楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3人の馬鹿(11月9日の日記)
体重のリバウンドに困っています米田です。ベストシェイプにいきそうなところでこれはショックです。
10:00に起きてカメの水換えをしてから学校(ダンスキャンパス)へ。13:00頃から踊り狂うと決めていた。
後輩M君(野人)がブレイク技『マカコ』を練習しいつのまにかバク転ができるようになっていたことに驚きながらの練習。後輩T君(ミスターツイッティング。ちなみに明日英語のテストがあるらしい。劇の台本を作らなくてはならないが、まだ何もやっていないらしい。)が来た。
後輩T君「ヨネ先輩、そのコート丈長くないですか?笑」
ヨネ「思った?www大丈夫、今年これ流行るから。」
後輩T君「流行りますかね?www」
ヨネ「これ何年か前にすげぇ安く売っててさ。で、店員にオレも言ったんだ。『これ長くないっすか』って。そしたら店員が『今年これが流行るんですよ』って流行ってねぇ~みたいなwww」
後輩T君「騙されてるじゃないですかwww」

M君(暴れん坊将軍)とM君(若武者)のロックスペのコマを受けたあと、帰宅。………しようと思ったらY君(省エネロッカー)と後輩O君(『ザ・スイッチング』改め『晴れ時々タメ口』)に「大盛りレストランG行く?」と誘われ「行く」。参戦が決まった。
彼らを追いかけ走ると、彼らも走る。
ヨネ「ちょっと待てwwwお前らバカかwww」
Y君「www」
ヨネ「あのな、お前らが『レストランGいきますか?』オレが『行きます』、オレ追いかけるために走ります、追いつきますでなんでお前らも走り始めた?並走するのおかしいだろ?」
後輩O君「すみません、ヨネ先輩が何かに追いかけられてるのかと思って。」
ヨネ「www」
Y君「でもこれでレストランGでポテト代を払ってくれるヤツが来た。」
ヨネ「あ、そういう要員か~。おかしいと思ったんだよね~お前らがオレを誘うなんてさ。」
後輩O君「ちゃんと一人一つずつ頼みましょうね。」
ヨネ「あ、皮肉にもちゃんとオレの分もあるというwww」

レストランGに着いた。
ヨネ「後輩O君。Y君な、オレな顔本気で嫌いらしいよ。」
後輩O君「www」
Y君「もうね、コイツがたまにやる顔がね、ムカついて仕方ないんだよwww」
後輩O君「え、どんな顔ですか?やってください。」
実践。
後輩O君「うわぁ腹立った~www」
Y君「コイツこの顔でM君(暴れん坊将軍)に勝ったからねwww」
後輩O君「www」
ヨネ「深夜練とかでもずっとこれやっとったからね。」
後輩O君「あ、そういえばこの間T先輩(=フロムオタクトゥーロックフロム埼玉・T君)の深夜練ありましたよね?どうでした?」
ヨネ「いやぁグダったね。てかコマ生が元気なくて腹立った。」
後輩O君「へぇ、あ、通し練の後でしたしね。」
ヨネ「でもアイツらありえねぇよ。コマ責は通しのあとコマ責会議してそのまま深夜練来てんだよ?それに比べりゃコマ生の深夜練なんて楽勝だろ。」
Y君「うん、みんな疲れてグダってんのに、コイツだけメチャメチャピンピンしてたwww」
ヨネ「そうそうwww盛り上げようとしてデカい声で返事したり変な事言ったりしてたのに盛り上がらなくてさ、でも後には引けないじゃん?だからオレはずっとスベり続けてただのKYな人になってた。」
後輩O君「それダメじゃないですかwwwでもロック以外のコマって、深夜練雰囲気違いますよね。オレハウススペの深夜練にM先輩(=若武者・M君)と行った時、ロックのコマの時みたく振りを変にアレンジして踊ってたんですよ。ロックの人ならそこで沸くじゃないですか。でもそこでは『何やってんの?』みたいな空気になってwww」
ヨネ「wwwあれ、てか酒飲まないの?あれ行こうよ!『ハイボール』!!この間ブレイク飲みでやったんだ。バンって一回叩き付けて混ぜるヤツ。」
Y君「………それ『ショットガン』じゃねぇの?」
ヨネ「え?」
後輩O君「ヨネ先輩それマジで恥ずかしいですwww」
Y君「それ大学一年生がやるぐらいのミスじゃねぇかwwwアッヒャッヒャwww」
後輩O君「あ、向こうのテーブルの人ショットガン飲んでる!ヨネ先輩行ってくださいよ!乱入しにwww」
ヨネ「あぁ、『オレがハイボールの飲み方教えてやるよ!』とか言ってwwwくそだせぇwww」
Y君「なんか『やっとこの子お酒の名前一つ覚えたんだろうな』みたいな感じになるwww」
後輩O君「そういえば全く関係ない話なんですけど、人間の学習能力っていうか、体の対応力って凄いって話で。死刑囚に『今からあなたの脈を切ります』って言って、切った振りして腕に水滴を垂らすと、その水を自分の血だと勘違いして、ショック死するらしいですよ。」
ヨネ「うわぁ…。」
Y君「プッwwwヨネ何萎えてんだよwww」
ヨネ「いや萎えるだろwww盛り上がった方がおかしいだろ。『ショック死イエーイ』って。」
後輩O君「www」
ヨネ「今の話で盛り上がるってどんだけオレ奇人だよwww」
Y君「確かにwww」
後輩O君「じゃあ今度だれかでそれやってみましょうよ!」
ヨネ「オレは絶対やられる側だから反対。」
後輩O君「じゃあY先輩がヨネ先輩のを切る振りをするとかwww」
Y君「いいねぇwww」
ヨネ「オレ種分かってんのに死んだりしてなwww」
後輩O君「wwwじゃあもうホントに脈切っちゃいましょうかwww」
ヨネ「逆に種を信じて死ななかったりしてなwww『んなわけないんなわけない!』とか言ってwww」
後輩O君「でも戦争中とかって普通に拷問とかでそういうのやってそうですよね。」
ヨネ「あぁ。でもオレのおじいちゃん、戦争結構楽しく乗り切ったらしくてさ。アメリカ人とラクビーしてたんだって。」
Y君「ちょwww」
後輩O君「どんだけ空気読めてないんですかwww」
ヨネ「だからあれだろうね、オレが空気読めないのは、遺伝なんだよ。」
後輩O君「wwwうちのおじいちゃんはなんか『機関銃で撃たれた』って言ってましたよ。」
ヨネ「ヤバいwww」
後輩O君「なんかトイレ行ってたら急にヘリが飛んで来たらしくてwww」
Y君「またツイてねぇなwww」
後輩O君「『あの時ほど必死で走った事はなかった』って言ってました。」
Y君「まぁそうだろうなwww」
後輩O君「ただ地面に弾が当たったせいで跳ね返った石がメチャメチャ痛かったらしいです。」
ヨネ「その石を弾だと思い込んで亡くならなくてよかったねwww」
後輩O君「wwwてかあれですよね、今『バイオハザード』とかのシューティングゲームはやってるじゃないですか。だから今の子供って、人を撃つことに抵抗ないらしいですよ。」
ヨネ「へぇ~。まぁオレはああいうゲームやるとすぐ酔っちゃうから縁がないわwwwオレ『ピカチュー元気でチュー』で酔った男だからね。」
Y君「あれでかwww」
ヨネ「あれってさ、知ってる?64の中じゃ結構立体的で、酔いやすいゲームなのね。で、マイクでしゃべれるってかなり楽しそうじゃん?でも実際はあんまり声拾ってくれないんだよ。」
後輩O君「あぁそうですよね。確かあれ、ピカチューが山菜拾ったりするんですよね。」
ヨネ「そうそうwwwしかもあれって森の中みたいなところでやるんだけどさ、オレの時ピカチュー期の後ろに隠れて出てこなくなっちゃったんだ。だから黙って一回消した。」
Y君「お前ピカチュー相手にもそんな感じなのかよwwwフーッ。」
ヨネ「Y君、さっきからちょいちょいタバコの煙こっちに吐くのやめてもらえる?アメリカ人の喧嘩の売り方みたいになってるからさ。」
Y君「フーッ。」
ヨネ「うわお前www今トンネル抜けたのかと思ったよ。」
後輩O君「wwwあ、ヨネ先輩、このマヨネーズ持ち帰っていいですよ。」
ヨネ「あ、このひとつまみだけ?笑」
後輩O君「手に乗せたまま電車乗ればいいじゃないですか。片方の手で吊り革とか掴まって。」
ヨネ「なんか自由の女神みたいになっちゃうじゃんwwwあ、てかまた迷惑メール来たよ。『あーちゃん』さんが毎回顔の角度変えた写真でアピールして来るんだけどwww」
後輩O君「それやばいですね。何件ぐらい来るんですか?」
ヨネ「今朝は起きたらなんか40件ぐらい来てた。」
Y君「それ来すぎだろwww」
後輩O君「ヨネ先輩の画像送って下さいよ」
ヨネ「ちょwwwなんでオレガチで会おうとしてんだよwwwてかこういうのってメーリスみたいになってないよね?嫌だよ、被害者全員に返信届いちゃったらwww」
後輩O君「www」
ヨネ「でもこういうのって秀逸でさ、思わずクリックしたくなるような名前でメールくれるんだよ。この間なんて、『au by KDD』さんから来たからね。」
Y君「ちょwww」
ヨネ「気になるっしょ?笑」
後輩O君「てかなんで急にメール来たんですかね。なんか新しい事しました?」
ヨネ「いや。・・・あ、そういえば靴の流通センターでサイトに登録したわ。」
Y君「それだよ!情報って簡単に漏れるから。」
ヨネ「マジか!?あ、そういや流通センターからはメール来ないや。」
後輩O君「それハマってるじゃないですかwww」

そのあと、送る画像を僕の携帯から選んでいたら、1年の夏合宿の肝試し中に壊れた携帯のカメラで撮った写真が見つかった。そのまま、霊感の話に。
ヨネ「Y君金縛りとかないの?」
Y君「1回だけ。でも普通に疲れてる時だったからさ。あれって確か、能が起きてて体が寝てる状態なわけでしょ?」
さすが理工学部。
ヨネ「オレ一時週4、5のペースで金縛りにあってたよ。」
後輩O君「それあいすぎじゃないすかwww」
ヨネ「バイトのシフトより多かったもん。」
Y君「www」
ヨネ「オレ昔授業で化学とっててさ、実験室だったのね。で、早く着いたから机に付して寝てたんだよ。でも授業開始直前、実験室間違えてることに気付いてさ。で起きようとしたらそのまま金縛りにあってそのまま開始のチャイムが鳴ったんだよ。」
Y君「www」
後輩O君「ちょっとそれwww」
ヨネ「嘘みたいな話だけどこれほんとだからねwww」

嘘だと思うなら証拠をお見せしよう。

2007年6月26日更新の日記へ。

そんなカンジで本日は締め。たった3人であそこまで盛り上がれたのは間違いなくメンバーの良さと疲れた後のダンサーのテンションに由来する。
明日は昼からロックスペの振りチェック。また朝から晩まで踊ります。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。