楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


挑戦の日
米田です。
刺激的なゴールデンウィーク。暇にする事も出来るが、そうすれば色々考えてしまうからあえて避ける。今の僕に休みは厳禁。ぶっ壊れるための今日のメニューはWEB担当としてソフトを購入する事だった。
とはいえ僕は最近になって『ルータ』『無線LAN』の意味を理解し始めた不届き者。あくまで今日のポジションはWEB担当の先輩であるK先輩(多変量レポートを助けてくれた。ソフト購入を先生から命じられた本企画の首謀者)とK先輩(大人しそうに見えてディベートやケースでは類い稀なるパッションを発揮する)に付いて行くという形だ。
‘コンピュータに弱い自分を変えたい…’
その思いでなったWEB担当。先日の歓送迎にはデジタルカメラを持って行き忘れる失態を演じたものの、今回は自ら志願してのショッピング参加。O先生から借りている10万円カメラを携え向かった先は…







オタクの聖地☆秋葉原(^o^)/
米田一弘衝撃のアキバ初遭遇。刺激的な一戦に行ってくるぽ。

山手線に乗り、いざ初めての秋葉原へ。オタクに対する偏見はないものの、駅に着いた時、正直席を立つのに勇気が必要だったオレ、米田ですぞ。ところが、電車を出たら意外や意外、青年も大人も、いわゆる『普通』だったorz
テレビでしか見た事がないオタク、メイドがホームを埋め尽くす事を想像していた僕には、何よりの衝撃だった。
K先輩(パッション)とK先輩(首謀者)とは待ち合わせの13:30、すぐに合流出来た。
ヨネ「今日はよろしくお願いします。あの、聞くところによると今日買うソフトって、絶版になってるってことで…」
パッション「そうだよ。」
首謀者「でも先生が、ホームページをそれで作りたいって言うからさ。まぁ頑張って探そう。」
ヨネ「いつぐらいに絶版になったんですか?」
首謀者「10年ぐらい前だね。」
ヨネ「はい、無理じゃないですか?笑」
パッション「無理だね。」
首謀者「まぁでも無理でもやるんだよ。今日は『挑戦の日』だから。」
ヨネ「挑戦の日www」

駅にあった主要電気ショップを記してあるアキバマップを手に、まず一つの電器屋へ。ない。退出。
ヨネ「意外にオタクとかっていないものなんですね。」
首謀者「いや、あの改札の向こう側はホントのアキバだよ。」

K先輩(首謀者)のいう事は本当だった。改札の向こうの世界に入って一番に飛び込んだ光景は、メイド喫茶の、メイド喫茶による、メイド喫茶のためのビラ配りだった。
パッション「米田君、ビラもらえば?」
ヨネ「いえ、今度個人的に来ます。」
首謀者「www」

オタクの聖地。だんだんリアルなその業界の人も見受けられた。
‘なんであの人達はシャツをズボンに入れるのだろう’
そう思いながらいくつもの電器屋を回るが、さすがに10年前に絶版となったソフトはなかなか見つからない。店を歩いて聞こえるのは「これ一つで、二つ分の機能がさ…」という客の声と、店員の「皆様、お待たせしました!!」というマイクトークだった。
買い物を手伝いたいと思いつつも、どこを探せばいいのか分からない僕。僕は、O先生のカメラで少し写真を撮ることを今日の任務と位置付けた。しかし、写真を撮るのも絶版ソフトを探すのもなかなか大変で、3人も息切れ気味に。そこで見つけたのがパソコンを使ったシューティングゲーム。
パッション「なんだこれ…」
おもむろにマウスを握るK先輩(パッション)。ワンクリックで弾丸が発射され、画面に移っていた窓が割れた。
パッション「す、すげぇwww」
K先輩にスイッチが入った事で、K先輩(首謀者)も僕もスイッチオン。
パッション「こ、これ。どうやって前行くの?」
首謀者「待って待って。今キーボードいじるから。」
ヨネ「ヤバくないすか、これwww」
首謀者「うおっwww『W』で進んだwwwてかそろそろ行かない?」
パッション「ちょっと人撃ちたい。」
ヨネ「www」
しばらくして、僕もやらせてもらった。
首謀者「あ、人いた!!行け行け!」
ヨネ「お、コイツ僕の方に銃向けて来ないっすね。」
パッション「米田君、これたぶん味方だよ。」
ヨネ「え?」
ズドドドド。



お目当てのソフトが見つからぬまま、ひとまず大通りに出た。
「街だ………」
思わず僕はそうつぶやいた。
交差点でアキバマップを見直す。
首謀者「えーと、今この青いゾーンを全部見たんだよ。」
ヨネ「え、青いゾーン全部ですか?」
首謀者「そう。もう一国、コンプリートしたwww」
パッション「はえーなwww」首謀者「大した事ねぇなwww」
ヨネ「www」
14:20。冒険開始から50分ほどで僕らはアキバの4分の1を制した事になる。
とはいえ冒険は終わらない。第二ステージへ歩みを進める。
ヨネ「見てください。セブンイレブンです。」
パッション「なんか看板が薄く見える…」
ヨネ「ですよね。なんか心細いっすよねwww」
首謀者「街に負けてるwww」パッション「でもこっちの区画はあんまり電器屋がないね。」
ヨネ「なんかね。住宅街っぽい趣ですよね。」
首謀者「国によって違いがあるよね。あの交差点からこっち側はそういう風に作ってあるのかもしれない。」
ヨネ「あの交差点に一体何があるんでしょうかwww」

電器屋をまた見つけ乱入。『レアモノ』なる看板を見つけ、いよいよ絶版されたソフトにたどり着けるかと思ったが、残念ながらそこにもなかった。しかし、ソーラーバッテリーが搭載されたリュックサックを見つけた。嬉しかったから、K先輩(パッション)に僕とリュックのツーショットを撮ってもらった。
さらに別の電器屋へ。だんだん各自気になる物を品定めする方向に行った。パソコンコーナーの画面では、閲覧フィルターに関する新製品がプロモーションされていた。
『このソフトは、閲覧が制限されたサイトを見たい時、こうして、ここの画面のこの部分をクリックすれば、お子様からご両親に自動的に‘許可申請メール’が届きます。あとは、このメールを確認したご両親が、クリックすれば、お子様は無事、そのサイトにアクセス出来ます』
クリックで親に閲覧許可を求める新ソフトのプロモーション。静かにそれを見つめていた3人。K先輩(パッション)が沈黙を破る。
パッション「口で言えや。」
ヨネ「www」

さらに隣りにはこれまた優れ物の商品が。
首謀者「K君、これ見て。」
パッション「ん?」
首謀者「これ。ディスクケース。」
ヨネ「あ、ボタンを押すとワンタッチで引き出しが出ると。」
首謀者「そう。意外にシンプルwww」
ヨネ「ワンタッチいくらですか?」
パッション「ワンタッチ1000円てす。」
ヨネ「www」

その後、40万円のカメラを見つけ、「これ買うの我慢したら車の免許取ったあとイタ飯食えますよwww」とののしったオレ、米田。結局10年前に絶版になった、お目当てのソフトには辿り着けず解散ムードに。駅へと向かう。
ヨネ「いやぁ残念でしたね。てか、思ったよりオタクいませんでしたね。」
首謀者「うん。雨だからね。」
ヨネ「あ、オタクって雨に弱いんですかwww」
パッション「ねぇ、せっかくだからO先生にお土産を買っていかない?」
ヨネ「どの『せっかく』なんですかwww」
首謀者「いいねぇ。ゼミの人達にも買って行こう!」


ついに電化製品とは無縁のお菓子屋に突撃。手に取ったのは『ツンデレロシアンクッキー』。
首謀者「これだな。」
パッション「12個中10個が激辛クッキーらしいよ。」
ヨネ「比率、おかしくないですか?」
首謀者「普通逆だよねwww」
40人規模のゼミに向け、4箱購入。店を出た。
ヨネ「いやぁ、店の人からは異様な目で見られましたね。なにせ3人で4箱購入しましたから。計算が合いませんもんねwww」
パッション「確かに(笑)」
ヨネ「どんだけ好きなんだよみたいなねwww」
首謀者「さ!買う物買ったし帰るか!!」
パッション「そうだね!」
ヨネ「ソフト、買えてませんけどねwww」
首謀者「www」
ヨネ「でもお陰様でちょっと達成感がwww」

最後はみんなでツンデレロシアンクッキーを買った写真を撮って解散。18:00頃、僕は地元に帰って来て一つ思った。









なんでみんなシャツを出しているんだろう。

明日はゼミ対抗ソフトボール大会に向けて練習。…のはずが、天候不安によりバッティングセンターとなぜかボーリングに変更になった。楽しみだ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。