楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~名言~
多くの人は市長が障害者だから街のバリアフリーが進んだと思っているが、事実は逆。街のバリアフリーが発展していたから私が市長を務められた
(byサム・サリバン前市長)
■READ MORE■
スポンサーサイト

落下運
昨日の飲み会は本当にアツかった。K君(飲み会ハッスラー)が後輩S君(反逆のカリスマ)の入ゼミ選考を影で救った話、テンポのいいトークについていけないEさん(将軍を従える踊り子)、方言なのか『そして』の使い時に『チャー』というMさん(敏腕ドライバー)、『ますだおかだ』を『おかだますだ』という同じくMさん(敏腕ドライバー)。K君(ハッスラー)が飲むように仕向けていたらいつの間にか自らも酔っていた後輩K君(理系として院に行くか就職するか人生の岐路に立っている通称『岐路なう』)…。19:00から23:00まで飲んだ長期戦、就活飲み(出陣式編)。書ききれなかった数々の笑いを残念に思う。

終電で帰ったわりに、今日は7:00起き。9:30から某金融会社でセッションがある。9:00頃に到着し、トイレへ。小便器の前の荷物置きに就活鞄を置き、用を足しているとまさかの鞄落下。便器に入らなかったのは本当にラッキーだったが、頭に落ちて来た時は一瞬天井が落ちて来たのかと思った。焦った。

セッションを終え、学校へ。しばらく新聞を読み漁った。過去の新聞を探しあて、引き出そうとするとファイルが丸々ドカドカと落ちて来た。注目を浴びたオレ、米田。軽く周囲に会釈した。自分の時代が来たと感じた。

『落下運』という全く欲していない運が今日はあるようだ。最低限の事をして帰るに限る。昨日も健在だったK君(飲み会ハッスラー)と後半数分に顔を出してビールを頼んだが誰かに飲まれ代金は支払った後輩U君(レンタルカーゴパンツ)と、学部のシラバスを受け取りに行った。
K君のタバコに付き合った。
後輩U君「ヨネ、またES見てよ。」
ヨネ「いいよ。」
後輩U君「昼飯食った?」
ヨネ「いや、行こうか?」
金はあるのか?オレ米田。
K君「オレは食ったけど、まぁ行くわ」

そんなこんなで食堂へ。
ヨネ「荷物ここ置いとこうか。」
K君「ヨネ、この食堂ラーメンある?」
ヨネ「あると思うよ。」
K君「ラーメンなら食べようかな(笑)」
後輩U君「昼食ったんじゃないの?www」
ヨネ「ラーメンは別腹かwww」

ESを見ながら食事をし、中庭で再びK君のタバコに付き合い、昨晩の荒れ模様な飲み会の反省会をしながら共に帰った。駅で別れ一人乗車。そんな時…。




Jさん(ジャムサンドジャザー)に渡し物があることを忘れていた事が発覚。学校へ戻った。今日はやはり、ツイてない。
さて、3/31が終わった。年度納めである。ただどうやら今回の節目は、今年度を総括するには実に実感がなく、かつ忙しい日となっている。だから、今回はまとめない。戦いは続く。そして戦い続けたい。今はこの気持ちを大切に、この日を飛び越えたいと思う。かかってこい就活!ほどほどで決まってくれ内定!!

就活出陣飲み
腕時計と就活鞄とネクタイは父の物を、スニーカーは兄の物を使っております米田です。

11:00頃起床し、昼に学校へ向かった。途中駅で降り、来る就活最盛期の4、5月、延長戦用の6月に向け、証明写真を焼き増しする。
待ち時間。改札前で勉強していると、





イカに会ったwww
プライベートなイカに会うのは初めてだ。軽く挨拶したが、隣りにはイカみたいに可憐な女性がいたため長くは喋らず。イカに彼女がいたとは不覚だった。ま、彼女とは限らないが。ちなみに女性はイカと腕を組んでいた。

学校に行き、昨日に続き今日もゼミの後輩のグループワークを見に行った。さらに19:00からサークルEで就活飲み。序盤はT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)やジャザーとまったり飲んでいたが、後半はK君(飲み会ハッスラー)と遭遇。
「チームメイトだよな?」
「ヨネお前変わったな?変わったのか変わってないのかよく分かんないや(?)」
と言われ、僕はとりあえず謝り、次の瞬間には飲んでいた。十分後には立てなくなっていた。
プリクラを撮って終電で解散。現在千鳥足。明日は朝から某金融会社の面接、夜は筆記の勉強。だんだん4月のスケジュールが大変な事になっていることに気付いたオレ、米田。踊りたい、遊びたい、バイトしたい、プロレス見たいけどここは耐えます。しゃーっ!!

~名言~
指令所の指示がありましたら、運転を再開致します。只今、指令所より指示が来ておりませんので、運転を致しません。もう一度繰り返します。指令所の指示がありましたら、運転を再開致します。只今、指令所より指示が来ておりませんので、運転を致しません。
by車掌(電車内放送より)
■READ MORE■

8:20に終わりし一日
改札の直前でオレを抜く者がいたら抜き返してます米田です。
エッセイに続き、個人的にとてもやりたい『格闘技』カテゴリーの更新は今回も出来そうにない。先日のK1。あきれる事を通り越してだんだん敬意すら感じるようになってきた佐々木希氏のコメント。

「中島選手は21歳ということで私より年下なんですよね。これはもう………凄いですよね」。

明らかに『やらされてる感』ありありの仕事ぶりだが、もしかしたらファンはこういうのを支持するのかもしれない。これが一年後、「私としてはあの時にすぐに立ち上がってアップライトの構えを見せた〇〇選手に大和魂を感じましたね」とかいうようになったら、感動するのにな。

勢い余ってもう一つ。先日亀田興毅対なんとかって選手のタイトル戦があり、興毅君が初めて負けたのだそうだ。『プロレス・総合格闘技好き』の僕はよく『格闘技全般が好き』と勘違いされ、K1だのボクシングだのと話題が持ち上がれば「あれってどうなの?」と聞かれる。「知るかwww」と言いたいオレ、米田。K1はにわかファン程度並に知っているが、ボクシングに関しては見てもいない。ファンですらないのだ。
ただそれを承知の上で、先日の敗戦、及びその後の再戦騒動について「あれってどうなの?」と聞かれたら。僕はこう答える。




よくないと思う。

今日はこれから入ゼミ活動がある。そのあとはゼミの3年生のサポート、んでWEB係の仕事、筆記テストの勉強だ。きっと忙しく楽しい一日だ。忙しすぎるから今日の日記はもうここで締めようと思う(笑)そうすれば、何が起きようとブログを書く時間が短縮出来るというものだ。朝8:30に一日の日記を書き終える…決断の早い一日になりそうだ。
明日は就活飲み。…我ながら、「忙しいのにこれは行くのか?」と問いたくなるが逆転の発想。行きたいから今日もっと頑張る。サァァァブ!!

オンリー勉強(3月28日の日記)
朝は11:00起き。5時間寝てしまったが今日の覚悟はハンパないオレ、米田。筆記試験に向け、猛烈な巻き返しを見せたいところだ。
昼から真っ先に図書館へ。閉館時刻の17:00まで、全く面白い事なしに勉強した。数時間で半年分の時事を頭に押し込んだ。トイレに行った際のつま先立ちトークを展開したいところだが、あいにく最近は兄の穴の開いていない靴を使っているためそれもない。図書館から出ると僕の自転車『松たかGO』に『ここに止めないでください』的な紙が貼られていたが深くは触れない。
帰宅したあとは、録りためた半年分のニュースを見ながら食事し、残り半年分の時事を学んだ。終了時刻は翌朝4:00。3月29日は入ゼミの仕事がある。前回は遅刻してしまったので、早く行きたいと思う。

出版社と真っ向勝負
メディア志望の僕だが、今日はちょいと変化球。某出版社の面接を受けに行った。提出したESも、提出するESも、我ながらひどいものだ。『本が好き』というアピールは一切しない。本気の本気でガチな文章。『よく購読している雑誌』のところには、『週刊プロレスを立ち読みしている』と書いた。
この会社を受ける理由は3つあり、2つは向こうにとっては本当に迷惑な理由である。
1つは、『都市伝説』をこの目で確かめるためだ。「出版社行ったら、いきなりイスがなくて。面接官はこっちがどんなリアクションするかを見たかったらしい」「なんか小物渡されて、『これ使ってなんか面白い事やって』って言われたんだけどwww」。同期や先輩、噂話から抽出した、出版社の面接話だ。僕はこれを聞いた時、真っ先に‘出版社受けよう’となった。これはオープンゼミディベートのチーム『敗北』で焼肉に行った時に、N先輩(トイレで変身する男)にも言ったのだが、「究極にテンパった時、自分がどうするのか見てみたかった」のだ。「とりあえずなんでも股間に持って行き下ネタに走る」のか、「右往左往して何もできない」のか。サークルやゼミとは違う、全く初めての相手を前に極度の緊張をかみ締めながら、究極のパフォーマンスを求められた時の米田一弘そのものに興味があった。都市伝説があるなら自分で確かめたい。もしあったらガッツリ真っ向勝負したい。僕の性格から行けば、今日の受験は必然ですらあった。
二つ目の理由は、『米田一弘がどこまで誠実にいられるか』を見たかったからだ。面接官を前に、『とりあえず内定が欲しい』その一心で「本が好きです。たくさん読んでます」と言ったら、今後僕は僕を軽蔑する。少なくとも今は、誠実な企業に誠実に真っ直ぐ正直でありたいと思っている。『読書感想文と論文執筆の時以外は、基本他人の文章は読まない男』米田を、僕はトコトン試したかった。就職活動は何より自分と見つめ合う期間だという。これぐらいやってもいいはずだ。
そして3つ目の理由が、衰退する出版業界を本気で残したいと思ったからだ。そう思ったきっかけや理由はここでは省略する。とにかくこの気持ちに嘘がない以上、僕はこの会社を受ける権利を十分持っていると感じていた。

受ける企業には誠実でありたい。昨日の夜はこの会社について調べまくろうと思っていた。ところが………ふりかかったWEB係のタスク。計3時間。また深夜1:30にK先輩(ドラクエクエスチョン)に電話してしまった。お陰様で一切企業研究できずに本番を迎える事に。でも電話は楽しかった。
ヨネ「あー分かりました!できました、教えていただいてありがとうございます。」
K先輩「いえいえ。お疲れ様です。」
ヨネ「はい、ありがとうございました!失礼します!」
K先輩「あ、昨日論文賞の表彰式だったよね?おめでとうございます。」
ヨネ「あ、はい!ありがとうございます!賞金もらっちゃいました!〇〇円です。」
K先輩「さすがゲーリーwww」
ヨネ「www」
『ゲーリー』とはK先輩だけが使いこなせる僕のあだ名。WEBの仕事でしくった際、「いつもウンコレベルの仕事しかできなくてすみません。これからは『ウンコ米田』と呼んでください」と言ったら、「それはかわいそうだから『ゲーリー(下痢)』にするよ」となったのだ。ちなみにK先輩(ダブルパソコン)には、僕は自称『WEBのエース』『真のゼミ長』としてやらせていただいている。

さて、ノー勉で挑む3/27のオレ、米田。行きの電車でESをチェックし、会場付近の駅に着いた。
「あの~、『〇〇出版』を受ける方ですか?」。
内気な性格で迫る面接にガチガチに緊張してるっぽい女の子が話し掛けてきた。勝手なイメージだが、その姿はまさに本が大好きな、『出版本命』な感じだった。2、3話して、今日の出版社が何を発行しているのかを聞いた。その後、まさかの
「本命は金融。」
とあっさり言われたりして楽しかった。

建物に入り就活生同士で話す。考古学を学んでいる就活生の、『先日発掘に行ったが、何か見つかってもみんな「やった。」という程度で意外にドライ』話には笑わされた。
いよいよ控室。普通に座っているように見せかけながら、実は足首を回すオレ、米田。僕は前述したように、本への経験値が浅く、かつ企業研究もしていないため、この面接の武器は飛び道具しかなかった。『イスがない』というシチュエーション用のダンスの構想は頭の中で出来上がっていた。部屋丸々全部使ってアクロバットやってやる。スーツで『土ジャンプ』『ピョンピョン』やってズボンの股割いてやる。ちなみにそれに備え、今日はいつもの黒スーツと違う濃紺スーツで参上している。

社員の方から今日の面接の説明が入る。
「社内にいる間は携帯切ってください。ツイッターとかで面接の実況中継されると困るので(笑)」
と笑いを誘う。
「面接は個人面接です」。
しゃー!何やっても他の就活生には迷惑かからねぇ!!『個人面接』=『自由面接』=『ダンス面接』。
「来場者順で面接します」。
よし早く帰れる!!
「時間は15分ほどを予定してます」。
できるだけ短めにしてくれるとありがたい。出来れば本関係の話は禁止で。
「荷物は持ち込まないでください」。
飛び道具は禁止か。リンゴは使えないようだな(2008年11月3日更新の日記参照)。
「ブースです」。
アクロバット出来ねぇじゃねぇかよwww


僕は、左右の就活生と話し始めた。
ヨネ「緊張しますね。」
右「そうですね。」
ヨネ「早めに終わって欲しいですね。」
左「え~せっかくだからじっくり話させて欲しいですよ~。」
いや、オレは炙られたくない。ウェルダンよりはレアでサッと火を通して欲しい。
ヨネ「でも個人面接でよかったです。」
右「なんでですか?」
ヨネ「いや、僕本の知識なくて。怒られちゃうかもしれないので、そうすると道連れになっちゃうじゃないですか。」
左「大丈夫ですよ~(笑)」
ヨネ「僕ホント本読まないんです。他社のESで『好きな本を5冊書け』ってあった時、なかなか書けなかったですからねwww」
右「www」
ヨネ「だから今日の僕の役目は、進行の妨害にならないようサッと終わって、面接官の機嫌が悪くならないうちに次に繋ぐ事です。」
左「そんなwww繋ぐ必要ないですからwww」

そして面接。いつも通り、その様子の詳細な叙述は避けるが、とりあえず都市伝説は…







なかった。
面接官はESから、僕が本に無知なのに気付いたのか、終始ダンスについて聞いてきた。そして、
「簡単に出来るステップがあればちょっとそこで」。
キタァァ!!!!!

就活飲みで、サークルEのとある男が「1×8カウントでダンスへの情熱を伝えた」と言っていた(2月26日更新の日記参照)。だから僕は2×8カウント踊った。サークルEの2010年就活ダンスギネス更新だ。

さてさて。結局噂の「面白いことやって」質問もなし。終始和やかだった。ありがとう面接官。僕も最後まで嘘は一つも言わなかった。
目的の3分の2は達成した。僕は満足だ。本気で出版には生き残って欲しいけど、その目的のためにこれ以上僕なんかの相手をしていただくのは申し訳ない。最後に一言を求められた時は、自ら「今まで本は読んでこなかった」と言った。そう、僕は自らこの会社に、遠回しにさよならをしたのだ。就活は十人十色。内定のみを狙うヤツもいれば、こういうヤツもいていいはずだ。さぁ、闘いが始まるぜ。

まだ午前が終わったばかりなのに、3000字も書いてしまった。色々時間潰されちゃうから、それへの反逆です。今日の日記はこれでおしまい。このあとは、ずっっっと勉強します。

所在なきニンニク
朝は8:00起き。10:00に学校に着いた。校門で出会ったのは、ここであったが3年目。後輩E君(グラン浜田)。このキャンパスで彼に会うのは初めてだ。どうやら、ゼミの選考会のため受け付け票を出しに行くらしい。
ヨネ「うちのゼミ来いよ!笑」
来られても困るオレ、米田。
後輩E君「ヨネ先輩のゼミですか?絶対嫌です。」
笑顔で全力否定の後輩E君。ゼミ軸でなくヨネ軸で嫌われた気がしてならなかった。

ヨネ「へぇ、そういう系のゼミにするんだぁ?マーケティング系は?」
後輩E君「サークルよりゼミ優先みたいなのは嫌です。死ねって思います。」
ヨネ「その頂点のエグゼミだよこちとらwww」
後輩E君「あ、『死ね』っていうのは『ヨネ先輩のゼミ死ね』って意味じゃないですよ?『ヨネ先輩死ね』って意味ですよ?」
ヨネ「そうならば言わない方がいいよねwwwなんでオレ朝10時から後輩に『死ね』って言われてんだよwww」

生協でヘアワックスを買い、グル学へ。K君(サイクリングサイクロン)と、多次元論文最後の活動を行った。
12:00からは論文賞の表彰式。いやぁありがたい。大きな賞を取るのは中学の卓球部で区で5位になった時以来か。
WEB係のくせに、昨日の飲み会に引き続きカメラを忘れたオレ、米田。P先輩(コードネーム:バランスボール)とSさん(牡羊座の女)が持って来ていたのには実に救われた。
嬉しかったのは寿司が出た事。豪華な昼食である。サンドイッチ、ビールも堪能し、いよいよ本当の表彰式へ。K君と朝完成させた、論文リーダーのSさんへの色紙2号を贈呈した。なお、12月下旬に出来上がった色紙1号は、K君が山手線の網棚に置いて以来行方が分かっていない。K君セレクトの万年筆も
「僕たち二人、不束者でしたがありがとうございました。」
と贈呈し任務完了。喜んでいただけてよかった。
携帯の料金が払えるぐらいの賞金もいただきましてご満悦のオレ、米田。某サービス企業の面接へ。1分前に着いた。手応えは…。

さらに17:30からは某金融会社のリクルーター面接。最後の最後に言われた
「ちなみに今日、何食べました?」
はショックだった。
ヨネ「サンドイッチですけど。」
ちなみに、朝は何も食べていない。
リクルーター「そうですか…。」
ヨネ「え、僕なんか臭いました!?」
リクルーター「ちょっとニンニクみたいな臭いが(笑)」
ヨネ「失礼しました!!」
といいながら、無意識に屁をこいていたわけではない事に薄く安堵した。ちなみに、昼食にニンニクなど一切食べていない事は、ちょっと気まずい感じになりそうだったので言わなかった。

さて、明日はちょっとある意味大勝負。就活に集中しないと筆記がやばいという状態で、ふりかかり続けるWEB係の任務。更新したと思ったら締め切りに遅れた人から『更新よろしく』、更新したと思ったら・・・の繰り返し。WEB係の宿命なのか。仕方がないので、ブログを切ります。明日から簡易な感じにして、人生を優先したいと思います(笑)
本気モードでピンチモード。今日もがんばるど。

ゼミの‘後輩’決定
毎日日記を書く人は自殺率が高いそうです。米田です。いっそ人の何倍も書いて僕が確率下げまくってやろうと思います。

朝は7:00起き。入ゼミ選考本番だ。朝早く集結したOゼミ生と、Oゼミへの入会を志望する2年生。僕の仕事は前々から言っているようにグループディスカッションの司会進行のみ。本番前数分の打ち合わせだけでできる楽なタスクである。人前で喋るのは得意ではないが、さすがの僕もこれぐらいはできる。

出番は15:00。それまで、去年自分がやってもらったように、『待ち時間をハラハラして過ごす二年生と話し、緊張を和らげる役』をやった。人見知りでかつ、大したトーク技術も持ち合わせていないが、懸命に話した。我ながら不器用なトークだったが、向こうからしたらいい暇潰しにしてもらえたかなと思う。

15:00からグループディスカッションの司会、さらに全てが終わったあと、ゼミ生で選考会議。ここでもちょいちょい意見を言った。1時間越えの会議の末に新Oゼミ生が決定。入ゼミ係のKさん(ヒップキャッチャー)が安堵と喜びで早くも涙。僕自身はあまり力になれなかったが、でもなんか、ちょいといい気分がした。
その後恒例の懇親会。つまり飲み。なぜかぶっこむオレ、米田。『いいちこ』とおっしゃるお方を6口ほど。慣れない豪飲。悪夢の6.25を思い出した(2009年6月27日更新の日記参照)。

今日は初対面の人と喋ったり、進行したり、人前で喋ったり、強い酒飲んだり。慣れない事して疲れちった。少し休む。
3月下旬。就活勉強追い込みと、ゼミの『後輩』の指導なんかもあったりして。頑張りたい。

兄の教え
大勝負+睡眠不足=ピリピリモードの米田です。

ここ1年で、兄に感心した事は2つある。1つは、決してテレビ番組の録画を忘れない事だ。特に『天才!志村動物園』と『アルフ』への執着は並々ならぬものがある。兄は録画のコツについて次のように語っている。
「毎回わざわざ録画するんじゃなくて、『週設定』にしているんだ。」。

もう一つ感心したのは、歩道での自転車マナーだ。
「歩道は歩行者の道だから、チャリンチャリン鳴らして歩行者をどけて走るのは違うと思うんだ。僕は降りるか、声で『すみません』とか言って通るようにしてるよ」
とは兄の言葉。それを聞いてから、僕のチャリンチャリン率は確かに減った。ただ、兄のように「すみません」というのはなんか慣れず、咳払いしたり歌を口ずさんだり
「カァァァアウッ!!!」
と痰を引きだしたりして歩行者に気付かれようとしているが。

7:30頃に起きて、面接へ出発。自転車を駅まで走らせる。時間帯の都合で、小学生が多くいた。僕は何となく、擦れ違う時に
「すみません」
と言ってみた。自分より3メートルぐらい背の低い少年少女にもちゃんと頭を下げる自分に『らしさ』を感じ、少し誇らしくなるオレ、米田。すると、

「すみませーん。」
「すみません。」
小学生も口々に声を掛けてくれるではないか。これには驚いた。



「すみません」。
負けじと再び謝罪するオレ、米田。清々しい。
残念なことにこうした挨拶が一番できない世代が僕らの代だ。小学生にできて、園児を連れた父兄の方々もしてくださり、さらに上のご老人はわざわざ足を止めてお辞儀をしてくださる。礼儀のスキップ期間が生じてしまうのは残念だ。地球上の20代の責任を一身に背負い、僕は今後礼儀を尽くしたいと思う。

大勝負の某メディア会社の面接。面接前に、受かった場合の次の日程が、僕の第一志望とかぶっている事を知った僕。ボルテージやや下がり。

面接を終え、一旦帰宅。途中図書館に寄り、筆記対策への秘策『新聞ダイジェスト』を受け取った。家で昼食を食べ、別キャンパス(ダンスキャンパス)へ。図書館でESを書き、勉強したあと20分をだけ踊った。
汗だくになりいよいよ入ゼミ選考の打ち合わせをしに本キャンパスへ。18:00の集合に遅れる事20秒。到着。
Aさん(虫ハンター)「ヨネ、寝不足なの?目が腫れぼったいけど?」
ヨネ「実は昨日今日と2時間ずつしか…」
Aさん「あ、眼鏡してないからそう見えるだけか。」
K君(サイクリングサイクロン)「それヨネに失礼だよね(笑)」
ヨネ「いやK君、その発言が失礼だからwww」

そんなこんなで打ち合わせスタート。割りと順調な進みを見せる。20:30には完全退散。明日は既報の通り、かなり楽なポジションらしい。頑張りたい。

さて、4月の選考スケジュールがどんどん進んでいる。ゼミとの両立は課題だが、とにかく就活だけは納得するまで徹底的にやる。楽しくて仕方ない。頑張るぞい。

盤石の追いパ出陣
今日はサークルEの追いパ。サークルEと絡む日は万全のコンディションを整えて臨まなければならない。でないと、心を折られる。根こそぎ潰される。
2つの作戦を練っておいた。まずは出会いがしらのトーク。
「ねぇ、最近さぁ、口内炎が口の外側に出来たんだよ。見る?ほら。これ、オレの中では『米田』って呼んでるんだよ。ほら、サークルEの中でオレ、みんなの中に入れてほしくても入れてもらえないじゃん?だからさ。」
これを掴みのトークに持ってきて、様々な人に言い聞かせ、そして陰では「アイツまたあのネタ使ってるよ(笑)」と言って喜んでもらう。我ながら1ネタで2度おいしいものができたと思った。

そしてもう一つは先輩へのビデオレター。撮影した日、オーガナイザーの後輩Y君(迷える子羊)には「編集とかガンガンしていいから」と種をまいておいた。しゃべった時間は30秒。もちろん、僕一人でしゃべった。目のところにモザイクがかけられていたら「いらないよね、絶対これいらないよね」と言うし、映像が白くなるなりのハプニング加工がなされていたら「ここなんとか上手く出来なかった?」と言う。『サークルEのOBから』的な字幕が入っていたら「やめてねぇよ!やめさせられそうなだけだよ!」、僕がスクリーンに映った瞬間に会場内にブーイングが起きたら「映像までいじるのはやめてください」と言う。「米田なんで一人で撮ってるんだよwww」と茶化されたら「違うよ、皆誘ったんだけど誰も来てくれなかったんだよ」と言う。その準備が僕にはあった。

朝は10時起き。勉強して追いパへ。万全の状態。もちろん一人で向かう。道に迷う。早くもリタイアの気配が出てきたところで、Y君(省エネロッカー)からメールが。一緒に行ってくれるらしい。
某駅で待ち合わせ。後輩E君(グラン浜田)たちが来た。
後輩E君「おう!」
ヨネ「いや『おう!』じゃなしにwwwお疲れ。Y君見なかった?」
後輩E君「Y先輩は、死にました。」
ヨネ「死んでないよね。もし死んでるなら今日違う会をしようよ(笑)あ、お前今日チーム出るよね。楽しみにしてるから。」
後輩E君「いやぁイマイチ練習できてないので。」
ヨネ「それやばいよ(笑)割と今日、大事な日だからwww」
後輩E君「就活の方が大事ですよ。じゃ。」
ヨネ「待て待てwww今日それ忘れさせてwww」
後輩E君「www」
ヨネ「忘れるために今日ちょっとカジュアルめな格好で来たんだから。」
後輩E君「てかその格好やばくないですか?笑」
ヨネ「え、マジで?!」
後輩E君「まぁヨネ先輩はもともとやばいですからね。」
ヨネ「あぁ、来ること自体?笑」

Y君たちと合流したオレ、米田。M君(暴れん坊将軍)、M君(若武者)、後輩H君(僕がいなくなった今年度から、サークルEで生き生きし始めた一つ下の後輩。)もいる。
ヨネ「え?『セミフォーマルな格好』ってスーツの事なの?」
Y君「てかその格好やばくない?」
将軍「ヨネ、ふざけんなよ!」
若武者「ヨネwww」
Y君「そこでスーツ売ってるから買って行けばいいじゃん。」
ヨネ「いや買わないけどさ(笑)だってメーリスで『フォーマルよりカジュアルめで』とかって。」
後輩H君「信じたんですか?」
ヨネ「それは仕方なくない?」
後輩H君「じゃあ先輩たちのせいってことですね。」
ヨネ「違う・・・これは・・・そうだ、オーガナイザーの後輩Y君がいけない。ってオレどんだけちっちゃい奴だよwww」
Y君「そこにスーツ売ってるから買って行けばいいじゃん。」
ヨネ「さっき買わないって言ったよね?あ、後輩H君。オレさ、口内炎が口の外側にできたんだよ。見たい?」
後輩H君「いいです。」
何?!
後輩H君「見たくないです、絶対見せないでください。」
ヨネ「オレ一回しか聞いてないのに何で3回断った?」
後輩H君「wwwあ、ヨネ先輩。就活どうですか?」
ヨネ「他に聞き方ない?wwwまぁ頑張ってますよ(笑)それにしてもセミフォーマル・・・マジへこむわぁ。きっと最初は『ヨネその格好できたの?』とかいじってもらえるんだよね。でも出落ちだと後半失速するんだよね。」
後輩H君「出なければいいんじゃないですか?」
ヨネ「あぁ会自体にね(笑)失速と言うよりもむしろ始まらないみたいなwww」

会が始まった。ショーケース、バトル、どれも本当に格好良かった。踊りたくなったというのが本音だが、我慢すべきである。食事タイムがあってその後ビデオレター。意外だったのは多くの人が一人で撮っていたこと。持ちネタの一つの可能性が断たれた。
そしていよいよ、僕のメッセージの直前となった。
プツン・・・。


スクリーンの映像が消える。
‘なるほど、ハプニング加工パターンか・・・。’
「ここなんとか上手く出来なかった?」
を用意するオレ、米田。しかし・・・




ザワザワザワ・・・。
機械トラブルと勘違いし、DJのいる方向なりをキョロキョロするサークルE。
「映像、どうしちゃったんですかね???」
と後輩E君。
「違うんだ・・・これ、きっと後輩Y君(迷える子羊)がやってくれた演出なんだ・・・。」
大きな誤算だったのは、僕の認知率が低すぎたことだ。『いじめ』と『いじり』の境界線を天気並みに不安定な状態で行ったり来たりする僕のビデオレター。あのザワザワ感は、僕の認知率が高ければ会場の「ヨネドンマーイ!!www」でいけたはずだ。僕はただただテンパり、下を向いて時を過ごした。

ビデオレター大作戦が個人的に失敗に終わり、ガチでへこむオレ、米田。しかし、後半の先輩たちからのコメントは感動しちまった。いやぁまいった。
会が終わり、早々に帰った。明日は大勝負の面接なのだ。ガチガチでいきます。今から色々勉強じゃ。

追いパバトル告知
筆記試験を一つ終え、今は明日の追いパをひとまずガッツリ楽しみにしている。僕は特別ステージには立たないが、同期の大半は恒例のバトルという形で出場。メンバーがまた来い。ということで、いつかのようにまた告知して煽りたいと思う。出場チームは8つ。果たして優勝はどのチームだ!?


①T先輩(ダンスサークルB29)、S先輩(リトルハウスマスター)、M君(若武者)のチーム『マッチョと小人のブレンディ』
ブレイカーゆえのマッチョボディを持つT先輩と、ハウス&ロックで背の小ささぶりをいかんなく発揮しているS先輩とM君の異色タッグ。いきなりですが、優勝候補かも。同期の中で最もうまいと定評のあるM君、バトル経験豊富なS先輩に、先日グアム旅行に行った際に砂浜でエアーチェアーを決めたT先輩。なかなかないタッグだけに、個人的にはルーティンが楽しみ。唯一の懸念事項はヒップ系の重いビートの曲が来た時に対応できるかどうか。DJが明暗を握ると言っても過言ではない。

②Y君(シューティングスター)、R君(シャイニングブレイカー)、後輩Yさん(元副代表)のチーム『インパクト』
ブレイク二人が組んでしまうというなんとも奇妙なタッグ。インパクトで一気に持っていけるか。後輩Yさんの方は実力が大いに称えられ今季副代表に。ガールズがバトルに対応するところを是非見てみたい。先日後輩たちとスノボに行ってさらなるバランス感覚を身に付けたY君の大技にも期待。そして就活生としては、R君のダンスを見てエネルギーを頂きたいとも感じている。

③M先輩(鬼ロッカー)、後輩M君(野人)、後輩T君(1年生)のチーム『野性味』
M先輩が入ったチームは常に優勝候補ではあるものの、今回はタッグ経験のない二人とのチーム。ブレイキンブレイキンにブレイキンで合わせるM先輩・・・想像するだけで格好いい!そこで後輩M君がクランプやったりして(笑)空気を読むな、野人!やっちまえ!みたいのはエンターテイメントだ!

④Y君(省エネロッカー)、後輩M君(ボーグのラストエンペラー)、後輩Dさん(ハウスの実力者)
1回戦にとにかく期待できるのは後輩M君のボーグ。これまでは、M君(若武者)と見事なルーティンをかましたり、相手のM先輩(鬼ロッカー)を挑発しながら踊ったりと暴君ぶりを発揮してきた。今回は・・・まさか省エネを使うのか?!基本的にどの曲が来ても対応できるこのチーム。インパクトで持っていけたら、一気に優勝確率が上がる。

⑤L先輩(一人操り人形)、K先輩(レジェンドオブ肝試し)、K先輩(最強最恐ジャザー)のチーム『最強』
ずるいチーム(笑)L先輩は築地でとんかつを食べる異端児ではあるが、バトルになれば見事なロボットぶりを披露する。K先輩は圧巻のヘッドスピンを見せてくれるでしょう。是非決めてほしい。注目はK先輩。記憶の範囲では、僕はK先輩のバトルを見たことがない。引退記念イベントで最後に魅せる本領とは・・・?ヘッドスピンやってください!!笑

⑥M君(暴れん坊将軍)、後輩S君(完璧男)、後輩Y君(なぞのポッパー?)のチーム『代表』
同期の代表のM君と現代表の後輩S君に1年生の後輩Y君をドッキング。後輩S君の完璧ぶりが楽しみだが、侮れないのは後輩Y君。確かポッパーだったような・・・。チーム名を堂々と『代表』としてしまったので、ちょうどいいから来季は代表になっていただきたい。

⑦K君(飲み会ハッスラー)、後輩Y君(ルーティン製造機)、Mさん(鬼神)のチーム『ギリギリ単位』
K君は先日の就活飲みで新旧の話になった時だけ話の中心から消えた。Mさんも意外に授業には出ておらず、また後輩Y君は言わずもがな常に留年覚悟の出席状況で大学に臨む。就活のフラストレーションを一気にぶっ放すか3年生。コマ責のフラストレーションを解き放て後輩Y君。ただK君に関しては、バトル後の飲みもあるので、そのあたりでの活躍用に抑え目なダンスをする可能性あり。

⑧後輩O君(ザ・スイッチング)、後輩U君(レンタルカーゴパンツ)、後輩Sさん(ライアー)のチーム『爆風』
暴走族みたいなチーム名をつけてしまい申し訳ない。台風の目になってほしいという願いでこう名付けた。後輩U君に関しては同じ3年ではあるが、期としては皆僕の後輩にあたるこのチーム。雰囲気にのまれるようなヤワな精神ではないが、観客の先入観が最も不安。ただ後輩Sさんは夏合宿のバトル、1月の1年イベのバトルで会場を熱狂させたバトルの実力者。起こせるぞ台風!季節の変わり目だし!

この他、2部構成のショーケースあり。出場チームはボーグチームとして徐々に他校でも話題になってきている後輩M君(ラストエンペラー)らのチームIや、鬼ロッカーの歴代の『弟子』たちが総出で踊るロック、最後はジャズの4強が締めたりともう大変なことになってます。
ちなみに僕は、ロックチームにも出られません。そもそもM先輩から誘いが来なかった・・・い、いや、忙しくて練習が間に合わなかったのです。先日Y君(省エネロッカー)に会った際、一時僕は参戦を迷った。
Y君「オレ10×8カウントも踊らないと思うよ。」
ヨネ「え?じゃあオレ今からでも踊れるかな?!!!」
Y君「まぁカウント数的には全然できるんじゃない?」
ヨネ「え~~~出ちゃおうかな!!」
Y君「あ、でもこの間立ち位置入ったから無理だわ。」
ヨネ「・・・」
というわけで出場は断念。下から応援しまくります。
というわけでちょっと書いたら楽しみになりすぎてしまったオレ、米田。明日、楽しんできます!!


撃沈
口内炎が口の外に出来ました米田です。
いつももちろん本気だが、昨晩の僕は我ながら半端ない集中力だった。気付けば4時間ぶっ続けの勉強。2009年及び2010年序盤のあらゆるスポーツのニュースを頭にぶち込んだ。マークシートであることはわかっていたので、少なくとも『見れば分かる』ようにしておいた。携帯の電源を切り、部屋にこもり、聞こえるか聞こえないかぐらいの音で音楽をかけ、自分だけの空間を作り上げた。ちなみに休憩時間に携帯の電源を入れたが一通もメールは来ていなかった。
テニスのフェデラー、水泳の入江…縁の薄いスポーツも見たし、オリンピック期のスポーツ新聞はあるもの全てを見返した。しかし…。

4時に寝て、朝は8時起き。数か月振りの自力起床。
「一弘が自分で起きるからなんか色々狂っちゃった。」
と家族に咎められる中、1時間程勉強した。13:00からの試験に向けて出発。12:00頃、会場に着いた。
ビッグウェーブに関してはトイレで冷静に処理し、席に着き直前勉強。30分もしないうちにトイレに帰還したオレ、米田。コレ、緊張。

さて、万全とは言えないながらも、なんとか自分のやれる限りまで追い込めた今日。試験に関し一つ意外だった事がある。マークシート式試験のあとに行われる予定だった作文テストが、WEBテスト的なものに今年から変更されている。武器を一つ失った僕。マークシート試験を開始。


『石川遼は賞金王となりましたが、総獲得賞金は次のうちどれ?』
深すぎるだろwww

世の中、ありがたい。また一つ学ばせていただいた。『広く浅く』じゃない、『広く深く』だとな。

計2時間程のテストを終え、無論無駄に居座る事なく早々に帰るオレ、米田。こんなの遊びだ遊び(笑)全然気にしてねぇ!笑


帰りの電車。向かいに座っていた女の子がこちらを向いてヤケに笑顔になっている。意外だ。基本的に大体の幼児は僕と目を合わせると泣くものだが。いとこの子供も含めて(2007年3月22日更新のエッセイ参照)。
違った。僕の背景の窓ガラスに自分が写っているのを喜んでいるだけだった。素直な心を持っておる。羨ましいものだ。

さらに電車を乗り換えると、2人の少女ABが父母にそれぞれ抱えられ着席。少女たちはバーキャンディーを舐めている。あの、後半ホッペとかに下手に接触するとそこのベタベタが気になってしまうお菓子である。詳細はコチラコチラ
すると、一方の少女Aがバーごとキャンディーを落としてしまった。当然お母さんはそれを回収。紙に包まれる飴を寂しげに見つめる少女A。その時…
もう一方の少女Bが手招きして『おいでおいで』をするではないか。まさかと思い見ていたら………少女Bは自分のキャンディーを少女Aに差し出したではないか。これ以上ないぐらいの笑顔で頬張る少女A。





感動して、危なく泣くところだった。

今日はこのあと割りとゆっくりできる。もちろん猛勉強するけどな。明日はサークルEの追いパじゃ。去年はオーガナイザーのT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)とMさん(ダブル激写)の演出に泣かされてしまったが、今年は後輩Y君(迷える小羊)。今ホロッと来たら止まらなそうだwww
頼む、シンプルにして出来るだけ感動しない感じにしてくれ!!笑

シリアス米田、第一次ピークへ
就職活動を満喫してはいるものの、どうしても終わったら何をしたいかを考えてしまうのは僕だけではないと信じている。今日、幾つか浮かんだ。無駄にランキングにしたいと思う。


10位:成績荒稼ぎ
学校の成績が3年生でガタ落ちになった。後期は単位も落とした。悔しすぎる。このままじゃ終われん。授業全部出て、時には取ってない授業にも出て馬鹿みたいにいい点数とってやる。

9位:思い出の地・人巡り
理由は簡単。ESを書いていたら懐かしくなってしまったからだ。卒業し、社会人になったらそんな時間もないだろう。かつてのアルバイトのメンバーや小学校の友達など、歩き回ろうと思う。電車とかも使うけど。

8位:運転
もう何か月運転してないのだろう。そろそろしないと。あれ?右がアクセルだっけ?左がアクセルだっけ?

7位:裁判を見に行く
色々理由はあるんだけど、社会人になる前にこの目で裁判を見たい。確か中学生の時に一度見に行ったことがあったが、その時とは違った印象を持つだろう。

6位:本を読む・資格の勉強をする
もう少し落ち着きがあってもいいのかなと。資格があってもいいのかなと。そのように思います。

6位:エッセイを書く
エッセイ、書きたい。今すぐ書きたい。ブログをやっていなかった高校時代は週に一回エッセイを書いて山岳部の掲示板に載せていたものだ。またやりてぇなぁ。

5位:バイトする
リアルな話、金がなければ生きてはいけない。そして今、金がない。ならばやるしかないでしょう。K先輩(ダブルパソコン)が勧めてくれてるバイトもあるし、あるいは自力で探してもいいし。なかなかスポーツ用品店ほどアツいバイトはないと思うが。

4位:卒論
テスト勉強、アルバイト、サークル、ゼミ論文。大学生活はこれ以上ないくらいエンジョイしてきたし、それなりに結果も掴んできた。就活が上手くいけばさらに文句なし。最後の仕上げは卒論だな。きつそうだけど、ゼッテー手は抜かない。サークルと見事両立させてやるよ!

3位:プロレス生観戦
もう数年してない。みちのくプロレスか全日本プロレスかドラゴンゲートを見たいです。あと出来れば・・・メキシコに一人旅したい。んで、本物のルチャ・リブレを目にしたい。人生初海外の目的はプロレスで決まり。

2位:ダンス
無論。クラブイベは就活が失敗しようと絶対出る。にわかポップロックチームやりたいし。で・・・これは卒論次第だけど、是非是非学園祭も出たい。それも思いっきりコマ数とって。僕の頭がよろしければ叶うはず。現時点では、厳しい。

そして・・・『ダンス』を2位に収めた栄えある第1位は・・・


1位:靴を買う
ガチで、そろそろ買う時間をお金が欲しい。両足のかかとが貫通し、私服の時は完全に素足で歩いている感覚。お陰様でかかとの皮が若干硬くなって進化を遂げたが、公衆トイレをつま先立ちで過ごす生活にはそろそろ区切りを打ちたい。


さぁ楽しい事、いっぱい。頑張るぜよ。
朝は11時起き。12時から、隣駅の図書館へ。『新聞ダイジェスト』を読んだ。閉館時間までずっと、時に書き写し、コピーし、つま先立ちでトイレに行き、5分仮眠をとり、15分後に起き・・・。
明日は某スポーツ新聞社の筆記試験。倍率は3倍。現在の平均点では明らかに通過は不可能。今日追い込むために、オリンピックの新聞はとり置いておいた。卒論の要旨は数日前に提出を終え、入ゼミのレポートは昨日終わらせた。シリアス米田、今晩第一次ピークを迎えます。外界との連絡を絶つ意気込みです。打倒、米田!!(?)

いらない県などないのです
手袋、携帯、ハンカチ、切符………電車で人が座席を離れた時、取り残されるものはこれぐらいのものだろう。しかし今日、びっくりするようなものが残っていた。






ミカン。
20100320225910

どうも。小さな幸せ配達人、米田です。

朝は11時起き。家族で食卓を囲み食事。
父「佐賀県って何にもない県だね。恥ずかしい県だね。」
何を言う(笑)
一弘「吉野ヶ里遺跡があるよ。あ、でも特産物はなんだろう。」
兄「江頭2:50。」
一弘「別にあれ生産してるわけじゃないからwww単に出身地ってだけだからwwwでもいらない県ってなんだろうね。宮崎か!?あ、東国原頑張っちゃったからな。」
兄「高知は?」
一弘「野菜豊富。」
兄「鳥取は?」
一弘「砂丘がある。山口か!?」
兄「長州力の出身地だよ。」
一弘「徳島は!?」
父「徳島は桃だ。」
一弘「そりゃいかんな。僕桃好きだもん。」
父「そっかぁ(笑)山形か!?」
一弘「いや、ぶどうがある。」
父「ん、さくらんぼだろ?」
一弘「そっか。」
兄「滋賀は?」
一弘「ダメ。琵琶湖がある。」
兄「だからなんなの?」
一弘「だって日本一だよ?」
兄「そっかぁ。」
一弘「あ、三重は?」
兄「………!」
一弘「あ、県庁所在地が『津』で一文字だ。珍しい。」

出発。13:30から、某金融会社のセッションを受けた。ちょっと色々あって志望業務が変わりそうだが、それもいい。30分程の面談のあと、帰ろうとエレベーターに乗るとそこにはI君。高2の時同じクラスで、大学進学後は彼のコンサートに足を運んだこともある。
I君「月末のクラス会、行く?」
ヨネ「サークルの就活飲みがあるから夜は行かんけど、花見はちょっと顔出すよ。K君がせっかく企画してくれたしな。」
I君「いや、みんなは暇だから(笑)」
ヨネ「え?」
I君「だってうちら理系のクラスじゃん?みんな院行くんだよ。」
ヨネ「てことは文系の学部行ってるオレたちは、行ったら負けなパターン?」
I君「そうwww」
ヨネ「うわぁどうしようwww」
行きたいから、行けるようにそれまでに必死こきます。
メディアセンターに行き閉まっている事を確認したあと、別キャンパス(ダンスキャンパス)へ。メディアセンターに行き閉まっている事を確認したあと、食堂の1階で某出版社のESを書いていた。
90分後ぐらいに、メールで呼び出したY君(省エネロッカー)が登場。ESを見てもらった。
Y君「オレ、ヨネの字見るの初めてかも。」
ヨネ「素直できれいな字だろ?」
Y君「いや。」
ヨネ「そうだよね。まぁ読んで見てくれ。」
目を通すY君。
Y君「オレESあんま読んだ事ないけどさ、これひどくない?www『普段購入してる雑誌』に『週刊プロレスを立ち読みしてる』ってwww」
ヨネ「いや、嘘つけないからwww」
Y君「そこはいいだろwww」
ヨネ「あ、お前何時まで大ジョブ?」
Y君「18:00頃には食事行くわ。」
ヨネ「じゃあオレもその時間におじいちゃん家行こうかな。」
Y君「寿司か。」
ヨネ「オレのおじいちゃんね、寿司が好きなんだ。」
Y君「知ってる。」
ちなみに、祖父は最近コンビニの冷やし中華にもハマっている。
僕はY君に、これまで経験した面白就活話を披露した。就活をしていて本当によかったと思う。
Y君「今度テストセンター受けるよ。」
ヨネ「そっか。オレこの間全然できなかったからな。」
Y君「え、ムズいの?」
ヨネ「いや、オレなんていうかさ…馬鹿なんだよ。」
Y君「うん、知ってる。」

馬鹿米田はY君と1時間程話し、解散。
Y君「そろそろ行くわ」
ヨネ「オレもそうするわ。あ、デートじゃないから。」
Y君「てかおじいちゃん家だろ。」

僕は祖父の家に行き、近頃の就活の話をしながら父、兄と4人で食事をした。
21:00、スーパースターの一弘だけ退陣。自宅へ帰って来た。
今日はこれからもう勉強。不覚にも『ブラッディマンデイ』の最終回の後半15分をOAで先に見てしまったので、思い残すことは何もない。頑張るぞい。

新しいことわざ完成
ピリピリモードな米田です。でも、ブログは書きます。やめられねぇwww

4月に向けて、健康な生活リズムに戻そうとしている。行く手を阻むゼミ活動、四字熟語、そしてブログに負けていられない。
朝は渾身の11時起き。食事をとり、ガッツリ勉強。新聞のスクラップを見ていた時、ふと思った。
‘今日、髪切ろう’。
いつもの美容院に電話をする。
米田「予約お願いします。」
スタッフ「はい。お日にちはいつになさいますか?」
米田「今日で。」
スタッフ「担当者のご希望がございますか?」
米田「イカ・・・じゃなくて○○さんで。」
スタッフ「○○ですね。お時間の希望はございますか?」
米田「いつでもいいです。○○さんは何時が空いてますか?」
スタッフ「14時のみとなっております。」
じゃあなんで希望の時間を聞いたのですか。
米田「14時で。って今ですよね。」
スタッフ「そうですね。」
ノリツッコミするオレ、米田。
作業を止め、自分勝手な美容院に振り回される格好で外出。きっと将来運よく嫁を貰ったら、こんな生活になるんだろうな。

美容院に到着。
「そちらに座ってお待ちください。」
とスタッフ。この誘導。実に不愉快だ。実はこの美容院。待ち時間2段階システムを採用していらっしゃる。受付前で座った後、カットするイスに移動し、そこでまた待たされるのだ。そして決まって、この受付前に座った瞬間すぐ移動を要請される。
‘そうはいくか・・・’
しばし座らずに時間を稼ぐがまだ要請が来ない。仕方がない。着席。
「米田さーん、お待たせしました。」
これからお待ちしたかったところだよ。
新しいことわざができたので紹介する。

【座ってすぐイカ】:
ありがたいけど、
そんなところが確実にイラッとすること。


さて、イカと遭遇するカット席へ。無論ここでまた待たされるわけだ。机に放ってあった雑誌を見る。『あなたの恋愛だまされ度チェック』。Yes/No形式の質問に答えていく。




『危険度95%★★寂しがり屋なあなたはすぐに人の優しさに感動し、ちょっと甘えられたり褒められたりしただけでその人のために尽くしてしまうでしょう。気づいたら手持ちのお金がなかった!なんて事にならないようにしましょう!!』
・・・簡単にキュンとなったり尽くしたりした経験は、思い当たる節がいくつかある(実例1実例2実例3実例4実例5実例6)。てか、ここにこの時間帯に来たのもある種詐欺みたいな段取りだったしな。ただ、この雑誌の『★』的なそれがむかついて仕方がなかった。

さて、ようやく来たイカ。就活でピリピリモードのオレ、米田。癒しとさっぱりリフレッシュを求めてこちとら来店している。就活トークはやめろよな!?
イカ「こんにちは!」
ヨネ「こんにちは。」
イカ「就活どうっすか!?」
空気読め!!!!!www
その後のイカは結構リアルにウザかった。このシリアス米田に向かって、
「僕の友達で、『志望動機はノリです』って言って受かったヤツがいるんですよwww」
「まぁ僕は就活全然わかんないですけど、軽い気持ちでやったらいいんじゃないですかね?」
「就活、大変ですか?」
イカ君・・・また指名してあげるよ(笑)その時は、丸刈りで来て「カットで」って言ってあげる。

散髪を終え、追いパの振り込みを完了させたオレ、米田。図書館にこもり、就活の勉強をクッソやった。身になっているかはさておき頑張った感はある。閉館間際にはカウンターでまさかの「新聞貸してください」。驚いていた。

帰宅後、色々こなしつつ、終盤は入ゼミ活動の一環として課された『レポート採点』。去年は提出する側。下手なりに必死でやったのを覚えている。だからきっと、今年の2年生も必死なはずだ。僕が採点する時点でそれなりに失礼な気もするが、ともすれば出来るだけ失礼がないよう必死で読んだ。10人分。お疲れ米田。続きは明日。

さて、明日は某金融企業の方とのセッション。その後は、また流浪の旅をしたい。闘いは目前に迫っているが、今のところ泰然自若。もっともっと追い込みたい。

勉強ブログ
寒気からでしょうか。肌が荒れ、首筋のあたりに事故が起きている米田です。
筆記試験が近付いている。この一週間、いやできればこのまま筆記試験の波が終わる4月中旬まで、完全に自分を追い込もうと思う。
今年の目標は『実』だといった。結果を求めていく。しかしどうしてもここまでの僕は、やはりその過程を重視し頑張ったことに誇りを持ってきた。間違ってはいないが、それは今の僕の理想ではない。ガチガチに精神を追い詰めて、喜怒哀楽全部味わって就活を終えたい。高校2年の冬。文転を決意しながら、一方で指定校推薦がかかっている状態で、学年末試験は理系の勉強をしなくてはならなかった。あの時は塾に通い始めてスケジュールがいっぱいで、完全スランプで授業は何も分からず、友人との関係も崩れ大変だった。ストレスがたまり、机に向かっただけで知らぬ間に涙が出る異様な精神状態。睡眠時間の削りすぎと過度のストレスで、手は常に痙攣し、体中の皮膚がボロボロになっていた。以後、夏休み14時間勉強したのにセンター模試の成績が落ちたり、大学に入ってから行き場を失ったり、バイトやサークルで悩み、論文でエグったりしたが、正直どこかせっちゃらだったのは、間違いなく、これまでの人生で最も辛かったあの経験があったからである。
あの経験をまたしたい。そして今の自分がどうなるかを試したい。だから、来週は筆記試験の後入ゼミ選考会やら、追いパやらがあるけど、それ以外は今から数週間本当に馬鹿みたいにずっっっっと勉強していたい。米田、シリアスモードに突入します。そんぐらい、やばいしな。

こじつけだが、ブログで毎日文章を書いているのは論述対策にそれなりになっていると思う。基本的に文章を書くときに煮詰まることがなく、何の苦痛も感じないのはこのおかげだ。というわけでブログは相変わらず低空飛行に続けるわけだが、今日は変則ブログをかましたいと思う。ずばり・・・



『勉強ブログ』だ。
最近勉強している漢字や時事。その中で、僕はどうも四字熟語が苦手なことが発覚した。というわけで、使いまくります、四字熟語。以下、お楽しみ下さい。
■READ MORE■

重要任務
悪を滅ぼし、ついでに正義も滅ぼします米田です。ヤケクソです。
3月もいよいよ下旬へまっしぐら。メディア志望の僕は、筆記試験に向けそろそろ本格的に勉強を進めたいところだ。記念すべき初陣は…来週の月曜日。早っ。

入ゼミ関係の打ち合わせがあり、学校へ。13:00から来る入ゼミ選考会に向け担当する係が発表された。1年前からさりげなくやりたいと思っていた『面接係』か、非凡なトーク技術と空気を読む力と廊下の寒さにも耐えられる身体耐性という僕に欠如している3つの能力を要する『待ち時間接待係』か、冷静かつ性格に相手の能力を分析する『グループディスカッションアドバイザー』か。はたまた、本来ならゼミ長がやるべき『先生面接立会人』への大抜擢か。注目の発表。『単純な鬼』『WEBの出来ないWEB係』として一世を風靡しようとしているのにしきれていない僕の就いた職業は…




グループディスカッションタイムキーパー。
………時間を計ればいいそうだ。
さらに付与されていたのは、
『事前レポートチェック』。
2年生に課したレポートの添削をするらしい。
選考会当日までと当日のタスク量のギャップが魅力的だ。
Aさん(虫ハンター)「よかったじゃん、ヨネ。」
ヨネ「絶対余ったところにポンといれられたよね、うん。」

かくして超重要任務に就いたオレ、米田。就活の筆記試験の前にこのタスクは少しキツいとも思ったが、これを書いた志願者、つまりこのゼミに入りたい2年生たちはもっとキツかったはずだ。頑張って見たいと思う。そして少々、
‘去年のオレよりヒドい奴いないかなぁ’
という視点で卑屈に採点する点も忘れないでおこうと思う。

しばらくして、みんなでエントリーシートの総チェック。回し回しに見ていくと、『あなたのキャッチコピーは?』に個性が出ている事を確認した。ちなみに去年の僕は、
『全力本能男』
にした。
キャッチコピーと言われたら、やっぱり相手の心を『キャッチ』するような、‘うっ’って来るようなものが望ましいと思う。今の僕なら、こんな感じにする。

ノミネート作品①『天国に一番近い男』。
あえてのドラマパクリ。‘うっ、こいつ死ぬほど今まで頑張って来たんだな’と思われるか、‘背が高いんだな’と思われるかは懸け。

ノミネート作品②『FROM徳島』。
100パーセント徳島県出身を予想させる。ただし住所欄には『神奈川県』の文字が。コンビネーションで相手を引き込む。理由を聞かれた際、茨城に対するアツいエピソードがあるとベスト。

ノミネート作品③『愛しさと切なさと心強さで』。
篠原涼子もビックリな最後の一文字、『で』。個人的には一番好き。

ノミネート作品④『重力を忘れた男』。
跳躍力を生かしたオリジナル技が多かったため、サークルEでは自らをこう呼んでいた。『土ジャンプ』『ピョンピョン』『全力ワイパー』など、技の名前だけが一人歩きしてしまったため、僕自身は誰にもこう呼んでもらえはしなかった。


ノミネート作品⑤『ダンスサークルでは責任感がある事が買われ、施設係としてサークルの練習施設を管理しました。ダンスの練習をしつつ他のサークルと交渉するのは大変でしたが、常に先を見て交渉するスケジュール管理能力と目立たない仕事もきちんとこなす大切さを学びました』。
キャッチコピーに一切の疑問を残さない新スタイル。目を疑う。


ESをチェックし終え、休憩が入ったところでWEBテストに挑戦。
H君(遅延ズクタン)「おー、ヨネ耳栓してんじゃん!」
ヨネ「オレが耳栓したら怖いよ?」
T君(住職第一志望)「邪魔していい?」
ヨネ「ダメに決まってるよね?」
I君(オーバープッシュ)「T君やっちゃえやっちゃえ。」

結局問題なく挑んだWEBテスト。結果はコケた。

その後今後の打ち合わせをして終了。今日はこのあと、ガチで新聞社の勉強をする。頑張るぞ。

テストセンターでテストを受けた
『ダブルマックツイスト』が今マイブームな米田です。
五輪が終わってもう1ヶ月近く。ちょうど昨日『国母問題』について自分なりの見解をまとめたのもあって、スノボブースが再燃している。YouTubeでの国母君のいじられ具合といい、ホワイトのダブルマックツイスト米田スペシャルといい、何もかもが痛快である。バンクーバー、僕の中ではまだ終わっていない。

今日は初めてテストセンターなるものを受けに行く。対策などしていない。ありのままで行きたいからだ。




対策する時間が無かっただけだ。
9:00頃起床し、出発。途中大学の別キャンパス(ダンスキャンパス)に立ち寄り、4月の選考の予約を入れた。
‘そろそろ4月のスケジュール帳買わないとなぁ…’。
のほほんとしていたら電車に遅れそうになったので駅まで走った。
12:00頃に会場に着いた。受付のなんやかんやの会話なりは全く問題なし。いよいよ勝負の40分が開始。対策してくればよかった…と思いつつ、ダメダメながら解き進めるオレ、米田。

1時間足らずで終了。帰り道、駅に向かう途中の横断歩道のガードレールを使って茹たてをしているおじいちゃんに元気をもらった。電車で爆睡。このラインでのジンクスは、終電に着いても起きられない事。あまりの寝入りっぷりは、たいてい駅員に半ば恐れられながら「つ、着きましたよ…」と言われている。

別キャンパスに新聞を読みに立ち寄ったあと帰宅。
卒論や昼寝を経て、現在21時ちょい前。4月の筆記試験が不安で仕方ない。つーわけで、今日は勉強しまくります。ガッツだぜ。・・・エッセイも書きたいんだけど。

再会・・・離散
米田と書いて、米田です。カミングアウトします。






僕、毎日ブログ書いてます。
朝は11起き。大事な大事な某広告会社の面接に向かう。決戦は14:20から。
行きの駅の乗り換え時に、意外な人物に会った。Y君(省エネロッカー)である。
思えばここ数カ月あっていなかった彼。いつの間にやら短髪になっているのは、先日学校に立ち寄った際(3月14日更新の日記参照)に見た写真から知っていた。今日は予期せぬ遭遇に、それを生で確認する日となった。自称『ジャンクフード大好き、家に1.5リットルのコーラ常備、一日二食、喫煙者、朝に寝る、性格悪い、ひねくれ者、ヒトの善意には裏があると思う、腹黒い、素直じゃない、ヒトをからかうのが好き。』という彼(僕も心からそう思う。)だが、その髪型は確かに、『性格がよく、素直で、健康な好青年』に見せるのに大きく寄与していた。

久々の再開にも、お互いの心は全く晴れない。
ヨネ「どこ行くの?」
Y君「遊びに行く」
ヨネ「空気読めよwwwまぁオレもデートだけどな。」
Y君「バリバリスーツじゃねぇかwwwどこの企業とだって話だからねwww」
ヨネ「てか今から面接だよ。Y君と会うとは・・・縁起悪ぃわwww」
Y君「オレから何かを得るか、お前の何かをオレが吸い取るかだからwww」
ヨネ「もうね、お前から吸い取るものは何もないwww」
そんな時、反対車線に電車が来た。
Y君「あれ、ヨネ乗らないの?」
ヨネ「うん、オレこっちだから。」




Y君「束の間の再会だったな。じゃ。」
捨て台詞を吐いて僕の前から消えるY君。
電車に乗る彼。手など振らない。発車間際。そっと彼を振り返ってみた。







携帯に夢中だった。
しばらくしてやってきた電車に飛び乗るオレ、米田。

駅に着き、面接会場までの道を歩く。途中でコンビニに寄った。
「いらっしゃいまさーい」
と噛む店員。幸先がいい。
トイレだけ利用させていだたき、いざ面接会場へ。
気合が入りすぎたのか、
「14:20からの方はこの後の受け付けになりますので時間になりましたらまたお越しください」
と再登場を促されるオレ、米田。そう来たか。

いよいよ面接の時間となった。初めて食らった圧迫面接。しかし、僕もだてに3年間、サークルEでいじめられていない。だてにいじめられてるのにそれでも‘皆、僕の事が好きなんだ’と自己暗示にかけることで乗り切ってきていない。圧迫上等。ジャイアントスイングされた(2008年11月17日更新の日記参照)り、面と向かって「嫌い」と言われた(2009年7月30日更新の日記参照)り、塩コショウかけられた(2009年8月5日更新の日記参照)りすることまでなら体験済みである。全く動じなかった。

今日はこれからESを書く。今日もエグいが・・・そろそろ卒論の要旨を書きたいところ。んでもってちょっとエッセイにしたいネタが一つ。楽しすぎるぞ3月マーチ弥生賞!

筆記試験の反省
朝は驚異の6:30起き。生きてるのかそうでないのかわからないような体調だった。
電車に乗り某教育企業の説明会へ。会社の方の印象がとりあえず素晴らしかった。
12:00に終え会場を飛び出したオレ、米田。某出版社の筆記テストを受けに行く。到着は15分前。ここが本命の人は、テスト前のこの時間に追い込みをしているのか、各々本を読んでいた。対する米田はコンビニで買った昼食を食べ臨戦態勢。驚いたのは左隣りの本を片手にした青年。『重要キーワード』『よく出る!時事問題』などのいわゆる勉強本かと思ったら…普通に文庫本。ここにきてロイヤリティを向上させボルテージをあげようとでも言うのだろうか。思わぬ奇策にお腹が痛くなるオレ、米田。

さて、3時間の筆記を終え。いつも通り、企業やら何やらへの微かな影響力に配慮し、問題などは明かさない。ただ感想として…




今後はもう少しちゃんと勉強しようと思います(笑)

帰りの電車は半失神。ほとんど記憶がないが今日はこれからまたアツい。羅列するのがめんどいぐらいやる事に溢れとる。一つずつこなします!

必要とされていると思い込んでいる男
百聞は一見に如かずというけれどもとはいえ聞くこともかなり大事だなと思っている米田です。
10:00起きで某広告会社の面接へ。昨日の夜、ESを見た時から楽しみだった。ESが、マジで素晴らしい。我ながら個性的かつ大胆不敵かつ陳腐。しかし今期(来期がない事を願う)最高傑作とも言える出来栄え。面接は盛り上がる事必至だった。
会場に着いたのは12:30。13:00の面接を前に、久々に余裕のある到着なオレ、米田。受付で今日の選考の手順が書かれた紙を渡された。







『3分間プレゼンテーション』。
ES関係ないんかいwww

面接、さらに筆記試験を終え、社員の方に質問をして退散。面白かった。
大学の別キャンパス(ダンスキャンパス)に行った。毎年恒例、3月下旬の追いパ。これに向けて、少し用事があったのだ。集会室前スペースに行くと、そこには後輩M君(ボーグのラストエンペラー)と後輩M君(野人)と後輩Y君(迷える子羊)。
用事を済ませた後。
子羊「ヨネ先輩、就活大変そうですね。」
ヨネ「そうか?」
子羊「いや、ばっちりスーツ着てるから。」
ヨネ「楽しいど、毎日(笑)」
子羊「そんなこと言ったら他の人たちに怒られますよ(笑)」
ヨネ「あ、オレが楽しいのはダメなのかwwwいや、だってせっかく時間使うものだからな。楽しまないと損だよな。うん。」
子羊「きつくないんですか?」
ヨネ「今のところはな。全然楽勝よ。オレがサークルEでどんな辛い思いしてきたと思ってんだ。」
子羊「www」
ラストエンペラー「あ、ヨネ先輩。元サークルEの。」
ヨネ「今も今も今もwww」
子羊「え、会費払ったんですか?」
ヨネ「おう、7500円、払わさせていただきました(笑)あ、総会出られなくてすまんかったな。」
ラストエンペラー「いえ。」
ヨネ「オレがいなくて困ったことはないか?」
ラストエンペラー「全くないです。」
ヨネ「wwwあ、総会で、なんか誰かオレの話してた?」
子羊「え?」
ヨネ「いや、『なんだ~ヨネ来ないのかよぉ』とかさ。」
ラストエンペラー「それは・・・。」
子羊「・・・。」
ヨネ「ないみたいだね。」
子羊「www」
ラストエンペラー「ヨネ先輩は就活終わったらどうするんですか?」
ヨネ「あー踊る踊る。にわかポップもやりたいしな。クラブイベにはゼッテ―出ようと思ってるよ。7500円払ったし。」
ラストエンペラー「会費払ってますしねwww」
子羊「www」
ヨネ「オレは自分の居場所を7500円で買ったんだよ。」
子羊「www」
ヨネ「もうね、最近は『みんながオレを必要としてる』って思うことにしてるから。」
ラストエンペラー「いやそれはwww」
子羊「www」
ヨネ「いや待て待て。お前らよりオレは学年は上だから。先輩として言わせてもらう。勘違いする事は必要よ。」
ラストエンペラー「www」
ヨネ「ほんとのところはオレが一番よくわかってるからwww」

後ろにいたのは後輩M君(野人)。
ヨネ「おぉ、ビデオ編集してんのか?」
野人「はい。新歓用のビデオですね。」
見せてもらうオレ、米田。
ヨネ「うぉぉ、いいねぇ。てかもう2分も作ってんじゃん。」
野人「はい。」
ヨネ「オレ知ってんだよ。こういうのって、1分作るだけでメチャメチャ大変なんでしょ?」
野人「そうですね。もうここまでで6、7時間・・・24時間は使ってますね。」
ヨネ「6、7時間ってだいぶ違うよねwww」
野人「てか誰からその情報聞いたんですか?」
ヨネ「あー昔T先輩(ダンスサークルB-29)に聞いてさ。その時点でオレ編集習うのあきらめたからねwww」
野人「そうなんですよ。まぁ楽しいんですけどね。」
ヨネ「あれだよな。編集ってか、まず素材をどれ使うのかが大変なんだよな。で、どの部分使うかで、んで音に合わせるんだもんなwww」
野人「そうなんすよぉ。ここの10秒でもう3時間ぐらいですね。」
後輩M君(野人)はその後、僕にサークルEで行ったスノボ旅行の動画を見せてくれた。
ヨネ「お~これはいつ行ったの?」
野人「3月の上旬ですね。オレらの代でいって。」
ヨネ「あ、Y君(シューティングスター)がいるwwwてか、この動画なんで編集してあるの?www」
野人「わかんないっすwwwS君(=完璧男・後輩S君)がやったんで。」
ヨネ「アイツは遊びまで完璧に収めるんだなwww」

僕はその後、
「内定10個来たらどうしようかな。断るの大変だからなwww」
と言って彼らと別れた。帰宅した僕は、リビングへ。父がまたソリティアをしていた。最近の父の趣味である。戦績をつけるようになっている。
一弘「てかなんで今日40回もやってんのwww」
父「ん?なんだぁ?」
一弘「お父さん、楽しい?」
母「もう楽しいとかそういう問題じゃないのよ。」
一弘「www」
父「最近負け越しが続いちゃってるよぉ。」
一弘「www」
父「勝率は、4割3分3厘なんだ。」
一弘「なに統計取ってるんだよwww」


今日も実に面白い一日だった。2時間半ぐらい寝たから、まだまだここからやれる。明日は朝、説明会。昼は某印刷会社の筆記テスト。これから新聞読んで本読んで、ニュースについて考えて、ES2つ書いてWEBテストやって。そんなもんか。やるぞい!

ガールズ+米田
1時間睡眠での起床はさすがにきつかった。目的は母方の祖母に会うこと。母、従姉、伯母、祖母と言う世代広き『ガールズ』集団の中に一人混じることを決めたオレ、米田。8時に出発。
僕がいくことは直前まで確定していなかったため、敢えて内緒にしていた。待ち合わせの改札で僕を見た祖母は駆け寄って抱きついてきた。実に久しぶりである。今年初めての対面。
「あけましておめでとうございます」
とオレ、米田。
80歳を過ぎた祖母だが、手を繋いだ僕を引っ張って歩くその足取りと言い、満員電車の中にベビーカーを引いて入ろうとする人を指さし「あの人迷惑ね」とどうしようもない事を言うそのトーク技術は見事だった。
朝の電車の中、祖母達はメチャメチャでかい声で話していた。従姉妹のM姉ちゃんが上手く距離を取っていたのはさすがだと思った。
用事を済ませ、食事をすることに。
祖母「一弘、何食べたい?なんでもあなたの好きなもの言いなさい!」
一弘「いえ、もう何でも。」
伯母「あら、謙虚ねぇwww」
祖母「中華にしようかと思ってたけど、若い人が二人いるからやっぱりイタリアンとかの方がいいかしら。」
母「・・・いや中華でいいと思う(笑)」
M姉ちゃん「だってさw」
一弘「いや、十分ですwww」
祖母「遠慮しなくていいのよ~。」
一弘「いや、僕は今日中華を食べるために生まれてきたようなもんですから。」
祖母「まぁ憎いわねぇwww」

中華を食べに行った。
一弘「この間グループディスカッションでリーダーを任されまして。開始早々はまず時間配分を決めるんですけど、『じゃあ配分決めましょうか。』とかいって腕時計見たら腕時計忘れてることに気付いてwww以後ずっと左手を机の下に隠してましたwww」
M姉ちゃん「www」
と就活の思い出話(2月25日更新の日記参照)をしたあと、昨年従姉妹の家に行った時の話(2009年3月10日更新の日記参照)を祖母に報告。
一弘「で、先日お邪魔しまして。HおじさんとM兄ちゃんと飲んだんですよ。まぁ僕もちょっとゲスト的な気分で行ったんですけど、まぁびっくり。一晩中『お前兄貴をもっと大事にしろよ』とかネチネチネチネチ言われて(笑)」
祖母「まぁおっかし~www」

色々話したが、とにかくほんっとに楽しかった。祖母が元気だったのと、ガールズ集団が思った以上に喋りまくったのと、中華がめちゃくちゃおいしかったのだけは、念を押して伝えたいと思う。
力尽きた僕は14時頃に早退。家で昼寝し、今からWEBテストなり、本を読むなり、最近のニュースについて一人じっくり考えるなりしたいと思う。

時は金なり
朝は10時に起きる予定だったが13時半に起きた米田です。
朝は10時に起きる予定だったが13時半に起きた。寝たのは朝の6時だったがそれにしても寝た。昨日の成績発表がよほどショックだったのだろう。と、思いたい。

昨日の午後、面接が決まった某金融会社。面接に向かった。社員1人に就活生2人で挑む逆ハンディキャップマッチ。誰と組むかは結構肝である。

会場の待合室に着いた。男の就活生が数人。軽く挨拶をした時。
男の就活生「面接ですか?何次?」
軽く答えるオレ、米田。
男の就活生「そうですか。一緒ですね。自己PRとか何言います?」
ヨネ「いや、まぁゼミの論文のことを少々。」
男の就活生「よかった。かぶってない。いや、こういうの知っとかないとダメじゃないですか。」
彼はいわゆる『勝ち』を狙う派のようだ。いかに戦略を練って、内定を得るか。確かに、必要かつ大事な考えだ。ただ、正直雰囲気からも少し自分とは違うものを感じた。僕は、『価値』を狙っている。





上手い事言っていると思っているオレ、米田。

面接は、結局違う人とだった。15分の面接を終え、家に帰ってきたのは午後6時頃だろうか。風呂に入り食事をし、家族とテレビのニュースを見た。
一弘「普天間なんて12月にスパッと決めちゃえばよかったのにな!」
兄「僕はなにより今、トキのニュースが気になるよ。」
さすが、ミスター生物。
一弘「あぁ、トキがなんかの動物に襲われたヤツか。なんていったっけ?」
兄「『テン』だよ。イタチ科の。」
父「あれはどうして襲われちゃったんだ?」
一弘「わからないらしいよ。柵もあったし、潜って入れないように柵の下はコンクリートになってるんだって。まだそのテンは施設の中にいるんでしょ?」
兄「そうなんだ!?」
父「じゃあテンはどうやって入ってきたんだ?」
一弘「いやそれは・・・。」
父「わかった。飼育員さんがテンを入れちゃったんじゃないか?」
一弘「目的が分からない。」
兄「なるほど。」
一弘「お前は何に納得したんだよwww」
父「きっとあれだよ。『数が多すぎて世話が大変』とかって言ってさ。」
兄「数が少ないから問題なのにねwww」
一弘「www」
父「柵は屋根もあるのか?」
一弘「それはわかんない。」
父「鳥がテンを柵の中に落としちゃったんじゃないか?」
んな馬鹿な。
兄「あぁ~。」
兄のツボは、兄弟歴21年の今も掴めない。
父「空からオタマジャクシが落ちてくる時代だからな。テンも落ちてくるだろ。」
兄「懐かしいね。」
そこへ母が食卓に着陸。僕たちの放蕩にどうでもいいトークに加わる。
兄「まぁなんていうのかな。こういう問題をいちいち取り上げてるもただの『イタチごっこ』になるからさ。」
父「イヒヒwww」
母「何上手い事言ってんのよぉ~www」
一弘「こういうので喜ぶからお兄ちゃんは調子乗るんだよ。お父さん笑うなし(笑)」
兄「早く解決しないと『トキすでに遅し』になるからね。」
一弘「あ、そこまであったんだwww」
父「上手いなぁ~www」
兄「ちゃんとここまで聞いてくれないと!笑」
一弘「ごめんごめんwww」
母「なんでこんなところに労力使うのかね(笑)」
兄「『イタチごっこ』で終わったらなんか足りないでしょ?」
一弘「wwwてかお兄ちゃん、昔からトキ好きだったよね。小学生の時、読書感想文の本買ってたもんね。」
兄「あれはね、読んでないんだ。」
一弘「www」
父「今日本にいるトキは、外国から仕入れたものなんだよな?」
兄「確かそうだった気がする。」
一弘「てかお兄ちゃん、お茶飲みながら笑うのやめてwwwなんでさっき上手い事言えて満足げだよwww」
兄「いやぁ無意識だよ。」
もっとやばい。
父「昔からなんかトキを育てる番組やってたよな?」
母「・・・ダメだ、なんかみんなどこか『また上手い事言おう』とか思ってない?真面目な話なのに集中できないwww」
一弘「思ってないからwww」

くだらない会話で時間を過ごしてしまった。
明日は、某アパレル会社の説明会だが、行くのをやめようと思う。キャンセルは期間が過ぎてできなかった。すまない、某アパレル会社&キャンセル待ちしていた方々。米田初の『ブッチ』させていただきます。
明日は、祖母に会ってくる。今年になって初かな。楽しみだ。就活終わるまでは少なくとも会えんし、僕自身久しぶりの休憩日ということで、楽しんできたいと思う。
今からまた色々。4時には寝られるように頑張ります。

成績開示。まさかの・・・

















無駄な改行、米田です
最近の朝の『起きれない具合』は絶品だ。昨晩はESに書くのにゾッコンラブで、睡眠時間が1時間になったから仕方がないにしても、『起床時刻=出発時刻』のここ最近はヤバい。朝食抜くか、ネクタイ曲がったまま出発するかという恐ろしい朝である。
さて、予定より20分も遅く家を出たオレ、米田。ちなみに今日、某サービス企業の面接。駅で乗り換え情報をチェックする。最寄り駅から徒歩5分のビルの15階に、9:50に着かなくてはいけない。その最寄り駅に着くのが、





9:43。
ギリギリすぎるwww

乗換え時に全力でホームを駆け抜け、9:36に着く方向にもっていけた。今度は電車の遅延。結局駅に着いたのは9:43。全力でビルまで走り、エレベーターを使う。





13階までしかいけないエレベーター。1階ずつお客様を迎える展開。9:49、受付に到着した。
「おはようございます。」
もう汗だくなオレ、米田。

まずは筆記試験を受けた。だてに高校2年まで理系として場数を踏んでいない。数学も含め、全体的に好成績を収めた。今話題の『ユビキタス社会』『COP15』『ワークシェアリング』も完答。宇宙系の問題で『(ISS)』とあったから勘で『国際宇宙ステーション』と答えたらそれも正解。神か。最近やっている勉強がいきた瞬間だった。

その後、個人面接を15分間。普通の面接で緊張はしなかったが、最後に一つ、意外なことがあった。
面接官「ではここで、最後に今日のフィードバックをさせていただいてもよろしいでしょうか?」
不思議な会社である。会社説明会の時も、後半の30分を『就活セミナー』と題し、あたかもほかの企業での面接に活かすための面接作法を教えてくれた。
僕が言われたフィードバックは、大方「応対はいい」というもの。返答する前の言葉にやや課題があるとは言われたものの、「写真を見る限りガッチガチに真面目そうに見えるのにドアを入ってきたときの勢いから生じるギャップが清々しい」的な。ありがたい。しかし、最後に言われた。
「ただ、印象的な言葉があまり出てこない。『本当に志望しているところ』では、ちゃんと言えるように」。
実は人材派遣サービスも行うこの会社。さすが。見る目はある。確かに面接中に言った「御社が第一志望です」は、僕の礼儀、『社交辞令』だ。ただ、勘違いはしないでいただきたい。僕は本気で入りたいところにしか面接に行かない。社会人とは比べられないが、僕だって暇じゃない。会社の大きい小さいにかかわらず、理念や社風に納得がいかない所なら行かないし、いいと思ったら行く。『内定取れればそれでいい』という風潮の社会だが、僕は少し違う。たとえば、どこかの最終面接に行く権利を得たとしても、その前の面接で「この会社には入りたくないな」と考えたら、僕はきっと最終に行かない。ある会社の説明会にいった時、事業理念にどうしても疑問を覚えた。くそ長いセミナーを聞いて、それは怒りにすらなった。だから僕は、この日のためにESを書き提出し満点近く叩きだした筆記テストの後のアンケートで、堂々と『理解はしたが、実際に果たせているかは疑問』的な文章を書いた(2月26日更新の日記参照)。選考結果はいうまでもない。
そう。この会社は名も実績もないけど、僕は本気でちゃんと『志望』していった。今日は僕に力がなかったから、伝わらなかったのだ。今度もし呼んでもらえたら、その時は。

さて、面接を終え、一度学校へ。生協でペンを買い、メディアセンターへ。K先輩(ドラクエクエスチョン)たちと会った。学校の成績発表が目前だったため、パソコンを貸してもらった。
ヨネ「あ、すみません。ロックかかってるんで解除してもらえますか?」
K先輩「あー番号は、○×△□■○だよ」
ヨネ「言っちゃっていいんですかwww」
K先輩「大丈夫。中にも完璧なセキュリティがかかってるから。」
ヨネ「かっこよすぎるwww」

結局、この時間はまだ成績は開示されておらず。別キャンパス(ダンスキャンパス)に移動し、時間になったためそこのパソコンで見た。単位『A』は『最優秀で取得』という意味で、『B』は『まぁまぁで取得』、『C』は『ギリギリ取得』、そして『D』は『ドンマイ』を意味する。





初めて、『○』が半分になった図形がそこにあったwww
1月22日の5限に受けた『企業論』である。担当のO先生は、論文の研究報告会で僕らのプレゼンをクッソ熱心に聞いてくれたすんげー感じのいい先生だ。彼が与えた試練を受け止められなかった午後3時過ぎの僕は、ミクシィにこのような書き込みを残している。
『えっと、O先生にはお話を伺いたいです。』。
しかし、『てか、オレ米田。』恒例の単位予想を見ると、1月22日はこんな風に記してあった(詳細は1月22日更新の日記参照)。
『5限の企業論はまさかのCあるいはDだろう』
『厳しい闘いだ。』
『1、2年で取らなかった色の成績表になるのはまず間違いなさそうだ。』
『その時米田は、ちょいちょいヤバかったにもかかわらず『出来ましたオーラ』を出す事に従事していた。』
『神に感謝しよう。』
どうやら、盤石の姿勢での『D』のようだ。
悔しいから、来年度は彼の授業をとろうと思う。んで、『A』を取ったる。リベンジしたるよ、マジで悔しいからwww
ちなみに、一つ一つは書かないが、テスト期間中、ブログ上で書いた単位の予想は結構当たっていた。ちょっと嬉しかった。
ちなみにゼミの担当教授のO先生。彼の授業は無事取得できた。でも、来年度。僕のスケジュールがどうなっているかわからないけど、できればもう一度、単位とか関係なしに授業を受けたいと思う。やっぱり先生の授業は面白いし、僕自身今回学びきれていないという実感があるテストの出来だったからだ。就活とか授業とか諸々の事が上手くいけば、大学生活もあと1年。同じ授業料。どうせなら、堪能させていただく。指定校推薦をとった高3の秋以降も、僕は塾にいって勉強を続けた。おそらく浪人覚悟の受験生よりよっぽどやった。そして学年末試験は最高成績を収めたし、2月の試験時期には結局日本史に関しては合格点に達した。あの時と、なにも変わらない。

帰宅して、これから某金融会社のES。ブログに比べればちょちょいのちょいだろ、なんて思っているオレ、米田。明日は面接。早めに寝よう。すでに3時だけどな。

雨むしろ雪
昨日の敵は今日も敵。でお馴染みの米田です。
朝は10時半起き。出発直前に起床したためまた朝食を抜いて出発。某金融企業の説明会である。
駅に着き、朝食がてらパンを買おうとしたものの、金欠症が祟ったか、財布を出した瞬間手にぐっと力が入ったためやめておいた。朝食なしの説明会。燃える。
会場につき、いかにも社員の方を囲みそうな机の配置を目にした。1グループ15人ほど。多くないか?
‘今日来てよかった’
とその時思った。

睡眠時間を5時間取れているからか、説明会で寝るイタイ習性が消えつつある。お陰様で貫徹。集中して話を聞けた。ちなみに、合間に話した女の子がとても感じがよかった。出会いか。
説明会を終えた後、久しぶりに好感触なこの企業に多大な興味を持ち居残りして話を聞いた。いい感じだった。

帰りの電車。隣の小学生ぐらいの女の子とがポケットから出したのはあやとり。2010年も生き残る神秘の紐。なんの工夫も施されず、進化を経ることもなく生き続ける一本の紐に感動した。塾講師をしていた時、小学生が携帯電話を使いこなしていたのを見ていらっとした経験を持つ僕としては、少女も含めてその姿は実に微笑ましかった。ちなみに僕は一時一世を風靡した『ハイパーヨーヨー』で『東京タワー』しかできなかった男なのだが、あのストリングステクニックはこの『あやとり』という種目でも生きるのであろうか。

地元の駅に戻ってきた。雨・・・というか雪が降っていた。『晴れときどき曇り』ならぬ『雨むしろ雪』的なその起床に軽くイラッとしながら傘をさすオレ、米田。意外に最近準備がいい。
家に帰り、この日初めての食事にありつく。朝食兼昼食兼夕食。とんがりコーンも食ってやった。

今日はこれから某新聞社のESを書く。説明会行ってないから書けるか不安だがそれも面白い。2時間ぐらい昼寝しとるから今日も6時ぐらいまでなら頑張れる。ファイト一発。

あの超実力派タレントに…
ふと思った。電車って、洗ってますか?
『洗車』という言葉はよく聞くし、想像もできる。GS(…あ、『ガソリンスタンド』の事です。)には洗車機があるし、あるいは各家庭が個人的に通販か何かの液体を使ったボディを洗っているところは想像できる。しかし、生まれてこのかためでたく21年。一度も電車の掃除現場には巡り合っていない。その割に、どうも電車のボディーは目立った外傷もなく基本的に綺麗な気がする。上の面に胡麻みたいな黒い粒がクッソあるのは少し気になるが。電車の外側は、洗っているんだろうか?何人がかりで?どんぐらいのスパンで?てか、電車の『洗車機』ってあるの?長くね?
朝は11:00出発。某金融会社のセッションを受けに行った。待ち合わせ時間まで、駅で買ったパンを頬張った。デパートに入ってからも食い続けた無礼者、オレ米田。こういうところは、そろそろ本当に直さないとなと思っている。すまん、社会。

セッションは1時間ほど。楽しかった。共に受けた学生3人は同じ大学の同じ学部。Oゼミと知ると尊敬された。けなされ蹴飛ばされ唾を吐きかけられることはあっても、尊敬された経験なんてほとんどない。勘弁していただきたかった。

志望度の高い某広告会社の面接を受けに行った。昨日ESを見たらその内容がウンコで、『どうトークでカバーするか』が勝負だった。カバーできなかった。

会社を出る時、入社証を通す出口で警備員に止められた。
‘え、内定?’
そう思ったオレ、米田。
違った。どうやら後ろに詰まっていた社員の方を優先したようだ。後ろを振り返るとそこには…








ベッキー!!!!
『おはスタ』時代、英語が出来ないにもかかわらず英語講座コーナーみたいのを担当していた頃から、彼女のことは応援してきた。昆虫が好きでたまらない昆虫の兄も、『志村動物園』に出演する彼女の動物への接し方に関しては、「いいと思う」と高い評価を下していた。
通り過ぎる彼女を見た感想としては…





オーラなっっっwww

いや、庶民的で親しみやすいとでも言おうか。少なくとも昔、総合格闘技『PRIDE14』を生観戦した時に見たハセキョーのオーラは彼女からは感じなかった。ちなみに、ベッキーのバッグはビックリするぐらい小さかった。

関係者通用口からエレベーターに乗ろうとする彼女。距離があいた。






「ベッキー!!頑張ってください!!ベッキー!!」
叫びまくるミーハー、米田。我ながら、狂っていた。
「ありがとうございます」。
笑顔で対応してくれた寛容なスーパータレント、ベッキー。これからも頑張ってくださいな。

今日はこのあとESも書くし、明日は面接。ワクワクするわけであります。
(電車洗浄について調べました。興味の方はぜひhttp://www.toyu-senshaki.jp/koteitrain.htmlへ行き、その目で答えを見届けてください。)

ホームパイの主張
朝8時に帰ってきて風呂に入ったあと寝た今日。昼過ぎの2時に起床した。食事して、特に何もしていないのに再び風呂に入ったオレ、米田。
科目なる就職活動を展開した。ひたすら新聞を読んで、最近凝っている就活サイトの時事問題にフルネーム『米田一弘』で参戦し、ランクインしてやった。

明日、志望どのだいぶ高い某広告会社の面接であることに気付いた。対策を練るのはあとにしようと決めた。
兄お勧めのプロレスの動画を見た。ミラノコレクションa.t.の引退セレモニーが来週の日曜朝2時頃、10チャンで放送される。必ず見ようと決めた。
22時頃。酔った父がお菓子『ホームパイ』にスイートポテト味が出たことをしきりに宣伝してきたから、就職活動を再開した。論述対策に文章を作成すること、3000字。良し悪しはともかく、文章を書くのが好きに生まれてきてよかった。
今から某新聞社のエントリーシートを書く。んで、某証券会社と某広告会社の対策をする。実は全然ブログ書いている暇じゃない今現在。これから忙しいど。オールな気配か?!ワクワクするなぁもう(笑)

謝恩会に行くんかい(3月6日の日記)
米田です。
年に一度サークルEが真面目になる革命的な会合、総会には出られない。
ゼミの先輩の卒業前イベント『謝恩会』に出席する予定があった。
この日のために丁寧に委任状を作成し郵送済み。僕のポジションは少し隙を見せれば、サークルEの陰謀でいつでも除名される可能性があるため、いち早くサークル費を収めた。いじめっこが大勢いるなら、その分いじめられっこは強くなる。全国のいじめられっこもこれを参考にして、お金をせびられたら早めに収めることをお勧めする。

総会は無理をすれば15時前後までは出ることができた。しかし総会が一番盛り上がるのはその後、今後のサークル運営について激論する時間である。ステージでは踊りまくるくせに言葉を喋らせると実はもじもじしてしまうヤツが多いメンバーが不器用に言葉を戦わせる時間を前に抜けなくてはならない。念のため、前代表のM君(暴れん坊将軍)に
「出なくちゃいけないかな?」
的なメールは打った。遠まわしに『お前はいらない』的なメールを頂いたため、正式に欠席が決定した。

そんなこんなで参戦したゼミの謝恩会。会場へはMさん(WEBの出来るWEB係)とK君(サイクリングサイクロン)と向かった。会場に着くと、K先輩(ダブルパソコン)とK先輩(ドラクエクエスチョン)が早速「あ、来たのか」とアツく冷めた待遇を見せる。
表向きには『静か系』で売っているこの二人のタッグももう最後かもしれない。堪能することにした。
ヨネ「あの、K先輩(ダブル)。今この時期って何してるんですか?あ、僕は就活してるんですけど全然遠慮せずに言ってください。」
ダブル「そうだなぁ。この間PS3買ったな。毎日ゲーム三昧で逆に忙しいぐらいでさ。ほんと楽しい。」
ヨネ「もう少し遠慮してください。」
ダブル「ヨネ、どうせ内定でないっしょ?」
ヨネ「えっと、それはこの時期マジでいっちゃいけないwww」
ダブル「www」
ヨネ「繊細な時期だからwww」
ドラクエ「早めに諦めた方がいいよ。」
ヨネ「wwwでも先輩たちから見て、僕ってどんな仕事やりそうですかね。」
ドラクエ「自宅警備員。」
ダブル「靴磨き。」
ヨネ「そうですか・・・。」
ダブル「靴磨きはいい仕事だよ~。役に立つし。」
ヨネ「確かに最近有楽町にいる人がカッコよく見えるときがあるんで。」
ダブル「あそこの人オーラあるよね。」
堪能しようとした二人のタッグ。開始5分でお腹いっぱいになった。

その後会は進行し、ビデオを見たり、先輩方が一人一人コメントを言ったり。H先輩(お好み焼き反対派)の面白さが際立ったかと思えば、思い出話で涙を流す先輩も。
会はオールに突入。それぞれゲームをやったり、寝たりする中、僕はU君(庶民派ゼミ長)とNさん(不覚のチアリーダー)と話した。
U君「Nさんは、絶対一年後のあの時間、泣かなそうやな。」
Nさん「私泣かないと思う。」
ヨネ「絶対泣かないね。」
U君「逆にNさんが泣いたらオレもなくと思う。」
ヨネ「確かにね。Nさんがスイッチなところはあるかもねwww」
Nさん「ヨネは泣くかな?」
U君「ヨネは泣かんな。」
ヨネ「うん、ゼミではね、泣きたくないね。」
Nさん「寂しい事言うなしぃ。」
ヨネ「いや、そうじゃなくてさ。ほら、カッコよく泣ける人っているじゃん?軽く声が上ずりながら頬を伝うみたいな。オレはそれ無理だから。『ウォォー』とか言ってクッソ泣いてしゃべれなくなるwww」
U君「あ、なんかストップがかかるタイプかwww」
Nさん「キモい~~~www」
ヨネ「だからゼミでは『泣かない』というか、『泣けない』んだよwww」
夏合宿で男泣きしたことは、この時はすっかり忘れていた。

そのまま夜が明け、8時頃帰った。先輩との最後の帰路は明るく終われたのでよかった。暗いお別れはあまりよくない。あれでよかった。
帰宅して風呂に入りそのまま力尽きた。いい会だった。うん。ただただ感謝だ。

一瞬を感じて
うちの松たか子が最優秀主演女優賞を獲得しました米田です(yahooの記事を参照)。
この間驚いたニュースがある。なんと、先日のタイでの地震により、地球の自転の軸がずれ、一日が短くなってしまったらしい。短くなったタイムは…




0.000001秒www
俗に言う『100万分の1秒』です。つまり11日につき1秒短くなると。大きな閏年と捉えたいと思います。

13:00から学校で入ゼミの打ち合わせをした。さらに来期に向けて、誰が多変量解析のどの項をやるか、などの重要事項を決めていった。かなり大事な事がスパスパ決まっていくあたりがだいぶ緊張感があった。
会議は17:00ごろには終了。その後WEBテストをやり、H君(遅延ズクタン)と食事に行った。一度行ってみたかった立ち食いラーメン。お値段ちょっと高めな立ち食いラーメン。昼は野菜とかいろいろついてくるけど夜は特別サービスがない立ち食いラーメン。
「イス持参すればよかったな。」
そういいながら食べ始めた。
近頃の就活状況などを語りつつ、楽しく食べたトンコツ醤油ラーメン。後半に入れた辛いトッピングは量が多すぎて失策。トンコツのこってりさが微塵も感じられなくなった。

今日のお客様(ES)は楽しみだ。某広告業界のWEB登録なわけだが、問いの意味がわからない。しばらく考えてみたものの、全く浮かばない。1時間ぐらい綺麗に頭ひねりまくって1回転ぐらいさせていいESを書こうと思う。きゃふー、楽しみだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。