楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


至福の安安(11月6日の日記)
20分睡眠で一日練という驚異的な挑戦をする事になったオレ、米田。
9:00から『省エネロック』を受けた。深夜練でつい数時間前までともに踊っていたT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)はコマ終了間際に到着。
「ごめーん!」
と軽快に登場したT君に
「許さねぇ!!!」
と僕。
「でもこれ以上は言わない。T君のポップロックコマからオレ外されちゃうから。」
と僕。権力の構図は時に正義を戒める。

ロックスペのコマを受けたあと、食事をし再度衣装にスプレーをしに外へ。後輩Hさん(1女ポッパー。酒乱花火の時に話し割りとかわいいと思ったが、合宿で彼氏が出来たらしくショックだった。もう一度言う。ショックだった。)がまだ何もしてないのに力尽きたり、後輩Y君(ガキの使い)が「ヨネ先輩のそれ、絶対失敗ですよ」と言ったりしながらの作業。
ヨネ「オレさぁ、M君(暴れん坊将軍)に『これやっといて』とか言われて断り切れず彼の分のスプレーもしなくちゃいけないんだけどさ。ミスったらヤバいよね。」
後輩Y君「最悪ロックスペ切られますよね。」
ヨネ「ちょっと待てそれほんとに最悪じゃねぇかよ。」
後輩Y君「www」
ヨネ「『最悪』ってのはほんとは最悪じゃない時に使う言葉だからね?笑」

その後後輩E君(グラン浜田)の背中に止まったカマキリを取ってあげ、どこかで誰かが小声で「さすが虫けら…」みたいな事を言ったのを聞きにつつ、その危機的状況を回避したら急に用済みとばかりに周囲がまた冷たくなったのを感じつつ、時間が過ぎた。
ヨネ「後輩Y君(ガキの使い)さ、M君(暴れん坊将軍)のスプレーの仕上げ、代わりにやってくれない?」
後輩Y君「嫌ですよぉ!責任重大じゃないですか!」
ヨネ「オレのじゃないから失敗していいから!!」
後輩Y君「最低じゃないすかwww」
ヨネ「一生のお願い!!」
後輩Y君「え、『一生のお願い』使っちゃっていいんすか?」
ヨネ「使う使う!来週も使うし。」
後輩Y君「それ『一生のお願い』じゃないじゃないすかwww」
ヨネ「じゃあ『11月上旬のお願い』!!」
後輩Y君「何あと2回分使える言い方にしてるんすか!!www」

某有料施設へ。Mさん(鬼神)たちと一緒に電車に乗り、Mさんに終始「オレの衣装を作って」と懇願し断られながら現場に着いた。
全力で練習。後輩H君(関西の処刑人。同じく深夜練明けでぐったり気味)に「ヨネ先輩元気ですね~…」と半ば呆れられたが、OPの練習に20分睡眠の魔界が来た。腕立てなどして、乗り切ったオレ、米田。

18:00頃自分の出番は終えたが、昼に食事をした時にM君(暴れん坊将軍)とM君(若武者)と後輩T君(ミスターツイッティング)と「今日焼肉いかね?」的な話をしていたため、21:00まで自主練。
21:00。メンバーが4人からKさん(ベーグル宅急便)、後輩O君(ザ・スイッチング)、Y君(省エネロッカー)、Iさん(猛者)、後輩A君(入部当初小島よしおキャラをやっていたが、小島ブームの終焉と共にダンサーとして地位を確立し生き残った『一人バトルロワイヤル』。)を加えた8人に増殖していた。この食事会が、究極的に楽しかった。
入った店は焼肉屋『安安』。混んでいるようで「15分ほどお席でお待ちいただきたいのですが」。
後輩T君「じゃあ水を8つください。」
後輩A君「あとピッチャーも!」
将軍「冴えてんねぇ~!笑」
店員「15分ほどお待ちいただけますか?」
一同「はーい。」
去っていく店員。



一同「………え、水も待たされるの?www」
後輩A君「井戸から引いてるんですかね?」
ヨネ「安安にそこまでのクオリティ求めてないんだけどwww」

有言実行の安安。Y君(省エネ)の催促もあり15分程で水が来た。しかし、未だに肉の注文を取りにこない。
しばらく待ったが、とうとう痺れを切らしたY君が押しボタンを連打。
将軍「逆に店員来なくなるから!www」
Y君「だってなかなか来ないんだもんwww」
店員「お待たせ致しました。」
ヨネ「押したら来んのかよ!!」
空腹に襲われたダンサーは恐ろしい。豚トロ5皿、ご飯大盛り7つなど、1ターン目からラッシュをかけるオーダー。
しばらくして、念願の肉到着。D先輩(策士)たちといつもやっていたように、来た肉を皿ごとひっくり返し豪快に焼く僕。
Kさん「ちょっとヨネ萎え!!味が混ざっちゃうじゃん!」
Iさん「ヨネ何やってんの!」
将軍「お前帰れよ!」
ヨネ「だってこの方が…」
将軍「金置いて帰れよ!」
ヨネ「いやそれはちょ…」
若武者「あ、それいいかも。」
後輩O君「それよくないすか?ヨネ先輩が8人分払うって。」
後輩T君「確かに。7人が幸せになる。」
将軍「ヨネどうだ?1人が不幸になれば残りの7人はみんな幸せになるんだぞ。」
ヨネ「………やべ、騙されかけてる。」
若武者「www」
後輩T君「ヨネ先輩ってほんとよくいじられますよねwww」
後輩O君「実際さぁ…あ、すみませんwww」
Y君「今普通にタメ口だったよねwww」
最近リアルミスで僕にタメ口を使う頻度が高い後輩O君。ニックネームも『晴れ時々タメ口』に変更時か。
ヨネ「で『実際』なに?」
後輩O君「あ゛すみませんwwwいや、実際僕、一年の頃はそんなにヨネ先輩いじってませんよね?むしろあんまり話さなかったですよね?」
ヨネ「そういやそうだったなぁ。後輩E君(グラン浜田)や後輩H君(関西の処刑人)とか後輩S君(反逆のカリスマ)とかに比べるとな。」
後輩A君(一人バトルロワイヤル)「そういえばヨネ先輩、去年の5月か6月頃、初めて会った日に僕に『いじられキャラは早めに抜けろ』って言いましたよね?www」
若武者「なにそれwww」
ヨネ「あー後輩A君がまだ『よしおキャラ』だった時www」
後輩A君「しかもかなりリアルなトーンでwww」
ヨネ「いや、大変な仕事だからさwww」
後輩T君「www」
ヨネ「いじるにも段階ってのがあってさ。あんまり知り合ってすぐにいじってきたり、つまんないいじりしてシラけたりするヤツもいるからさ。」
後輩T君「オレには『段階』ありましたか?www」
ヨネ「お前はあったなwww」
心配するな、ここにいるメンバーははなまるだ。
ヨネ「後輩によくいるんだけどさ、『ヨネ先輩のそのキャラ羨ましいっす』とかって言うけど、一回やってみろと(笑)」
後輩O君「でも実際、ヨネ先輩のいじられ方って上手いですよね。」
後輩T君「オレもそう思います。」
ヨネ「え?」
後輩O君「リアクションもそうですけど、返す言葉の一つ一つが秀逸っていうか。」
Y君「うん、それは上手いと思う。」
ヨネ「お前も褒めるか(笑)なんかこう…正座したくなって来たなwww」
将軍「www」
ヨネ「あれぇ、なんか手が震えて来てるわこれ(笑)」
後輩T君「褒められて手震えるとかwww」

今日はまさかのノーアルコール。ただし水はピッチャー4杯目まで突入。文字通り「飲み過ぎたぁ」と言いながら会は続く。一つ最後に残った焼きニンニクを誰が食べるかでビッグボイスでじゃんけん。あそこまで体力を使ったじゃんけんを、僕は他に知らない。勝者は猛者・Iさん。さらにイカを網の上で焼きながら…
ヨネ「てかさ、イカで立ち位置確認しようか。明日通し練だし。」
後輩T君「いいっすねwwwじゃあY先輩(=省エネ・Y君)のロックの最初の立ち位置で。」
若武者「www」
後輩O君「あれ、人足りませんね。」
ヨネ「イカだけどなwww」
後輩T君「2匹追加しましょう。」
ヨネ「あ、時間差振り?」
後輩O君「www」
後輩T君「並びが汚い。」
ヨネ「バミリ必要?笑」
後輩O君「バミりましょうwww」
後輩T君「じゃあ最初0.5で。」
ヨネ「外足0.5で。」
若武者「それヤバいwww」
後輩O君「ていうか外足ってどの足だよって感じですよねwww」
ヨネ「www」

極上の時間は0:00、終電の都合で締められた。あれだけ食べて一人2000円だったのは称賛に値する。帰り道、幸せを噛み締めた。

最近思う。今の自分は幸せだと。人間ってのはなんでか知らないけど馬鹿な生き物だから、だから目の前に少し面倒な事、大変な事があるとそれしか見えなくなって、当たり前の事とか些細な事に感謝しなくなっちまう。でもそれは違う。だから僕は今、ダンス出来る喜び、サークルEにいられる喜び、本当の自分が本当にやりたい事をやっている喜びに浸っている。
そして今、それができない者がいる。その人間が今踊れないのが本人のせいなのは自明の理。それに関しては同情はないし、神のいたずらか罰ならまず致し方ない。ただ、もうそろそろいいだろう。
「いつ踊れるようになるんだ?」。
毎日何度でもその人間に言ってやりたいがそれはしない。それは本人が一番思っていて、叫びたいからだ。世の中にはどうしようもない事ってのがあって、時間にしか解決できないことがある。一昨年の学園祭のあとの打ち上げで「なんでダンスをやめるんだ?」と、「サークルEに帰って来られるのか」と聞かれた時、全く同じ思いだったから分かる。
ただ、僕は戻って来た。皮肉にも、戻って来られたのはその人間のおかげだ。その人間は僕がサークルEから去ったあとも僕の状況知り、待ち続け、そして迎え入れた。お返しをしてやろう。
神のいたずらの前に人が祈る事でしか太刀打ちできないのなら、一緒に死ぬ程祈ってやるさ。戻って来い、戻って来い、戻って来い。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。