楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロレスブログ
※昨日の『逆インタビュー』の詳細を、プロレス版でお届けする変則ブログです。著しくパロディー化してあります。無論大半がフィクションです。


週刊プロレスに突撃する日にちを決めたのは、7/1当日の0:00頃だった。メールにて、編集長と最終確認。
ヨネ『行ってやるって!!』
編集長『来いコラァ!!』

アポが完了した。
東京ドーム、後楽園ホールのあるこの地へ禁断の凱旋、オレ米田。17:30には、試合開始のゴングが迫る。

「ただ今米田選手の到着が遅れています」
会場にいた受付のアナウンスと共にモニターに映し出されたのは会場の最寄り駅。駅から出て来た一人の男。スキンヘッドにオープンフィンガーグローブという出で立ちの男は勇ましく歩みを進め、会場入り。準備運動もしないまま、受付前へと歩くと、お約束となったスモークの演出とシャドーボクシング。米田一弘、見参。
受付に名を名乗り、編集長を呼んでもらう。受付は内線を敢行。
受付「編集長、出てこいやぁぁ!!」

『TOKYO GO!』に乗り踊りながら入場して来た編集長。長年誌面を通じて見て来た男が、メールを通じ、そしてこの瞬間、ついに初対面、初対決へと繋がった。
「編集長さん。逆インタビューやらせて下さい!」
目の前で、持参したハサミで自らの前髪を切り、己の覚悟を示すオレ、米田。
タバコを花道でもみ消した編集長は外敵の僕に
「跨ぐなよ」
と警告。
そして着席。まずは挨拶と自己紹介からだ。
ヨネ「今日はお時間をいただきましてありがとうございます。自己紹介させていただきます。僕…」
編集長「お前は米田だろう!!」
そうとなれば話は早い。
ヨネ「やっと会えたな、リング上で。」
編集長「いいか…今度会う時は…言葉にならないよ。いいか、今度会う時はな、そん時は…ゲプッ。」

インタビューを開始。
ヨネ「編集長は、ジャーナリストの専門学校に行ったそうですが、そこで得た何が今の仕事にいきていますか?」
編集長「プロレスの教科書1ページ、『ジャーナリストになるために専門学校に行く必要はない』。」
ヨネ「え、でも学校に行った時にはもう夢は決まってたんですよね。」
編集長「専門学校行ってた時はただのスク~~ルボーイで、全然記者とか目指してなかったですね。」
ヨネ「あ、そうなんですか!?専門っていうからにはみんなそれを目指してると思ってました。」
編集長「目を覚まして下さい!!」
ヨネ「狭き門に挑むにあたって、当時ご両親にはなんと言ったんですか?」
編集長「『人生が二度あったら一度はお母さんの言うことを聞きます。でも一度しかないんだから、オレの好きなようにさせて欲しい』と。」
ヨネ「お母様はなんと?」
編集長「『信じてたのにぃ~!!』と。あ、今就活に向けて何をしていますか?」
ヨネ「別に就活のためじゃないですけど、『プライバシーと著作権を守りながら、不特定多数の人に誤解なく伝える』ために、ブログを書いてます。」
編集長「お前は宇宙人か。」
ヨネ「プロレスを好きで、週プロに入社したわけですよね?今もプロレス、好きですか?」
編集長「愛してまーす!」
ヨネ「アルバイト時代から今までで、どの時期が一番楽しかったですか?」
編集長「記者人生で一番幸せです、今が。」
ヨネ「週プロさんは最近総合格闘技にページを割かなくなりましたが、今後もそうしていくのですか?」
編集長「総合は載せません。皆さんが総合路線に行くので、プロレスを独占させていただきます。」
ヨネ「そうするとプロレスの衰退=雑誌の衰退だと思うんですが、衰退への不安はないですか?」
編集長「ノーフィアー!!」
ヨネ「あと、ネット社会の今、雑誌業界も媒体として危ういのかなと思うんですが。」
編集長「新聞、テレビ、ネット…いつまでもこれらがトップにいるわけじゃない。」
ヨネ「なるほど。」
編集長「雑誌は他の媒体の噛ませ犬じゃない。」
ヨネ「なるほど。雑誌には雑誌の良さがありますからね。雑誌の良さを活かして、媒体で潰し合わずむしろ共存していくと。」
編集長「潰しあいやったら、潰れちゃうからね。」
ヨネ「これから、雑誌業界はどうなっていくんでしょうか?」
編集長「今度生まれ変わったら、ウジ虫になるぞー!!」
ヨネ「なるほど。ただプロレスがある限り、週プロも存在し続けると。」
編集長「我が週刊プロレスは永久に不滅です。」
ヨネ「ありがとうございます。質問は以上です。」
編集長「コメント、すまんかった正直。」
ヨネ「いえ、とんでもないです。こちらこそ、しょっぱいインタビューですみません。」
編集長「こんなんで大ジョブですか?」
ヨネ「自分は、カンゲーキしていまぁす!!これからの米田一弘は、驀進します!!」
警備員が毒霧でシャッタ―下ろし、いよいよ帰り時に。
編集長「じゃあいつものアレで、締めますか。」
ヨネ「はい。」
編集長「御唱和下さい。」
編集長&ヨネ「いくぞー!!1・2・3








ファイヤー!!」

職員通路で「ふざけろよコラァ!!」とボコボコにされたあと、裏口から外に出た。感謝の意を再び述べる。
ヨネ「編集長さん…………………ありがとうございました!!!」

張り合いの末、握手をして解散した僕ら。

帰りの電車では、一般の人に写メを撮られた暴行を加えた。
※もし時間ができたら、真実をお伝えしたいと思います。

この記事に対するコメント

こんばんは!とても面白かったです笑。長州、大仁田、棚橋、藤波など色んな選手が出てきましたね笑。

それにしても貴重な体験されたんですね!勇気ありますね!うらやましいです!編集長の対応に男を感じますね。ネットも素晴らしいものだけど、雑誌にだけある良い味ありますよね。

自分、実はゴング派だったんですけど、ゴングが無くなった今、週プロの存在は貴重ですよ!永久に不滅でいてほしいですね!

最後にサスケがでてきましたね笑。
【2009/07/03 00:58】 URL | H.T #-[ 編集]

H.T さんへ
トラックバックとコメント、ありがとうございました。
今回は、プロレスファン向けという少し絞った内容にしてみました。もちろん、自分が書きたかったからですが。
おそらく、大体はご理解いただけたかと(笑)そして最後はあえてブラックな仕上げにしました。僕なりのプロレスLOVEです。
【2009/07/03 02:51】 URL | 米田一弘 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

武藤敬司「(カール)ゴッチさんの家に行ったことあるよ」

 「Gスピリッツ VOL.12」読んでます。相変わらず面白い。今号は猪木×アリ特集ですね(関連記事)。内容濃くて読むのに時間かかりそうなので... 日刊H.T【2009/07/03 00:51】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。