楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後夜祭に出られる理由(11月1日の日記)
祖母が『古畑任三郎』にハマっております孫の米田一弘です。
朝は7:00。アルバイトを13:00までし、20分後の電車に乗り学校(ゼミキャンパス)に到着。サブゼミが始まった。
4限をクリアし、5限。
ヨネ「てかねH君(遅延ズクタン)、人が怒りそうになった時、『怒っていいよ!』って言ってみて。たぶんその人、怒らなくなるからwww要は怒りづらい感じにするんだよ。」
H君「なるほどぉ。でもオレならね、たぶん自分から言うな。『それ以上やるとオレホント怒るから』って言う。」
ヨネ「あ、予告しちゃう感じ?www」
H君「そうwwwオレね、いきなり怒るヤツ嫌いなんだよね。」
ヨネ「あ、それわかる!制御できない人でしょ!?わかるわかるwww」
H君「だからまず予告して、それでもダメだった時に怒るよ。」
ヨネ「へぇ~。あ、でもオレも似てるかもな。でもオレはね、怒るっていうか泣くんだよね。」
H君「あ、怒りを飛び超えて?www」
ヨネ「結局ね、それが一番相手は迷惑なわけだからねwww」

H君やT君(住職第一志望)、Sさん(難あり)らと帰った。T君が「今日は帰りにつけ麺屋Mで食べるって決めてたからさぁ…」と持ち前ののらりくらりトークをしながら、間にあった横断歩道を友人らを置いてダッシュしながら、僕は19:30から学校(ダンスキャンパス)で行われるブレイクコマに急いだ。電車でSさんと二人になった。
Sさん「ヨネ走っても疲れないんだね。」
ヨネ「最近毎日踊ってるしね。」
なにせダンサーだからな。
Sさん「実は私もダンスしてたよ。バレエみたいなやつ。」
ヨネ「え、そうなの!?」
Sさん「全盛期(笑)」
ヨネ「あ、小学生の時とかかwww大体人間全盛期ってそのへんで迎えるからね。オレも全盛期小4だったよ。マラソン大会4年連続1位だし、二重飛び学年記録持ってたし、バレンタインチョコもいっぱいもらった。」
Sさん「最後ちょっと盛ったでしょ?」
ヨネ「いやwww」
Sさん「てか何部だったの?」
ヨネ「高校の時は山岳部だよ。山登り。」
Sさん「どこ行ったの?」
ヨネ「日本アルプスとか。」
Sさん「へぇ、あんなところも行くんだぁ!え、あとは?」
ヨネ「塔ノ岳とか。」
Sさん「うーん。」
ヨネ「今完全に分かんないのに空返事したでしょwww」
Sさん「wwwあ、ヨネ学園祭のダンスいつ?」
ヨネ「あー来なくていいよ?ゼミでチゲ鍋かなんかの模擬店出すんでしょ?忙しいだろうし。」
Sさん「あーなんか模擬店の防災訓練とかそういえば行かなきゃなんだ。」
ヨネ「あれさ、店の名前オレの採用されなかったんだよ。」
Sさん「なんて出したの?」
ヨネ「『エグゼミのエグゼミによるエグいチゲ』。」
Sさん「www」


ブレイクコマを受けた。後輩S君(完璧男)はコマの始め、先日の通し練のできに危機感を覚えた事を伝え、僕らに完璧に気を引き締めさせた。関係ないが、後輩S君は寝る時に帽子をかぶるらしい(ボーグのラストエンペラー・後輩M君情報)。
コマのパート別の時も、振り確や基礎練をするブレイキンたち。僕も壁倒立。R君(シャイニングブレイカー)とY君(シューティングスター)に足を押さえられ、降りられなくなり頭から落下した。

帰宅後、卒論を修正し、先生に電話した。添削をお願いするのが目的だが、もう一つ話す事があった。11月、僕はダンスをとことんやりたい。学園祭ステージは、ゼミの模擬店を完全にシカトし出演を決めたが、実はもう一つ、学園祭の最終日、後夜祭のダンスステージがあった。そしてこの時間、ゼミの方で学園祭論文発表の打ち上げの飲み会がある。たかが飲み会と思うかもしれないが、ゼミ最優先を謳うゼミが、努力の結晶を発表し終えた後の打ち上げは、まず欠席してはならない。僕はそう思い、一度は後夜祭のステージをやめようかと思った。しかし、我慢できなかった。
「後夜祭のステージに立ちたいから、ゼミの飲み会休みます」。
極めて失礼なこの言葉を、お世話になっているO先生に言う義務が僕にはあった。

先生と電話が繋がったのは23:04。
ヨネ「………ということで、お忙しいところすみませんが、卒論の添削をお願いできますか?」
O先生「うん、いいよ。」
ヨネ「えっと、一応先日アドバイスをいただいたのを参考に、SAS(統計ソフト)を回して分析結果を出して、『おわりに』まで書いてみました。」
O先生「え、もう書き終わったの?」
ヨネ「はい、まだまだなできですけど、是非見ていただけたらと思います。」
O先生「それならあれだね………金曜日に間に合うかもしれないね。」
ヨネ「え?金曜日?」
O先生「学会賞の締切。」
ヨネ「あぁ………。」
そういえばそんな話もあったなと思った。ただ、気持ちはもう決まっていた。
ヨネ「僕は………今年は学会賞はいらないです。」
O先生「え、どうして?」
ヨネ「学会賞は名誉ある賞ですけど、去年いただきましたので。」
O先生「アッハッハッハwww」
我ながら誤解を生む失礼な言い方になってしまったと言った瞬間に思ったが、O先生は苦笑いではなくむしろ大笑いで僕の言葉を聞いてくれた。
ヨネ「正直今は、11月の学園祭までは、ダンスに集中したいって思ってるんです。」
O先生「そっかぁ。でも11月下旬って言っても締切りは今週の金曜だからね。」
ヨネ「はい。でも去年確か提出した後も修正作業とか忙しくて。」
O先生「あぁそうだったっけ?」
ヨネ「はい、正直多次元論文チーム3人でも手いっぱいで、Sさん(牡羊座の女)やK君(サイクロンサイクリング)がいなかったら、もっと大変だろうなと。」
O先生「そっか。わかりました。」
2年連続学会賞を取る事はゼミとしても数年振りの快挙になるし、名誉や賞金も手にできる。正直、去年ダンスをなげうって打ち込んだ論文をベースに発展させ、O先生やK先輩(ドラクエクエスチョン)たちから凄い支えをもらっている僕のこの卒論が、学会賞をとれないはずはない。それだけの自信があったが、僕はやはり、ダンスを捨て去る事ができなかった。
そして最後に、後夜祭ステージに出たいからゼミの飲み会を欠席する旨を伝えようとした。
ヨネ「あと先生。もう一つあるんですか。」
O先生「ん?」
ヨネ「あの…。」
凄く緊張した。どういいわけをしても、失礼ないい方になるとわかっていた。でも言わなくてはならなかった。
ヨネ「学園祭のあとの、ゼミの飲み会の事なんですが………」
O先生「あぁ、ダンスしてください。」
ヨネ「………!!!」
O先生は、凄く優しく温かい声でそういった。
O先生は全てわかっていた。言わなくてはならない事が言わなくてよくなった事に、衝撃を覚えた。O先生は、『僕が休む事で周囲のみんなも休む事にならなければ』という極めて緩い条件で、GOサインをくれた。本当に、嬉しかった。

バイトは学園祭の終わりまで休みをもらった。後夜祭の許可が出た。卒論も今あるものを4日に提出して一段落だ。道が開けた。そして今、学園祭ダンスへの通路がただ一直線になったのを感じている。最高に嬉しい。楽しみたい。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。