楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サークルEのサークルEによる米田のための学園祭(11月22日の日記)
祖父の家にて。8:30に起床し一度家に帰り、風呂入ったり温かい格好をしたりして出直した。11:30に学校着。
昼頃。多次元論文のパワポを仕上げようとしていたが、WEBの仕事とブースに来た方への対応に追われ何も出来ず。15:00までのつもりが16:00近くまでブースにいることとなったが、12:00までのつもりが16:00すぎまでブースにいることになったK君(サイクリングサイクロン)には恐れ入った。
ステージ下で待ち合わせていた後輩Kさん(ストイックハンバーグ)と奇跡的にあっさり会えた。後輩Nさん(2年の夏合宿でチームを組んだ。ちなみに彼女の友達とインターンで知り合った。それについては7月26日更新の日記参照。)もいた。

ヨネ「てか控え室行きたいね。」
後輩Nさん「行けばいいじゃん。」
ヨネ「いや、だって絶対『帰れ』って言われるし。」
後輩Nさん「そんなのいつもの事でしょ。」
ヨネ「www」
後輩Nさん「それに、Kさん連れていけば大丈夫だよ。かわいい子一人いれば温かく迎えてくれるよ。」
後輩Kさん「ヨネ先輩、私も行きたいです。」
ヨネ「マジか。いやてか後輩Nさん。この子かわいくないから。昨日ね、わざわざ後輩Kさんからメールくれたのに返信したら後輩Kさんそのまま寝やがってさwwwオレなんか分からんけど弄ばれたのwww」
後輩Kさん「www」
キャラ的な問題として、できる限り僕は人の弱点に付け込んだり、ましてや攻めに転じたりは一切しない。しかし、後輩Kさんは僕が認める数少ない『分かるヤツ』で、かつ高い防御力と反発心を持つ女の子。僕はこれまでも遠慮なく、「後輩Kさんはかわいげがない」「人として大切な何かを忘れてる」「後輩Kさん。お前はね、性格が、悪い。」などとこれまでも遠慮なく言いたい事を言わせてもらっていた。そして後輩Kさんも、僕が『K先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)も見に行くんだって。みんなK先輩の方ばっか集まってオレなんて相手にされないんだな』というと、『空気みたいな扱い受けそうですね』と言ってくる。
後輩Kさんとともに控え室に向かった。もちろんいくらかのダンサーと言葉を交わすつもりだったが、廊下にいたメンバーを見て、そこに立ち止まらない訳にはいかなくなった。Y先輩(元代表)、D先輩(疾風)、K先輩(100分の1の男)、J先輩(巨匠)、A先輩(パイオニア)、A先輩(時空の達人)、K先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)らOB陣だった。
OBの先輩たちの
「お~ヨネ~」
に負けないぐらいの声量で
「お~!!」
と言ったオレ、米田。
パイオニア「あれ、ヨネ今年出ないの?!」
ヨネ「そうなんです。今年はちょっと。」
疾風「出ればよかったのに。」
ヨネ「今年はとりあえず見に来られただけでもよかったですよ。僕が『応援に行く』って言っただけで、『なんで?』とか『オワタ』とか言われるんで。」
100分の1「応援もダメwww」
伝道師「あ、向こうにM君(暴れん坊将軍)いるよ?」
ヨネ「あ、知ってます。さっき目が合って睨まれたので大丈夫です。」
後輩Tさん(来往舎の眠り姫)「ヨネ先輩なんできたんですか?」
ヨネ「こらこらぁ。」
後輩Kさん(ストイックハンバーグ)「あ、向こうにO君(ザ・スイッチング・後輩O君)がいる。」
ヨネ「あ、来ちゃった事ちょっと謝らないとな。」
元代表「『来たから謝る』www」
ストイック「O君~~!!」
ヨネ「アホか。何呼んでんねん。キャラ壊れるだろ。オレから行くがや。」
100分の1「www」
謝罪したあと、またOB陣営に。
ヨネ「あ、Y先輩。僕来月のイベントA、ちょっと出させていただくかもです。」
元代表「あーほんとに?誰と?」
ヨネ「D先輩(策士)とM先輩(オンリーツーエイト)です。」
伝道師「へぇ~。」
元代表「ってどんなチームだよwww」
ヨネ「いや、『組みたいです』って言ったら『組もうよ』って(笑)」
巨匠「ジャンルは?」
ヨネ「ポップロックだと思いますがまだそこまでは。」
巨匠「ジャンルってだいぶ始めの話だと思うけどね(笑)」
ヨネ「D先輩も軽かったんで全然ガッチリしたプランがなくてwww実現するのかな(笑)」
疾風「五分五分だな。」
ヨネ「www」
パイオニア「でもヨネが今日出ないのはほんとに意外だな~。」
ヨネ「そうですね。」
元代表「出ちゃえよ。」
ヨネ「ちょっと意味が分からないんですが。」
疾風「言えば出させてくれたりしてねwww」
ヨネ「それはないですね。去年僕、『出る』って言ったのに『やめろ』って言われましたから。」
疾風「www」
時空の達人「え、ヨネ去年でなかったの?」
ヨネ「いや、出ましたwww一応同じステージでA先輩の引退をお見送りしたつもりなんですがwww」
時空の達人「今年はなんで出ないの?」
ヨネ「いや、まぁ事情あってゼミをやる事にしまして。」
時空の達人「ヨネって何ゼミだっけ?」
ヨネ「O先生のゼミっすね。大変っすよ!」
時空の達人「なんでO先生のゼミを選んだの?」
ヨネ「それはですね…」
時空の達人「いただきぁす。」
鞄から和菓子を取り出し食べ始めるA先輩。
ヨネ「どうぞ(笑)また今度はなしますわ(笑)」
そういってとりあえず会話は終わった。その直後、A先輩(時空の達人)にY先輩(ブリティッシュハリケーン)から電話が来たようだ。『天然対天然』の夢の共演。みごたえはハンパない。
時空の達人「もしもし、Yさん?今ね、OBのみんなと控え室前にいるから来なよ。え、ここ?3階の廊下だよ?え?もういるの?え、どこぉ!」
伝道師「Aさん(時空の達人・A先輩)、後輩Yさん(ブリティッシュハリケーン)が来るの?」
時空の達人「うん、でもね、なんか3階にいると思ったら4階にいたらしくて、だから会うのは難しいんだって。」
………意味分かんなくね?

数分後、本番直前のT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)の膝蹴りを食らったり、Y君(省エネロッカー)に無視されたりしてから、OBと混じって観客席へ。
「雨降りそうですね…。」
珍しくかわいい事を言う後輩Kさん(ストイックハンバーグ)。
ヨネ「まぁ大ジョブだろ。」
ストイック「雨降ったら傘させばいいですしね。」
ヨネ「でもそれじゃ神宮球場みたいにならない?」
などとはなしていると、早速90分のサークルEの学園祭ステージが始まった。オレは人がかっこよかったりすごかったりしたのを認められない事が嫌だ。だから下手な嫉妬が生じないうちに短く書く。
サークルEのステージは、凄くかっこよかった。去年一昨年がどうこう、今年がどうとうじゃなく、サークルEはステージからちゃんとこちらに何かを伝えようとし、それが凄く熱かった。だからかっこよかった。
ただ精一杯の嫉妬と嫌味として、やはり満点を与える事はできない。自分中心主義のオレが満点を与えるのは、そのステージにオレがいて最高の気分を味わった時。これが自分の事を何より大切にしている男のもがきだ。
M君(暴れん坊将軍)が200人に膨れ上がったサークルをまとめて、T先輩(ダンスサークルB29)が怪我を押して強行出場し、Y君(省エネロッカー)が叫んで、みんなが泣いたステージ。そしてお世話になったM先輩(鬼ロッカー)やS先輩(隠れ米田キラーwithスマイル)たちの最後のステージ。それを下で見ていた自分。これが真実。11/22の事を色々思うのは11/22でおしまい。羽ばたこう。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。