が、がめつく複数の作品を考案した中、一つに絞って来た勇敢なAさん。しかし、ヨネの作品とかぶる不運な展開に。それに関し彼女は「でもヨネとは『…』と『』で違う」と巻き返しを計った。

M先輩の作品
『肉食系>草食系』
寸評:『ガツガツいく肉食系と穏健派の草食系』を、『情報を出し惜しみしない既存広告と控えるティザー』に喩え、そして不等号でこちらの姿勢を視覚的に表す高度な作品。

そして、M先輩が最も推した自身の作品は………





言えません。簡単に言うと、下ネタです。そしてそれが公開されたあと、I君と僕はAさんの存在も忘れ大喜びし、しばしその話で盛り上がりまくりました。本気で、ここに書いてしまいたい。それぐらい、いい。しかしそれは、『公での内輪ネタと空気を読まない下ネタ』を嫌い続けた僕のブログの秩序を破る事になる。
というわけで。もし知りたい方、いましたらこの記事に拍手するなり、なんらかの手段で連絡するなりして下さい。ニーズ次第で、検討します。
ガッチリ噛み合った試合をして、M先輩の出る幕がないまま勝つ。これが僕のこのディベートの目標だった。しかし、結論から言うとこちらのチームの窮地を救う役割の多くをM先輩にやらせてしまった。671対711。30人近くのオーディエンスの投票により、僕らは勝った。内容はカオスに陥るシーンもあったが、ある程度は噛み合い、『まとめ』を僕が担当し主張が終わると、拍手が起きた。僕の発言量も、不正ネット配信の時より快便と便秘ほど違う出来。しかし、両チームからたった一人選ばれる『ベストディベーター』は文句なしでM先輩であった。僕の目標は、もろくも崩れた。M先輩に頼った時点で僕らの負け。これが率直な感想である。
ディベートが終わり、僕は何人かの先輩にアドバイスをもらった。多くの人に言われたのが、
「ヨネはいい事を言ってたんだけど………






早口でよく分からなかった。」
「声ちっちゃ。」
だった。率直な評価は、素直に、紳士に、謙虚に受け取りたい。T先輩(爽やかな院生で、下ネタを時折放つ事で爽やかさが増す)はまとめについてアドバイスをくれた。
「なかなかよかったと思うよ。」
最高だったらしい。
僕自身、普段熱くなった相手にさらに言葉をあびせるような事はしないため、それが出来た今回のディベートは楽しかった。『ベストディベーター』として3人の人が僕を挙げてくれていた。もちろんそれは『M先輩は除いた評価』であるだろうが、素直に嬉しかった。

K先輩(首謀者)に多変量解析を教わる事に。嫌な顔一つせず、付き合ってくれたK先輩。
ヨネ「いやぁ、ディベートは緊張しますよ。手、ガッチガチでしたwww」
K先輩「お疲れ。なかなかよかったよ。オレはディベートでは話せないタイプからなぁ。でも就活の面接は徐々に話せるようになったんだよ。思ったよね。『一生懸命やりゃ出来るんだな』って。」
ヨネ「それ、決していい意味じゃないですよねwwwてかすみません。お疲れのところ多変量に付き合わせちゃって。」
K先輩「いや、暇だからいいよ。偉いね、早めにやって。」
ヨネ「ディベート終わったのに手の震えが止まらなくて。初めて気付いたんです。手の震えは多変量への不安だって。」
K先輩「www」

今回の多変量の課題である因子分析は、事前にゼミ生に出された恋愛に関するアンケートを用いる。
ヨネ「まさかこの恋愛のアンケート、資料として名前付で公開されるとは思いませんでしたwww」
K先輩「確かにね(笑)まぁプライバシーだけど、どうせみんな真面目に答えないし、信憑性は薄いっしょ。」
ヨネ「僕全部ガチ回答したんですけどwww」
K先輩「アツいなwww」

K先輩は本ゼミ後の18:30から21:00まで、ずっと付ききっきりで指導してくれた。時にお互い真面目に、『ツンデレ』について議論したり、僕の恋愛性向がゼミの女の子の誰と近いかを計る過程で「『多変量を機に彼女が出来る』って新しいですよね」「それが今回の出題者の真の狙いかもよ」と無駄にワクワクしたり、結局恋愛性向が似ているのがT君(住職第一希望)とN君(知らぬ間に合宿の飲み会係。)と、ガッチリ男で固まっていて意気消沈したりと楽しかった。
多変量、今回さすがに頼りすぎた。とりあえず今日明日で仕上げて、明後日もう一度自分一人でやってみようと思う。
ディベートも終わった事だし。来週、他大学とうちのゼミの代表がディベートを行なう。僕の仕事はオーディエンスとして『ジャッジ質問』で他大を潰すような質問をする事。そのために、少し勉強しておこうと思う。さらに再来週かその翌週には新たなケース課題の中間発表がある。やる事が多いけど頑張る。ディベートも、今回M先輩に頼ってしまい…活躍出来なかったケース(ドトール)、噛み合わなかった不正ネット配信、先輩に頼った今回。記録的には三連勝でも、実質僕は三連敗中。ただ、M先輩と組めて、話し合いの進め方や本番での振る舞い方を間近で見られたのは貴重でありがたい経験だ。これを次に活かしていけば、今日の『負け』は最高な結果である。次はもっと噛み合わせて、オーディエンスを巻き込んで、そして勝ちにこだわっていきたい。
家に帰り、目の前にはドーナツ。『米田流ダイエット』真っ最中のオレ、米田。ポン・デ・リングはやめて、オールドファッションにしておいた。さすがに2つは食べてはいけないと思ったので、ヨーグルトをかけて食べた。ヨーグルトとドーナツは合うからOKなのだ。

今から多変量のレポートをやる。頑張りたい。寝たい。
(下ネタ希望の方は、拍手なりなんなりでの意思表明をお願いします。)

気にするな?それは無理だ
食前食後に米田です。
朝は7:00起き。10分遅れはしたものの、1限に出席した。明日の本ゼミの英語に向け和訳開始。45分ほどで力尽きて熟睡。夢を見た。内容は忘れた。10:30からはグループ学習室にディベートのチームであるI君(オーバープッシュ)とS君(いじられイズム)が集結。力を合わせて、各自明日の英語の和訳をした。
月曜提出の多変量解析の課題、因子分析が重い。ディベートを控えているため、明日まで何も出来ないという現状。内容を全く理解していないため、周囲に聞くには土日までに仕上げないといけないという条件。ある種神懸かっているともいえるピンチ具合。
同期WEB担当のMさんはこの課題に昨日取り組んだらしい。周囲がMさんに「~の部分で~って表記が出たらどうすればいいの?」「因子っていくつにした?」と専門的な事を問う中、僕が彼女に言ったのは一言。
「え、最初は何やるの?」
勘違いしないで欲しい。僕は始めから人に全てを頼るような男じゃない。レクチャーのレジュメなら、ちゃんと見た。そして、分からなかったのだ。
Mさんは僕に手順を教えてくれた。最後に、
ヨネ「考察のところの表ってどうやって作ればいいのか分からないんだ。」
Mさん「あーそれはエクセルで作ればいけると思うよ。」
ヨネ「あ、エクセルか!!わかった。ありがとう。」
Mさん「はーい。」
………










エクセルでどうやって作るのだろう。
Mさんに張った小さな見栄が重くのし掛かる中、僕は昼食へ。無能にも、今日もカレーだ。因子分析のレクチャーレジュメを見る。分からない。

グループ学習室に戻り、13:00からディベートのグループワークが始まった。13:30からはM先輩(ヘルパー。そろそろイカついキャッチコピーを考えたい)も合流。当たり前のように授業を切って作業を行なうO先生のゼミ。14:30に、授業からI君が帰っていた。出席必須の授業だったのだ。
I君「ゴメンね、授業出てた。………授業出て謝るのって、なんか変だよねwww」

時間を無駄にしないよう、M先輩は今日やるタスクをメモ書きし、重要度を基準に順番分けし、時間を割り振った。頼れなかった昨日はいい時間が送れず、頼るべきでない今日は頼ってしまった。
18:00頃は気分転換に皆でネットの『IQテスト』にチャレンジ。IQ95の頭脳を持つオレ、米田。115を弾き出し大満足。他のサイトにも立ち寄る。
17問でIQが計れるサイトがあったので早速チャレンジ。弾き出した驚愕のIQは………94『点』。
IQの『点』とは何なのだろうか…。右側には診断結果が文章化されていた。
『90点~105点…標準的なIQです。努力次第で飛躍するので頑張りましょう』
何をどう頑張ればいいのだろう。そして最後にこう書いてあった。
『この結果はあくまで目安ですので……………







気にしないで下さい』
17問にかけた時間、返せ。
隣りの席に座っていたT先輩(院生。落ち着きのある口振りでたまに下ネタを言った時の輝きは桁外れ)に多変量の事を質問した。Mさんに見栄を張った話をしたら、喜んでもらえた。
グループワークを再開し、レジュメが完成した後はタイトルを考えた。『ティザー広告(情報を小出しにして消費者をじらす事で興味を引く広告)の是非』を争う今回。5人それぞれが挙げた珠玉の全11候補は…………
明日にでも公開しようと思う。
明日の5限はいよいよディベート本番。喋る事が出来るか不安だし、4限は英語の和訳もあるし…と不安づくしな木曜日。ディベートはもちろん勝ちを目指して頑張るが、根本の目標は真っ向から戦って、かみ合わせて、オーディエンスを巻き込む事。頑張ります。
今日はこのあと、明日に向けてディベートのレジュメを見つめる。多変量もやる。そして、腹筋をする。


よねだ☆かずひろの音楽
音楽にランキングをつけることなんて馬鹿げている。
冬に『波乗りジョニー』を聴きたいか?
落ち込んでいる時に『Hey!みんな元気かい?』なんて聴きたいか?
何か深いことを考えたい時に『だんご三兄弟』を聴きたいか?


人には時として言われたい言葉があるのと同様、音楽だってその時の自分の状況だとか、考えている事だとかによって、聞きたいものは変わってくる。万能のランキングなんてない。
人を励ます事は苦手で、嫌いだ。僕の趣味に合わない。久しぶりに真面目なことを書いているこの記事も、自分に何かが起きた時にふと立ち戻るために書き残す。今、これを読んでいる僕あるいは読者に何が起きているかを、2009年5月20日1:11の僕は知らず、責任を持てるはずもない。ただ、音楽が、自分に何かを教えることもある。
■READ MORE■

有り余るタスク
はっきり言って米田です。
10:00から学校にてグループワーク。M先輩(我がチームのヘルパー)を欠いているとは言え、今日はディベート本番の2日前。追い込みに待ったなしなタイミングである。
学校に着いて、まずはパソコンを借りた。来週の月曜提出の多変量解析、『因子分析』は強敵中の強敵。なんとかしたい。昨日、多変量のレクチャー後、僕はK先輩(首謀者)と話した。
K先輩「内容わかった。」
ヨネ「綺麗に分からないです。」
K先輩「www」
ヨネ「また今度、教えてもらえますか?」
K先輩「うん、いいよ!」
ヨネ「ありがとうございます!それまでに自分で分かるところは出来るようにしておくので。」
K先輩「うん、そうだね~。」
N先輩(ブリッジレスポンス)「米田、そんなんやっても無駄やて。」
ヨネ「なんでやる気になった芽を摘むんですか?笑」
N先輩「そういうのは自分でやらんと意味ないで。」
ヨネ「あぁ…まぁ…確かに。」
N先輩「まぁオレは自分でやって再レポばっかやったけどな。」
ヨネ「カッコいいwww」
そして昨日の夜、見事ノータッチで寝た。

10:00に集まったディベートグループで、僕らの立論に相手がぶつけてきそうな反駁を考えた。M先輩がいない場でいかに話を進められるかが僕らの真価。皆もそれを分かっていたらしく、行き詰まりつつも意地で12:00まで話し合った。
「あのさ、ここの文が気になるんだけどさ。」
S君(いじられイズム)が珍しく反駁を発表。
Aさん(情報屋)「ん、なぁに?」
S君「うん、あのあれだ…要するに…なんていうか…言葉に出来ない……。ゴメン、緊張で忘れた。何でもないや。」
I君(オーバープッシュ)「Aさん強ぇぇwww」
Aさん「私聞き返しただけなのにwww」

昼食へ。火曜はカレーはなく、代わりにハヤシライスが提供されるらしい。
「オレ、ぶっちゃけるとハヤシライス大好きなんだよね。今度のディベートのテーマ、『カレーライス派とハヤシライス派に分かれてとりあえず議論せよ』みたいなのにしない?」
という提案は残念ながらスルーされたオレ、米田。
Aさん「ディベートやったあと、なんか相手と気まずくなったりしない?それが不安。」
ヨネ「あー激しい議論になるかもしれないしね。」
S君「H君(隅っこで飲む派)と話しづらくなったり?」
ヨネ「S君お前キレたらどうなるの?」
S君「んーなんかこう……固い物を投げるかな。」
Aさん「何それwww」
ヨネ「オレはとりあえず泣くね。うん、ワンワン泣く。」
I君「オレだったらどうするかなぁ………。」
ヨネ「マイミクから削除するんじゃね?」
I君「www」
I君の「もう少し休みたい。」「まだ勉強したくない。」発言もあり、グループワーク再開は13:00。
なかなか名案が生まれない話し合いの中、Aさんが
「あ、そうか!…………あ、でもいいや」
と正しく『じらし』てイラッとさせてきたり、I君が
「15:00からバイトだけど、客来ないからバイト先でディベートについて考えとくよ」
と言ったのがなぜか異様にかっこよく見えたりして15:00。I君が帰った。残った3人での話し合いも困窮したが、なかなか先は見えず。
残念だが、僕は相変わらず力不足だった。『「M先輩のおかげで…」なんて言わないでディベートを終える』のが今回の目標ではあったが、残念ながら本番を迎える前にもう十分M先輩を頼ってしまっている。明日は今日話し合いが進まなかった分、さらに頑張らなくてはならない。帰ってからは木曜に向け英語の和訳が待っている。カメの水換えもだ。
そして今日はこれから基礎文献の田中本を仕上げ、明日のグループワークに向けてもう少し考える。ディベートが終われば、また色んな道が拓く気がするが、まずはこの今の一杯一杯な感じも楽しみたい。

肉体改造へ
理由あって今日はゼミに遅れて参加。4限の終わりに教室に入った。すぐに感じた空気の違和感。それは、‘世紀の凡戦’と称される『不正ネット配信』のディベートの時と近いものだと思った。
4限は僕らとは違うテーマでディベートに取り組む同期たちの中間発表だったのだ。そしてディベートの本番は、他大のゼミとの‘対外試合’であり、かつそのテーマは僕らの『ティザー広告』よりも難しそうに思えた。
空気は本物だったらしい。どうやら4限に行なわれたディベートの質は、周囲の期待に応える程のものではなかったようだ。ちょうど明々後日(21日)の本ゼミは『ティザー広告』ディベート本番。僕らががっちり噛み合って、んでもってもう一つのテーマの人達にも本番ガッツリ決めてもらう。これが今の目標だ。
5限は多変量解析。先輩たちに言わすと、「今日から難しくなる」らしい。
「助けてください。」
純粋な言葉でK先輩(首謀者)に助けを求めたオレ、米田。K先輩の隣りで講義を受けた。無論、授業時間内で理解出来る事はまずない。
「助けてください。」
K先輩はまた丁寧に僕に指導してくれた。途中、K先輩(パッション)から先日提出した多変量解析のレポートが返された。
K先輩「グラフ、印刷がうまくいってなくて文字が切れてたよ。事前提出してた熱意に免じて、今回はおまけしました。ただ、ホントなら間違なくない再レポだからね。」
ヨネ「ありがとうございます…。」
K先輩「あと、事前提出の方の出来が結構ヒドいから。そっちも全力でやって出してね。」
ヨネ「あ、わかりました。すみません!」
無論、事前提出も全力だったオレ、米田。
続いてH先輩(ゼミを代表するいじられ屋)から基礎文献レポートが返却された。田中本だ。
「えと、厳しくつけたから。ハハハ。表示揺れ(単語における漢字や送りがなの使い方が、不統一である事。)が多かったかな。こういうのかなり論文で厳しくみられるから。あと全体的になんか『作業』としてやってる感じがあったから。もうちょいしっかりやるといいよ。でも、厳しくつけたから。ハハハ。」
無論、がっちりしっかりやったつもりだったのだが(笑)面白い。また、僕にリベンジする課題が出来た。

18:00から。ディベート班で集まってグループワークをした。M先輩(ヘルパー)が話し合いが効率よく進むよう促し、I君(オーバープッシュ)が皆の盲点を指摘し、Aさん(情報屋)がカオスになった場で意見を言い、S君(いじられイズム)がテンパり、僕が踊った。週の初めから、いきなり18:00~21:00まてのロングラン。そして明日は10:00から。M先輩がいない上に、本番2日前というシチュエーション。楽しくやりたい。
今日やった多変量は来週の月曜にレポート提出。明らかに一筋縄ではいかなそうだ。『週1でダンス』という突発性の目標は記念すべき第一回で破れそうだが、頑張ってみたい。そのために、ちょうど今肉体改造に挑んでいる。いわゆるダイエットだ。もともと『腹筋が8つに割れているのにポッコリお腹が出ている』幼児体型の僕。今、その出具合がいよいよ笑えなくなっている。正月に色々食べ過ぎてサークル内で「デブった」などと言われた時は、3月の追いパまでになんとか3キロ痩せた。そして4月、不健康化を機に普通に筋肉がなくなりまた痩せた。そして5月、体内で勝手に化学反応が起きブヨブヨになった。先日サークルEに行って新命名技の『全力ワイパー』をやっていたら、後輩S君(反逆のカリスマ)に
「凄いですけど、重々しいです。その体型で出来るのは逆に凄いです」
と言われ、そればかりはさすがの僕もブログに書けない程傷ついたものだ。というわけで、『米田流ダイエット』再開。改めて、目標を確認したい。これからは………




①甘い物をあんまり食べないようにする。
②腹筋をする事もある。
この二つを守っていきたい。


孤独ブログ
米田です。言わずもがな今日は変則ブログ、『孤独ブログ』です。よく考えたら、『孤独』といっても、『世界に僕一人しかいない』設定と、『周囲にいる人がみんな僕』という設定と、ただ単に『文章において他の人の一切の描写を避ける』という設定が浮かぶのですが、とりあえず、『描写を避ける』パターンをやってみたいと思います。以下、よろしくお願いします。

(日記の概略:木曜のディベートに向けたグループワーク)
(日時:5/17、7:30~16:30)
(登場人物:オレ)

7:30起きで学校へ。電車の中は爆睡し見事に記憶がないオレ、米田。『10:00の集合に遅刻したら全裸』という約束のもと、9:45から学校までの道程を小走りで挑んだ。9:55、学校着。
限られた時間を有効に過ごす為、午前中のメニューを相談してからグループワークの幕開け。
ヨネ「じゃあまず何しましょう?」



ヨネ「そうですね、じゃあそれで。」

昼食はネギトロ丼を食べに行った。美味しかった。
午後はまたグループワーク。
ヨネ「なるほど。じゃあそれを二手に分かれてやりましょうか。時間どうします?じゃ、それでいきましょう。え、てかこれどう思う?そうなんだよね。確かにね。いや、でもそれ言われても何とかなる気がする。そうなのよ(※これは独り言ではありません)。」

16:30まで、レジュメの作成・相談と、相手の立論の予想を行なった。
16:30に終わって、とある場へ向かった。やはり、6時間半のグループワークを、他人の描写なしに書くのは厳しすぎた。ただ、書き表せはしなかったが実に有意義な時間だった。明日は事情により、サブゼミに遅刻、事によっては欠席する。13:00提出のレポートはもう仕上がっているが、その時間、僕は学校にはいられない。ただし、心配は無用だ。レポートの代理提出を頼んだ。















Oさん(情報屋)に。

『出直し』か、『出戻り』か
朝は11:30起き。食事して田中本のレポートを進め、16:00に家を出発。向かった先は大学の…別キャンパス。集会室のある場所だ。
18:30に集会室前スペースに着いた。R君(シャイニングブレイカー)からは「ただでさえ新入生がいっぱい入って集会室混んでるから、ヨネ来ないで」と言われていた。だから集会室には全く近付かなかった。
集会室前スペースで練習していると、K先輩(レジェンドオブ肝試し)が「何で来た」的な目で僕を見る。「すみません」的な会釈をするオレ、米田。
K先輩「久し振りだな!どうした?」
ヨネ「色々あって週一ぐらいを目標に来ようかなと思いまして。」
K先輩「そうか。よかったよ。またよろしくな!」
K先輩は竹刀で僕を叩きながらそう言った。サークルEの新入生らしき子たちが、静かに僕を見ていた。
その後、何人かの人と会い、口々に「ヨネ太ったね」「ヨネ先輩、丸みを帯びましたね」などと言われた。R君(シャイニングブレイカー)はそんな時に現れ、トランプのマジックを僕に見せ、去って行った。
Y君(省エネロッカー)とも再会した。実に一週間振りの再会だ。彼は携帯のメールに必死だったらしく、僕の呼び掛けをことごとくいなした。
20:00から一時間ぐらいは、Y君と後輩U君(レンタルカーゴパンツ)と共にフリーで踊りあった。あそこまで長くやったのは初めてだったが、緊張もなく普通に楽しかった。ヒップホッパーの後輩U君がいるにもかかわらず、構う事なくロックの曲をかけ続けたY君の厳しさには拍手を送りたい。
練習後。Y君と後輩S君(反逆のカリスマ)と食事に行くことに。
Y君「ヨネ、なんだかんだここんとこ3週連続で来てない?」
ヨネ「リアルにそうだからね。スケジュール的には来られるのよ。もう色々あって。訳ありの復帰だから。訳ありの。みんななんか『あー結局寂しくなったんだな』とか、『ゼミで友達できなかったんだな』とか思うかもしれないけどさ。訳ありだからね。」
訳ありをごり押しし、いい感じでカッコわるい僕。サークルEのメンバーとまた一つのステージを作るという大きな目標を諦めた今、もう無理してサークルEのメンバー、ダンスと距離を置く意味はない。夏からは就活や学園祭の論文作業が入るため、こんな時間もなくなる。それまで、出来る時にダンスをしてしまおうというのが僕の見解だ。目標は週一。練習に行っても「久し振り」「お、来たのか」などと珍しがられたりしないレベルまで到達するのが目標だ。
駅までの道を歩く。
‘『サークルEの不登校児』的なポジションで今は持って行きたいな…’
そんな風に考えていると、信号で後輩Aさん(ポイントゲッター)らに会った。
「ヨネ先輩!!お久し振りです!」
さも今初めて会ったかのような口振りだが、実は19:00の時点でもう一度会っている。色々構ってくれるのはありがたいが、道路側に押すのはやめてくれ。車が僕のすぐ後ろを通っている。そして耳を澄ませると、後輩たちが
「食事奢ってくださいよ」
とか
「ほら、車に轢かれるなら今ですよ」
的な事を言っているのが聞こえる。
「今お前らがやってる事、実は殺人未遂だからね。」
僕の発言に、
「実際、今のAさん(=ポイントゲッター・後輩Aさん)のコメント、ひきました。」
と僕を支持して来たのは後輩E君(グラン浜田)。19:00頃会った際も少し話した。
ヨネ「お前、オレの代わりにいじられてるんだってなwww」
後輩E君「でも僕はヨネ先輩と違って、後輩にはガンガン厳しくいってますから。」
後輩S君(反逆のカリスマ)「実際、コイツが前に一時ハウスのコマやった時はガチで厳しかったです(笑)」
後輩E君「で、厳しくしといてロックのコマに出た瞬間M先輩(=暴れん坊将軍・M君)に殴られるんです。」
ヨネ「いいな、強気な方も出来て。信じられないだろうけど、お前らが一年としてはいってきた時のオレの目標、『威厳』だからwww」

駅ではM君(暴れん坊将軍)と遭遇。「ちょっと来い」とでも言いたげな手招き。ビクビクするタメの僕。静かに、
「久し振り」
と言われた際にはホッと胸を撫で下ろし、
「お前をよくメディアで見掛けるけど、敢えて話しかけないんだ。」
と言われた際にはガックリ肩を落とした。
S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)は僕に何事かを話し、中身の入っていない『マンゴー&パッションフルーツジュース』を渡し一言
「捨てといて(*^_^*)」。
分かりました。

Y君と後輩S君と行った店はハンバーグ店K。
Y君「それにしてもお前、一ヵ月丸々来なかったのによく来られたね。オレならもう忘れられてんじゃないかとか思って、来られないけど。」
ま、もともとアウェーだしな。
後輩S君「確かに凄いですよね。僕はまだ先週会ってたんで記憶に新しいですけど、他の人からしたら…」
ヨネ「まず、『記憶に新しい』って言い方やめない?何、それまでは完全に忘れてましたみたいなwww」
Y君「実際、サークルEでヨネの話一回も出てなかったからね。」
ヨネ「あ、お前らの記憶って上書きな感じ?」
後輩S君「はいwww」
Y君「そう、新しいフォルダ作って元のデータ残すんじゃなくて完全に忘れるからwww」
ヨネ「いやぁ戻って来ちゃったな…。」
Y君「何で戻ったの?」
ヨネ「ステージを完全に諦めたんだよ。訳ありで。」
やっぱり『訳あり』を押しすぎる僕。
Y君「あの学園祭の感動は何だったの?笑」
ヨネ「訳ありだから、うん。」
後輩S君「追いパだって感動したんすよ?」
ヨネ「ほら、あれだよ!?後輩S君知らないだろうけど、オレらが一年の時の学園祭では、R君(シャイニングブレイカー)とY君(シューティングスター)が『サークルRに移る』とかで号泣したんだよ?でもアイツらは結局残ってくれたんだよ。同じじゃん、同じ。」
自らの立場を守る為に友人を盾にする最低男のオレ、米田。
後輩S君「R先輩(=R君)たちの場合は『いかないでくれ!』っていう涙で、ヨネ先輩の場合は『やめるのか…残念だ…』の涙ですから。全然違いますよ。」
ヨネ「あれ、じゃあオレカッコわるい感じ?」
Y君「もともとヨネ、かっこよくないから。」
ヨネ「じゃあ週1はマズいか…。月1とか?」
Y君「いや、来られるなら来ればいいじゃんwww」
ヨネ「え、でもかっこ悪くない?なんか出戻りみたいなさwww」
後輩S君「実際、今日来た時点で十分かっこ悪いですwww」
ヨネ「www」

その後は最近のサークル内の話や、6月下旬のクラブイベントについての話をした。さらには今後のダンスの展望も。
Y君「オレ、理工で院に行くだろうから、同期が卒業した後もダンスすると思うんだよね。ダンスは好きだけど、今楽しいのはダンスするってだけじゃなくて、やっぱサークルEの友達といられるからだと思うんだよね。」
珍しく熱い事を言うY君。
Y君「T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)とか、後輩E君(グラン浜田)とか。」
ヨネ「オレじゃないんかい!!!」
Y君「あ、フツーにT君と後輩E君って言っちゃったwwwアッヒャッヒャッヒャwww」
ヨネ「オレの顔見ながらよくそれ言えたよね。てかオレもよく出て来なかったよね。」
そんな会話をし、食事終了。家に帰って来た。
明日は10:00からグループワーク。理由あって、明日(5/17)の夕方以降から明後日(5/18)の夕方までの日記は省きます。そのお詫びに…

明日の日記は変則ブログ、『孤独ブログ』です。グループワークにも関わらず、明日の日記に出て来る登場人物は僕一人。果たして書けるのか。自分への挑戦です。

急展開
よねだ☆かずひろです。
1限があるため朝は7:20起き。睡眠時間が足りていない。死ぬかと思った。
行きの電車は座れず眠れず。
‘精神を集中させれば吊り革に掴まらなくても寝られるんじゃないかな…’
朝は無駄にチャレンジ精神が旺盛である。寝ながらバランスを保つ事に挑戦し続けた乗車時間。寝られなかった。

1限に出席し田中本のレポートを進める。ディベートで忙しくても、これを後回しにしてはいけない。1限の後半15分を仮眠にし、2限からまた再開。
昼休み。M先輩(鬼ロッカー)がバイト先のケーキを持って来てくれたらしく、見事に群がったオレ、米田。サークルEのたまりにはM先輩以外にも、後輩Nさん(基本的に態度がちよっと来いなポッパー)とR先輩(酒豪of theギャップ)とY先輩(ブログ初登場のジャザー。去年は留学していたらしく、サークルにもほとんど顔を出さなかった)。たまりの教室に入ると。
後輩Nさん「あ、ヨネ先輩!!お久し振りです!!」
先週の土曜、集会室に言った際は誰も言ってくれなかった『お久し振りです』、いただきました。『時が解決する』とはこの事を言うのだろうか。去年の夏合宿、バーベキューでこげた肉を先輩である僕に食べさせようとした後輩Nさん。ちょっと来いな態度はもうそこにはない。
後輩Nさん「ヨネ先輩…また太りましたねwww」
ちょっと来い。
ヨネ「1月に太って、追いパまでに少し痩せたんだけどまた太った。」
R先輩「マジか(笑)」
ヨネ「はい、でも体重は減ったんですよ。」
R先輩「筋肉が落ちたんだね。最悪だな。」
ヨネ「はい…。」
会って30秒以内で早くも奈落の底に突き落とされたこの受けの技術。
注目のY先輩はどうやら天然らしい。M先輩の
「お前なんでイスの上で体操座りしてんの?」
の声にも動じない。逆に、
「こうしてると靴がなくなっちゃうの~。今ね、靴脱いでるから。靴はね、下に置いてるの。」
という掴み所のないトークで翻弄して来る。さらに、
「学園祭出られないかもしれないから司会やりたい。」
「クラブイベ出られないから司会やりたい。」
と、『MC』というワードを敢えて温存し『司会』といい続ける事で抗戦する。
R先輩は早くも学園祭のジャンル『萌え』について検討。
R先輩「今年もやった方がいいかな?」
ヨネ「好評ですしやりましょう!」
M先輩「え、てか、やるでしょ?」
ヨネ「T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)は『4年間で続ける』って言ってましたし。」
男ども、必死すぎ。
R先輩「コマ責は?」
M先輩「いや、またお前やろ。」
R先輩「わかった。でも今年の新入生、制服似合う子いるかな?」
Y先輩「え~いいなぁ。出たいなぁ。私も『ロマンス』(オタクダンスの特徴的な振り)やりたいなぁ。」
M先輩「お前オタクの方やるんかwww」
昼休みを終え、僕はM先輩とメディアセンターまでの道を歩いた。
ヨネ「M先輩、うちのゼミのN先輩(ブリッジレスポンス)の知り合いなんですよね?」
M先輩「おう、知っとるよ。結構昔、飲んだりもしたかな。」
ヨネ「あ、『知り合い』とかじゃなくて普通に『仲良し』なんすね。この間の春合宿の飲みの席で、N先輩とかに『お前M君(=鬼ロッカー・M先輩)のサークルやろ。踊れや』的な感じで踊らされました。」
M先輩「ヨネ調子のってんな(笑)」
ヨネ「すみません。みんなダンス知らないんで、僕が上手いと思ったみたいですwww」
M先輩「それはないね。」
そんなはっきり言わなくても。

3限はグループ学習室でS君(いじられイズム)とK先輩(首謀者)と喋った。
ヨネ「S君、ディベートの資料集めた?」
S君「え、あ、あれだよな…その…なんつーか…」
ヨネ「あ?」
S君「えーだから、………落ち着け。」
ヨネ「いやお前が落ち着けよwww何タメのオレにテンパってんだよwww」
K先輩「www」

4限でM先輩と再合流。
M先輩「そういえばさ、ヨネの家族ってサークルEの誰かを凄い好きじゃなかったっけ?」
ヨネ「あ、K先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)ですね。米田家は全員K先輩のファンです。」
M先輩「そうやったなwww」
ヨネ「ちなみに母はT君(フロム埼玉)と後輩T君(白雪姫ボーイ)が好きです。」
M先輩「両方イケメンやんwww」
ヨネ「あ、この間兄が今年の新歓のOPの動画見てたんです。そしたら『なんかサークルE、物足りなくなったなぁ』って言って。‘あ、僕がいないからつまんないんだな’って思った時にY君(シューティングスター)がバク宙で登場して、『これだこれだ』って言ってました。」
M先輩「兄貴はY君のファンなんやなwww」
ヨネ「米田家がヨネのファンになる事はそんなに有り得ない事なのでしょうか…。」

一週間前、悲劇的な事件が起きた某テレビ局提供の授業はR君(シャイニングブレイカー)と二人で受けた。授業後。
ヨネ「オレ、踊りたくなって来たなー。そろそろ行こうかな。」
R君「部外者は来るなよ!」
ヨネ「『部外者』ってやめて(笑)」
R君「ただでさえ今一年生が多くて練習スペースないのに。」
ヨネ「でも練習に行くぐらいなら…」
R君「ヨネが練習して、それが何になるの?」
ヨネ「!?」
そんな事言われたの、初めてだ。
R君「ヨネが上手くなって、ステージの質が上がるとか、後輩に指導するとかなら分かるけど、そうじゃないんでしょ。サークルEにとって何の得もないじゃん。」
ヨネ「じゃあ…踊らない。」
R君「うん、そうして。」
ヨネ「でも来週ディベートが一段落したら行こうかな。」
R君「ホントにやめて。」
ヨネ「じゃあ…やめるよ。」
18:00。グループ学習室でディベートのグループワークだ。驚いた。本番まで一週間を切り、今日まさに立論を固め終えたこのタイミングで、開題に大きな変更が加えられたのだ。『ティザー広告(情報をじらして敢えて出し惜しみする広告)の是非』を問うものから、『ティザー広告と従来の広告のどちらがいいか』を問うものに変えると、一方的に宣告された。これは『ティザーは悪い』と立論すればよかった僕らの攻め方に、方向転換の必要性が出た事を意味する。向こうのチームが開題者に言って、開題者がそれを飲んだ事でスルスルと決まったらしい。通常、開題については議論が絞られるよう『補足』はあっても、こうした『変更』はありえない。そして開題から一週間が経ち、本番まで一週間を切ったこのタイミングなのもありえない。そして最も悔しかったのがそれが僕らに何の相談もなく決まった事だ。無論相手チームと開題者に説明を求めたが、変更の提案者と受諾者本人は帰宅していたため話し合いにならず。結局飲む形になったっぽい。
今回のディベート、僕は何度も言ったように『勝敗』よりまず『噛み合う事』、つまりはオーディエンスを引き込む事、真っ向勝負する事を望んで来た。それだけに、非常に残念だ。
「こんなやり方は許さない。『勝敗より噛み合う事』を求めたこのディベート、このルールのもと相手をぶっ潰す!」
かっこよくこう言いたいところだが、立論の方向を見失った今、そんな強気な事も言えない。とにかく、噛み合うように持っていきたい。
S君(いじられイズム)は
「明日兄が結婚する。式でオレは応援団として応援を披露する。今日は前日打ち合わせがある」
とこれまた破格の理由でグループワークを欠席。結婚おめでとう。
失意のI君(オーバープッシュ)とOさん(情報屋)とヨネを救ったのはM先輩(ヘルパー)だった。
M先輩「まぁ仕方ないからまた立論から考えてみようよ。じらす広告とじらさない広告があって、じらさずに情報を公開した方がいいって主張すればいいんだろ?客観的に考えてさ、米田。お前の趣味は?」
ヨネ「格闘技観戦ですかね?」
M先輩「じゃあCMでさ。『5/30、ヒョードル対ミルコ』って言われるのとさ、『5/30、あの大物とあの大物が!』みたいに言われるの、どっちがいい?」
ヨネ「それは………団体によって変わってきますね。視聴率を取るためだけにクソみたいな芸能人とかただのメダリストを出したりする団体がそれやったら期待しません。ただリアルにコアなファンが喜ぶカードを組む団体なら…。」
M先輩「わかった。でもOさんは?」
Oさん「全く興味ないです。」
I君「www」
こうして、グループワークは終わった。
明日はS君が結婚式のためグループワークなし。一日空けて、日曜にガッツリやる。大ピンチのオレ、米田。とにかく、噛み合わせたい。

新企画案、続々
歓送迎に行った時にコブクロの『宝島』という曲を薦められて以来、毎日聞いている米田です。凄くいいです。
疲れている時、落ち込んでいる時、気持ちを切り替える時、YouTubeが開いている時、音楽を聞くことは有効だ。近頃はこうして生活にリズムをつけている。近々、まさに誰も興味がないであろう企画『米田が選ぶ、いい曲ベスト10』を開催したいと思う。忙しかったらやめようと思う。
ちなみに、ドラマ『Mの悲劇』は見終えました。明日からは『クロサギ』らしいです。
朝は9:30起き。一二限は確かに授業があり、休講でもなければ、その時間ゼミのグループワークがあったわけでもなかったが、5:00までの個人研究の疲れからサボってしまった。本ゼミ用の英書購読も結局excite翻訳に頼ってしまった。疲れがたまっているとはいえ、どちらも僕らしくない行動だった。必ず本来の僕に戻る。

昼頃学校に着いた。本ゼミに向け、excite翻訳を読む。期待に応えるexcite。凄い訳が乱射される。せめてもの償いにと、僕はそれを参考に英語を自分で読み、exciteを修正していった。また、本ゼミでは他大学主催のプログラムであるケースのテーマ発表がある。ここぞというタイミングで
「オレが配付分印刷して来ようか?」
と救世主S君(いじられイズム)。お願いした。
14:45から本ゼミ開始。英書購読だ。
「ヨネ、電子辞書持ってるよね。近くに座って、ヤバい時助けて。」
と僕の周りをがっちり固めるのはK先輩(首謀者)とS先輩(電子辞書の神)。彼らを支えるのがI君(オーバープッシュ)とよねだ☆かずひろ(『つのだ☆ひろ』的なニュアンスになっているのは事故。)の『exciteコンビ』。心細い。
英書購読の和訳は、僕は簡単なところだけあたりクリア。あっという間の90分だった。休み時間にK先輩、S先輩と生協へ。100円で提供されている『ずっしりブドウパン』を手に取る。後ろではK先輩とS先輩がどのサンドイッチを買うかで悩んでいる。
ヨネ「絶対『ずっしりブドウパン』がいいです。100円で230円のサンドイッチのA倍のボリュームがあります。」
K先輩「なるほどなぁ~(笑)」
S先輩「じゃあもうヨネはずっしりしてて下さい。」
簡潔でしっかりしたプレゼンをこなしたつもりだが、K先輩とS先輩は結局ずっしりしなかった。
5限の本ゼミはさらっとテーマ発表をしたあと、4年生による卒論の中間発表が行われる。中間発表とはいえ卒論は毎回難しすぎて頭の思考回路がストップし、生きるか寝るかをさまよってしまう。ミンティアも購入した。
5限開始。テーマ発表に関してはH君(大盛りチャレンジャー)にグループを代表してもらい、レジュメを読み上げてもらった。ちなみにこのレジュメは僕が制作したものだ。ドトールの時の僕は、こうした貢献はできていなかった。ちなみに本レジュメは、参考サイトを記したアドレスのフォントが間違えていた。
テーマ発表後に卒論中間発表。眠気覚ましに買ったキレートレモンを飲みきった時には何もかもが終わったと思ったが、購入したてのミンティアで凌ぐ。睡魔が限界に達した際には、ダンス経験を生かした最終奥義『アイソレ』『ヒット』で自分を覚醒させた。
本ゼミが終わって、ディベート班で集まった。18:30~20:00という限られた時間で、立論の確認、明日のスケジュール調整とそれまでの各自タスク分担。
ディベートは来週の木曜日。言うまでもなく、勝つために全力を尽くす。ただどうしてもよぎるのは『不正ネット配信ディベート』の悪夢。あの時みたいな、オーディエンスが楽しむ事も考える事もない無能な時間はもう過ごしたくない。勝ち負け以前に、まずはガッチリ噛み合った議論がしたい。遺恨決戦より純プロレス。わけの分からない秒殺勝ちより中身の充実した判定負け。人生の半分以上の期間プロレスを見て来た僕が学んだこの信条、果たせるかは楽しみであり怖くもある。まずは、今自分にできる事を精一杯やりたい。だから近々、『変則ブログ』をやる。


普段考えたことのないもの
昨日は書く事がなかったとはいえ、くだらないプレミアムカードの話を引っ張ってすみません。反省しています。もうあんな事はひっぱりません。






プレミアム米田です。近々、また『変則ブログ』をやろうと思っています。今年度初ですね。内容は乞うご期待。『孤独ブログ』です。様々な人物の様子や言葉が描写されるこの日記で、その日だけは僕だけしか出さずに日記を書ききって見せます。かなり大変だと思います。プレミアム米田です。

1限に出てやろうと朝は6:50起き。学校に着いたのは8:50。9:00の授業開始に正真正銘間に合ったオレ、米田。
明日の本ゼミに向け、英語を和訳する。9:05…9:10…9:15…時間はあっという間にすぎる。先生が来ない。







休講らしい。
教室を出てメディアセンターへ。グループ学習室で個人作業をするという屈辱の展開。そのうち、S君(「何かを起こしたかったらオレを呼べ」。飲み会を荒らす)も合流。彼もあの休講授業の犠牲者だという。
「初めて授業出たのに休講だった…。」
切ない。

昼休みまで、僕は英語をやりつつ、I君(オーバープッシュ)とS君(いじられイズム)とディベートをしつつ、ケースも進めた。このケースは、指定されたテーマからグループごとに好きなものを選び、戦略を考え紙にまとめ応募するという、他大学主催のプログラムである。グループはI君、S君というディベートメンバーにH君(大盛りチャレンジャー)を加えたもの。人数が少ない都合で、K先輩(ゼミ長。合宿の飲みの席で僕が『シフト』したあと、こっそり寄って来て「お前の身体能力は分かったよ」と諭した)がメンバーに加わる予定だったが、いつの間にか無くなっていた。
昼休み。場所を移してゼミの同期で結集。次年度の入ゼミ生を募集するためのゼミ説明会が早くも6月に控えているため、僕らはどういった人物を求めるか話し合った。ゼミ長のU君と本務のK君(秋の論文ではチームを組む)が揃って遅刻し、「リコールする?」的な空気が流れると、すかさずS君(飲み会を荒らす)が
「じゃあオレ立候補するわ。週1で飲み会します」
と豪語。強烈なマニフェスとだった。
話し合いは一旦区切られ、僕はT君(ディベートで対戦)とH君(隅っこで飲む)とS君(いじられイズム)と食事に行った。
ヨネ「H君てもう就活を考え始めてるんでしょ?」
H君「うん。年収とか忙しさとかみて、もう企業絞ってる。」
ヨネ「はやwwwT君は?」
T君「なんも考えてないなぁ。」
H君「第一希望は『住職』でしょ?」
ヨネ「え、どういう事?説明して(笑)」
T君「小学校の時の友達の父親が住職だからさ。」
………だからなんなんだ。
T君「そいつの家、広い講堂があってさ。そこでサッカーしたのが忘れられないんだ。」
H君「へぇ~。」
ヨネ「そもそも、講堂でサッカーしちゃダメだけどな。」
T君(住職第一志望)は目を輝かせて話を続けていた。
ヨネ「ところで住職って儲かるの?賽銭なんて新年ぐらいしかたまらないし。下手すりゃ一年中『一か月1万円生活』みたいになるよ。」
H君「www」
T君「いや、でも御祓いとかで金取れるし。」
言い方が嫌らしい。
T君「あとお葬式とかでお経読むのも収入なんじゃない?」
H君「今高齢化社会だからさ。意外に住職は穴場かも。」
T君「そう。今住職はアツいんだよ。」
そうなのか。
S君「でも住職って資格必要なんでしょ?」
久し振りに口を開いたS君。ここまではオムライスを食べる事に従事していた。彼はオムライスがよく似合う。ちなみに先日、携帯を紛失したらしい。
H君「資格って?」
ヨネ「昔の言い伝えとか覚えるのかな?」
S君「まずお経覚えなきゃな。」
ヨネ「てか、よく考えるとお坊さんがお経読み間違えたり忘れちゃったり噛んだりするの見ないよね。」
T君「いや、オレたちが知らないだけでお坊さん同士で見たら結構あんのかもよ?」
ヨネ「見せ合うの面白いねwww」
H君「『亡くなった方の個性に合わせて』とかって言い訳するのかね?」
ヨネ「ソロパートみたいな?」
お坊さんのお経についてここまで深く考えた経験は今までなかった。

昼休みの終わりからまたゼミの同期で結集。久し振りにTS君と3限に出る予定だったが仕方がない。
『来年どんな人をこのゼミに迎えたいか』というテーマで、一番始めに出た意見が「飲める人」だったのには焦ったが、時間を追うごとに着々と話し合いは進められた。そしてそのまま解散。僕はH君、S君、I君と集まり、他大学主催のケース課題に取り組んだ。明日の本ゼミで、何のテーマを選んだのか、どうして選んだのかを発表する。
当初の予定を変更し、僕らのテーマは『某企業のアイス発売の事情展開』になった。行き詰まった時、I君が
「気晴らしにアイス食べに行かない?」。
ジャンケンの結果、S君が皆にアイスを振る舞う事になった。
アイス後、数時間の話し合いの末明日の発表に使うレジュメが完成。18:00だった。ここのところまた睡眠時間が絞られている。帰る。

帰りの電車にて。立っていたら目の前の席が空いた。最近の僕はいつも真っ先に座っていたものだが、今日は隣りにいたサラリーマンに譲った。今、僕の中で何かデカいものが動いてる。
僕の大切な仲間が、今凄く苦しい立場にある。僕は自分の事しか考えていないけど、もし僕にできるのなら、そいつの力になりたい。

新事業・米田カード
先日別キャンパスで借りた本の返却日は来週の土曜日。別キャンパスといえば無論そこはダンスの練習場、集会室がある場所。正直、ただ本を返す日にする気はなかった。しかし、今日サークルEのメーリスで、ある事を知った。




来週の土曜日は、他の場所(有料施設)で練習するらしい。返却………早めようかな(笑)
そういえば、数日前にY君(省エネロッカー)がミクシィに僕の写真をアップした。
『ミクシーに写真載せたけどまずい?』
載せてから許可を求める。彼の悪い癖だ。アップされたのは僕の代名詞技、『土ジャンプ』の写メ。僕が自撮りし、自ら編集して文字をつけ、彼にメールで送信したものだ。ちなみに、家のパソコンにも取り込んである。兄には「文字色を7種類ぐらいにして全部コレクションカード形式にすれば?」と言われている。そこにニーズはあるのか。
しかし、代名詞技は『土ジャンプ』(並外れた跳躍力と柔軟性を生かした開脚ジャンプ。空中で『土』の字になる事から命名。ネーミング候補には『ハイフライフロー』というものもあったが、かっこわるいからやめた。)だけではない。『ちょんまげイケメンポーズ』(2007年秋に生まれたポージング。決め顔でガッチリちょんまげポーズを取る。にわかポップロックチームでは異常に多用。ちょんまげイケメンポーズ伝道師・K先輩からこよなく愛されている)、『ピョンピョン』(跳躍の着地からそのままハンドスプリングに移行する。跳躍が『土ジャンプ』でなければいけないのか、それとも何でもいいのかという定義は曖昧。ネーミング候補には『ソル・ナシエンテ』【スペイン語で「日はまた昇る」の意】もあったが、かっこわるいからやめた。)、『バットボーイ』(ゼミの春合宿の飲みの席で披露したブレイク技、『シフトhttp://www.youtube.com/watch?v=EAv9BB5Ow9M&NR=1の3:18~3:21参照』の応用版。上体を反りまくり、コウモリのような見栄えになる事から命名。2008年の学園祭ブレイクで一時披露する予定もあったが、尺の都合でなくなった。公の舞台では米田の引退興行となった2008年度の追いパで初公開。不完全に決めた。ちなみにネーミングは『バッドボーイ』【「悪童」の意】とかけており、「コウモリ少年」という可愛い仕上がりになっている。個人的にはかなり秀逸だと思っている)、『11時半』(腕を上げ、下げると同時に左足を天に向け蹴り上げる。追いパで不完全に決めた。ネーミングの由来は足を蹴り上げた際の左足と右足の位置が、時計の11:30の短針長針の位置とかぶる事から。厳密には前から見るとその位置関係は『12時半』だが、ゴロの関係からサラッと差し替えている。)、『くるりんぱ』(ロックの基本技『スクーバhttp://www.youtube.com/watch?v=C_l9dzHhqk4&feature=relatedの1:44参照』の応用技。空中でエビ反りし両足を揃え、すぐさま体制を切り替え『キャッチザマネー』に移行する)、『全力ワイパー』(これまた『シフト』の応用技。片手シフトで一回一回手を振りながら入れ替える。ゼミの春合宿の飲みの席で不完全に決めた。Y先輩から気軽に「見てなかったからもう一回やって」と言われた。手を振っている様子がワイパー関連に見える事と、その全力具合からその名が付いた)と、数多く存在する。ちなみに7個中4個は兄によるネーミングとなっている。プレミアカード化はあり得なくもない話だ。その際は、幻技である『11時半α』(左足を上げるY字バランス。激しいダンスの中、唐突にY字バランスやるタイミングがなく、ステージで使えないだろうという観点から、蹴り技に差し替えた。今となってはいい思い出である)と『210°』(柔軟技。股割りすれば足は180°開くが、段差を利用しそれ以上股関節をしならせる事。そもそも柔軟技なため、ステージでは使えないという観点から、生まれ変わった形が例の『土ジャンプ』)をテレフォンカード(略して『テカ』)にしたい。米田コレクションカードの発売の是非に関しては、今度ゼミのディベートのテーマで論じあってもらうことも考えている。ちなみに発売が決定したら、商品名は『テカ、コレ米田。』でいこうと思う。

朝は10:30起き。多変量解析と田中本の考察があったため、食事の終わった12:30から早速ガチ勉強開始。ちなみに最近まで食事中には『天国に一番近い男(教師バージョン)』の録画ビデオ(=VHS)を見ていたが、昨日見終わった。今日から、『Mの悲劇』のターンだ。
多変量自体はそもそもまとめ方が分からなかったため、出来るところまでやってS先輩(電子辞書の神)に事前提出。アドバイスを請う。休憩を挟み今度は田中本の考察。サークルEの今期の施設係が23日に使う有料施設が見つからず困っているらしかったので、前施設係として僕もいくらか候補の施設に問い合わせてみた。すべて予約でいっぱいだった。
18:00までやって一つ疑問に残ったのは、『Mの悲劇』がもう初回から4話まで見終わっていた事だ。休憩、取りすぎた。
風呂に入って食事をし終えた時にはもう6話まで見終えていたオレ、米田。明日はディベートのグループワークがあるし、ケースグループも始動しなくてはいけない。明後日に備えて英語の和訳もしなくてはいけない。今から、『Mの悲劇』の罪滅ぼしをしたいと思う。ちなみに、日記が短か過ぎてその分を米田カードの話で補った感は否めない。

いまどきのB系
駆け込み乗車も厭わない米田です。1:00から5:00まで、ディベートで使えそうは資料はないかと探しまくり、結局大した成果を得られなかったオレ、米田。3時間睡眠で8:00起床。朝の記憶は、ない。

学校に着いたのは10:20。10:30からディベートのグループワークを控えるI君(オーバープッシュ)とAさん(これまでは『Oさん』と表記してた。情報屋。)は既にグループ学習室にいた。アツい奴らだ。
「ヨネ、今日提出の田中本のレポート、まだ終わっていないからもうちょい待って。」
前言撤回。


レポートを印刷し終わったS君(いじられイズム)と二人で作業にかかる。S君が先輩に貸したパソコンはまだ帰って来ていない事が発覚。ローンバトルを強いられる僕。
「AさんとI君はとにかくレポートやって。で、S君はなんかやって。」


とはいえ、AさんもI君もS君もディベート用の個人研究はやってくれたらしく、アップしてあった。ちなみに無力でおなじみの僕は、特にアップしていなかった。
グループの全員がレポートを完成させ12:00。I君による
「とりあえず、食事いかね?」。
S君が「今日健康診断してラーメン食っただけだよ」と言った悪夢の5.9が頭をよぎる。今日も作業なしか?
腹が減っては戦は出来ぬ。戦がしたければまず腹を満たさなければならない。N君(知らぬ間のコンパ係。ちなみに春合宿で企画係に就任した。その時は、酔っていなかった)やH君(大盛りチャレンジャー)やT君(不正ネット配信で対戦)と学食に行くことに。いつもカレーを食べる二階ではなく、バイキング形式も採用されている一階へ。
ヨネ「ここで買うの初めてだ。前一人で来た時さ、注文とか支払いはどこでやるのかわからなかったから、挫折して帰ったんだ。」
H君「それ終わってんじゃん(笑)」
無事、一階での注文、支払いのシステムをインプットした僕は、男どもで机を囲む。
N君「S君さ、昨日何してたの?」
S君「日曜だよな?礼服買ってた。」
H君「さすがwww期待に応える。」
ヨネ「確かに、誰も予想出来ない答えだったよねwww」
I君「レポートでもディベートでもないんだ(笑)」
N君「お前の体型で、スーツとか入るのか?」
S君「もちろんオーダーメイド。」
H君「www」
I君「オレの知り合いがすんげー腰回りのあるGパンとか送って来るんだけど、あげようか?」
S君「いや、太股が入るか分かんないからな…」
ヨネ「あ、その中でも色々あるんだwww」
I君「いや、でも結構B系の服あるからさ。このシャツもその知り合いからもらったんだ。便器の絵とか、珍しいっしょ?!」
‘それのどこがB系なんだ…’
という空気が一瞬あたりを包む。あの時の僕に、
「そうか。『B系』の『B』は『便器』の『B』か!!ってそんなわけないやろ。」
というベストアンサーに辿り着く実力はなかった。
ヨネ「I君、『おっぱい』の次は『便器』か。なんか新時代を感じるよね。」
T君「結局下ネタなんだねwww」
I君「レベルは下がってるよねwww」
S君「あ、そういや今日、飲み会があるんだ。」
T君「誰と?」
S君「N先輩(ブリッジレスポンス)とかY先輩(ドッヂボールで男儀を見せた)とか。」
I君「絶対潰されるじゃんwww」
N君「S君は終わってる。」
S君「いや、N先輩とかY先輩は実はまだいい方なんだよ。怖いのはS君(「何かを起こしたかったらオレを呼べ」)。酔ったら手を付けられない(笑)」
ヨネ「合宿の飲みもヤバかったみたいだしなwwwオレ早々に潰れたからよく知らないけど。」
ちなみに、S君が食べた昼食はハンバーグだった。


グループ学習室に戻った。
I君「てか今日サブゼミのあとやる?」
またお開きの空気になるこのグループ。Aさんの
「サブゼミまでの進み具合次第じゃない?」
の一言に救われ、作業開始。まだM先輩(ドトール以来ずっとヘルプしてくれてる)が到着していない。N先輩(ブリッジレスポンス)が色々アドバイスをくれた。会話の所々で、
「S君(いじられイズム)、何笑っとんねや!?」
「S君、お前昼何食ったん?」
「ハンバーグか。似合うなぁ。」
「なんかハンバーグ食いたくなって来たわ。お前はいいエンドーサ(広告などで商品を宣伝する時に使われる人物やキャラクター)や。」
などとイチイチS君を蹴散らす。
K君(何かを悟った男)「S君、ハンバーグ食ったの?」
S君「うん。」
K君「ダメだなぁ、お前は。」
S君「ごめん。」
ヨネ「いや、お前にもハンバーグ食う権利ぐらいあるからwww」
K君「美味しかった?」
S君「美味しかった。」
N先輩「S君、美味しかった?」
S君「美味しかったです。」
ヨネ「なんでN先輩、今わざわざ聞いたんですか?www」
よく考えるとK君は今回のディベートで肯定派であり、僕らの対戦チームの一人だった。同じ机を囲んでいる現状の矛盾を把握し、なぜか僕らが席を移った。
M先輩が来てから、ようやくまともに話し合いが出来た。そして4限のサブゼミへ。4年生の卒論の中間発表だ。寝てはいけないと思い、授業前にI君と走って自販機に飲み物を買いに行った。教室に着いた時には、達成感で眠くなっていた。
5限のサブゼミは多変量解析。S先輩(電子辞書の神)によるレクチャー。サブゼミ後、家で多変量ソフト、『SAS』をやるため、学校でパソコンを借りようとした。全部借りられていた。
一人で今すぐに仕上げようと決意した。分からなかった。
諦めて帰ろうとしたら、30分前に帰ったと思っていたS先輩(電子辞書の神)に遭遇。
ヨネ「今……はもう帰りますよね?」
S先輩「ん?20:00まてはいるけど?どうした?」
ヨネ「多変量、教えていただけませんか?」
S先輩「全然いいっすよ。」
ヨネ「マジっすか?」
このゼミに入ってよく思うのは、想像を絶する面倒見の良さ。神に誓う。オレには無理だ。
見事にポンコツ米田に指導仕切ったS先輩。無事帰って来た。
家に帰ってから、早速パソコンで多変量をやろうと思ったが、3時間睡眠に力尽きて休憩。パソコンでまったり、春合宿とボーリングで自分が撮った写真を眺めた。撮れた写真はほとんどがボケたりブレたりしていた。カメラに向かってポーズを撮っている写真が大嫌いな僕。自然に出たガッツポーズとか、思いっきり叫んだり笑ったりしている素のシーンとか、自分がピースして写ってる写真とか以外は全て消した。この行動を後悔しないぐらい、今後はいい写真を撮るのだ。これ、僕のやり方。
今日はもう寝て明日に備える。明日は多変量と田中本の考察とディベートの個人研究。気合いで乗り切る。乗りこなす。


久しぶりのおつかい
パソコンを色々いじってたらいつの間にかログイン時にロックがかかってしまった米田です。マイノーパは強いです。
11:00起き。明日グループワークがあるため、今日中に来週分の田中本を進め、かつ資料を集めなくてはいけない。食事をしグッタリし、13:00から始動。田中本だ。
田中本→休憩→てか米→ミクシィ→休憩→田中本→休憩→→てか米→ミクシィ→休憩→田中本→休憩→てか米→ミクシィ→休憩→てか米→ミクシィ→休憩→てか米のペースで事を運び、18:00。ある事に気付く。
‘このままでは、ブログに書く事がない…’
また『何もない一日だった』なんて書けない。そこで僕は母に言った。
「お米買いに行って来るよ。」
かくして『初めてのおつかい』ならぬ『久し振りのおつかい』が決定。ターゲットはあきたこまち10Kg。行き先は徒歩1分のスーパー。
自転車で行った。鍵の解除などで、着くまでに2分かかった。
ブログに書けるような大きなハプニングが欲しい。とりあえず、米を見つけた。
‘『筋力が落ちていて、持てなかった』ってのは書けそうだな…’
そう思いながら担ごうとする。



持てた。
店内には『卵コーナーはドリンクコーナーの前に移動しました』というポスターが。10キロの米を担ぎひとまず買う予定のない卵を探しに行った。ドリンクコーナーの前にあった。
店内全ての監視カメラに写ってやろうと、10キロを担いだまま縦横無尽に歩く。今日が母の日である事をひらめいた僕は
‘店内のどこかにカーネーションが落ちていないだろうか’
と詮索を開始。なかった。
この店に笑いはないと思い、諦めて米を購入。店員はわざわざ袋の取っ手をプラスチックのフックみたいなヤツで束ねてくれた。徒歩1分、チャリ2分の道程なのに。
店を出た。このまま帰ったらマズい。僕はその隣りのスーパーにも足を踏み入れた。なにうえ『久し振りのおつかい』、ハプニングがあってもいい。初めて入ったこの店。入口付近は普通なら店の中盤に陣取る冷凍食品コーナー。冷凍機の風が半袖の僕を冷やして来た。
‘もう少しだ…!もう少しパンチが欲しい…!’
歩みを進める。冷凍機コーナーが終わり、
‘ついにこれまでか…!’
と思ったそのとき。




バキン!
米を入れた袋の取っ手を束ねたプラスチックが折れた。レジで任命されてから5分も満たない、あまりにも早いプラスチックの死。思わず、
「やった………。」
と呟くオレ、米田。
こうして、大冒険は終わった。

家に帰って食事して、休みすぎて23:30。これから田中本の追い込みだ。そして、個人研究をやる。今日はなんか、イケそうな気がする。

一家団欒
米田家は総じて仲が良い家族だと思う。末っ子の僕が今年21歳になろうとしている環境で、いまだに家族揃って机を囲み、お茶を飲みながら、みんなで母が小さく切ったバナナを食べる、などというシーンが実現した。




父が食べようとしたバナナが僕のお茶に落ちた。





不和が生じた。

需要はなかった男(5月9日の日記②)
せっかく一旦切ったサークルEに中途半端に戻りダンスをするということは、今後彼らとまたショーを作る事を諦めたと認める事を意味する。今、僕はそんな位置にいる。ショーに関しては4月にその可能性が無くなってはいたが、正直いまだに受け止められていない。だから、本当に悩んで悩んでの苦渋の決断だった。諦めの復活だ。
別キャンパス、つまり集会室のあるキャンパスへと入り、当然まずはメディアセンターに行った。I君(オーバープッシュ)が欲しがっていた文献を借りる。カバンのファスナーを締める事もせず、集会室に向かった。
とある場所でピクニックとやらが目下開催中の今日、集会室には案の定数名のダンサーしかいなかった。真っ先に僕を見つけたのは、帰ろうとしていたT君(守護神)だった。
T君「ヨネ、久し振りじゃん!!」
温かく迎えてくれたT君。
T君「あ、そうだ。Y君(シューティングスター)、昨日さ…」
昨日?まさか…。
T君「某テレビ局提供の授業でさ、ヨネがみんなの前で……」
やめてくれ。
T君「スベッたんだ。」
やめてくれ。
全学部対象のあの授業は、T君も受けていたらしい。僕の何かを必死で訴える視線を、彼の目が捕らえる事はなかった。あの授業を取っていないY君に、T君は事のあらましを綺麗に、嘘偽りなく伝えた。T君が終盤に言った、
「ヨネが面白くもつまらなくもない答えを言ったんだ」
というフレーズが、耳に残った。

追いパでチームを組んだ後輩T君(白雪姫ボーイ)は、僕に挨拶こそしたものの特に何も触れずにそのまま帰った。
Y君(シューティングスター)といくらか話をしている隙に、Y先輩(韓国海苔風チョコレートの輸入人)は着々と僕の長袖シャツをめくり半袖にした。
僕は着替え、ダンスの準備。柔軟は小学校4年以来、毎日風呂上がりにやっている。特別な懐かしさはなかった。そこに来たのが、Y君(省エネロッカー)。彼こそ今や200人規模となったサークルEで最も『ピクニック』に行かなそうな人物であり、僕が今日唯一練習に誘った哺乳類であった。

ヨネ「久し振り。え、手ぶら?」
Y君「うん。」
ヨネ「着替えは?」
Y君「このまま踊る。」
さすが省エネ。荷物を持つエネルギーまで省く。
Y君「家が近くなったからさ。」
ヨネ「前まで2時間近くかかってたもんな。今は?」
Y君「全力で走って4分ぐらい。」
ヨネ「出来れば普通のペースの時間が欲しかったんだけど。」
Y君「頑張れば3分で来られる。」
じゃあ4分は全力じゃないと思う。
Y君「あ、春合宿の動画見た?」
ヨネ「うん。メーリス解除されたから、S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)に言って復活してもらった。言っとくけどオレ、動画見まくってるから。お前より見てるはず。」
Y君「オレのコマも見た。」
ヨネ「見たよ。てか今のオレ、昔のオレよりサークルEについて詳しいから。ホムペのブログ、毎日見てるし。」
Y君「www」
ヨネ「お前に分かるか?同期のヤツ(OOM・K君)が、まだオレがそこでブログ書いてないにもかかわらず『これで同期は全員回りましたね』って言った時の気持ちwww」
Y君「wwwてかさ、明日連盟系列イベントの練習あるか分からないんだよね。」
ヨネ「明日あるよ。今日と明日なんだよな。」
Y君「www」

練習に入る。基本動作の『トゥエル』や『ノック』はいつも家で、あるいはグループ学習室で煮詰まった時にやっている。下手にはなっていない。むしろ手首の痛みが消え、快適になっている。
ちょこちょこY先輩がこちらを見る。
ヨネ「?」
Y先輩「ヨネさ、黒くなった?」
ヨネ「あ、ゼミの面接があったので、黒にしました。」
Y先輩「いや、髪じゃなくて肌。」
ヨネ「あ、マジですか?!あ、そうだこの間山に行ったんで。その前までは体調悪すぎて真っ白だったんですよwww」
Y先輩「www」

練習再開。
ヨネ「あ、この間一度集会室来たんだよ。でさ、ミニ学園祭のOP、一人で踊って動画撮ったんだ!!」
Y君「ふーん。」
ヨネ「………。」
Y君「ヨネ、オレが『見せて』って言うと思ってる?笑」
ヨネ「うん。」
Y君「一応言っとくと、見ないからねwww」
ヨネ「マジかよ(笑)一人でポップとかハウスとかRBとかやったんだよ?!」
Y君「じゃあお前が馬鹿にしまくってるミクシィに載せればいいじゃん。『やりました』ってwww」
ヨネ「www」
Y君「ミクシィ更新してるっけ?」
ヨネ「いや。」
Y君「見てはいるの?」
ヨネ「毎日見てる。」
Y君「お前あんだけ『クソ媒体』って言ってんのにwww」
ヨネ「あ、そうだ。オレが新しく買った靴見る?」
500円値切って買った原価8000円の靴を見せる。
Y君「うわぁ~2000円の靴だったヨネが…お前変わっちゃったな。」
ヨネ「2000円の履いてた時ボロクソに言われて、なんで変えたら『変わっちゃったな』なんて言われなきゃいけないんだよ。」
Y君「アッヒャッヒャッヒャwww」
ヨネ「あ、オレがいない間さ、1ヶ月あったじゃん?サークルEでオレの話出た?」
Y君「誰も何も言ってないよ、リアルにwww」
ヨネ「www」
Y君「最近、後輩E君(グラン浜田)が新入生から人気ある。『かっこよくて優しい』って。」
ヨネ「クソ。アイツオレの話題出したりしてないんだ…。これじゃアイツをかわいがってやった意味がない。嫌われればいいのに。」
Y君「お前最低www」
続いて、T先輩(桜先輩)の話になった。僕がルンルンした気持ちになっているのを察した彼は、
「言っとくけど、ヨネがT先輩と付き合う確率とか全くないからね。サークル毎日来てても可能性ゼロなのに、来てないからwww」
ちょうどそのタイミングで入室して来たのはT先輩(桜先輩)とK先輩(最強最恐ジャザー)!上がる心拍数。僕の事を忘れてしまったのか、綺麗サッパリノーリアクションのK先輩に対し、T先輩。
T先輩「あ、ヨネ!久し振り。」
ヨネ「はい。はい!お久し振りです~。」
挨拶を終え振り返った僕ニタニタした表情は、Y君に確実に目撃された。
互いの女の子との交流度を確認しあった。
Y君「オレ、結構メールしてるよ。」
ヨネ「何!?てことは…」
Y君「いや、全然そういうのじゃなくてさ。普通に。釣りで喩えるとさ、オレ竿はいっぱい投げるの。ただ餌をつけてないのwww」
ヨネ「あ、オレ竿がないわwww」
Y君「アッヒャッヒャッヒャwww」

そんな会話をしていると。
Y君(シューティングスター)「Y君!」
Y君(シューティングスター)がY君(省エネ)に話し掛ける。なかなか珍しい光景だ。
シューティング「Y君(省エネ)、ヨネって連盟系列イベント出るの?」
省エネ「どうなんだろ…」
ヨネ「Y君(シューティング)さ、それなんでY君(省エネ)に聞いたの?絶対本人に聞いた方が確実な情報得られるよね?」
省エネ「アッヒャッヒャッヒャwww」
ヨネ「そんなにオレと絡みたくないの?」
シューティング「www」
否定しろ。


その後、練習をしていくうちに側宙がまた出来るようになった。オリジナル技の『バットボーイ(コウモリ少年)』をやっている時には、Y君から靴が飛んで来た。ダンス歴の2年間で、これを交わす術はしっかり覚えた。交わした僕は、彼にちゃんと靴を返しに行くことも忘れない。
M君(若武者)はチーム練か何かで17:15頃登場。僕の存在に気付くのに2分ぐらいかかっていた。そしてポツリと、
「いや、後輩M君(野人)かと思った。」
と素のトーンで言った。
Y君に合わせ、練習は18:00終了。
「オレ、財布持って来るの忘れたからさ。ヨネ、なんかジュース買わない?分けてくれればそれでいいから。」
という声はスルーした。
帰る時間になって来たのは後輩S君(反逆のカリスマ)。入室して僕を見つけるなり
「なんでですか?」。
まさかの存在への疑問符。聞き方が結構な割合でおかしいと思った。
集会室を去る際、ダメ元でY君(省エネ)と後輩S君に聞いてみた。
ヨネ「オレがいなくて、困った事ない?いじられるヤツがいなくなって盛り上がらないとかさ。」
後輩S君の答えに驚愕した。








「E君(=グラン浜田・後輩E君)が代わりやってます。」
Y君が足した。








「お前には、『代わり』がいるんだよ。」




それ、R君(シャイニングブレイカー)にも言われたわ…(4月10日の日記参照)。

Y君の
「今のお前は、サークルEにとって『不可欠ないじられキャラ』じゃなくて、『ただのオジサン』なんだよ」
という一言に、
「もう…来ないから…。」
と言ったオレ、米田。その言葉を最後に、集会室を出た。

望むべき形ではなかったとは言え、やはりサークルEでのダンスは最高に楽しかった。ゼミに入ってまだ1ヶ月。始めから人と仲良くなれる事はまずない僕。いい友人は作れているが、当然サークルEで2年かけて作ったぐらいの交友関係はまだない。ゼミ生のブログ上のニックネームも、まだまだ未確定なものばかり。焦って作る事も、するつもりはない。
今後ダンスとどう関わるかはまだ未定。ただ今日行った事で、いい意味でも悪い意味でも、オレの中で何かが動いた。今言えるのは、そういう事だ。

本当にやりたいことをしに…(5月9日の日記①)
今の自分を何とかしたくて堪らない米田です。
今日は再来週の木曜のディベートに向けて初めてグループワークをする日。テーマは『ティザー広告の是非』。ティザー広告とはたとえば「これはなんでしょう」というWiiのテレビCMのように、商品の情報ではなくインパクトを視聴者に与える事で、それをPRする広告の事である。この度、また否定派として闘う。集合は10:00、グループ学習室。説明しがたい理由で、ダンスの着替えを持って行った。近々ダンスに行くなら今日が適当だと踏んだ僕は、出先でギリギリまでダンスに行くかどうか悩めるようにしたのだ。
10:00、時間通り着いた僕。S君(いじられイズム)は健康診断により遅刻する。遅刻の方法までキャラをわきまえている。Oさん(情報屋)はパソコンを持って来たものの、何食わぬ顔でY君(酔った勢いで合宿の飲み会幹事になった)にアダプタを強奪され、力を失った。I君(オーバープッシュ)は来るなり
「ヨネ、なんか調べて来た?あー偉いね。オレ?なーんもしてない。」
と、はなっから力が無かった。
M先輩(今回のディベートのヘルパー)が来ない。K先輩(合宿のドッヂボールで外野ながらビビっていた)は言った。
K先輩「M君(=M先輩)はいつも来ないで(笑)で、ディベートの当日だけ来て、パッションで論証してベストスピーカーかっさらうねんwww」
ヨネ「おいしwww」
M先輩に頼りたくないとは言ったものの、少しばかりは頼らせて欲しいと思った。
K先輩は僕らを応援してくれた。
K先輩「でもな、ティザー広告だっけ?インパクト与えたらええと思うねん。オレな、テレビで意味分からんCM流れたらよく調べるんだ。だから、企業にとっては凄い価値がある戦略だと思うよ。」
Oさん「すみません………私達…………否定派です(笑)」
K先輩「え、そうなん?www肯定派かとおもっとったwww」
ヨネ「なんかすみません。否定派で。」

S君が健康診断から帰って来て、やたらと周囲から「体重どうだった?」「ボーダー超えた?」などと煽られる中、僕らはようやく活動開始。I君はメディアセンター内からたくさん参考文献を持って来てくれた。パソコンがあるI君と僕はウェブ上を、パソコンがないOさん(強奪された)とS君(先輩に貸しているらしい)は文献を当たる。途中、しきりにS君が寝る。
『ティザー広告』の定義が曖昧で、なかなか有意義な時間は過ごせなかったが、途中、I君からとある事を言われた。



I君「ヨネ、別キャンパスのメディアセンター行ける?そこに文献があるの。」
その『別キャンパス』こそ、二年間ダンスを練習し続けた集会室があるキャンパスだった。
ヨネ「行く。」
僕のダンス行きが決まった。
Oさんが都合により帰り、僕ら3人は肯定派グループと『ティザー広告』の定義について話し合った。そしてI君の、
「お腹が空いた」
という午後二時の本能の叫びにより曖昧に解散した。
I君とS君と食事へ。M先輩が連れて行ってくれる予定だったラーメン屋Jに向かう。
ヨネ「いやぁ、定義が決まらないとムズいね。」
S君「何やったらいいか分からないからな。」
I君「今日何時までやる?」
ヨネ「分かんない。まぁ遅くにはならないようにしよう。てか、M先輩来ないね(笑)」
I君「てか、ラーメン屋Jってどこ?」
S君「知らないのかよ(笑)」
ラーメン屋Jに着いた。定休日だった。
ヨネ「今日はことごとくM先輩にしてやられてるなwww」
I君「どこのラーメン屋行く?」
なぜかラーメン屋を軸に昼食を決めようとする僕ら。I君に着いていく。途中、ダンスサークルEのK君(飲み会ハッスラー)とI先輩(ギリギリ履修申告完了男)に会う。
ヨネ「久し振り!今日、サークルEは『ピクニック』とかなんかするんでしょ?オレ集会室行くからwww」
I先輩「来んな。お前はとっくに除名されてる。」
ヨネ「ホフッ…。」
K君「タイミングわりぃよ~」
決意表明の時点でズタボロに言われるオレ、米田。ゼミでの若干のいじりキャラ、サークルでの完全なるいじられキャラ。この両立がたまらない。
ラーメン説はいつの間にか消え、I君とS君とつけ麺を食べに行った。そして店を出る時…




I君「今日これで終わりにしない?」
あまりの満腹感からか、満足感まで味わうI君。友人が間違った方向に進もうとしている。止めなくては。
S君「そうだな。」
ヨネ「ま、今日のところはこんな感じで。」
解散が決まった。
I君はメディアセンターに残り、次の活動日までに情報を集めるという。メリハリのあるヤツだ。「最近オレのあだ名が『おっぱい』になりかけてる」と悩んでいる男とは思えない。
S君と共に帰る。
S君「オレ今日、健康診断やってラーメン食っただけだよ」
ヨネ「wwwあ、あとちゃんと文献読みながら寝てたじゃん。」
S君「あ、来週の土曜オレ結婚式に出るからグループワーク出られない。」
ヨネ「あ、お前結婚すんだ。おめでと。」
S君「オ、オレ結婚しねぇよ。親戚だよ!したら大変だろ。」
ヨネ「まぁとりあえず、お前が結婚する際にはオレも式には出席するよね、うん。」

S君と別れ、僕は『本当にやりたいこと』をしに別キャンパスへ向かった。


現状打開
決断が間違っている事は分かってる。だけど今から、自分が本当にやりたい事をしに行って来ます。

強制大和魂
7:00起きで学校へ。1限から出席し、いつの間にか90分綺麗に寝る。2限は再起を懸けてマイノーパで『コトラー』改め『田中』をやる。マーケティング研究者のコトラー著作の基礎文献は読み終えたため、来週の月曜はこの田中本のレポートを提出するのだ。掴み所のない内容。そしてところどころ文調が気に食わない。掴みたくもない内容に苦しんだ。
昼休み。グループ学習室に行きマイノーパを充電する。K先輩(パッション)から情報をもらう。
K先輩「今日の3限、テストあるよね?」
ヨネ「へ?」
3限は今まで一度も出た事がない。無論、ノート、レジュメ、知識、面識全てが皆無。その授業が、今日テストだと言う。大ピンチに僕は…





フッ。
思わず笑いが出た。メディアゼミの試験以来のこの『ピンチ笑い』(2008年12月8日更新の日記参照)。楽しくなって来た。
昼休み、久々にS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)と会った。食事をする。
ヨネ「サークルEの合宿、お疲れ様です。楽しかったですか?」
S先輩「うん、よかったよ。あ、さっき『合宿の動画をアップした』ってメーリスが来てたな。」
ヨネ「え?知らないっすけど(笑)」
S先輩「え、メーリス切ったんじゃないの?」
ヨネ「いえ、寂しいのでメーリスはそのままにしてるはずなんですが…。」
S先輩「M君(暴れん坊将軍。新代表。)が切ったんじゃない?」
ヨネ「なんで会費もちゃんと払ってるのに強制的に辞めさせられかけてるんすかwwwあ、てか僕次の3限、テストなんすよ。一度も出た事がない授業です。」
S先輩「え、どういう系?」
ヨネ「分かんないです。」
S先輩「ダメじゃんwww」


休み時間はずっと話し、そのまま13:00に3限へ。K先輩(パッション)の隣で意を決する。
ヨネ「テスト…ですかね?」
K先輩「分かんないけど、前回授業出た時にそんな事言ってたような気がするんだ。」
ヨネ「こんな緊張感初めてなんですけどwww」

ところが、テストはなかった。K先輩の勘違いなのか、先生のど忘れなのかは分からないが、とにかく90分間、なにもないのほほんとした時間を過ごした。ラッキー。
4限も授業を受け、週の終わりの5限。テレビ局提供の授業である。全学部対象で、計1000人近くが受講するこの授業。教室にいち早く行き、M先輩(鬼ロッカー)とR君(シャイニングブレイカー)の席を取る。R君は遅れて来るらしい。とりあえず、M先輩が僕と一つ席を空けて座ったのが気になった。
今日の講師もバラエティの制作ディレクターかなにかで、これまでに作った様々なコントの裏話などを語ってくれた。
R君が来て、授業も終盤。
講師「では皆さんにここでコントを作ってもらいます。女の子との待ち合わせに遅れた男の子の最後の言葉を考えてください。台本はこれです。」
スライドに写し出される台本。
『女「何よ。何やってんのよアイツ」
男が来る。
男「ごめん。マジごめん。」
女「一時間も遅れてるじゃない。どういうことよ!」
男「」』

男の遅刻の言い訳を考える、いわゆる大斬りだ。こういうのを考えるのは大好きな僕。じっくりと考え始めた。ところが。
講師「じゃあ括弧に埋めて誰か、みんなの前で発表してください。」
いやいやいやいや。そんな大和魂持ったヤツ、いないでしょ。講義室、1000人の学生で埋め尽くされてんのよ?しかし…。
R君が何を思ったか、僕に「イケイケ」的なジェスチャー。シャイニング、今輝くのはやめてくれ。目立つ。しかし…。
講師「あれ、そこでなんかザワザワしてますね?ん?じゃあやってもらいましょうか。」
順調な運びで立たされる僕。‘冗談だろ?’と思ったが、場内にパラパラ拍手は舞い降りるわ、マイクは渡されるわ、名前は聞かれるわでガチな空気。
講師「名前は?」
ヨネ「よ、米田一弘です…。」
講師「いやぁ勇気ありますね。こういうのでやってくれるのは本当に助かります。」
一切自分の意思じゃねぇけどな。
大衆に見られるのは学園祭のステージ以来。緊張で立っていられない。そんな時、ふとR君を見た。R君は小さな小さな声で言った。






「………ごめん。」
時間は待ってくれない。
講師「では米田君、括弧に当てはめて答えてください。僕が女の子のところ読むんで。」
ヨネ「………。」
緊張で一切の声を失ったオレ、米田。アドリブが神懸かり的に出来ない男の死に様はいかに。
講師「『何よ。何やってんのよアイツ』。」
ヨネ「『ごめん。マジごめん。』」
講師「いいですねぇ。この緊張の中、ちゃんと演じてくれてますね~。」
フォローはいいから早く進めてくれ。緊張でゲロりそうだ。
講師「ではもう一度最初からいきますね。」
ヨネ「………。」
生殺されるオレ、米田。
講師「『何よ。何やってんのよアイツ』。」
ヨネ「『ごめん。マジごめん。』」
講師「『一時間も遅れてるじゃない。どういうことよ!』」
注目のヨネの回答。












ヨネ「『テレビ局提供の授業受けてたんだ』………。」
場内にささやかな小笑いが起こった。米田の大学生活第二章はこうして幕を閉じた。

悔しかったのは、緊張から解放されたあとにいくらか悪くない回答を思い付いた事。
『怒らないでよ。他の女の子とデートしてたんだからさ』
『君と、いつもより一時間遅くまで一緒にいたかったから』
『遅れてません。』
笑いとは、実に難しい。


授業後、グループ学習室に電子辞書を取りに行った。無事、返って来た。一人でなりたくなくて、M先輩とR君を追いかけ合流。一緒に帰る事に。
ヨネ「R君のせいで当てられた時は初めてお前をガチで恨みかけたけど、R君が『ごめん』って素で言ったから許すわ(笑)」
R君「ヨネ、顔面真っ白で泣きそうな顔してたからwwwさすがにそこまでするつもりはなかったし(笑)」
ヨネ「今日、一人になったら泣くかもしれない。」
R君「いじられるの、久し振りでしょ?」
ヨネ「うん、1ヶ月ぐらいブランクある中で、いきなりクソデカいのが来たからねwww」

帰りの電車で、何かM先輩が大事な話をしていた気がするけど、R君に裏拳をされ続けていたので記憶がない。とりあえず、ひたすら‘R君とは出会わなければよかった’と思っていた。
今日はこのあと田中本の考察を仕上げる。そしてそこから明日のディベートグループワークに向け個人研究。頑張ります。


exciteな一日
学校が再開する5/7。1、2限な出ようと思えば出られたが、寝たのが遅かったためパスした。10:30に家を出て、昼に学校に着いた。13:00までにゴールデンウィーク中の課題レポートを出さなくてはいけない。コトラーと多変量解析。印刷機のトラブルもあり見事な量の時間とコピー代を費やす。
12:40、なんとか提出。4限の本ゼミまでに英語を和訳しなくてはならない。電子辞書を預かってくれているS先輩(電子辞書の神)はまだ降臨しない。昨夜の僕に出来た事といえばexcite翻訳に頼り、それを参考に英文を下読みする事のみだった。
S先輩が来ない状況では電子辞書を使って和訳する事が出来ない。迫る時間。excite翻訳の和訳は気持ちいいほどザックリしており、マーケティングのブランド戦略の話なのに『巨人を回転させた』といえ訳も見え隠れする。ビバ、直訳。
諦めて、もう一人のWEB担当のMさんと、3限を受けに行くオレ、米田。授業に行き、やったのはもちろん英語。exciteの和訳で明らかにおかしいところを再読。本ゼミでは順々に当てられて和訳をしていく。どうやら、本ゼミ開始前にS先輩から電子辞書を受け取り、自分の番が回って来るまでに駿足で調べる、というスタンスになりそうだ。
本ゼミ開始15分前。教室の前でI君(オーバープッシュ)と話していた。
I君「ヨネ、英語和訳やった?あ、そうか電子辞書ないのか。」
ヨネ「いや、S先輩が預かっててくれてさ。まだ返してもらってないけど、先輩が来しだい追い上げる。これで先輩が電子辞書持ってき忘れたらウケるよなwww」
I君「それマジヤバいじゃんwww」
この絶妙なタイミングで現れたS先輩。手を合わせて一言。







S先輩「ほんとゴメン…。」

ヨネ「やってもうたwww」
I君「www」
S先輩「家出て電車乗ってから忘れたの気付いたんだ。明日持って来るわ。」
ヨネ「大丈夫です(笑)一応確認ですけど家にはあるんですよね?」
根底の部分を確認した僕。あるそうだ。一安心。
本ゼミで、和訳が始まった。電子辞書は隣りに座ったI君が貸してくれた。
ヨネ「心配だから助けてね。」
I君「おう。まぁ大丈夫でしょ。」
心強く、頼もしいI君。しかし彼の机の上にもexcite翻訳の印刷が。僕は自分で乗り切ろうと決めた。

‘こんな心拍数を味わうのはもうゴメンだ…電子辞書が戻って来たら、exciteは即引退しよう’
そう誓う僕をよそに本ゼミは順調に進み、4限終盤。M先輩(ヤギの犠牲者)が登場。葬式に行っていたらしい。
僕の隣の席に座るなり、
「あ、塩撒き忘れた。」
と丸禁ワードを炸裂させた。
4限が終わり一旦休憩。来週のディベートのテーマが発表される。『ティーザー広告の是非』だそうだ。僕は否定側で「ティーザー広告なんてクソ食らえ!」と主張する。グループにはI君(オーバープッシュ)とS君(いじられイズム)という『またかよwww』なメンバーにOさん(未だ目立った絡みはなし。ただ、いかなる時も必要な情報がどのプリントに書いてあったかを把握している情報屋らしい)をトッピング。さらに人数に差が出た都合で先輩からこちらのチームに助っ人が来るそうだ。その先輩とは………





M先輩(ドトールや多変量で度々僕を救っている)!!
頼もしい。…………が、来週の木曜日が終わった時、「M先輩がいたおかげで…」なんて言葉が必要ないぐらい、出来るだけ頼らず僕らで勝ちにいきたい。
5限は先輩たちの卒論中間発表。訳分からず90分が過ぎ散る。本ゼミ後、K先輩(パッション)が
「先日秋葉原にソフトを買いに行きました。ソフトは見つからなかったので、代わりにツンデレロシアンクッキーを買ってきました」
と紹介。M先輩(ヤギの犠牲者)が
「ソフト買わずにクッキーだけって、ダメな部下じゃねぇかよwww」
と笑う中、12個中10個が激辛のクッキーが配られていった。
K先輩(履修相談以来余り話した事がない女の先輩)が事の経緯について尋ねて来た。
K先輩「え、誰が秋葉原に行ったの?」
K先輩(首謀者)「オレとK君(=パッション・K先輩)とヨネだよ。」
K先輩「なんか凄く楽しそうだねwww」
ヨネ「クッソ楽しかったです。ソフト見つからなかったですけど(笑)」
首謀者「でも本物のオタク見たしね。」
K先輩「もっとマイナーな店に行けばよかったんじゃない?」
ヨネ「いや、かなり危険な香りのする店にも行きましたよ。」
首謀者「秋葉原は全部制した。」
ヨネ「www」

僕のところにもクッキーが回って来た。1つ選び、端だけ食べてみた。激辛だった。
ヨネ「喉がすげぇ痒いんですけどwww」
大喜びのO先生、K先輩(首謀者)、K先輩(パッション)。P先輩(コードネーム:バランスボール)がそれを見ていう。
P先輩「ヨネ、男らしく残りも全部いきな。」
サークルの先輩に言われては仕方がない。
ヨネ「はい。…………ヌホーーー!!!」
P先輩「よし。男だ。」
そう言って、苦しむ僕をよそに向こうへ歩いて行ったP先輩。出来れば辛さの余韻が終わるまで、何かしらの形で携わっていただきたかった。
ディベートの班と打ち合わせをしたり、WEB担当で今後の活動計画を話し合ったりした。

帰り道。珍しい事もあるものだ。山岳部のNさん(作り天然人工おばあちゃん)にあった。同じ電車に乗る。この間のサイゼではU君(‘lonely’oneあだ名コレクター)の話に時間を割いたため、あまり近況を話せていなかった。
ヨネ「サークルの代表なんだよね?」
Nさん「うん、そうだよ。」
ヨネ「米田家では『なんでNさんが代表なんだろう』ってよく話すんだ。で、いつも『きっとNさんが寝ちゃってる間にサークルの他のメンバーが代表にしちゃったんだ』みたいな話になる。」
Nさん「なんで私、ヨネの家の人からそんなにかわいいキャラに思われてるの?」
別に寝てる間に代表になるのは『かわいいキャラ』ではないと思った。
Nさん「あ、ヨネの靴、新しくなってる!」
ヨネ「まぁ大学生だからね。ボロボロ靴とはおさらばよ。」
まだ家にあるけどな。
Nさん「大学生って…もう三年生だけどね。」
ヨネ「うん、この間気付いた。」
Nさん「足の横幅、広いね。」
ヨネ「うん、特徴的な形してんのよ。・・・あ、そういうのってなんていうんだっけ?」
『盤広甲高(ばんびろこうだか)』という言葉が出てこない僕。
ヨネ「なんていうんだっけなぁ・・・。」
Nさん「『外反母趾』?」
ヨネ「きっと違うと思うwwwこの靴、Nさんの靴よりカッコいいっしょ?」
Nさん「私の靴の方がかっこいいよ!紫だもん!!」
ヨネ「え、紫だとかっこいいのか?」

降りる駅は違ったが、なんとなく話したりなくてNさんの駅で降りた。
Nさん「傘忘れちゃったんだぁ…」
僕の傘を見ながら言うNさん。
ヨネ「は、入る?」
Nさん「いいの?」
ヨネ「絶対狙ったよね?笑」
Nさんを家まで送る。
Nさん「私の登山サークル、山岳部時代に行ったテント場に行ったんだよ!ほら、覚えてる?私が鼻血出したところ!」
ヨネ「絶対他に思い出があると思う。」
Nさん「あれ、鼻血出したの後輩S君(現在エロ進行形)だっけ?」
なぜ鼻血基準で思い出をほじくる?
Nさん「今日はね、夕食が楽しみなの。」
ヨネ「そう。」
そろそろ限界のオレ、米田。
Nさん「豆腐ハンバーグ!」
ヨネ「そう。」
Nさん「2皿もある!」
ヨネ「え、1皿をオレに?」
Nさん「私が2つ食べるんだよ。」
ヨネ「………。」


Nさんを送り終わり、駅に戻り帰宅。それにしても不思議なものだ。今日、なんとなくNさんに会う気がしていて、向こうも僕に会う気がしていたと言う。何かを伝えようとしたが、それは言葉にするには難しすぎた。その代わり、向こうからいくらか力をもらった。数少ない僕の理解者の一人であるNさんから言われたんだ。もう少し、オレは努力する。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。