楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まさかのアキレス
「人なんか信じちゃダメよ。」と人に言われた場合、どうすればいいのでしょうか。米田です。

朝は10:00起き。なんとなく学校に行くべきだと思ったオレ、米田。駅へ向かう。
駅のホームにいた20歳前後の女性。カジュアルなコートと、確実に5桁はいくと思われるブーツを履いていた。しかしこの女性。先程からやや面白い。耳にイヤホンを、爪先で細かくリズムをとっている。若干上体も駆使している。
‘きっとダンスやってる…’
そう思った瞬間、彼女は突然…





アキレス腱伸ばし。
‘絶対ここでやる必要ない…’
そんな事を思いながら、僕の目に入って来たのは、やや太めな彼女のふくらはぎだった。それが見たところ筋肉だと思えた僕。ダンサー説に陰りが見え、むしろ陸上部説が浮上した。
『ダンス』か『陸上』か―

悩み抜いたすえ、僕の中では彼女は『リズム感のある陸上部員』ということで落ち着いた。

12:00頃学校に着き、一人とある金融会社のESを書いていた。そのうち、ゼミの何人かが来るだろう。一人黙々と、時に独り言を言いながら、2時間。




誰も来なかった。
どうやら13:00にメディアセンターが開き、みんなはそちらに行ったようだ。我ながら笑える。
某教育会社の説明会に行った。選考とは無関係のグループワークあり、だいぶ分かりやすいプレゼンありで結構楽しかった。
今日はこれからまたESを書く。楽しみだ。今のところ。
スポンサーサイト

思い出したことをつらつらと
「人なんか信じちゃダメよ」。



小学校4年の時の先生にそんな事を言われたことがある米田です。
あれは確か、毎年秋に行われるM小学校フェスティバルの直前期だった。クラスでリーダーを務め、クラスで出す店(確か『輪投げ』屋だったと思う。ある意味斬新…。)の準備を仕切っていた僕は、確かに適材適所に人を割り振り、当日に向かっていたように思う。しかし、先生の指摘は、
「〇〇君の班が全然進んでない。ヨネちゃん、しっかりして。」
だった。僕がこの時言ったのは、
「僕はちゃんと指導したんですけど…。」
だった。我ながら、あっぱれな責任放棄だが、確かに僕は指導していたし、頑張っていた。ただ目を行き届かせることが足りなかっただけで、10歳の割にはよくできていたと思う。だから僕は真っ正面から『人のせい』にする事ができた。
その僕に、先生は上記の言葉を吐いた。
「人なんか信じちゃダメよ。」
………小学校4年の僕にそれは重く、そして悲しく響いた。そして僕が取った行動は、『一人で全部やる』ということだった。『やる気がないヤツのやる気を起こすのは時間の無駄。オレのせいになったらたまんない。オレがやる』とでも考えたのだろうか。なかなか、やり手である。
単なる『タスク』になり、全く楽しくも何ともなくなった祭り。しかし事態はこのあと、思わぬ展開を見せた。僕一人で作業を始めた途端、
「ヨネちゃん一人がやってるぞ。ワシたちも頑張ろう。」
となり、全員が動き始めたのだ。そしてこの男こそ、後に僕の親友となるM君だったりする。
こんな経験もあって、未だに僕はこれと似たことをやる時がある。口で人に「やれ」ということはなかなかない。有能で『出来る』のに『やらない』ヤツのことは心の中で精一杯軽蔑しつつ、当事者の時は少なくとも声を荒げたりしない。まず自分がやって、不器用に失敗しながらでも事を起こそうとして、そして輪が広がるかを試す。幸いだったのは、このやり方で今まですべての場合うまくいった事だ。



なんて話を、ふと思い出したから書いてみた。ちなみに、今日のブログとはなんの関係もない。


朝は昼起き(?)。9月26日に行った某SE企業の説明会に行った。説明会のあと、1次選考として筆記を受けて来た。なんだか嫌な予感がした。

家に帰ってから怒濤。机にたまったテスト勉強の残骸を片付け、就活の今後のスケジュールを整理し、カメの水換えをし。明日に繋がることは出来たかなと思う。

今からESを書く。なにげ勝率がヤバめなオレ、米田。アツい文章を書きたい、そのように思います。

チャレンジブログ(1月29日の日記)
自分のカッコ悪いところをブログでさらけ出す事がモットーの僕だが、一つカッコいい事を言わせてもらう。
『挑戦』は僕の人生のテーマなのかもしれない。
部活も受験もサークルも勉強もゼミもバイトも就活も、僕はいつでも今の自分より上を目指して来た。そこに困難があってたとえ多くの人に力を借り、また迷惑をかけようとも、妥協するのだけは絶対に嫌だ。まだ21歳。馬鹿で仕方ないうちに馬鹿をやるのはそんなに悪い事ではないと僕は思う。だから、挑戦したいことがあれば、たとえ失敗して大恥をかこうと、誰に笑われようと、自分の納得を突き詰めていきたいと思っている。そんな僕、今日はブログで大きな『挑戦』をしたいと思っている。だから、今日の終盤戦は変則ブログだ。題して…『チャレンジブログ』。全貌は後半参照。

テスト最終日。朝は9:00起きだった。学校に着き、T君とTS君と勉強する。持ち込み可のテストが2科目分ある。
3限のテストは『担当のK先生が出した教科書があれば、確実に単位が来る』らしい。小心者の僕はもちろんこれに手を出したかったが、残念ながらマネー面に余裕がない。クラスメートのT君も教科書なしで挑むとのことだったので、僕も手元のレジュメとノートのコピーだけで勝負することにした。
教室を移ると、色々嫌な情報が目や耳に入って来る。

8割以上の人間が、教室を持っているという現状。

「勉強した?」「全く。まぁ教科書あれば余裕っしょ!」「まぁな!『2000円ちょいで単位を買う』と考えたら安いよな」という会話。

そして…





「K先生がブログで『教科書教科書写せ』と書いたらしいぞ!」という報告メーリス。
キョドったところで教室に入ってきたのはI先輩(ギリギリ履修申告完了男)が登場。同期で同学年とはいえ、年上のI先輩に、僕は有り得ないことを言った。
「I先輩、教科書持ってますか?あの、もしよければ………






テスト中だけ貸してもらえませんか?」

当然通るわけがなかったこの交渉。しかもI先輩も教科書は持っていないようで。彼は得意げに言った。
「教科書いらないだろ。オレはノートのコピーがあんだよ。対策も練ってある。珍しい。」
彼が差し出したノートに目をやった。





『取引コスト』という文字に丸がしてあるだけだった。
ヨネ「これが…対策ですか?笑」
I先輩「これ出るんだろ?」
ヨネ「そうですけど…丸で囲んで何ができるんですかwww」

テストは順調だった。3限4限ともに、『まぁAは来ないけどひとまず単位は来るっしょ』みたいな出来。これにて、無事後期が終了。これでようやく就活に集中できる。普通に、さっぱりした気持ちだ。

メディアで新聞を読みまくるオレ、米田。21:00からとある町で、1時間某新聞社の方二人と会って話す。忙しい中会って下さる社員の方に目一杯の質問をぶつけようと就活ノートにまとめること3時間程。マックで軽く夕食を食べ、移動開始。

早く着きすぎた僕は、待ち合わせ場所付近のビッグカメラで時間を潰した。しばらくして待ち合わせ場所へ。社員の方は急用が入ったらしく、少し遅れると言う。
今日参加するもう一人の就活生と話しながら、無事21:55を迎えた。1時間話すのは、なかなか疲れた。
4人全員が揃い、近くの喫茶店に行くことに。ところが、金曜の夜ということもあり、ドトール、プロント、レストラン、不二家までもが超満員。
「マックでもいいですか?笑」
と社員の方。まさかこの後行ったマックも超満員だとは、この時はまだ知る由もなかった。
その後、コーヒー1杯1200円もする喫茶店に入った僕ら。終電ギリギリまで時間をもらい、様々な話を聞いた。
終電に乗った。ラッシュで身動きが取れない中、鼻が痒くなったり、横のプードルみたいな髪型をした人が意地で携帯を操ったりして苦しんだ。
ドア付近に立っているおじさんに異変があった。マスクをし、額にびっしょり汗をかいた男は時に足を叩き苛立ちを見せ、苦しい声を出す。
「大丈夫ですか?」
人として、思わずそう言ったオレ、米田。
「大丈夫です。足が…足が気持ち悪いんですよ…。」
風邪で倒れそうなのかと想像していた僕には意外な答えだったが、とりあえず彼を座らせてあげたい。僕は本気でそう思った。あいにく僕も立っていたから、席を譲ることはできない。僕のコートやらカバンやらを床に敷き座らせようかとも思ったが、そのスペースもない。だから、席が空こうものならなんとしてでもそこを確保し、彼に譲ろうと決めていた。
次の駅に着き、僕の近くに座る一人の女性が席を立った。ここぞとばかりに席を取った。僕はすぐにおじさんに
「どうぞ!」
と目をやった。
「ありがとうございます」。

そう言って、おじさんは下車した。

意気消沈しながらも、ちゃっかり席に座る僕。すると、隣りにいる二人の女性が何やら話している。
「○●★△△◆□…」
どうやら、韓国語だ。
有り余るパワーを使い切りたいと思った僕の『チャレンジ』が、ここで始まった。
今から僕はこの韓国語を………




全身全霊をかけてカタカナにおこす。
何気なく話す二人の会話の横でこっそり携帯を取り出し、必死でメモを始めた僕の努力の結晶。挑戦の痕跡。歴史の軌跡。以下、お楽しみ下さい。








女1「チョコンコバランダイビョンホンダリンダ。」
女2「クレクーチョンミョンダラン。」
女1「チョンベグン。」
女2「クレバランツォロン(笑)」
それは笑えるなwww
女1「エサバクーツェングゥ。ヨランツェレンバランアウェクウェン。ツォゲ、ウォーレンツォッツァラ。」
女2「ゲーガンメンマ、ツォーレンラ。」
女1「ウォクーゲンカラン?」
女2「ウォツェロンガ、トロングーゲェガ、トンレカゲブルンバーションワンゲン。」
女1「ウォ、ツォーゲングゥ。」
女2「ツァンツァンミンギン。」
女1「ツァツァパイクーデン。」
女2「チョボンネンナニヤットンネン。」
今『何やっとんねん』って言わなかった?www
女1「タラヒチムラ。」
それどんな村?

以上。変則ブログ、『チャレンジブログ』でした。

テストが終わり、若干の解放感。ここから鬼のように大変なんだろうが、一生懸命やらせてもらえるんならオレはトコトン一生懸命やる。そして今年の目標は『実』。必ず結果を掴み取ったる。
明日は早速説明会。楽しんで来ます。

単位『A』を諦めつつある昨今
米田です。サラッといきます。
朝は10:00起き。昼ごろ学校に着いたオレ、米田。14:45から2限連続でテストが控えていた。クラスメートのT君、TS君と共に小教室で勉強すると決めていた。
教室に一番乗りした僕はパソコンを取り出し、ちょいとゼミ関連の作業。その時腹を襲ったビッグウェーブ。トイレに駆け込むオレ、米田。
ビッグウェーブを乗りこなし、一旦食堂に集まる事になった。持ち込み可のテストを前にT君は、
「レジュメ持っていない。」
「コピーしようかなー。やっぱいいや。」
と意気込む。終いには、
「ヤバいなぁ」
といいながら終始ぼーっとする。
TS君と僕も決して十分な勉強をしたわけではなかったため、やや焦りながら事項を確認していった。おばちゃんから食堂退去命令を食らい、小教室で勉強。T君はホワイトボードの隅っこに『T参上。』と書いたり、キャスターつきのイスに乗りグルグル回ったりしていた。
迎えた本番。まずは保険学。分からなかったがとりあえず最悪のパターン、単位『D』だけは逃れようと文字数を稼いだ。予想の単位は『B』だ。たぶん。
そして5限。R君(シャイニングブレイカー)に会った。レジュメが一枚ないという。
R君「ポイントだけ教えて。」
ヨネ「てか、コピーしていいよ。」
R君「マジで!?………やっぱいいや。」
なぜだ。

このテストは単純な穴埋め問題。2問ミスったが無事単位『A』が来そうだ。
テスト後、『出席者数と回収した問題用紙の枚数が違う』とのことで15分以上も拘束された。持久戦に備え、パソコンを開く僕。ネットが繋がっていなかったため、断念した。
結局、問題用紙の全てが集まる事はなかったという。試験官のカウントミスか、それとも次代へのテスト対策に貢献しようとしたエゴイストの愚策か。決して評価できるものではないが、もし仮にやるなら徹底して上手くやれ。僕は一刻も早く帰宅して寝たかった。
騒動のあと、僕は明日のテストに向け印刷を行い帰宅。食事後、睡眠を1時間程。就活メールを裁き、今からようやく勉強に入る事ができる。言うまでもなく大ピンチ。
ただ明日がテスト最終日。んでもって某新聞社の方が僕と会って下さると言う。忙しい中時間を割いてくれる社会人の方に感謝しながら、僕もそんな立派な人になりたいと思いながら、頂いた時間を無駄にしてなるものかと誓いながら、ひとまず勉強したいと思う。

忘れていた下準備
バレンタインの対策忘れていた米田です。もう手遅れです。
言うまでもなくチョコ嫌いの僕だが、2月14日、この日だけは別。去年、キャラをわきまえずサークルで、1月14日から行動を起こしたのが懐かしい。先輩、同期、そして特に後輩の女の子と必死ではなすようにしたり、テスト前でもアグレッシブに集会室や勉強会に赴いたり(2009年1月28日更新の日記参照)、いじられた際のリアクションを一際大きくしたり、金欠なのにバレンタイン企画に参加したり(2009年2月20日更新の日記参照)。Y君(省エネロッカー)たちからは「キャラにあっていない。」「ヨネがやるとなんかリアル。」「ひく。」と言われた事もあったが、その甲斐あって意外にも10個近くのバレンタインチョコをいただいた。もちろん、全て義理チョコだが、僕の中では全て本命チョコという事になっている。そして僕は、高校時代『2年1組の氷川きよし』と言われた程、昔から保護者の方々からの支持が厚かったから、やりようによってはそのラインからももっと稼げたはずだ。
昨年12月、ふと‘今年はT先輩(桜先輩)からもらえるかもしれない’と夢見たこともあったが、残念ながら気付けば1月27日。試験1ヵ月前から勉強を仕掛けないといい成績を取れないオレ、米田。今年は無理そうだ。ということで、そろそろ来年のバレンタインに向けて動き出そうと思う。

朝は7:00起き。『酢納豆』ブームが再来している(作り方については2009年4月10日更新の日記参照)。今朝も食べた。実にいい朝だった。
学校に着き、パソコンを借りる。テストへ。法学のテストは教科書に書き込んだものを機械的に書き写すだけだから問題なし。ようやく単位『A』が来そうな気がする。
グル学に行き、5限の持ち込み不可科目に向けて暗記を始める。勝負所だ。
『あの先生はうちらの学部にはD(=単位落ち)はつけない』
との噂もあったが、手は抜かない。昨日は怠けながらも4:00頃までノートを眺めたし、この日に向けてあらゆるネットワークを駆使して資料を集めた。論述に関して、
『5行書けば単位来るらしい』
という噂にも動じず、
「んなわけねーだろwww縦書きすっぞ!!」
で一蹴。今回のテストは全体的にモチベーションが上がらないが、それでも僕は常に左手に資料を持っていた。右手には、赤シート用の緑ペン。
ヨネ「H君(遅延ズグタン)、ペン取るのやめてwww」
H君「これ何色なの?」
ヨネ「どう考えてもキャップの色から緑って分かるよね。」
H君「へぇ、なんか黒っぽいな。」
ヨネ「うん。で、勉強していいかな。」
Aさん(虫ハンター)「ヨネ、服穴開いてる。」
ヨネ「え゛ぇぇ!?………ってこれポケットだから。うん。そういうの、やめて。で、勉強させて。で、H君ペン返して。」
H君「これ黒じゃないんだね。」
ヨネ「だからさっきから…」
Aさん「ヨネ鼻ついてる」
ヨネ「それ当たりま…」
Aさん「髪切ったね。」
Sさん(難あり)「ヨネ眼鏡してるね。」
H君「え、このペンさぁ。」
ヨネ「喋りすぎ喋りすぎwwwあーもう勉強やめた!www」
Aさん「やった。ヨネ単位落ちた。」
ヨネ「…怒るよ!」
口では勝てない事が分かった僕は最後の反撃策、『怒るよ!』を発動。
Aさん「Sさん、ヨネ怒るって。」
Sさん「ウケるねwww」
Aさん「ムービー撮る?www」
撮るな。照れる。

その後僕は、せめて相手を動揺させようと
「あーこれなんとか単位大ジョブそうだな…」
とつぶやいて見たが、
「ここの範囲は完璧。」
「そこが出るとは限らないじゃん。」
「いや、どんな問題が出ても『そんな事より』とかいってこっちの方向に持って来るから。」
「ダメじゃんwww」
と言った具合に封じ込まれ、逆転はならなかった。

5限のテストは、前期に山を張って見事大当たりした科目だった(2009年7月25日更新の日記参照)。今回も、当たる予感があった。『環境系の問題が出るのが濃厚』で、『もしかしたら投資系かも』みたいな事だったので、前者に全てを託し挑んだ。







2問構成で両方出た。

また一つ、『A』が逃げた。

帰りの電車。最近気に入っている曲がランダム再生で流れた。このiPod Shuffle、テスト初日に『タイタニック』が流れたりもしたが、なかなか空気が読めるヤツだ。
座れなかったため、僕は手すり付近で踊っていた。悔しかったら座らせろってことだ。周りの‘なんでこの人、踊ってんだろう’視線は気にしない。むしろ逆に聞きたい。





何でお前は踊ってないんだよ。

明日も2科目、明後日も2科目。テスト終わったら、一日だけ…踊りたいな(笑)




ダメか?

『A』を狙う男
久しぶりに本気でどうでもいい記事が昨夜、Yahoo!ニュースのトップに上がった。
『ビビアン・スー、ブログ始める』。
確かに彼女は、携帯で『びびあんすー』とうち変換すると『ビビアン・スー』と勝手になるだけの有名歌手ではあるが、政治だの国際だの押尾だので騒がしい昨今に堂々と名乗り出て来るとは、さすがの『タイミング』である。
というわけで米田です。
朝は7:30起き。今日は持ち込み不可のテストだが、数日前からちょこちょこレジュメを見始めてこれは面白いと思っていた。
『米田よ、大志を抱け』でお馴染みの僕は常に目標はデカくオールAを目指しているが、この科目は特にやってやろうと思っていた。テストは選択式のマークシート。にもかかわらず僕は前日からテスト対策資料を作成。ワードで5枚分。印刷し緑のラインを引いて赤シートで覚えた。

10:00から、某教育事業の説明会を楽しみ、11:00に終わり昼ごろ学校に着いた。お手製の対策ノートで時間を待ち、いよいよ13:00。テスト開始。



『A』は取れそうにない。
やはり、2週間前から勉強出来ないと僕は無理だ。キツかった。
テスト後、過去問をコピったり何なりして帰宅。睡眠時間が足りず、テスト時間に寝てしまったのは誤算である。明日こそは。
ってわけで明日は持ち込み不可1科目、持ち込み可1科目。乗り切ったる。

イカの異変
僕が自分のためにしか物事をしないのは何度も書いてきた。そんな僕だが、今回のテストはちょっと思うところがあって、人のために色々やろうと決めた。ノートをタダでコピらせたり、自分とは関係のない科目の情報や資料を無償で探したり。
『思うところ』というのは、『レンタルカーゴパンツ』でお馴染みの後輩U君の影響だった。カーゴパンツを貸してくれ、そのままくれた彼は、前期も後期も僕のテストを助けてくれている。しかもそれを幾人もの相手にしている。
「貸した過去問が返ってこない」
「てか自分のが集まらねぇ」
とは彼がよくいう言葉で、彼はそれぐらい自らを犠牲にし、周囲を助けている。
そんな彼を凄いと思いつつ、これまでの僕はあくまで自分の領域を崩さず、テストに挑んできた。だが今回は彼を見習い、たまには人のために何かしようと決めた。
テストを明日に控え、ひたすら家で暗記をしようと思っていた今日。R君(シャイニングブレイカー)に資料を渡すため別キャンパス(ダンスキャンパス)に赴いた。自分のためではなく、人のために。自分の利益を捨て、相手の幸せのために。








このブログを読んだ人が、僕を高く評価するのを心待ちにしている。

行きの電車は、機嫌のいい時は楽しみの一つである。家より大学より、そこで見掛ける『人種』は様々でまた膨大だ。誰かの身なりや行動を見ただけで‘え…’と引いてしまったら、それは自分の価値観がそれを許容できなかった反省にもなり、また幅を広げる機会にもなる。
目の前に座った人は20代女性。その装いが魅力的だった。とにかく、異彩を放っていた。『森にいそう』という表現が適切だが、もっと適切な表現が見つかったためここに記しておきたい。




『ライアーゲームに出たら強そうなタイプ』だった。

かくして学校に着いた僕は、メディアセンターでR君と会った。
R君「ヨネ、わざわざごめんね。」
ヨネ「いや、大丈夫だ。」
彼から謝られた事はない。R君、気にするな。パシられる、利用されるのは僕の存在意義だ。それに、これまで他にもっと謝って欲しい事があった(2008年11月12日更新の日記および2008年11月15日更新の日記参照)。
R君はコピーを開始。
R君「おっと。ホチキス外れちゃうところだった。」
ヨネ「いや、別に外してもいいよ。」
R君「ヨネどうした?wwwなんか妙にオレのテストに尽くしてくれるじゃん。」
ヨネ「今回のテストは、ちょっとね。それよりオレは、お前がオレに謝ったことが気掛かりだよ(笑)なんかあったの?」
R君「いや、テストがねぇ………ホントにヤバいんだよねwww」
ヨネ「www」

その時。
男「あ、R先輩!」
R君「おう!」
彼はブレイカーである。名前はまだ知らない。てか忘れた。
ブレイカー「H先生のゼミにはいろうと思うんですけどどうですか?」
R君「ヨネ、どうなの?」
R君はノンゼミ。ゼミのことなら僕の方が幾分詳しい。
僕はいくつかのゼミについて説明した。
ヨネ「ゼミによっていくつか傾向はあるけど、でも『何の研究をしているゼミにはいったから何とかの就職につながる』ってのはあんまりないと思うよ。むしろ、プレゼンとかグループワークとかっていう活動内容の方が就活にはいきてるかな。」
R君「だってよ。」
男「なるほど。」
R君「オレもさぁ、ノンゼミだから就活とか結構ヤバくて。塾講師やっててほんとよかったよ。話すのとか出来るからさ。やってなかったら知らない人と話すのとかキツかったと思うわ。」
男「なるほど。じゃあH先生のゼミに入るか、塾講師になります。」
ヨネ「R君すげぇwwwゼミ悩んだ末に塾講師にしかけてるwww」


15:30頃まで勉強し、地元に戻ってきた。そして散髪。店長のTさんが異動したからには、僕が求めるのはイカのみ。散髪開始。
ヨネ「店長仙台に行ったんですよね?」
イカ「いや、埼玉ですね。地元に戻ったらしくて。」
ヨネ「店長がいなくなるって珍しいですよね。」
イカ「い、いや………あの…全然その………前から戻るつもりで『やっと』みたいな感じだったらしいですよ。」
なんでイカ…こんな動揺してんのwww
イカ「全然問題ないです。」
え、潰れるのこの店!?www
ヨネ「今店長はどなたですか?」
イカ「僕は『嫌だ』って言ったので僕ではないです。で、スタッフの中で『やりたい』って言ったヤツがいて。僕の後輩なんですけどね。僕も『やりたいならやってみりゃいいじゃん。フォローするし』って感じで。だからそいつが今店長やってます。」
ヨネ「はぁ…。」
イカ…なぜ今日そんなにソワソワしているwww
イカ「やりたいってヤツがいるなら、止めるつもりはないんで。」
聞いてくれ。もし、もしあなたがその後輩に実力で負けていて、店長になれなかったのだとしても、僕はあなたへの指名をやめるつもりはないよ。僕はあなたを気に入っている。あなたの…







ニックネームをな。
言うまでもなく人間にもかかわらず『イカ』という軟体系なあだ名をつけられている点で、あなたは僕のブログの重要人物の仲間入りをした。我ながら、これまでに付けた100近くのニックネームで割りと一番面白いとも思っている。そして同時に、すまないとも思っている。
しかし、今日のイカはどうもおかしい。
ヨネ「就活しながらも、やっぱり私生活は普通の髪型で行きたいんで…その部分を〜〜〜みたいな感じに出来ますか。」
イカ「あぁーそれはちょっと僕は…。」
ヨネ「出来なければ別に。」
イカ「『やらない』ことにしてるんです。」
www
ヨネ「はぁ…。」
イカ「いや、やる人もいるんですよ。ただ僕は…それは僕の仕事ではない気がして。」
いや、あなたの仕事だろwww
ヨネ「そうですか。」
もちろん、人を攻める事は好まないオレ、米田。
イカ「何か僕は…もっと上の事ができると思うんですよね。」
???
ヨネ「なるほど。」
イカ「だからまた他のスタイリストがそろっている時に言っていただければ。」
ヨネ「はい。」
喉まで来たトドメの一言『店長は出来るんですか?』はやめておいた。
結構イカは気まずそうにしていたが、ここで散髪終了。近くの図書館に向かった。
自習スペースの一角に座ったのは16:45。右隣り、前、右斜め前の人が、驚いたようにこちらを見て、時計を見る。なんだよ?悪いのかよ?オレが16:45に図書館の自習スペースにピットインしたらよwww
2分後。









館内に流れる『蛍の光』。どうやら、17:00閉館らしい。恥ずかし。
恥はこれまでの人生で死ぬ程かいてきた。今更こんなのは屁でもない。だが僕はここから………猛勉強を開始した。大和魂だ。10分後、続々と帰り始める周囲につられ、僕も退陣。帰宅した。
家に帰って夕飯を食べ、30分仮眠を取ったり風呂に入ったり。ちょっとのんびりしすぎた。今から超勉強する。明日は会社説明会のあと持ち込み不可のテスト。頑張ります。

九死に一生in風呂場
今日、風呂で死にかけた米田です。詳細は後ほど。

昼頃に起きたオレ、米田。某メーカーのESを書いた。昨日の某広告会社と比べ、枚数は少なめ。企画書みたいのを一枚の紙に書くらしく、書式の指定はない。Oゼミのレポートで使ったのを参考にし、納得のいくものを作る事ができた。即本書き。あとは結果が伴うのを祈るだけだ。
散髪に行こうと思っていた。予約を入れる。
店員「お電話ありがとうございます。美容院〇〇です。」
ヨネ「あ、美容院〇〇ですか?」
店員「はい、美容院〇〇です。」
この無駄な1ターンはいつも通りこなさせていただく。
ヨネ「予約をお願いしたいのですが。」
店員「担当者のご希望はございますか?」
『髪型はお客様と店員のコラボレーションです。決まった店員をご指名いただく事で、よりよい髪型を実現します』がモットーのこの店。だから現に僕も、この店では『Tさん』という男の店長とご存じ『イカ』のどちらかに絞っている。
ヨネ「Tさんはいますか?」
12月に切ってもらった時、彼は就活にもダンスにもいけそうな髪型にしてくれていた。
店員「申し訳ございません。Tさんは………」
どうした?




店員「仙台店の方に移動しました行きました。」
えぇーー!!『コラボ』はぁぁ!?

ヨネ「じゃあ…『イカ』さん(言うまでもなく仮名。)はいらっしゃいますか?」
店員「すみません、今日は予約いっぱいでして。」
ヨネ「じゃあ他の人で今日空いてたら誰でもいいです。」
自棄になっているオレ、米田。
店員「申し訳ありません。今日は予約がいっぱいです。」
早く言えwww

ESを完成させてコピーを終え、テスト勉強をして風呂へ。ここで、死にかけるわけだ。
突然だが、皆さんは日頃何を思って生きているだろうか。僕は、『明日の自分が今日の自分を超えている事』を望み、願い、それに向かって努力する事を当たり前だと思っている。知性、運動神経、友人関係、所持金…山あり谷ありの人生だが、毎日少しでも進歩があるなら、それって本当に素晴らしいことだと思う。
もう一つお聞きしたい。皆さんは幼い頃、風呂の湯船で何をしただろうか。僕はいつも、潜っていた。そしてひたすら息を止めていた。

二つの問いの答えから、新たな答えは簡単に導き出せるはずだ。僕が今やるべきことは、『昔の自分より長時間潜ること』だ。
持久走が得意だったのは専ら体力と意地と魂で走っていたからだったから、肺活量の証明にはならないが、中学生の時点で僕は、60秒もの間水の中で文字通り息を潜めていられた。
‘息継ぎなしで25メートル泳げるかもしれない’
とは何度も思ったものだが、あいにく僕は25メートルを32秒かけて泳ぐぐらいの泳ぎ下手なためそれはならなかった。さらに余談だが僕は昔、普通に泳いでいたのに、溺れていると勘違いされて先生にレスキューされた過去がある。
そんなわけで、今の僕のミッションは60秒以上の潜水。この記録、超えるしかない。このゲームには、必勝法がある。それは………





水に入る前に思いきり息を吸うことだ。

深呼吸からいよいよ潜水。最初の10秒はまさに楽勝。永遠に水の中にいられそうな気すらした。20秒、30秒…頭の中で数えついになんとか、60秒を超えた。僕はある異変に気付いていた。僕はいつの間にか………





目を閉じていた。

だんだんと遠ざかる意識。ただ、こんなこと、またしばらくはしなくなる。ここで大記録を作っておくしかない。
死にかけた。本気で本気になって、打ち立てた記録は90秒。自分ギネスの達成だ。80秒あたりでなんか変な川が見えたがとにかく、僕は過去の自分に勝った。今はそれが、ひたすら嬉しい。

さて、テスト勉強をしなくてはいけない。大ピンチだ。パソコンを修理に出す前、僕は真っ暗な画面を凝視し続け90分。一つの仕事を自力でやり遂げた。しかし今…もう一つ生じたもっともっと大きなWEBの仕事の全てを、もう一人のWEB係であるMさん(WEBの出来るWEB係)に任せてしまっている。かたじけない。

今、不安なことがもう一つある。上手くいったらすごく自分的にかっこいい展開にいくが、上手くいかなかったらメチャメチャかっこ悪い、そんなこと。もう終わったことだし今更どうしようもないけど、解決したら書きます。
しゃ!明日も頑張るぞい。頑張って明日は…今日より長いブログを書こう。

3つの『はるま』(1月23日の日記)
1月30日かなんかに放映される映画『ゴールデンスランバー』が見たい米田です。その日は、会社説明会です。

火曜のテストまでの3連休の初日。今日は某広告会社のESを買いて散髪に行き、テスト勉強をする予定だった。
昼近くに起きた僕は、食事をしつつESの構想を練り始めた。アイディア力、クリエイティブな思考に自信はないが、考えまくっているのは好きだ。時にすべての動きを止めながら、時に就活のためにネットサーフィンをしながらアイディアが降って来るのを待っていた。降って来たのは14:00頃。僕はESの下書きをし、休憩時間に踊り、また書き始めた。この辺りから確実に、今日のメニュー『散髪』は諦め始めた。

昼頃から出かけていた父が帰って来た。「トランプが欲しい」と最近ひたすら駄々をこねている父。今年の誕生日プレゼントはこれで決まりと考えていたが、さすがにそろそろ本気で欲しいらしい。母が新しいトランプを買って来た。「一弘の好きなタイミングで渡してあげて」とのことだ。食事前に渡した。

見ていればそれなりに時間を忘れるが、別にどうしても見たい訳でもない『程よい面白さ』でお馴染みのドラマ『ブラッディマンディ』を見た。相変わらずヒヤヒヤするキャストたちの演技に真髄を見た。『ハッカー』役の三浦春馬君が合間に入ったカメラのCMのエンドーサに起用されていた。萎えた。
食事の時、父は「お相撲が見たい」という。ハードディスクに録画した相撲。いつもなら僕は譲らないが、『ブラッディマンディ』を前にした時僕は
「いいよ」。
兄は
「うわぁ、『ブラッディマンディ』では三浦『はるま』君で、相撲では『はるまさん(日馬富士)』かぁ。あ、今日そういえば『春巻』だぁ。『はるま』ばっかりだなぁ。」
と言っていた。そうか。



ESを書き終えた時には日をまたいでいた。21年の人生でより磨きがかかった自らの美的センスのなさに感慨深くなりつつ、一つが完成して充実もしていた。
これから軽くテスト勉強をしようと思う。その前に…軽く…仮眠を取ろうかな…寝ようかな。

面白いヤツ、いた
強さを求めて三千里。米田です。

今日のテストは2科目。しかも持ち込み不可の完全暗記制。画面が真っ暗になったパソコンで死ぬ気でWEB係の仕事をこなしたオレ、米田。その後は本当にガッツリ勉強した。5:00に一段落した時にはさっぱりとグッタリしていた。

記憶の定着に睡眠時間を使うのは有効だ。9:30に起きた僕は軽く昨晩の復習をし、パソコンを宅配便に預け出発。学校に着いたのは11:30頃かと思う。M君(若武者)に会い、声を掛けた。素通りされそうになったが捕まえた。ちょうどM先輩(鬼ロッカー)と勉強する話になっていた。サークルEで勉強会だ。

もちろんM君もM先輩も、テストに関しては大ピンチだった。限られた時間、小さな教室にポツリと3人自習中。無意識だろうか。たまにM先輩やM君が『トゥエル』をやったり『ノック』をやったりしたあたりに、妙な仲間意識を感じた。
いよいよ移動。
M先輩「あ、そういやさ。今うちの水道詰まって使えないったいね。」
ヨネ「マジっすか!」
M君「なんか水道の詰まりを溶かす、ブロックみたいの使えばいいんじゃないですか?」
M先輩「なんかあれ使ったら余計詰まったwww」
ヨネ「www」
M先輩「で、とりあえず大家に言ったら『熱湯ぶっかけてみて。』って言われてさ。」
M君「熱湯www」
M先輩「なんかそれで直ることがあるらしいよ。」
ヨネ「それでどうしたんですか?」
M先輩「かけたよ。」
ヨネ「どうなりました?」
M先輩「タップタプになった。」
ヨネ「www」
M先輩「だから今、台所使えないから作ったカレー食えないんよ。イカ入れたのに。」
M君「え、イカ?」
M先輩「そう、シーフードカレーにしようと思って。テスト期間中なのにオレこの間イカ切ってたからね。」
ヨネ「www」

その後受けたテスト。4限の企業金融は単位Bを取得。5限の企業論はまさかのCあるいはDだろう。
今回、テスト勉強時間の圧倒的な少なさで苦しんでいる。厳しい闘いだ。1、2年で取らなかった色の成績表になるのはまず間違いなさそうだ。しかし、だからこそ見えて来たものがある。それは、過去問やノート、テスト対策資料の重要さであり、大ピンチでテストを迎える人の視点だ。
というわけで、周囲の『ヤバい組』のテスト直前のピンチの声が、何度も僕を笑わせたのでご紹介します。

A「オレ全然できない自信がある。」
B「マジで?勉強した?」
A「してない。てか資料がなかった。」
B「お前、まさか自分の知識だけで挑む気?www」
A「うん。気の聞いた小ネタとかを最後にチョロッと書けば『C』来るんじゃないかなと思ってる。」
B「小ネタを?いや無駄だろwwwしかも記述するところなくね?マークシートだし。」
A「マジか。」

そして彼らはテスト後…。
B「できた?」
A「全く。」
B「まぁ2択だからそれなりにできたっしょ。」
A「いや、逆に空欄にした。」
B「それは確かに『逆』だなwww」
A「意表つこうと思った。」
B「マークシートは機械処理だけどなwww」
A「もうテスト後、旅行とかじゃないわ。」
B「wwwあ、でもこの問題はできたでしょ。」
A「読んでない。」
B「マジかよ。これやらないって相当ゆとり(教育)だぞwww」

一方その時米田は、ちょいちょいヤバかったにもかかわらず『出来ましたオーラ』を出す事に従事していた。

次のテストは火曜日。それまでは休みだ。テスト勉強をしよう。就活としてESを書こう。神に感謝しよう。

テスト必勝法
運気が下降しているうんちな男、米田です。細かい事も大きな事も、都合の悪い事は気にせずいきましょう。どうしても辛ければ、闘えばいい。
学校に行った。テスト初日だ。会計史も、O先生のミクロも昨日くっそ勉強した。2週間〜1ヶ月テスト勉強したい僕としては、今回の勉強量は本当に少ないが、もちろんそれは忙しかったからで、他の事に手いっぱいだっただけで、サボっていたわけではないから仕方がない。ひとまず頑張って1/21を迎えた事に食いはない。

気合いを入れて電車を降りた。学校まで歩く。楽しみ半分。不安半分。そんな僕の気持ちをそっとなだめてくれるのは、イヤホンから流れるiPod Shuffleの曲。





『タイタニック』。
沈むのか…オレは。

会計史もミクロも全力で挑んだ。結果はきっといくらかついてくる。「絶対ダメだ」というのはブログ的につまらないから敢えてこう吐く。





満点だ

オープンゼミでやらかし、ディベートで負け、DVDのリモコンを鍋に落とし、パソコンが壊れた僕。ちなみにパソコンの方はリアルに再び修理に出す。
そんな僕が家に帰ると久し振りの朗報が。DVDのリモコンが今日配達されるという。ようやくハードディスクに埋没したままになっているドラマ『ライアーゲーム』の最終回が見られる。嘘をつき、必勝法を駆使しながらゲームを勝ち進んでいくこの番組。自分を少しでも立派に見せようと話術を駆使しながら面接をこなす就活や、一見理解しているかのように答案を完成させるテスト………今やっている事もどこかそれに共通している。
ライアーゲームの最終回は、期待したほど面白くなかった。ただ確実に、最後に流れた曲はダンスにいつか使いたいと思った。
明日もテスト。持ち込み不可が二つ。これからガッツリやる。『ライアーゲーム』繋がりで、おこがましいがここで、単位を確実に取る『必勝法』をお伝えしたいと思う。それは…。



①毎回授業は最前列ど真ん中で出席。
②授業後は積極的に質問にいく。
③ノートは自分でしっかりとる。もちろん先生の口頭説明も。
④テスト前は1か月前から計画的に勉強。
⑤過去問は最低5年分収集。
⑥ラスト1週間はノートを音読。
⑦友人とノートを照らし合わせ抜けているところを補う。
⑧進研ゼミで復習。

これさえやれば、単位はオレのものだ。
………頑張ります。

勉強、するぜ
朝は7:00起き。一限に出席し、二限、三限と必死にノートやらレジュメやらを集めた。今日は昼から、別キャンパスにある隠れ家にてクラスメートのT君、TS君とガチ勉強会をする。必死だった。
そんな時受け取ったのはT君の『熱だから行けなくなった』メールだった。TS君と二人で勉強する事になったが、待ち合わせ時刻に電話してもTS君が出ない。3年間の友情が終わりを告げそうになったタイミングでTS君が登場。よかった。
TS君「T君、大丈夫かな?」
ヨネ「熱だってね。」
TS君「『大丈夫か?』メールでも打ってやるか。」
ヨネ「あ、そうだね(笑)オレアイツからのメール見た瞬間、‘今日勉強会中止かな’としか思わなかったwww」
TS君「自分の事しか考えてないwww」

隠れ家についた僕は、TS君と資料をコピーしあい勉強開始。15:30から17:00まで。15分休んでそのまま20:00まで。楽しかった。
食事に向かいそのまま解散。3年になって僕のガチ勉強に付き合ってくれる彼には感謝しようにもしきれない。感謝しようと思う。
明日はいよいよテスト開幕。これからまだまだやりまっせ。

負け犬たちの焼き肉
『こども店長』が段々憎たらしくなってきました。どうも、ダークサイド米田です。

何もかもがうまくいかないのはテスト前だからか。今の救いは『ライアーゲーム』最終回のみ。負けねぇ。
行きの電車でNさん(作り天然人工おばあちゃん)に会った。
「Nさん、今の発言10秒以内に謝んないと怒るよ」
というと、9秒半ぐらいで謝ってくれた。今年も仲良くやれそうだ。
パソコンが壊れたため学校で借りた。パソコンの貸しだしサービスは2/3で休止するらしい。死。
授業に出たり、レジュメを集めたりして15:30。せわしく学校を去る。某テレビ局の説明会にいき、その後オープンゼミのディベートのチームで焼肉をした。一週間組んだだけなのに、そして負けたのに、これだけ仲良くなれたのは凄く嬉しい。行き先は、K先輩(真夜中のマイミク申請)がバイトしている『牛角』。『安安』慣れしている僕は少々緊張。
副リーダー的立ち位置に上り詰めているらしいK先輩は、どの店員からも慕われ、頼られている様子だった。僕らは座席の足下の床が臭いという危機的状況にも屈する事なくオーダーをした。食べ放題コース。
「ご飯おかわりまだ来んの?Sさん(難あり)、ご飯分けてーや。」
「嫌だ!頼めばいいじゃん!」
「頼んだのに来んの。だから分けて。」
「嫌だよ!」
と食べ放題コースなのにご飯を分けるか分けないかで口論を始めるU君(庶民派ゼミ長)とSさん。
「ニワトリのトサカを切るとそのニワトリ死ぬって知ってた?………まぁ嘘だけどね(笑)いや、嘘つこうかと思ったけど、誰かが信じてまたこういう席で他の人にそれをいって嘘つき呼ばわりされたら申し訳ないなと思ったから嘘つくのやめた。」
と正義か悪かよく分からないN先輩(トイレで変身する男)。
過去に食べた下手物料理の話から見事に下ネタに繋げたり、かと思うと絶妙なタイミングで火力を調整したりと店員としての片鱗を見せつけたりと、全体的にパーフェクトな仕上がりを見せたK先輩。
終盤は、『人魚の胸についている貝はビキニかブラか』『風呂で何をして遊んだか』『掃除機の遊び方』など、熱い議論が繰り広げられた。あの熱さが、FDで出ればよかったのにと思った。

毎日を『最悪』『辛い』という人間がいる。ただそれは、もったいない。今の僕だって実は目の前に混沌とした問題がある中、パソコンは壊れるし就活はキツいしテストわけわかんないし頑張りまくったオープンゼミは個人的に大失敗するしでクッソキツい。ただその時こそ、小さな喜びを全力で享受すべきだ。
帰宅後、録画した『ライアーゲーム』を見ようとした。







また、リモコンが故障していた。


今日も最悪な日だった。

オープンゼミの落とし穴(1月18日の日記)
オープンゼミでディベートをする1/18。僕は真剣に悩んでいた。それは、このディベートで何を目指せばいいのかということだった。
もし、『勝ち』にこだわるのなら、担当する立論の箇所を読みまくり、プレゼンの練習をしまくればいい。しかし、入ゼミの活動という事で『魅せる』事を意識するのならば話は変わって来る。相手と打ち合わせをしてどういう話し合いにしたいかを練り、『成功』させればいい。勝ちか、入ゼミか、悩みに悩んだ前日。僕が選んだのは………。

朝は10:00起き。朝食を食べ学校に着いた。ディベートのチーム全員が集まったところで、僕らが向かったのはグル学ならぬトンカツ屋T。
何の話だったからか、散髪の話になった。
Sさん(難あり)「美容院ってなんか火曜休み多くありません?笑」
K先輩(真夜中のマイミク申請)「多い多いwww」
Sさん「今日行きたいなってなった時、『あー今日火曜か』ってなるのが凄い多いんですけど(笑)」
ヨネ「www」
ちなみに僕の行っているところはシフト制の休みなしだが、確かにお気に入りの店員・イカも火曜は定休日だ。
N先輩(トイレで変身する男)「僕絶対女の人に切って欲しくないんだけど(笑)」
U君(庶民派ゼミ長)「そうですか?」
Sさん「私、男の人に切って欲しくない。」
K先輩(真夜中のマイミク申請)「なんで?」
U君「あー『男に私の髪を触って欲しくない』みたいな?www」
N先輩「『シャンプーする時何されるか分かんない…』とか?」
K先輩「どんだけ自意識過剰だよwww」
断っておこう。彼女は何も言っていない。
ヨネ「僕、女性だと話題が合わなくて困るんですけど。」
U君「あーそれ分かるかもな。」
ヨネ「てかあんまり話しかけないで欲しいよね。寝させて欲しい。で、起きたら髪が出来ててわーびっくり、みたいなさ。」
K先輩「(笑)でもなんか確かに、店員との間が出来た時凄い嫌だよね。」
U君「それ分かりますwww」
N先輩「なんか急に黙る時ない?」
K先輩「あーあるある!‘きっとここ集中して切るところなんだな’とかって思うよねwww」
N先輩「そうwwwなんか女の人で『うんわかるぅ!』とか盛り上がってて次の瞬間超集中して切り始める時とかさ(笑)‘なんかオレ悪い事言ったかな’みたいなwww」
ヨネ「www」
N先輩「‘あーここ切るの大事なんだな’って思うよね。」
ヨネ「僕、男に切ってもらうんですけど、その人の話もまたのれないんですよね。前、バイトかなんかの話から、レジの話になった事あって。『最近袋に自分で詰めるところ多いですよね?』って言われて『そうですねぇ』とかっていって。で、『最近だと自分でバーコード打って会計もするところがあるらしいですよ』とかって言われて『あ、そうなんですか!?』とか言って。そしたら店員が最後にボソッと、『あれで会計ごまかされたらどうすんだろ…』とかってつぶやいて終わったんすよwww」
K先輩「あーいれてもらえなかったんだwww」
ヨネ「はい、相手の話に入れてもらえなかったんですwww」
N先輩「僕の担当の人、毎回なんか『ハゲの話』してくるんだけど。」
ヨネ「www」
N先輩「なんか行く度行く度『うちはお父さんがハゲててね…』とかってwww」
ヨネ「その話題は理髪店としてどうなんですかねwww」
N先輩「たぶん持ちネタなんだろうね。」
K先輩「www」
U君「僕、遺伝ではハゲるんですけど父親がそれ止めたんですよ。」
ヨネ「それwww」
そう、夏合宿で火を吹いた神話だ。
U君「遺伝的にハゲるってことでピンチに思った父親は、小5ぐらいから育毛剤使い始めて今、ハゲてないんです。」
K先輩「それヤバイwww」
ヨネ「コイツの父親は育毛剤で遺伝に勝ったんですwww」
U君「だから僕も父に言われて、小4から育毛剤つかわされているんです。」
N先輩「凄いな、小4からってwww」
ヨネ「え、待って。父親は小5からでしょ?」
K先輩「ちょっと早めから使ってるwww」
ヨネ「さらに成功率を改良しようとしてるwww」
N先輩「てかさ、『サクセス』っていうヤツあるじゃん?あのネーミング嫌だよね。なんか『使ってる今は失敗中』みたいなさwww」
Sさん「www」
時間的都合もあって、あまりこのチームの会話をお届けする事は出来なかったが、K先輩、N先輩の話は本当に面白く、誰も傷つけない、
感じのいい笑いだった。このチーム、大好きだ。
団結し、ディベートに備える。多次元論文チームのプレゼンの練習をしつつ、傍らでK君(目撃者)と『ルールがよく分からない』という
理由ですっかり流行が去った『ズグタンズンブングンゲーム』で真剣勝負した。
そして迎えた5、6限。いよいよオープンゼミが始まった。まずはこちらチームの立論。『勝ち』か『入ゼミ』か。僕が選んだ選択は…。

ヨネ「はい、続きまして論証に参ります。まずは立論1。こちらの戦略は、メーカー全体の売り上げを増加させる事を主張します。論証1。そもそもこちらの戦略は、正規店との共存が可能なわけです。まずここで考えていただきたいのは、『販売チャネル』ということです。言うまでもなく、メーカーが、『どこで売るか』を表すものですね。………」
完全に『勝ち』を選んだオレ、米田。実は昨夜、深夜3時から2時間練習をしていた。僕の今年の目標は『実』、つまり結果だし、先輩た
ちは今日が最後のゼミ活動。同じチームのK先輩とN先輩には有終の美を飾ってもらう。なんとしてでも勝つと決めていた。
練習では3分かかっていた立論も、まくし立てるように言葉を連ねた事で2分半程で終了。計7分の立論は無事、枠に収まった。
質疑応答や反駁、FD(フリーディスカッション)もガチで勝ちにいった僕。言葉をぶつけるのは得意ではないが今日は勝たせていただく。FDで僕は言った。
「700円と7000円のGパンがあったら普通に考えて700円の方を買いますよね?でも7000円のがもしLevi'sだったら分からないんじゃないですか?僕だったらLevi'sを選びます。ブランドってそれだけ大事なものなんですよ。だからブランドイメージを傷つけるそちらの戦略は甘いと思います。」
一言、訂正させていただきたい。




僕だったら、700円のを選ぶ。むしろ、買わない。

ディベートの結果だが。FDで、相手チームのS先輩(晴れ時々豪雨)とK先輩(ドラクエクエスチョン)の巧さにやられ、結局これが響き負けてしまった。ウンコが出そうなくらい悔しかったリハーサルでの敗北に続き、今回の本番。ウンコとゲロが出そうなくらい悔しかった。K先輩とN先輩には、本当に申し訳ない事をした。ちなみに、ベストディベーターはS先輩だった。
ディベート後。僕はK先輩(ダブルパソコン)とK先輩(ドラクエクエスチョン)とすれ違う。
ダブル「ヨネお疲れ。」
ヨネ「お疲れ様です。おかしいぁ、ベストディベーター僕じゃないんですか?」
ドラクエ「いてっ。あまりの衝撃的な一言にイスに足ぶつけたよ(笑)」
ヨネ「いや、僕がベストディベーターじゃないとは、ミスジャッジですね。」
ダブル「そうだなwww」
ちなみに、僕が獲得したベストディベーター票は0票だった。

次が今日の最後の仕事。寝言でも言えるぐらい練習しまくった多次元論文のプレゼンをすればいい。不安の『不』の字もないぐらい練習したので問題ない。僕はなんの気持ちもなく、前に着いた。
予想外の事態が起きた。オープンゼミを受けている2年生が、僕が思っていたより楽しそうでなかったのである。そしてもっともショックだったのが、僕自身がこの時そのことに対して『萎え』てしまったことである。
いつもなら、『オレが楽しんで巻き込んでやるwww』となるところだが、今日の僕にはその気持ちがなかったのだ。詳しくは書きたくないが、今、事情あって毎日イライラしている。そして今日、別件ですんげー許せないことがあった。そのこともあり、僕は振り絞れなかった。
やる気だけの男がやる気を失い、さらにプレゼン時にハプニングもあり、それにイラッとした自分にさらに萎え、萎えた自分にさらに萎えたプレゼンは、これまでのどの練習にも及ばない、最低の出来となった。入ゼミ云々以前に今回のこのプレゼンは、多次元論文の本当の締めのプレゼンだった。僕はその大切な機会を、自ら投げてしまった。
最悪な結末に僕は久しぶりに本気で落ち込んだ。落ち込んだ時の僕の質の悪さはブログ上でも過去に書いた(2009年8月5日更新の日記参照) 。

僕は静かに教室の後ろで落ち込んでいた。そこにやってきたのは…K先輩(ダブるパソコン)。
ダブル「ヨネ、何マジで落ち込んでんだよwww」
ヨネ「オレわかるんです。これ、絶対『家に帰ったら泣きそうになる』パターンです…。」
ダブル「じゃあそんな米田君を写真に収めておこうかな。」
なぜだ。
その後K先輩は高性能カメラを用いて僕を激写。もちろん顔は作らせていただく。
ダブル「お~米田をとるとカメラが自動的にその写真を削除するwww」
ヨネ「そんな機能あるわけないですよね?www」
ダブル「顔の認証もしないwww」
ヨネ「それはマジでショックですwwwてか、なんか落ち込みすぎて体調悪くなってきたんですけどwww」

ディベートでは先輩に勝ちを送れなかったし、多次元論文は最悪な結末となった今日。でも、『最悪の日』というにはいい日すぎた。先輩と組ませてもらえたし、オープンゼミの後はいつも『撮る側』のWEB係の4人で集まり、一枚の写真に初めておさまれたし、解放され今日からテスト勉強もできる。帰りの電車では220センチぐらいの超大男に出会うことができた。踏みつぶされるかと思った。だから、最悪な日ではなかった。
今日悪いことが起きた分、神様は明日はきっといい日にしてくれる。僕は前向きにとらえたい。テスト前はいつもペースが狂うが、きっとうまくいくように工夫できる。あまり貢献できなかったし、結果も残らなかったけど、今日のために全力を尽くした僕の行いは間違ってはいない。明日、なにかいい結果を生めばいい。
僕は明日の予定の一つである、会社説明会の時間を確認するためにパソコンを開いた。







また、パソコンが真っ暗になった。







今日は最悪な日だった。

暗黒色の週間へ
ちょっとテンション高い米田です。

昨晩は2時間、家で一人プレゼンの練習をしていた。納得のいく形が見つからないのはもどかしいが、『本気になってる感』が味わえるのは好きだ。
本気の1月17日。3時間睡眠で学校へ。10:00からグループワークをやり、13:00に学校を去った。某テレビ局の説明会にいった。
金曜日に僕が開いた懇親会にきてくれた人事の方の会社である。説明を受け、質疑応答ブースにも行き、無駄なく退陣。17:00頃、学校に戻った。明日のオープンゼミでやるディベートに備えた、グループワークの再開だ。
全力で頑張ったが特に機能する事なく終わったオレ、米田。21:30、学校を去った。
今日は実は色々楽しかった。ただ残念ながら今の僕には一つ人丁寧に書いている時間がない。グループワークで仕事を出来なかった分せめて本番には全力で挑みたいし、妥協はしたくない。
あと一日頑張れば、暗黒色のテスト勉強の日々が始まり、2月になれば就活が出来る。トコトンやるために、今日もトコトンやる。

『落とす』面接への挑戦
初夢をまだ見ていない事に昨晩気付いた米田です。小5の時、23:00まで寝られない生活が2週間続いただけで即『不眠症』と自己断定した過去を持つオレ、米田。現在ミスターノンレム睡眠中。

そんな事を思っていたら、待望の初夢を見て飛び起きた。初夢は『ブラマヨの小杉君じゃない方が実はゲイで、そいつに会った夢』だった。
特別、得たものはなかった。

今日は大事な面接の日。しかし、その前に昼から入ゼミ説明会に参加しなくてはいけない。時間通りにいったが会場は準備中なのかまだ開いておらず。待たされているこちらはひとまず人込みと騒音の中もがき苦しむ展開。
僕は外で中に聞こえない程度の声で、
「入ゼミ委員は今日ぐらいしか表立った仕事ねぇだろ!?しっかりやれよ!!」
と弱気に強気な姿勢を貫いていた。
14:00から説明会開始。僕もある一人の2年生の相手をした。ゼミの勧誘をしている時、思わず熱くなり熱弁。Aさん(虫ハンター)の
「ヨネ、14:30だよ?面接行くんでしょ?」
の声がなかったら僕は彼に説明会終了時刻の17:00までずっと語り尽くしていただろう。
面接は15:30から。どうやら今回の面接が勝負らしい。ガンガン落とされるそうだ。ただ、僕は今回も特別面接に向け言葉を考えたりはしなかった。志望会社でやりたい理由を嘘をつかずに言えばいい。自分が誇れる出来事をそのまま伝えればいい。僕が「ここなら働ける!」「ここで働きたい!」となった会社でそれをやり、向こうが「こいつを使いたい」となったらそれが答えなのだ。だから、自然体でいった。
面接は、また緊張しなかった。本当の事しかいっていない。ただ、やはり邪念というか、プレッシャーがあったのかもしれない。『ガンガン落とされる』といわれる今回の面接で僕は・・・受かりにいった。
言った事は本当だが、気持ちを熱く伝えすぎた。『受かるため』に話すのではなく、まずはコミュニケーションだということがいま一つ意識出来なかった。これは、大きな反省点だ。
学校に戻り、説明会のあと多次元論文のプレゼンの練習。オープンゼミで、発表するのだ。多次元論文の発表の時と同様に出来るかは、昨夜1時間練習して挑んだため問題なかったが、少し改良した方がいいとの事。………そうきたか。

思う存分就活したい。テスト勉強したい。ただ、最近の僕は色々忙しくディベートのグループワークに十分な参加が出来ていない。そしてそれは、これまた説明会がある明日もだ。
1年前の入ゼミの面接。あの時も僕は嘘は言わなかった。そして、『ゼミに貢献する』と言った。ただ今、出来ていない。月曜はディベートもプレゼンもある。ここで頑張りたい。

今日はこれからテスト勉強。O先生の授業のノートを見まくる。んで、就活もする。そしてこのタイミングでWEBの仕事が降り懸かったためそれもやる。タスクという魔物にモテモテな僕。寝るのは…また5時かな(笑)

重責の終わりからの大ピンチ
青→黄→赤となるのは信号。では、黒→茶→金→黒→白となるのはなんでしょう?





答え。『日本人不良少年の一生涯の髪の色の変遷』。
どうも。昔遠足のバスの中で、『目が五つ入っているご飯ってなぁんだ?』に『五目ご飯』と正答し、周囲から数秒崇められた経験がある米田です。

朝起きていきなりカメの水換えをし、14:00からの説明会に参加し、15:00終了。即学校に戻ったオレ、米田。グループワークである。
僕以外のメンバー4人はずっと調べ事をしたり話し合ったりしてくれたらしい。グループには先輩もいるというのに、能力的な問題だけでなく時間的にも最も貢献していないのが僕だ。1時間でまた抜けなくてはいけない。
17:00までの予定を17:55に延長し抜けた僕。今日は某テレビ局の人事の方を招き、学校で懇親会的な事をやる。11名をかき集め、人事の方と連絡を取り、教室や飲み会のセッティングをするのは、就活やらゼミやらに追われ精神的に来ていた僕にとっては一刻も早く済ませたい事ではあった。今日がいよいよ当日である。
結論からいうと、会は大成功。人事の方は2時間の懇談会、2時間の食事会の間、本当に丁寧に僕たちの質問に答えてくれた。食事会は1時間延長して下さり、食事代は大半を御馳走してくれた。会が成功し、一つの任務が終わり本当によかった。
現場の社員の方が自分の話を生き生きと話しているのを見る度に憬れる毎日を送っている。偏見を持つ事なく就活を進めたい。あとそろそろ、ガチでテスト勉強を…。
さて、色々ヤバいぞ。テスト勉強、何もやっていない。来週、めでたく開幕する。1か月前から勉強するスタンスが基本の僕。後期は、地獄が待っている。

決意を決めた電車内(1月14日の日記)
精神的にこの2日間はしんどかった。
間違ってもかっこいい生き方はしていない僕は、せめて自分基準でかっこよくありたいと思っている。さらけだして誰にでも何でも言える人間は凄いと思うが、『どんな人にもこれだけは絶対に言えない』『これに関しては一人で闘う』と誓ったものがある人間の方が僕は憬れる。その過程として、弱音は吐かない、ビッグマウスな人間を好きになる。
この2日間、仕事がたまりすぎていた。就活、ディベート、集団社員訪問の統括幹事、テスト。一つ一つは楽でもこなしていれば必ず弊害がある訳で、またその間に人を介す以上、そこでもさらに予期せぬ事が起きる訳で。正直、何をやっても言われても、イライライライラしていた(とはいえあくまで『ネガティブブログ』は企画もの。)。

睡眠時間を削る生活はいつの間にか再開していた。そんな中、今日はディベートのプレ発表。本番はあくまで月曜のオープンゼミだが、ひとまず今日で一つ終わる。グループワークは10:00からだったが9:20に着き、朝は集団社員訪問の幹事として仕事を片付けた。グループワークは発表に向けて最終調整。オープンゼミはあくまで僕らの代が主導だからそうするべきではなかったかもしれないが、ディベートの『まとめ』をやるのは僕は駄々をこね、先輩に押しつけてしまった。もちろん、全体のためでもあるが、我ながらいっぱいいっぱいだったなと思った。

4限の本ゼミでディベートのプレ発表が行われた。どちらのチームがよく、悪かったわけでもなく、負けた。勝敗以前に、全く力にならなかった自分に悔しくてうんこ出そうだった。

今年度ラストの本ゼミが終わった。ディベートの打ち上げも兼ね、食事へ。10人ぐらいで焼肉をした。経済的事情により、今、終電を逃すと『プロミス』『アイフル』『アコム』が点滅する。駅までスパートをかけ命懸けで終電に間に合ったオレ、米田。しかし…
電車は遅延。どうやら勝負は乗換えのようだ。歩いて4分はかかる階段→改札→改札→階段コースを、1分でこなさなければいけないと気付いたのは、乗換え1つ前の駅だった。僕は電車内で靴を結び………眼鏡を外し………



屈伸。
さらに………



ももあげ。
コートのファスナーを開け、頬をはたいた。そして…
駅に着きドアが開くと同時に最高のスタートを切った。エスカレーターでは素になり人を押し退けた。悪いが、ほろ酔いでタクシーを拾おうとしている者たちに、『アイフル』へと誘(いざな)われるのはゴメンだ。マリカーの『トゲゾー甲羅』ばりに人を蹴散らし、乗換えに成功した。神様、オレはやったぜ。
明日はまた大変。ポジティブに考えよう。明日の夜には大変なことが一つ終わっている。やるしかない。
■READ MORE■

男と男の会話
昨日の夜、『小栗旬』と『水嶋ヒロ』という名前が思い出せず本気で焦った米田です。時代的に、彼らの名前はおさえておきたいです。
昨日、一つパソコンで作業をした。家のパソコンから学校のプリンターに印刷データを送信する設定だ。友人に参照サイトを教わった以降は、20分近く、一人で、誰にも聞かずに作業した。サイトの説明を見れば簡単な作業なわけだが、小心者のうえにパソコンが復活したばかりの僕は普通にド緊張。その末の作業完了。無事送信できるようになった。勢い余ってテスト用のレジュメをいくらか印刷。データの送信は全く問題なかった。明らかに印刷の紙や集約の仕方を間違えたが何しろ勢いが余っていたオレ、米田。その後もその印刷法のまま続行した。

さて今日。1限に出席した。パソコンで色々作業しつつ2限にも出席。前の席の男たちがテスト前恒例の会話をしていた。
男A「これ、過去問。あげるよ。」
男B「え、マジで!?え、ほんとに!?ありがとう。」
男Y「………。」
男A「いいっていいって。」
男B「マジでありがとう。なんかお礼するよ!」
男Y「………。」
男A「いや、大丈夫だよ。」
男B「いやいや。なんか欲しい過去問とかない?」
男Y「(男Bは感じいいなぁ…)」
男A「そういや〇〇先生のノートないわ。」
男B「オレ、あるよ!!!今日手に入る!あげるよ!」
男Y「(やっぱいいヤツだなぁ…)」
男A「マジかぁ。ありがとう。」
男B「いや、こっちこそほんとありがとう。」
男Y「(テスト前に焦って色々するのはダサいけど、やっぱいい感じだなぁ…)」
男A「じゃあ手に入ったらメールくれる?」
男B「うん。」
携帯を取り出す男B。次の瞬間彼が言ったのは………





男B「名前なんだっけ?笑」
男Y「………!!!」
男A「うん(笑)オレは〇〇って言うんだ。…………」

どうやら男Aと男Bは授業が昔一緒かなんかだっただけの遠い友達らしい。男Bの謙虚さは、一つの事に大きな感謝をする人間味からではなく、大した友人でもない知り合いから上手く過去問を得る下心からだったようだ。ちなみにお察しのとおり、ちょいちょい出て来た『男Y』は私『米田』である。

昼休みあたりから学校を発ち、某モバイル事業の説明会へ。新しい業界だったのに加え、たまたま座った席が最前列ど真ん中だったり、その場で30分でエントリーシートを書かされたりとこれまでとはまた違った刺激があった。ちなみにエントリーシート用の写真を持ってき忘れた僕は、駅前のスピード写真を利用した。ちなみにちなみに最前列ど真ん中だったのにウトウトした。ESはびっしり書いたが…キツいなこれは。いや、逆に受かる。

18:00頃から学校でグループワーク。メディアセンターが閉まる40分ぐらい前から壊れ始めた僕ら。N先輩(トイレで変身する男)のトーク技術に翻弄されたかと思えば、

「10m先にある家は誰の家?」
「ビルも山も道路もあるのに人がいない。これなぁに?」
「丸がつくと男になる女性って誰?」
「ひらくとさすものってなに?」
「『C』と『Y』から構成されるお菓子ってなに?」
などなど、なぞなぞを出し合って遊んだ。

「今日初めて、ディベートこのチームでよかったって思ったよ。」
N先輩が真面目なトーンでいった締めの一言は、後々物議を醸しそうだ。ディベートだけに。

なぞなぞの答えは…明日に回します(笑)考える時間が24時間もあるなぞなぞなんてなかなか洒落ている。
明日はディベートのプレ発表。楽しみたいな、楽しむぞい。

業界、新ネタ
米沢です。間違えました米田です。

朝は10:30起き。会社説明会に行った。メディアやベンチャーを中心に攻めていた僕だが、今日は食品メーカー。自分の関わったものが多くの人に届くという点では、メディアとも共通している。
会場へはあっさり着いた。2着だった。広い部屋の一番前の左端に1着の女の子がちょこんと座っていた。2着の僕はもちろんその隣りへ。基本的に説明会ではガンガン話し掛けるオレ、米田。しかし、タイミングを逃し話しかけられず。起死回生を狙うも右側に女の子が座りいよいよどっちと話していいかわからなくなった。
1時間の説明と、1時間の先輩社員への質問タイムをクリアした。学校へ。金曜には某テレビ局の人を学校に迎え話を聞く。今回僕はその会の執行を担当しており、今日、教室を取ろうとした。取れないらしい。
ディベートのグループワークに途中参加だ。会社の説明会は行った方がいいに決まっているので、もちろんサボっているわけではないし仕方がないことではあるが、僕らの代がガッツリ動かなくてはいけないオープンゼミのためのディベートの話し合いで、先輩たちに色々任せてしまっているのは我ながらかなり疑問を感じた。

グループワーク後も20:30頃まで作業をし学校を去る。最近寝るのがいつも深夜5時あたりなのが気になるが、今日はもうひとふんばり。やるど。


ネガティブブログ
米田です。突然ですが、今日変則ブログやります。題して、『ネガティブブログ』。あらゆる物事を全てネガティブに捉えて、陰鬱に綴ります。企画のきっかけは、朝鍋の中にDVDのリモコンを落とし、出発間際机の上のペンケースをひっくり返し‘今日は絶対厄日だ’と確信したため。神様が試練を与えてくださるなら、それを精一杯苦しまないと失礼だ。というわけでネガティブブログ、以下よりお楽しみください。


ネット上でしか存在しない米田です。まぁどうせ読んでくださる人なんて地球上に存在する60億人中たった30人前後なんでしょうが綴ります。
1月11日、ぞろ目の日。ぞろ目でも僕らにはなんの関係もないけど。天気は、僕らを元気にする晴れでも、田畑に力を与える雨でもないもっとも中途半端でどっちつかずでいい所が見当たらない曇り。今日は成人式らしい。言うまでもなく、21歳の僕にはなんの関係もない。そういえば去年の成人式、人生で初めて食事抜きで外出したな…(2009年1月19日更新の日記参照)。

朝、食事をしていた。野菜たっぷりの鍋から取り皿によそい、酸っぱい系の調味料で食す。ブルーレイだの3Dテレビだのと騒がれる世の中で、僕はDVDを見た。そう、僕は所詮DVD。
早送りしようと奥からリモコンを取る。一生治り得ないカサカサ肌のせいか、握り手が甘くリモコン落下。鍋に混入。今日の鍋の具はニンジン、大根、リモコン。

一通り拭いてはみたものの、リモコンは故障していた。これが治らないとDVDが見られない。もちろん僕のダンスもだ。全てをかけた2年の学園祭ダンス公演『米田祭』もだ。つまりそれは僕の存在価値を実質無にする出来事だった。

家を出る。今日はグループワークだ。まぁどうせ僕一人がいったところで、愛する人を守れるわけでも世に大切な事を残せるわけでもないけどひとまず行く。‘何か使う機会があるかも…。どうせないだろうけど’と思いながら、『コトラー』の分厚い本をカバンにしまう。こんな重い本を入れたら、カバンの生地、傷むだろうな。

パソコンのアダプタもカバンに入れようとした。コードの部分が机上にあったペンの入った缶に当たり散布した。まとまっていたものがふとしたことでバラバラになる。それは僕のこれまでの人間関係を表していた。そしてこれからも。

「今日これから何が起きるんだよ…。」
リモコン、ペンケースという2つの災難を経験し、今日の先行きを不安がったオレ、米田。
「気をつけてね(笑)」
母はそういって僕を見送った。気をつけても気をつけても、ダメな時はダメだけど行って来るよ。

自転車に跨がり、気分を変えようとiPod Shuffleを耳に装着する。流れてきたのは『摩訶不思議アドベンチャー』。思想のおかしい敵達を、金髪のムキムキ男たちが暴力で封じ込めるアニメ『ドラゴンボール』の主題歌だ。

祝日という事で駐輪場のおじさんたちはいなかった。せっかく定期を買ったのに、1日分無駄になった。
自転車を停めて、駅まで歩く。わずかな時間も無駄にしてはならない。使い始めて2年半が経過し、すっかり手に馴染んだ携帯を取り出す。まぁ、『手に馴染んだ』といっても、それはただ単に『使い慣れた』だけで、携帯電話という物体との間に信頼関係などは一切生まれていないけど。
ニュースを見た。『エンタの神様』に打ち切り説が浮上している。娯楽の神までもテレビ不況に苛まれるとは、地球もいよいよ終わりだな。
iPod Shuffleの曲は大好きなコブクロの『さくら』になった。凄く癒された。ま、今は桜なんて蕾にすらなっていないけど。

電車に乗った。通常より事故の起こる確率が高い急行電車だった。学校に着き、所用を済ませるために学事へ。閉まっていた。グループワークをしにメディアへ。閉まっていた。別校舎のグループ学習室へ。満席だった。院生棟へ。鍵がかかっていた。チームの人に『空いてません』メールを打った。どうせみんな見ないだろうけど。
中庭でみんなの到着を待っていたが寒さが限界に達したためグループ学習室前のベンチに座ったあと、中庭に呼ばれ、院生棟の閉まり具合をみんなで確認し、結局グループ学習室前のベンチで活動。
パソコンを起動した。一度、かつて見られたバグ現象がパソコンに起きたが再起動でこれを回避。ひとまず安心。ま、どうせまた近々なるんだろうけど。その時はサポートセンターも電話を受け取ってくれないに決まっている。
しばらくしてグル学が空いた。前のグループにもう不必要と診断されたグループ学習室に入った僕ら。14:00頃から19:00頃まで話し合った。
解散後、たくさんの命を奪ってまで自らを延命させようとする行為、つまり『食事』をするという話が上がったものの、金欠と厄日のためパス。何日もかけて命をはぐくんだたくさんの植物を自分の体内の胃液で溶かす中華料理屋は中止となり、食事は持ち越し。大きく育つようにただ食わされただ食わされを繰り返して育った牛や豚を殺し、切り刻み、焼きつくす焼肉屋に今度行こうと約束し解散した。まぁ人間なんて裏切りの生き物だから、契約書なしのここでの口約束がどこまで有効かは分からないけど。

帰宅は21:00頃。食事をする前に今朝のリモコンを解体し、ちょっと操作したところリモコン復活。復活はしたものの、解体した時点で昔のリモコンとは別のものになってしまった。

明日は某メーカーの説明会。いっても内定が来るわけじゃないがいく。そのあとはディベートのグループワーク。いってもディベートの勝ちが決まるわけではないが行く。
■READ MORE■

デブ化発動
一日中体を動かしていたい米田です。
もともと太りやすい体質ではあったものの、2009年から2年連続で『正月デブ化』現象が起きている。2009年12月のイベントAから20日程度経ち、体重は見事なまでにリバウンド。
昨日(てか今日)はふと深夜にテレビを見ながら腹筋を始めた。4、5月あたりまで、今より1キロ増ぐらいで抑えたい。

今日は13:00からグループワーク。今朝の4:00まで1時間ほど個人的にデータを集めていたため、10:30も少しキツかった。
グループワークはなかなかの進み具合を見せ18:30にフィニッシュ。帰宅。

すっかり忘れていたが、1月はテストがある。もう2週間を切っている。もちろん、無理に決まっているが目標は『オールA』。将来の目標は大統領。行きたい場所は宇宙。座右の銘は『宇宙一』。目標は高い方がいいに決まっている。

明日はグループワークがないらしい。勉強をしようと思う。ついでに、そろそろ靴でも買いに行こうと思う。それはまた別の機会にしようと思う。

求ム!素朴な人
「ヨネにはね、素朴な人が合うと思う」。

頼んでもいないのに、先日そう診断していただきました米田です。
無料診断してくださったのは高校3年の時馬鹿みたいに仲良くなったYさん。基本的に僕とバリバリガンガンに気が合う女の子はなかなかいないものの、このYさんは違った。僕の事を「YOU!」とジャニー調で呼び、移動教室でも席は譲らず、受験で浪人が決まった時は「『英語が優遇される』って日本のシステムは狂ってると思うわけ!!」と合格した留学経験のある親友のTさんに面と向かって負け惜しみを吐くYさんが大好きだった。人間臭さが滲み出すぎている彼女と知り合ってから4年。僕をよく知る彼女の言葉を、『素朴な人』に出会えるのをひたすら待ちたいと思う。サンドイッチに何もサンドしないぐらい素朴な人に巡り合いたい。

朝は7:30起き。10:00からグループワーク。なぜか体がほてってタンクトップで話し合うオレ、米田。13:00過ぎにグループワークを終え、N先輩(トイレで変身する男)とU君(庶民派ゼミ長)と食事に行った。リンガーハットで頼んだのは全員450円のちゃんぽん。N先輩の三味線トークはアツかった。
N先輩「大学1年の終わりぐらいに三味線に凝ってさ。下手だったから2年の時は毎日練習したよ。朝起きて練習して、学校行って帰ってから練習した。」
ヨネ「ガチですね(笑)」
ちなみにこれは進研ゼミが進める勉強法に激似である。
U君「あれ、N先輩の家で朝から三味線?苦情来ませんか?」
N先輩「隣りは迷惑だっただろうね(笑)」
ヨネ「うるさくてって事?」
U君「うん、なんかな、N先輩の寮って壁がメッチャ薄いねんて。」
ヨネ「www」
N先輩「音が筒抜けなんだよ。パソコン起動させる音とか聞こえるし。」
ヨネ「それヤバいっすねwww」
N先輩「うちの寮何度か潰れそうになったらしいんだけど、管理人が資金運用でうまくいったりとかしたらしくてさ。」
ヨネ「知らねぇよって感じですよねwww」
N先輩「それで一時期、明らかにいらないインフラ設備が加わったんだ。」
U君「www」
ヨネ「何ついたんですか?」
N先輩「トイレとかについてる、手ぇ乾かすヤツ。」
U君「あれですかwww」
N先輩「しかもメッチャ風弱くてさ。ドライヤーの『ドライ』モードみたいな感じ。」
ヨネ「www」
N先輩「じれったいから結局なんかで拭かなくちゃいけなくて。」
U君「www」

食事後、そのまま今日は解散。

僕はとある駅の本屋で昨日見つけられなかった雑誌『音楽と人』を発見。無事、目的のコラムを読む事ができた。立ち読みで。

帰宅後、証明写真を撮るためスーツに着替え、髪型を整え再出発。スピード写真ではなく写真屋でとったため、現像には1時間かかるという。服や靴を見て時間を潰した。ちなみにカカト部分に穴が開いている靴は未だに使用中。最近、カカトの皮膚が少し固くなったのはこれが原因だと思う。
帰宅して風呂に入った。湯船でヒーターをつけていたら、寝た。湯が熱くなり起きた。あぶなくダシがとれるところだった。
明日までまだ時間がある。やりたいことが山程ある。やります。

昔の恩師
中学1年の時。ベランダから下に唾を吐いたヤツがいたらしく、下の階の2年生から苦情があった。「男の笑い声がした」とかなんとかで、犯人はなぜか『男子』と決まっていた。僕のクラスの担任であったS先生は放課後、僕らを集めた。
「怒らないから心当たりのあるヤツは言ってくれないか?」
と問うが、名乗り出たものはいない。おそらく、それは本当だろう。少なくとも僕の知る範囲では、唾を吐いたヤツなんかいなかったのだ。
「オレは吊るし上げて名乗らせるつもりはない。」
先生は誠実だった。だが、きっと唾が落ちてきたのは気のせいか、言い掛かりかだろう。いない犯人を探しても時間の無駄である。
「じゃあ、オレが謝りにいきます。」
僕はそう言った。
「米田、キミがやったのか?」
「いいえ。でも誰かが謝りにいかないといけないでしょ?だったらオレ行きますよ。」
13才のクソガキの生意気な戯言だが、さすが13才の『オレ』である。今の僕に同じ事が降りかかっても、おそらく同じ事を言うと思う。どこかが絶対に間違っているが、見ようによってはあっている決断をするのは、僕は一際早かった。
ただ、そのあとに先生は言った。
「キミはやってないんだな。じゃあ行くな。それじゃあ何を謝りにいくのかわからない。相手を逆撫でするだけだ。米田、キミの気持ちは分かるがそれはかっこよくもなんともない。筋を通さなくちゃいけないんだよ。」
S先生は『筋を通せ』が口癖だった。精一杯の『勇気』が『かっこよくもなんともない』と言われた13才の少年は、その後ふて腐れて黙り、S先生を嫌い始めたが、今になって、なんとなくあの時の言葉の意味が分かり始めた。そしていつしか、『筋が通っているか』は僕の生きる指標になっていた。


懐かしい事をふと思い出したので書いてみました米田です。幼稚園の先生から、中学1年のこのS先生、さらに部活の顧問、さらに高校、大学………21年間、僕は先生に恵まれていたと思う。オレもオレの恩師も『運命』とか『奇跡』とかってものの上に生きている人間だから、失礼な話いつ死んじまうか分からねぇ。こういう話も、ちょくちょく思い出さなきゃな。

12:30から某新聞社の説明会を受け、休憩時間に会うはずのない人間に会った。サークルEの、Mさん(R&B)だ。
2年間、ほとんど話した事ないのにさりげ一緒に写真を撮った事はあるMさん。実は彼女、『留学中』なのだ。かなり動揺を隠せない状態で話すと、どうやら一時的に帰国したという。
「あ、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)が明日新年会やるって。メーリス、Mさんに転送しとくね。」
そう言って分かれたオレ、米田。なかなか僕にしては気が利く。転送準備。







Mさんのアドレスが分からず、手当たり次第利きまくった。
説明会は15:30に終了。17:30からの某企業の説明会に備え、僕は電車を乗り継いた。そして『プロント』へ。出世したものだ。もちろん500円近くかけてコーヒーを飲むつもりはない。辛子明太子スパゲティで腹ごしらえ。食事をしながら某テレビ局の社員の人にアポを取り、ともに訪問する予定のサークルEの友人にメールしたりしていた。

某企業の説明会に参加し、久し振りの『外れ感』を味わったあと、学校へ。実はこのたび、再来週の月曜に迫った第三回オープンゼミのディベーターに選ばれた。個別説明会でプレゼンし、第二回オープンゼミでは模範プレゼンをし、第三回当日には他に多次元論文のプレゼンも控えている上、言うまでもなくディベート下手な僕が選ばれたのは正直意外だったが、スケジュール的な問題はともかく先輩と組ませてもらえるのはなんだかんだ幸せな事である。
今日はその初グループワーク。僕以外の4名は、僕が説明会に出ている間もグループワークをしていてくれたようだ。
僕が入ってからもグループワークは1時間ほど続き、食事へ。その後、僕は一人本を探しに行った。『音楽と人』という雑誌。7月に訪問させていただいた週刊プロレスの編集長(2009年7月2日更新の日記参照)が書いた記事がそこにあると言う。実は訪問からしばらくして、彼は理由あって『別の職』に移ったのだ。
雑誌は昨日発売だが、昨日も今日も見つからなかった。週刊誌らしいので、残念ながらもう見られそうもないが………残念だ。

明日はグループワーク。この響き、懐かしい。楽しくやろうと思う。

卒論始動?
1月3日の新年会で、僕はN君(怒れるウンコ)に言った。
「オレは子供心を持ち続けながら、大人としての常識をちゃんと持った大人になりたいんだ」。
どうも。前半部分だけ達成している米田です。

念願の電車定期を買い、学校に着いたのは12:00頃。卒論テーマの発表が今日のゼミである。計画通り進めたつもりではあったが、印刷作業で時間を使った。

3限出席したあと、いよいよゼミ。4限は英書、そして5限にいよいよ卒論テーマ発表。決して出来はよくないし、僕自身もう少し精度を上げたかったレジュメ。ただ、自分一人で作ったレジュメはなかなか誇れるものとなった。発表時間が短く、考えている事は全く伝えられなかったが、まず、踏み切れてよかった。
6名が発表したこの時間。先生に褒められたのはたった一人。S君(いじられイズム)だ。これだから世の中は面白い。頑張ったヤツは称えられるべきだ。僕は、なぜか嬉しかった。
「S君、お前よかったなぁ。真面目に羨ましいわ。」
『かっこよく負ける男』に憧れるオレ、米田。僕にとって卒論は、周りと比べるものではなくあくまでどれだけ個人が自分と闘えるかだ。素直に相手を認める。
「ま、真の優勝者はオレだ。お前一人が褒められるように、今日は手加減した。」
認めたあと、ちゃんと負け惜しみも言うオレ、米田。
S君「お前そんな寛容な男だっけ?笑」
ヨネ「………すまん。」
もちろん謝った。

飲み会へ。3300円が消し飛ぶ。
I君(オーバープッシュ)「ヨネ、お年玉で楽々払えるっしょ?」
ヨネ「オレ、今6月の予算使ってるんだ。」
I君「え、6月!?笑」
ヨネ「あぁ。みんなは新年を迎えたばかりかもしれないけど、オレの財布はもうゴールデンウィークを終えたんだ。」
I君「www」


飲み会場まで、僕はI君の卒論のテーマを色々出した。
『一体感マーケティング』(米田作)『勝敗マーケティング』(米田作)『キリシタンマーケティング』(米田作)………どれも却下された。

飲み会にはOBの先輩方も来て盛り上がっていた。僕は明日の勝負に備え、早めの退陣。
今日。授業に出て、卒論についてやって、金欠について語って、就活トークして、頭でダンスの事考えて、僕は思った。2010年、やっぱり全部ガチりたい。就活バリバリ楽しんで、終わったら卒論ガリガリやりながら授業も出て、バイトして、で踊る。野望だ野望。アツいど、今年も。

神様、オレに内定を。
お年玉をもらうたびに、
‘これで定期が買える…!’
と思った米田です。このご時世の就活生は、シビアです。
12:00頃、1週間振りぐらいに登校したオレ、米田。冬休みが、明けた。メディアセンターで新聞を読み、就活生にとってたまらない『〇〇社です。説明会の予約を開始しました』という唐突なメールを受けた。パソコンをつけ、企業のサイトにログイン出来ないというハプニングを食らいながらもなんとか予約した。

後輩U君(レンタルカーゴパンツ)と授業を受けたあと、某ベンチャー企業の個人面接までの空き時間…180分。後輩U君に僕の最近習得したものまね、『カイジ』を披露したがとりあってもらえなかった。提出した履歴書やESを見て、面接時のイメトレを繰り返したがどうもシックリこない。今回、僕はありのままで勝負すると決めていた。だから、この時間はいらない。
某ベンチャー企業の社長が書いた本を黙々と読み、後輩U君と面接会場の最寄り駅へ。
彼が「本当はもう少しキャンパスでやることがあった」のを知ったのは、しばらく経ったあとだった。

面接が迫って来ても、緊張する気配はまるでなかった。小心者だが頑固という矛盾した性格をもつオレ、米田。自分の事は誰よりも自分が分かっている。反論される事はまずありえない。

マイノーパを青の手提げでもって来ていた。選考はこの先まだまだ続くとはいえ、スーツに就活カバン+手提げでは釣り合いが保てない。生まれて初めてかもしれない。駅のコインロッカーを使う事に。
どれも使われており、ここまで付き合ってくれた後輩U君に
「しょうがないか。このまま持って行くよ」
と僕。その時、歴史は動いた。
目の前に別のコインロッカー出現。未使用あり。
ヨネ「オレもう分かった。今日、オレ受かるわ。」
後輩U君「おう(笑)じゃあ頑張ってね。」

そうして、いよいよ戦いの場へ。
あとは社員が呼びに来たらいよいよ個人面接、というところまできても、決して緊張はしなかった。そしていよいよ入室した時も、ただワクワクしながら思わずほくそ笑むのを我慢したぐらいだった。
1年前、ゼミを受けた時と同じだ。‘ありのままの自分が受け入れられないのなら、落ちて仕方がない’、現時点の僕はそう考えている。だから、一切嘘はつかなかった。相手はネット広告のベンチャー企業だが、
「興味のある他の業種は?」
と聞かれ、
「表現する業種として、テレビや新聞も興味があります」
と業種的には相反する『新聞』を出した。そしてこれは単なるミスだが………





一人称を『私』ではなく『僕』で勝負した。

15分1本勝負のシングルマッチ。僕は『ワン笑かし』もなく、試合を終えた。

感触としては、グループディスカッションの時と同様、『やっちゃったな』って感じ。リラックスしすぎた。言葉遣いと一人称、もう少し意識したかった。

とはいえまた一つ終わった。受かったらまた頑張ろうと思う。落ちたら気持ちを落とさず、また頑張ろうと思う。

冬休み最終日
『襲来』と『来襲』という言葉は意味が微妙に違うことに驚いた米田です。襲来より、来襲の方が広義っぽいです。
※襲来:敵や暴風雨などがやって来て、軍隊や住民を痛付けること
 来襲:(好ましくないものが)いっせいにどっと襲って来ること


なんといっても今日一番のニュースはマイノーパの帰還。10:00に起き、食事やら色々をして仮眠を取ろうとしていた時のヤマト宅急便。この瞬間、僕の心に明るい光が灯ると同時に、運輸業への就活も候補に入りかけた。

4月に買って以来、数百…ともすると数千時間操り続けたマイノーパはやはり使いやすい。家のパソコンにためておいたデータを移し整理し、ふわふわした気持ちでガツガツスケジュールをこなした。

夕食までESを書き、夕食後WEBテストを2社分受けた。対策したにもかかわらず、時間切れになった時には我ながら‘もってるなぁ…’と思った。
気持ち切替え、明日は学校再開。授業でて、本返して、んで某ベンチャー企業の面接。下手な作りはしない。ありのままで勝負して来ます。

遊びの終焉
「コタツがないな…」
起床してリビングに達した父は今朝、こう呟いたという。
寝室で山岳部のバカたちと同じコタツで寝た米田です。
朝9:00に起きると、U君の姿がなかった。机には
『先に帰ります。ゲームは持って帰ります。 U。』
との置き手紙。
ヨネ「字体暗っwww」
N君「アイツ一番暇なクセして一番早く帰りやがったwww」
O君「しかもこれ、書き直してんだよ。裏見ろよ。この短い文章で書き間違い起きてるwww」
U君の置き手紙までいじった僕ら。U君とN君を駅まで送り、帰って来た僕は昼まで二度寝し行動開始。食事後、ESを郵送したりニュースを見たり、証明写真を撮るのを諦めたりした。
マイノーパがなくて色々困っているのは何度か書いたが、どうやらそれは解決しそうだ。データは消されず修理は完了し、1日2日で自宅に届くそうだ。これで他のWEB係の面々に迷惑をかける事も、家族と互いに効率を下げる事も、サポートセンターに電話し30分待ちを食らうこともなくなる。パソコンが帰って来たら、オレはメチャメチャ強くなる。はず。

今ってこれ、春休みだっけ?冬休みだっけ?冬休みだよな?まぁいい。遊びは終わりじゃ。今日はこれからまだ、6つやりたいことがある。やったるわい。

11名のバカ祭り(1月3日の日記)
1月3日は山岳部の忘年会の日と位置付けた。忙しい年始、しかも就活の年にこれを行うのには意味があった。就活が終わる春、あるいはそれ以降まで、僕らが会う機会はおそらくない。そしてかつこの日は………同期5人が全員集まる。おそらく1年、もしかしたらもっと久し振りのできごと。企画したのは僕だ。OBの先輩、後輩も含め、11名をかき集めた。

幹事として、12:30の待ち合わせに40分余裕を持って到着。店の位置を確認し、ついでに昼食の予定場所、『ウェンディーズ』の客入りを偵察に行く。



閉店していた。
そういえば数ヵ月前、全国的に閉店をしたとのニュースを見た気がする。マックに変更した。
宮本武蔵ばりに遅れて行こうかとも思ったが、立場的な事もあるので集合場所へは4分前に到着。後輩K君(山岳部にいた山)と後輩O君(乙女ゲイ)、S先輩(黒幕)が到着しマックへ。
後輩K君「ヨネ先輩、大晦日は何見ましたか?」
ヨネ「オレはもちろん格闘技だよ。」
後輩O君「ミノワマン、勝ってよかったですね。」
ヨネ「おう!あ、後輩K君。昔な、ミノワマンっていう選手がミルコクロコップって人と戦ったんだよ。そしたら後輩O君はオレが美濃輪好きなの知ってんだけどさ。美濃輪がボコボコに負けてオレが意気消沈してるところにメールくれたわけ。で、まぁふと見るわな。そしたら後輩O君がメールで、『あーあ(笑)』ってwww」
後輩K君「最悪www」
ヨネ「オレはそのあと、静かに携帯を閉じたんだ。」
後輩O君「wwwあ、そういえば後輩Fさん(watch dog in 山部 )、紅白出ましたよね?」
ヨネ「うん。オレビデオ撮ったよ。」
後輩K君「映ってましたか?」
ヨネ「オレいいところあってさ、…」
後輩O君「自分でいうんですね(笑)」
ヨネ「うん、でね。ビデオでオレ、後輩Fさんがコーラスやる歌、スローで見たんだよ。そしたらね、映っていませんでした。」
後輩K君「www」
ヨネ「S先輩は大晦日の夜、何を見たんですか?」
S先輩「私は21:00頃寝てしまいましたね。気付いたら2010年でした。」
ヨネ「若いwww」

U君(‘lonely’oneあだ名コレクター)が到着し、少し盛り下がりながらも、彼とは就活トークをした。
ヨネ「公務員志望だっけ。」
U君「一応ね。」
ヨネ「受からないと分かっていても受けるわけだ?」
後輩O君「ヒドいwww」
ヨネ「別にね、『U君はなんもいいところがない』とか『魅力がない』って言ってるわけじゃないけどさ、U君は自己PRで何をPRするの?」
U君「ないんだよね…。」
ヨネ「うんうん。」
後輩K君「否定しないwww」
ヨネ「U君はもうすでに色んな会社から拒否通知が来てるからね。まだエントリーもしてないのにwww」
後輩K君「ヘッwww」
ヨネ「だからお前鼻で笑うなよwwwちなみにU君はリクナビからも登録を拒否られてるらしいよ。」
後輩O君「www」
ヨネ「民間も受けるんだよね?説明会行ってる?」
U君「まだ『2社』ぐらいかな。」
後輩K君「え、『2ちゃん』?」
後輩O君「www」
U君「でもね…もうホントにキツいよね…。」
ヨネ「あの頃に戻りたい?」U君「でも…戻りたい頃がないんだよね。」
ヨネ「www」

N君(怒れるウンコ)が到着したのはマック入店1時間後。
ヨネ「別に気にする事ないけど、今場所かえようと思ってたとこ。」
N君「なんかごめんな(笑)あ、ヨネ。うちの弟がお前になんか年賀状だしたがってたぞwww」
ヨネ「出たwwwA君だっけ?オレ彼からすんげー人気あるんだよな。あれは高2の時だよな?」
N君「おう(笑)」
ヨネ「後輩K君な、オレN君に年賀状出したんだよ。まぁもちろん相手はN君だから。ウンコとかいっぱい書いたのね。」
N君「『ウンコとか』っていうか、あれは『ウンコ』だったな。」
ヨネ「そうそうwwwそしたらそれを見たN君も弟のA君もすんげー喜んでくれてさ。ただその代わり、N君のお母さんは言ったんだって。『米田君って…大丈夫な子?』って。」
後輩K君「www」
N君「もう『怒り』とかじゃないからね。『心配』だからwww」

13:45頃、カラオケに行く。カラオケの会員証はU君が持っているという。この会にU君を誘ってよかったと初めて思った。フリータイムを敢行…しようとしたが、予約の都合で3時間コースに。歌っているとO君(馬鹿界の帝王)乱入。さらにT先輩(山岳事務所株式会社T総務)やM先輩(人生楽なし苦労だけ)、そしてA先輩(2つ上の先輩。これまで会った回数が5回程度しかないが、馬鹿界の帝王・O君が慕う敏腕エンターテイナー。)が降臨。

O君は、N君が持って来たおかわり自由のアイスをスプーンなしで犬食い。
N君「お前きたねぇよwww」
O君「はい。」
N君「いや、返すなよwwwバカじゃねぇのwww」
O君「オレね、バカなんだよ。」
ヨネ「N君ごめんな。O君はな、人の気持ち考えるの苦手なんだ。」
N君「要するにバカwww」
ヨネ「北海道旅行行った時さ、O君北海道の大学行ったくせに関西弁になってたよねwww」
N君「なってたなってたwww」
ヨネ「あん時本気でオレO君はバカだって思ったからねwww」
その後O君は反省し、自分でアイスをたくさんもってきた。多過ぎて食べれなくなっていた。ちなみに、スプーンが一つ足りなかった。

誰かが歌っている時でも、もちろん会話は止めない僕ら。
ヨネ「N君!コイツ彼女出来たんだって。だっせー。」
N君「お前がだせーよwwwただ嫉妬してんじゃねぇかwww」
ヨネ「N君、お前彼女出来ないの?」
N君「まぁまだな。」
O君「N君最初の印象いいんだけどな。」
ヨネ「そうそう。そのうち気付くんだよな。N君は性格が悪い。」
N君「うおwww」
O君「オレは夏合宿(8月)で気付いた。」
ちなみにN君が山岳部には入ったのは7月だ。

U君はいじられなければしぼむ。『花を咲かす前に蕾のままその生を閉じる』事がモットーと噂されるU君。彼が飲み物を飲み、トイレに行く度に、
「近くない?」
「大と小交互。」
「アイツの体は『ダカラ』かwww」
と茶化し、帰って来る度に、
「ちゃんといない間もいじっておいたよ」
と告知しておいた。
盛り上がりが冷めなかったのはA先輩の影響も大きい。人が歌っている時、予想出来ないタイミングで拍手を始めたり、U君の時は「Uピー!」と悲鳴にも似た歓声を上げたりした。
U君が歌い終わる。
N君「てか誰か残ってるアイスなんとかしろよwww溶けて大変な事になってるぞ。」
O君「なんかドラクエのキャラクターみたいwww」
ヨネ「あれか!バトエンで強い奴。オレ小1の時T君のそのバトエン盗んだわ。」
T先輩「ふざけんなよwww」
N君「てかUピー、アイス食えよ。責任持って。」
O君「まぁ責任はオレにあるけどねwww」
U君「僕はもう食べられないよ。なんかお腹痛い…。」
ヨネ「………ん、『Uピー』の『ピー』ってそういう意味の『ピー』?」
O君「お腹ピーピーwww」
ヨネ「言っとくけどU君はオレたちがこういういじりするのも全部計算のうちだからねwww」
N君「さすがデータ屋www」
ヨネ「今もきっと、‘米田君は僕の『ピー』に気付くかな’って思いながら喋ったんだ。」
U君「そんなわけないだろ(笑)」

カラオケを終え、ファミレスへ。U君は『3馬鹿』(O君、ヨネ、N君)に囲まれるように着席。いじられまくり、元気を無くす。
U君「もう…今日は最低の日だ。」
O君「そうか。」
U君「昼食までが頂点だったな。」
ヨネ「………人生の?」
N君「マックでピークいただきましたwww」
ヨネ「もうすぐNさん(作り天然人工おばあちゃん)来るから。いっぱい優しい言葉かけてくれるから待ちな。」

Nさん(作り天然人工おばあちゃん)がいいタイミングで来店。僕らと一番遠い席に座った。U君、ドンマイ。
その後僕たちは、A先輩たちに北海道旅行の思い出を語った。温泉のドア破壊事件、布団5/6事件…さらには空港のレストランでN君とウェイトレスをいじっていたら次からガタイのいい人が来るようになった事件まで。4泊5日、シラフでよくあそこまでいけたものだ。

飲み会は19:30から2時間の飲み放題コース。同期5人とM先輩、S先輩が参加した。
「ほんとにね…大学は大変だよ…。」
とM先輩が語れば、
「U君は…自分を見つめ直せばモテると思う。」
とS先輩が諭す。
そしてNさんは自らの妹(3女)が会ってもいない僕の事を嫌いだと教えてくれ、波乱は絶えなかった。
飲み会が終わり、2次会やオールの話が出たが
「明日バイトがあるのです」
とNさんはここで帰宅。
「僕も明後日用事が・・・。」
とU君も便乗を試みたが、
「明後日かよwww」
とののしられただけだった。
席の都合もあり、今日Nさんとはあまり話していない。妹さんが僕の事を嫌いというのが再認識できただけだ。僕はほろ酔いになりながら最後の粘りでNさんの頭をポンポンしたり、「今日昼までバイトだったんだよね?お金ちょうだい」とねだったりしながら駅まで歩いた。
僕の幹事の責任はここで終了。残った6人は延長戦へ。手始めに元顧問のS先生(ギャッパー)に電話。酔いながらも全員、新年の挨拶や「これから延長戦します」といういらぬ告知や「これからS先生がこの間紹介してくれた居酒屋行きます(2009年3月31日更新の日記参照)。S先生も来ますか?」というありえない宣戦布告をした。先生は言った。
「あの店、日曜は閉まってるよ」。

本当に、閉まっていた。

僕らはカラオケで飲む事に。
「酒持ち込むって事?」
「バレない?」
「バレねぇよ。」
「バレてもU君のカード使えば問題ない。」
と話し、スーパーで買った酒を持ち込んだ。開始30分でバレ、没収された。この店は『持ち込み禁止』の提示を怠っている点に不備があるが、注意されたらこちらもそれはフェアマッチ。みんなのカバンの中にはまだ酒があったが一切口にする者はいなかった。

結局カラオケはS先輩とM先輩の暴走的熱唱で幕を閉じ、ひとまず解散。しかし、3馬鹿+U君には、もう一つの企画があった。それは…
『山岳部時代トレーニングに使った思い出の丘まで40分かけて歩く』。
真のバカたちは深夜1時からの徒歩40分にも抵抗なく応じる。U君は嫌がったが聞き入れられなかった。
企画は段々、『丘の上で景色を見る』『丘の上でビールを飲む』と変遷し、最終的に『丘の上でカップラーメンを食べる』で落ち着いた。

丘付近のコンビニでカップラーメンを買う。U君は選ぶのも湯を入れるのも遅い。
ヨネ「だからモテないんだよ。」
N君「それはあんま関係ないwww」
O君「てかさ、ヨネチャリあるんだから、3分以内にカップラーメン丘の上まで運べるっしょ。」
ヨネ「お前バカかwww運べてもお前らがいなかったら食えないじゃんwww」
O君「あ、そっかwww」
N君「本物のバカだwww」

極寒の丘の上で、僕らはカップラーメンをすすった。マジでうまかった。ちなみにU君はラーメンに七味を入れるのも、食べるのも遅かった。
丘の上で、高校時代U君がどのクラスでも独りぼっちだった話をしたり、O君が寒さのあまりよく分からない奇怪な動きをしたり、N君と僕は「Google Earthの撮影を今やってるかもしれない」と必死でポーズをとったりしていた。
景色を見る。
ヨネ「あれ、この町信号少なくね?」
N君「バカ言えよwww」
ヨネ「いつから日本って信号無くす方針にしたの?www」
U君「あれ、なんか向こうの方、よく見えないね…。」
N君「あれ?U君も壊れ始めた?www」
U君「いや、なんか暗くて…。」
ヨネ「U君、暗いのはね、夜だからだよ。」
O君「www」
N君「てか寒ぃな…。」
静かに身震いするN君。静かな時が流れる。







ヨネ「………てか、降りようよwww」

『下山』した僕らは深夜2時過ぎ。米田家へ。兄や母が寝室にリビングのコタツを移しておいてくれたため、快適な空間が用意されていた。

U君は今、PSPもDSも持っているという。
ヨネ「さすが、『一人遊びの天才』www」
N君「www」
ヨネ「だてにいつも一人指相撲とかしてないwww」
N君「あ、あと『両手の指と指合わせて中指曲げると、薬指離れない』とかなwww」
もちろんやってみる僕ら。
O君「クソ…薬指以外は出来るんだけどな…。」
ヨネ「当たり前だろwww」
N君「バカだwww」

その後寒い丘の上では話題にすらならなかったカバンの中のビールがようやく出された。揺られたビールの張りは並ではなく、N君が開けると吹きこぼれた。続いてU君がやると、激しく飛び散った。学べ。
ちなみにU君が入れたビールは、6割ほどが泡だった。
深夜4時過ぎまで、『一人遊びの天才』がもってきたゲームで遊んだ。明日1月4日。O君は北海道に帰る。そのまま僕らは静かに眠った。

卒業してから3年。いまだに集まれる山岳部との出会いやそれを支えた先生、集まってくれる先輩や同期や後輩に感謝したい。時は移っても、丘の上でゴミはちゃんと持ち帰ったり、カラオケではいじりいじられの枠を超えて大歓声を送ったりという『しきたり』が守られるのは素晴らしい。この日のために考えた『水戸黄門ゲーム』をやる時間がなかったり、2009年唯一気に入った歌『春夏秋冬』の2番が全然歌えなかったりしたのはさておき、とにかく楽しかった。



格闘技興行『Dynamite!!』の感想
格闘技興行『Dynamite!!』の感想、オンエア順にチャラッといきます。心配いりません。ESは書きました。今年の米田一弘をナメないで下さい。ちなみに今現在、サーバーのエラーらしく、米田一弘は自分のブログにコメントできないという屈辱的な状況に陥っております。先日のマイノーパといい・・・今年はコンピューター関係に苦しめられそうです。

①ミノワマン対ソクジュ
ミノワマンファンの僕。他の選手の膠着試合なら「動けコラァァ!!」とテレビの前で叫ぶがミノワマンに関しては許す。年越しそばを食べながら、緊張でのどを通らず食べれない。気づけば手を組んで神に祈っていた乙女なオレ、米田。3R。解説の須藤は膠着したままの両者に「放送カットされちゃいますよ」。笑った。やはり須藤と高阪の解説は魅力的である。そして・・・奇跡のミノワマン激勝。緊張でお腹が痛くなった甲斐があった。予想とは時間も決まり手も違ったが、とにかくこれで気分よく2010年を迎えられることが確定。ほっとした。ソクジュが倒れた時、「殺せっ。」と小さな声で言ってしまったのだけ謝りたい。

②HIROYA対野杁
大晦日恒例『HIROYAポイント』(K1側の粋な演出により、試合内容に関係なくHIROYAに判定が傾く事)にのみ期待がかかるこのカード。しかし、蓋を開けてみるとこの野杁とやらがとてもいい素材である事が判明。追い込まれるHIROYA。
一弘「今wwwあれダウンだよねwww」
兄「HIROYAだからスリップダウンだよwww」
一弘「でもこれでHIROYAも判定が危うくなってきたね。」
兄「いや、まだだな。」
一弘「むしろ盛り上げてるHIROYAにポイント?笑」
兄「www」
一弘「てか野杁!頑張るなよ!お前が勝っても決勝放送されないよ。中止中止。」
兄「いや、結果がどうでもHIROYAは決勝行くから。」
一弘「これまでのトーナメントの概念が覆るよね。『負けたほうが決勝進出』ってwww」
そんな会話の中。気になったのはラウンド間、CM明けの応援メッセージタイム。授業参観じゃないんだから、身内のああいう時間帯いらないと思うのだが。しかし・・・
兄「応援が今イマイチだったから野杁減点だな。」
そういう主旨かwww
一弘「そういえば今日、HIROYA髪型工夫してるから加点だな。」
『判定絶対王者』HIROYA君の決勝進出は信じて疑わない米田兄弟。しかし・・・野杁まさかの判定勝利。これは本当に意外だった。正しく判定された事に驚きまくったこの一戦。ちなみに米田家で唯一この結果予想をピタリと当てたものがいた。それは・・・母だった。

③石田対嶋田
全く調べていなかったが名前的に嶋田にBETしていたこの一戦。石田は『文武両道』キャラで売っていくらしい。ではこれを機に、キャッチコピーとして『ブンブ丸』という称号を与えたいと思う。試合は問答無用の判定決着。嶋田の勝利。決勝カードが嶋田対野杁になったことでK1甲子園は中止の恐れがあったものの、予想が当たった僕はニンマリ。

④郷野対マッハ
まず、郷野の入場は本気でいらないと思う。尺的に。そしてマッハがまさかの一本負け。腕十字だった。予想が外れたのは勿論だったが、結構好きな選手だっただけに普通にショックだった。

⑤野杁対嶋田
恒例の『応援合戦』がまたもラウンド間に繰り広げられる。関係ないが、嶋田君のお姉さまの髪型は戸田恵梨香を意識しすぎだと思う。
‘あと少しかわいければ戸田決定・・・’
そんなことを思っている矢先、兄は言った。
「さっきの郷野・・・腕十字上手かったね・・・。」
今かよwww
「なんか入場もかっこよく思えてきた・・・。」
K1甲子園の決勝中、前の試合を思い出し洗脳される兄。
決勝はこれまた眠たくなる試合展開と興行の中・後半戦になんら支障をきたさない程よい盛り上がりを見せ幕。ただ、野杁君は普通にいい選手だと思う。
K1甲子園は改良の余地たっぷり。まず、応援合戦をやめて『身内感』を失くす事。あと、ラウンドは2分2ラウンド制にしてスパスパ判定で切り上げられるようにする事。あと、もう思い切って決勝は寝技をありにしようwwwうん、それがいい。で、解説席にはアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(柔術界代表。ただし通訳はなし。)、羽生喜治氏(日本将棋連盟代表。9段。)、馬(哺乳類代表。足が速い。)とかで豪華ゲストでお迎えしてさ。
本当は企画自体もなくしてほしいところだが、おそらく日本人の若いファイターが育つように、早いうちから大舞台慣れをさせようという目的だろうと思われるためそこは否定しない。ただ僕は・・・そもそも日本人ファイターに世界を目指させるのをやめた方がいいと思う。天田、冨平、中迫、藤本、小比類巻‘改名’太信さえいれば紹介Vに不足なし。

⑥泉対柴田
紹介Vで『泉負けたら即マグロマッチ』である事が判明。プロレスラーの意地を胸に闘う柴田と、負けたら漁師デビューが待っている泉。これぞ『プロレスコントラマグロ』。新ジャンル開拓である。
柴田がパン度で勝つと予想していた者の、試合は泉の判定勝ち。毎年のことながら、問答無用の外しまくりに冷や汗が出てくる。

⑥金原対KID
金原はよくわからないタイミングで転んだり、打撃が中途半端だったりと緊張しているように見えたが、須藤と高阪が「リラックスしてる」と解説していたのでそうなのだろう。彼らのいうことに間違いはない。KIDは最近のうちでは割といい野性味を持っていた気がするが・・・残念。金原の判定勝ち。僕の予想は勝敗のみ当たった。立場的にはKIDが負けるのはそこまでおかしくはないのだが、世間には無名の強豪に負けたことで、KIDにとってはかなり手痛い敗北となった。

⑦所対ジョンマン
まず、マルロン・サンドロが欠場した事が大きな誤算。韓国のキムジョンマンが代打出場。韓国人は統計的に打撃に対してクッソ打たれ強い傾向があるが果たして。
前回まで所とバナナマン日村との友情ストーリーが語られていた紹介V。今回は大晦日という事で、日村がボクシングの内藤に差し替えられる。そんなバナナ。ちなみにこのタイミングで、米田家では父の湯飲み茶碗が割れるという悲運な事故が起こる。そんなバナナ。
名前をうっすら聞いたことのある程度だったジョンマンは、名前も見掛けも『ジョイマン』風味。そんなバナナナナー。
「背、ちっちゃ。」
「心細。」
米田兄弟にボロクソに言われるジョンマン。そんなジョンマンの急所に所のローがバッティング。スローで見るとやや『三カ月蹴り』気味に入っている。キツすぎる。繋ぎとして観客席の内藤に4回もカメラが振られたのは本当に勘弁してほしかった。
試合終盤、所のチャンスに興奮した内藤が最前列にもかかわらずスタンドアップ。一ファンとしてキレそうになる僕。試合はまさかの所の判定勝利。試合後のマイクが究極的に意味不明で、懐かしの『HERO’S』の空気が創出された。

⑦吉田対石井
コメントの必要なし。強いて言うなら聞いてもいないローブローで時間とポイントを稼いだ吉田の『巧さ』が光った。ちなみにあまりにつまらない試合に母はパソコンをし始めた。ルーロンガードナー戦並みに『やっちゃった』試合を展開した吉田は引退を表明。止めはしない。

⑧魔裟斗対アンディ・サワー
魔裟斗の入場時、ビデオで録ったスーザンボイルを見始める。特別魔裟斗に興味がない事と、サワーにBETしていたこともあり、引退試合云々は関係なく終始「サワー!!」と応援していた僕。しかし魔裟斗勝利。記憶に残らない試合だったが、試合後のサワーの立ち振舞いに男を感じた。今度から応援したい。ちなみに矢沢心は意外や意外。泣かなかった模様。兄いわく、
「試合内容に納得がいかなかったのでは?」
と。シビアwww

⑨マヌーフ対三崎
魔裟斗のセレモニーをほとんど放送しなかったTBSの誠意には素直に敬意を表したい。マヌーフの1R決着を見ずに年は越せない。試合はマヌーフの秒殺。止めるのが明らかに早くはあったが、僕としてはあのまま続けていてもきっとマヌーフがボコスカパンチを入れていただけだろうと思うので不満無し。三崎は納得いっておらず。三崎、こんな時に言うのはなんだけど、復帰おめでとう。

⑩アリスター対藤田
感動するぐらい下馬評どおりの結末。止めるのが早いかなとも思ったが、アップになった藤田はめっちゃ苦悶の表情wwwかつて伝説となった『頭蓋骨見せ』はさすがに今宵は見られず。

⑪青木対廣田
来ました来ました来ましたよぉぉ!!笑
今大問題になっている試合ですねwwwミクシィのコミュニティ、格闘技サイトの掲示板、2ちゃんねる、さらにはヤフーニュースや一夜明け会見でも話題をかっさらった試合(笑)
まずは試合の流れについて。実はこの試合、青木は同じ総合格闘技団体『DREAM』に所属する川尻とやる予定だったんです。ところが興行全体が色々あって『DREAM』対『戦極』(同じく総合格闘技団体)という構図になり、川尻戦はおじゃんに。ってわけで青木は廣田ではなく、『企画に』キレていたわけです。
怒りの青木は強かった。本気で強かったし、見ていて怖かった。2段階でフェイントを入れながら3段階目で潜り込む鉄板タックル。これはまず切れない。片足とってバランスを崩し、足をすくって転がし、いつの間には廣田の右腕を捕獲。背後でクロスしながらマウント。もう青木は天才。感動した。ちなみにこの時僕は
「ヤレヤレヤレ・・・」
とつぶやいてました。
容赦のない打撃からどう移行するかと思ったらそのまま絞るというwwwエグかった。そして体を変えさせて見たこともない固め技。変形のアームロックは廣田の右腕だけでなく左腕も足でホールドしている殺戮の大技。そして・・・



『カキッ』音、入っちゃいましたねwww
廣田、脱臼によりTKOでした。
まず、もしこのブログを機に格闘技をあの日見てくださった方がいるのなら、謝ります。あのシーンは茶の間には刺激が強すぎたかも知れません。ごめんなさい。現に米田家も一度は悲鳴を上げました。
しかし、わかってもらいたいのは勝敗を競うスポーツであるなら怪我はあるわけで、それは格闘技に限った事でありません。だから是非、この一戦だけで『格闘技は野蛮』という解釈をするのだけはご勘弁下さい。
そして・・・そろそろいきますか(笑)試合後の青木の行動について。今日興奮状態を終えた僕らはその後、何度もこの試合をビデオで見直しました。そしてわかったのが、青木が試合後、倒れている廣田や試合を見守った観客に中指を突きたてたこと。あくまで僕の、僕の意見を言わせてもらいます。僕は、いいと思います。行為自体は卑劣だけど、でも結果的に客も選手もアレでヒートした。試合後の抱擁とかからの清々しさはなかったものの、そもそもこの一戦でストーリーが完結したら『DREAM』も『戦極』もかわいそう。試合後に青木は「あの行為は素直に謝ります」と言ったし、試合は青木の勝ちで間違いない(ちなみに相手の腕を折る行為も、セメントである以上仕方がない。攻めてしまうと格闘技の地盤が揺らぐ)。この試合を機に、青木が更にいい勝ちっぷりを続け、他の選手が「オレがあのふざけたヤツを止める」となれば、格闘技界にとってもいい風が吹くのでは?

というわけで総評。
K1はパーフェクトでいらなかったけど、ミノワマンが勝ち青木が盛り上げたから、この興行は成功だと思う。一番ポカしたのは吉田と石井。そして佐々木希。戦前も言いましたが佐々木希は本当に・・・やめてくださいwww詳しくないのは問題ないです。せめて・・・興味を持ってください(笑)わからない事は素人目線で解説者に聞いてください(ちなみにこの能力は小池栄子が長けている。)。せめて好きな選手に興奮してください(お手本は藤原紀香。追随者は西山マキ。)。仕事しましょ、ベストを尽くしてさwww
「ほんと素晴らしい試合ですね、ほんと・・・素晴らしいと思います」
なんてコメント引きつった苦笑いで言われても困ります(笑)
格闘技の力って不思議なもんで、絶対ハマらないだろうと思われる女性も虜になったりする。長谷川京子も小池栄子も藤原紀香も西山マキも始めは格闘技にドン引きだったわけだが、本当に素晴らしい『解説者』になった。虜にならなかったの井上和香ぐらいのものである。佐々木希、期待しとるど。
ってわけで色々やっちゃったDynamite!!、これにて一件落着。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。