楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大晦日だよ、米田スペシャル
大晦日だよ、米田です。
2009年もいよいよ残すところあと少し。格闘技興行『Dynamite!!』放送まであとほんとちょい。日記書いて軽く今年を振り返って、来年の目標いってダイナマイトります。

昨晩は夏以来と思われる自己分析をし、5:00就寝。朝は11:30起き。食事をしてWEBテストをかまし、某ベンチャー企業の個人面接に向け、ESを書いたオレ、真面目。マイノーパが我が家から脱出しまだ一週間足らずだが…不安すぎる。

さて、さっぱり日記は終わらせて、2009年をざっと振り返ろうと思う。完全に独り言になりうるので、この曲を聴きながらぼーっと読んでいただけたらと思う。→http://www.youtube.com/watch?v=gmLXEmCExIE

2009年。激動だった。屈する気は一切なかったが、キツい事が本当に多かった。4月だっただろうか。今でも鮮明に覚えている。高校の友人やダンス、山岳部…大切な人やものから離れて、オレはこの世から『オレ』という人格を消そうとしていた。絶望にうちひしがれ、ただ黙って生きることを選んだ。僕をよく知る周囲はいつもそれを気にしてくれていた。ある時、母は家で、初めて僕に「負けちゃダメよ。」と厳しい口調で言った。生まれてから一度も、家族から何かを強制された事はなかったが、それはおそらく初めての、言葉での『叱咤激励』だった。
僕が全てを切った3、4月の行動が、僕の生き方からどう考えても間違っていたのは、今はもちろん当時も分かっていた。だが、僕は敢えてそれをした。世の中には、明らかに間違っている事をしなくてはいけない時がある。そして僕は、『独』を過ごした。
ただそれももう終わりだ。大切なものを大切といえないなんて、クソ食らえだ。オレはもう、オレに戻る。戻る事ができる。

ひたすらバイトして、踊って、騒いでいた日々から一転。僕はゼミに入った。僕が人生で出会った人間の中において、最高水準と思われる『賢い』連中の中で、僕は表現する事や目標を達成する事の難しさを再認識しながら、論理の大切さを学んだ。この『論理』とか『ロジック』とかと呼ばれるものは、卒論や就活が待ち構える2010年。必ず活きてくるし、活かなさなくちゃいけない。ただ、僕はそれでも思うことがある。それは、やっぱり僕は『勢い』っていう、訳分からないところから生じる感情や言動も大切にしたいということだ。色々悩んで毎日を過ごして来たけど、「えいっ!」って感じで決定した山岳部への入部やダンスサークルへの入会、今年でいうなら川村二郎氏の訪問やイベントAへの参戦。結局オレはどれも後悔していない。だから、2010年、悩んで悩んで、それでも決まらなかった時の『勢い』は最終手段として常に備えておこうと思う。

さて。2009年。なかなかいい年だったのではないだろうか。いや、かなりいい年だった。いい思い出も悪い思い出も今は肯定できる。何せ年末だしな。
2010年は今年を超えたい。就活は忙しいだろうが、それさえ終わったら、オレまた踊るから。『どれをやるか』じゃなしに、ダンスも卒論もバイトも全部ガチるから。就活も、一喜一憂しながらクッソやったるから。世の中では内定の数の低迷がどうこういっているが、オレは一切手ぇ抜く気ねぇ。やる事は違ってもオレの核の部分は変わらない。同じだ。2010年も、ナメられることを恐れない。人をナメてかかる人間よりは、ナメられる人間の方がきっと強ぇ。
ってわけで皆さん。今年も『てか、オレ米田。』をご覧いただきましてありがとうございました。皆様のコメントなり、『拍手』なりは、オレの力になってます。一応卒業まであと1年ちょい。「更新できなくなるだろう」っていいながらなんとなく続いているブログもそのへんが目処ですね。形は色々変わってますが、来年も頑張ります。
2010年の目標は『実』。『実現』、『真実』の『実』であり、『結果』を表す『実(み)』の『実』です。自分が本当にやりたいものを、これまで通りがむしゃらにやりたいようにやりながら、いっぱいお世話になりながら、うまくいったり失敗したりして一喜一憂しながら、その中で『結果』の部分も追求していきたいです。うん、いい感じ。
ではではそろそろ『Dynamite!!』。いい時間なのではないでしょうか。皆様、2009年、お世話になりました。よいお年をお迎えください!!
スポンサーサイト

追求するべし卒論
オレは米田だぁぁぁ!!!!!
米田です。年末という事でテンションあげてみました。

昨晩は多次元論文の仕事をした。3人のうち僕に割り振られた仕事は恐らく一番楽だった。にもかかわらず、相変わらずの基本能力の低さと無駄に粘り強く続く集中力、さらにパソコンがマイノーパの仕様と違う事があいまって、朝6時まで作業する事に。即就寝。

11:30に起きたオレ、米田。食事をして、少ししてから多次元論文の続きを開始。休む事なく14:30頃から卒論作業。年明けの本ゼミでいきなり卒論のテーマを発表しなくてはいけないため、こっちも必死である。2時間ほど格闘し、少し休んで再開。無事、2009年中に一切りついた。
ただ、この卒論テーマ。もう少し考えたい。何せ人生一度きりのたった一人での論文執筆。今のテーマで納得してるけど、まだ時間があるならもっと色んな視点から検討してもいいはずだ。幸いな事に、物事を知らない僕。昼、父に
「一弘、それなんだ?」
と聞かれ
「『さやいんげん』。」
と答えたものは『きぬさや』だった。恐らく、人より物事を知らない分、知る事に対して貪欲で一つ一つに感動できる。だから、もっとギリギリまで悩みたい。
夜、年内最後のカメの水換えをしたり、年内最後の『新年会の店を予約』したりして過ごした。
今日はこれから風呂入ってESでも書こうかしらね。

明日は、大晦日ですね。『Dynamite!!』はどうなるでしょうか。米田一弘はどうなっちゃうんでしょうか。乞うご期待(Dynamite!!の前に、景気いいバトルを見たい方はどうぞ→http://www.youtube.com/watch?v=enQnz4iGRw0&feature=related)。
ちなみに、明日は夕方からテレビにかじりつくので、17:00には年内ラストのブログ更新をします。

速報
大晦日に行なわれる格闘技興行『Dynamite!!~勇気のチカラ2009~』、全カードが出揃いました。ということで・・・




勝敗予想、書き足しましたwww
12月27日に行なった、格闘技勝敗予想をご覧下さい。ちなみに、罰ゲームもつけましたwww(詳細はhttp://moroyoneda.blog77.fc2.com/blog-entry-1512.htmlへ)

色々あってちょっと機嫌がよくなった米田でした。

忘年会(12月29日の日記)
冬休み前半戦を終えて…自由に生き過ぎている気がする米田です。ちなみに予算は昨日で2010年6月分となりました。
セミナーやらESやらはちょこちょこ挑んでいるのですが…楽しみすぎました。卒論、ES、勉強…12/30と31はエグろうと思います。ちなみに今日は予定ビッシリのため、それに集中しようと思います。

朝は11:00起き。最近、5〜8時間睡眠時間が取れているため、体調がいい。とはいえ寝起きは最悪、オレ米田。起きてしばらく『放心時間』を過ごしたあと、就活メールを処理して新年会の店を予約し、出発。T先輩(桜先輩)に紹介していただいた、某会社内定者の大学4年生のI先輩に会いに向かった。
15:00待ち合わせ。14:40に到着した僕。無事合流したあと、近くの高級そうなカフェに参上。一杯550円もするアイスティーを頼んだ。いつも『ミルク』か『レモン』と聞かれれば後者を選んで来たが、不覚にも…
「ミルクで。」
高級な価格と店内空間にすっかりペースを乱した僕。

先輩との話は3時間以上に及んだ。卒業間近とは言え、わさわざ予定を割いて来てくれているI先輩。僕は90分ぐらいでコンパクトに納めようと思っていたが、余りに濃密すぎたため楽しくて延長しまくった。


18:30から移動開始。19:00、『兄貴』のD先輩(策士)と、『姉貴』のM先輩(オンリーツーエイト)、そいでもって『弟』…というと申し訳ないから『後輩』の後輩T君(白雪姫ボーイ)と忘年会。一部では『暴』年会という噂さえあった僕らの会。待ち合わせは、某駅のハチ公前。
19:00待ち合わせのところ、18:40に駅に到着した。これまでのパターンからいって10分の遅刻は遅刻と思っていないのがM先輩。30分間をゆったり過ごそうと、僕はすぐそこに案内があるトイレとは逆の方向に進み、トイレを探した。時間的には、トイレを済ませ、人生初のナンパに挑戦し、撃沈して、復活してから戻って来ればちょうどいいと感じていた。しかし、トイレから戻ると、早速後輩T君と会った。
後輩T君「D先輩たちまだですかね?」
ヨネ「10分ぐらいは遅れて来るっしょ」
後輩T君「慣れてますねwww」
ヨネ「オレ、すぐそこのトイレに行かずわざわざデパ地下散策したからね。」
後輩T君「ほんとの暇人の行動じゃないですかwww」

D先輩たちとはその直後すぐに会えた。結集。居酒屋へ。
ヨネ「今日は『大人の事情により』、別キャンパスの焼肉じゃなくてここの居酒屋になったとM先輩から聞いたのですが、またどうして?」
D先輩「冬用の服、このスウェット1枚しかなくてさ。買わなきゃと思って。」
ヨネ「つまり『大人の事情』というのは、世の中でいう『買い物』ということでよろしいですか?」
D先輩「そうだね(笑)」

D先輩は、「230円でビールの大ジョッキが飲める行きつけの居酒屋がある」と誇らしげにいっていた。どんな穴場かと思ったら、『笑笑』だった。
「オレにしては珍しくね、予約とか取ってんだよねぇ〜」とD先輩。間違えて違う店に電話を掛けていたようで、どうやら予約は未遂に終わっていたが、店員に何を聞かれても決して怒らないスタイルを貫き、無事入店できた。
着席。
ヨネ「腹減ったぁ。あ、M先輩。今日も僕、メチャメチャ食うんで。」
M先輩「………ヨネ、後輩T君がひいてるよ。」
ヨネ「なんでwww」
後輩T君「『お腹すいてるからひかれる』ってwww」

乾杯も早々に飲みと食事が始まった。
D先輩「後輩T君最近何してんの?」
後輩T君「もう年明けまで集会室は閉まっているので、今日は朝から『FF13』でした。」
ゲームをやり出したら後輩T君がいよいよ廃人になる気配が出て来る。原因は噂の『ファイナルファンタジー13』らしい。
D先輩「あれどう?」
もちろん食い付く。
後輩T君「グラフィックは綺麗なんですけど…」
M先輩「批判キタァァwww」
ヨネ「www」
後輩T君「なんか闘ってばっかって印象ですね。」
D先輩「うっそ。RPGのよさ皆無じゃん。よかった買わないで。」
ヨネ「とかいってどうせ買うんでしょ?笑」
D先輩「まぁな〜(笑)でも今オレやってるの、『ワンダープロジェクト』っていうスーファミのソフトだから。それ終わんないと次行けない。」
M先輩「スーファミwww」
後輩T君「『FF13』はこれまで〜〜〜だったんですけど今回〜〜〜が〜〜〜で〜〜〜〜………。」
D先輩「そりゃつまんないな。」
後輩T君「でも、面白いっす。」
ヨネ「え、どこが?www」
後輩T君「www」

僕と後輩T君が頼んだ品々が一斉に机にいらっしゃる。
M先輩「焼き鳥の『皮』頼んだの誰?」
ヨネ「僕です。全然食べていいっすよ。どうしました?」
D先輩「実はオレ食えないんだよね〜。」
ヨネ「マジっすか?」
M先輩「ヨネ、空気読めよ。」
ヨネ「そんなwww」
後輩T君「『皮食えない空気』ってどう読めばいいんですかねwww」
ヨネ「www」
M先輩「私も皮いらないわ。後輩T君も食べてないけど、苦手なの?」
後輩T君「僕は………大好きです!」
いたずらっ子みたいな満面の笑みで飛び付く後輩T君。
ヨネ「お前かわいいなwww」
M先輩「ヨネ、じゃあ帰って。」
ヨネ「え、『後輩T君がかわいいからヨネ帰れ』ってどんなロジックですか?」
後輩T君「www」
ヨネ「後輩T君、お前がかわいい事するからなんかオレが帰れっていわれただろ!!どうしてくれんだよ!」
後輩T君「すみませんwww」

店員が来た。
店員「空いてるお皿お下げします。」
D先輩「あ、これも空けるんで待ってくださいね。」
ちょっと残った漬物をかきこむD先輩。
店員「またすぐに来ますので。」
D先輩「僕もすぐ空けるんで。」
一旦今ある皿を下げようとする店員にさらにその必要はないと主張するD先輩。

僕は隣りの後輩T君と仲良くわけ合いながらその様子を見ていた。
ヨネ「てか、後輩T君。オレ遠慮なくオーダーしたけど食べられないのとかない?確かトマトはダメなんだよな?(12月20日更新の日記参照)」
後輩T君「はい。あと『つけてあるもの』も。」
ヨネ「…ん?」
後輩T君「あの、きゅうりとか。」
ヨネ「『漬物』のこと?」
後輩T君「はい。」
ヨネ「なんで『つけてあるもの』ってなんか含みを持たせたの?www」
後輩T君「www」
その後後輩T君は、黙って自分の皿にあったサラダに混入していたミニトマトを、僕の皿に移した。

M先輩「このタッチパネルの注文する機械、『一人当たりの金額』表示できるんだね。」
D先輩「当てて見ようぜ!今いくらかな?ちなみに安安だったらもい一人2500円はいってるよwww」
ヨネ「2000円はいってないと信じたいので1500円ぐらいだと。」
後輩T君「僕は1700円だと思います。」
M先輩「いや、2500円ぐらいっしょ。」
D先輩「みんな『笑笑』わかってねぇよ。ジョッキ230円だよ?1300円ぐらいだろ。」
タッチパネルで『一人当たりの金額』を表記。




1900円。
D先輩「………。」
ヨネ「何自分から言って自滅してんすかwww」
後輩T君「暗っwww」

D先輩の機嫌が直ったのはやはりダンスの話になってから。
ヨネ「後輩T君、学園祭でコマ責やったよな?飲み会でプレゼントもらった?」
後輩T君「はい。Tシャツをプレゼントされました。」
M先輩「よかったね。」
D先輩「あれだよな。Tシャツって結構好きなブランドとか、自分のこだわりとかあってさ。オレなんかはたとえばちょっとキツめのがよかったりさ。そういうのがあるから他の人に服選ばれるのとか迷惑なんだよな。…っていうのをちゃんと言った?」
後輩T君「www」
ヨネ「学園祭後の飲み会でそれ言ったら空気終わるんでwww」
D先輩「どうせなら高級で売ったら高いものをくれって話だよな。時計とかさ。」
ヨネ「すみませんが、それ聞いたあとだと僕はD先輩のコマ受けたくないです。」
D先輩「ナハハwww」
M先輩「サークルEの飲みはあんま潰れる人いないよね?」
ヨネ「てかオレ後輩T君が潰れるとこ見たことないわ。」
後輩T君「学園祭前の決起飲みはヤバかったですね。H君(後輩H君。ロッカーで比較的僕もよく話すがそういえばあだ名をつけ忘れていた。)はB先輩(=リアル悲壮感・B君)のカバンにゲロ吐いてました。」
ヨネ「アイツも出世したなwwwオレがB君だったらガチギレだけどなwwwてか、そういえばD先輩って、コマ責とか色々やってますけどキレた事ないですよね。」
D先輩「自分がキレる夢は見たよ。」
ヨネ「それはキレていないということですね。」
後輩T君「www」
D先輩「いや、オレダンス教えててさ。キレて教えても結局なんのプラスにもならないと気付いたんだよね。オレ昔からリーダーとかメチャクチャやっててさ。中学の時野球部の副キャプテンでさ。って『リーダー』とかいっといて『副』かぁぁい!」
ヨネ「今そういうのいらないんでwwwあ、さっき酒で潰れるとかって話になりましたけど、そういえばM先輩もお酒弱くはないですよね?」
M先輩「私いっぱい食べたいんだよ。」
ヨネ「…後輩T君、今の会話噛み合ってる?」
後輩T君「www」
ヨネ「オレそんなムズい質問してないよな?笑」
D先輩「ヨネは酔うんか?」
ヨネ「最近どんどん酒癖悪くなりましたね。僕は酔うと、Y君(省エネロッカー)に電話するんです。」
後輩T君「www」
D先輩「あー、オレ大晦日もサークルJで酔うわwwwで、酔って覚めたら2010年1:00みたいなwww」
M先輩「www」
D先輩「ヨネ、大晦日は忙しいんだっけ?」
ヨネ「夕方から格闘技やるんです。忙しいです。」
D先輩「それまでは?」
ヨネ「その準備があるので。」
D先輩「準備www」


飲みを終え、店を出た。ちなみにまた500円ほどごちそうしていただいた。
「気にすんな。」
というD先輩は所持金が1000円しかなく、M先輩に大半を払わせた。その瞬間、D先輩は僕の中で世界一カッコいい『ヒモ』となった。

D先輩「あ、『Paul Smithのマフラーの話』したっけ?」
ヨネ「なんすかそれwww」
後輩T君「マフラーでも笑いが取れるんすかwww」
D先輩「実はさ…。オレサークルJの飲み会でいつもみたいに潰れて。で、色々店を転々として、人の家とかにお邪魔してさ。記憶が戻ったのは朝だったんだけどさ。気付いたらこのPaul Smithのマフラーが首に巻かれてて。でもこれ………オレのじゃないのなwww」
ヨネ「www」
D先輩「で、調べたら、これ21000円の代物だったwww」
後輩T君「www」
D先輩「ヤバいよな。数千円で酔って記憶失って、目覚めたら21000円のマフラーってwww」
M先輩「www」
D先輩「やけに温かいと思ったんだよな〜。そしたらさ、『カシミヤ100』だって。そりゃあったかいわなwww」
ヨネ「wwwマフラーでのその話にもビックリですけど、僕は誰もが黙るエレベーターから話し始めたD先輩にも驚きました(笑)」
D先輩「そう?www」
ヨネ「しかもエレベーターで一緒に乗った男性はオチ聞かずに別れましたからねwww」
D先輩「www」
ヨネ「あ、D先輩。イベントAは2月にもありますよね?後輩T君との『ガチポップチームD』はやるんすか?」
D先輩「やるよ。」
後輩T君「マジっすかwww」
ヨネ「一応チームということなんですが、その『やるよ』ってのは後輩T君との打ち合わせの方は…(笑)」
D先輩「今初めてだね。もうね、曲も決まってるから。」
ヨネ「順序おかしいwww」

かくして、2009年最後の外出イベントが終わりを告げた。
2009年を振り返るにはまだ時間がある。明日は朝から卒論、多次元論文、ES、カメの水換えだ。楽しまなくてどうする。やるで!

遊び納め・・・ではないと思う
大晦日が楽しみな米田です。
昨日、夜からまたWEBテストの勉強をし、そのあとから卒論のテーマ探しをした。研究したいテーマはパンパンといくらか出たが、既存研究を見ながらもう少し検討したい。
3:00頃に寝た僕。8:30に起きてとある駅に行く。今日はクラスメートのT君と、隣りのクラスのTS君と共にボーリングを通じて力学について学びに行く。
11:00集合。T君による『ボーリング場は12:00にならないと開かない』というビックリな情報で、僕らは昼食へ。話しながらあっという間に時間が過ぎ、12:00からボーリング開始。3ゲームで800円台とはなかなか安い。
3ゲーム中、僕は一度も一位になれず。あくまで目標は『オールストライク』だった僕だが、カーブに挑戦し曲がりすぎて左にガタったり(ガタる=ガーターになる)、T君のガーターボールが奇跡的にレーンに戻り値千金の4本ゲッチュをしたり、そんなT君のスペアのチャンスにTS君が一度だけ小さな声で「頑張れ」と呟いたりしながらパッとしない成績3連発をかましたオレ、米田。
ビリヤード開始。
T君「ゲーム色々あるよね。何にする?」
ヨネ「『ナインボール』でよくね?」
TS君「うん、それでいいよ。」
T君「ナインボールってファウルの時ってどうすればいいんだっけ?」
TS君「忘れたwww」
ヨネ「ん、オレはルール知らないよ。」
実は人生2度目のビリヤードである僕。2時間で6ゲームし、一度だけ勝利した。終始喋り続けたファイトスタイルには、店員の人がチョコチョコこちらに視線を向けた。

そしてその後。
ヨネ「どうする?18:00から飲むにしてもまだ時間あるよ。カラオケ?」
T君「今、『東京タワーまで歩く』って説が出てる。」
TS君「40分ぐらいwww」
ヨネ「アツいwww元山岳部として、『徒歩』となると血が騒ぐんだけどwww」
喋り続けて、あっという間の40分。おそらく幼稚園か小学校低学年の時以来、約15年振りのこの場所。
「どの階のどのアトラクションも金取るんだねwww」
「来たからには展望台行きたいよね」
「やっぱ金かかるよね?」
「いいんじゃん?せっかく来たし。」
「あ、なんか『ギネス館』『シアター』『蝋人形館』とセットにすると安くなるらしいよ。」
「いくら?」
「2100円。」
「うお〜高ぇwww」
「リアル〜www」
「でもせっかく来たしな…。」
「なかなか来ないし。」
「じゃあ行くか。」
「てかさ、策にハマってね?www」
ということで大金を出して本腰を入れて東京タワー巡りをすることに。入口で記念撮影をし、ギネス館の入口で大はしゃぎし、展望台は2周した。来場したどこの国の出身の人よりも楽しみ、興奮していた。東京タワー。なかなか行かないところだけに面白かった。東京スカイツリーの猛攻にも負けず、頑張って欲しい。また15年後かなんかに行きたいと思う。
知り合って3年だが、居酒屋で飲むのは初めてである。19:30頃、店に入り、一年を振り返りつつ、今後の就活やゼミについて話しつつ、マイノーパについての心配ごとを聞いてもらったりしつつ、まったりと飲んだ。十分に食べたにもかかわらず、お勘定は一人1985円。
T君「オレまとめて払うよ。」
TS君「はい、2000円。」
ヨネ「はい、オレも。」
T君「待ってね。15円お釣出せるわ〜。」
TS君「いいよ、15円ぐらい(笑)」
ヨネ「オレはいる。」
TS君「がめついなwww」
ヨネ「もらえるもんはもらっとかないとwww」
TS君「T君、オレはいいから………20円で。」
T君「ちゃっかり得しようとしてるwww」
ヨネ「真の勝者だwww」

2009年、彼らとはこれまでのように共に授業オール出席をすることは出来なかった。ただ、共にテスト勉強に挑んでくれたり、色々苦しい時にこれまで以上に支えてくれた。感謝である。そしてクッソ楽しかった今日を省略気味の日記で書いてしまった事は懺悔である。
明日は、T先輩(桜先輩)が紹介してくれた方を訪問する。さらにその後、姉貴と食事。もちろん卒論云々もやりまっせ。

着手
パソコン修理の宅急便殿が来るとの事で9:00に起きた。正確には起こしてもらった。
早起きは苦手だが好きだ。『三文』がどの程度かは計り兼ねるが、お陰様で朝のうちから格闘技記事の勝敗予想に着手し、さらには新聞も読んだ。パソコンのお預け、食事、ブログ更新も14:00には終えた。他の格闘技ファンの勝敗予想と自分のものを比べて見てから15:00活動再開。
WEBテストの勉強をした。分かってはいたものの、やはりやってみると面白いものである。自分の計算力のなさに直面し、意外に長文を読むのが楽しめる自分にも気付く。時間さえあるのならずっとやりたいものだ。さすがにそれは嘘だけど。

結局WEBテストの勉強はノンストップで4時間ほど。いい時間だった。明日も明後日も友人との約束があるが、またこうした時間を作りたい。
あと一つ。昨日T先輩(桜先輩)はとある会社の内定者の訪問について提案してくれた。そして今日、本当に手配してくださった。『T先輩とメールできてよかった』的な文章は今日は置いておくとして、つくづく先輩たちの手厚いサポートにはサークルでもゼミでも昔のバイトでも頭が上がらない。自分がその立場になった時、同じ事が出来るよう、もう少しいい意味で『余裕のある』人間になりたいと思った。

さて、『独』の年。もう時間がない。卒論のテーマ探しをいよいよ今晩から始めたいと思う。ちょうどパソコンを預けたタイミングでWEB係の仕事が出来たため困っているが、それもできるところまでやる。今日は、まだまだこれからだ。

Dynamite!!~勇気のチカラ2009~勝敗予想
大晦日格闘技興行『Dynamite!!〜勇気のチカラ2009〜』が近づいてまいりました。勝手に楽しみにしていた勝敗予想やります。この一年、忙しくてあまり書けなかった『格闘技』カテゴリー記事。ティラノサウルス奥田の追跡レポ(1月26日更新の格闘技記事参照)やサスケの暴行事件にコメントするタイガーマスクへのツッコミ(2月21日更新の格闘技記事参照)などを書いてきましたが、もともとこのカテゴリーは勝敗予想や試合を見た感想を書くものでした。調べてみると勝敗予想はちょうど1年と1日ぶりでした。
K1ルールと総合ルールが入り組む全18試合(ルールの違いについては12月24日更新の格闘技記事参照)。K1甲子園の決勝以外の17試合を予想します。なお、試合順は適当です。以下、お楽しみ下さい。


①藤鬥樺裟(『ふじつかさ』と読む。ほんとは『樺』はくちへんだが、携帯で出なかった。)対日下部竜也(『くさかべりゅうや』と読む。)
名字が読みづらい者同士の対決。ちなみに日下部は去年も対『卜部(うらべ)』を経験しているので、名字が読みづらい相手との闘いには慣れている。ちなみにその時、日下部は負けている。どうやらここは藤にかけた方が無難なようだ。確か『妹がかわいいから』という理由で去年は日下部にBETしたが、今年はやめる。藤の判定勝ち。

②嶋田翔太(若い)対石田勝希(若い)
K1甲子園(20歳未満の選手のK1トーナメント)ですね。極めてどうでもいいカードです。名前的に今流行の『翔』がついている嶋田が勝つ。判定かな。

③HIROYA(K1の全面バックアップを受けている若きK1ファイター。)対野杁正明(知らない。特別調べる気もない。)
夏かなんかに魔裟斗と普通にいい試合をしたHIROYA君。もはやK1のサポート体制も確立されたので、判定になればまず最強といって問題ないだろう。最悪、K1甲子園に出場するHIROYA以外の全選手が新型インフルにかかったと言って繰り上がり優勝の可能性すらある。番組構成上、放送されるとしたら『HIROYA、去年はまさかの決勝敗退。いざ、悲願の甲子園制覇へ』となるはずなのでここは勝てる。判定勝ち。

④ミノワマン(大好き。米田一弘の生き方に影響を与えた本能ファイター)対ソクジュ(野性児)
クッソ楽しみな『スーパーハルクトーナメント』の決勝戦。無差別級と煽りながら結局軽量な二人が残るというまさかの展開(笑)ソクジュはジャングル並に強い選手です(?)。ただ、ミノワマンファンとしてここは彼に賭けます。ミノワマン、本能の足関節で1R一本勝ち。放送1試合目の可能性すらある、おそらく外れ無しなカード。

⑤西島洋介(ビッグマウスが災いしているボクサー。)対レイ・セフォー(K1ファイター。)
K1ルールに西島はシューズを履いて『蹴り無し』で挑むらしい。ボクサーとして世界を取った事もある彼は総合転身後超連敗。そして先日、ピーターアーツとのK1マッチにもこのルールで挑んだ。敗北。背水の陣で負けた男・西島の対戦相手は、同じく超連敗中でブランク1年、38歳のレイ・セフォー。西島が負ければ今後の彼の格闘家人生が閉ざされる可能性すらあるこの一戦。容赦なくセフォーに賭けさせていただく。格下には強いからな。ただ、セフォーは蹴りはないし、年齢的にもコンディションはよくないだろう。判定でセフォー。会場ではこの試合のあと休憩が入り、大晦日とあって豚汁の売店が盛況する。

⑥アリスター・オーフレイム(総合ファイターでありながらK1のバダハリに勝った事あり。)対藤田和之(かつて日本の総合ファンを熱狂させる強さを持っていた)
普通に考えればアリスターの圧勝。しかし先日K1のトーナメントに出たばかりの彼は精彩を欠くかも。『藤田がタックルでチャンスを掴みつつ、結局立ち技でアリスターの打撃が当たり、パウンド葬』といったところか。アリスターの勝利。会場には地味にお兄さんのヴァレンタイン・オーフレイムも訪れる。カメラは振られない。

⑦高谷裕之(ケンカ屋。千葉最強)対小見川道大(ネオ柔道、とおっしゃっています。)
割りとおもしろめの対戦カード。立ち技の高谷に気が強い小見川が応じ、熱い打撃戦が見られそう。小見川は寝技もそこまで決め手がなく、高谷も寝技を凌ぐ力はありそうなので、高谷の勝ち。しかし、消耗戦となり決まり手は判定。2Rあたりはバッサリカットされる。

⑧所英男(もうイケメンでもシンデレラボーイでもなくなりかけている。強いて言うなら『バナナマン・日村の友人』)対マルロン・サンドロ(マジ強い)
負けが目立ち、試合をすればするほどご希望の『KID戦』が遠のく所に『立ち技もできる柔術家』、サンドロが来襲。立っても寝てもサンドロが試合を動かすだろう。最後はスリーパーで締め落としサンドロの勝利。マイクアピールで、『ミナサン、ヨイオトシヲ!!』と絶叫するもパラパラ拍手。懐かしの『HERO’S』の空気に即CMが入る。

⑨柴田勝頼(ウォォォオオォォ!!)対泉浩(柔道メダリスト※ただし銀。)
先日期待されてデビューし、あっさり散った泉。体格差のある軽量ファイター柴田との対決。柴田は魂があるように見せるのがファイトスタイルなため、今回もゴングと同時に飛ばす可能性大。泉はそれにどう対処するかがカギ。押されればそのまま敗北、ヒョイッと投げれば勝機あり。………柴田の勝ちで。パウンドでしょう。もちろん勝利後はコーナーに上がってウォォォオオォォ!!

⑩桜井マッハ速人(一時代を築いたカッコいい日本人ファイター。好き。)対郷野彰寛(ディフェンシブな男)
言うまでもなく、『茶番』としかいいようのない郷野の入場はオールカット。守りに入りがちな郷野は塩試合の可能性もあるが、マッハはあまり塩はやらかした印象がないのでそこまで心配はいらないはず。米田はちょいちょい1チャンネルの『紅白』、10チャンネルの『ドラえもんスペシャル』を見始める。なんだかんだで判定。マッハの勝ち。

⑪山本KID徳郁(神の子らしいです)対金原正徳(危なっかしい『戦極』王者)
楽しみ。『勝てば再婚』というルールつきなら100%KIDの勝ちだがこれは分からない。ここまであまりに順当な予想が続いているためここは勝負に出たい。金原の負傷欠場………はないとして、金原に賭けましょう。一本で。腕取りましょうか。1R、腕ひしぎで金原君の勝利。

⑫川尻達也(K1で魔裟斗と名勝負をした総合ファイター)対横田一則(特に思い当たる試合はない総合ファイター)
おそらく一般の方への認知率は0に等しい横田と、魔裟斗戦で一気に名を上げた川尻の対決。横田はアグレッシブなファイトスタイルとは裏腹に泥沼の判定決着ロードを驀進中(6戦中5戦が判定)。期待も込めてぜひ今回も判定でお茶の間に『これが判定だ!!』ってファイトを見せて欲しい。打撃のセンスと寝技の荒っぽさとかがだいぶ被っているが、馬力で勝る川尻がペースを握ると思われる。川尻の勝利。

⑬青木真也(総合格闘技団体『DREAM』王者)対廣田瑞人(総合格闘技団体『戦極』王者)
『DREAM』対『戦極』がだいぶ強調されながら、王者対決はこの試合のみですね。楽しみ。ただ寝技に持ち込みたい青木と、ガチガチの打撃戦がしたくてイラつく廣田という噛み合わない試合が展開される可能性が懸念される。廣田は王者になってから初試合。ここはさすがにプレッシャーが大きすぎる気がする。膠着試合となるが、寝技でペースを作った青木が判定で勝利。

⑭メルヴィン・マヌーフ(練習でオーバーワークしすぎなハイスパートファイター)対三崎和雄(無期限試合出場禁止期間解けました(^o^)/)
ビッグネームなのになんだかんだどうでもいいこの一戦。マヌーフは勝っても負けても1R決着な一時のジェームズ・トンプソンキャラなので茶の間向きと思われる。三崎は解禁おめでとうキャラ。入場時にはヌル山ばりの土下座を披露すると思われる。試合の方はマヌーフの圧殺勝利。1R、圧力をかけてそのままパウンドで勝つ。これはかなり自信があります。三崎の勝ちはほぼないでしょう。僕がサークルEでいじりキャラになるぐらいありえないです。マヌーフには是非いつか、ソクジュとやっていただきたい。階級違うかもだけど。

⑮吉田秀彦(柔道金メダリスト)対石井慧(柔道金メダリスト)
石井慧の注目のデビュー戦。TVのメインの可能性すらあるが、とはいえ格闘家としての石井の打撃センスのなさは有名であり、しかも相手が吉田という事で僕的にはどうでもいい。アゴ端に拳を当てようが、吉田の代わりに泉がダブルヘッダーを買って出ようが、吉田のセコンドに中村がポツンと立とうが本当に興味ない。試合は…打撃で中途半端に吉田が勝つか、グダグダの末スタミナで勝る石井が判定勝ちするかだろう。放送時間の尺的にも早く終わって欲しいこの試合。そんな願いも込めて吉田の勝ちで。

⑯ゲガール・ムサシ(K1武蔵をK1ルールで破り超訳わかんない空気にしたこともある総合王者)対ゲーリーグッドリッジ(豪腕。昔一度引退したが、奥様との離婚調停の関係が落ち着き格闘技に復帰)
急遽決定したカードですね。ムサシは直前までK1ルール用の練習をしていたそうですが、総合ルールになったらしいです。グッドリッジはK1でも総合でも人気の高いアグレッシブファイター。まぁ普通に、いつもみたいな1R決着を見せてくれるでしょう。誰もがムサシに懸けるこのカード。オレ・・・グッドリッジに懸けます。勝負に出ます。ムサシには去年のこのコーナーで苦杯を嘗めさせられているので(去年自信を持って『武蔵』に投票した僕は、『ムサシ』の大番狂わせにより罰ゲーム決定)。グッドリッジが空気を読まずKO勝ち。スタンドで打撃が当たり、あとはパウンド。頼むぜ!!

⑰魔裟斗(引退します!よいお年を!)対アンディ・サワー(これまで魔裟斗に2戦2勝)
魔裟斗の引退試合。K1ルールっすね。先日K1のトーナメントで優勝した『オペキャラ』でお馴染みペトロシアンとの対戦カードは大方の予想通りねじ曲げられました。煽りづらいし数字もとりづらいし、K1のやりそうな、妥当な判断ですね。ペトロシアンの欠場理由は『怪我』だそうで(笑)誰も言わないならオレがいいます。





嘘だろ!!www
というわけで魔裟斗対サワーfeat.ペトロシアンなこの一戦。ひとまず煽りまくるんでしょうな。
『3度目の正直』
『格闘技人生を賭けたリベンジ戦』
『大晦日、運命の頂上決戦』
『蹴れ!殴れ!108つ!!』
『大晦日の夜はドラえもんスペシャル』
『裏番組では今ごろ福山』
『てか、オレ米田。』
みたいなコピーが番組中何回踊る事でしょう。試合の方はさすがに一流の二人。いい試合になるはず。観客席には魔裟斗の奥さんである矢沢心が間違なくいらっしゃるはず(ちなみに試合後は結果にかかわらず涙)。武田幸三やブアカーオなど、かつて名勝負を繰り広げた選手たちも特別リングサイド席で戦況を見守る。ちなみに小比類巻‘改名’太信は自費で『魔裟斗応援シート(10万円)』にいるはず。もちろんカメラは振られない。試合はサワーが一度顔面にパンチを当てダウンを奪うも、恒例の『魔裟斗ポイント』でドロー。2ちゃんねるがパンクする中、大『魔裟斗』コールと大『太信』コールで迎えた延長戦はダウンなし。スタミナ切れで魔裟斗は何度も倒れるがいかなる倒れる方も『スリップ』と見なされセーフ。判定へ。………サワーの勝利。しかしテロップでは『WINNER魔裟斗』の文字が。これぞ最後の『魔裟斗マジック』。2ちゃんねるが沸く。
試合後のセレモニーでは先ほど挙げた歴代のライバル選手ならびに矢沢心が花束贈呈。ラストを飾るはもちろん小比類巻‘改名’太信。回転リングインして花束を渡した太信はマイクを持ち、
「もう一度、オレとやろう!!!」
と絶叫。真っ白になる空気の中、静かに会場上空に設置された薬玉が割れる。エンドロールが流れ、『総合演出 小比類巻‘改名’太信』の文字に米田家は沸騰。


さてさてここからは大注目の罰ゲーム設定。
格闘技ファン歴11年ぐらいのオレ、米田。そんな僕が、負け越しなんてあり得ない!というわけで17試合の勝敗予想、負け越したら以下の罰ゲームをひっそり行ないます。

全外し(17敗)・・・就活しない(シャレにならない)

1勝16敗・・・『てか、オレ米田。』閉鎖(オレ的に困る)

2勝15敗・・・まさかのサークルE、Oゼミ脱退(一気に孤独)

3勝14敗・・・3月に行なわれるサークルEの総会、私服で参加(いつも以上にうく)

4勝13敗・・・1月3日の山岳部新年会、幹事ながら早退(後味悪っ)

5勝12敗・・・腕たて1000回(毎年恒例)

6勝11敗・・・クッソ忙しい元旦に、『てか米ブログ』10回更新(去年よりスケールアップ)

7勝10敗・・・腕たて200回(ちなみに去年はこれでした)

8勝9敗・・・当ブログの過疎カテゴリー、『最近聞かない言葉』に屈辱の『米田一弘』ランクイン(ちなみにこのカテゴリーの最終更新は7月12日。紹介した言葉は‘かっぽう着’。http://moroyoneda.blog77.fc2.com/blog-entry-1317.html

去年より心持ち守りにいった感は否めませんが、下手すりゃ正月早々にニート確定とかサークル撤退とか放ゼミの可能性すらあるこの予想(シャレにならん)。十分でしょう。
『勝ち・負け』(予想の当たり・外れ)は試合の勝敗のみで判断。格闘技には選手の欠場によりカードが当日中止になることもあり得るため、試合数が変わる可能性があります。なのでその際の罰ゲームは『確率(当たった割合)が一番近いもの』をやる事にします。自分が勝つと予想していた選手が欠場し、代理選手が出た場合はその人に託します(ex柴田対泉で僕が勝つと予想した柴田が欠場。代わりに小比類巻‘改名’太信が出場した場合。‘改名’が勝てば僕の『勝ち』、泉が勝てば僕の『負け』)。なお、複雑な展開になりどの罰ゲームやったらいいかわかんないような状況になったら僕が都合よく解釈します。

最後に。ほんとはみたかった僕のイチオシカードを列挙します。
・北岡対アルバレス(北岡にはもう少し負けていただく。)
・武蔵対一般人(武蔵ガチ引退試合。武蔵、これなら勝てるぜ!)
・五味対アウレリオ(なんとなく。)
・サップ対ソクジュ対マヌーフ対トンプソン(ハイスパートバトルロイヤル)
という鬼カードも紹介しようとしましたがこのへんで。
この他、番組構成面では佐々木希のウンコ解説(佐々木希は見た目はかわいく、一般に人気はあるが、格闘技ファンの間では明らかに知識と興味のなさすぎる一言に毎度失笑が起きている。歴代キャスターの中でも史上2番目にヒドい。ちなみに1番はご存じ井上和香氏。)と、須藤&高阪の仲良し名解説コンビのコラボがあるのかどうかにも注目。大晦日、お楽しみに。

いじりレベルの最高値
パソコンが直らなくてもうだいぶガチでへこみ焦っている米田です。何もできましぇん。家にパソコンがなかったら、それこそ僕の卒論と就活は全て終わっていました。

朝は7:30起き。初めて、生命保険の会社説明会に行った。6人グループになり、説明を聞き『100問クイズ』とやらに答える。企画としては「これを通じて業界、企業が分かる」というそれほど突飛でもないものだったが、始めに聞いた説明でさりげなくボルテージが上がっていたオレ、米田。
「正答数で優勝したグループには、このタオルと、その中の一名にはディズニーランドのチケットを差し上げます!」
という社員の声に、
‘なに!?タオルがもらえるのか!?’
とますますやる気になった。
しかし、グループは大敗。米田の年内最後の就活はこうして幕を閉じた。

楽しみがこの後あった。サークルEの月例会がある17:30の前に、2時間ほど先輩たちが就活について僕らの代に話してくれるのだ。僕は昨夜の宣言通り、別キャンパスにつきすぐにメディアセンターへ。パソコンで新聞を読み、M先輩(自称‘メンバーズリストのランキングには決して関わってこない人’)から去年書いたES等の就活グッズを授かった後、サークルEの『就活講座』が開かれる食堂へ。M先輩(鬼ロッカー)、S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)、M先輩(リトルハウスマスター)、M先輩(美人ジャザー)、そしてT先輩(桜先輩)らが、僕の同期と机を囲み何事かを話している。
「こんにちは。」
説明会帰りのスーツ姿で参上した僕。
「くんなよ。」
「ヨネwww」
「キモい〜〜。」
「『就活は最初の5秒で決まる』ってのはこれかwww」
20秒ほどボコボコに言われた僕。始めの方は確かに一つ一つツッコんだ。しかし同期の猛攻に、後半はただ下を向くしかできず、誰に何を言われたのかさえ分からなかった。ちなみに、「キモい〜〜。」と露骨に僕を侮辱する発言をしたのがJさん(ジャムサンドジャザー)だというのだけは鮮明に覚えている。

先輩の話を聞き、しばらくするとだんだんラフなおしゃべりタイムに。隣りにいたM君(若武者)は向こう側にいる先輩の話を聞きたかったのか、僕の隣りが嫌だったのか、向こうに行ってしまった。T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉。だいぶ久々。)が隣りに来た。
T君「あの、仕事をしていて感じるやりがいについてなんですけど。」
ヨネ「先輩社員じゃないからwww」
T君「え、就活生?」
ヨネ「www」
さすがT君だ。一周して終わったかに見えた僕の『スーツ姿いじり』にトッピングを加えてくれた。ちなみにこれに元気をもらった僕は復活し、以後話せるようになった。

ヨネ「あのさ、T君追いパ踊る?」
『追いパ』とは追い出しパーティーのこと。卒業される先輩方を追い出すためのイベントで、現役のやつらでショーケースやバトルを披露したりもする。
T君「微妙なんだよね〜。」
ヨネ「オレ前までは全く考えてなかったんだけどさ。この間T先輩(桜先輩)にミクシィ上で、『ヨネ、追いパのにわかポップロックチーム楽しみにしてる』って言われて。」
T先輩の言葉や仕草にいつもフラフラしてしまう僕。
T君「にわかポップロックねぇ。実際3月下旬とか微妙だよね〜。」
ヨネ「就活は忙しいけどあのチームなら3時間ぐらい練習すりゃ何とかなるっしょ?笑」
T君「まぁ実際振り考えるオレはクソエグいけどねwww」
ヨネ「www」


しばらく話していると、K君(飲み会ハッスラー)がやってきた。
K君「S先輩(withスマイル)、オレの長所と短所教えて下さい。」
ヨネ「え、今それやるの?www」
俗に言う『他己分析』である。
K君「あ、ヨネなんだよ?」
ヨネ「あ、ごめん。続けて下さい。」
S先輩がこちらを見ながら『あっち行け。シッシッ』的な動作を繰り広げる。
K君「ん、あれ〜?」
オレには分かる。絶対『スーツ姿いじり』をやろうとしている。
K君「あ、あの。6月のクラブイベのハコ(会場)の件なんですけど…」
ヨネ「オレオーガナイザーじゃないからwww」
S先輩「今のヨネ、よくツッコんだね〜(^o^)/」
ヨネ「ありがとうございます。」
S先輩「あ、K君。他己分析なんだけどね、M君(暴れん坊将軍)にやってもらうといいよ。M君人の事よく見てるから、去年すげぇいいアドバイスくれたもん。」
K君「なるほど。」
ヨネ「でもきっと、オレにはダメだな。M君の事だから、きっと『嫌い』とかって言って済まされる。」
M先輩(ハウスマスター)「『嫌い』www言いそうwww」
ヨネ「去年はメーリスで聞いてる人もいましたよね?」
M先輩(鬼ロッカー)「そうだね。ヨネやったらみんなにボロクソ言われるんだろうね。」
S先輩「短所だけだよ〜(*^_^*)」
M先輩「それか全員未回答。」
ヨネ「誰も協力してくれないwww」
T先輩(桜先輩)「その就活ノート、ヨネの?ヨネ、字綺麗だね。」
就活最高。
ヨネ「ほんとですか!?ありがとうございます!」
T先輩「ヨネ、下敷き曲がってるね。」
ヨネ「www」
S先輩「なんで?」
ヨネ「実は…」
M先輩「心が歪んでるからだよ。」
S先輩「そっかぁ〜ウフフ〜(^_^)v」
T先輩「心が歪んでるの?www」
ヨネ「あの、僕の回答を聞かずに話広げるのやめていただけますか?」
T先輩「www」
ヨネ「あ、そろそろ僕のいじりもこのへんで。」
S先輩「ヨネを傷つけるにはここからもっといじらないとねぇ〜o(^-^)o」
ヨネ「やめてくださいwww」
T先輩「あ、ヨネメディア関係にも興味あるって言ってなかった?」
ヨネ「はい。」
T先輩「ちょっと知り合いいるから訪問したいとかあったら私にメールちょうだい。」
ヨネ「ほんとですか!!!ありがとうございます!!」
S先輩「ヨネそんな事言ってほんとはTさんとメールしたいだけでしょ(*^−')ノ」
ヨネ「………!!!」
言葉が出なくなったオレ、米田。

実は、僕が日頃よくT先輩にキュンキュンし照れて話しかけられずにいるゴッツキモいエピソードは、サークルEの男の間では有名で、特にS先輩に至っては常套トークにまでなっていた。しかし、ここにきて初めて、T先輩の前でそれが表面化。確かに2割…いや3割…いや、7割ぐらいはそう思ったが、それだけに強烈ないじりだった。S先輩は、非常に満足げだった。

月例会へ移動する。僕はT先輩に
「昨日、『Mステ』の4時間スペシャルを早送りで見ました。どの歌も正直気に入らなかったんですが、T先輩たちが学園祭のネタ曲で使った歌だけは凄くよかったです」
と精一杯のアプローチをしようと頭で構想を練っていた。すると…
S先輩「ヨネ、そのゴミ捨てといてね。あ、エレベーター乗れないっぽいからあっちから行こうよ(^O^)」
T先輩たちとは別のルートで集会室に向かう事になった。

サークルEの話し合いに出るのは今年の3月の総会以来である。スーツで座るその近くには、Mさん(ダブル激写)や後輩U君(レンタルカーゴパンツ)。
後輩U君「ヨネ、Mさんがヨネの事、『結婚式場の駐車場にいる人みたい』って言ってるよ。」
ヨネ「それどういう事?www」
Mさん「いや、なんか地下の駐車場のさ…」
ヨネ「結婚式場の人ではないんだね。あのさ、潰すなら責任もってきちんと潰してくれる?」


月例会は、新代表の後輩S君(完璧男)、副代表の後輩M君(ボーグのラストエンペラー)と後輩Yさん(初の他校副代表。ちなみにブログ初登場)の進行のもと行われた。言うまでもなく、後輩S君の所信表明は完璧だった。

月例会後、‘今日はやる事がいっぱいあるから’‘ダンスの練習着もってきてないから’‘これ以上面白い事があるとブログ書くの大変だから’という理由で即帰宅を決意。
ヨネ「Y君(省エネロッカー)、帰る?」
Y君「は?帰らないし、帰るとしてもお前とは帰らない。」


こうして、楽しく辛い一日が終わった。

本当は就活講座に来ていたIさん(猛者)が「『エントリーシート』のこと『ES』って略すの?初めて知ったwww」と言って早くも就活に黄色信号が灯ったり、「面接で口癖出ないようにしなきゃ。私最近『ゆーても』ってよく言うから」と心配するMさん(鬼神)に「それ言ったらヤバいからwww」とT君がツッコんだりした件も詳細に述べたかったがしょうがない。

これから、昨日読み切れなかった新聞のスクラップを仕留める。WEBテストの勉強と卒論のテーマ探しは明日だな。卒論は実は自分の中では多次元論文の追随に興味を持っているのだが、もう少し模索してから決定したい。
さてさて明日。パソコン、正直不安で仕方がないが修理に出す。最悪初期化されちゃうらしく、WEB係としても就活生としてもキツすぎるが、画面が表示されない事には仕方がない。大ジョブ大ジョブ!!!心配してたらアカン。家にパソコンがあるだけラッキーじゃ。神に感謝じゃ。
明日、格闘技勝敗予想記事書きます。新聞読みます。卒論テーマ模索します。パソコン修理に出します。WEBテストの勉強します。ガッツだぜ。

衰退から復活へ・・・
失墜している米田です。正直、ブログを書くのが億劫です。

『何もしない日』は確かに意識的に設けた。先週の土曜、ファミリーポッパーズで踊るまでは本当に忙しく、それは多次元論文に追われていた日々とほぼ変わらない毎日だった。だから日曜はずっと休むようにしたし、月曜にゼミが終わり火曜に3社訪問してからは水曜・木曜とのんびりすりつもりだった。そして計画通り、水曜はただ山岳部と会うだけの日になり、クリスマスイブの過ごし方もまろやかだった。だから、メリハリをつけてクリスマスからガッツリいくつもりだった。しかし…。
12/25。深夜1時過ぎまで多次元論文をやり2時か3時。僕にとっては決して遅くない時間帯に寝た。起床も10:30。食事をして新聞を読んだり読売新聞のコラム『編集手帳』を読んだり、ニュースを見終わったのも13:00。かなりいいペースだった。
‘ここから何でもできる…’
そんな順調さ。卒論のテーマ探し、就活メール処理、就活のWEBテストの勉強…やる事は山積でやる気もあった。その中でぽっかり浮かんだ大問題。それが………マイノーパ(マイノートパソコン)のバグり。ログインして数分後に真っ暗画面に突入する。
家のパソコンでなんとか処理はするものの、型が違うためやりづらく、なんとも心地が悪い。
落ち着かない中で、なんとかESを書いたりして時間を過ごし、兄と休憩がてらのゲームタイム。終了後、図書館に行く予定だったが、その前にパソコンのサポートセンターに問い合わせた。この時間帯でないと、電話が繋がらないのだ。
1時間の押し問答で、今度こそ僕のパソコンは修理に出される事が決まった。「システムに異常をきたしてる」んだってさ。アハハ…。

電話を切ると、図書館の閉館時間まであと30分となっていた。キレた僕は図書館をボイコット。グダグダなスケジュールで郵便局に行き、超極秘任務をすませ、帰って来たあと再び郵便局に行き、再び帰って来たあとゲームをし、食事をし、風呂に入った。

グダグダな生活、オサラバだ。これから動きたい。寝る前に、溜めに溜めた新聞のスクラップ半年分を見直す。WEBテストの勉強もする。んで明日は会社説明会に行ったあと大学のダンスキャンパスで新聞読みまくって、サークルEの月例会に出て、いじられまくって同期のストレスを発散させる。ゼッテーやりきる、オレ米田。
巻き返します。

K1と総合について
大晦日、なんとなく格闘技を見ようとしているがイマイチルールを知らない方にぜひ読んでいただきたい。
『K1』と『総合(=総合格闘技)』の違いはルールにある。同じ格闘技でありながら、その仕組みは全然違う(『野球とソフトボールみたいな、遠くないけど全然違う感じ』と思っていただきたい)。

K1は、立ち技の格闘技だ。立った状態で、パンチとキックで試合を組み立てる。『蹴りの出来る亀田』が出て来る感じである。主な選手としては、佐竹(引退。写真はhttp://www.joy-joy-enjoy.com/archives/cat28/post_171/参照。)、魔裟斗(大晦日に引退。写真はhttp://www.sanspo.com/fight/news/080708/fgc0807080430001-n1.htm参照。)、武蔵(近々引退。写真はhttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/200604/im00035751.html参照。)が挙がる。

一方、総合は立ち技限定のK1に寝技が加わった格闘技である。つまり、パンチ、キック、投げ技(K1では禁じられている。亀田大毅君はやっちゃったけどwww)、関節技(K1では禁じられている。)、さらにはグラウンド状態(倒れている状態)での打撃(K1では禁じられている。サップはやっちゃったけどwww)が何でも許されている。主な選手としては須藤元気(引退)、高阪剛(引退)、ヒクソン・グレイシー(事実上の引退)らが挙がる。

大晦日の興行ではおそらくしばしばルール説明時に連呼されるこれらのワード。是非、頭に入れておいていただきたい。ちなみにルールを聞きそびれたとしても、選手のグローブの形を見れば一目瞭然(亀田君がつけてるような丸っこいグローブはK1用、穴開き手袋みたいな小さいグローブは総合用。総合ではタックルや寝技で相手を掴む事がしばしばあるため、指先が自由に使えるこの『オープンフィンガーグローブ』が用いられる。)。



さてここからは応用編。格闘技を見始めた友人たちによく聞かれる疑問に少し答える。それは『K1と総合、どちらが強い?』というものだ。簡単に言う。どちらも強い。そしてルールの点で次元が違うため比べられない。受験でいう、『文系』『理系』でご理解いただきたい。どちらもそれぞれの難しさや奥深さがあり、文系の人間には数学の公式を見ただけで眠くなる人もいれば、理系の人間には国語の文章を見ただけでウンコしたくなる人もいる。
ただこの答えられない疑問に立ち向かうが余り、今の格闘技界は少し曲がりつつある。継続して受験における『文系』『理系』の法則で考えていただきたいが、ルールが違えば戦い方も違う。そして文系の人間がまれに理系の大学に受かる、あるいはその逆があるように、K1の人間が総合で勝つ事もある(例えばミルコクロコップ。)し総合の人間がK1で勝つ事もある(例えばボブサップ、KID)。その中で注意したいのが、選手としての寿命が短い格闘家は、基本的に『両方には手を出さない方がいい』という事である(文理両方攻める受験生は、どちらか得意な方に特化する受験生より学ぶ範囲が大きいため大変)。現にK1で世界一となった魔裟斗、総合で世界一となったヒョードルは一度もルールを飛び越えた戦いをしていない。それなのに先の疑問に答えるため、選手の行き来が頻発している。総合のシュルトがK1のトーナメントで優勝し、総合のアリスターオーフレイムがK1王者のバダハリに勝ち(ただし先日リベンジされた。)、K1のミルコが総合で日本人を圧殺し続けたこともあり、大きな盛り上がりを見せる中で、その流れはとどまることを知らない。ただその中で新たな才能や可能性を掴み取る者がいる一方で、ジャンルに特化し真に『最強』を目指す者が減っているという事実、あるいは多くの人間がジャンルを広げた闘いで破れ、トラウマを抱えた状態で本職に戻って来ても使い物にならなくなったという事実を覚えておいていただきたい。
さてさて、そんな『K1』ファイターと『総合』ファイターそれぞれののアツい闘いが見られちゃう大晦日まであと7日。勝敗予想まであと数日。私、すんげー楽しみです。
というわけでメリークリスマス!!

これから頑張る、オレ米田。
『メリークリスマス』の『メリー』は『嬉しい・陽気な』という意味です。米田です。ちなみに『メリークリスマス』は『クリスマスおめでとう』という意味らしいです。

近々…というかいつかやってみたい事として、政治批評がある。新聞もTVのニュースもほとんど見なかった昔の僕に比べれば、今は毎日新聞もニュースも見ている分、ある程度時代にはついていけていると思う。それでも、『今の鳩山政権について』と問われれば、やっぱり視野が狭い分表面的な事しか言えない自分がいる。そしてそれを避けるなら、「民主はよくやってる」「今までの流れを変えようとしてるんだから時間がかかるのは当たり前。オレは口癖一つ直すのだって時間かかるんだから、外交とか国民の意見とか考えたらそりゃヤバいっしょ」という主観的・感情的な意見になるのだ。精通者になるには、意見を言えるまでになるには、もっと学ばなければならない。
11:00起き。食事をして就活のメール処理をして、カメをぼんやり眺めたり久し振りにゲームをしたり。実は、カメの水換え、多次元論文、WEBテストの勉強、卒論のテーマ探しなど今日は盛り沢山なわけだが、あいにくパソコンがまた壊れ、サンタさんも直して下さる様子がないためなかなか仕事が出来ずにいる。困った。
さて、僕が個人的に凄く楽しみにしている大晦日の格闘技興行の勝敗予想についてだが、まずその前段階として面倒な『K1』と『総合』について語っておきたいと思う。
というわけで久しぶりの『格闘技』カテゴリー記事を更新するので、ぜひ、時間のある方にはあとの記事を読んでいただきたい。

2時間の大盛況(12月23日の日記)
2009年の目標は『独』だった(2009年1月1日更新の日記参照)。それは色々なものから決別し、孤『独』な状態で『独』立するような、自立した人間になるという目標。新年早々のおみくじは『小吉』だったが(1月2日更新の日記参照)、振り返ってみれば、なんだかんだで結構達成したように思う。3月にダンスを切り、4月から始まったゼミで新しい人間関係を作ろうとした。無理矢理共に食事をしたり遊びに行くというような形で関係を作る事が嫌いな僕は、これまで同様あくまで苦労や努力を共有し、ゆっくり分かり合うことを選んだ。その結果、半年がすぎた今、何人かの人間が僕を理解し始め、何人かの人間を僕が理解し始めた。もちろんなんだかんだで色々なものに支えられたが、僕なりに、孤独の中で闘ったつもりだ。また、今まででは考えられないぐらい新しい事にも挑戦した。論文はもちろん、レポート、プレゼン、多変量、パソコン作業全般、ゼミ以外では就活も。たくさん支えられたが、自力で鞭打って闘った事も多くあった。2009年もまだまだある。幸い、目の前にはやる事もたくさんある。『独』、楽しみたい。

昼頃に起床したオレ、米田。食事をした後、13:00頃から行動開始。大晦日は格闘技番組『Dynamite!!』があり、僕はその前にこのブログ上で大胆に豪快にカッコよく勝敗予想をしようと企んでいるため、情報集めに余念がない。YouTubeで記者会見の様子を見て、‘廣田は見た目がちょっと桜庭に似てるな…’‘川尻は見た目がちょっとバナナマンの設楽に似てるな…’‘青木は見た目がちょっとうちの従兄弟に似てるな…’などと考えながら、頭の中で勝敗予想をした。

20:00から、山岳部の飲み会がある。いわゆる忘年会だ。19:45の集合まで、ひとまず3時間ほど論文タイムを設けた。………全く手を付けられず終わった。明日、もう一度トライする。
飲みへ出発。前日に書き上げた某メーカーへのESを郵送する。郵便局の受付で120円かそこらの料金を提示され、僕は人生で一度言ってみたかった言葉を口にした。




「大きいのでよろしいですか?」。
1万円を差し出すオレ、米田。このたびめでたく、予算が2010年5月に突入した。
‘まけて下さい………’
公務員ど真ん中の彼らに値切り交渉を仕掛けようかとも思ったがそこはやめておいた。
週刊プロレスを買おうと本屋を練り歩いていて遅刻が確定。以前お騒がせした(7月21日更新の日記参照)居酒屋『土間土間』に直接向かった。
「お久し振りです~」。
予約した座敷に入る。参戦者は幹事の後輩Aさん(人間マグニチュード)を始めとして、後輩O君(乙女ゲイ)、後輩K君(山岳部にいた山)、T先輩(山岳事務所株式会社T総務)。遅れて後輩Fさん(watch dog in山部)も来るという。
‘後輩Fさん………最後に来ておいしいとこ全部持っていくつもりだな………。’
そう思いながらの着席。
ヨネ「いやぁ遅れてすみません。」
T先輩「ほんとだよ~(笑)『本屋に行かなくちゃいけないから遅れます』ってなんだよwww」
ヨネ「週刊プロレス買わなくちゃいけなくて。」
後輩K君「週刊誌は売り切れますからねwww」
ヨネ「あ、みんな1月3日の新年会には来られるの?」
後輩O君「オレは早退ですけど行きます。」
ヨネ「おう。なにせうちらの代みんな揃うからね。全員揃うのはいつ以来だろ…北海道旅行以来かな(2008年9月6日更新の日記参照)。」
T先輩「北海道旅行U君(‘lonely’oneあだ名コレクター)来てないからwww」
ヨネ「あ、マジでミスりましたwww全く不足なかったwww」
T先輩「後輩S君(現在エロ進行形)が来たんだよね。」
ヨネ「そう。穴が埋まった。てかむしろアイツの方がU君よりいいwww」
後輩K君「U先輩………ヘッ。」
ヨネ「鼻で笑うなしwwwあ、後輩O君はバンド、まだ続けとるの?」
後輩O君「はい、まだやってますね。」
ヨネ「ライブする時言ってな。山部で盛り上げに行くから。出番前から名前叫ぶし。」
後輩O君「やめてくださいwww」
ヨネ「あと後輩Aさん………山サークルやってんだよな?山部の方には行ってんの?」
後輩Aさん「いや、K君(チャレンジ・ザ・色白)に現役の指導は任せちゃってますね。ほんと尊敬する~。」
ヨネ「『尊敬する~』って言いながら目線が完全に鍋向いてたけどねwww」
T先輩「言葉が軽いwww」
後輩Aさん「すいません~www」
ヨネ「ところでオレの酒まだ?笑」
後輩O君「ボタン押したんですけど店員来ないんですよ(笑)」
後輩K君「強く押した?」
ヨネ「強さで変わるの?www」
後輩Aさん「私呼びに行って来ます。」
ヨネ「そのシステムめんどくさ過ぎない?www」
ビール到着は5分後。飲み放題3000円コース。飲まなきゃ損だ。

後輩Aさん「あ、Fさんから電話だ。もしもしぃ~?うん、うん。そう。奥の座敷にいるよ!」
1分後に後輩Fさん登場。
後輩Aさん「電話してから来るの早くない?!」
ヨネ「後輩Fさんの特技は全速力で走りながら平然と電話する事だから。」
T先輩「www」
後輩Fさん「違いますwww店の前から電話したんです(笑)」
ヨネ「あ、後輩Fさん。飲み物早く頼んだ方がええど。ここね、店員来るまでが時間かかるからwww」
後輩Aさん「www」
T先輩「あ、後輩Aさん。そこのふすま閉めてくれる?」
後輩Aさん「はい。」
ふすまを閉める。閉め過ぎたため逆サイドに隙間が空く。
後輩K君「君はふすまも閉められないの!?」
ヨネ「言い過ぎ言い過ぎwww」
後輩Aさん「すみません(笑)」
ヨネ「とりあえず、飲んどこうか?笑」
T先輩「てかなんの話してたっけ?」
ヨネ「あの、後輩Aさんは部活には行ってないと。」
後輩Fさん「私も行ってないなぁ。大学の部活か忙しくて。」
後輩O君「Fさん何部だっけ?」
後輩Fさん「合唱です。」
ヨネ「あ、後輩Fさん。大晦日の話、言ったれ言ったれ。」
後輩Fさん「大晦日、コーラスとして紅白に出ます!!」
T先輩「ヤバくね!?」
ヨネ「これは忙しくなりまっせ!」
後輩O君「派手な服着ていけ!」
後輩Aさん「手とか振れる?」
後輩K君「シークレットブーツで2mぐらいになりな!」
ヨネ「フレームアウトさせようとするカメラワークに合わせて歩け!」
T先輩「わざと音外せ!」
後輩Fさん「無理ですwww」
ヨネ「うわぁマジ楽しみだなwww見たいなぁ2009年最後の事件www」
後輩K君「しかも1チャンネルでwww」
ヨネ「よかったな後輩Fさん。こんなにネタ出たで。」
T先輩「どれ採用されるんだろう。」
ヨネ「オレたちが見たいのは紅白でのお前の晴れ舞台じゃない。1月1日の朝刊一面でのお前だ!」
後輩Fさん「www」
ヨネ「見たいなぁ、朝刊の『紅白、やっちゃった』って見出しwwwちゃんとオレら証言するから。『あんな事をする子じゃなかった』って。」
後輩Aさん「www」
後輩Fさん「クッ。」
ヨネ「え、今の何!?www」
T先輩「www」
ヨネ「鳴き声?鳴き声?」
後輩Fさん「違いますwww笑い過ぎて喉に食べ物が詰まって鼻にいきそうになったんです(笑)」
T先輩「あーO君(馬鹿界の帝王)、昔鼻からうどん出た事あったからねwww」
ヨネ「ありましたねwww」
T先輩「でアイツ、鼻に戻そうとしたからwww」
後輩K君「ヘッwww」
ヨネ「だからそのナメくさった笑い方やめろよwwwてかアイツって、ずっと喋り続けるやん?でも一回オレと話してる時例によって鼻になんか詰まったらしいのよ。その瞬間『ヨネちょっと待って』って始めてアイツが黙ったからねwww」
後輩O君「www」
ヨネ「てか後輩Aさん大丈夫?笑」
口を押さえて笑う後輩Aさんにももちろんスポットを当てる僕。
後輩Aさん「笑い過ぎて………死にそうwww」
ヨネ「口からなんか生まれるの?」
後輩K君「何?ゲップ!?」
ヨネ「待てーい!!笑」
後輩O君「www」
ヨネ「お前さすがに女の子に面と向かって『ゲップ!?』はないでしょwwwてか後輩Fさん、合唱部とかって男多いの?好きなヤツとかいるの?」
後輩Fさん「え………(笑)」
ヨネ「キタァァ!!『女』な後輩Fさんいただきましたぁ!!」
T先輩「www」
ヨネ「どんな感じよ?」
後輩Fさん「それは…(笑)」
ヨネ「あ、まだあんま言いたくない感じか?」
後輩K君「それ飲み会で一番つまんないパターンだよ。」
後輩O君「www」
ヨネ「いやいやwwwまぁ言いたくない事はまた今度にしようや。てかそういう後輩K君はなんかあるの?」
後輩K君「なんもないです。」
ヨネ「www」
後輩Aさん「ヨネ先輩はなんかあるんですかぁ?」
ヨネ「まぁ色々な。ありすぎて困るわ。」
T先輩「それ何年前から言ってんの?笑」
ヨネ「すみませんwwwこの話には強がる癖があってwwwまぁうちらの代はみんなないっしょwwwN君(怒れるウンコ)もなんだかんだでないよ、きっと。」
後輩Aさん「そうなんですか!?」
知りもしないくせにとりあえず同期もろとも蹴落とす最低男、オレ米田。
ヨネ「てか後輩Aさんたちの一コ下は今年受験?」
後輩Aさん「はい。てか私、受験時代にヨネ先輩がくれたメール、嬉しくてまだとってあるんですよ!」
ヨネ「お、いい話するね。こういうのでオレの評価上がるからね。言って言って。オレどんなメールしたっけ?」
後輩Aさん「内容は忘れましたけど。」
T先輩「www」
店員「お待たせしました。ご注文をどうぞ。」
後輩K君「いいタイミングwww」
ヨネ「オチが終わってから入室。これが土間土間クオリティだよwww」


こんな感じで2時間カッ飛ばし。3000円コースのところ、先輩ということでT先輩が6000円、僕が4000円払ってあげた。
T先輩「みんなは2000円でいいよ。」
後輩Fさん「え?あ、すみません!!」
ヨネ「T先輩が6000円、オレが4000円払うの。」
後輩O君「なんで自分から言うんすかwww」
後輩Aさん「本当にすみませんwww」
ヨネ「そう思うなら、後日こっそり返してや!」
後輩K君「ちっちゃいwww」

同期がいなくてもたった2時間でこれだけ楽しめた。1月3日は終日、同期全員が集まる。絶対にヤバい。楽しみだ。
明日は俗に言うクリスマスイブ。M先輩(鬼ロッカー)の家で盛大に祝った年もあった(2008年12月26日更新の日記参照)けど、今年は家でのんびりする事になりそうだ。僕の中での位置付けとしても、イブが大事なのか本番が大事なのかはっきりしないクリスマスより、ゆず湯に入って皮膚が荒れるか荒れないかがかかっている先日の冬至の方が大事だった。そんな思いを込めて最後に一言。






サンタさん、お待ちしてます。腕時計と絶対に壊れないパソコンと志望会社からの内定が欲しいです。

波乱万丈トリプルヘッダー(12月22日の日記)
満員電車でドア付近に立っている時、あなたはどちらを向くだろうか。
これは僕の予想だが、大抵の人は外側を見ているように思う。ドアが両側にある事を考えれば、必然的に電車の『中央』付近の人達は『お尻合わせ』状態になる事は納得していただけるだろう。しかし、この『中央』に苛まれることが最近よくある。誰が線引きする訳でもない境界線。一駅一駅着いて人が押し出て雪崩こむ度に歪む境界線。僕は今日もまた、一人だけ違う方向を向いてしまった。目の前の二人がこちらを向き、僕はあちらを向いている。向かい合わせの状態でもちろん話すこともなく、動くことも出来ない3分間。いつ相手が「あなた、向き違いますよ」と言ってくるかビクビクしていた。皆さんも、『中央』はしっかり意識して欲しい。
某新聞社の説明会には、時間にだいぶ余裕をもって着いた。50人近くが来る会場に2番乗り。僕は90分の写真記者の話を聞いた。楽しかった。

実は今日はトリプルヘッダー。このあともう1社とある金融会社の説明会、その次にとあるベンチャー企業のグループ面接。金融会社の説明会までは思ったより時間があったため、僕は多次元論文で使う文献を探しに学校のメディアセンターへ。頑張った。

時間に余裕をもって金融会社の説明会へ。駅から徒歩5分との事だったが、開始時間の45分前に駅に着くようにした。改札で駅員に道を聞いた。
「階段上って50メートル直進。突き当たりを右。」
だそうだ。ありがとう。
しかし、階段を上り歩いた僕はある問題に直面した。





突き当たらない…。

50メートルとはなかなか微妙な値だ。なんとなく感覚はつくが、なんとなく信頼出来ない距離。『全力で走って7~8秒ぐらいで止まればそこ』。今考えればそれもそうなのだが、ひとまず僕は自分で考えることを選んだ。
直進しているうちに、電柱に書いてある町名が変わりいよいよ焦りだしたオレ、米田。そんな時、目の前に現れたのが………交番。
「神か。」
独り言で小さくツッコむ僕。入店…ならぬ入番。おじいちゃん風味の方がお相手だ。
ヨネ「〇〇に行きたいんですけど。」
おじいちゃん風味「〇〇?知らないねぇ。」
ヨネ「あ、地図はこれです。」
机にあった地図と僕の地図とを照らし合わせるおじいちゃん風味。
おじいちゃん風味「ここに何しに行くの?」
ヨネ「就活の説明会です。」
おじいちゃん風味「就活かぁ。じゃあ………諦める訳にいかないもんなぁ。」
………え、諦めさせる気ですか?www

「なんとなく分かりました。あとは自分で何とかします。」。

僕はそう言って、歩いた。タクシーのおじさんに聞き、道行くお兄さんに聞き…迷い迷って到着は説明会開始15分前。余裕はあったが余裕がなかった。『徒歩5分』の道程は『トホホな30分』となったわけだ。

説明会とは120分の金融講座だった。つまらないようでなかなか面白かった。

そして某ベンチャー企業のグループ面接へ。時間がない中で、ホムペや資料、社長が書いた本を読んでこの日を迎えた。受付に着いたのは50分前。しばらくして何人かの就活生が到着。『グループ面接』というからには彼らが『同志』である可能性が高い。話していて、二つ分かったことがある。
一つは、2次試験のこの『グループ面接』とは名ばかりで、実際は『グループディスカッション』らしいということ。そしてもう一つは………彼らは今日、3次試験の『個人面接』を受けにきたということだった。

本当にグループディスカッションだった。集結した6名で話し合うこと20分。1次のグループディスカッション同様、僕の意見が採用された。ありがとう。

グループディスカッションは、うまくいかなかった。もっと熱く話し合いたかったし、20分で詰め込みたかった。せっかく会えたメンバーだから、色々意見も聞きたかった。そして20分後、ディスカッションを見守った社員の方からもそうフィードバックされた。
後悔はない。上手くいかなかったのは結果であり、僕のこの日まで、そしてこの日も全力で挑んだ。ただ………
僕はこれからの就活、もっと一喜一憂したい。先輩も社員の方も事あるごとに『就活の合否でイチイチ一喜一憂するな』と言って下さった。が、感情を排するのはどうも僕の生き方ではない気がする。
今日のグループディスカッションで浮かんだ、僕の一番の課題はそれだった。

父提供のサプライズ
2009年もあと11日。2010年が終わるまであと376日。米田です。

朝は11:30起き。学校に行き、新聞を読み、多次元論文用の文献を借りたオレ、米田。年明けには卒論のテーマ発表をしなくてはいけないがまずはこれを終わらせたい。

実は今日、サークルEの『身内バトル』がある。前々からやりたかったものの都合が合わず、今回ようやく、初めてエントリーをしていた。着替えを携えてのサブゼミ出席。サブゼミ2限分と、その後の諸作業により、あえなく『身内バトル』の時間を迎えた。記念すべき初参戦は延期。………こんな事だろうと、思ったぜ。

帰りの電車は、暖房にしてはやけに中途半端な温度の微風が鋭角に入って来るなと思ったら隣りのおじさんの鼻息だったりしながら帰宅。
家でまったり食事をし、少し仮眠をとる。23:30頃父が帰宅。少々酔っているのは目を見て分かった。
「隣りのMさんの家に間違えて入っちゃった」
と父。「ただいま!」と言ったら、いつもとは違う女の人が出迎えてびっくりしたそうだ。びっくりしたのは向こうだと思う。
さて、明日はエグい。朝、昼と2つの企業のセミナーに行き、夕方は面接。やれる事、やってきます。

休みだわっしょい(12月20日の日記)
『休み』だ!わっしょい!!米田です!!!

ゼミ、ダンス、就活。全部お休みの12/20。もともと暇になると吠えるぐらい不安になる僕だが、好きな事が出来る『何もない日』も月に一度はあっていい。
昨晩は興奮が冷めず、深夜までずっと兄が撮ってくれたイベントAの動画を見ていた。そして今日20日。11:00に起きる予定を平気で12:00までゴロゴロし、起きてからゆっくりカメに食事を与えた。昨日見なかった読売新聞の社説『編集手帳』を読み、食事をゆっくり食べ、ダイエット解禁記念にようかんを食べて時計を見ると16:00。我ながら凄い時間の使い方をしたなと思った。
「靴買いに行けば?」
父の言葉はありがたかったが、あいにく今日は外に出ないと決めている。有言実行なオレ、米田。ひとまず机の整理に入った。送られて来た資料を‘年末にまとめて読もう’と心に決め袋に入れて任務完了。
山岳部の新年会の幹事の仕事もしなくては。アンケートの結果を見て、1月3日と決めはい終了。
今日の一番の目玉行事。それが『ブログ更新』。ここに愚痴は存在しない、少なくとも悪口を言っているつもりは一つもない僕は、これまで一切ブログをやっている事を隠した事はない。基本的に自ら身内に教える事はないし、人伝に知られる事も望んでいないが、「毎日書いている」的な事をよく言う。そのたびにこれまたよく言われるのが「よく続けられるね」だが、こちとら好きな事をやっているのがそれは当たり前だ。皆様が毎日『料理をする』『カラオケに行く』『デートをする』『身だしなみを整える』『酒を飲む』のを飽きずに続けるのと同様、こっちも好きな事を好きなだけやらせてもらっているだけだ(もちろん時に睡眠時間を削ったりもするが。)。ただ、今日は書く前に少々勇気が必要だった。何せ昨日の充実感を一から、自分以外の人に少しでも伝わるように書くのだから。
結局、前・後半に分けた12月19日の日記は8000字に及んだ。『仕事』的にやりたくなくて、あくまで『趣味』的にやりたくて、僕はいつものように携帯でラフな体勢で、ある意味テキトーに12月19日の前半の日記を書き上げた。そして記事に関連する過去の記事にリンクを張りつつ、過去の記事を読み返し、笑い、時間が過ぎ、気付けば…




20:00。

夕飯を食べ、まったり12月19日後半の日記を書き、昨日の動画を見て満足して、0:00。12/21を迎えた。風呂に入ってストレッチを終え、久し振りにコブクロの『赤い糸』を聞き感動し、‘勢い的にロードオブメジャーの『大切なもの』も聞きたいな’などと思いつつ今1:00。やる事はある。これから多次元論文チームの仕事。火曜に迫った面接に向け企業研究。WEBテストの勉強もそろそろ始めたいし、とある企業のES(エントリーシート)も書かなくては。忙しいど。
というわけで最後に、最近私が感銘を受けた動画をどうぞ。↓
http://www.youtube.com/watch?v=1ObEMq13Rng&feature=related


魂の、復帰(12月19日後半の日記)
~12月19日前半のあらすじ~
様々な困難を切り抜け本番を迎えたD先輩(策士)、M先輩(オンリーツーエイト)、ヨネの『ファミリーポッパーズ』、D先輩と後半T君(白雪姫ボーイ)の『ガチポップチームD』。衣装も揃い、立ち位置も「本番で空気を読む」ということで疎通。ガチポップチームDのCD問題も収束しかけ、会場までの道を教えようとしたD先輩に「オレ分かります」と言った後輩T君を頼りにD先輩と別れ、いざ改札を通ろうとした時、後輩T君は「行けるかどうか微妙」とカミングアウト。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

後輩T君「ああは言ったんですけど、行けるかどうかは微妙なんですよね。」
ヨネ「はぁ!?www」
M先輩「オメー『分かる』って言ったじゃねぇかよwww」
後輩T君「すみません。いや、記憶が曖昧でwww」
ヨネ「オレらのチームプログラムの1番最初だからねwww」
M先輩「www」
ヨネ「D先輩が時間どおり着くか着かないか、うちらが迷わず着くか着かないか………どうやら『ファミリーポッパーズ』のショーが行われる確率は1/4だなwww」
後輩T君「すみませんwww」
ヨネ「まぁ勘で何とか頼むわ。」
後輩T君「僕、勘に頼ると確実に上手くいかないんですよね。」
ヨネ「記憶で頼む。」

会場の最寄り駅に着いた。いよいよ勝負だ。
ヨネ「とりあえず改札出るってのはOKだよな?笑」
後輩T君「………はい。」
いや、そこは不安がるところじゃないだろう。
神が舞い降りた。奇跡のタイミングで後輩M君(ボーグのラストエンペラー。イベントAの常連で今日、メインを飾る。)と遭遇。
「会場に連れて行ってくれ」。
待ち合わせがあったらしいが、先輩達の懇願に応え、時間ギリギリまで送ってくれるという後輩M君。
会場まであと何百メートル直進というところまで見送り、後輩M君は駅に戻った。
ヨネ「いやぁ、助かりましたね(笑)」
M先輩「後輩M君が初めて格好よく見えた。」
後輩T君「でも実際、ここまでの道のり結構覚えてました。」
ヨネ「お前ふざけんなよwww」
M先輩「www」

かくして会場に着いた僕ら。19:00開演のところ、D先輩は18:50に到着。一言も最終打ち合わせなくDJタイムが終わった。
開演前、フロアにモップをかけてくれたが水気が多く、乾くまで若干の時間が与えられた。確かに表面がテカテカしており、ターンするには危なそうである。しかし…
D先輩「ヨネ、いける?」
ヨネ「はい。」
D先輩「じゃあやっちゃおうか。Y先輩(サークルE元代表。イベントAのオーガナイザー。)、いきますわ。実験台で。」
オレらはダンサー。ステージと曲さえあれば踊れる。フロアが濡れてるなら僕らが踏みまくって乾かしてやる。イベントの進行を考えたD先輩は強行出場を決めた。
いよいよ立てたフロアステージ。前から観客を見る。小さな会場とは言え超満員のこのクラブ。100~150人の前で踊る。興奮した。まだ空気の出来ていない状態でのトップバッター。その中で始まった憧れのダンサーとのショー。初めて自分で選んだ曲、悩み抜いて考えた振り、考えた衣装。電車でもグル学でも家でも、曲は聴きまくったし振りは練習しまくった。濃密な5分。3人で『ちょんまげイケメンポーズ』をやった。オリジナル技『11時半』もやった。凄く楽しかった。

正直に言って、観客のボルテージをいきなりかっさらうことは出来なかった。ただ、終わったあと、スタッフをやっていたT君(守護神)から「お疲れ。ヨネ、楽しそうにやってたな」と言われた。
「あぁ、楽しかったさ」。
僕はそう答えた。

超満員の会場を一旦出て、D先輩とM先輩と記念撮影した。D先輩は豪快に裸になりガチポップチームDに備え着替える。
その後、他の人のショーを見ながら大声で声援を送っていた僕。D先輩もだ。
ヨネ「フォー!」
D先輩「いいねぇ~!!シャツちょっと大きいかな。」
ヨネ「www」
D先輩「あの髪型絶対ボーグチームA意識してるだろ。」
ヨネ「しーっwww」

その後プログラムは進み、D先輩(疾風)とY先輩の週1日練習のハウスチーム(12月1日更新の日記参照)で体力不足のD先輩が後半失速したり、注目されまくっていた‘ポールダンサー’の欠場の知らせに会場が一体となって落胆したり、後輩Y君(迷える小羊)への歓声が「なんかの宗教みたい」(策士・D先輩)にクソデカかったりしてD先輩と後輩T君のガチポップチームDの出番。
見た感想としては…こちらも、やっと夢が叶ったなって感じ。これは僕の完全な主観だが、後輩T君は僕らの代でいうR君(シャイニングブレイカー)やK君(飲み会ハッスラー)同様、人を幸せな気持ちに出来るダンスをするヤツだ。ただ彼らと後輩T君との違いは、それが状況によるかよらないかという事。後輩T君はこの一年、悩みすぎていた。ダンスが好きな気持ちがいきすぎたのか、実力や周囲からの目を気にしすぎていた。D先輩は、僕が見た中で一、二を争うぐらいダンスが好きなダンサーで、僕はそんなところに憬れた。後輩T君も憧れているそんなD先輩とのタッグは、後輩T君を最大に光らせた。マジで、凄かった。僕や後輩T君と組んでくれたD先輩には、本当に感謝したい。

ステージを終え、イベントが終わる前に僕ら4人は会場を後にした。これから、焼肉屋『安安』に行かなくてはならない。
焼肉屋の通りに来て。
D先輩「あの前歩いてる7人組、きっと『安安』行くよな?」
ヨネ「え?あーあれっすか?たぶんいきますね。」
D先輩「クッソ。負けてたまるか。」
走り出すD先輩。どうやら先に入店し先に予約しようとしているらしい。
‘大人気ない………’
僕はそう思いつつ………






追走開始。
見事7人組をゴボウ抜きし、階段を駆け上がり先に予約を取り、意気揚々と階段を下りた。
D先輩「しゃああ!!」
M先輩「何して来たの?」
D先輩「電話番号教えて来た。2組待ちだってよ。すぐだなこりゃ。」
ヨネ「ですね。」
後輩T君「さっきD先輩たちが走って抜いた7人組も、そのあと気付いて走り出しましたよwww」
D先輩「がはははwwwどんなもんじゃーい!!」
M先輩「で諦めて牛角の方に向かった。」
ヨネ「www」

空席は出たらしく、すぐに電話が来た。入店。着席。
D先輩「Mさん、クレープはいいの?笑」
M先輩「いらねぇしwww」
ヨネ「コンビニのクレープの包装破ってカップに入れただけで100円増しのヤツっすねwww」
D先輩「たぶんカップ代で100円なんだなwww」
ヨネ「あれ、190円?値下げしてません?200円以上しましたよね?(12月2日更新の日記参照)」
D先輩「Mさん以外買う人いなかったんだな。」
M先輩「どうしよう店入った時裏で『アイツ来たぜ』とか言われてたら(笑)」
後輩T君「むしろ注文されてからコンビニに買いに行ってるのかもしれないですね(笑)」
ヨネ「www」
D先輩「1オーダー制にしようぜ。あとで足すとかなしな!」
ヨネ「www」
D先輩は店員を呼び、あらゆる肉を3人前ずつ頼んだ。
D先輩「サラダどうするよ?『トマトとチーズのサラダ』2つでいい?」
ヨネ「僕はなんでも。」
M先輩「私トマト嫌い。」
D先輩「マジかよ。」
店員「『シーザーサラダ』にはトマトが入っていませんよ?」
D先輩「本当ですか?じゃあ『トマトとチーズのサラダ』2つお願いします。」
ヨネ「www」
後輩T君「僕もトマト食べれません。」
ヨネ「今かよwww」
D先輩「じゃあ『シーザーサラダ』と『トマトとチーズのサラダ』1つずつで。あとビール4つ。」
店員「すみませんが年齢確認出来るものよろしいですか?」
D先輩「あ、二十歳未満に見えます?誰が一番若く見えます?」
ヨネ「メンドくさいメンドくさいwww」
ちなみに店員は後輩T君を指名した。

M先輩「私たちヨネの家族に挨拶しちゃった。」
後輩T君「家族全員来てるんですね(笑)」
ヨネ「ごめんね、うちの家族授業参観と勘違いする癖あって。」
D先輩「でもオレらの事知ってんだろ?」
ヨネ「はい。実はK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)とかM君(暴れん坊将軍)たちとも挨拶を済ませておりまして(2008年8月30日の日記2008年11月25日更新の日記参照)。今回僕が久々のダンスという事で、『それなら行く』と。D先輩とM先輩と組む、後輩T君も出るっていったら『絶対行く』と。」
後輩T君「なんか嬉しい(笑)」
M先輩「メチャメチャにこやかだったよね、ヨネのお母さんwwwで、お兄さんもよく喋る人だった。『弟のわがままに付き合っていただいてありがとうございます』って言われたから、『もうホントに。』って言ってやったよwww」
ヨネ「すみませんwww」
M先輩「で、お父さんも怖い感じなのかと思ったらメチャメチャにこやかだったwww」
ヨネ「父は普段は愛想よくないんですけど、サークルEには笑顔になります。」
D先輩「がはははwww」
M先輩「てか肉来てもご飯来ないと食えないんだけど。」
ヨネ「全員お預け状態www」
D先輩「まぁいいよ。焼こうぜ。」
後輩T君「はい。」
D先輩「後輩T君、生温い。こうやるんだよ。」
一枚一枚網に乗せる後輩T君から皿を奪い、ガバッと皿ごとひっくり返すD先輩。
D先輩「な!」
ヨネ「色合い悪っwww」
M先輩「何も全部同じ肉にしなくても。」
D先輩「今日はこういう方式だから。種類ごとに制すwww」
後輩T君「www」
D先輩「後半どうするよ?レバーとホルモン頼んだぜ?」
M先輩「キツっwww」
D先輩「全員罰ゲーム状態にすっから。」
ヨネ「3人前頼みましたよね?」
D先輩「それがな、実はレバーとホルモンだけは2人前にしてあるんだよ。」
ヨネ「………え、それより焼き方考え直しましょうよwww」
後輩T君「あ、M君(=ボーグのラストエンペラー・後輩M君)どうだったかな…。」
ヨネ「もう終わった時間だよな?あ、後輩T君。昨日な、D先輩かっこよかったんだよー。後輩M君にはさ、ボーグだしアドバイスみんな出来ないじゃん?でもD先輩は、すげぇ真面目なアドバイスしたんだ。」
後輩T君「へぇー。」
ヨネ「始めに『3つアドバイスがある』って言ったのな。だからオレは‘絶対二つしかなくてオレが『3つ目は!?笑』ってツッコむパターンだ…’と思って用意してたんだよ。」
後輩T君「さすがですねwww」
D先輩「ナハハハwww」
ヨネ「そしたら3つあったからさ。」
D先輩「なんだっけ?あっ『左手もっと使うとうまく見える』と『曲ごとの雰囲気にもっと差をつける』ってのと『立ち姿勢』だ。」
M先輩「まぁ大した事ないでしょ。」
ヨネ「M先輩『私後輩M君が息子だったら嫌だ』しか言ってないじゃないすか!」
後輩T君「www」

その後、ホルモンタイムを迎え、黙るM先輩と僕のあと、後輩T君が静かに口にし、「あぁ…」と声を漏らしたり、みんなが注文をやめた中一人注文した僕の牛タン塩を無作為に皿ごと網にぶちまけたりした。
D先輩「ヨネ、『最後はゆっくり食える』と思ってたろ?笑」
ヨネ「はいwww」
後輩T君「あ゛ーすみませんwww」
ヨネ「いいよいいよwww」
D先輩「さっきオレに『生温い』って言われたもんなwww」
後輩T君「はい、‘やらなきゃ’と思ってwww」

そんな感じで、楽しい時間を過ごした。

ダンス、やっぱすげぇ楽しいよ。たまんねぇ。少し前、D先輩(疾風)に言われた言葉(9月29日更新の日記参照)は本物だ。オレはやっぱ………


ダンス、大好きだ。

大ピンチ(12月19日前半の日記)
D先輩(策士)、M先輩(オンリーツーエイト)とのチームは10月、本当に突然決まった。焼肉屋『安安』における「組みたいっすわぁ~」「じゃあ組むか!」に始まり、12月に始動。振りを作らず、覚えず練習に来る先輩方二人。ただ、卒業を控えダンス引退間近にもかかわらず明らかに実力不足の僕とのタッグを快諾してくれた二人には感謝しようにもしきれない。そして12.19、イベントA。この日を控えた前日から波乱のスケジュールだった。

12月18日夕方。D先輩は「曲編してない」とカミングアウト。

12月18日夜。解散後、D先輩がダンスサークルJの飲み会に参加している事が発覚。

12月19日、7:00。昨日D先輩が「本気を出せば20分で終わる」と言っていた編集済みの曲が出来上がったらしく、メールがくる。

12月19日、10:30。米田起床。D先輩から『曲パソコンに送っといた。ヨネ、CDに焼いて来てくれる?オレディスクねぇわwww』メール。

12月19日、10:30~11:15。初めてマイノーパ(マイノートパソコン)でCDを焼く。上手くいかず2枚のCD―Rがチーンする。

12月19日、11:30。兄の助けによりCDが完成。

12月19日、11:33。M先輩から『D先輩きっとまだ起きてないよ。ヨネ飯食おうよ』メール。

12月19日、11:41。『何時に食べますか』と問う僕に、『13:30ぐらい』とM先輩。

12月19日、12:04。いよいよ練習出来るか怪しくなって来た頃、M先輩から『今から衣装買ってくる』。米田は学校へ。

12月19日、12:44。D先輩から『ハイパー寝坊』とだけ書かれたメール到着。

12月19日、13:32。M先輩から『14:00ぐらいに着く』とメールが来る。練習していた僕は何かを諦め、メディアにブログ更新をしにいく(12月19日更新の日記参照)。

12月19日、13:39。後輩T君から『14:50に着く予定です』的な要旨に絵文字の入ったメールが到着。

12月19日、13:48。D先輩から『到着、15:30です。すみません。』メールが来る。

12月19日、13:49。反省したかに見えたD先輩。しかし直後『大丈夫だ。オレも遅刻さ!』と後輩T君に間違った優しさを見せるレスポンス。
(プライバシーの観点から、メールはだいぶ加工しています。)


14:00頃、M先輩からのメールで僕はユニクロへ。衣装を買い揃えたようだ。僕が呼ばれた理由は分からなかった。「食事しよう」的な事を言った割に「腹減ってない」とM先輩。地下の食品売り場でミカンの試食をし、おばちゃんと仲良くなる。
M先輩「美味しいです!買わないですけど。」
おばちゃん「いいんですよ~。お兄さん(=ヨネ)もどうぞ。」
ヨネ、試食。
M先輩「ヨネ行くよ。」
ヨネ「マヒッヒュカ(マジっすか)www」
皮ごと飲み込むオレ、米田。
ヨネ「おいしいです。すみません、買わないのに(苦笑)」
おばちゃん「みんなに宣伝しといてちょうだい。」
M先輩「はい。」
M先輩はその後、地下で人とすれ違うたびに「ミカン…」「完熟…」などとマインドコントロールを試みていた。

コンビニへ。
M先輩「さっき買った衣装さ、裾あげ忘れたんだけど。」
ヨネ「そこはM先輩は上手い事めくったりしておしゃれに着こなすんじゃないすか?」
M先輩「おーヨネ言うね~。」
満足げなM先輩。
ヨネ「うわぁ、どんな着こなし見せんだろうな~。」
M先輩「返品しようかな…。」
ヨネ「うわっ、ハードル上げすぎたwww」

コンビニ内にて。
M先輩「ここお菓子少ないね。」
ヨネ「まぁそこおにぎりコーナーですしね。まぁ実際少ないです。」
という悩みの果てにM先輩が手に取ったのは…




『胡麻スティック』www
「M先輩かわいいwww結局僕が昨日買ったの(12月19日更新の日記参照)気に入ってるじゃないすかwww」
という僕に、恥ずかしそうに笑うM先輩。集会室前スペースへ。
焼いたCDをかけ、D先輩の編集をD先輩がまだ到着していないこの場で確認する僕ら。軽く踊る僕と、服のタグを取るM先輩。
M先輩「ヨネそこにあるハサミ取って。」
渡す僕。
M先輩「おいーっす。」
ヨネ「wwwとりあえず『お礼が言えない人なんだな』ってのは分かりましたwww」

後輩T君(白雪姫ボーイ)が到着。
ヨネ「お前大ジョブか?D先輩曰く今日12×8カウントぐらい振りが入るらしいよ。」
後輩T君「そうなんですか?実際僕あとどんだけあるかも知らないんですwww」
ヨネ「曲は?」
後輩T君「持ってないです。」
ヨネ「お前も…強くなったなぁ(笑)」
後輩T君「もう最近何も感じなくなりましたwww焦るとかないです。」
ヨネ「www」
『にわかポップロックチーム』のルーズさを経験している後輩T君の最大の魅力は、ダンスのスキルと同等の精神面のタフネスさだ。(『にわかポップロックチーム』については、2008年10月10日更新の日記2008年10月12日更新の日記、さらには2008年11月17日更新のメンバー紹介参照)

D先輩が到着。集会室は現在、たとえいくつ空いていても1つのサークルが2つ以上使う事は出来ないらしい。『施設の番人』とまで言われた第三代施設係の僕。新しくサークルの代表となった後輩S君(完璧男)に確認しにいったところ。
ヨネ「去年までは『空いてたら二つ使ってもいい』って言われたよ?」
後輩S君「そうなんですか?ちょっと待ってくださいね。」
この後後輩S君はカバンから『施設利用要項』を取り出し、僕に明確に使用不可である現状を解いてくれた。完璧だった。

そこでD先輩は『ジャズダンスサークルS』所属でもある事を利用し、その名前で集会室を借りた。凄い。いよいよ練習。兄貴分のD先輩(策士)、姉貴分のM先輩(オンリーツーエイト)、子分のヨネの『ファミリーポッパーズ』の練習より、まずはD先輩と後輩T君のガチポップチームDの練習に時間を譲った。
「じゃあ後輩T君さ。この音でなんかさ、そう。ジャケット脱ぐなりしよう。…まぁたぶんジャケット着ないけど。」
「よぉし出来て来た出来て来た。余裕っしょ!!!」
「じゃあ本番まで時間ないからとりあえず通そうか。もちろん鏡ありで。」
D先輩独特の進行での練習。僕はあこがれのD先輩(後輩T君はD先輩に憬れてサークルEに入ったのに、入った途端D先輩がサークルJに移籍した経緯がある)の指導の元実に楽しそうに踊る後輩T君を写真やビデオで撮影し、M先輩はお菓子を食べながら携帯でメールを打っていた。

D先輩は休憩時間に軽く『ファミリーポッパーズ』の練習をし、「よぉし、完璧だぁ」と言って退室。本休憩らしい。M先輩も外に出て行った。
後輩T君「すみません、時間もらっちゃって。」
ヨネ「いや、大丈夫だよ。まぁゆーてさっきの練習、うちら全然完璧じゃないけどなwww」
後輩T君「そうなんですかwww」
ヨネ「立ち位置とか、D先輩『本番で空気読みながらやろう』とか言ってたもんwww」
後輩T君「wwwなんか一回通して終わったんで‘先輩ってやっぱすげぇ’と思ってましたwww」
ヨネ「オレ今心臓バクバクだからねwww」

この後、D先輩は、『昨日飲んでガチ酔いして家帰ったから、ファミリーポッパーズのCDだけ焼いた。ガチポップチームDのCDは焼いていない』とカミングアウトし、M先輩と僕は練習もせず電器屋でCD―Rを買ったり満喫(=漫画喫茶)に行ってデータを移したりした。

18:00になり、いよいよ集会室を去る時間。ガチポップチームDのCDはまだ焼けていなかった。満喫のパソコンの規格が合わなかったらしい。D先輩は
「オレが行く。」
と名乗り出た。
「当たり前だ。」
と言いそうになる僕。耐えた。

D先輩「駅まで言ったら階段を…」
ヨネ「待ってくださいwwwもしかして会場まで別々にいこうとして今道説明しようとしてます?笑」
D先輩「うん(笑)」
M先輩「マジかよwww」
後輩T君「あ、てか道オレ分かります。」
ヨネ「マジ!?」
後輩T君「はい、一回行った事あるんです。」
D先輩「よぉし!じゃああとで会場で会おう!」
ヨネ「はい!」

D先輩と僕らはこうして一度別れた。直後、後輩T君は言った。
「ああは言ったんですけど…





行けるかどうかは微妙なんですよね。」

後半に続く。

イベントAをおえて…速報
夢のような時間だった。

緊急告知
米田です。D先輩(策士)と後輩T君(白雪姫ボーイ)が12:00から練習、僕はM先輩(オンリーツーエイト)と13:30から食事の予定だったんですが、見事全員いらっしゃらないので、僕も自棄を起こしブログ更新します。
いよいよイベントA開演まであと5時間。わくわくします。はらはらしてます・というわけで告知を。

【イベントA ~アイツガカエッテクル~】
◆date 12/19(Sat)
◇place さいたまスーパーアリーナ
◆open 18:00
◇start 19:00
◆close 22:00
◇ticket \500+1D\500

<タイムテーブル>
18:00 開場
19:00 開演
1.策士とオンリー+ヨネ
2.米田一弘サイン会
3.米田一弘撮影会
4.米田一弘サイン会


ではでは!がんばってきます!

ダンスと笑いの師匠たち(12月18日の日記)
朝は11:00起き。14:00頃から学校で新聞を読みつつ授業へ出陣。4、5限を受けてからいよいよダンス前日練習へ。ダンス歴はなんだかんだで3年間。様々なコマ、チームで多くの場数を踏んで来たつもりだが、ここまでスタートダッシュもなく追い込みもなく本番に挑むのは初めてである。深夜練もなく、19:00から2時間の短時間練習である。

D先輩(策士)とM先輩(オンリーツーエイト)登場。
ヨネ「お疲れ様です!早速やりますか!」
D先輩「あのさぁ、実は音編(=おとへん。本番で使う曲の編集の事。)全くやってないんだよねぇ~www」
M先輩「へっへっへぇwww」
ヨネ「いや、笑いじゃなしにwwwあ、じゃあちょっと待ってください………え、すると、今日はまたいつもみたいに、ちょこちょこ踊りながら『はい、ここ切りまーす』とか言いながらやるんですねwww」
D先輩「おう、そうだなwww」
ヨネ「あー、今ね、自分ちょっと頭真っ白ですwww」
D先輩「てかさ、明日集合どうする?『5時』…」
ヨネ「ちょっと待ってくださいwwwまさかそれ、『夕方5時』じゃないですよね?www」
D先輩「え、17:00会場集合で19:00開演にしようかなって(笑)」
ヨネ「いや、朝から練習しましょうよ、集会室で(笑)」
M先輩「あー明日朝美術館行かないといけないから無理なんだぁ。」
ヨネ「それ明日じゃないとダメですか?」
D先輩「がはははwww」
M先輩「いや、明日は美術館行く。」
ヨネ「日曜とかに行くんじゃなしに?www」
M先輩「うん。大丈夫。14:30ぐらいにここに来られるから。」
D先輩「そっかぁ。じゃあ15:00から練習にしよっか。」
ヨネ「え、なんで空白の30分作ったんですかwww」
M先輩「www」


練習を開始。僕の振りも率先して色々聞いてくれる割に、結局この日まで全く自主練してくれていない二人。D先輩はかなり不安がっていた。
「自主練すればいいんじゃないですか?」
喉まで出て来たその言葉を耐えたオレ、米田。僕だってM先輩の振り、D先輩の振りを覚える時、何度も迷惑をかけた。丁寧に教えた。D先輩も満足してくれたようだ。
D先輩「よっしゃ!振り完だ!」
ヨネ「割りと二週間前に振り完してましたけどね、僕の振りはwww(12月2日更新の日記参照)」
D先輩「そっかぁ~wwwあ、しばらく一人で練習していい?じゃあ20分休憩ね。」
M先輩「ヨネ飲み物買って来てよ。」
ヨネ「メチャメチャパシりじゃないですかwwwでもお金さえいただけたら行きますよ。」
M先輩「ヨネ飲み物選ぶセンスなさそうだから自分で行くわ。ヨネ行くよ。」
ヨネ「M先輩は僕をパシってもくれないんですねwww行きましょう。」

二人でコンビニへ。
ヨネ「明日、『美術館に行く』との事なんですが(笑)」
M先輩「単位がかかってるからねぇ。」
ヨネ「あ、授業でって事ですね?」
M先輩「うん、単位ヤバくてさ。最初の方サボりすぎて留年が見えて来たから先生に『ずっと病気で』っていって回避した。」
ヨネ「あ、人の善意を利用してる最低なパターンですねwww」
M先輩「いやでもさぁ、なんか先生、『気にしないで』とか言ってくれてさ。そのあと、『卒業出来なくても大丈夫』とか言ってさ。そっちじゃねぇ!!!ってwww」
ヨネ「www」


品定めに時間が掛かった僕。『胡麻スティック』を選びレジに並んでいると、M先輩は迷わず外へ。レジを済ませ追いかけた。
ヨネ「待っていただけなかったですがお待たせしました。あ、胡麻スティックどうぞ。」
M先輩「あー、ありがと。」
ヨネ「あの、D先輩って振り作る時も振り覚える時も基本的に一人になりますよね?いつもそうなんですか?」
M先輩「………ん?あ、知らない。」
ヨネ「今絶対聞き返すの面倒臭がりましたよねwww」
M先輩「バレたwww」

しばらく歩きながら僕はコーンマヨネーズパンを食べる。食べ終わりM先輩の方を見ると、胡麻スティックのリアルな減り具合を確認した。
ヨネ「あ、だいぶM先輩食べましたねwwwおいしいでしょ?」
M先輩「………。」
ヨネ「えーwwwここでシカトってパターン読めなかったですwww」
M先輩「www」
ヨネ「M先輩って基本的に、送信はしても僕の話受信しませんよねwww」
M先輩「私一日に300語しか頭に入れないの。」
ヨネ「あ、それならシカトしつも構いませんwwwあ、着きましたね。D先輩振り覚えましたかね?」
M先輩「私絶対練習してないと思うんだよね(笑)」
ヨネ「またフリーサークルやってる可能性もありますねwww」

D先輩は自主練タイムで自主練してくれていた。僕らは鏡なしで動画を撮り、納得した。
その後後輩M君(ボーグのラストエンペラー)の練習を見てD先輩は真面目なアドバイス。独自の世界観を築く彼に納得のいくアドバイスが出来るのはサークルEにはほとんどいない。
D先輩「………って感じかな。」
ヨネ「すげぇ…。」
後輩M君「あー実際凄く助かりました。ありがとうございます。」
ヨネ「せっかくだからM先輩も。」
M先輩「私もし後輩M君が自分の息子だったら絶対嫌だと思うんだよね。」
ヨネ「それなんのアドバイスなんすかwwwあ、後輩Y君(迷える小羊)、お前はどう思った?」
後輩Y君「M君が兄弟だったら絶対嫌です。」
ヨネ「www」

その後、僕らチームでなんとなく記念撮影。カメラは本当なら『絶対に手ブレしない』後輩S君(完璧男)に任せたかった(2008年10月14日更新の日記参照)が、本日はいらっしゃらなかったため後輩M君に任せた。

練習が終わり、D先輩とM先輩は退室。今日集会室の鍵を借りた僕は、後輩Y君が出るまで待たなくてはいけなかった。
ヨネ「で後輩Y君まだ?www」
後輩Y君「すみませんwww」
ヨネ「おう、急げ急げ!笑」
急ぐ後輩Y君。
後輩Y君「あ、明日は何時に練習するんですか?」
ヨネ「14:30からとかになったのかな、結局。てか後輩Y君、手ぇ止めんなよwwwなんで『喋ったらまったりしてオッケー』みたいな感じになってんだよwww」
後輩Y君「www」
ヨネ「あ、ごめんな急かせて。言っとくけどな、オレはM先輩とD先輩を待たせてるんじゃないんだ。あの二人は、待ってくれないんだよ。」
後輩Y君「www」

D先輩とM先輩とは下の階で合流した。
ヨネ「では明日、曲編お願いしますねwww」
D先輩「おう、昨日忙しくてな。」
M先輩「嘘だよwww」
ヨネ「さっきコンビニに行った時、『夜0:00にゲームしてた』ってM先輩から聞きましたwww」
D先輩「『FF6』があと一晩でクリア出来そうなんだよぉ。」
ヨネ「………え、『あと一晩』って今日は曲作ってくださいねwww」
D先輩「www」


衣装の打ち合わせをしてD先輩と分かれた。M先輩と電車に乗った。
M先輩「ヨネ、私明日赤の短パン穿くから。」
ヨネ「さっきの打ち合わせと全然違うじゃないですかwww『赤と白のクリスマスカラー』って言ったじゃないんですかwww」
M先輩「私バスケットマンみたいにするから。いいじゃん、バスケットマンとクリスマスで揃えれば。」
ヨネ「揃ってませんwww」
M先輩「電車、席空いてるかな。ゼッテー座りたいんだけど。」
ヨネ「あ、並び具合から言って微妙ですねwww」
M先輩「どうせ並んでる殆どが途中で降りるんでしょ。私は終点だからね。私、降りる駅の区間ごとにイスを分けるべきだと思うんだよね。」
ヨネ「『イスを分ける』?」
M先輩「だから『すぐ降りる人』、『終点まで行く人』『立っててもいい人』とかさ。」
ヨネ「『立っててもいい人』wwwなんすかそのお人好しの席はwww」
M先輩「www」

楽しかった。ほんとに。明日、この日々が終わるとなると寂しくて仕方ない。ただ、やっと掴んだステージだ。いつもどおり、自己中にいく。観客がどう思うか、格好よく踊って感動させられるかより、とにかく自分が楽しむ事を優先したい。楽しみまくる。これ、必勝。もうオレゼッテー、止まらねぇ。

任務完了(12月17日の日記)
勝手に自分を追い込んでいます米田です。
昨日は帰宅後、週プロを見ながら食事をし、ダンスの自主練をし、カメの水換え、風呂、ブログ更新、プレゼン練習をしていたため、寝たのは今日の朝7:00。夜更かしの天才、オレ米田。1時間睡眠で学校へ。
10:00集合のグループワークには電車の遅延でみんなも遅延。11:00頃必要以上に自由な雰囲気でリハーサル開始。
3限出席後いよいよオーブンゼミが開始。二年生が普段主戦場とする別キャンパス(ダンスキャンパス)で行なった前回と違い、今回のオープンキャンパスの会場は本キャンパス。そのせいもあり、来場者人数は正直伸びなかったが、順調にプログラムは進んだ。僕はケースの模範解答例的なプレゼンを担当。WEB係として写真も撮りつつな進行だったため大変ではあったがこの日のために僕らはグループワークをしてきた。僕は忘れない。一週間前の『スベることも出来なかった』プレゼンを。僕は忘れない。マクドナルドでの死闘を。

プレゼンは上出来。そのまま飲み会へ。会場でK先輩(ドラクエクエスチョン)は、僕が教室に置き忘れたファスナーが閉まらないペンケースを渡してくれた。預かってくれていたらしい。
ヨネ「ありがとうございます。」
K先輩「いえいえ。ファスナーが閉まらなかったからホチキスで留めておいたので。」
ヨネ「ありがとうございます。…ってえ゛ーwww」
(※留まってはいませんでした。念の為。)


飲み会の席で、土曜まで絶賛ダイエット中(あと100グラム落とす)の僕は、アルコールを避ける…つもりだったが結構飲んだ。その後酒と1時間睡眠とプレゼンが終わった解放感のトリプルパンチで、僕は周囲と話しながらその席で寝た。

また、一つ終わった。一つ終われば一つ始まるのが世の常で、だからこそ面白い。だが、今はここでストップ。土曜のイベントAまで、僕は全てをダンスに注ぎ込みたい。
I am happy.We are all one.All for Yoneda.Yoneda for Yoneda.

予定、ぎゅうぎゅう詰め(12月16日の日記)
予算がめでたく2010年4月に突入しました米田です。早かったです。さらっといきましょう。

朝は7:30起き。とある大手広告会社の説明会に行き、社員の方の説明を聞き、感銘を受けたあと登校。3限に出てからグル学へ。体調不良ではあったが、明日のオープンゼミに向け準備をしなくてはならない。準備をした。勇ましく早期退陣。色々あったあと、久し振りに本屋で週刊プロレスを買った。大学の別キャンパス(ダンスキャンパス)の生協で、週プロの入荷を注文するだけして置いて立ち読みで済ませまくった前科があるオレ、米田。来週も買わなくては。
大晦日の格闘技興行の対戦カードがガシガシ決まって来ている。大晦日興行はドカンと盛大に『試合結果予想』と『感想』の記事を書きたいものだ。年末と新年も、いそがしくなるど。
明日はオープンゼミ。一年前、僕はこの企画でMさん(WEBの出来るWEB係)、H君(遅延ズクタン)、S君(いじられイズム)と出会った。僕自身はプレゼンを担当するが、全体としては僕らからした『入ゼミ』としてだけでなく、将来Oゼミに入った時に思い出話が出来るような出会いの場にもなって欲しいとも思う。まずは、僕が楽しまなくては。
今日はカメの水換え、ダンスの自主練@米田家、ブログ更新などとやっていて、こんな時間になってしまった。今から、プレゼンの練習します。ファイトじゃ!


繋がる夢(12月15日の日記)
寝ても覚めても米田です。
イベントAまであと4日。幸か不幸か木曜のオープンゼミでケースのプレゼンをすることになったため、おそらく明日、明後日はその任務および定例会に追われ、練習は本番前日の金曜日までお預けとなる。ショーの生命がかかる火曜。すべてを投げ売ってダンスをすると決めていた。
とはいうものの、ちゃっかり散髪に行ったオレ、米田。昼ごろ、学校(ダンスキャンパス)着。M先輩(オンリーツーエイト)から『ごめん、今起きた』メールを受け取る。
前日(てか今日)は朝の7時まで4時間ほどWEBの仕事をしていたため、オープンゼミのパワポ作成が出来ていなかった。開始。未完のままダンス開始。サークルEは今日とある大学のイベントに出るため、出演者のR先輩(酒豪of the gap)やH先輩(マルチ酒豪)、後輩M君(ボーグのラストエンペラー)らが直前練習をしている。その時………。

「おいーっす。」

D先輩(策士)登場。唖然、キョトンとするR先輩、H先輩、後輩M君。色々あってから1年半。ついにD先輩は20ヵ月振りにサークルEの集会室に入った。本当に、嬉しかった。

一旦集会室前スペースへ。
ヨネ「あの、僕ら大丈夫ですか?」
D先輩「なにが?」
ヨネ「いや、本番まであと金曜の練習1回ですよね。」
D先輩「大ジョブだよ。オレ昔ヤバい時あってさ。当日に半分以上振り入れたんだ。」
ヨネ「え、それで踊れたんですか?!」
D先輩「それがね、全く踊れなかったんだよwwwイベントのメインだけどみんなお互い見合ったりして。ありゃ最悪だったなぁ。」
ヨネ「さっきD先輩、『大ジョブだよ』って言いましたよね?全然大ジョブさが伝わらないんですけどwww」
D先輩「あ、そうか?笑」


しばらくして、M先輩(オンリーツーエイト)が登場。
D先輩「じゃあとりあえずよ、オレ着替えるわ。」
ヨネ「なるほど(笑)」
M先輩「早くしてね。」

集Cへ。M先輩もサークルEを秋にやめて以来のサークルEの集会室インだ。

その時…後輩M君(野人)登場。
後輩M君「うお~~M先輩じゃないすか!!!」
M先輩「来た………www」
後輩M君「お久し振りです!いやぁ、気になってたんですよ。M先輩の話あんまり聞かなかったから!」
M先輩「そう、よかった。」
ヨネ「www」
後輩M君「あ、『留学してた』ってのは聞きました。」
M先輩「え、してねぇしwww」
ヨネ「www」

練習を始めてまもなく、M先輩はキョロキョロし始めた。
M「ヨネ、D先輩は?」
ヨネ「いや分かりませんね。」
M先輩「何してんだろう。」
ヨネ「まだ着替えてるんじゃないすか?今きっとズボンに差し掛かったあたりだと思います。」
M先輩「ヨネ、ちょっとドア開けてみて。」
ヨネ「はい。」
オープン。集会室前スペースを偵察。
ヨネ「えー結論から言いますと、D先輩はいなくなってますねwww」
M先輩「ざけんなしwww」

しばらくM先輩と二人で練習。土曜日、僕らがイベントAに出ることを初めて知ったらしい後輩S君(反逆のカリスマ)は
「見に行きたいです」。
ヨネ「来いよ来いよ!客呼ぶとうちらにキャッシュバックあるんよ!www」
後輩S君「wwwあ、イベントAの会場知ってますか?」
ヨネ「行ったことないけど話には聞いてる。ステージじゃなくてフロアで、かなり狭いらしいね。」
後輩S君「はい、ほんと狭いっすよ。ヨネ先輩、いつもみたいに側転とかでごまかせないですよwww」
ヨネ「それヤバいよなwww」

D先輩が登場した。ようやく3人がそろった。
ヨネ「あの、僕ら3曲踊ったあとフリーで一曲踊るんですよね?なんか3曲目いい感じなんで、4曲目なしにしません?」
M先輩「てか4曲目違う曲にしようよ。」
D先輩「よし変えよう。」
ヨネ「そんな簡単に変えるんすかwww『この曲は~~~で気に入ってるから…』的なのはないんですかwww」
D先輩「wwwあ、でも4曲目はオレもなくていい気がして来た。Mさん、フリーやりたい?」
M先輩「やりたい。あーでもどっちでもいい。」
D先輩「じゃあやめるか。」
ヨネ「www」

D先輩は僕らにごっつり格好いい振りを入れてまたどこかへ消えた。M先輩と生協に行くオレ、米田。
生協にて。
M先輩「ヨネ、私今日遅れて来たから食事ご馳走してあげる。どうせお金ないんでしょ?」
ヨネ「はい、実は今朝散髪で金が飛びまして…今2010年3月分の予算が残り600円です。今度返すのですみませんがごちになります。」
M先輩「あと好きなお菓子選んでいいよ。」
ヨネ「M先輩、今日優しいですね。」
M先輩「うふ。」
ヨネ「え、すみません。ちょっとかわいいんですけどwww」
M先輩「早く選べよ。」
ヨネ「じゃあお言葉に甘えて。『チップスター』のうす塩で。」
『チップスター』には目がないオレ、米田(2008年3月4日更新の日記参照)。
M先輩「センスない。ダメ。」
センスがないオレ、米田。
ヨネ「じゃあ『ピザポテト』で。」
『ピザポテト』で昔一暴れしたオレ、米田(2008年11月15日更新の日記参照)。
M先輩「分かってないな。ダメ。」
分かってないオレ、米田。
ヨネ「あ、『ゴマスティック』美味しいですよ!」
これにもちょいと思い出があるオレ、米田(2008年9月12日更新の日記参照)。
M先輩「意味分かんない。ダメ。」
意味分かんないオレ、米田。
ヨネ「じゃあ『わさビーフ』か『かりんとう』で。」
やけくそなオレ、米田。
M先輩「じゃあこれにしようか。」
問答無用で『サッポロポテト~バーベキュー味~』なこの方、M先輩。
「第5希望すら通らなかったなんて、履修申告でもなかったんですけど。」
という僕の声が空しく生協内に響いた。

その後練習は18:00頃まで続き、D先輩恒例の『休憩1時間』が入る。D先輩は2時間後、集会室に戻って来た。
ヨネ「あの、何をされてたんですか?」
D先輩「あーサークルJの集会室でさ、フリーサークルやってた。」
ヨネ「…え、許しがたいんですけどwww」
D先輩「ハッハッハwww」
ヨネ「てか後輩T君(白雪姫ボーイ)。お前D先輩とのチーム練大丈夫なの?笑」
後輩T君「いや、ヤバいんですけど、楽しくて時間を忘れてました。」
ヨネ「www」
D先輩「じゃあ…食事行く?」
ヨネ「一回通しましょうwww」

集会室にはD先輩、M先輩、僕、後輩T君(白雪姫ボーイ)、そして後輩U君(レンタルカーゴパンツ)。練習を終え、D先輩とM先輩が着替えに行った。
ヨネ「今日後輩U君、R大学のイベント出て来たんでしょ?」
後輩U君「うん。てかT君なんで出なかったの?」
後輩T君「まぁ、オレはチャラいのは出ないんで。」
後輩U君「いやお前はチャラいよ。みんなもそう思ってる。」
後輩T君「え、マジすか!?」
後輩U君「この間1年生にふざけて『T君ってチャラいよな』って言ったら、『何となく分かりますそれ』って言ってたよ。」
後輩T君「なに分からしちゃってんすか!笑」
ヨネ「www」
後輩T君「てかなんか、今日のこのメンバー…一年前に戻った気がする。」
後輩U君「ね!ちょうど一年生が今日来てなかったし。」
そう…あの頃…一年前。当時二年でバリバリダンスをしてた4月の僕は、『サークルE』のD先輩のポップのコマを初めてまともに受け、M先輩と話すようになり、サークルEに後輩T君や後輩U君がいることなんてまだ知らず、なんの不思議さもなく同じ集会室で踊っていた。そのあと、色々あってD先輩がサークルEをやめ、僕は2009年3月、M先輩は9月に諸事情でダンスをやめ、ここまで来た。懐かしく思う気持ち、嬉しく思う気持ちは、もしかしたら彼ら以上に僕が持っていたかもしれない。

その後、D先輩、M先輩、後輩U君、後輩T君総出で食事に行った。僕はそこで帰り際ふと思い出し、後輩T君に言った。





「あ、『にわかポップロックチーム』、またやるから」。
「マジっすか!!いつですか!?」
後輩T君があそこまで目を輝かせるとは正直意外だった。
ヨネ「分かんないけど、クラブイベに出たいなと思ってる。」
後輩T君「ハンパない!!」

夢は繋げるもんだ。
ダンスに戻るには色んな弊害やら困難やらがあって、自分の中でも一つ何かの後押しが必要だった。その時にもらったのが、S先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)からの『ゼミも就活も辞めてダンスに戻ってきて下さい(´`)』という先輩らしいいじりエールメールであり、先輩や同期、後輩からの声であり、家族からの声であり、そして『にわかポップロックチーム』からの「またあのチームやろうぜ!」という声だった。今は12.19まっしぐらで、それ以降はまたしばらくダンスは区切って就活やゼミに特化するし、来年だってどのぐらいダンス出来るのか、果たして学園祭に出られるのかなんて全く予想が出来ない状態。ただ、『にわかポップロックチーム』でクラブイベに出るのは是非やってみたい挑戦だ。2008年のクラブイベのオーディションで落ちたT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)とI先輩(ギリギリ履修申告完了男)のチームOが、その後K君(飲み会ハッスラー)やY君(省エネロッカー)とやけくそ気味に付け足して出来たチーム、それが『にわかポップロックチーム』なのだ。だから、やりたい。2年越しの挑戦だ。
D先輩とは、前からずっと組みたいと思っていて、組もう組もうと言っているうちに色々あって叶わなかった経緯がある。ちゃんと同じステージに立って同じショーをやるのは、とあるサークル主催のイベントでのOPを除けば事実上初めて(2008年4月4日更新の日記2008年4月20日更新の日記参照)。
D先輩とのイベントA、にわかポップロックチームでのクラブイベ…。僕は『ストーリー性』のある夢を今二つも抱いている。これがある限り、今のオレは最強だ。
(リンクを探しまくっていたら、過去のとあるダンスイベントでサークルEのダンサーが吐いた名言集があったのでい意味なくリンクします。2008年10月20日更新の日記参照。)

米田株の急騰と暴落
今、大変な事も楽しくて仕方ねぇ米田です。ダンスの神よ、ありがとう。

12:00集合でグループワーク。パソコンが壊滅した時に学校から借りていたパソコンを返したオレ、米田。14:20、昼食に行かなかったNさん(不覚のチアリーダー)と僕は今日の『プレ発表本番』で使う資料を印刷。ホチキスで止めるべし。
Nさん「ヨネ、あと一人でやって。」
ヨネ「そういうのやめて。一人になった瞬間心細くなるから。オレ小心者だからwwwあ、Nさん紙を束ねてよ。オレがホチキスで止めてくから。」
Nさん「わぁ米田と共同作業だぁ。」
ヨネ「表面的な言葉ありがとう。………てかさ、なんかさ、なんでうちら二人でやってんだろうねwww」
Nさん「www」
ヨネ「いや、別に二人で全然出来るわけだけどもさ。向こうが飯食ってまったりしてる時にオレらせかせかと印刷してホチキス留めてるのって悔しいよね。」
Nさん「しかももう一時間以上食事してるからね~www」
ヨネ「絶対食事してそのあとゆっくり一服してるしなwww」

とはいえ、印刷は無事終了。
ヨネ「あ、この表の中の文字、『上揃え』になってる。今度『中央揃え』に直そう。」
Nさん「ダメじゃんヨネ~。」
ヨネ「あ、オレのせいかぁ。」
Nさん「www」
ヨネ「重いよね、『パワポの責任者ヨネ』ってwwwでどうせ上手くいった時の配分は『÷5(人)』なんでしょwww」
Nさん「いや『÷4』だからwww」
ヨネ「あ、オレは責任だけかぁwwwよくその役オレ引き受けたね。」
などと話しているうちにあっという間にゼミの時間。移動しなければ。
N君(予備校にいそうな人)とAさん(虫ハンター)はいつの間にかグル学に戻っていたらしく、僕らの荷物を持ってきてくれた。
Aさん「印刷ありがと。ゆっくり食事してごめんね~。」
ヨネ「おう、もうオレとNさんでずっと愚痴ってたよwww『アイツらゼッテーまったりしてる』ってwww」
Nさん「いや、米田が一人で愚痴ってた。」
Aさん「ヨネ最悪~www」
ヨネ「オレ独り言で愚痴ってたのか…なんかゴメン。」

暴落したかに見えた米田株。しかし…。
Aさん「ヨネ、ショルダーバッグのベルト長いんじゃない?」
ヨネ「いーのいーの。」
Nさん「歩き方変だしwwwなんかガニ股になってる。」
それに関しては、ズボンのベルトが緩くて下がって来てしまうだけだ。
Nさん「短足に見えるよ?笑」
ヨネ「いーのいーの。」
Aさん「わざと短足に見せてるんじゃない?」
Nさん「ヨネってメッチャいいヤツ~。」
ヨネ「え、なんで短足に見えるといいヤツなのwww本気で意味が分かんないんだけどwww」

4限のサブゼミ後、休み時間にK君(目撃者)に誘われ生協へ。書店コーナーでとある本に気を取られていたオレ、米田。振り返るとK君がいなくなっていて、一瞬昔イトーヨーカドーで迷子になった時の事を思い出した。

5限でいよいよ、プレ発表本番。結果は…また頑張ります。
その後、入ゼミについての話し合いがなされた。入ゼミ担当の人達が僕らに『どんな後輩を求めているか』を問う。口々に呟くゼミ生。一際奇抜な意見を言っていたのがI君(オーバープッシュ)だ。

I君「野球が好きな人がいいなぁ。」
なるほど。ソフトボール大会もあるしな。
I君「野球の話が出来る人がいいなぁ。」
ヨネ「それは、友達だよね。」
I君「www」

その後グループワークを19:00までやって解散。

オープンゼミのグループワークが思ったより大変で、かつWEB係も色々重なって、ダンスももちろんしたくて。就活と睡眠時間が削られている。ただ、それに焦って何かの手を抜いたりイライラしたりして時間を過ごすのは嫌じゃ。60億人いるこの世界には、馬鹿みたいに馬鹿な不公平、不平等が存在するけど、その中で『時間』ってのは我々に与えられた数少ない平等だ。僕らはそれぞれ、一日24時間も持っていて、24時間しか持っていない。どうせなら、楽しく行きまっしょい。生きまっしょい。

関白失脚(12月13日の日記)
センサーにより自動で水が出る洗面所と相性が悪い米田です。どうやら僕の気配は感じづらいようです。

昨晩は本当は深夜1時には寝られたのだが、3時になった。90分、イベントAに使う曲を聞き、音に合わせて体を動かしていたのだ(ちなみに空白の30分は『まったりタイム』。)。本番で使う音楽を聞き込んで体に馴染ませる大切さに気付いたのは2年の中盤と遅かったが、今回振りを1曲作って、改めてそれを思い知った。とにかく、体が自然に動くレベルまでいかなくてはいかず、まず持って僕は時間が掛かる。本番まであと1週間。ゼミのK先輩(ダブルパソコン)たちは昨日飲み会の席で僕が「ダンス復帰するんで是非見に来てください!」というと、「おぉ~絶対行かない!」と自宅待機の姿勢を見せてくれた。多くの人に支援されての復帰戦。聞き込みたいと思う。

10:00から本キャンパスでグループワークの予定。9:53に着いたオレ米田。諸事情によりキャンパス内全面立ち入り禁止である現実に直面する。マック集合に変更。
会員限定の『見せるクーポン』で150円でフィレオフィッシュをオーダー。
店員「こちらのクーポンは14:00からですね。」
ヨネ「あ、今使えないんですか?」
店員「はい…申し訳ありません。」
ヨネ「じゃあいいです。」
店員「え…?」

堂々とノーオーダーで居座る事を決めたオレ、米田。さすがの僕もマックで食い逃げする大和魂は持っていない。目下ダイエット中でクーポンも使えないとなれば買う理由など存在しない。

グループのメンバーが揃い、
「初心に帰るため『コトラー(紙懸かり的に分厚いマーケティングの文献。Oゼミで4月からこの要約レポートを書いた。)』持ってきました」
と自ら主張するオレ、米田。絶賛された。『ヨネ時代』の到来は近い。1キロあるかないかの本を持って来ただけで時代が来るならお得なものだ。

マックから別キャンパス(ダンスキャンパス)に移動する事が決まり、否が応にも『グループワーク→終了→ダンス』の図式が頭に浮かぶ。
別キャンパスのメディアセンターが空いていない事が分かり、自然な流れで集会室前スペースへ。パソコンのコードがさせるよう電源のある場所に行くと、M先輩(鬼ロッカー)が寝ていた。起こしてはならない。僕はみんなをここから去るよう促した。
ヨネ「あそこで寝てた人、ダンスサークルEの先輩なんだ。」
Nさん(不覚のチアリーダー)「ヨネ、話しかければよかったじゃん。」
ヨネ「おかしいでしょwww無理矢理起こして『米田です。ではまた。』ってwww」

小さな教室に移りグループワーク。N君(予備校にいそうな人)は昨日論文を発表し、飲み、カラオケに行った体で今日のグループワークに参加した。このあと就活のセミナー、さらには友人との飲みを経て、
「帰ってからだったらパワポ、オレなんかやるから。」
と男儀を見せ、15:00にここを去った。

残ったのはAさん(虫ハンター)とNさん(不覚のチアリーダー)だ。Aさんが黒板付近でパソコンをしていると、手元にハエが到着。『虫ハンター』のお手並み拝見だ。




会話しながら裏拳気味にハエを払ったAさん。素晴らしい。

NさんはBGMとして昔懐かしい『タイミング』『愛しさと切なさと心強さと』などをかける。今は『もののけ姫』だ。
Aさん「ヨネ、踊ってよ。」
ヨネ「無理だよね、フツーに。」
Nさん「ヨネって、カラオケだとなんの曲歌うの?」
ヨネ「すんげー機嫌がいい時はORANGE RANGEとかも歌うよ。普段はコブクロかな。」
Aさん「ヨネとカラオケ行きた~い。」
ヨネ「思ってないよね。パソコン見ながら表面的な言葉言うのやめて。」
Nさん「てかクリスマスパーティーやろうよ、米田家で。」
Aさん「やりた~い!」
ヨネ「まずオレを介せwww」
Nさん「ヨネは参加しなくていいから。」
ヨネ「あ、主宰か~(笑)」
Nさん「いや、企画もしなくていいよ。場所だけ貸してくれれば。」
ヨネ「オレの親はどう思うんだろうね。」

しばらく作業を続けた。時折首をボキボキ鳴らす危険な症状が見え始めたNさんにさらに変化が。
Nさん「カッ。」
ありえないボイスでむせるNさん。
ヨネ「喉に何がいらっしゃるの?www」
Nさん「www」
ヨネ「あとさ、さっきから思ってたんだけど、BGMで『ORANGE RANGE』と『コブクロ』は一切流れないんだね。」
Nさん「ウケる~。」
ヨネ「出たwww」
Aさん「Nさんウケてない時も『ウケる~』って言うんだよねwww」
ヨネ「まぁ口癖は誰もがあるもんだからね。確か多次元論文チームでも昔この話した事あるなぁ。Aさんはどんな口癖があるの?」
Aさん「一通り話し終わったあと、『知らないけど。』って言う。」
Nさん「超無責任じゃんwww」

作業再開。隣りのNさんを見る度に、どうやらニコニコ動画の曲選びに夢中なようだが敢えて何も言わないオレ、米田。

ヨネ「あ!あのさぁ~…」
Nさん「ふ~ん。」
ヨネ「え~~www」
Aさん「www」
ヨネ「オレから話題振るなんてめったにない事よwww確かにそんな大切な話じゃないけどもwww」
Aさん「ヨネ、話していいよ。」
ヨネ「おう。」
なぜ話すのに許可がいるのかはさておき、僕はその後昨日火事の現場を目撃し、その時自分か以下に勇ましく行動したのかを力説した。Nさんたちからは、「ヨネ火事起こしたんだぁ」と言われた。僕はもう少し、話すのがうまくなりたいと思った。

20:30になっても、作業は終わらず。散髪に行く予定ではあったが、諦める事となった。「私が切ってあげるよwww」とNさんが不敵に笑ったが、丁重にお断りした。

Aさん、Nさんと共に、近くのマックへ。『昼食わない代わりに夜2倍食う』ダイエット法で今のところ効果が出ているのをいい事に、僕のオーダーはダブルチーズバーガー。Aさんもだ。Aさんは僕の分も買って来てくれた。
ヨネ「あ、ありがとう!」
Aさん「うん、いいよ~。」
疲れているにもかかわらず、機嫌は悪くない様子のAさん。調子に乗るなら今しかない。
ヨネ「まさかお金も払わなくていいとか?!笑」
Aさん「は?」
ヨネ「はい、これ450円です。」
調子に乗ったらダメだと痛感した。

Aさん「私ダブルチーズバーガー初めて買ったの。」
ヨネ「旨いべ旨いべ!」
ちなみに僕は基本的にダブルチーズバーガー担当。てりやきの味も同じぐらい好きだが、ソースを上手く活かして食べられないため、長年ダブルが不動の地位を築いている。
Aさん「え、てかマックの肉分厚くなった?」
Nさん「うそ~?」
ヨネ「だべだべ!?オレとおんなじの頼んでよかったっしょ?!これがデフレパワーだよ(?)。」
Nさん「ヨネ、店員に言って来てよ。」
ヨネ「ん、『今日肉厚いですね』って?www絶対的におかしくない?www」
Aさん「あ、『ダブル』だから肉が二枚入ってるだけだった。」
ヨネ「………Nさん、なんかオレが悪いみたいな空気になってない?大ジョブ?」
Nさん「ウケる~。」
Aさん「Nさん今ほんとにウケた?」
ヨネ「それ聞くなよwwwてか今日さ、ポテトの塩加減よくない?」
Nさん「うそぉ~。ヨネ、店員に言って来てよ。」
ヨネ「ビックリするぐらいおかしいよねそれ。あとさっきからなんで『~~して来てよ』シリーズなの?少しでもオレを遠ざけるみたいなwww」
バキッバキッ。
ヨネ「Aさん、今首鳴らすのやめてwww」
Aさん「だって~。」
ヨネ「さっきからAさんもNさんも首バキバキいい過ぎだからね。」
パチッ、パチッ。
ヨネ「Nさん、指ならすのやめて。」
Nさん「ウケる~。」
ヨネ「こっちこそウケる~。しかもなんか鳴らし方が慣れてるのがちょっと嫌だwww」
Aさん「米田に『嫌だ』って言われた~。」
Nさん「うわっ、ヨネひどーい。」
ヨネ「………2対1か。オレが悪いな、うん。」
Nさん「ヨネ、ポケモンマスターになってよ。」
ヨネ「まぁ目下の課題は、『ポケモンがいない』って事だね。」


僕らが今行っているグループワークは2年生に発表する解答例プレゼン用のパワポの作成。先日のケースで1位となった僕らは、木曜のオープンゼミで発表する事となったのだ。力を抜かない点がなかなか清々しいこのチーム。今Aさんがやっている事も、『ちなみにこの製品名にすればシリーズとしてこんな製品も出せますよ』で使うスライド作成だ。「とある野菜カクテルで、とある名前にすると、他の野菜のカクテルも作れる」、ということで懸命にグラフィックを作ってくれている。ちなみにNさんは、プレゼンの印象に大きく影響するアニメーションの編集をしている。ちなみにちなみに僕は、喋りながら思い浮かぶ限りの野菜を渾身の発想力で提案し、採用されたものの写真を探している。
ヨネ「カクテル『カブ味』は?」
Aさん「却下。」
Nさん「ニンジンとか?」
Aさん「できるかも。」
ヨネ「………ニンジンとか?」
Aさん「それ今Nさん言った。」
ヨネ「だよね。」
Nさん「ヨネさ。」
ヨネ「ん?」
Nさん「なんか季節でシリーズもの出せないかな?『春野菜』とか『冬野菜』とか。」
ヨネ「冬野菜って聞いた事ないんだけどwww」
Nさん「とりあえず春野菜探してみてよ。春の野菜ってなんだろう…。」
検索したオレ、米田。
ヨネ「来ました、野菜オールスターズです。」
Aさん「うそぉ~。カクテルに出来そう?」
ヨネ「見てこの錚々(そうそう)たる顔触れ。『そらまめ』、『キャベツ』、『グリンピース』、『ふき』、『セロリ』www」
Nさん「不味そっwww」
ヨネ「野菜界の中堅たちの集まりwww」
Aさん「とりあえずさっきヨネがくれた写真のは出来あがった。」
ヨネ「Aさん確実に作業速くなってるからねwww」
Nさん「www」
ヨネ「AさんまたこのUSBに写真入れといたから。」
Aさん「はぁい。」
ヨネ「で『春野菜』で終わりと思うじゃん?オレ今『大根』探してるからねwww」
Aさん「おいwww」
Nさん「えーパワポ頑張ってよ~………Aさん。」
Aさん「www」
ヨネ「そっちかwww」


結局、終電ギリギリまで作業を続けた僕ら。無駄な時間といえば無駄な時間だったが、確実に楽しい時間だったからいいかなと思う。
明日はこのプレゼンの試し斬り。ゼミでのプレ発表だ。「人生にリハーサルなんてねぇんだよ。毎日が本番なんだよ。」とドラマ『GTO』の鬼塚栄吉が言っていた(興味を持たれました方はhttp://www.youtube.com/watch?v=e1SQiNUwkdEを1分ほどご覧ください)。本番の覚悟で頑張りたい。リハーサルを。

心温まる話?
僕は世の中というものは、決して綺麗なものではないと思っている。妬み、嫉妬、悩み、恐怖、恨み…様々なものが複雑に入り組み、それはきっと、決して解消されない。アダムとイブがリンゴを食べてから、我々はそうした負の遺産を抱え、そして世代から世代へ継承して来た。
しかし、そんな世の中でも目を凝らせばちゃんと美しい世界が広がっているとも思う。今朝、大学へ向かっていると、降りた駅でもうスピードで階段を駆け降りて来た親子連れにすれ違った。父一人子一人。幼稚園児ぐらいの少年とはぐれないように父親はしっかりその手を握り、今まさに閉まろうとしている電車に乗る、俗に言う『駆け込み乗車』。もちろんそれは望ましい行為ではない。ただ急がなくてはいけない状態で、その中でもやはり息子を大切にするその男儀に心打たれた。
結局彼らは電車に乗る事は出来なかった。あと1秒…いや2秒あれば間に合ったタイミングでドアが閉まった。ドアの前で立ち止まる二人。その時。
♪ルル~ルル~

軽快な音楽と共にドアが開いた。粋な車掌もいるものだ。駆け込み乗車で『駆け込みきらなかった』親子に、車掌はドアを開けたのだ。そんな美しい光景をたまたま見られた。なんていい朝なのだろう。しかも、話はこれでは終わらない。親子二人はこの後この電車に…




乗らなかった。
なんと彼らが立ち尽くした電車は反対方面の電車だったのか、親子は手を繋ぎゆっくり電車に背を向けた。
♪ルル~ルル~
静かにその後、ドアが閉まったのだった。


別キャンパス(ダンスキャンパス)でOゼミの論文チームが研究発表をするのだ。
パソコンが直ったのが今朝も確認され、早く『修理来なくていいですよ』電話をしなくてはいけないが、迫り来るタスク。WEB係の仕事が奇跡のように積み重なり、奇跡のようにテンパった。
論文チームの発表を見た。発表もよかったけど、その後に見せた彼らのほっとした表情が良かった。その後わずかに設けられた時間で電話しつつ、サポートセンターには繋がらずさらにテンパり、飲み会へ。20:00すぎに解散した。
20:00からはダンスへ。ほろ酔いかつ満腹で集会室に行ったため体が動かず。振り確認に従事した。後輩U君(レンタルカーゴパンツ)に
「さっきトイレから出て来たヨネ、かなりゲッソリしたよね」
と言わしめたオレ、米田。明日はグループワークで来られなそうなため、今日無理矢理来たのは間違いではなかった気がする。
というわけで明日は10:00、グループワーク。12/19まで、ダンス=就活=ゼミ>ブログ。こんな感じでいいのではないでしょうか。

センスオブユーモア
パソコンの体調不良により、学校のパソコンを借りる事にしたオレ、米田。10:00グループワーク開始のところを、9:30到着。パソコン借りーの本探しーので10:30。
N先輩(トイレで変身する男)が登場。ミンティア(眠気覚ましの軽いおやつ)を分けると。
N先輩「『コーラにミンティア入れると爆発する』って都市伝説ほんとかな?」
N君(予備校にいそうな人)「マジすかぁ?見たいですね。」
N先輩「実は今日コーラ持っててさ。」
ヨネ「やりましょう。」

グル学に密かにほと走る緊張感。コーラに一粒、ミンティア投入。シュワシュワ開始。どうやらなんらかの科学反応が起きている事は間違いないようだ。興奮するN君と僕。そんな中、さりげなくN先輩が言った。
「ヨネ、これで炭酸抜けたら責任取ってね。」
なぜだwww

ところが。いよいよ化学反応もシャレにならないレベルとなり、思わずペットボトルから自分のパソコンを離すN君と僕。慌てたN先輩は言った。
N先輩「な、なんかヤバいねwwwフタ閉めようか?」
ヨネ「いや、それガチでヤバいですwww」
N君「ほんまに爆発する(笑)」

結局、空気を読んだミンティアたちはここで反応をストップ。僕らは、『一番刺激の強い黒ミンティアを50粒ぐらい入れてフタを閉めたら爆発しそう』と結論づけ、グル学実験を終えた。

14:30までグループワークをし、4・5限をクリアしてダンスへ。D先輩(策士)は旅行に旅立ったため、M先輩(オンリーツーエイト)と二人で練習。ちなみに、練習日は本番まであと2回の予定だ。
集会室前スペースにつき、お寿司を食べ始めるM先輩。
ヨネ「M先輩今日バイトなんですよね?」
M先輩「20:00にあたし帰るから。」
ヨネ「貴重な時間が刻々と過ぎていくんですがwww」
M先輩「ヨネ、玉子あげるよ。」
ヨネ「ありがとうございます。いや、そうじゃなしにwwwあと折り入ってご相談がありまして。」
M先輩「あ?」
ヨネ「そろそろ………曲を送っていただけませんか?」

なんと未だに自分の曲以外何も持ってないオレ、米田。

集会室前スペースには後輩M君(ボーグのラストエンペラー)とR先輩(酒豪 of the gap)の姿が。彼らもイベントAに参戦する。僕らはショーケース一発目でそのイベントを作るが、彼らはショーケースラストでイベントを締める。重要な役どころだ。
後輩M君「お疲れ様です。」
ヨネ「おう!お前トリだな!これまでにトリやった事あるの?」
後輩M君「初めてです。ただ今のところ、『トリ』っていうレベルじゃないです。」
ヨネ「いや、大丈夫だよ。あとな、別にプレッシャーとかかけるわけじゃないけど、『トリ』ってのはもうそのイベントのまとめみたいな重要な役だから。」
後輩M君「あー別にプレッシャーかけてるわけじゃないですよね?笑」
ヨネ「全然全然!ただな、『トリ』がどうかによって、イベントが成功かどうかも決まるから。あ、プレッシャーとか感じなくていいよ。」
後輩M君「凄いプレッシャーなんですけどwww」

練習を始める。
M先輩「じゃあ今から振り作るから待ってね。」
ヨネ「それ先週と全く同じ展開ですよねwww」
M先輩「すぐだからさ。」
ヨネ「www」
M先輩「あ、最後のソロ回しの曲聞いた?」
ヨネ「いえ、今回のショーの曲は自分で振り作った曲以外一切手にしてないです。」
M先輩「じゃあこれちょっと聞いて。たぶんねぇ、ヨネは踊りづらいと思うんだよね。」
ヨネ「なんでそれ選んだんすかwww」
聞いてみるといかにもそれは『おしゃれ』『スマート』『繊細』な曲だった。いつもいざとなったら『土ジャンプ』『ピョンピョン』『全力ワイパー』で逃げていた僕だが今回はそれも出来ない。大ピンチだ。
D先輩の作ったユーモアたっぷりの振りをM先輩から教わり、僕は踊る度にM先輩に「気持ち悪い」と言っていただいた。ちなみに僕らのチーム名は英語だが、登録時にスペルミスを犯していたためなんら意味の分からない単語となっている。D先輩とM先輩のユーモアのセンスに満ち溢れたショーケースのお披露目まであと1週間。練習日はあと2日。
しばらくしてS先輩(リトルハウスマスター)やR先輩(酒豪of the gap)らの前で軽く踊った。僕が踊っている最中に、S先輩は「ヨネ今度イベント出るんだぁ~。どうして?」と聞き、R先輩は「ヨネ、なんでいるの?」と聞いた。動揺して、振りが飛んだ。

12.19のイベントA。どうやらシーズン的にも混み混みらしく、参戦するダンサーはいつもの2倍だと言う。サークルEからも多く出て、どうやらクラブはクソ詰め掛けそうだ。ワクワクする。

家に帰って。いよいよ我がパソコンが大空に飛び立つ明日が迫って来た時。パソコンを起動した。





直っていた。極めて遺憾だった。

ダブルクラッシュ
就活とゼミに加え、ダンスという娯楽を再開したがゆえ、体力が限界に達し各方面の方々に色々迷惑をかけている言語道断野郎の米田です。イベントAまで早くもあと1週間とちょい。気迫で乗り切りたいと思います。

10:00からグループワークの予定だった。駅に着いたのは9:56。ガチで走って10:00ちょうどに到着した。誰もいないグル学に、汗だくな男一人。いい画だった。
パソコンをつけた。ビックリした。なんと、画面が真っ黒状態。電源はついているのにスクリーンが暗くて、目をガッチリ凝らさないとほぼ全く見えない暗黒の世界が目の前に広がっていた。もちろん心臓バクバクのオレ、米田。サポートサービスに電話。通話料がかかる。
数分待たされオペレーターと話し、指示通りに操作するが直らない。挙句の果てに「それでもダメですかぁ…少々お待ちください」で『エリーゼのために』が数分流れるターンが数回繰り返された。そして言われた結論が…
『修理』。
12/12の夜から、私の大切なパソコンは大空へ飛び立ちます(ま、業者に預けるだけだけど)。
重要なデータをバックアップし、普通に落ち込みながらケースのグループワークを始めた。昼、グループのメンバーは食事に誘ってくれたが、昨日のトンカツ代を節約しなければならず、かつ『昼食は抜く』と決めているため断った。12/19まで、闘いは続く。その日までに体が作れれば、そのあとリバウンドしようが何でもいい。最近腹筋に少し変化が見られているし、体も軽く感じるようになって来た。本番までに、あと800グラムぐらい落としたい。

ちなみにその後受けた3限の授業でシャーペンが壊れた。文房具屋でなんとなく買った100円ちょいのシャーペン。店のメモ欄で試した時の書き心地はよかったのに、実際かって使ってみたらイマイチだったシャーペン。長い間ありがとう。
4限は、12日に発表を控えた論文チームの模擬プレゼンを聞いた。その後ケースのグループワークをやろうともしたが、パソコン破壊でより無力さに磨きがかかった僕は少しメディアセンターに寄りすぐ退陣。明日に掛けた。
前述のように、自分の好きな事をやって周りに迷惑をかけている僕は、神様からの罰なのか、パソコンとシャーペンのダブル破壊を食らった。ちなみにブログを書いている今、鼻血が出ている。色々困るし、それが更に周りに迷惑を掛けることとなるが、今はもうやるしかない。
せっかく掴んだ大チャンス。今やっている事は是非とも成し遂げたい。あとはいかに他にマイナスを与えないかである。気持ちだ気持ち。頑張るで。

トンカツ祭(12月9日の日記)
年末ということなのだろう。世の中では珍しい光景を目にする事が出来る。先日はコンビニがコピー機を移動しながら機械の点検をしているのを見掛けた。そして今朝は、エスカレーターの階段が取り外され、新しい段が積み上げられているのを目の当たりにした。凄く貴重な体験をした。でも、僕の人生においてそれが何に活きてくるかというと、まだそのメドは立っていない。

1、2限は休講。毎回出席を取る3限には是非とも出たかったが、会社説明会のため欠席を余儀なくされた。向かった先は某ネット広告会社。某ブログサイトの運営などもやっている。
説明の後、なんと『選考会』と称したグループワークがあるという。休み時間。
隣りの人と、
「テーマなんでしょうね~」
などと話していると、前の人がいった。
「じゃあテーマ分からないですけど、話し合いましょうか?」

「適当にテーマ決めて。」
…すまん、君の意図が掴めない。
結局予行練習は催されず。7人グループで行われたグループワークでは、僕の意見が採用され、僕がプレゼンする事となった。楽しかった。

説明会のあと、17:00頃から集会室に行った。イベント前らしく、多くのダンサーがそこにいた。後輩E君(グラン浜田)が漫画を読んで精神統一する中踊り始めるオレ、米田。彼は言った。
後輩E君「うお~体柔らかいままですね。」
ヨネ「おう。」
後輩E君「錆びれてもいないんじゃないですか?」
ヨネ「その代わり、決してうまくもなってないけどな。常に低空飛行だからwww」
後輩E君「なんかヨネ先輩が踊ると、ヨネ先輩ってすぐ分かるんですよね。」
ヨネ「おう、ま、変な癖つきまくっとるからなwww」
後輩E君「なんか見てて、ふっと気持ちが一年前に戻りましたwww」
ヨネ「凄いでしょ?人を過去に戻らせるダンスwww」

報告しなければいけない事がある。今日、D先輩(策士)とM先輩(オンリーツーエイト)はここに来ない。全く文句はない。実は昨日練習があり、僕は某新聞社の説明会に行き、欠席したのだ。そして次回の練習は………




来週の火曜日www
D先輩はバイトと旅行で忙しいらしい。振りはその時まで入らない。僕と同じ境遇である後輩T君(白雪姫ボーイ)は、この事態にこうコメントした。
「僕ら一気に追い込まれましたね。」
イベントA。たくさんの知人を呼びドッカンドッカンやろうとしたが、少し小盛りにしたいと思う。

振りを知らない僕は、基礎練を中心にして、体作りに努めた。壁倒立をしていたらY君(省エネロッカー)に腹を蹴られ、ポージングをしていたらY君(省エネロッカー)に後ろから蹴られた。
19:30頃。いつしか僕はY君とセッション(流れている曲に合わせて交互にフリーを踊る事)をしていた。後輩T君(愛想100%)とM君(若武者)も加わり、楽しんでいた。すると…

「よっしゃー!ポッパー対ロッカーじゃああ!」
後輩T君(ルーティン製造機)は向こう側でL先輩(一人操り人形)とJ先輩(巨匠)、そしてあと一人一年生の子とポップセッションを行なっていた。急遽決まったバトル。判定はなくとも、延々踊っていた。
何人かが帰って行く中、チーム人数を調整したりしてバトルは続いた。R君(シャイニングブレイカー)を誘うと、
「後輩S君(完璧男)を呼んで来るわ」。

凄いメンバーで、バトルをする中、『サブジャンルバトル』が開催された。これは自分が今やっているダンスのジャンルは使えないという究極のアドリブバトル。参加者は7人。優勝者にはジュースが送られる。
ジャンルは公平にあみだくじで決められた。その結果、L先輩はブレイクで「出来ねぇ」といいながら三角倒立みたいな事に挑戦し、Hip Hopに挑戦したR君は周囲から「それホーシングじゃんwww」となじられ、後輩S君はまさかのガールズを繰り出した。
ちなみに僕はジャズ。そもそもバトル向きではないこのジャンルで懸命に踊った結果、『ジュース争奪サブジャンルバトル』の決勝戦のカードが発表された。そのカードは…
Y君(省エネ)ポップとヨネジャズ。
苦節3年。ようやく実現した夢舞台。決勝というカードで、対極に立った僕とY君はお互いに譲らぬ思い出したくもない次元のバトルを繰り広げた。優勝は満場一致のY君。参った。

L先輩、R君、Y君、後輩T君、そしてS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)とトンカツ屋に食事に行くことに。予算が2010年3月に突入した僕はもはや何かを割り切っていた。
『トンカツ屋TM派』の後輩T君と、『トンカツ屋TMT派』のR君が、『どっちにいくかじゃんけん』という史上空前のどうでもいいじゃんけんをする事に。
「極めてどうでもいいよね。あと後輩T君、祈るのやめて。この時間無駄だから。」
そう言っているうちに行なわれたじゃんけんはR君の勝ち。
「よっしゃートンカツ屋TMTだぁ!」
「TMTぅ~!!!」
と絶叫するダンサーたち。いい宣伝になった。

トンカツ屋につき、腰掛けた。
ヨネ「ちょっとメニュー見ていいっすか?」
Y君「ダメだよ。」
R君「何好きなもの頼もうとしてんだよ。」
ヨネ「え、頼めないの?www」
S先輩「『とりから(鳥唐揚げ)』美味しそうだよ~o(^-^)o」
ヨネ「僕はトンカツで。」
R君「あぁ~ここに来たらトンカツ頼みたい気もするしなぁ。」
L先輩「『とりから』うまいんだよなぁ。」
Y君「『ハムカツ』旨そうだなぁ。てかすげぇ迷う~。」
S先輩「でもここに来たら『トンカツ』を食べたい気分だなぁ(^O^)」
L先輩「『とりから』は唐揚げ多いんだよね?」
後輩T君「僕『とりかつ』がいいです。…あ、『とりかつ』なんてないか。『とりから』でした。」
ヨネ「てかみんな、好き放題喋り過ぎだからねwww」
後輩T君「www」
ヨネ「心に思った事全部口に出すからねwww」
L先輩「決まった!」
S先輩「マジで?」
R君「決まりました!」
Y君「オレも。」
ヨネ「オレもOKっす。」
後輩T君「僕もです。」
S先輩「う~…じゃあ決めた。」






ヨネ「てか誰か、店員呼べよwww」

そんな感じで食事開始。Y君が先輩であるS先輩に、「え、いいんですか?お願いします」と普通にご飯のおかわりをしに席に立たせたり(ちなみにS先輩は膝を負傷している)、S先輩がミクシィ上のゲームを目的にミクシィ参戦を悩んでいる事が発覚したりする中。
Y君「そういやさ、ヨネのおじいちゃん家ってこの近くにあるんだよね?」
ヨネ「うん。」
Y君「この間見つけたんだけど。」
ヨネ「マジかよwww」
R君「よっしゃ今度行こうぜ!」
Y君「コイツたまにおじいちゃん家で寿司食ったりするからね。」
L先輩「オレ寿司大好きだよ!」
S先輩「確かにぃ~(*^_^*)L君『何食べよっか?』ってなった時いつも『寿司』って言うもんねwww」
R君「よし、今度米田家に食べに行きましょう!」
ヨネ「おかしいよね、『祖父、父、母、兄、R君』てwww」
L先輩「そういえばS君(=withスマイル・S先輩)、次大食い企画いつやるの?」
S先輩「そうだねぇ(^O^)安い店知ってる~?」
R君「〇〇で2000円かなんかで寿司食べ放題なところあるんですよ。」
L先輩「寿司か!」
S先輩「ちなみに食べ放題で中トロばっか食べると、店赤字に出来るらしいよ~(^_^)v

後輩T君「そうなんですかwww」
R君「あ、S先輩。オレこの間築地で『マグロイクラ丼』的な、1500円ぐらいの丼もの食ったんですよ。」
S先輩「それヤバくない\(≧▽≦)丿」
R君「ヤッバイ旨かったです。肉かってぐらい脂がのってて。」
L先輩「築地かぁ。あ、S君。去年の就活で築地よく行かなかった?」
S先輩「行った事ないよ~(^o^)/」
ヨネ「L先輩www」
R君「L先輩どこの企業受けたんですか?www」
Y君「絶対『〇〇水産』系ですよねwwwアッヒャッヒャッヒャwww」
L先輩「いやぁとにかく築地行ってさ。で店いっぱいあったんだけどどれ入ったらいいのか分かんなかったんだ。だからトンカツ食った。」
ヨネ「築地でトンカツwww」
R君「築地を楽しめてないじゃないですかwww」
Y君「アッヒャッヒャッヒャwww」
L先輩「いやぁ、どこ行けばいいのか分からなくてさ。」
R君「そういえば確かJ先輩(巨匠)は確かいい店色々知ってますよ。」
S先輩「知ってそうだよぉ(^o^)/」
L先輩「なんか、J先輩って痩せた?」
ヨネ「僕もそんな印象を受けました。」
R君「そうだったかなぁ?」
L先輩「分かんない。ただ服がピッタリしてたからかな。なんかもんまりしてたよね。」
R君「確かにピッタリしてんの着てましたね。…………








え、『もんまり』ってなんすか?」
一同「www」
Y君「オレも思ったwwwアッヒャッヒャッヒャwww」
後輩T君「それ言わないでくださいよwwwなんとか耐えたんですからwww」
R君「どういう表現の時に使うんですか、『もんまり』ってwww」
L先輩「言わない?」
ヨネ「言いませんwww」
S先輩「ヒヒヒヒヒヒwwwヒヒヒヒヒヒwwwヒヒヒヒヒヒwww」
後輩T君「S先輩その笑い方なんすかwww」
L先輩「S君の笑い方ヤバいよねwww会ったばかりの頃ほんとビックリしたよwww


呼吸困難に陥りながら、僕らは無事にトンカツ屋を制した。ご飯をおかわりしすぎたY君は、あわやご飯およびハムカツを残しそうになるハプニングもあったが無事たいらげた。

トンカツ代+最高のトーク=850円。悪くない出費だったがこのたび2010年3月の予算に突入したオレ、米田。靴も買いたいし今度は飲み会もある。できるだけ、食事を削っていきたいと思う。イベントAまで、リアル減量生活じゃ!

初遭遇
母「一弘、そろそろ靴買えば?」
一弘「まだいい。」
兄「穴開いてるんだよね?」
一弘「てかね、買いに行く時間がないんだ。」
兄「時間?」
一弘「今の僕のスケジュールでいつ買いにいけって言うんだよ!!」
食後、3杯目の緑茶をゆっくり飲みながら、僕は声を荒げた。
母「そういえば、お父さんも靴に穴が開いてるみたいな事言ってたわ。」
兄「そういえば、僕の靴も穴開いてるわ。」
一弘「米田家の男3人とも穴開いてんじゃねぇかよwww」
母「一弘、今度『しまむら』行きなさいよ。」
一弘「『しまむら』ねぇ~。」
兄「服が売ってるよ。」
母「あ、『しまむら』は靴売ってないわ(笑)」
一弘「じゃあなんで今『しまむら』の話出したの?」

どうも米田です。
今日の靴に抜かりはない。会社説明会のため、スーツ&革靴なのだ。もちろん3限には出席したオレ、米田。WEBページ用の多次元論文の『研究を終えて』的な文章をやっと書き上げた。どうしても書きたいと思うタイミングが来ず、800字書くのに時間が掛かった。
3限後、WEBの仕事なり、日曜から地味に始めた『新聞読み比べ』なり、企業研究なり、メール処理なりをして、会社説明会に出発するまでの時間をメディアセンターで過ごした。
その時。隣りに座った青年のパソコンにふと目が止まった。開かれたページは俗に言う『2ちゃんねる』。書き込みをしていた。いわゆる『2ちゃんねらー』だ。
『2ちゃんねらー』が『2ちゃんねらー中』である現場に遭遇したのは初めてだった。始めに言っておくと、僕は2ちゃんねるもその『住人』も否定しない。僕が彼らの世界観に入りきれていない限りにおいて、僕は彼らを判定出来ないし、『2ちゃんねらー』の中には社会からの逃避者もいればちゃんと凄い発想力やアイディアを持った奇才がいるからだ。むしろ今日は、初めて見る『2ちゃんねらー』に敬意すら感じた。彼はスレを見て時折笑いを堪え、かと思うと結局声を漏らし、なにやら検索を始め書き込み続けていた。頑張ってほしい。また会おう。

16:15。僕は先日川村二郎氏(今後、彼の名を『KJ』と表記する)を通じて知り合った友人Y先輩と会い、共に説明会へ。動機不明の眠気に参りながらも、2時間半の説明会とその後の『ぶらさがり』(=囲み取材。ここでは社員への質問タイムを表す)を堪能し終わった。

帰りの電車。駅のホームで電話しながら泣きじゃくり大絶叫している20代女性がいた。周りに余りある迷惑をかけていると見られるが否定はしない。飲み過ぎた後の僕に比べれば、彼女の犯している罪など軽い。ただ一つ気になったのは、完全に取り乱した彼女が、ホームに着いた電車にやけに冷静に乗車した事だ。
「乗るんかい!!!」
とツッコむギリギリで耐える僕を知ってか知らずか、彼女は乗車後も絶叫を続けた。あいにく僕が乗るのは向かいの電車だったため続きのストーリーは分からずじまい。ただ、いいものを見させてもらった。
明日、明後日とダンスの練習をする。明日はまた会社説明会があるし、来週に控えたオープンゼミに向けて準備も進めなければいけないが、なんとかうまくやっていきたい。
ダンスもゼミも就活も授業も手を抜かない。何かを犠牲にしなくてはいけないとしたら、ちょいとブログを削るかも。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。