楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お酢に泣いた日(11月20日後半の日記)
11月20日。学園祭ステージ後、教室に集まり、見に来てくれたOBから感想を聞いた。前日のリハを見て「つまんなかった」と言ったM先輩(鬼ロッカー)も、笑顔だった。後輩S君(完璧男)は、4年生の僕らの代全員に話をするよう促した。
‘え?全員?’
という空気が流れる中、3番目に話したK君(飲み会ハッスラー)は元代表のM君(暴れん坊将軍)にキラーパスを出し、そこで終わらせようとした。しかし、続行。あとで「なんかオレ、空気読めない人みたいな感じじゃなかった?」と振り返ったこのシーンは、このステージ裏のダイジェストとなった。
飲み会会場の居酒屋へ。1次会はここで行われる。いわゆる、『オール』というやつだ。1次会で、コマ責プレゼント企画があった。毎年行われる、コマ責への感謝を込めたプレゼントの贈呈式。席的に僕はM君(暴れん坊将軍)やY君(省エネロッカー)、M君(若武者)と近く、スムーズに入っていけた。贈呈されたプレゼントとメッセージカードを見つめ、高揚するコマ責たちを見て騒ぐオレ、米田。
後輩O君(晴れ時々タメ口)「ということで今回13期の先輩は卒業なので、全員にプレゼントがあります。」
・・・へ?

コマ責もスペもやっていない僕にも、メッセージカードがあった。
‘え?泣きそう・・・。’
後輩O君「はい、ヨネ先輩。これプレゼントです。」
ちょっと待てよ、ここでもし松たか子の生写真とかヒルクライムのアルバムとか年末の格闘技興行のチケットとか渡されたら、オレもう漏らすぞ?
袋を開けた。
ヨネ「・・・ちょwww」
お酢が入っていた。
『ミツカン』ではなく、『セブンプレミアム』のPBのお酢。あとで聞いた話だが、このプレゼントを買うためにコマ内で各4円ずつ集めたらしい。4円ずつ数十名から集めるなら、一人が全額出した方がコスト的にはいいと思ったがそんなことはどうでもいい。
「じゃあヨネ先輩、どれぐらい嬉しいかを一気飲みで示して下さい。」
そんな振りに誘われ、お酢をラッパ飲みするオレ、米田。3分の1ぐらいを飲んだ末、ちょいちょい「くさっ」と周囲に言われたが、拍手に包まれた。あの充実感はたまらないもので、泣きそうだった。お酢で。
1分後ぐらいに顔が一気に熱くなる異常タイムがあったものの、こうしてプレゼント贈呈は終わり。2次会へ。場所は、ここだ。そう、今日のオールは耐久飲み。21日の朝5時まで、飲み明かす。しかし、店員の数の少なさ、対応力のなさで、飲み放題なのにあんまり飲めないというよくわからない会へと展開された。3時ごろ、ブレイクを含めた全てのプレゼント贈呈が終わり僕はおもむろにヒップホッパーの席へ。K君(飲み会ハッスラー)とT君(守護神)ら5,6人と、『笑っても外来語を使ってもいけないゲーム』をした。負けたら酒をぐびぐびいくこのゲーム。K君が早々に眠り始めたのは、ずるいと思った。
ゲームは延々、4:45まで続いた。そしてヒップホッパーの誰からともなく「てか寝ましょうよ」。気づくのが2時間ほど遅かった。ラスト15分だけ眠るという謎のスケジュールで、2次会を終えた。
店を出る時、ご丁寧に僕の靴を下駄箱に入れて下さっちゃった方がいらしたらしく、僕はかたっぱしから開け閉め。いつの間にか手元から消えていた例のお酢も見つかり、店を出た。M君(暴れん坊将軍)とY君(省エネロッカー)、M君(若武者)と3次会に行く空気になった。
「どこ行く?」。
もはや行くことは決まったようだった。
省エネ「ラーメン食いてぇ。」
将軍「いいねぇ。」
ヨネ「チェーン店じゃなくて、この街ならではの店がいいなぁ。」
若武者「え、てか築地行きたいんだけど。」
ヨネ「え、今から?笑」
将軍「それアツい!!」
これが朝の5時のテンションだ。
省エネ「でも日曜っしょ?店開いてんのかな。」
若武者「確かに。」
将軍「行って店やってなかったらマジ萎えるなぁwww」
ヨネ「なしにしよう。学園祭が嫌な思い出になる。」
そんな中決まった店は・・・『すきや』だった。
ラーメン屋でもなくドチェーン店なこの店で、僕は金を持っていなかったM君(将軍)に一触立て替えた。
というわけで3次会はすきやでの食事だった。充実した会話と閑散とした店内。長居したかった。しかし、Y君が眠り、M君(若武者)が眠り、そしてM君(将軍)とヨネが眠った。こうして、4次会(=すきやでの仮眠)が始まった。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。