楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バイバイ2010年!!
大晦日だよ、米田スペシャルです。………米田です。
バイト朝番のため、朝は6:45起き。8:30にレジに着くと、Aさん、Nさん、Iさん(唯一の僕の『後輩』。謙虚すぎる姿勢が魅力)がいた。ガッチリ4人体制でおせちの受け渡しの用意をして開店。朝から大忙しだった。
やっぱり楽しかったNさんとの店番。
ヨネ「このおせちって、『一段』なんですかね?」
Nさん「いやいや!………あ、『一段』って書いてあるなwwwこんな高さあるのに(笑)」
ヨネ「てか段ボールでこんな固められたら中の感じ分かんないっすよねwww」
Nさん「中見たい?」
ヨネ「はい、あ、開けちゃいます?」
Nさん「いやそれよりヨネちゃん。買えば?」
ヨネ「いやいや、10500円するんでwww」
Nさん「あ、ヨネちゃん1月のシフト分かる?」
ヨネ「いえ、まだ出てないです。………でも今のイライラしてるAさんに『シフトまだすか?』とか言えねぇーwww」
Nさん「じゃあジャンケン負けた方が聞かない?笑」
ヨネ「いやっすよwww2011年いい年にしたいっすもんwww」
Nさん「あ、ヨネちゃんお年玉やるわぁ。………これ。」
飴ちゃんを下さるNさん。
ヨネ「ありがとうございます(笑)なんか前もこうやって飴もらった気がするんですが(12月18日更新の日記参照)wwwじゃあ家族で分けあいたいと思います。」
Nさん「それバカにしとるやろwwwあれ、今日シフト何時まで?」
ヨネ「実はあと1時間で仕事納めなんすよぉ。Nさんより1時間先に失礼しまーす。」
Nさん「顔ほころんでるがな(笑)このあと何すんの?」
ヨネ「家族で静かに過ごそうかなとwww」
Nさん「なんやそれwww」

帰宅してからは、昼食のパンを黒焦げにしたり、みんなで年越しそばを作ったり。なかなか楽しく過ごした。

さて、2010年が終わりますね。先に言うと、今年も『てか、オレ米田。』をご覧くださいましてありがとうございます。最終回まであと3ヶ月となりました。うん、感慨深いっすな。来年もよろしくお願いします。
激動の2010年は、宣言通り大変だった。就活、ダンス、ゼミ。記者の夢は叶わなかったけどなんとか内定は得たし、実力は相変わらずだったけど学園祭のダンスは最高だったし、まだ英訳は手を付けてないけど卒論はひとまず完成した。三兎を追っても、頑張ってりゃそれなりにできるってことですな。
「そんなに忙しいのに、なんでブログとかやってんの?―」
そう聞かれる事が何度もあった。「楽しいから」が単純な回答だが、正確に言えば、過去を過去にしたいから、僕はブログを書いている。どんなに苦しくても、それを引きずり続け言い訳にする人生は送りたくない。後ろを見てる暇があるなら、オレは今を駆け抜けたい。だから過去に封をするために、文字にしてさっと捨てる。これが理由だ。


一年を通して改めて思ったのは、自分は悪い男で、ズルイ人間であるということ。だから今年も、一度だって人のために何かをしたり、人のために涙を流したことがなかった。どうやらこの分だと、恩人盟友にもなにも出来ぬまま大学を卒業し社会人になることになりそうだ。だがせめてもの償いとして祈りたい。頼むから、悔いのないようにしてほしい。これは来年とかじゃなくて、人生丸ごとの話で。今年オレは、悲しいことがもういっぱいあって、もうだめになるかと思った。でも最後の最後で神様がそっと手を差し伸べてくれた。ぶっ潰れかけたその時、僕の周りにはそれを支える誰かが、何かがあった。その人達には、本当に強くあってほしい。もちろん、オレもそれに追随する。
2011年はますます大変だ。このオレが社会人になるんだから。やりたい事の他、ならなくちゃいかん事が馬鹿みたいにあって、目が回るだろう。ただ、迷うこたぁない。思い付いたこと、全部やりゃいい。
今年の目標は『行』。学生ラストの3ヵ月、そのあとの社会人生活もこのまま継続して『行く』のか、ただ堅苦しい『行い』に従うような人間になるのか。どちらも大切な事だから、まだ決めないでおこうと思う。どう『行』するのかは、2011年を行きながら考える。
ということで、2011年もアツい年にする。皆さんも、よいお年をお迎えください。そいや!どうもおおきに!!
スポンサーサイト

友情の切干大根(12月30日の日記)
アルバイト先ではブレイクダンサーという方向で話がまとまっています米田です。
そういえば就活の時もこんなことがあった(2009年8月20日更新の日記参照)。「サークルとか何やってんの?」「ストリートダンスやってます」トークに入ると、ほんのちょっとそれ系を知ってる人なら大体「へぇ~意外だなぁ。ってことは、頭で回ったりとかもすんの?」と言ってくる。始めのうちは「いや、それは『ブレイク』というジャンルで僕がやってるのは『ロック』というジャンルです。………そうですね………あっ!SMAPの中居君がやるようなヤツです」などと言ったり、ブレイクを始めたあたりでは「あ、はい。そんなジャンルです。ただ僕は出来ませんけど。」などと言っていた。しかし、前者は長ったらしくだるく、後者はなんかカッコ悪くトークテンションも下降する。だからもう、「あ、はい。出来ますよ!」になった。
アルバイト先の惣菜屋の中では、『ダンスやってます』で済んだ。しかし隣りの中華屋の兄ちゃんとの会話で「ダンスしてるってホント?」「はい。」「ブレイクダンスとか?」「あ、やる時もあります。」となってから、僕は『ヘッドスピンが出来る男』となった。三角巾に着物という出で立ちで働く僕を見て、「さっき裏で私服姿初めて見たから違うけどさ、その格好じゃb-boyには見えないな~(笑)」といってくる兄ちゃん。胸が痛いwww
朝は11:30起き。早々に「今日17:00出勤になってるんですけど16:00出勤出来ますか?」とAさんから電話。「出来ます」と言っちゃったオレ、米田。バイトは16:00から21:00頃まで働きまくった。隣りのお弁当屋が絶不調だったらしく、全く売れていなかった。
「ほい、兄ちゃん!!これいるか!?」
お弁当屋のおじちゃんがどっさり残り物をくれ、思わずガッツポーズな僕。2010年も最低な人間として世の中を堂々と歩み続けたものだ。2011年も頑張る。
おこわ屋さんからもガッツリもらってルンルンで駅へ向かった。そこであったのが、高校二年の時のクラスメートのMさんだ。基本的に友達が少ないのは高校の時もだが、このMさんは結構話した方だし、久々の再会でも名前はすぐに出て来た。Mさんには、僕が大学でダンスを始めるきっかけとなった高校の体育祭のチア企画でお世話になっていたのだ。
Mさん「うわぁ~ヨネ君だぁぁ!!」
ヨネ君「あ、Mさん!!」
関係ないが、Mさんが僕が一番好きな僕の呼び方『ヨネ君』を言ってくれるのも、僕がMさんをお気に入りな理由。
他の人なら、めんどくさがって「おー久し振り。何やってんの?へぇ、あ、オレ?バイトバイト!おう!じゃあな!」で終わるところだが、僕はその場で20分近く話してしまった。うちの店で残った惣菜の『ひじき』と『切り干し大根』をあげたのは、僕がMさんをいかにいいヤツと見込んでいるかの証明だ。相変わらずMさんは実に話しやすいヤツだった。食事でもしようかと思ったが、あいにく今日はこの残り物たちを一刻も早く家に持ち帰らなければならない。また会おうMさん。
帰宅してその大量ぶりに家族から拍手をもらったオレ、米田。かくして、今日はスターだった。
明日は大晦日。朝番バイトっすな。やるぜよ!

Dynamite!!~勇気のチカラ2010~勝敗予想
就活にダンスに卒論・・・。大学・・・いや学生生活最後の年、2010年は文字通り激動だった。1年の頃よりも2年の頃よりも3年の頃よりも、4年のこの年は楽しく切なく忙しかったのは間違いない。先ほどこのブログを見て驚いた。2010年の格闘技記事は、1月3日に書いた2009年大晦日興行の感想のみ。確かに、忙しかった。
というわけで、今年の大晦日格闘技興行の『Dynamite!!~勇気のチカラ2010~』の勝敗予想、やります。今発表されているのは15試合ですね。今年は数字(視聴率)を意識してか、エンタメ系のカードやルールが並んで結構ヘコんでますが、とりあえずいきます。試合順にいってみましょーか。以下、楽しめる方はお楽しみください。


①鈴川真一(プロレス界でヤっちゃった男)対ボブ・サップ(格闘技界でヤれなくなっちゃった男)
これは曙対サップ以来のグダグダ感を想像させる恐怖のカードですね。勝敗だけでなく『エンターテインメント性』も求められるプロレス界にて、ただ勝敗だけにこだわりデビュー戦で相手選手にガチ試合で挑んで会場内をドン引きされた鈴川は、2009年に大麻取締法で相撲界から追い出された『若麒麟』です。一方のサップは昔『野獣』と騒がれオリジナルCD『SAPP TIME!』をリリースするもほとんど売れなかったあの男。近年も素晴らしい勢いで衰退しております。まさに第1試合。チケットを買っていて万が一間に合わなくて生観戦できなくてもあまり後悔しない好カード。
予想としては、もういきなりどうでもいいですが鈴川君の勝利で。グダグダの打撃、グダグダのタックル&もつれこんでのグラウンドなどが数回繰り返されたあと、サップが倒れた際肘を痛めTKO負けみたいな感じでしょう。ちなみに煽りは『キリンvs獣』のサファリパーク仕様。

②アンディ・オロゴン(お兄さんはボビー・オロゴンだがだんだんボビー・オロゴンを知らない人も出始めている)対古木克明(横浜ベイスターズにトレードで追いだされたホームラン男)
これも数字をとりたいんだろうな・・・と思わせるカード。アンディはK1である程度の実力を示していますが、近年は祖国ナイジェリアで動物と戯れていたらしい。身体能力の向上に期待したい。古木は知る人ぞ知る、というか結構有名な元プロ野球選手。
予想あっさりいきましょ。アンディ勝利で。打撃でグダグダ勝ち。判定はないでしょうが、その代わり盛り上がることもないでしょう。セコンドにはあのボビーの姿も。試合後はボビーがマイクを持ち、「アンディ、次はオレと試合をしろ」という意味のわからない展開になり、大みそかは昼過ぎから早くも『HERO’S』な空気に。

③宮田和幸(史上最短秒殺記録保持者)対宇野薫(髪型賛否両論)
神の子KIDに試合開始4秒で負けた男が大晦日また見せてくれそうなこのカード。モデルとしても活躍している宇野は気合を入れて髪型を思い切ってくれました。宮田の鍛え上げられてるけど試合では生きているのかいまいちわからない腹筋と、宇野の髪型に注目したいこの一戦。
とはいえ秒殺はおろか1R決着すらほとんどない宇野。強いんだけどビデオでもう一度見るほどでもない・・・そんな試合をこれまで数々も見せてきてくれたウノカオルは一部ではウノカオスとまで言われています(嘘)。というわけで今回も判定の可能性が濃厚。まぁポジション取りの上手い宇野がカオス的展開に持ち込み、腕十字を決めかけるも結局決まらず判定勝ち、といったところでしょう。マイクアピールをしますが、「これからもがんばりますので応援よろしくお願いします」的なもちろん特別面白くはないコメントでありオンエアではカット。

④所英男(ここ数年今すぐ消えそうな格闘家として試合に挑むも意外に生き残っているシンデレラボーイ)対渡辺一久(問題児)
今度こそ主催者側が所を格闘技界から消そうとしているのではないかと思われる。なかなかの好カード。渡辺は寝技への準備期間は2週間しかなかったため寝たら終わるが、スタンドではもしかしたらがありえる。
とはいえここ最近の所は崖っぷちで強い。彼が落ち目の際主催者側がエイブル・カラムを出世させようとカードを組んだ際は2R一本勝ち。高谷に負けてもキムジョンマンには勝てた。そして今、ウィッキー、ハンセンに連敗中の彼にニューカマーの渡辺が襲いかかる。間違いない。これは所の得意技『格闘技界生き残り』が炸裂する時。すばやく寝技に行き三角締め・・・いや腕ひしぎ。所の一本勝ちで。

⑤ミノワマン(僕の生き方のお手本の『本能系』。ところが最近の闘い方はいたってクレバー)対泉浩(いつになっても柔道時代のお腹を絞り切ってくれない柔道メダリスト。ただし銀。)
なぜか第1試合ではないのが残念。ミノワマンは第1試合でガッツリいい試合をして興行を盛り上げてくれるポジションなのだが。
ミノワマンはもうほとんどの格闘技ファンから忘れ去られた企画物、『スーパーハルクトーナメント』の覇者。ただキムミンスや金泰泳、柴田勝頼や石井慧に負けるなど、結構イタイキャラに弱い一面がある。そこにもってきたのが、柔道で天下を取れずに総合格闘技に来たが今までそれほど人気も得られず印象的な試合もなくかつ外見も微妙に気持ちが悪く唯一の取り柄が名前が短くて覚えやすいということだけのこの男、泉浩。オンエア確率が五分五分なためミノワマンのモチベーションも心配である。体格差もあるため膠着試合となると思われる。ここは泉の判定勝ち・・・と言いたいがいかんせんミノワマンのファンなのでミノワマンの勝ちにいきましょう。一本取りますよ。足関節とってやります。取れなかったら、1月中にiPod買い替えます(?)。ミノワマンの一本勝ちで。

⑥セルゲイ・ハリトーノフ(無名だけどメチャ強い)対水野竜也(無名でそんなに強くない。)
水野が奇跡を起こす事に期待したいカードだが、蓋を開けてみたらボロ負けで終わるだろうこのカード。マヌーフ戦で奇跡を起こした後、ムサシ戦で現実に立ち返らせてくれた水野は、そのままDEEPに戻ることになるだろう。ただしこの試合の後、ハリトーノフはセコンド陣と方向性の違いで一悶着おこし、ジムをかえることとなる。
試合は終始ボコボコでハリトーノフの判定勝ち。試合終盤はさすがにグダり、実況が「このままでいいのか水野。日本人格闘家の超新星として奇跡を見せたい・・・!!あ~~~しかしここで試合終了のゴングだぁぁ!!!」と絶叫。

⑦京太郎(顔がなんとなく往年のチェ・ホンマンに似てるK1戦士)対ゲガール・ムサシ(軽量級総合格闘技で世界最強。日本、海外の総合を制しK1でも非凡な才能を見せる25歳。)
なぜか、例年このムサシに賭けていない僕。おととしのK1ルールでの武蔵戦、昨年の総合ルールでのグッドリッジ戦でも見事勝利し、僕に苦杯をなめさせるその実力。今回も相手はK1の京太郎。明らかに苦杯をなめさせに来ているだろう。なめてやろうじゃありませんか。京太郎のKO勝ちで。1R。京太郎は4コーナー全てに駆け上がり絶叫。マイクで調子に乗って「次は僕が総合ルールでムサシ選手に挑戦したいです」。実現はしない。

⑧青木真也(去年の大晦日、対戦相手をポキッとやった上にF○CKポーズまでかまし物議をかもした寝技師)対長島☆自演乙☆雄一郎(入場のみに期待がかかっている)
K1&総合のミックスルールにお茶の間が混乱すること必至。簡単にいえば、最初の3分間は立ち技のみの試合で、インターバルを置いた後は寝技もありなルールです。これは・・・やはり1Rを粘った青木が2Rに寝技で勝利でしょう。心配な点は3つ。1つは前述したように、試合が終わる前にルールが茶の間に理解されるかどうか。もう1つは、自演乙の入場が放送されるかどうか。最後の1つはそもそも茶の間が『自演乙』の意味がわかるのか。ちなみにアルバート・クラウスは自演乙のこのキャラクターをマジで嫌っているらしい。

⑨アリスター・オーフレイム(ヘビー級総合格闘技世界最強。ちなみに先日、K1にちょっと参戦したら優勝。)対トッド・ダフィー(アメリカの総合格闘技興行UFCでやばい活躍をした選手らしい)
期待したオーフレイムのカードは日本ではほとんど名のないダフィーとの試合に。数字が逃げそうだなこりゃ。ジョシュ・バーネットとかとだったらアツかったのに。ダフィーについて無知すぎるので予想が困難。ただここは・・・勝負に出たい!ダフィーの勝利で一票で。スタンドでラッキーパンチが当たり、そのままグラウンドにもつれ込み、そしてKO勝ち。レフェリーのストップにアリスターは抗議をするも受け入れられず。なおアリスターの希望でこの試合はDREAMのヘビー級タイトルマッチが賭けられるが、そのベルトを勝者のダフィーが手にするが、いつの間にか返上される。後日決定戦の舞台に立つのはアリスターと水野。

⑩ジェロム・レ・バンナ(『プリズンブレイク』のリンカーンにちょっと似ている)対石井慧(大阪府出身。)
数字が降ってきそうだが全く興味がわかないカード。トイレタイムになりそうだ。
落ち目のK1ファイターとの総合ルールで勝って何の意味があるのだろうか。石井にとっても大したステータスにはならないこの試合。開始からしばらくは石井が打撃で応戦。しかし荒削りで結局寝技に。ポジション取りから絞めて石井の一本勝ち。このあたりで米田家は年越しそばを食べ終える。

⑪マリウス・ザロムスキー(強いのかはよく分からないが脅威のハイキックは持っている。なんとなく名前がいい。)対桜庭和志(9月に初めて寝技で一本負けをした。)
桜庭は真剣を手に持って入場。どこかで見たことのある入場時の表情はやや硬い。試合はザロムスキーがグラウンドで上になり、腕をクラッチした状態でマウントを落としたりと非情さを見せる。最後は一瞬の隙をつき桜庭のバックを取りスリーパー。桜庭は目を開けて失神。意識を取り戻した桜庭はマイクで「15年間ありがとうございました」と引退を宣言。ヒクソン戦で引退した船木誠勝のパロディであることに気付くが、解説席で全く理解していない佐々木希は静かに拍手。佐々木希はコメントを求められ「また頑張ってほしいです」。
というわけでザロムスキーが寝技で一本勝ち。桜庭すまん!オレも当てたいんじゃ!

⑫大和哲也(K1強い)対西浦ウィッキー聡生(髪の毛ピンクwww)
地デジ化を済ませた家庭なら、ウィッキーの鮮やかな髪色が楽しめるはず。K1ルールのこの試合。イマイチヒットな試合がないウィッキーにとっては大一番。しかしドンマイ。大和がガチで勝ちに来る。序盤様子を見てからの、一回パンチを当てて蹴り蹴り蹴りで圧勝。ウィッキーは次回から髪を黒にする。そしてそんあウィッキーには御褒美として引退した小比類巻‘改名’太信との一戦が組まれる。ただしノーTVマッチ。

⑬ジェイソン・ハイ(2連敗中)対桜井マッハ速人(3連敗中)
時期がもう少し早ければクソ楽しみだったカード。互いに調子が悪いこの二人の試合はとりあえずかみ合うことはかみ合うはず。
前半はベテランのマッハが上手く距離をとりながら闘う。2Rあたりから試合が動き、寝技の攻防もちらほら。しかしスタミナを消耗し両者決め手を欠き判定。マッハが辛くも勝利を収めるも場内はブーイング。実況の「佐々木希さん。マッハは頑張ったんですが苦しみましたね!」に佐々木希は「そうですね・・・苦しんでいたと思います」。兄は怒りのあまり新年を迎える前に初詣を敢行する。

⑭川尻達也(クラッシャー。だが前の試合では自分がクラッシュされた。)対ジョシュ・トムソン(超強いらしい。)
マニア向けなカード。川尻は青木に足を破壊されてから久々の試合。ブランクが不安だが、写真を見る限りコンディションはよさそうである。ジョシュ・トムソンは大物っぽい。いい試合が期待できる。
互いに判定癖もあるようなのでここは判定でしょう。視聴率がぐんぐん落ちてフジテレビが冷や汗をかく中、ねちっこい寝技の展開が繰り返され、立てば両者バテバテ。判定でジョシュ。オンエアはまさかのこの試合でフィニッシュ。メインに届かず2011年を迎えるまさかの展開。

⑮ビビアーノ・フェルナンデス(フェザー級王者)対高谷裕之(今色々神懸かってて調子がいい日本人。得意技はパンチ。寝技はできない。)
タイトルマッチであり、今大会で真っ先に決まっていたカード。ファン待望。しかし僕はフェルナンデスをイマイチ認知しておらず、かつ高谷にも興味はないので我然ミノワマンの方が楽しみである。
予想は全く困難。フェルナンデスの関節一本もあるし、高谷の打撃一閃もあるし、グダグダ判定もあるし名勝負もあるこの一戦。その意味では期待は大。数字は小。・・・高谷に賭けましょう!!高谷の打撃によるKO勝ちで!劣勢からの軌跡の逆転スタンドスカ勝ち。試合後、号泣の高谷。この模様は『Dynamite!!』内では収まらず、臨時ニュースで『高谷勝ちました(笑)』とテロップが挿入される。以上で『Dynamite!!』はめでたくお開き。


こんな感じでいかがでしょうか?テレビ放送はとりあえずアントニオ猪木の闘魂ダイブ(ただし今回は空ではなく海)から始まるでしょう。書いてて思ったんですが、やっぱカードにアツさが足りず、テンションが上がりきらないのが正直なところ。とはいえ明日になればがっつり盛り上がっちゃうわけですが。
そしてそして本題の罰ゲームコーナー。格闘技ファン歴から考えて、勝敗予想負け越しなんてありえません。というわけで、負け越したら以下の罰ゲーム行います。

全外し(15敗)・・・内定お断り。来年記者職ではなく政治家を目指し就職活動
1勝14敗・・・OゼミWEB係の権力を使い、WEBページ閉鎖
2勝13敗・・・卒業を間近にして、『てか、オレ米田。』閉鎖
3勝12敗・・・某動画投稿サイトに米田一弘の名で動画うp
4勝11敗・・・Oゼミ2011年一発目の定例コンパでAGOアゲイン
5勝10敗・・・携帯アドレスに『ago』を入れてアド変。
6勝9敗・・・腕たて1000回(毎年恒例)
7勝8敗・・・mixiで読者の気持ちを無視しドン引きするぐらい専門用語使って格闘技批評。

『勝ち・負け』(予想の当たり・外れ)は試合の勝敗のみで判断。格闘技には選手の欠場によりカードが当日中止になることもあり得るため、試合数が変わる可能性があります。なのでその際の罰ゲームは『確率(当たった割合)が一番近いもの』をやる事にします。自分が勝つと予想していた選手が欠場し、代理選手が出た場合はその人に託します(ex京太郎対ムサシで僕が勝つと予想した京太郎が欠場。代わりに小比類巻‘改名’太信が出場した場合。‘改名’が勝てば僕の『勝ち』、ムサシが勝てば僕の『負け』)。なお、複雑な展開になりどの罰ゲームやったらいいかわかんないような状況になったら僕が都合よく解釈します。

最後に。ほんとはみたかった僕のイチオシカードを列挙します。
・菊田早苗対ホナウド・ジャカレイ(寝技師対決、ただしK1ルール。)
・アルバート・クラウス対長島☆自演乙☆雄一郎(嫌いな者はリング上で決着を。無制限ラウンド。)
・前日にサンドロとタイトルマッチで25分闘っている日沖発対前日に日沖とタイトルマッチで25分闘っているサンドロ(究極のリマッチ)
・ヒョードル対ジョシュバーネット(これはまじめに見たい。今のヒョードルならギャラも少し安くなってるはず。)
・菊野対石田(これからな男、菊野を石田がまた空気を読まず止めてくれるはずwww)
・KID対シャノン・ザ・キャノン・リッチ(KID、これなら勝てるぞ!!)
・永田 克彦対永田裕志(究極的にどうでもいい兄弟決戦)
・五味対アウレリオ(なんとなく。)
・イザイア・ヒル対レミギウス・モリカビュチス(トイレ休憩用)
・小比類巻‘改名’太信対藤本祐介(今だからこそみたい同窓会試合)
・長州力対ヒクソン・グレイシー(2001年の格闘技界で一時軸限が噂された幻のカード・・・をいまさら。)


いかがでしょうか。もう少し年末が忙しくなければガッツリ格闘技予想もかけたのですが、それは嬉しい悲鳴ということで。
大晦日、お楽しみに。

大晦日の予定はもう、埋まっている(12月29日の日記)
来年はロッカーとしてもブレイカーとしてももっとガッツリ練習したい米田です。
集会室は年末の閉鎖期間に入ってしまった。踊り納めという意識のないところで奇しくも踊り納まってしまった。だから来年はもっとちゃんと踊ります。

朝は11:00起き。昨晩風呂も入らずに寝たことに萎えつつも、食事をして家族で町を探検。TSUTAYAに行き格闘技の種類の少なさに萎え、電器屋に電卓を探しにいくも見つからず萎え、クリーニング屋にゼミの忘年会で汚れたスーツをとりにいくも預かり票を忘れたことに気付き萎えた。
グダグダの散歩から一転、バイトへ。16:00からTさんと閉店まで働いた。大学3年の彼女の就活の話を聞き、変わりにこちらは忘年会尽くしで大変だというような話をした。商品が売れない時、隣りに話し相手がいるのは実にいいものだった。
閉店時間。
ヨネ「てかTさん仕事早くね?20:30でもう帰れるやんwww」
Tさん「そうですか?米田先輩いつも何時ですか?」
ヨネ「オレ20:50ぐらいだよ。この時間はまだ隣りのお店と残り物交換してるよ。『お!唐揚げっすか!?』とか言ってニコニコしてるもんwww」
Tさん「ほんとですかwww私もういつもなら早く帰りたくて殺伐としてますよwww」

帰宅して、ゼミの後輩からのメールに返信したり、食事したりして、ちょっとした大晦日の遊びの誘いを『その日は毎年家族と格闘技の勝敗予想して過ごすから』という理由で断るという明らかな誤審を犯したオレ、米田。だが、悔いはない。

明日もバイト。いよいよ30日ですな!そろそろ2010年も終わりですな!

ギリギリ海老蔵(12月28日の日記)
『リア充』(=リアルな生活、つまりゲーム内ではなく現実世界で充実した日々を送る人)だと最近よく言われます米田です。自分で言うのもなんですが、これには賛否両論だと思います。

意味なく昼に起きた12月28日。今日はサークルEの忘年会、通称『リアル忘年会』である。記憶を飛ばすまで飲みまくり、年を忘れるその姿勢はまさにサークルEならでは。この『リアル忘年会』を後輩T君(ミスターツイッティング)から聞いてから、僕はOゼミでも山岳部でもリアルを追及し、病院送りや幹事でありながら2次会欠席という事件を起こして来た。
出発時刻までひたすら3年の時に書いた論文の修正作業をしたり、ブログの格闘技記事をちょいと書いたりした。
18:45集合の忘年会に出発。某駅に着き飲み会会場の居酒屋Aに向かった。記憶を頼りに黙々と歩く。サークルEのメンツに一人も会わない。18:40となり、さすがに不安になり交番に道を聞く。
交番「居酒屋Aですか?えーっとじゃあとりあえず来た道を戻ってもらって…」
どうやら頼りにしていた自分の記憶は深夜練の時のスタジオの場所だったらしい(10月29日更新の日記参照)。
K君(飲み会ハッスラー)からの電話のおかげで奇跡的に到着したオレ、米田。集合時刻の18:45に駅付近でのんびり喫煙タイムを過ごしていたK君のおおらかさと、18:53まで僕をそこで待ってくれたK君の寛容さには感謝したい。
会費を払い、くじ引きで席が決まるシステム。
K君「ヨネ、席なにになった?」
ヨネ「えーっとねぇ………あ、『8』です!!」
K君「マジか!?やったぁ!!」
僕はツイている。『1』〜『9』まである席で、同期でかつチームメイトでもある彼と同じ席になれたのだから。
M君(暴れん坊将軍)ら同期のいるエレベーター前に歩み寄る。
K君「M君!!やったよぉ!!オレ、ヨネと違う席だ!!」
って違う席だから喜んだんかぁぁいwww
M君「え、ヨネなに!?」
ヨネ「『8』だよ。」
M君「おぉーセーフ♪」
『セーフ』ってなんだ。
Iさん(猛者)「あ゛ー私一緒だぁぁwww最悪ぅぅwww」
頭を抱えるのはやめてくれ。
『8』の席に行くと、そこにいたのはお久し振りのK君(OOM)を始めとし、後輩T君(ミスターツイッティング)、後輩Aさん(1女ロッカー。酔うと声がおっさんになるらしい)、後輩Aさん(ポイントゲッター)などなど。
ヨネ「おうK君久し振りwww」
K君「おうヨネか!!凄い席だなここwww」
ヨネ「いやお前が言うなよwwwてか今日はお前、飲むよ!?忘年会だからね。」
K君「色々忘れちゃおっか♪」
ヨネ「うん、忘れたいこと、いっぱいある。」
K君「www」
ヨネ「まずは今年のクラブイベ(6月27日更新の日記参照)あたりからだな。」
K君「www」
後輩T君「てかヨネ先輩、23日オレが働いてるコンビニに来ましたよね?www」
ヨネ「え?あー行ったわwww」
後輩Aさん「え、それなんですか?」
後輩T君「いや、なんか『誰かに会いたくなった』とか行ってうちの店来たんだよwww」
Iさん「うわそれキモーいwww」
ヨネ「もうね、いつもなら『違う違うwww』とかいうけどね、ほんとだからなんも言えないwww」
後輩Aさん「え、それでT先輩と会って何したんですか?」
ヨネ「『何したんですか?』ってコイツ勤務中だからねwwwちょっと話して帰ったよそりゃ(笑)」
後輩T君「そうでした。ちょっと話して何も買わず、なんかちょっと店にあるケーキとかぼーっと見て帰りました。」
K君「キモいなそれwww」
ヨネ「もうね、『そうです』としか言えないwww」
その話は隣りの席『7』のM君(暴れん坊将軍)にまで伝染。
M君「ヨネそれマジでキモいなwwwきんもーwww」
ヨネ「www」
M君「今お前オレの中で一番キモい人になったわ!!」
ヨネ「え、逆に今までのトップ誰だよwww」
M君「そりゃK君だよ!www」
ヨネ「うわwww隣りにいたwwwえ、ここ(ヨネ)とここ(K君)で決勝戦?www」
K君「決勝www」
ヨネ「いやでもあの日は実際ね、ヤバかったんだよ急にwww」
後輩T君「あ、そういえばヨネ先輩引っ越しましたよね?ヨネ先輩の家行きたいっすわ!!」
後輩Aさん「私も行きたいです!!」
ヨネ「待って。はっきり言っとく。サークルEは特に、来るな(笑)」
後輩Aさん「www」
後輩T君「なんでですか!!www」
ヨネ「だってどうせお前らオレん家でオレをこき使うだろ?家族に『これはいじめじゃなくてね………』とか説明するのが大変なんだよ!!www」
後輩T君「でもヨネ先輩の家行きたいっすよ〜。」
ヨネ「『ヨネ先輩の家行きたいっすよ〜』って言っても、それはオレとかは関係なしに飲めて吐けて風が凌げればどこでもいいんだろ?www」
後輩T君「まぁそうですけどwwwでもM先輩(=暴れん坊将軍・M君)!ヨネ先輩の家行きたくないですか!?」
M君「うーんオレはいいや。」
ヨネ「あ、やっぱり?www」
K君「てか後輩Hさんはクリスマス何してたの?」
後輩Hさん「なんもないですよぉ!」
K君「そんなわけないそんなわけない!」
Iさん「絡みがウザいwww」
後輩Hさん「でもほんとに、24日はクラスの友達と集まって、25日はずっと寝てました。」
ヨネ「いやいやいやいやおかしいおかしいwwwあのね、一日は24時間あるのよ?それを『ずっと寝てました』はおかしいでしょ(笑)」
後輩Hさん「でもほんとに、25日は昼過ぎに起きて、なんか眠いなぁってまた寝て、起きたら夜8時でした。」
ヨネ「………えーっと………参りましたwww」
K君「参ったわwww」
後輩T君「じゃあ実際ヨネ先輩の方がリア充してません?www」
ヨネ「そうそうwwwゆーてオレ、24日は集会室Gで鍋(12月26日更新の日記参照)やってさ、25日はM先輩(鬼ロッカー)とJ先輩(巨匠)と後輩A君(一人バトルロワイヤル)と箱根に日帰り旅行に行きました(笑)(12月27日更新の日記参照)」
K君「なにそれwwwクソ楽しそうwwwてかさ、ヨネ最近なにしてんの?」
ヨネ「オレまだ引っ越して2週間でようやく落ち着いたぐらいなのよ。だからここまではずっと家の段ボールとか片付けてた。」
後輩T君「え、2週間段ボール片付けてたんですかwwwなんすかそれwww」
ヨネ「いや、一応言っとくと別にそれだけしてたわけじゃないからね?wwwあ、後輩T君は?飲んだりとかしてんの?」
後輩T君「そうですね。さっきもそのへんでダーツして遊んでました。」
K君「え、誰と?」
後輩T君「えーっと…2年生とです。」
K君「あのさ、そこは別に名前言ってくれても分かるからさwww」
ヨネ「確かに今絶対気ぃ遣ったよねwww『K先輩に言っても分かんないだろうな』的なwwwあ、てかこの間Iさん千葉飲みしたんだよね?クッソ盛り上がったんでしょ?」
Iさん「もうすっっごい楽しかったよ!!」
ヨネ「うん、プリクラとか凄い楽しそうだったもんwww」
K君「何話したの?www」
Iさん「ローカルな話もしたけど、山手線ゲームの千葉版やったりさ。」
後輩T君「楽しそうwww」
Iさん「あ、そういえばヨネって千葉の〇〇〇出身なの?ほんと?」
ヨネ「うん(笑)え、ダメ?www」
Iさん「いや、ヨネの話が出てね、『あいつなんでメーリス登録してんの』ってなって。だからメーリスから削除しといた。えへへへへ♪」
ヨネ「………いや笑えない笑えないwww」


乾杯が入り、会はさらにぐんぐん盛り上がっていった。
ヨネ「ほら、今日はエグるぞ!!後輩Aさん(ポイントゲッター)も、ほらビール持て!!笑」
後輩Aさん「え〜ヨネ先輩飲んでくださいよ~♪」
ヨネ「なぁ、こういう時だけかわいい顔するのやめろやwww」
後輩Aさん「え、ダメですか?www」
ヨネ「お前オレが2年の時にオレにクリームパン奢ってもらう時もその顔してたろ!!オレ覚えてんだからな!!(2008年11月22日更新の日記参照)」
後輩Aさん「あー買ってもらいましたぁwww」
後輩T君「ヨネ先輩!エグりましょエグりましょ!今日オレ楽しみにしてたんですから!」
ヨネ「おう(笑)」
後輩T君「オレWikipediaで『忘年会』の起源調べたんですから!!」
ヨネ「…ん、え、それどういうことwwwなんで調べたwww」
後輩T君「起源は江戸時代らしいですwww」
後輩Aさん「あ、そうなのwww」
後輩T君「平安時代に年末に歌を詠み始めてから変わっていったらしいです。」
ヨネ「歌wwwじゃあそんな江戸時代に乾杯!!!」
一同「乾杯!!!」

このあと、僕のスタンスは変わらず。忘年会だから後輩にはエグらせる。ただもちろんパワハラなどというものは使わず、そのたびに一緒に飲む。ゆえに先に潰れる。
梅酒を精一杯飲んでからは、もう十分大変なことになった。恐ろしき泥酔で気付けば「はいじゃあもう時間なんで切りのいい所で出てください!!」と幹事か何かの人が言ったりしてんのが遠くで聞こえる感じになっていた。そして次の瞬間僕は会場の外のベンチか何かに横になり、「おーい一弘ぉ!!起きろぉ!」と後輩M君(ボーグのラストエンペラー)や後輩T君(来往舎の眠り姫)、後輩Aさん(ポイントゲッター)に呼び捨てにされながら頬をペシペシ叩かれていた。さらに次に目覚めると僕は左手に必死に黒い鞄を抱え、後輩Sさん(ライアー)に「この人メンドくさいwww」と言われながら「この鞄はM君(若武者)のだ!!M君かK君(飲み会ハッスラー)のだ!!」と叫んでいた。そして次に目覚めると、K君にボコボコ頭を殴られていた。ちなみに、その具合はまさに海老蔵級であり、翌朝目覚めると左目の上にコブが出来ていたほどだった。

意識がしっかりしてきたのは、後輩T君(ミスターツイッティング)たちと地元の駅に戻り、つけ麺屋Aに行ったあたり。確か「なんで酒飲んだあとってこう麺系を食べたくなるんだろうねwww」「あ、じゃあつけ麺屋A行きます?」みたいなノリだった気がする。5、6人で行ったはずだが、席の都合で僕は後輩T君とほろ酔いで気持ち良くなりながら二人で食った。
後輩T君「オレ今一人カラオケしたいんですよね~。」
ヨネ「いいねぇwwwいや、『一人〇〇』って結構イタイ感じに思われるけど、オレも絶対楽しいと思うんだよ。オレみんなでディズニーランドとかはあんま行きたくないけど、『一人ディズニー』やりたいもんwww」
後輩T君「ですよねwww」
ヨネ「………あ!!今すっげぇの思い出した!!!オレ『一人焚き火』したことある!!小学生の時!!うわっ思い出した!!封印した記憶だwww」
後輩T君「一人焚き火ってなんすかwww」
ヨネ「いや、公園にある意味分かんない枯れ葉に火ぃつけたんだけど全然面白くなかったんだよ!!うわぁこれネタにすらしたことなかったやつだ…思い出した…。」
後輩T君「つまらなすぎてネタにすらしてなかったんですねwwwうわぁ凄いデビューですねwww」

そのあと僕らは学園祭の思い出話にまた浸り、ぶっちゃけ話をしたりして解散。ちなみに僕はその後、家で風呂にすら入らず力尽きて寝た。

明日はバイトのみ。頑張ろ。そいや!!

山岳部忘年会(12月27日の日記)
鳩サブレは割って食べます米田です。
そろそろ大晦日。格闘技興行『Dynamite!!』が目の前まで来ている。毎年恒例の勝敗予想&罰ゲーム設定をしたいところ(昨年のものは2009年12月27日更新の格闘技記事参照)だが、なにゆえカードやルールがまだ決まりきっていない。予想困難、というか無理。30日には、敢行したいところだ。
朝は9:30起き。食事をしてブログを書いて、13:00から年賀状を書き始めた。O先生以外の19名への年賀状は、まだ全く書いていなかったのだ。学生生活ラストの年賀状ということは、つまりはこうして自分の文字でびっしり埋められる機会がもうないということ。次は社会人として、パソコンの定型文にちょっと一言添えるだけの、寂しいものになってしまう。
サークルEのメンバーの住所が全く分からず年賀状未遂となったのは計算外だったが、これまで関わった全コミュニティからピックアップして19枚全てが完成。18:30だった。5時間半の執筆作業。相変わらず自分の集中力と耐久力には我ながら恐れ入る。
そして向かったのが20:00からの山岳部忘年会。毎年恒例のこの企画(昨年の模様は2009年12月24日更新の日記参照)。もちろん幹事なオレ、米田。集合の19:50よりだいぶ余裕をもった19:35に到着。N君(怒れるウンコ)に会う。
N君「おう、久し振り。」
ヨネ「………じゃないな。全然一昨昨日(さきおととい)に会ってるからねwww(12月24日更新の日記参照)あ、今から年賀状出しに行くんだけど行かない?」
N君「え、だって待ち合わせ時間になっちゃうだろwww」
ヨネ「いや、まだ15分あるよ?」
N君「あ、マジかwwwオレどんだけはりきってんだろwww」
というわけで共に投函しに行った。

待ち合わせ場所に再到着。T先輩(山岳事務所株式会社T総務)と後輩O君(霊長類ヒト科最低の男)、後輩N君(チャレンジ・ザ・色白)、後輩J君(U君キラー)、U君(‘lonely’oneあだ名コレクター)がそろいそろそろ居酒屋へ。後輩Fさん(Watchdog in山部)も合流し、軽く乾杯し、U君による近況報告。もちろん重い空気になる。今回のその威力は山岳部史上に残るものであり、それには一同「………」。と、そこに………


後輩Y君(冬男)「遅れましたぁ。」
一同「キタァァ!!!www」
重苦しい静寂を『登場』という割りとシンプルな方法で救ったこの時から、僕らはいつものように明るく楽しく激しく飲んだ。後輩Y君が
「正直言っていいですか?!あの正直言わせてもらっていいですか?!オレこれもうビール2杯飲み切りましたから!!www」
といえば、
N君「………え、だからなに?www」
ヨネ「別に『正直言っていいですか』っていうほどヘビーな内容じゃなかったよねwww」
N君「うん、軽めだったねwww」
ヨネ「あ、ライトめ?」
N君「ライトめwww」
ヨネ「あーあの時計ずれてる。」
N君「それ今関係ないwww」
と勝手に騒ぐ。
後輩J君が後輩Fさんに恋愛トークを吹っ掛け、僕らが煽ればほろ酔いの後輩Fさんは僕らに「え、今でしょ?」とタメ口。
N君「え、今タメ口?www今日タメ口?」
ヨネ「勝手に無礼講?www」

さらにU君が喋ればN君は「黙れ」、後輩N君は「うるさいです」。
ヨネ「U君あんま喋ってないのに、たまに喋ると『黙れ』とか『うるさい』って言われるんだねwww」
N君「でも後輩N君はまだ『うるさいです』って敬語だからね。」
後輩N君「あ、でもその場合の『です』は『死』を意味する『DEATH』なんでwww」
ヨネ「あ、『うるさいDEATH』?www」


後半戦はT先輩やN君などなどと、ぶっちゃけトーク三昧。山岳部の飲み会はいろいろここでは書けないことだらけだが、とにかく盛り上がった。
忘年会のあと、後輩Y君が勝手に泥酔するのを確認しながらの一本締め。そのあとなんとなく二本締め。こうして、忘年会が幕を閉じた。

明日もサークルEの忘年会なので、2次会はなしにして解散。疲れた!

父の激怒(12月26日の日記)
携帯のアドレスを変えたいけどいいアドレスが思い付かない米田です。もういっそ『teka,oreyoneda.@………』とかにしちゃいましょうか。

朝は10:00起き。食事をして昨晩のブログを書いて年賀状を書こうかと思ったら、無事完了したのが食事だけという状況で出発時刻。16:00からアルバイトだ。
お弁当は強烈な量が残っていた。さらにオススメセットも。これにはAさんも「平日みたい………」とヘコみ気味。励まさなくてはとオレ、米田。思わず出た一言。
「日曜ですもんね」。
励ませなかったオレ、米田。

閉店時刻。「もうこの辺全部半額でいいです」発言でそこそこ売れたが結構残った。もちろん周囲の店に配る。おこわ屋さんも、僕がたくさん残り物を譲り受けるのをもう知っている。

おこわ屋さん「好きなの持って行っていいよ!あ、ほたてのおこわ、新しいヤツだからおすすめだよ!」
ヨネ「あ、はーい!ありがとうございます。」
お言葉に甘え、ほたてのおこわ及び全種類のおこわを両手に抱え持ち帰る僕。あの時はさすがのおこわ屋さんも僕を二度見していた。
帰宅して食事してさぁ寝ようかという時。エアコンのリモコンの電池パックのフタがないことに気が付いた。
一弘「お父さん。電池パックのフタ知らない?」
父「え!!ないのか!?」
今まで見せたこともない鋭い表情で僕を見る父。父は今まで僕らに声を荒げたことはなく、怒りや悲しみといった感情も基本的に表情に出さない。その父が、力強くいう。
「もうお父さんこれが見つかるまで気になって眠れないよ!!」
………そ、そうか(笑)
「お父さんこういうのが一番嫌なんだよ!!」
どういうのだよwww


こうして最後、少しだけ後味が悪くなった。ちなみにこの電池パックのフタは、翌27日にあっさり見つかったりする。

命がけの聖なる夜(12月25日の日記)
『てか米ブログ』史上でもなかった新たな展開なのではないでしょうか―――
僕は今年のクリスマスの予定が決まった時、日記でこう煽った(12月20日更新の日記参照)。そしてクリスマスイブの日記においても、クリスマスの予定についての会話のシーンを敢えて「実は〇〇と〇〇と〇〇に行くんだよ!!」とぼかした(12月26日更新の日記参照)。
そろそろ答えを出そうと思う。上記の穴埋めの答えは、「実はJ先輩(巨匠)とM先輩(鬼ロッカー)と箱根に行くんだよ!!」、である。そしてクリスマスイブのあの鍋の席で、学園祭前の安安(11月9日更新の日記参照)以降、謎の朝練(12月20日更新の日記参照)などでも絡むことが多かった後輩A君(一人バトルロワイヤル)の参戦が正式に決定。実にサークルEの4代に渡る交流戦が、この異色メンバーで行われることとなった。
待ち合わせ場所は学校(ダンスキャンパス)付近だった。レンタカーで迎えに来てくれるそうで、待ち合わせ時刻は9:15。僕は引っ越して以来なぜか初めて寝坊し、15分で家を出た。ダッシュ。
‘J先輩は『コマに時間通りに来ない』ことで有名だから、走らなくてもいいかなぁ’
と思いつつ、
‘いや!今日のメンバーにはM先輩、つまり鬼ロッカーがいる!!走ろう!!’
となり、その結果9:16に到着したオレ、米田。その直後、後輩A君も到着。先輩二人の姿はまだ見えない。
後輩A君「今日はよろしくお願いします!」
ヨネ「おう!今日って、温泉だよね?」
後輩A君「あ、温泉なんですか?」
ヨネ「え?」
後輩A君「オレは『ドライブ』って聞いたんですけど(笑)」
ヨネ「え、ここでもう食い違う?wいや、だってメールに・・・」
メールを確認する僕。
ヨネ「うおっwww確かにM先輩からのメール、『25日J先輩と箱根日帰り旅行行くけど来ない?』ってなってるwww一言も『温泉』とはいってないwww」
後輩A君「ですよね?」
ヨネ「うぅわぁぁ!オレ張り切ってタオルまで持ってきたのにwww」
後輩A君「オレはてっきりM先輩の運転の練習をするのかと(笑)」
ヨネ「え?だってM先輩は免許・・・うぅわぁぁ!!M先輩そういえばこの間ミクシィで『免許取った。誰か練習付き合って』みたいなこと言ってたwww」
後輩A君「ですよね?www」
ヨネ「え・・・てことは・・・後輩A君さ、お前コマ責やってる?」
後輩A君「え?コマ責ですか?まぁミニ学園祭のハウスやりましたけど・・・なんでですか?」
ヨネ「あ、そっか。いや、サークルE的に死んでもいいメンバーを集めたのかと思ってさ。」
後輩A君「www」
ヨネ「でもようやく分かってきたよ、オレが真っ先に誘われたわけがwww」
後輩A君「ですねぇwww」
ヨネ「もうオレさ、J先輩とM先輩ってもうオレの中で最高級なメンバーなわけ。それでいて今日2000円ぐらいっていうじゃん?そりゃ行くしかないってなって。うわぁ・・・まさか今日が命がけの日とは思わなかったよw」
後輩A君「まぁJ先輩いますしね。ヨネ先輩は免許持ってますか?」
ヨネ「もっとるけど典型的なペーパードライバーだな。半年ぐらい運転してないwww(10月14日更新の日記によると、僕は10月13日に運転しているが、その距離はごくわずかであり、3月21日更新の日記ではあまりのブランクに『あれ?右がアクセルだっけ?左がアクセルだっけ?』発言が飛び出している。)」
後輩A君「おーーーやりますねぇwww」
ヨネ「後輩A君は免許は?」
後輩A君「とりました。まだ地元で試験は受けてないんですけど。」
ヨネ「ん?免許はあるの?」
後輩A君「まだです。でも免許ないけど大丈夫です。」
ヨネ「それは『取ってない』っていうんだよwww」
後輩A君「いや、もう取ったようなもんかなとwww」
ヨネ「フツーに違法だからwww」

待ち合わせ時間を15分過ぎた9:30になっても、先輩たちは現れない。後輩A君は集会室に忘れ物を取りに行く。待ち合わせ場所に一人ポツリとオレ、米田。不安が去来する。
‘え?M先輩・・・免許とりたてで箱根まで・・・?いやまさかな・・・そんなこと、あるわけないよ。だってさほら。J先輩いるし。そりゃさ、J先輩の運転だよ・・・。’

そんな時、一台の車が待ち合わせ場所に停まった。そしてその後ろの窓に初心者マークが貼られていたことに、生唾が出た。
ヨネ「おはようございます・・・。」
そっと運転席を覗くと、そこにいたのは・・・
M先輩「よぉ!!」
今日のドライバーは、やはりM先輩のようだ。
J先輩「ヨネ久しぶりやなぁ!笑」
ヨネ「お久しぶりです。えーとどうやら今日の運転はM先輩なんですね?」
M先輩「おう、免許とりたてだけどな。」
ヨネ「はい、この車があんまり左に寄せられずに停まった時点で、結構覚悟決まりました。」
J先輩「そっかwww」

後輩A君が再登場し、いざ箱根へ出発。
M先輩「いやぁ何時につきますかぇ?」
J先輩「カーナビでは予定は12時だからね。」
M先輩「そうですね。」
ヨネ「いや、学校付近待ち合わせの時点で30分以上遅れてるのに何カーナビ通りに行くと思ってるんですかwww」
後輩A君「www」
J先輩「あと後輩M君(=鬼ロッカー・M先輩)さ、もう少しスピードだそっか?平均時速が12キロってなってるからw」
ヨネ「www」
M先輩「はーい(笑)」
後輩A君「え?これ大丈夫なんですか?www」
ヨネ「後輩A君、それ今日禁句www」
後輩A君「オレ一応ハウスのコマ責やると思うんで、サークルEの来年のハウスがかかってるのでよろしくお願いします。」
M先輩「おうおう!」
ヨネ「今の『おうおう!』軽っ!!www」
M先輩「大丈夫。ゆーてオレ今メチャメチャ緊張しとるけん。学園祭ステージより緊張してるからwww」
J先輩「wwwあ、ヨネって免許取ってるん?」
ヨネ「はい。ただペーパーですw」
J先輩「じゃあ帰り道はヨネの運転やな。」
『帰り道』までたどり着ければの話だがな。
ヨネ「J先輩は運転は普段結構する感じで?」
J先輩「回数は少ないんだけども、一回で乗る距離がすんごい長いんよ。」
M先輩「あ、そうなんですか。」
ヨネ「こうやって助手席で指導するのも結構やってるんですか?」
M先輩「それなんか教官に聞くみたいな質問やなwww」
J先輩「何度かね。Kさん(=ヒップホッパーのK先輩。歴代のサークルEヒップホッパーでも随一の実力で、そのオーラはバトルでもとびきり際立つ。)とかの運転を指導したよ。」
ヨネ「K先輩はまた楽しそうに運転しそうですね。」
J先輩「Kさんはすごいよ~。そりゃどう考えても無理だろって幅の道なのに譲らずにどんどん進もうとするし。」
ヨネ「バトルとかは譲ってる場合じゃないですからね。それは運転も譲りませんよね!笑」
M先輩「そういう問題かwww」
ヨネ「M先輩は免許取ってからだいぶ運転してるんですか?」
M先輩「いや、これが初めて。」
後輩A君「・・・。」
ヨネ「すみません、聞かなきゃよかったです(笑)」
J先輩「後輩M君、ここをさ・・・」
M先輩「はい・・・」
ヨネ「すみませーん!!前だけでこそこそ相談するのやめてもらえますか?!」
J先輩「すまんすまんw」
ヨネ「そういうの共有してもらわないと!!不安になるんで!!笑」
後輩A君「確かに(笑)急に小さな声になりましたもんねwww」
ヨネ「あとさっきからカーナビがなんか日本地図を表記してるんですがそれ大丈夫ですか!?笑」
J先輩「なんか調べてたらねぇ、こうなったねぇ(笑)」
後輩A君「表記が広いっすねぇ(笑)」
M先輩「あ、ヨネ箱根のどこ行きたいとか決めていいよ。」
あの世以外なら本当にどこでもいい・・・。
M先輩「後ろに旅行雑誌あるからさ。」
ヨネ「え、後ろっすか?」
M先輩「うん。黒い袋。」
ヨネ「あ、ありました。ちょっと見ますね。あ、2冊ありますね。」
M先輩「あ、1冊はちょっと違うヤツだわ。」
ヨネ「ちょwww1冊『学科教本』じゃないすかwww」
後輩A君「ちょっとマジで不安になりますwww」
M先輩「運転するまで、直前まで読んどいたんだよwww」
J先輩「大切やからなwww事故起きた時の対処法とかwww」

運転は軌道に乗ってきた。信号で前の車との距離を詰めるM先輩。
ヨネ・後輩A君「う・・・うおーい!!笑」
M先輩「どうした?」
後輩A君「いやすみません(笑)僕が自分で運転するより、M先輩のブレーキのタイミングって遅いんですよ。だから慣れなくてドキドキしました(笑)」
ヨネ「そうそう。やっぱり自分のタイミングとか距離感ってあるからねwww」
J先輩「後輩M君もうちょっと前との車間距離とろうか(笑)」
M先輩「はーい。・・・あ、あぶね。進みすぎた。」
ヨネ「今信号待ちなんでここで事故はいやですねwwwぶつけられた方も『え?ここで?』ってなりますからねwww」
後輩A君「なんか意味わかんないところでぶつかってきたみたいなwww」
J先輩「問題は高速とかの合流やなw」
後輩A君「あ、動画撮ります?」
ヨネ「いや、なんかそれ事故証明に使われたらいやだからいいやwww」
後輩A君「あ、ユーチューブによくあるヤツwww」
ヨネ「・・・ん、今なんでM先輩カーナビ逆らったんですか?」
M先輩「あ、違った?笑」
J先輩「今カーナビは『右折』って言ってたのに直進したね(笑)」
ヨネ「あ、でもこの道分かりやすいwww」
M先輩「やろ?笑」
ヨネ「あ、計算通り?笑」
M先輩「当たり前やないか。・・・フーッ。」
ヨネ「今の『フーッ』ってなんすか!?」
J先輩「お~ヨネはよく拾うねぇ~。」
ヨネ「ありがとうございます(笑)それにしてもカーナビ、羨ましいっすわぁ。」
M先輩「え、つってもいまどきどの車にもカーナビぐらいついてね?」
ヨネ「あ、うちのついてないんです。」
M先輩「マジかw」
ヨネ「うちのお父さん、『だって道全部覚えてるもん。お父さんには必要ないんだ』って言ってカーナビ買わないんですよ。」
後輩A君「へぇ。」
M先輩「え・・・ひょっとしてヨネのお父さんってさ・・・タクシーの運転手?」
ヨネ「いや、違いますけどなんでそんな『タクシーの運転手がいけない』みたいな聞き方するんですか?」
J先輩「確かにちょっと気ぃ使ってたなwwwあ、後輩M君、向かいの車譲ってくれてんで。行っちゃいな。」
M先輩「はーい。」
後輩A君「ありがとうございまーす!」
ヨネ「ありがとうございまーす!」
M先輩「・・・。」
ヨネ「あの、今向こうのドライバーに『ありがとうございます』って手で合図するの、普通ドライバー間でやることじゃないんですか?www」
J先輩「せやなw今後部座席の二人がしてたからなw」
M先輩「いやいや、今小さい声でオレも『ありがとうございます』って言ったから。」
ヨネ「あ、つぶやいた感じで?笑」
後輩A君「そういえば、今流れてるこの曲ってMP3ですか?」
J先輩「そうだよ。」
ヨネ「確か後輩A君、M先輩からメールで『アガる曲をCDに焼いてきて』とか言われたから今朝CD作ってきたんだよね?w」
後輩A君「はい(笑)もう結構大変でした。ジェネレーションギャップとかいろいろ考えて。」
ヨネ「あ、できるだけみんながわかる曲にしようと?www」
J先輩「じゃあしばらくしたらそのCD聞こうな。CDはどこにいれるんだろうな・・・あ、カーナビを持ち上げるんかな?」
ヨネ「あ、じゃあ今そういう難しい事しなくていいですwww」
M先輩「カーナビみれんようになった瞬間オレめっちゃテンパるからなw」
J先輩「あ、二人とも食事は大丈夫?」
ヨネ「あ、実はお腹すいてます。今日遅刻しそうで朝おでん2つしか食べてなかったんです。」
J先輩「じゃああとで休憩がてらコンビニ寄ろうかね。あるいは高速道路かなんかのパーキングエリアでもいいし。」
M先輩「パーキングでいいよね?」
ヨネ「・・・ん、今M先輩パワハラ使いました?」
M先輩「www」
ヨネ「今の横目絶対有無を言わさない感じでしたよね!?笑」
J先輩「あ、このへんでもコンビニありそうやん?向こう着いたら食事するけど、軽く食べ物買ってもいいよ。」
後輩A君「ありがとうございます。」
ヨネ「もう実はお腹へってて。おでん3つしか食べてなかったんですよ。」
J先輩「・・・ん、さっき『2つ』って言ってなかった?」
M先輩「1つ増えましたねwww」
ヨネ「すみませんwそういえばお餅みたいなのと大根と、ちくわみたいのもあったなぁと思ってwww」

コンビニに寄って、トランクから荷物を取っている間にJ先輩は颯爽と先にコンビニはいって行ったり、コンビニ内でトイレを待つM先輩が鏡の前で踊っていたり、後輩A君がアイスを買おうか異様に迷ったりしながら、僕はパンとポテトチップスコンソメパンチを購入。再び乗車。M先輩が奇跡のバックを見せ無事道に戻った。
有料道路。事件が起きる。
・・・ゴン!!!
大きな音に一同が左を向くとそこにはおじいちゃんドライバー。どうやら車道を走る僕らの車に対し、猛スピードで死角から接近して合流しようとし、衝突したようだ。
J先輩「後輩M君、今当たったから・・・そうだな・・・停まろうにも難しい場所やな(苦笑)」
こういう時も冷静なJ先輩。
後部座席の後輩A君と僕は向こうのドライバーと接触を試みる。向こうの後部座席にいたおばあちゃんが手を合わせ謝っている。
ヨネ「・・・なんか向こう停まらないみたいですね。」
J先輩「行っちゃった方がいいのかなぁ。停まるにも停まれんし。」
M先輩「てか今どうすればよかったんですか(苦笑)」
J先輩「いや、全くあり得ない所から猛スピードで接近してきたからなぁw運が悪かったなwww」
後輩A君「凄い衝撃でしたねw」
ヨネ「うん、なんか『ヒット入れる』って感覚がなんかわかった感じだった。」
気づけば相手の車はいなくなっていた。
J先輩「後輩A君さ、この車傷ついてる?」
後輩A君「いや、大丈夫です。まぁちょっとボディがヘコんでますけど。」
J先輩「じゃあこのまま行っちゃおうか?で、向こう着いたら状態確認してさ。」
M先輩「そうですね。」
J先輩「てかさっきから変やな・・・カーナビの音声がなくなったな。」
ヨネ「反省してるんじゃないですか?」
後輩A君「反省www」
J先輩「まぁ事故に関しては着いてから考えようか。」
M先輩「本当にすみません。」
J先輩「いや、いいよ。」
ヨネ「あの、このタイミングで申し訳ないんですけどコンソメパンチ開けていいですか?」
J先輩「いいよwww」

有料道路を抜け、一気に箱根に近づいた。
J先輩「あとM君あれやな。停まるたびにもうちょっとブレーキを優しくやりたいな。」
M先輩「そうっすね。」
ヨネ「M先輩はロッカーですからね。やっぱキレがありますよね。」
J先輩「キレwwwお、左側見てみ!海綺麗だな!」
ヨネ「うおぉ~この太陽が反射する感じが見事っすねぇ!」
後輩A君「おー!マジで綺麗!!!www」
M先輩「おー!きれ―い!!・・・って見る余裕ないんやけどなwww」
ヨネ「あ、わき見運転はしないと?wwwてかこの曲何?これ歌ってるの、SPEEDだっけ?後輩A君のCDだよね?」
後輩A君「はい。SPEEDですね。ゆーてまぁ、今はスピード出して欲しくないですけど。」
ヨネ「あ、安全運転してほしい的なねwww」
J先輩「そういえばヨネは彼女は出来た?」
ヨネ「まぁ出来ていれば今日ここにいないとも思うんですけど出来てないですね。」
J先輩「そっかwww」
ヨネ「でもですね、今僕にはホットな話題が。」
J先輩「え?ヨネに惚れてるヤツがいるとか?」
ヨネ「いや、逆ですね。」
J先輩「あ、ヨネが惚れてる方か?」
ヨネ「そうっすね。この間の飲み会でも結構それで騒ぎまして。」
J先輩「マジか。誰なん?」
後輩A君「サークルEですか?」
ヨネ「それはねぇ・・・」
M先輩「○○っしょ?」
ヨネ「ちょwww」
J先輩「そうなんかぁ!」
後輩A君「へぇ!!」
ヨネ「まぁそうなんですけどM先輩、もうちょっとそれ引っ張ることできませんでしたかね?!サクッと言っちゃいすぎじゃありません?笑」
M先輩「あ、すまんすまんw」
ヨネ「僕もこういう系の話題4年間で初めてだったんで、結構あっためながら話したかったんですけどwww」
J先輩「せやなwww」
ヨネ「『じゃあジャンルは何だと思います?』とか『何期だと思います?』とかやりたかったんですけど(笑)」
後輩A君「もう答え出ちゃいましたねwww」

箱根に到着した一同。J先輩に「どこ行きたい?」と聞かれ、後輩A君と相談しながら決めたレストランはサクッとスルーされながらもまずは腹ごしらえ。名物はうどんだそうで、というわけでうどん屋へ。
J先輩「じゃあ、ビールといこうか。」
ヨネ「運転なるんでお願いですから帰るまで我慢して下さいwwwもしJ先輩酔ったら車内の雰囲気変わりますwww」
J先輩「あ、そう?ヨネの運転の時オレ寝ようかと思ってたんだけど?」
ヨネ「お願いですから起きてて下さい(笑)」

M先輩がトイレに行っている間、「事故の事気にしてんのかな。後輩M君ヘコんでるね。」、「ヘコむのは車だけで十分ですよね!」、「あ、オレも今同じこと言おうと思いましたwww」等言いながら、いよいよM先輩帰還。飯が到着。これがまた、クソ上手かった。

ついに温泉に到着。入浴開始。
J先輩「うわぁいい湯だなぁ。・・・ちょっとぬるいな(笑)」
M先輩「そうっすね。窓全開ですからね。」
ヨネ「そのへんはこの施設もちょっと計算外なところあるんでしょうねw」
J先輩「それにしてもすっごい湯けむり。」
ヨネ「僕服脱ぐの遅くてJ先輩たちについ『先入ってて下さい』とか言ったじゃないですか?でもいざ入ってみたら湯煙で何も見えなくて迷子みたいになっちゃって、22歳。思わず冷静さを欠いてデカイ声で『Mせんぱーい!!』って言っちゃいましたwww」
M先輩「そう、コイツめっちゃうるさいんすよwww」
J先輩「wwwあれ、後輩A君は?」
ヨネ「まだ洗ってるんじゃないすかね?」
M君「オレ洗い終わった時はまだ洗ってましたね。なんかアイソレしてました。」
ヨネ「アイツなにしてんだよwww」

その後後輩A君と合流し、サウナでホットになってからついに露天風呂へ。
後輩A君「あったかーい・・・けど首から上さみぃぃwww」
ヨネ「なにせ12月下旬だからなwww」
タオルをターバンのように顔に巻き、寒さをしのぐオレ、米田。少年たちが平泳ぎを開始し、僕の横を小さな桃たちが3つほど通り過ぎたあたりで露天風呂を移った。
J先輩「帰りはヨネの運転な。」
ヨネ「うおー久しぶりぃ!!www僕オートマで仮免1回落ちたんですよね~(2007年8月11日更新の日記参照)。」
J先輩「マジかwww」
ヨネ「クランクかなんか乗り上げて、『いいやいっちゃえ!→ドスン→終わり』でしたwww」
J先輩「これは・・・大丈夫か?笑」
ヨネ「いやぁ本当に久しぶりなんですよね~。9月に従兄弟の結婚式に行ったんですけど、その時高速が帰り大渋滞して、運転する父と代わろうみたいな話になりまして。その時は、思わず僕黙りましたもんwww(9月21日更新の日記参照)」

駐車場へ。
J先輩「さて、どうしようか。」
M先輩「今16時ですねw」
J先輩「帰ろうかwww」
M先輩「はいwww」
ヨネ「なにせ日帰りですからねwww」
J先輩「ものすっごいメニューやな。来て、食って温泉はいって帰るwww」
ヨネ「キュッとしたプランですよね。でもなんだろう、満喫した気分です。」
J先輩「じゃあヨネ、運転して。」
ヨネ「はい。」
いよいよ僕の運転開始。サイドブレーキやギアの切り替えを確認。
ヨネ「じゃあ行きます。」
J先輩「今ちょっとやっただけでいいの?笑」
ヨネ「もういけますもう完璧です(笑)」
スタート直後、ドスンとブレーキをかけ車内を目覚めさせてから、いよいよ駐車場を出ることに。
ヨネ「ちょっとみんなを心配させていいですか?・・・ギアとかもうちょっと確認すりゃよかったな(笑)」
後輩A君「ちょっと!!笑」
グイーン。
ヨネ「あ、今スピードが急に上がったのはブレーキとアクセルを押し間違えたからで-す。」
M先輩「おいwww」
ヨネ「・・・っしゃ。」
後輩A君「・・・ヨネ先輩、今の『っしゃ』ってどの『っしゃ』なんですか?笑」
ヨネ「いや、『よし、大きな左カーブ出来たな』の『っしゃ』だよ。」
J先輩「www」
ヨネ「あ、みなさん一応言っとくと、シートベルトはきつめにしめといてくださいね。」
M先輩「www」
ヨネ「後輩A君、説得力ないかもだけど、心配しないでいいから!」
後輩A君「www」
ヨネ「運転、半年振りだから!」
J先輩「www」
ヨネ「・・・いやぁオレの運転、いいっすねぇ。」
M先輩「なんやそれwww」
ヨネ「いや、誰も感想いってくれないから、促そうかなって思ってwww」

運転中も緊張からかいつも以上に話すオレ、米田。後輩A君は死ぬ時は自分では気づかないうちに生を絶ちたいと考えたのか、眠りについた。僕はと言うと、J先輩やM先輩とサークルEの昔の思い出話をしたり、J先輩が先日SDカードと間違えてマイクロSDカードを買ってしまい自分に嫌気がさした話を聞いたりして凄く結い意義な時間を過ごした。

いよいよ地元に到着。J先輩がおねだりするような小さな口調で「レンタカー返す前にレンタルビデオショップ行ってもいい?」と行ってきたためそこに立ち寄った後、レンタカーを返した。J先輩に先に行っておくように言われた居酒屋が閉店していたこと以外は、わりと順序良く進み、僕らは計画を変更し、J先輩おすすめのお好み焼き屋で軽くお酒を引っ掛けることに。顎を外した際医者からお酒禁止的なことを言われた(12月23日更新のエッセイ参照)が、その翌々日にはすでにお酒を飲んでいるので心配はいらない(12月24日更新の日記参照)。
店員「もんじゃ焼きの作り方はご存知ですか?」
M先輩「そりゃもう!コイツ(=もちろん米田。)が知ってますから。」
ヨネ「も、もちろんですよ!!・・・あのすみません。やっていただけますか?」
J先輩「出来ないんかいwww」
ヨネ「いやいや。」
J先輩「でもお好み焼きひっくり返すのは、だんだん上手くなってるからな。」
ヨネ「そうです。もう運転できて、お好み焼きひっくり返せて、んでこれでもんじゃ作れたらいつでももうデートできますよ。花嫁・・・じゃなく花婿修行はばっちりです。」
後輩A君「花婿修行w」
ヨネ「あ、店員さん。普通結構男ならもんじゃぐらい自分で焼けるもんですよね?ぶっちゃけ、僕が『お願いできますか?』っていった時、『コイツもんじゃも焼けないのかよ』って思いました?」
J先輩「答えづらい答えづらいwww」
店員「いや、実際お客様でも結構お願いされるんで珍しくはないですよ?」
潰してもらおうかと誘ってみたが意外に優しく対応され計算外な僕。
M先輩「あ、後輩A君は酒空いてない?飲まんの?」
後輩A君「いや僕は・・・」
J先輩「飲める時に飲んどいた方がいいよ?」
ヨネ「あれ、後輩A君って酒弱いんだっけ?あんまそういう話は聞いた事・・・」
後輩A君「えーとまぁ・・・弱いんですよね(笑)」
ヨネ「あ、そういや一昨日かなんか初めて記憶飛ばしたって言ってたね。」
M先輩「おう、マジかいwww」
後輩A君「でももう、飲みます!」
ヨネ「そういや僕、ちょっと前に飲んだ時、顎外したんです。てか外れたんです。」
M先輩「なんやそれwww」
ヨネ「ゼミの忘年会で喋りすぎたんですかね?気が付いたら顎外れて喋れなくなってましたwww」
J先輩「どんだけ喋ったんだよwww」
ヨネ「いやぁゼミはサークルEとは違うわけですよ。サークルEは全員ガンガン喋って・・・笑い取ろうと攻め合うじゃないですかwwwでもゼミは攻め合う感じではないんで、じゃあここはオレが喋ったろうと。」
M先輩「ヨネ、それはなに?『ゼミでは自分が主役』的な?」
ヨネ「違います。主役が顎外して病院送りっておかしいでしょwww」
後輩A君「確かにwww」
J先輩「いやぁでも今日、なんていうか、結束が深まったな。」
後輩A君「はい。4代にわたる交流でしたねwww」
M先輩「しかもヨネと後輩A君の間がいないっていうwww」
ヨネ「そう、後輩A君2期下だもんなwww」
後輩A君「いやぁ楽しい一日でしたw」
J先輩「同じ車に乗ってさ、蒸し返すようだけど事故に遭ってひとまず死ななかったんだからさ。」
M先輩「ほんとすんません(笑)」
ヨネ「いや、でも真面目に言うと、オレすっげーいい体験した気がします。だって、同じことをわざとやろうとしてもできないじゃないですか!」
後輩A君「まぁ死にますよねwww」
M先輩「やろ?笑」
ヨネ「ところであれ、なんでみんな停まらなかったんでしょうねwww」
J先輩「そうだなwあそこは停まりづらかったけど、そのまま箱根に行くのはおかしいよなwww」
ヨネ「『傷ついてる?』って後輩A君に聞いて、後輩A君が『大丈夫です』っていうのもおかしいですけど、そのあと『向こう着いたら確認しよう』っておかしいですからねwww」
後輩A君「www」
ヨネ「それにしてもM先輩、おととしでしたっけ?クリスマスまたお誘いいただいて本当にありがとうございます。」
M先輩「おととし?あーオレの家でパーティーしたヤツかwww(2008年12月26日更新の日記参照)」

このあと僕らは、サークルE内で誰が綺麗だとか、いやあの人は『綺麗』というよりは『かわいい』感じだとか、あの人はまだ付き合ってるのかだとか、僕はあの人とあの人が付き合ってるのを去年学校(ゼミキャンパス)の生協で知った時思わず持っていたパンを落としただとかという話をした。そして学園祭の話も。その時は前日、M先輩がコマ責のいる前で「つまんなかった」とボロクソの評価を下した話の真相を本人から聞いたり、「いやでもあの時コマ責全員、泣いちゃってましたよ(苦笑)」(後輩A君)「そう、あれは正直、申し訳ないと思った(苦笑)」(M先輩)「オレも隣で聞いててね、こりゃ後輩M君やばいなと思ったよwww」(J先輩)と言ったぶっちゃけ話もあったりして、本当に楽しかった。

2時間近く飲んで、いい感じに酔って会はお開き。僕は同じ駅の後輩A君と共に帰った。いつ死んでもおかしくない運転を行き帰り後ろから見つめていた気疲れがあったのだろう。後輩A君は終始グロッキー。
ヨネ「後輩A君、電車乗り換えるよ。」
後輩A君「あ、すみません。寝てましたw」
ヨネ「いいよいいよ。オレはミクシィのボイスチェックしないと。」
後輩A君「www」
ヨネ「ほら、オレ全く関係ないボイスでもいきなり『ヨネじゃあるまいし』とかで登場したりするからな。そういうの全部返さないと、仕事減るしさ。」
後輩A君「確かによく名前でますね。Y先輩(=省エネロッカー・Y君)とかのボイスに(笑い)」
まぁ、9割方悪い意味でだけどな。

こうして帰宅は23:00頃。
『てか米ブログ』史上でも稀にみる、超豪華なメンバーとの日帰り旅行。歴史的な一日はこうして幕を閉じた。聖なる夜、最高でしたわ。

あんなとこで、こんなことを(12月24日の日記)
サンタさんがやってくるのってノルウェーでしたっけスウェーデンでしたっけデンマークでしたっけもう千葉でいいです米田です。
朝は10時起き。食事をして、O先生に向けた年賀状を書いた。今年はダンスも濃かったが、Oゼミでもなかなか楽しめたため、自然と年賀状の内容も盛り上がった。途中ブログ的なノリになったので気をつけたオレ、米田。完成。昼、買い出しに出掛けた時に投函も完了。帰宅した。
17:00。驚きの情報が入った。ダンスサークルEの面々が、『集会室で鍋をやる』らしい。『酒も飲む』らしい。もともと練習しにいくつもりだったが、この情報が僕を後押しした。
クリスマスイブ―――
この日に練習する寂しいダンサー達の団結力は『イタさ』を『勇気』に変える。ハイタッチで出迎えられたオレ、米田。後輩M君(ボーグのラストエンペラー)、後輩U君(レンタルカーゴパンツ。酒を持ち込んだ張本人。)、後輩A君(一人バトルロワイヤル。鍋及び具材を持ち込んだ張本人。ちなみに具材は僕の想像の4倍ぐらい豪華。)、後輩Q君(1男ヒップホッパー。僕同様最後までクリスマスには予定が入ると信じていたが共にここに集まった。)、後輩R君(省エネロッカー・Y君のコマに寝坊したが、コマのラスト5分にスーパーサイヤ人ばりの寝癖で登場。)、後輩Yさん(1女ロッカーだが本日はハウスに没頭。)、後輩T君(白雪姫ボーイ)、後輩K君(1男ロッカー。あと少しで晴れていじられキャラに降格する)が集まった集会室Fは、鍋をやるには申し分ない広さを誇る。というか全集会室の中で無駄に一番大きい。そんな中、本当に開かれる事になった鍋。
そこに、R君(シャイニングブレイカー)登場。
R君「おぉ~!wwwホントに鍋やってるwww」
ヨネ「R君も一緒に食おうよ!」
R君「いやオレは練習しに来たんだよ!!」

しかし、集会室前方で練習するR君を、集会室後方から鍋のにおいが襲う。
ヨネ「R君!食うよね?」
R君「え、できたの?!www」
ヨネ「あのね、予想以上の出来のよさだよwww」
R君「オレは食わない!あ、でも酒は1杯飲もうかな。」
ヨネ「R君酒弱いよね?オレ知っとるよ?www」
後輩A君「いやぁここで問題発生です。………おたまがありません。」
ヨネ「いや、ここまでがっちりした食材用意してさ、おたまごときで諦めるのはやめようよ(笑)」

後輩A君が食堂からスプーンをくすね、さらにレンゲまで持って来てくれた。
ヨネ「この企画、いいね(笑)こういう本来絶対やっちゃいけないことをやるのは楽しいよね。」
後輩K君「いいっすね(笑)」
ヨネ「ただなんかさ、定期的にこれやったらだんだん『ダンスサークルE』の『ダンス』の部分がなくなるんだろうね(笑)」
後輩M君「『鍋サークルE』になりますねwww」
ヨネ「てかさ、今年こう予定がない人が集まったけどさ、頼むから来年はメンバー入れ替わって欲しいよね。同じメンバーがまた集まったから悲しすぎるからね。」
後輩Q君「そうですね(笑)」
後輩R君「いやぁでも今日は苦手のきのこも食べられそうです。」
ヨネ「あ、みんなで食べると?www」
後輩A君「でもやっぱこの企画よくないっすか?wwwダンス練習して、腹減ったら後ろで食うみたいなwww」
ヨネ「www」
後輩U君「てかワインこれあかねぇな………フォークでいけるかな………。」
後輩M君「今日このあとY先輩(=シューティングスター・Y君)も来るんですよね?」
ヨネ「ケンタッキー持ってねwww」
後輩A君「Y先輩は確か………」
スパン!!!
ヨネ「後輩U君、今ワイン開くのおかしいwww」
後輩U君「いや開いちゃったんだもん(笑)」
ヨネ「わかるっしょ?『Y先輩は確かスパン!!』っておかしいでしょwww」
後輩M君「しかもかなりおしゃれな音でしたねwww」

その後、いよいよ乾杯。音頭は本企画主催者の後輩A君。
後輩A君「じゃあ………メリークリスマス(笑)」
ヨネ「そのワード今日禁止(笑)」
後輩A君「乾杯!!」
一同「乾杯!!」
ヨネ「あ、R君。これR君の分。我慢する気じゃん?」
R君「うん。」
ヨネ「でもこのお皿持って。で、箸持って。」
R君「うん(笑)」
ヨネ「いや、食べなくていいからさ。」
R君「うん。………あ、ヨネちょっと向こう見ててくれる?」
ヨネ「あ、いいよ。」
きっとR君は食べていないだろう。だが、再びR君の方を振り返ると、彼に渡した皿からは鍋の具材が消えていた。
ヨネ「あ、後輩A君。明日どうする?」
後輩A君「『例のヤツ』、いくことにしました。」
ヨネ「おうマジか!オレもだわ!宜しくぅ!www」
後輩T君「なにするんですか!?」
後輩T君が珍しく興味津津。ちなみに後輩T君は鍋を一口食べた時、小さい声で「旨いこれ…」といった。
ヨネ「実は〇〇と〇〇と〇〇に行くんだよ!!」
後輩T君「なんすかそれwww激アツじゃないですかwww」
明日が楽しみだ。
R君は酒一杯で顔を赤くしたあと、鍋の皿を持ち集会室前方でホーシングの練習を開始。
後輩A君「すげぇR先輩鍋こぼさずにホーシングしてるwww」
ヨネ「4年だからさ。軸しっかりしてるから並の事じゃ鍋はこぼれないよ(笑)」
この後R君は曲に合わせて鍋をすするという新たな音ハメを敢行した。

後輩U君「この鍋、どうするの?」
後輩A君「終わったら持ち帰りますよ。」
後輩U君「置いとけば?」
ヨネ「あ、集会室前とかにデッキと並べて(笑)」
後輩A君「www」
後輩U君「ダンスサークルRの荷物置き場に置いとけばいいんじゃん?」
ヨネ「絶対怒られるwww」
後輩A君「もういっそ、鍵返すところに鍋預けますか?『預かりで』とか言ってwww」
後輩R君「それヤバいwww」
ヨネ「そのうちもう向こうもヤケになって貸出とか始めたらいいよねwww」
後輩A君「『集会室Gの鍵と鍋G下さい』とか言ってwww『鍋G』はやっぱり一番デカいんでしょうねwww」
ヨネ「www」
後輩U君「てか野菜足りなくね?」
後輩T君「オレこのあとY君(=迷える小羊・後輩Y君)に会うんですけど、そろそろアイツ来ますよ。」
後輩A君「じゃあY先輩に野菜買って来てもらいましょうか?」
ヨネ「ちょっとお前先輩に何させようとしてんだよwww」
後輩A君「てか鍋に入れたこの肉って、ローソンとかに売ってますかね?」
ヨネ「いや売ってないでしょどう考えてもwww」
後輩Yさん「見た事ないですねwww」
後輩A君「じゃあ………Lチキとか入れますかねwww」
ヨネ「もうそれグツグツする必要がないからねwww」

後輩A君は買い出しに言ってくれた。
ヨネ「いやぁそれにしてもこれ神企画だなぁ…。」
後輩U君「てか後輩A君野菜買いに行ったけどそれよりヤバいのはスープがもうないってことじゃね?笑」
後輩R君「ほんとですねwww」
後輩U君「餡かけみたいになってるからね(笑)」
ヨネ「www」
後輩Yさん「私の水、入れますか?」
ヨネ「その水なに?」
後輩Yさん「練習の合間に飲もうと思ってた水です。」
ヨネ「いや躊躇なく犠牲払い過ぎだからwww後輩Yさんさっきも人に鍋よそって自分食べなかったりしてるからねwww」
後輩K君「www」


食材の第二陣が来た。下ごしらえしながら、Y君(シューティングスター)や後輩M君(野人)、後輩R君(超新星)らブレイカーを待つことに。ダンスを再開するメンバーたち。
「なんかダンス調子いいんだけどwww」
「体が内面から温まってるからじゃね?www」
「てか練習の合間に鍋って夢の環境じゃないっすかwww」
「毎月の月例会のあと、鍋やらね?」
等、みんなのテンションも高い。いい集中力で練習したあと、ブレイカーが来て鍋の第2部が始まった。後輩K君かなんかが持って来たワッフルみたいな『美味しいヤツ』は、「あ、美味しい。」「『美味しいヤツ』だ。」などと言われながら喜ばれた。
後輩A君がテンションで鍋に水を入れ、R君に「なんか残った具材が浮いててゲロみたいwww」などと言われながらもラーメン作りが始まった。
後輩U君「ん、塩ラーメンと味噌ラーメン混ぜたの?www」
ヨネ「大ジョブ大ジョブ。こってりあっさりだよ。」
後輩M君「こってりあっさりwww」
後輩A君「あ、この麺は次に残しますか?」
後輩U君「最悪なのは沸騰する前に21:00になってこの棟の電気が落ちちゃう事だよねwww」
後輩R君「もう全部入れちゃいましょ。」
ヨネ「今ね、後輩R君がちっちゃい声で『もう全部入れちゃいましょ』ってwww」
後輩M君「www」
ヨネ「後輩R君が『入れちゃいましょ』って言ったらもう入れちゃいましょうよ(笑)」
後輩R君「すみませんwwwもうなんかめんどくさくなっちゃいましたwww」
ヨネ「なんで何もしてないヤツがめんどくさくなってんだよwww」
後輩R君「すみませんwww」

大盛況のまま鍋は続いた。気付いたらメンバーが全員男になっており、『麺スペ』コマになっていたが、本当に激アツな企画だった。


ちなみに21:00頃帰宅して家で出た夕食は、鍋だった。

ということで明日も、激アツイベント。楽しむど!

フロムC.B.(12月23日の日記)
AKBの次はAGOかなと思ってる米田です。

7:00に起きて一発目はバイト。またAさんに強烈に怒られながら、‘あれ?てか今日は特別ミスってなくないか?’と一抹の不満を抱えるオレ、米田。12:00頃、Iさんが到着。レジを二人で守る時間帯となった。

Iさん「………米田君。Aさん、また今日も盛り上がってるみたいね(苦笑)」
米田「はい(苦笑)朝僕一盛り上がり食らいました(笑)」
Iさん「もうあの人ね、今日ひどかったのよ!!!」
Iさんの珍しい愚痴がスタート。みんながGさん(散々愚痴りまくって1か月ぐらいでやめた伝説のパート主婦。)化している事に戸惑いつつ、昨日の売り上げについて話した。
米田「てかこれ見てください!!昨日の値引き額!!」
Iさん「え、少なっ!!すごーい!いつもの16分の1ぐらいじゃない!?」
米田「はい。昨日は珍しく売れたんです!」
Iさん「凄いじゃん!!」
米田「まぁ僕何もしてないんすけどね。立ってただけでガンガン売れたんですwww」

売り上げ上々で13:00に仕事フィニッシュ。父と兄がとある事情により、エアコン修理に来た電器屋さんと写メを撮ったらしく、そのメールを見ながら帰宅した。食事しパソコン作業をしたあと16:00に外出。実は昨晩、山岳部の同期N君(怒れるウンコ)から電話があった。
N君「明日(12/23)、K君と会うんだけどさ、お前もいかない?」
ヨネ「あ?K君?」
K君とは同じ高校出身だが、彼はテニス部でクラスも違い、これまでこれと言って特別遊んだ記憶もない。
ヨネ「なんでそれでオレが呼ばれるの?」
N君「行こうぜ!!」
質問に答えろ。
ヨネ「何すんの?」
N君「風呂行く?」
ヨネ「風呂!?」
N君「温泉。」
ヨネ「は!?」
N君「温泉行って、ラーメン食って、で酒飲む。」
なんなんだそのぶつ切りなプランは。


というわけでなんかこの話に乗ってしまったオレ、米田。
待ち合わせは17:10某駅。電話で「改札で踊っててくれたら分かるから」と言ったN君と合流。K君と会うのは卒業以来だ。
ヨネ「N君すまんな。お前『改札で踊ってて』って言っとったやん?」
N君「そうだよ、なんで踊ってないんだよ!」
ヨネ「オレもな、お前からの頼みじゃ。やろうとしたのよ。そしたらそこ見てみ。警備員。」
N君「wwwしかもなんか台に乗ってるwww」
ヨネ「でさ、今日なんでオレ呼ばれた?笑」
K君「www」
ヨネ「来る途中の電車でずっと考えてたんだけど、ついに答えが出ぬままここに着いたの(笑)てかK君久し振りだな。卒業式以来。」
K君「おう久し振り。」
ヨネ「あれだな。留学してるんだよね?オレ卒業以来連絡取ってなかったからさ、今日少しお前の事ちゃんと知っとこうと思ってミクシィ見たのよ。」
N君「何その下見www」
ヨネ「そしたらボイスで『今日、スノボする夢見た』ってどんな呟きだお前www」
K君「www」
N君「お前らメールとかしてないの?」
ヨネ「アドレス知らんもん(笑)」
K君「確かに(笑)」
ヨネ「まぁゆーてマイミクだからさ。K君ちゃんとオレの日記に『イイネ!』してくれるで(笑)」
K君「あ、してるしてるwwwにわかポップロックチームの動画見たしwww」


温泉へ。お買い求めしづらい券売機、せっかく脱衣所にはいったのにトイレは脱衣所の外にあるというちょっと不便な構造に苦しめられながら、温泉を堪能。ジャグジーに浸かりすぎて腰痛になったり、サウナに居過ぎて汗でヌルヌルになったりしながら90分ほど入浴。コーヒー牛乳で団結し温泉をあとにした。
ヨネ「K君って留学何年しとるの?」
K君「大学入ってからずっとだよ。L.A.に来て4年目。」
N君「おう『L.A.(エルエー)』いただきました(笑)」
ヨネ「いわゆる『ロサンゼルス』だな!?おう!フロムアメリカ!!かっけー!!」
K君「なんだそれwww」
ヨネ「じゃああれだな。オレは『C.B.(シービー)』出身だな。」
K君「あ?C.B.?笑」
ヨネ「あ、『千葉(ChiBa)』(笑)」
N君「C.B.www」

K君オススメのラーメン屋に向かった。200円引きでラーメンをたいらげる。「まぁ食べ終わっての感想としては、『まだ食える』って事だよね」などと話しながら店を出た。ちなみに日本の気候への対処法をすっかり忘れているK君はラーメン屋では半袖Tシャツ一枚だった。
ラーメン屋のあと、酒を片手に公園で喋り会はお開き。なかなか楽しかった。

明日は12月24日。何か特別な事をしたいけど、なにはともあれやる事やって踊れたら何よりだと思う。

元通り。(12月22日の日記)
羽目を外したら顎も外れちゃいました米田です。このフレーズが今かなりキテいます。
悪夢(ある意味最高)の一夜が明け目を覚ましたオレ、米田。若干の二日酔いを察知するとともに、昨日克服したと思った顎関節症は特別治っていなかったという事実も悟った。顎はハマったが、これからも顎関節症日本代表として日本を席巻しようと思う。

朝は10:30起き。食事をし、『ごきげんよう』に明石家さんまと久本雅美という強烈メンツが出ていたのでもちろん見た。爆笑したあとバイトへ出発。今日は売れ行きがなぜかよかった。
割引してないのにどんどん売れていく商品たち。‘そんなバカな…’と呆気にとられる僕の前で、商品たちはどんどん姿を消していった。結局、完売一歩手前まで追い詰め閉店。革命か。
家に帰りブログを読んだりエッセイ書いたりであっという間に深夜。最近忙しいでんな。2010年もあと少し。ブログ的にも色々忙しい時期です。ラストスパートじゃよ。

『ハメを外した忘年会』
「忘年会の店には僕が案内しますので任せて下さい」。
そう仕切る後輩が先頭ではなく真ん中ぐらいを歩くことに必死でツッコまないようにしながら、僕らOゼミは定例会(Oゼミが月に一度催す飲み会)兼オープンゼミ打ち上げ兼忘年会の会場へ。
「この先を行ったところに吉野家がありますので、その交差点を左に行って下さい」。
そう仕切る後輩が左ではなく右を指さしていたことについにツッコんでしまった僕。不覚だった。
お好み焼き屋。貸切。3時間飲み放題食べ放題4000円コース。確実に荒れるこの会。僕はむしろ『荒らす』気だった。僕が「ヤル」と言った時は本当に「ヤル」。運命を決める席に着いた。
「ヨネ、その席一番いい席だなぁ!笑」
T君(住職第一志望)の言葉の通り、僕の行動はずるいぐらい俊敏だった。僕が真っ先にとったのは奥の部屋の隅。ここからなら上手くコールをかわしつつ、全体の流れおよび空気感を察知できる。あとはT君やH君(遅延ズクタン)、K先輩(ドラクエクエスチョン)やS君(いじられイズム)といった『いつものメンバー』が周りを囲んでくれればシールドの完成だ。どうだOゼミ。僕は悠々とトイレへ。
「・・・え?」
トイレから出てきて、驚いた。『いつものメンバー』が4人だけで別の机を囲んでいる。しかし、ここで新たな展開を迎えた。僕と机を囲んだメンバーが、全て後輩だったのだ。かねてより、後輩とは飲んでみたかった。
「あ、今日エグる会だから」。
後輩にそう宣言すると
「そんな気がしてました(笑)」
「てか米田先輩と飲むの初めてですよね~!」
と前向きな返答が来た。
僕は後輩3人と乾杯前に食べ物をつまみ、もんじゃ焼きを「ゲロみたい!!」とデカイ声で叫びながら作成し、どさくさに紛れて輪っかを解体し、店員の女の子にあだ名をつけ、「カキのお好み焼きありますか?え?ないんすか?じゃあカキの何があるんですか?カキフライ?じゃあカキフライ3つで」などど面倒な客になり、いつの間にかカキフライは常にテーブルにあるようにするといった暗黙のルールができたりとやりたい放題やらせてもらった。
「いやぁまた出禁の店できるのかなぁ~!」
「卒論早く終わって何が悪いんじゃ!!こっちは係の仕事を全くせず、毎週月木早起きして着々と卒論進めたんど!!」
「おいおい後輩W君!!お前何甘いもの飲んでんだよ!?お前は定例か!!(=「定例飲みか」、つまり忘年会を含めたこの会で甘ったれた飲み会をするなということ)」
酒もトークもピッチが最高潮だった僕。ただ、『先輩』という権力を使って後輩にコールを振って潰すのは好きではない。そもそも『飲み放題』で後輩にばかり飲まれていては損である。かといってここはサークルEではない。潰されるのはキャラじゃない。ゆえに自ら潰れる。後輩には、「先輩があんだけ飲んでるから・・・」という負債感で飲んでいただきたい。
「お前らが飲んでないってことはオレの飲み方が足りないってことじゃ!!」
ビール、ハイボールと段階を踏んだと思ったらいつの間にか手には日本酒があり、目の前がかすみ始めた。
「米田先輩すみません!自分も飲みます!」
「オ、オレも!!」
「もうオレ米田先輩に一生付いていきますwww」
「おうおう!ただな、後輩にだけ飲ませてたまるか。オレも飲むがや!!乾杯!!」
面白くなってきた。

パタリと一瞬消えた記憶。ふとした時には、僕は顎に猛烈な違和感を感じていた。ちなみに口には後半ヤケクソ気味にみんなで作ったソバメシが混入していた。
‘あ、これやっちゃった・・・フッ。’
本当にピンチの時、思わず笑うのが僕の習性。どうやら顎関節症歴22年の僕の顎が、完璧に外れたようである。ひとまずハメなければ、トークができない。トイレへ。
直らない。とりあえず用を足して考える僕。本当にいろんなことを考えた。出た結論は、‘一旦帰ろう’だった。ちなみに口の中に入っていたソバメシの焼きそばは1本だったが、いかんせん顎が外れていたため飲み込めなかった。
トイレから出た。
「あおね、あおあはふへたお(=あのね、顎が外れたの)」。
周囲の後輩たちに宣告する僕。
‘後輩たちが引いたらどうしよう・・・’
それだけが本気で不安だったが、後輩たちは大爆笑だった。
「あおね、あおあはふへたお(=あのね、顎が外れたの)」。
こんな機会めったにないからとばかりにとりあえず遺言を残し会場を後にした。駅まで後輩が送ってくれた。彼は多次元論文チームの後輩であり、サシ飲みをする約束をしていたため、今日がそれに当てられず個人的には残念だった。家族を電話で呼ぶ。家族を待つ。
後輩「え、痛くないですか!?大丈夫ですか!?」
米田「ほーほーはいほうふ。いはふははいはは。ひふはひひはひへ。(=おーおー大丈夫。痛くはないから。心配しないで。)」
昔上腕を骨折したのに病院に行かずそのまま放置したため肩が変形したまま自然治癒した父を持つ僕。ゆえに痛みには滅法強い。昔上腕骨を骨折した時は病院で3時間放置されても耐えきったし、皮膚の炎症は深夜深く寝入るまで掻かずに耐えることができる。
後輩は僕の「はいほうふ」発言に安心してくれたようだ。そんな後輩が次に言った言葉は・・・
「あの・・・申し訳ないんですけど写メ撮っていいですか?www」
「ひーほ。(=いいよ。)」
パシャリとし、後輩が店から荷物を持ってきてくれたあたりで家族が到着。後輩と別れ、病院へ行く事にした。どの病院に行けばいいのか交番に聞いている間に、強烈な酔いが来襲。下水に1ポンプ。
‘あれ、そういや「米田先輩に一生付いていきます」って行った後輩、病院には付いてこないのかな・・・’
などと考えていたがどんどんその余裕がなくなっていった。その裏で、「え?顎が外れたんですか?え、顎ですか!?」とテンパり気味な交番の方。
救急車がいらっしゃった。中学の時の胃痙攣、同じく中学での上腕骨骨折に続き、3回目の病院送りの暴君。『病院送り』というか今回ばかりはちょっと病院に立ち寄るぐらいの気分だった。後輩と駅にいた時までは、
‘あぁやりたい事いっぱいあったのになぁ・・・。’
‘あ、顎が外れた時みんなで記念撮影するの忘れた・・・。’
‘後輩用にコール3つぐらい考えたのに、あれお蔵入りかぁ・・・。’
などと考えていた暴君であるが、救急車に乗ってからは本当に大変だった。
実際、顎の方は何ともなかった。問題だったのは激飲みした日本酒の酔いがここで一気に回ってきたこと。とにかく、救急車の中で吐きまくった。救急員は向かう先の病院と連絡を取る。
「あーもしもし。え~米田一弘さん。22歳男性。どうやら顎が外れてしまったようです。・・・あー吐いてます吐いてます。たくさん吐いてます。」
なんか吐きすぎて、『顎の件』で救急車に乗ってるのか『吐いてる件』で救急車に乗っているのかわからない微妙な空気になる救急車内。
「ふひはへんへ~(=すみませんね~)」。
真面目に謝ってるのになんかふざけてる感じになっちゃう僕。

病院についた。医者が僕の顎を見るなり口の中に指を入れ、「力抜いて下さいね~」と言って一気に僕のア語をハメ直した。時間にして実に3秒。ハマりが決まった時の感じは凄く爽快だった。それと同時に襲ってきたのは、『顎関節症との別れ』という虚無感だった。
就活中、見知らぬ就活生との気まずい自由時間を「オレ顎関節症なんすよ~」というトークで乗り切らせてくれた僕の顎――(5月20日更新の日記参照)
頬杖をつくだけで外れるかどうか結構賭けだった僕の顎――
2年生の時の学園祭の練習期間に同期に一度外された経験のある僕の顎――(2008年11月11日更新の日記参照)
そういえば今年の学園祭の練習期間にも外れた僕の顎――(11月9日更新の日記および11月16日更新の日記参照)
英文で『three years ago』とかって単語が出るたびに自分の『AGO』を想起させた僕の顎――
バイバイ・・・MY AGO。

エージーオー(=AGO)との別れに浸っていると、医者はこの僕が衰弱していていつもみたいに世界一キレがあって面白いツッコみができないのをいいことに言いたい放題父に忠告を始めた。
「今ハメましたけど、当分吐くのとかは辞めて下さい。」
遠回しに忘年会を禁止するな。
「あと、あくびとかしないでください。」
そもそもその類はしたくてするものではない。そして『とか』って投げっぱなしな感じやめろ。
「あと大声出したり大きく口開けたりしないでください。」
バカ野郎。僕が尊敬する江頭2:50、出川哲郎、上島竜平はみなこれに該当している。今さら人生の僕票を変えられるか。
「あとまぁ今回脱臼ということで、多少癖がついてますのでお気を付け下さい。」
『顎外れた』を『脱臼』っていうのは・・・ちょっとカッコいいじゃねぇかwww

かくして、またゲロゲロしながら無事帰宅した僕。一緒に飲んでくれた後輩、駅まで送ってくれた後輩、迎えに来てくれた家族、そしてエージーオーには心から感謝したい。忘年会、新年会シーズンですが、皆様もお酒とエージーオーにはお気を付け下さい。

オープンゼミでやりたい放題(12月21日の日記)
金髪だけど根は真面目。米田です。

朝は9:30起き。オープンゼミということで今日はスーツで13:00に学校(ダンスキャンパス)集合となっていた。10:30頃、スーツに金髪というのもおかしな話なので、就活ではないにしてもそこはカッチリいこうと黒染めしようとしていた。すると、本日プレゼンをする同期から『眠いからプレゼン変わって』メールが到着。
いかんせん冗談かガチかわからず、とりあえず僕は黒染めを諦めいざと言う時のために練習しとこうと早めに家を出たオレ、米田。パソコンの調子が悪いため、メディアセンターでパワポをダウンロードしようと思ったのだ。しかし、ハプニングが襲う。
………パワポがアップされていない。
焦った僕はとりあえずせっかくもって来たマイノーパ(=マイノートパソコン)をなんとか活用しようとミクシィをチェック。そのままオープンゼミのプレゼン練習の場所へ。今朝メールをくれた同期はプレゼンをやってくれるらしく、安心したオレ、米田。
ゼミ内の『係』的な仕事をことごとくかわして来た僕は、さすがにそろそろ何かをやろうと思い、『今日使う名札をみんなに配る係』に自らを任命。3分ぐらいでその責務を完了させた。14:45。オープンゼミ開始。実は今回のオープンゼミ、いつものそれより楽しみだった。
今回のオープンゼミは来てくれた2年生にケースメソッドのグループワークをしてもらうというもの。4人のグループになってもらい、僕はもう一人のゼミ生とその様子を観察し、フィードバックをすればいい。その『もう一人のゼミ生』というのが………後輩O君。1期下のゼミ長である。これまで僕はなぜかあまり後輩の組む機会がなく、特に彼とは『記念撮影の時の無駄なはりきり具合』という点で大きな共通性を感じ、組みたいと思っていた。
席に着く2年生。僕と後輩O君のトークもスイッチオン。2年生のノリも良く、かなり温まってむしろぐったりしたあたりでグループワーク開始。僕と後輩O君は2年生にたまに口を挟みながら、二人で話していた。
ヨネ「今日の定例会は『忘年会』じゃん?荒れるよね~。」
後輩O君「きっと荒れますね~(笑)」
ヨネ「お前終電何時?」
後輩O君「終電は………えーっと………」
ヨネ「え、てか最寄り駅どこ?打ち上げの店から近い?」
後輩O君「てかその店から数分で家です。」
ヨネ「じゃあ終電もクソもねぇじゃねぇかよ!!!wwwなにが『終電は~えーっと…』だよwwwお前ナメてんのか!!www」
後輩O君「すみませんwww」

グループワークの方は至って快調で、そばを通ったO先生も「このチームは一番いい雰囲気だね」。これには僕も「はい。完全に今日僕いりません」ときっぱり。かくしてオープンゼミが終わった。
オープンゼミ後の記念撮影で、隣にいた後輩がシャッターよりだいぶ「いや、バリエーションを確認しようかと(笑)」と早めに顔を作っていたり、僕はといえばふと思いついた『エロ教師顔』で撮影に挑んだりしながらその場を収めた。そして・・・
待ってましたとばかりの定例会へ。今日はガッチリ飲むと決めていた。3時間貸し切りお好み焼き食べ放題飲み放題4000円プラン。そしてそこで僕がやらかした事とは………。これ、エッセイにします(笑)


明日はバイト。稼ぎます!!

知られざるロック飲み裏舞台
実は、マカロニグラタンが一番好きな食べ物です。米田です。
体がなまって仕方がない。朝、9:30に起きて食事して学校(ダンスキャンパス)へ。後輩A君(一人バトルロワイヤル)と
ヨネ「あ、この度卒論が終わりました!」
後輩A君「マジすか。おめでとうございます!」
ヨネ「それと同時にな、えーっ英語で訳す作業の始まりですwww」
後輩A君「あ、そうなんですか!?」
ヨネ「調子乗って先生に『やりたいです!』って言っちゃってさぁwww」
後輩A君「あ、自分から?www」
ヨネ「そういや後輩A君、クリスマスの予定埋まった?」
後輩A君「イブがまだ空いてるんですよね~。あ、じゃあコマ開いちゃいましょうか?www」
ヨネ「それヤバいねwww」
後輩A君「『オレからのクリスマスプレゼントです』とか言ってwww」
ヨネ「空気読めしwww」
などと話しながら集会室で練習。12:00頃、昼食に行くらしく、親切にも僕のiPod Shuffleをデッキに繋いでなにやらセットしていってくれた。
「このデッキ、メチャメチャ音いいんで。気持ちいいっすよ!」
後輩A君、君に幸あれ。

ガチ練していると、そこへやってきたのはM君(若武者)。
ヨネ「お~~~今一番来て欲しいヤツがキタァァ!!」
M君「え?」
ヨネ「………はい、ベスト。」

学園祭ロックスペでM君に借りていた灰色のベストを返却したオレ、米田。1か月の時を経て、ようやく全返却が完了した。
後輩Aさん(白ニッカ&人権泥棒)や後輩S君(1男ロッカーのエース。ちなみにロックの打ち上げはバイトの都合で欠席したため、打ち上げ後バイト先にロッカーが集結。)が揃い、なんか昨日のイベントA(一年前、策士・D先輩とオンリーツーエイト・M先輩とチームを組んで出た、ダンス復帰イベント。2009年12月20日更新の日記参照)の話になった。
ヨネ「そう!昨日のイベントA、どうやら盛り上がったらしいね!M君行った?」
M君「行ったっていうか、出た。」
ヨネ「え?」
M君「出演した。M先輩(鬼ロッカー)と。」
ヨネ「マジか。てか行きゃよかったー。」
M君「あ、ヨネ12月22日空いてる?オレイベント出るんだよ。」
ヨネ「スケジュール帳見てみるけど、オレ年末忙しいんだよね。クリスマス以外は。」
後輩Aさん「私もですwwwバイトも無駄に空いて、その日謎に暇なんですよねwww」
ヨネ「オレもまだなんかあんだろうとか夢見てたら予定入らねぇ~みたいなwww」
後輩S君「あ、やべっ靴下忘れた…。」
ヨネ「え、靴下?やるよやるよ。オレ替えのヤツ持ってるから。これあげる。」
後輩S君「マジすか?ありがとうございます。」
ヨネ「ちょうど色が赤と白のクリスマスカラーっていうねwwwオレからのプレゼントです(笑)」

バイトに向かう後輩Aさんと共に学校を去り、ゼミキャンパスへ向かう事に。
ヨネ「お前いいよなぁ。Y君(省エネロッカー)に『チョコ食うの禁止』って言われて以来、チョコ食うだけでミクシィのボイス沸騰しとるからなぁ。」
後輩Aさん「よくないですよ(笑)みんな写メとか撮ってきますもんwwwでもチョコ禁止ってほんとキツいんですから!毎日食べてましたもん!」
ヨネ「あ、普通の人にとっての米が、お前にとってのチョコなんだwww」
後輩Aさん「はいwww」
ヨネ「でも後輩Aさん学園祭前の食べっぷりはヤバかったもんな。」
後輩Aさん「でも実は、食べ始めたのは夏休みごろからだったんですよ。」
ヨネ「何お前『実は』とかつけてんの?みんな知ってるからwww」
後輩Aさん「マジですか?www」
ヨネ「一時はコマ責会議レベルだったよwww」
後輩Aさん「危なかったですね(笑)」
ヨネ「危なかったってお前安心しとるけど、まだ総会の議題って可能性があるからな(笑)」

電車の中で、先日のロック飲みの話になった。
後輩Aさん「へぇ~まぁヨネ先輩とY先輩(=省エネロッカー・Y君)って、表向きには仲いいですもんね。」
ヨネ「そう、みんな仲いいんだと誤解してるからな。言っとくけどアイツ、オレのメールに返信くれないからねwww」
後輩Aさん「www」
ヨネ「あと電話しても折り返しくれないし。」
後輩Aさん「え、私にですら『どうした?』ってメールくれますよwww」
ヨネ「普通そうだよな!?まぁそりゃね、オレにも原因はあるんだよ。3年の時さ、ゼミで飲んだりする度にさ、あれは寂しさだろうね、酔ってY君に電話してたんよ(2009年6月27日更新の日記参照)www」
後輩Aさん「それマジウザいっすねwwwでも確かに…………私前にY先輩と一緒にいる時、Y先輩の携帯鳴って。でもY先輩出なかったんですよ。それで『Y先輩携帯いいんですか?』っていったら、『大丈夫。ヨネからだから』ってwww」
ヨネ「おいそれはwww」


学校(ゼミキャンパス)に到着し、明日のオープンゼミのプレゼンを見たりしてから帰宅方向。電車に乗りとある駅で尻を蹴られた。M君(暴れん坊将軍)が乗ってきたのだ。
M君「何してんだよ!!」
電車に乗っている。
ヨネ「おう、ゼミの帰り。え、M君は?」
M君「バイト帰り。これから学校(ダンスキャンパス)で1年生の通し練見る。」
僕の学校(ダンスキャンパス)行きも同時に決定。
ヨネ「この間のロック飲み(12月16日更新の日記参照)さ、M君無茶振りするだけして普通に先に帰ったからもうどんだけだよって思った。」
M君「あぁあれたぶんオレが無茶振りしたんだよね。」
ヨネ「うん、なに『たぶん』って言葉さりげなく入れてぼかしてんの?wwwそうよ、それあなたです(笑)」
M君「wwwでもあのあと大変でさ!」
ヨネ「ん?」
M君「終電ギリギリだったのに電車の中ですっげぇ気持ち悪くなってさ。電車一回降りて、そのあとホームで吐いて。」
ヨネ「え、ちょwww」
M君「あの日ショットガン8杯ぐらいやったじゃん?それってオレにとっちゃ凄いことなんだよ!!笑」
ヨネ「だな!だな!!www」
M君「目の前真っ暗になってあの時はオレ死ぬなと思ったもんwww」
ヨネ「でも死ぬ酒にしてはショットガンは………」
M君「弱いんだよなwww」


そのあと学校(ダンスキャンパス)に再上陸し、1年生の通し練を見た。もちろんそこで会ったK君(飲み会ハッスラー)とか後輩J君(K君の指示のままに僕をサークルEから迫害する)には「おい後輩J君。あそこに1年生の聴講生が見に来てる…」と小声で言われ、「あのさ、この間一緒にラーメン食べに行った仲じゃん(12月10日更新の日記参照)。あと後輩J君、ほくそ笑むのやめて(笑)」という会話はこなした。

帰宅は19:30頃。明日はオープンゼミからゼミ忘年会。楽しみましょう。

メンバーズリストに物申す(12月19日の日記)
なんとクリスマス、予定が決まりました米田です。これは、『てか米ブログ』史上でもなかった新たな展開なのではないでしょうか。えー当日をお楽しみに(笑)

朝は9:30起き。昨日月例会でもらったサークルEのメンバーズリストを兄と読んだ。
兄「一弘、ランキングどの項目にもはいってないね。………あ!あった。『1年生から見て先輩っぽくない人』。一弘、2位だってwww」
一弘「うん、そこは1位だろって感じだよねwww」
兄「なんのために一弘がいるんだよなぁ!」
一弘「うん。このアンケートかなり最初の方にとるんだけどさ、僕スロースターターだからあんまり思ったところにはまってもらえないんだよね(苦笑)」
兄「スロースターターwwwあ、そういえば学園祭の写真、プロのカメラマンの人がサイトにアップしてたね。」
一弘「まぁあんまり僕映ってなかったけどねwww」
兄「でも映ってるヤツ、紙にリスト化したよね(笑)メーリスにあった『ヨネ先輩のセクシーショット』もあったし。」
一弘「サークルEで聞かれた時、『あ、81ページの1617番ね』とかって言えた方が面白いよね?」
兄「『もしよかったらこれ。オレが映ってるリスト』とかっていって渡せば?www」
ヨネ「それキモいなwww」

今日はフリーの日。買い物に行った。ハンドクリームが買いたいらしい父。試供品を前に「あ、買わずに毎日ここに来ればいいか!!」とご満悦な父。そんなわけにもいかないのでと購入。「ウインナーソーセージとソーセージは違うものなんだね」などと話しながら店を移動し、風呂で体を洗うブラシみたいなタオルのヤツを買った。
帰宅し、暖房が壊れるというハプニングに見舞われながらも、ガクブルしながらブログはかけているオレ、米田。明日はゼミだね。はいガンバ。

爆笑の月例会(12月18日の日記)
風呂場に体ゴシゴシするタオルがないため、最近背中は洗っていない米田です。股割りができるだけで『体が柔らかい』と思われていますが、股関節以外は腰、肩、首等全般的に硬いのです。
朝は8:30起き。10:00から学校(ダンスキャンパス)でサークルEの月例会がある。ちなみに朝食は時間がなかったためご飯と海苔。
月例会は集会室ではなくいつも授業が行われる教室で行われた。
‘サークルEのこの人数で授業受けにいったら、授業テロだな…’
などと考えながら、何年か前のR君(シャイニングブレイカー)との授業テロ(2009年1月17日更新の日記参照)に思いを馳せたオレ、米田。

月例会では新代表新副代表の発表と所信表明があり、K君(飲み会ハッスラー)が「新代表のアツい所信表明聞きたいです!」と茶茶をいれた事以外は、真面目な空気で行われた。
空気が壊れたのは連盟係の後輩Nさん(2女ロッカー。なにはともあれ、いじられている。)の告知から。
後輩Nさん「連盟のエントリーシートの提出は1/13までです。あ、でもこの日までの………『しょういん』?『しょういん有効』です。」
場内「………『けしいん(消印)』じゃね?www」

一気に爆笑の教室内。「教養を疑うわ!!」「いや、実際結構ありえない!!www」との野次に、机に顔をうずめる後輩Nさん(しょういん有効)。これで今年の連盟参加者は倍増だ。

追いパの日程が3/24と発表された。早速手帳に書き込む。
ヨネ「K君(飲み会ハッスラー)………。」
K君「ん?」
ヨネ「追いパ、3/24って言ったよね?」
K君「うん。あ、ちなみに3月26日、オレの誕生日だから。」
ヨネ「いやそうじゃなしにwwwオレ追いパの日、出られないんだけど………。」
K君「え!?笑」
ヨネ「ゼミの入ゼミ選考会だ………。」
K君「え!4年も出るの?」
ヨネ「うん。」
K君「え………じゃあ………。」
K君・ヨネ「………www」
大ピンチに顔を見合わせ思わず笑っちゃったオレら、K君ヨネ君。ちなみにのちに、僕は無事出られる事が発覚。K君の指摘のとおり僕の勘違いであり、入ゼミ選考会には4年は出なくていいのだ。素で冷や冷やした。

学園祭の反省会も行われた。『教室公演の女子の着替え室が暗くて不便だった』に、K君が小さい声で「そうそう。覗き窓から見たのに真っ暗でなんも見えなかったもん」。もし大きな声で言っていたら、K君の今後のサークルEでの立ち位置も変わっていただろう。
さらに『サークルEがポスター貼りでいい場所を取りすぎて、ほかのサークルが貼れなかったらしい』には、K君は挙手し「いやそれは頑張ったもん勝ちだし、譲り合うところじゃないと思うんだけどそれは………世代の問題?」になぜか場内拍手。後輩K君(就活さっぱり)が「じゃあ次から品よく盛大に貼る?」とよく分からない言葉で場をまとめ解決した。
前がM君(暴れん坊将軍)、隣りがK君(ハッスラー)だったから、その後も楽しかった。
M君「ヨネ、今Jさん(ジャムサンドジャザー)の意見聞いた?『フライヤー配る用はあると思うんだけど』って言ったら後輩に『いや実は配るようも足りなくて』って言われて『うん配る用もないんだよね』ってwww」
ヨネ「www(後輩の一人が退室するのを発見。)あ、アイツ帰るの?」
M君「チャイム鳴ったから帰るらしいよ。」
ヨネ「自由やなぁ~www」

さらにJさんの「衣装の貸し借りで返しきれてないとかっていうのはコマ責がちゃんと管理して、個人でもちゃんと返すべし」に「え、『べし』?」(byM君)、「家訓?」(byヨネ)、「漢文?」(byM君)、「『レ点』どこ?」(byK君)とチャカしまくって月例会が終わった。

月例会終了後、ゼミの後輩のプレゼン練習を見に行った。そう、今日はプレゼン発表の日。木曜日、僕が指導しには行ったものの、予想通り何の焼くにも立てず涙を飲み、その後家で牛乳を飲んだあのプレゼン。本番前最後のアドバイスをし、教室移動。
卒論合格の連絡を受け感動なオレ、米田。これで晴れて………『英訳版卒論』の幕開けです(笑)
論文発表会が始まった。休憩時間の5分間で生協に行くつもりが閉まっていたのでコンビニに行くことになり、「あれ?これ間に合わなくね?」となり、久々にガチで走ったりもしながら間に合ったオレ、米田。そのまま論文発表を見て、何もしてないのに誇らしくなったりしながらその後の懇親会へ。他ゼミと酒を片手に飲むはずのこの時間、僕は同じゼミの連中と「そろそろスキーの季節だね。」「行くなら年明けがいいね。」などと話していた。
ヨネ「スキーオレやった事ないんだよね。でも行きたいの(笑)」
H君(遅延ズクタン)「そういうの必要だね。『やった事ないから嫌だ!』とかってなるとダメだもんね。」
ヨネ「うん。オレ雪の上だと雪だるまと雪合戦しかできなくてさ。で一回雪合戦でガチでやりすぎて女の子泣かした事あるからあんまり楽しめなくてさ。」
H君「ヨネ力抜くの嫌いだもんねwww」
ヨネ「そうそう、全部全力www」

年末も年明けも、忙しくなりそうじゃ。そういや年末はゼミ、山岳部、サークルの忘年会。…ヤバいねこりゃ。あ、金がね。

口封じの一手(12月17日の日記)
内定先からご丁寧な封筒が来て‘早くも勤務地決定か…?’とドキドキしてたら、来年2011年のカレンダーが入っていました米田です。勤務地は、2月頃発表だそうです。

朝は10:30起き。食事をして兄と商店街を散策。5つコンセントが入る延長コードを探し、そして発見。帰宅後今度は独り立ち。一人で商店街を見に行き、鍵屋と八百屋とTSUTAYAと洋服屋を発見。満足して帰宅。そしてバイトへ。

極めて売れず困った。
ヨネ「そういえばNさん。このお弁当今日新しいヤツじゃないんですね?」
Nさん「そうやそうや。なんかな、配達の人にも聞いたんやけど今日違うらしくてな。でも納品書は新しいヤツになってんねん。」
ヨネ「え、それ配達業者のミスじゃないすか?」
Nさん「私あれかな?問い合わせた方がええんかな?………あ、そういえばヨネちゃん、これ。飴あげるわ。」
ヨネ「おーなぜこのタイミングwww」
Nさん「www」
ヨネ「いやありがとうございます。なんか変な口止めみたいなタイミングだったんでwww」
Nさん「これで封じれるんかな?www」

結局、遅番の僕は売り上げで大いに苦しむ展開に。値下げしまくり何とかほどよく惣菜を残したオレ、米田。ただ周りの店はなかなか売れたらしく、残り物は余りもらえなかった。周りの店の人が、「ごめんね。今日はあんまりあげられなくて」と謝ってくださったのが印象的だった。

明日はゼミの後輩のプレゼン発表を聞きにいく。忙しくなるぞい。

レッツ反省(12月16日の日記)
『向井理(むかいおさむ)』の名前の読み方がわからずひとまず『むかいり』と読んでいた米田です。今日ゼミの友人に素ギレされました。向井君のせいです。
朝は8:00起き。1限からのゼミに行った。ダンスキャンパスである。入ゼミのプレゼン練習などをし、2限のゼミは『授業出席』。オムニバスの授業の担当の人が、O先生の出身のゼミの人らしい。
「よぉし、即レポ一発で単位『A』取ったるわ!」。
意気揚々と教室へ。ここで受けた授業が、かなり面白かった。久し振りの授業だったからってのもあるけど、為になる…いや『為になる』とか言い出したらそりゃ極端な話寝ててもウンコしてても為になってるわけだから軽い言葉になっちゃうけど、とにかく、面白かった。
最後に印象的な言葉をくれた。
「この大学の先輩という意味で、最後に皆さんに4つ、『こんな大学生活を送ったらいいのではないでしょうか』というメッセージがあります。」
一つ目は『本分に徹すべし』。学生ならば、勉強しろ。それはきっと意味があるとおっしゃった。それなら心配いらない。あだ名が『文武両道』じゃないのが不思議なぐらい、僕はこの4年間ダンスの傍ら勉強にも徹して来た。
二つ目は『己を磨くべし』。好きな事をしろ。特に本を読むのはオススメだとおっしゃった。それなら心配いらない。今年は『告白』も読んだし、去年はマーケティング学者コトラーの本も読んだ。週刊プロレスもたまに読んでたし。うん、ぬかりない。
三つ目は『グローバルな人を目指すべし』。世界を見ろ。目標を小さく見てはいけないとおっしゃった。それなら心配いらない。なにせ来年2月、ゼミの卒業旅行の候補地はオーストラリアらしいのだから。うん、ぬかりはない。
ラスト四つ目は『よき友人を得るべし』。なにはともあれ、誇れる友達を持て。きっと一生の宝になるとおっしゃった。友達いませんオレ、米田。卒業まで、大きな課題となりそうだ。

授業後、「ヨネ先輩メチャメチャノート取ってましたねwww」などと後輩に褒められにんまりしながらまたゼミへ。Oゼミに入りたい2年生たちと話をした。楽しかった。2年生の参考になるような話ができたかは保証しない。
13:30からゼミで話し合いをした。その中で最初にやったのが『反省』。今日、1限からのゼミということもあったが、遅刻者が続出した。O先生も院生もいる中、あるまじき事態だ。彼らを前に立たせての厳重注意。遅刻者の人数にも腹が立ったが、僕は大きな疑問を感じた。今日前に立たず、座って堂々としていたヤツの中に、サブゼミに遅刻してヘラヘラしてたヤツがいる。それは吊し上げなくても許されるのか?卒論の締切りを前に焦りもせず来年に回そうとするヤツがいる。それは許されるのか?『4年は1人1個提出』を命じられたビジネスプランをいまだにやっていない僕。それは許されるのか?そんな事を思い、僕は言葉を発する事ができなくなった。

ゼミが終わり、一度帰宅。睡眠時間が3時間だったオレ、米田。荷物を置いて1時間ほど仮眠をとり、ダンスへ。が、途中でゼミの後輩からヘルプが来てほいほいと食堂へ。珍しく勉強方面で頼られた僕。なんの役にも立たず、2時間半が経過した。さすがに、4年としてどうかと思う。

帰宅して、キャベツ炒めを作った料理人の僕。完成したあたりでご飯を炊いていない事に気付いた事以外は完璧だった。
明日はバイト。んでもって…ダンスは無理かな。

これ。レバーな(12月15日の日記)
朝は10:30起き。食事をし、部屋の掃除に着手した。押し入れや段ボールの中から、あんなものやらこんなものが出て来て、凄く楽しかった。
クソゴツくて汚くて重たい掃除機を発見した。父は「捨てよう」。僕は廃棄記念に1吸引ぐらいさせてやろうと思い、その掃除機を起動した。





異臭が発生した。出て来た掃除機はどうやら『クソゴツくて汚くて重たい掃除機』ではなく『クソゴツくて汚くて重たくて臭い掃除機』だったようだ。廃棄。
16:00からのバイトへ出発。引っ越してしばらくは炊事に時間を割く事もできない。だから今日いかに僕が残り物をもらって来るかは米田家の生命線だった。バリバリの緊張感でバイト開始。
‘『家族を養う』って、こういう事なのかな…。’
絶対違った方向に思いを馳せながら仕事終了。本気を出したが、だいぶ残ってしまった。ただこうなったらこれをいかにして周囲の店の残り物と交換し、価値を高めるかだ。
おこわ屋さんへ。
米田「あ、これうちの残り物です。もしよければ!」
おこわ屋さん「ありがとうございます。あ、うちのもどうぞ!」
米田「あ、すみません。では『ちょっと』いただきます。」
5人前のおこわをいただくオレ、米田。
さらに………
焼き鳥屋に行った。そこにいたのは、いつも「ごめんね今日は少なくて」と謝りながらたくさん弁当をくれるおばちゃんではなく、江戸前な感じのおじちゃん。実はこのおじちゃん。勤務中黙々と無愛想に働く人。声すら聞いた事がなかったけど、僕は何となくこの人が好きだった。いつも店の前を重い荷物を汗だくで持ちながら行ったり来たりしている。そして挨拶すると、チラリとこちらを見てマスクの上の目をピクリと動かし小さく会釈する。無骨で不器用で掴みづらい、そんなおじさんだ。
おじちゃん「あ、いるか?」
米田「え?」
初めて聞いたおじさんの声。焼き鳥を大量に差し出してくれた。
米田「ど、どうも!!」
思わずデカい声になった僕にニヤリと笑いかけ、おじちゃんは「これ。レバーな」といって大量に僕に残り物をくれた。え、素でありがとうございます。

レジに戻った。
「おい!兄ちゃん!これもいるか?」
大根の煮物をプレゼントしてくれたおじちゃん。
米田「ありがとうございます。あの、あんまりもらいすぎて悪いんで、これ(うちの店の餅菓子)あげます。」
おじちゃん「おう、なんか逆に悪いな!」

メチャメチャ男らしく、感じのいい人だった。


帰宅し、大量の持ち帰りを家族に称賛されたオレ、米田。こうして12月15日は完結した。
明日のゼミは超変則的。1、2限だ。しかも場所はダンスキャンパス。踊るっきゃないだろ、こりゃ。

エグ飲みwithオールロッカー(12月14日の日記)
父「お兄ちゃーん。」
兄「ん、なにぃ?」
父「洗面所にあった歯磨き粉、2006年が使用期限だったらしいんだけど捨てていいか?」
兄「んーまぁ急いで買うものじゃないとっとこうよ。僕使うから。どうせ吐き出すものだし。」


衝撃的な会話で目覚めた12月14日の米田です。

20:30から学園祭ロックの打ち上げがある。Y君(省エネロッカー)の『省エネロック』、後輩E君(グラン浜田)&後輩H君(関西の処刑人)の『常時無礼講ロック』、M君(若武者)&M君(暴れん坊将軍)のロックスペの3コマ合同。エグ飲みになるという噂はちらほらあった。万全の体勢で行こうと決めていた。
昼ごろ起きてから、家に必要な物を買いに行った。食べ物は極力の節約を自ら課した。そして帰宅。打ち上げまでに軽く食事をし、いざロック飲みへ。
僕が着いた席は後輩S君(反逆のカリスマ)、後輩M君(ボーグのラストエンペラー)、後輩O君(晴れ時々タメ口)らが集う『就活席』。就活トークに華を咲かせながら、彼らが頼んだのは『コーラのピッチャー』。
ヨネ「いやいや冗談はやめてくれよ!!」
今日は完全に『ヤル気』なオレ、米田。僕にはこの飲み会で、M君(暴れん坊将軍)、M君(若武者)、Y君(省エネロッカー)、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)という愛する同期を泥酔させ、そしてそんな彼らを蔑む僕の写真を撮りミクシィにアップし下克上を果たすという目標があるのだ。僕が同期の席から漏れた事、そもそもT君が都合により欠席である事は悔やんでも悔やみきれないが、とにかく僕は1分1秒を惜しむぐらい、エグ飲みへと誘いたかった。
後輩O君「っていうヤツがビール全然飲めてないじゃないすか!!」
ヨネ「ちょっと待て。お前今『ヤツ』って言った?www」
この後後輩O君は、僕と乾杯し自分は飲まないという離れ業を披露。後輩M君や後輩E君によって、僕のビールにコーラと紅しょうがが投下されそれをもちろん飲むオレ、米田。
「うん………コーラの味がね………2、3秒後に来るんだよね」。
オレ米田。

その時。
「ヨネ先輩、じゃあとりあえずこれ。」
このお店で一番お強いお酒を3杯ほど一気させてきた後輩S君(反逆のカリスマ)。いかんせん誰も見ていないところでファーストポンプをしにトイレに行くことになったのは不本意ではあった。

その後、まぁとある暴露大会が敢行され、4年の分際で曲責もコマ責もやっていないものにその洗礼が浴びせられた。まぁ、人生時には予想もしなかった、そんな事も起こる(『プリズンブレイク』より)。いい思い出じゃ。
飲み会はそう言った意味の『エグ飲み』で、大盛況のまま終わった。
僕はその後、後輩O君、Y君らとしばらく飲んだ。後輩O君の家にお邪魔し、Y君が「ヨネめんどくせぇ」という言葉を残し帰り、後輩O君が「あ、ヨネ先輩梅干し食い終わりました?じゃあ早く寝る場所確保した方がいいですよ」といい寝てから、一人考えごとをしていた。ちょっと考えすぎてセンチメンタルな感じになっちゃったので、そんな自分にイラッとし帰った。

年末だな…うん、年末だ。2010年。色々あった。片付いた事、ケリが付いた事もあれば、オレの中でしこり残り続けた事もある。オレのせいだ。年内決着は無理だろうけど、逃げないからな。うん、逃げも隠れもせん。I am here.

新天地へ(12月13日の日記)
米田です。
朝は9:00起き。『戦場を移す日』である。簡単に言うと、『引っ越しの日』だ。荷造りをし、僕は父たちより一足早く出発。今日はゼミがあるのだ。
4限にギリギリ間に合ったオレ、米田。26000字を詰め込んだ卒論はいつでも決着させられるがいかんせん引っ越しに集中していたため保留。どうせここから英語に訳しながら年を越すのだ。焦るこたぁない。
『楽しくやらなきゃつまらねぇ』。
いつからかの僕のモットー、座右の銘。ゼミでもそれは一緒だ。
‘ゼミ中にマイミク申請とかしたらウケるかな…?’
‘いや…絶対ウケるだろこれwwwきたこれ…!!’
‘電子辞書が突然「HELLO」とか鳴ったらウケるかな…?’
‘いや、それは「おいどんだけ簡単な単語調べてんだよwww」とかってツッコみがないとスベるな…。’
などと考えながら、皮膚のクリームを塗る僕。炎症にはかなわない。
おもむろに電子辞書を開き、英書講読に挑む。なんとなく『引っ越し』というタイムリーな単語を調べた。すると………




『引っ越し…引っ越すこと』。

電子辞書を投げようかと思った。

ゼミが終わり、後輩と少し入ゼミやオープンゼミの話をしたあと、ソッコーで帰った。新居にはまだ引っ越し屋さんがいた。あの冷静な兄をのちに「僕たちが『重い』って言ってたあの段ボールを3つこう重ねてさ、階段スタスタ走っていくんだよ!!」「ほら、見た目細身だったでしょ?でも腕は小橋建太みたいだった。」と興奮させた二人の武者である(小橋建太とは→http://www.noah.co.jp/prof002.php)。僕は軽く挨拶し、即外出。今日の僕はハードだ。T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)の学園祭ポップロックの打ち上げに向かった。
待ち合わせに遅れつつ、携帯のバッテリーが切れたため連絡も出来なかった僕。待ち合わせ場所に着き、手始めの制裁として全員から数分シカトされながら、しゃぶしゃぶへ。
まさかのノーアルコールで始め戸惑ったが、Y君(省エネロッカー)の「ヨネ面白い話して」から完全に地獄へと向かった。
ヨネ「じゃ、じゃあ…。」
いじられキャラ兼いじめられっこが周囲の振りを断ったらその瞬間に仕事を失う。もちろん今回も挑戦する。『「面白い話して。」いじり』は初めてじゃない。これは実はある意味地味に美味しい流れで、スベったら上等においしく、このアウェイの中万一ウケたら一攫千金な感じでスターダムにのしあがれる(と信じている)。山岳部の飲み会では最高潮に盛り上がっていても敢えて自ら「面白い話していい?」とけしかけるほどだ。ちなみに、『スベらない話』でスベった事しかないオレ、米田。今回もその準備は出来ている。
ヨネ「実は今日ね、引っ越したんですよ。………。」
Y君「え、終わり!?」
後輩K君(同学年だが期としては2つ後輩。就活飲みあたりから話すようになったが、彼は理系のため就活は割りと早い段階でさっぱりやめた)「報告!?」
ヨネ「え、うん…え?」

まさかの終われない空気に真っ白なオレ、米田。
ヨネ「あ、でね!」
Y君「おう。」
つい口から漏れた『でね』。ノープラントークが始動した。
ヨネ「机をね、新しい部屋に運んだんだ。そしたらさ、ドアが狭くて入らなかったんだってさ。」
周囲「………。」
ノープラントークが終了した。

「ヨネが箸でつついたところからしゃぶしゃぶ食べたくない」などとY君に言われながら、「ヨネ先輩、あんまりこっちに来ないでください」などと後輩A君(金髪が奇しくもオカマ呼ばわりされた)に言われながら、「あ、ヨネ先輩灰汁取るヤツこれです。」などと後輩Pさん(ポップロックで与えられた4カウントのフリーで、なぜかエンドレスにトゥエルを巻く事を選択したポッパー。)に言われながら食べていった。
‘Y君(省エネロッカー)、君はなんでさっきから僕の取り皿に『お麸』ばかり入れるんだい?’
‘後輩A君(奇しくもオカマ)、さっき写真撮影の時は仲良く肩組んだよね?ねぇ。組んだよね?’
‘後輩Pさん(エンドレストゥエル)、君僕の後輩だよね?しかも、2つ、後輩だよね?’
と思いつつ、目から冷たいものが這わないように食べ続けた。

Y君「あ?ヨネ何言ってるかよくわかんないです。」
ヨネ「いや、だからwwwだからお前はなんでさっきから言葉尻ばっか指摘すんだよ!」
Y君「………あ?」
後輩K君(就活さっぱり)「『言葉尻(ことばじり)』って何?www」
Y君「オレも思ったwwwアッヒャッヒャwww」
ヨネ「え、『言葉尻取るな』ってのは………まぁ『揚げ足取るな』みたいな意味だよ。簡単に言えばね。」
後輩K君「へぇー。知らなかったぁ。さすがだなぁ!語彙力が違うわぁ!」
Y君「うん、さすが元記者志望だわぁ!」
後輩K君「『元記者志望』ってヤバいねwww」
後輩Hさん「『元記者』じゃなくて『志望』なんですねwww」
ヨネ「って完全に夢破れた人じゃねぇかよwww」
後輩Nさん「それキツいですねwww」
ヨネ「就活失敗した事実をいじるというね。これ、‘まぁ12月になったし’とかって思うでしょ?Y君、オレが就活終わったその週にいじり始めたからねwww(9月30日更新の日記参照)」
Y君「そうそうwwwアッヒャッヒャwww」
アッヒャッヒャじゃねぇ。


帰り道。今日席的にあまり話せなかった後輩E君(グラン浜田)が話しかけて来た。
ヨネ「どうした?」
後輩E君「いや、特に話す事はないんですけど、‘ちゃんと合わない人とも話さなきゃ’と思って。」
ヨネ「あ、オレ『合わない人』?www大事だよね、就活でそういうのwww」
後輩E君「はい、今僕仕事中です。」
ヨネ「あ、オレの話すの仕事な感じwwwそれね、奇しくも後輩Y君(ガキの使い)にも言われたわwww」
後輩E君「1年生から?www」
ヨネ「『お前イベント頑張れよ』って言ったら、『今ヨネ先輩と話すのを頑張ってます』ってwww」
後輩E君「それキツいwww」

Y君(省エネロッカー)、後輩H君(関西の処刑人)と電車に乗っている時。
ヨネ「まぁさ、同期はもちろん、お前ら1つ下の代もオレの事を心から尊敬してるでしょ?」
後輩H君「………。」
ヨネ「ごめん、否定するならして(笑)」
後輩H君「いやとりあえず続けてください。」
ヨネ「だから、まぁ同期を始め1つ下の代もオレの事を尊敬してるわけじゃん。でもそのなんだ?もう一つ下あたりからかな、オレの真の凄さというかさ、崇高さ?分かってないよな!」
Y君「………。」
後輩H君「………逆に………ヨネ先輩のどこを尊敬すればいいんですか?」
ヨネ「wwwそりゃあれだよ………ダンスもロッカーの中で1、2を争うぐらい上手いでしょ?」
Y君「ちなみにいい事教えてあげよっか?」
ヨネ「あ、いやいいわ!wwwわかった。ベスト1、2とは言わん。ベスト30!サークルEの中で30位以内で上手いっしょ!?」
Y君「ちなみにいい事教えてあげよっか?オレのロックのコマ、30人いなかったからね。」
ヨネ「じゃあほら。まずベスト30の実力でしょ?で………」
後輩H君「あとは?」
ヨネ「あ、ミクシィのボイスに誰もコメントしてなかったら、ちゃんと『イイネ!』押したりする事とか。」
後輩H君「………え、あとは?」
ヨネ「ていうかさお前さ、あんまりこういうの直接言うのもなんなんだけどさ………尊敬して。」
後輩H君「www」


こうして打ち上げは終わった。
帰宅して今日は就寝。なんだかんだで始まった新天地での生活。なんだかんだで始まったから、なんだかんだで上手くいくじゃろ。やるぞ、オレ米田。

のび太君な日(12月12日の日記)
睡眠時間はとれていますが、寝るのはいつも朝4時5時の米田です。

朝は7:30起き。アルバイトへ。今日は12日、『とーふ』の日らしく、豆腐の半額を準備する必要があった。さらに揚げ湯葉も1つ105円のお買い得らしく。Aさんから何時から〇時にどうしろ、出す時は〇〇に注意しろ、などと畳み掛けるように言われたオレ、米田。
全て出来ず開店に間に合わなかった。さらに予約弁当の準備を忘れ、店のレイアウトも汚いと言われ、「しっかりしろ」と背中をはたかれ…。ほんっとに久しぶりにイラッとしたオレ、米田。あの時はヤバかった。客に八つ当たりしようかと思った。
年末の売上大勝負時期と言う事で、最近Aさんはイライラしている。が、それにしても今日の僕の怒られ具合は異常だった。9:00から開店の10:00、さらにその後13:00まで、顔を見ては怒られ顔を見ては怒られ。ほんと、『ドラえもん』の記念すべき初回放送分から最終回に至るまでののび太君が食らう説教量を全部受けた感じ。たまらず、隣りのお弁当屋のおばちゃんがAさんがいなくなった隙をみて話しかけて来てくれた。
おばちゃん「ヨネちゃん、大丈夫?」
ヨネ「はい、大丈夫です(笑)てか朝っぱらからお騒がせしてすみません(苦笑)」
おばちゃん「まぁ深呼吸して(笑)ヨネちゃんは悪くない!Aさんが悪いのよ!」
ヨネ「いや、実際僕のミスなんで(笑)全部ほんとに僕が悪いんです。」
おばちゃん「あんたエラいよ、うん!」
ありがとうおばちゃん。今度またお寿司の残り物ください。

常連のお客さんにも心配された。
常連「今日なんか元気ないのね?大丈夫?」
ヨネ「あ、すみません(笑)久し振りの朝番で、色々失敗しちゃって(苦笑)すみません、お客様にまでご迷惑お掛けして。」
常連「あらいいのよ~。」

ただ、いつも通りの仕事に関してはもちろんがっちりやらせてもらった。しかし………
ヨネ「ポイントカードはお持ちですか?」
客「あれ………なくなっちゃった。じゃあいいです。」
ヨネ「はいかしこまりました。」
レジ作業。
ヨネ「大変お待たせ致しました。30円のお返しになり………」
客「あ、カードありました!!」
ヨネ「………え?」

レジの正確な操作に絶対の自信を持つ僕は、その自信からレジの打ち直しの方法を習わずにここまで来ている(9月7日更新の日記参照)。Aさんを内線で呼んだらどうせまた怒られる。だから僕は………ぶつけ本番オリジナルでやってみた。出来た。手にしたのは『打ち直し』の技術とお客さんの笑顔だった。

とはいえ、バイトが終わってからもイライラは消えず。自転車でかっ飛ばして、BOOK・OFFでマンガを読み帰って来て不貞寝した。

夕飯は、祖母が「ご馳走してあげる」と言って注文してくれたピザ。最近僕はダンスなりゼミなりバイトなりで忙しく、帰ってきた時にはみんなたいてい食べ終わっていたから、祖母、父、母、兄、僕の5人で食卓を囲んで食べるのは実に久しぶりだった。祖母は色々考えて泣いちゃってたけど、ピザはマジで美味しかった。
簡単な事を難しく考えるのはよくない。幸せになる大きな一歩を踏むため、僕らは今日、少しだけ不幸な思いをした。それだけだ。
大学に入ってから、成人を迎えたのに僕は未だによく泣く。一昨年は悲しくて泣いた。去年は寂しくて泣いた。でも今年は、辛い涙はやめようと思う。
さて、年末である。2010年の目標は、『実』(2009年12月31日更新の日記参照)。結果、実(み)を求める年であり、真実を追求する年だ。1年を振り返るのはもうちょいあとにして、残りの期間、精一杯目標に突き進みたい。

物との再会(12月11日の日記)
朝は11:30起き。食事をして卒論をやり、15:30頃学校(ダンスキャンパス)へ。食べ放題や飲み会などイベントづくしの12、1月は、毎年財布がヘコみお腹が膨らんできた。今日は腹をヘコましつつ、16:00から予定されている『忘れ物市』(学園祭で見つかった衣装の忘れ物などを持ち主に返したり、持ち主が見つからなかったものを欲しい人に配ったり処分したりする。ちなみにこの市を仕切るのはミスターツイッティング・後輩T君。)に遅れて参加しようと出発。

集会室前スペースに到着。
「ヨネ先輩お久し振りでーす!」
「あ、ヨネ先輩だぁ!」
「チッ、ヨネ先輩だ…。」
と後輩たち。
「おいーっす!」
「来てごめんねー!」
「ほんとごめんね…」
とオレ、米田。

後輩Y君(ガキの使い)が来た。
後輩Y君「ヨネ先輩お久し振りです。」
ヨネ「おう。あ、1年生はコマ?」
後輩Y君「はい。1年イベ(各ダンスサークルの1年生がショーケースをしまくるクラブイベ。)の。」
ヨネ「いいなぁお前らはぁ。アツいな!羨ましいよ。1年イベは、いつだっけ?」
後輩Y君「えーっと…1月です(笑)」
ヨネ「それは分かってますwwwなんで年内に詰め込みだよwwwそりゃ1月ですよ。1月の何日かなと。」
後輩Y君「えーっと…」
ヨネ「え、お前はどこに向かって頑張ってるの?www」
後輩Y君「まぁとにかく1月です。」
ヨネ「あぁそう(笑)お前からの新たな情報を期待したオレが間違ってたわwww」
後輩Y君「ヨネ先輩、髪の色黒に戻さないんですか?」
ヨネ「おう、だって金かかっちゃうじゃん?しばらくこのままよ。」
後輩Y君「え、ヨネ先輩バイトしてますよね?」
ヨネ「うん。」
後輩Y君「『オリジン弁当』でしたっけ?」
ヨネ「いや、そりゃ後輩S君(反逆のカリスマ)だなwww」
後輩Y君「あwww」
ヨネ「なんでオレが後輩S君と同じカテゴリーだよwww後輩S君に失礼だろ!!!」
後輩Y君「あ、そっち?www」

ガチ練習を開始した。ちょっと始めたら、周囲の後輩たちの雰囲気に押されノンストップで思わず3時間。
ヨネ「あ、後輩Y君。お前さ、今1年イベの振り覚えで忙しい?」
後輩Y君「いや、そうでもないですけど…なんでですか?」
ヨネ「いや、お前専用の振りを今考えて。お前が苦手なムーヴを詰め込んだ練習用の振りwww」
後輩Y君「なんすかそれwww」
ヨネ「あ、てか1年生イベのロックのコマ責って、後輩S君(僕よりぶっちぎりで上手い。)と後輩Tさん(僕よりぶっちぎりで上手い。)だっけ?あれでしょ?後輩Tさんの振りが特にいいんでしょ?」
後輩Y君「いや、僕は全部好きです。」
ヨネ「え、後輩Tさんの事好きなの?」
後輩Y君「違いますwww『TさんのだけじゃなくS君の振りも全部いい』って意味ですwww」
ヨネ「あ、そっちかwwwいや、そんな事カミングアウトされても困るわぁって思ったわwww」
後輩Y君「www」
ヨネ「もしよければあれだよ?オレがまさかのキューピットやってもいいよ?www絶対その恋は失敗に終わります。」
後輩Y君「じゃあいいですwww」
ヨネ「あ、でね。作った振り、2×8カウントなんだけどさ…」

頼まれてもないのに、振り入れを開始するオレ、米田。
ヨネ「ここ16ビート取ってな。で、ここターン。ほら、学園祭の振りでお前『苦手です』ってオレに聞いて来たろ?」
後輩Y君「はいwww」
ヨネ「で、ここ引き合いから足出す。ほら、お前に『スクーバの足の出し方がおかしい』って注意したっしょ?あれの感じ。」
後輩Y君「おう(笑)」
ヨネ「で、ここさっき言った『スキーター』の足。からの『ノック』。キレ出してな。」
後輩Y君「ホントに苦手なのばっかだwww」
ヨネ「そうwwwだからお前は今は踊れんと思う。ただ逆に言えばこれが出来るようになったらお前は爆発的に上手くなるからwww」
後輩Y君「確かにwww」
ヨネ「進研ゼミの『苦手克服ブック』と同じやり方やなwww」
後輩Y君「あー夏休みにまとめてやるヤツですねwww」
ヨネ「そうそうwwwで、最後これ『キャリーアップ』みたいにしよっか。お前これも聞いてきたもんな?」
後輩Y君「え?いやそれは聞いてないですけど…。」
ヨネ「え………あ、ごめん。これ聞いて来たのは後輩K君(いじられキャラの次代を背負う逸材らしいが、まだ本人はその資質に気付いてはいない。)だわ。」
後輩Y君「なんでK君の苦手なムーヴが僕にいれられるんですかねwww」
ヨネ「しかもオレ、アイツに『キャリーアップ教えてください』って言われて、『オレも分かんない』って言ったからねwww」
後輩Y君「あ、ヨネ先輩も苦手?www」
ヨネ「www」


噂の忘れ物市は、予定変更で19:30頃に開始。なんと、僕のかすんだ黒色のズボン(12月2日更新の日記参照)が発見された。再会したのは学園祭以来。さらに、10月頃私服で着て来たのに練習着から着替える時着忘れてそのまま置いて帰った灰色の安物パーカー(10月24日更新の日記参照)とも再会。
「いやー今日来てよかった。もう一回言うね。今日来てよかった。」
と米田氏。
「持ち主が見つからす残った物はあれだね、BINGOとかに売りに行けばいいんじゃない?みんなで山分けしてさ!」
と言っていると、誰かが小さな声で「ヨネ先輩ってほんと小さい人だな。」とおっしゃった。

帰宅して、雑務をこなしてK1を見た。放送にのらなかった試合で注目していたものがある。『ブンブン丸』こと藤本祐介(藤本については2008年4月14日更新の格闘技記事参照。)の引退試合である。ちなみにブンブン丸の『ブンブン』の由来は、腕を『ブンブン』振り回すアグレッシブファイトをするからであって、決して『ブンブン』飛ぶハエが撃ち落とされるようにいつもKOされるからではない。相手はヘスディカラケス。YouTubeで、試合を見た。→http://www.youtube.com/watch?v=cB0NvyLKvhQ
米田兄弟が「アイツの負け方は紹介Vを作るには最適だ」「アイツは負け方をわかってる」と舌を巻く彼は、1Rの2分33秒という短いタイムでKO負けをしたらしい。
一弘「凄いよ!2分33秒の間に3ノックダウンだってwww」
兄「さすがだね。でもできれば最終ラウンドまでじっくり見せて欲しかったね。」
一弘「たぶんテレビ放送上の編集の事を考えたんじゃない?トーナメントの間に挟み込めるように短めに戦ったんだよ。」
兄「3ノックダウンかぁ。すごいね。全種類のダウン見せてくれたんだろうね。」
一弘「あー前倒れ、横倒れ、後ろ倒れ?www」
兄「最後は後ろに倒れてからうつぶせに。」
一弘「あ、やっぱ一流は倒れてからも魅せるwww」
映像を見た。
一弘「てか藤本、体全然絞れてないじゃん。」
兄「ほんとだ。お腹ブヨブヨだ。」
一弘「調整うまくいかなかったのかな?引退試合なのにwww」
兄「あれじゃない?主催者側に『あ、明日の大会で引退試合してもらいまーす』とか言われたんじゃない?」
一弘「手荒いなwww」
兄「あ、ほんとにお腹ひどいね。スーパーヘビー級みたい。」
一弘「にしても凄いね、このボロ負けぶりはwww」
兄「うんwww」
一弘「なんかもう、藤本が『本気を出すまでもない』みたいな感じで戦ってるように見える。」
兄「あ、逆にねwww」
一弘「これ会場すごい静まりかえってて『塩』(=格闘技ファン専門用語。つまらない、しょっぱい試合を意味する『塩試合』の事。)に見えるじゃん?でもディレクターとかは紹介V作る時に気付くんだよね。『作りやすい………!!!』ってwww」
兄「『スーパーヘビー級の藤本を全く寄せ付けず』とか言いそうだよね。」
一弘「あ、そこまで考えて藤本は絞らずに来たのかwww」

藤本の過去の試合が見たい方はこちらをご参照ください→http://www.youtube.com/watch?v=y85ScdVaxKk&feature=related

そんな感じで、今回のK1は大当たり。実に面白かった。
明日はバイトが朝番。頑張りましょう!

小さな復讐
祖母が『プリズンブレイク』を無事見終えました米田です。早すぎると思います。飽きなかったかと聞くと、
「ううん。だって毎回気になる終わり方するでしょ?だからもう夢中で見ちゃったわよ~」。
なんて理想的な愛好家なんだろう。

朝は昼起き(?)。11:55起床で食事をし、卒論をちょいとかじり、部屋の模様替えをした。そのまま一気にバイトへ。
レジに着くなりいきなりAさんのお説教。
「米田君…あなたの遅番の時、惣菜の残りがちょっと多過ぎます。」
だって残してるんだもん(笑)………とは言えないオレ、米田。
ヨネ「はい…すみません。」
Aさん「他の人はもう少し上手く売ってるので、ちょっと工夫して。………ね!」

ちょっと待って欲しい。Aさん、いくらAさんでもそこは間違っとるから言わせてもらう。まぁ言わせてもらえなかったんだけど。
確かに僕は単純に‘回りの店と残り物を交換したい’という理由で惣菜を残しまくってる。それは認める。ただ、『他の人はもう少し上手く売ってる』。これは間違いだ。確かに残り物を出さない人はいる。ただ、その人達は値引きをしまくっている。現に売上を見てみると、11月下旬からの僕の活躍は結構顕著だ。そして僕が残している惣菜はいずれも原価が安い。『店に損失を小さくしながら、売上を維持し残り物交換会をする』、これが僕の技。Aさんは昔、「値引きを一度すると、元の値段では買わなくなる」と言っていた。だから僕は売り上げを維持した状態で、『安くしまくって量を売る』より『値下げを控えてトークで買わせる』事を選んでいるのだ。ちょいと、ナメてもらっては困る。

半ギレ状態のオレ、米田。Aさんが帰り、僕一人の店番通称『米田帝国』の始まり。10日、つまり給料日ということもあり、売り上げ好調。値引きしなくても売れていった。惣菜も残りわずか。今のオレは、キレたら怖い。









「あ、ここの商品、全部半額です。」


すぱっと売りさばいてやった。おかげで閉店30分前にほば完売。惣菜の残りはわずか2個、それでも総値引き額は通常日の3分の1という優秀な売り上げを残した。お陰様で、残り物の交換会はできず。
帰宅。イラッとしながらドラマ『めだか』をダビング&編集。ムカつくから、明日踊る。卒論もやる。あーもう!

奢り未遂(12月9日の日記)
朝は11:00起き。昼から学校(ゼミキャンパス)のグル学で卒論をやる。
ヨネ「いやぁお腹いっぱいだよ~。」
T君(住職第一志望)「なに?どこに食べに行ったの?」
ヨネ「それがね、どこにいったわけでもないんだ。」
T君「なにそれwww」
ヨネ「ただ朝食をちゃんと食べたという、そういう話。」
T君「www」
ヨネ「もう困るよね。お腹はいっぱいだし、卒業旅行はオーストラリアだし。」
T君「またその話www」
ヨネ「いやこれはね、声を大にして言いたいよ。国内でよくない?絶対楽しいって。あ、あそこ行こうよ!鳥取砂丘。あと沖縄!基地見て色々考えたりさ、自分の過去を振り返ったりするのがいいと思うよ、オレは。」
T君「うん、オレもそう思う。そう思うけど、過去を振り返るのは別にみんなで行く卒業旅行の時じゃなくてもいいと思う。」
ヨネ「wwwあ、それみんなの前では言わないでや(笑)オレの意見負けちゃうからwwwあ、S君(いじられイズム)さ。お前卒業旅行どこ行きたい?」
S君「………?」
ヨネ「え、全部聞いてなかった感じ?wwwいや卒業旅行どこ行きたいのかなと思ってwww」
S君「そうだなぁ…。」
ヨネ「おい、お前自衛隊とか好きな、『右寄り』な人間だろ?そういうヤツは海外とか出ちゃダメだ!!」
T君「ヨネメチャクチャだなwww」
S君「てか待て、ヨネ。日本はそんな事言ってたから戦争に負けたんだぞ。」
T君「おwww」
ヨネ「うかつに相手の領域に踏み込みすぎたwwwオレのミスだwww」

本ゼミへ。
H君(遅延ズクタン)「あ、ヨネその革ジャン、ダンスの衣装で着てたヤツ?」
ヨネ「あ、バレた?5500円したからな。それは着させてもらわないと。」
後輩でメガネからコンタクトに切り換えたヤツがいたから、「今日お前本気モードだねぇ」と言ったら、「米田先輩、絶対コンタクトにした方が便利ですよ」と言われた。『絶対』と言われたら、そこは僕も男だ。検討したい。

休み時間。ダイエット中(開始日:今日)のオレ、米田。ゼミの休み時間に生協で揚げパンを買い、ゼミのギリギリまで何も考えずにパンを食べるのが凄く好きな日課だったが、やめた。教室で待機。後ろにいたH君が「この間遊んだ友達の彼女からもらった」八ツ橋をくれた。ダイエッター米田の八ツ橋ダイエットが幕を開けた瞬間だった。
教室の環境が悪いのか、ネットが繋がらない。
K先輩(ドラクエクエスチョン)「ヨネ、隣りの部屋で一度ネットに繋げたら、こっちでも繋がるようになるよ!」
ヨネ「マジすか?行ってきまぁす。」
退室。帰還。
ヨネ「あ、K先輩!」
K先輩「繋がったぁ~?」
ヨネ「ダメでしたぁ~。」
H君「すっげぇ明るい声なのにwww」

ゼミのあと、後輩U君(レンタルカーゴパンツ)と会い、共に学校(ダンスキャンパス)に行くことに。学校では今年3月の連盟公演の動画上映会が行われていた。僕が到着して、30分ほどで上映会が終わった。
集会室へ。K君(飲み会ハッスラー)らヒップホッパーが大勢いた。
K君「お、ヨネきたよ~。なんだよ帰ろうと思ってたのにぃ。」
ヨネ「え、なに?もうちょっといたくなった?」
K君「ちょっとヨネうるさいわ。」
ヨネ「そうだよね。うん、『話を聞いてもらえる』って前提が自分の中にあった。うぬぼれてた。ごめん。」
K君「ヨネさ、つけめん屋M行こう。」
ヨネ「それ学校(ゼミキャンパス)付近のだよねwwwまさかここで誘われるとはwww(つけ麺屋MにサークルEで行ったのは11月21日更新の日記参照)」
21:00。後輩J君(ヒップホッパー2年。いじられキャラなのにダンスがうまい、アウトローなヤツ。)とK君と食事に行くことに。
K君「何食う?」
ヨネ「ラーメン屋M行こうよ!」
K君「ラーメン屋かぁ。いいよ。後輩J君、行くよな?」
後輩J君「は、はい…行きます(笑)」
K君「まぁほんとはラーメン屋Hがいいけど。」
後輩J君「僕はレストランRでしたね。」
ヨネ「え、なにこのオレがわがまま言ったみたいな感じwww」

学校を去る。後輩A君(コマ中突然泣き出したり、茶髪に染めたら「オカマみたい」と言われたりと悲運だが、それでも僕の事は馬鹿にしている2男ロッカー)と会った。
K君「あ、後輩A君もラーメン屋行く?」
後輩A君「いえ、僕はちょっと今日はいいです。」
K君「いいの?ヨネの奢りだよ?」
ヨネ「………え?」
後輩J君「ヨネ先輩ありがとうございます。」
K君「ごちでーす。」
後輩A君「え、奢りなの?」
ヨネ「お前ちょwww」
K君「タメ口www」
ヨネ「まず奢りじゃねぇっていう点と、バッチリタメ口っていう点でお前おかしいよ?www」
後輩A君「あ、マジで?」
ヨネ「いや、だからwww」


ラーメン屋Mでは、K君と後輩J君の水のおかわりをやりやすいように、僕が給水機の近くに座ったり、ご飯にのせる漬物をほかのお客さんから強奪したりして楽しんだ。
明日もバイト。午前中に卒論、やるぞい。

祖母の見栄
大嫌いな番組『グータン』を見て不機嫌な米田です。なんで見てしまったのでしょうか。でも逆にああいうのを見ると、男に生まれてきて本当によかったと思います。うん、アイアム男。

朝は9時半起き。卒論を先生にメールで送り、食事をし、部屋の掃除をした。流浪の武士が戦場を移す日も近い。
アルバイトへの出発直前、リビングに戻ると祖母がキーボードで何やら演奏していた。どうやら最近できた友人と話していたら「楽器とかやってた?」的な話になり、「ピアノなら10年前にやってたわよ~」みたいなことを言ったら、「じゃあ今度ぜひ演奏してみて!」みたいなことになったらしい。ところが・・・
「とは言ったものの、本当はもう40年も演奏してないのよ~w」
意味のわからない見栄を張ってしまった祖母。運命やいかに。

16時からバイトへ。程良く残そうとするつもりが結果的にはわりと大量に残ってしまった。でもお陰様で近くの店からわりと大量に残り物のおすそわけがあった。お店間では僕が残り物の処理班であることが薄々気づかれているらしく、最近では弁当屋のおばちゃんがお弁当を2つ3つ持ってきてくれたりする。ありがたし。全部いただいた。
帰宅してからはDVDで格闘技を見て、そこから最近ハマっているドラマ『めだか』のDVD・・・ではなくビデオを見た。いやぁ素晴らしい。画質がもう少しよければ申し分ない。毎回毎回の清々しいエンディング。
はい、体がなまって仕方がない。明日はゼミ、その後ダンス。これ絶対。

冷戦延長(12月7日の日記)
皮膚科に行った。5月8日以来半年ぶりの来診である(5月8日更新の日記参照)。アトピーとの戦いは長きに渡る冷戦状態かと思っていたが、どうなら夜に掻き壊すらしく、首筋が大変な事になっていた。
9:30起きで診療所へ。
先生「はい米田さんお久し振りですね。しばらく大丈夫だったのかな?」
いえ、ダンスが忙しくて。あとお金もなくて。
先生「ちょっと見せてね。あーやっぱこりゃひどいな。」
米田「ですよね。」


大量の薬をお出しいただく事になった。
看護婦「以上がご使用方法になります。大丈夫でしょうか?」
米田「はい。」

下の薬局へ。
薬剤師「お顔のお薬が2種類出てますがご使用方法は上の階でお聞きになりましたか?」
米田「いえ。」


こうしてまた無駄な時間を過ごした。

一度帰宅し、16:00からバイト。この前、予約をサービスカウンターに引き継いだらそれが間違ってたらしく、叱責からスタートした。今日もいい日だ。
売り上げは米田的に好調。いい感じに売れ、いい感じに残った。揚げ物君がまた大量に残り物をくれたから、こちらも惣菜をプレゼント。いい関係だなこりゃ(笑)

寝る前に卒論をやって今日は終わり。明日はもう一丁バイト。いい感じに売り、いい感じに残そうと思う。

卒業旅行はあそこっしょ!(12月6日の日記)
朝は10:00起き。学校に行き卒論をやり、そのままゼミへ。4限の英語講読を終え、5限は入ゼミ会議。荒れ模様となったが、とはいえ奇抜なアイディアが出て面白かった。意味なく勢いづいた僕は、H君(遅延ズクタン)とT君(住職第一志望)と大戸屋へ食事をしにいった。
ヨネ「卒業旅行、オーストラリア説が濃厚なんでしょ。オレさ、別に海外にこだわらなくてもいいと思うんだけどね。」
H君「ヨネはサークルの方でも旅行あるの?」
ヨネ「まだ全然分かんないけど、まぁどっか行くよ。」
みんなが誘ってくれたらだけどな。
H君「だからだよ。オレはサークル入ってないからさ、卒業旅行Oゼミだけだから、やっぱ海外かな。」
ヨネ「なるほどね。たださ、旅行って別にどこに行くって重要じゃないと思うんだよ。誰と行くかが旅行の楽しさの大半を占めると思うわけ。だからさ、安いとこに行けばいいのになぁって。」
T君「あーそっかぁ。因子分析したら、『メンバー』とかそのへんに縮約されるわけだ。」
ヨネ「うん。」
まぁ『因子分析』とか、オレの中じゃいまだに曖昧だけどな。
ヨネ「だって修学旅行なんて京都だよ!?でも楽しかったっしょ?」
H君「うん、オレ中学高校で2回行ったけど、2回とも楽しかった。」
ヨネ「それは逆に凄いなwww」
H君「でもオーストラリア、オレいいと思うよ。」
ヨネ「でもオーストラリアの、日本人が多くいるところ行くんでしょ?」
T君「うん、日本に近いらしいね。」
ヨネ「じゃあ日本でよくね?千葉とかさ。あ、広島で原爆ドーム見ようよ。」
T君「あ、それはオレも見たいなぁ。」
ヨネ「極端な話さ、富士急ハイランドとかでもいいと思うわけ。」
H君「卒業旅行、富士急www」
T君「でも楽しいと思う。入社したあと笑われそうだけど(笑)」
ヨネ「卒業旅行まさかの日帰りみたいなwwwで、帰り大戸屋みたいなさ。」

その後、学園祭の話になった。
H君「朝準備で満員電車に乗ったんだけどさ。オレもうあれに乗る体力ないわ。」
来年から無論社会人のH君。暗雲が立ち込めている。
H君「オレこの間目の前の人が痴漢で連れて行かれてさ。」
T君「マジか!」
ヨネ「でもあれって怖いよね。だって冤罪の可能性だってあるのにさ。」
H君「テレビでやってたけど、痴漢と疑われた場合は、やってなくても逃げた方がいいらしいよ。」
T君「あ、そうなの!?逆と思ってた。」
ヨネ「『行列のできる法律相談所』でも昔それやってた!確か4人中、2人が『逃げる』で2人が『駅員のところにいく』だったよ。逃げた場合、万一捕まったらヤバいんだって。」
T君「でも女性一人からだったら確率上逃げられるんじゃない?」
ヨネ「いや、駅のホームだからね。他の人も捕まえに来るかもよ。」
T君「じゃあ逃げた振りしてまた同じ電車に乗るのがいいのかな?」
ヨネ「あ、それで第二の犯行に至る?」
H君「あ、1個目もやってたんだwww」
ヨネ「そうそうwww山手線だったらエンドレスに繰り返せるよwww」

帰り道『バトルロワイヤル』のDVDを借り、帰宅して観覧。いわゆる『外れ作品』だった。いやはや残念。
明日は皮膚科にでも行こうかな。あと卒論、バイト。しゃい!

それでも僕は、悪くない(12月5日の日記)
昨晩部屋を掃除した。押し入れから出てくる懐かしグッズ(=必要ないけどなんとなく捨てられないグッズ)ともそろそろお別れしようと思っていたが、その際葛藤が生じた。
ベタなところだと『教科書』だろう。自分の字が刻まれたノートならともかく、大学卒業を間近に控える今、高校までの教科書はいらない。‘BOOK・OFFで売れるかな?’‘チッ、微妙に書き込んじゃってるよ…’‘待てよ…これぐらいだったら見逃してもらえるかな…’‘そうだよ…消せばいいんだ…’‘いや、消したりなんかして売って10円とかだったらかえってコストオーバーだよな…’と悩んだ末、そのままポイした。
一番悩んだのは、『この先絶対使わないけど、当時は買う事が義務だったしだからこそ見る度に昔を思い出す気がするグッズ』だ。『彫刻刀』、『絵の具』、『リコーダー』がこれにあたるが、中でもエースは『そろばん』だった。ちなみに漢字は『算盤』。
‘彫刻刀かぁ…知り合いに芸術方面の人、いなかったかなぁ…’
‘絵の具かぁ…知り合いにゴッホとかいなかったかなぁ。’
‘リコーダー吹きてーとかって思う日、ないもんなぁ。’
‘てか吹きてーってなっても押し入れから出てきたリコーダー、汚そうだもんなぁ’
‘そういやアルトリコーダーの1オクターブ低い『ド』、最後までごまかしてたなぁ’
などと思いを馳せながら、全て廃棄。なお、今回の学園祭の衣装作りで数年ぶりに出番がきた『裁縫セット』は、特別に残留させた。


朝は11:30起き。アルバイト先から電話がきていたため掛け直すとAさん。おととい僕がとった予約の処理が間違っていたそうで、注意された。
‘おかしいなぁ…サービスカウンターに引き継いで、あとで詳細を伝えるのを忘れてただけなのになぁ’
と思うオレ、米田。電話は3分に及んだ。御馳走様です。

昼頃、祖父に会いに行った。祖父は僕らの前だと食欲を増すらしい。スパゲティを口の回りをよごしながらたいらげ、にんまりしとった。嬉しいこっちゃ。あさりの味噌汁を飲んで一言、「あさりだな」。嬉しいこっちゃ。
祖父と分かれ、帰りがけに電器屋に寄った。電器屋は不思議だ。商品をぼーっと見てる時にはメチャメチャ楽しいのに、いざ買うとなるとたちまち店員との知識の差に苦しめられ、結局向こうの戦略にハマり、値切りきれない。いい社会勉強になった。

今日はダンスはなし。早めに寝て、明日に備えようと思う。

マジでもらっていいんすか?(12月4日の日記)
今日はゼミの後輩のプレゼン発表の日。去年僕も経験し、後にも先にも1回だけゼミで褒められたプレゼンができた、多次元論文発表会だ。
10:00起きで学校(ダンスキャンパス。今日はゼミ行事だが、プレゼンはここで行われる。)へ。今日は僕は聞き役ではあったが、同時に他ゼミへの予備質問者も任されていた。前々日からその論文を読み終え、それを根底からぶっ潰す質問を3つほど考えていたオレ、米田。証拠となる文献を引っ提げての入室。荷物を置き、いいタイミングにきたビッグウェーブにたまらずトイレへ。
12:00ごろからプレゼン発表が始まった。Oゼミの後輩たちは16:00頃からだったように思う。
「あ、これいる?」。
直前にコンビニで買ったお菓子をプレゼンを控えて緊張気味の後輩たちに差し出す先輩、米田。
「あ、それちょっと今大丈夫ですwww」
「水分全部取られますねwww」
完全に自分の趣味でビールのおつまみを買ってきてしまっていたオレ、米田。
後輩たちのプレゼンが始まった。ここまでくれば、僕が出来る事といったらプレゼンにうんうん頷いて勢いづける事か、試行錯誤を重ねた変顔で緊張を解く事か、いざとなった時に踊って会を延期させる事ぐらい。ただ、心配は無用だった。後輩たちは見事なプレゼンを披露。昨晩心配でたった8時間しか寝られなかった僕の不安は、幸いにも取り越し苦労となった。
「米田先輩、色々ありがとうございました。これどうぞ」。
後輩からコンビニで買ったサラダスパゲティをもらうオレ、米田。明らかに緊張で食べる時間がなく残ってしまったと思われるこの一品。
「え!!マジで!?もらっていいの!?マジ?マジマジ!?」
興奮しずきの僕。いただいた。

プレゼン発表会は結局予備質問者の僕の出番がなく終わり、その後食事会へ。他ゼミとの交流のいい機会であるが、いかんせん人見知りである点、目の前の食事にローストビーフなどが含まれていて豪華である点で、交流はあまりせず。左手には後輩からもらったスパにローストビーフをトッピングしながら、食べまくった。

1時間で中締め。会はあと1時間あったが早めに抜け僕は集会室へ。そう、今日はダンスキャンパス。ダンスもするつもりだったのだ。
後輩S君(完璧男)や後輩M君(野人)らと練習。ホワイトシチューを多めに食べていたからか、『トーマス』がスローモーションになり1周しか出来なかったり、『ラビット』をやろうとしたら屁が出そうになったりと不調だった。
練習は21:00まで2時間。
後輩S君(着火)「あ、ヨネ先輩お疲れ様です。」
ヨネ「お疲れーっす。」
後輩S君「ヨネ先輩髪伸びました?」
ヨネ「あーそうかも。切ってないからねぇ。ほら、学園祭前に切って髪染めたからさ。そろそろ金髪もやめてもいいんだけど金かかっちゃうじゃん?だからしばらく散髪はいいかなってさ。………って聞いてる?」
後輩S君「………はい?」
ヨネ「いやお前だよお前wwwお前が聞いてきてるからさ。後輩S君聞いてくれなかったからオレ完全独り言みたいになっちゃうじゃん。」
後輩S君「はー。いや、この人よく喋るなぁって。」
ヨネ「………。」
後輩S君「………そのベルトゆとり持ちすぎじゃないすか?」
ヨネ「穴がいっぱいあるから?あのね、こういうデザインwww」
後輩S君「………早く集会室出てくださいね。僕今日鍵閉めなきゃなんで。」
ヨネ「あ、はいwww」


帰宅は駅までY先輩(元代表)と。
Y先輩「ヨネももう卒業かぁ。」
ヨネ「はい、あと3ヶ月ですね。」
Y先輩「ヨネは結局4年間、彼女なしか。」
ヨネ「はい、一貫性あるでしょ?www………って実は昔いたんですけどね。」
Y先輩「え、そうなの!?まぁ興味ないけどへぇ~そうなんだぁ。」
ヨネ「今の『興味ないけど』のところだけ謝ってもらっていいですか?wwwあ、そういえばY先輩、今年のクラブイベのDVD持ってますか?」
Y先輩「いや?」
ヨネ「あ、いります!?実はこの前集会室前掃除した時にDVD出てきて、だから僕今家に2枚あるんですよ!」
Y先輩「ううん、いらない。」
ヨネ「え、元代表のその一言、複雑な気持ちになるんですけどwwwほら、にわかポップロックチームの動画も入ってますよ!」
Y先輩「あ、ヨネのチームの動画?」
ヨネ「はい!!あの大好評だったショーケースです!!」
Y先輩「あ、あれかぁ!!いらない。」
ヨネ「www」


帰宅してから部屋の掃除。すっきりさっぱりオレ米田。明日もオレ米田。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。