楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12~18次会(11月22日の日記)
後輩A君の家で目を覚ました。また動画を少し見た。サークルRのブレイクなどだ。
後輩M君「あ、R先輩!!この人足より手の方が長くないっすか!?」
R君「おうwww」
ヨネ「目のつけどころが違うwww」
R君「さぁ今から何しようかな~」
後輩M君「あのR先輩、そろそろさすがに帰らせてもらえませんか?」
R君「♪ウィ―アーザファーミリ―」
ヨネ「てかお前は一回家に帰ってシャワー浴びてんだよなwww後輩M君、そろそろ家が恋しくなってきた?笑」
後輩M君「はい。学園祭から一回も家に帰ってないので。なんか起きるたびに体の節々が痛くて。」
ヨネ「www」
R君「あ、このブレイカーの衣装おかしくね?wwwこの短パンwwwなんか卓球部みたいな色と長さwww」
後輩M君「R先輩、卓球部に偏見持つのやめて下さい。」
ヨネ「初めてR君に歯向かってるwww」
どうやら、元卓球部らしい。おめでとう。『ライトニングブレイカー』から『レペゼン卓球部』へと昇格だ。
後輩A君の家で『スマブラDX』をやることに。どうやら、12次会はこれらしい。
R君「このあとは飯食いに行きたいなぁ。あ、後輩R君さ、どっちの方が食べたいもの言えるか勝負しようぜ。」
後輩R君「いいっすね!」
ヨネ「なにその完全主観なゲームはwww答えないよねwww」
R君「いや、なんかあるんだよ。」
後輩R君「分かります!なんかぼんやりと食べたいものがあるんですよね!でも出てこないんです!でもきっとそれはR先輩と同じものなんです。」
R君「そう!」
ヨネ「なんだそれwww」

スマブラ大会の盛り上がりはこれまた異常だった。2階の公演を終えてからほとんど寝ていない男、休んでいない男とは思えない熱狂ぶり。後輩M君がR君を集中攻撃した時は、「誰がお前にブレイクを教えたと思ってる!!」というワードまで飛び出した。

13次会はR君の希望通り、ラーメン屋Mでの食事。後輩A君の家でスマブラを終えた僕らは、歩いて店に向かった。
後輩R君「楽しいっすねぇ!」
R君「だろ!?」
後輩R君「テンションしか上がんないっすよ~(?)。」
R君はいい後輩を持ったものだ。
後輩A君「てかR先輩、その帽子、コマ責プレゼントでもらったんですか?」
R君「うん、なんか買いにいってくれたやつが2つで悩んでたらさ、その店オレが結構前から行ってる店でさ、『R君のプレゼントか!じゃあ1つおまけであげるよ!』って。」
ヨネ「え、タダ!?」
R君「うん。」
後輩R君「松屋とは大違いですね。」
R君「な!」
ヨネ「え、なにそれ!?」
R君「前に行った時さ、『あの時計昔赤じゃなかった?黒に変えた?』ってなって。じゃんけんで負けたやつが聞こうってなったんだよ。で、一人が聞いたんだけどさ、『黒に変えました?』って聞いたら『いえ。』って。」
後輩R君「メチャメチャ無愛想でしたよねwww」
R君「その日からオレらはすきやに行くようになったんだよ。」
ヨネ「乗り換えたのねwww」
R君「てかヨネ、今何次会?」
ヨネ「さっきのスマブラが12次会だから、これから13次会。」
後輩A君「でもスマブラの対戦モードとかで盛ったら結構いってますよね。」
R君「あぁ、『時間制』とか『生き残り制』とかwww」
ヨネ「www」

ラーメン屋Mに到着。学園祭が終わったということで、思いっきりカロリーの高いものを摂取してやろうと思い、僕は人生で初めて『油多め』をオーダー。後半戦で、ちょっと後悔した。R君も興味があったらしく、「スープ一口ちょうだい」。一口あげた。「油多いわぁ」と言っていた。

勢いあまった・・・というか踏ん張りどころが分からなくなった僕らは当然のように14次会に行く事にした。10次会の時閉店していたビリヤード店へ。すでにメンバーはR君(シャイニングブレイカー)、後輩A君(一人バトルロワイヤル)、後輩R君(超新星)と研ぎ澄まされていた。
後輩R君「R先輩ビリヤード上手いっすよね!?」
R君「『ビリ王子』と言われたオレの実力見せてやるよ!」
ヨネ「それなんか『ビリの王子』みたいじゃない?笑」

ところが、世の中というのは面白いもので。勝ったのは、僕だった。ビギナーズラックの恐ろしさを体感し、早速チーム戦。僕と組むことになったR君は「負けたぁぁ!」とやる前から失望。チーム『13期』と名付けた。一方やる気満々の後輩A君、後輩R君は僕がつけたチーム名『年下』に「それヨネ先輩目線ですよね?!」と不満そうだったが、かくして対決が始まった。
ヨネ「あ、オレの番ね。R君、これどこから打った方がいい?」
R君「ヨネのやりたい方からやれよ。」
ヨネ「普通にいったらこっちなんだよな。でもここは、勝負しようか。今日のオレはツイてるから。」
R君「それでいいの?」
ヨネ「え?」
R君「ヨネその髪型でいいの?」
ヨネ「今関係ないよねwww」

後輩といえど、僕らは手も口も緩めなかった。
後輩R君「じゃあここは堅実に、こっちから打ちましょうかね。」
R君「チェック入りまーす。ヨネ、お前そっちから見てね!いいか後輩R君、他の球に触れたらファウルだからね。」
後輩R君「はいwwwまぁここは確実な方を入れます。」
R君「それでいいのかよ!」
ヨネ「な!サークルEのブレイクの次代を担うヤツが『確実な方』だってよ。どうせコイツ、来年ソロで直前に『ウインドミル』とかに差し替えるんだろうな。」
後輩R君「www」

勝ったのは、チーム『13期』。「え、てかお前らこのチームに負けたの!?え!?M君(暴れん坊将軍)とR君(シャイニングブレイカー)ならまだしも、R君とヨネだよ!?いつも同期に踏まれてるようなやつに負けたの?!え?!てことはオレ以下!?え!?悪いけどオレY君(省エネロッカー)に『お前の下にはゴミしかいない』とか言われてるよ!?え!?それ以下!?」とオレ、米田。後輩たちは、マジで悔しそうだった。そして僕は、価値を恵んでくれた神に感謝していた。

15次会にも当然行った。マクドナルドでマックシェイクを買った。そのまま、まさかの集会室行き。15次会がマックシェイクときて、16次会はなんと・・・「自主練」(R君)。後輩T君(ミスターツイッティング)たち数名に会い、ちょこちょこ練習した。
後輩R君「ヨネ先輩。ヨネ先輩はトイレでケツ拭くとき、『前派』ですか?『後ろ派』ですか?」
ヨネ「なにそれ?え、前から拭くけど?」
後輩R君「ですよね!R先輩!ヨネ先輩は前派です!」
R君「ヨネマジかよ!!」
後輩T君「え、後ろじゃないんですか!?」
ここからの話はあまりにも下品だったので、ダイジェストでお送りしたい。
「後ろから拭くと紙を確認する時もう一回首をひねるじゃん!前はその動作いらないもん。前こそが勝利への近道なんだよ!」
「でも前だと飛ぶじゃん!」
「『飛ぶ』って何すかwww人生で一度も飛んだことないっすよwww」
「でも生まれてから一回で数回、その動作を一日2回ぐらい、365日20年間続けてきたんだよな。ってことはオレらはもう数万回あの動作を繰り返してるんだな。」
「待て!和式の時は!?ほら!後ろだとやりづらいだろ!?」
「いやそれは大丈夫だよ!・・・待って。オレ和式の時は前からかもしれない(笑)」
「www」
「後ろからやる時拭きづらくないっすか?」
「それはちょっと背筋を伸ばせばいいんだよ。」
「その時ちょっと肛門閉まるじゃないっすか!!ほら、その部分拭けてないっすよ、絶対!カピカピになってますよ!あー二人カピカピブラザーズだぁぁ!!」
「ツルツルだよ!!」
「こうなると第三勢力ほしいですねwww」
「あ、横からひねりを加えて拭くとか?笑」
「話は変わりますけど、ベンザの座り方ってまた人によって違うらしくて。友達の父親は、便座の上にしゃがんでたらしいです。」
「www」
「あと、背もたれにお腹くっつけて座るとか。」
「それなんだよwww」
「あ、すぐ手を洗えるって?笑」
「なんだそのオートバイスタイルはwww」

17次会はPV(プロモーションビデオ)を作ることになった。十数時間遊んでいる者とは思えないテンションで、僕たちは学園祭ステージのジャズで使われた音楽をもとに感動的なビデオを完成させた。ちなみにこれはのちにサークルEのメーリスで配信。絶賛された。
R君「ヨネ、今何次会?」
ヨネ「え~っとねぇ。9次会がコンビニ前、10次会がビリヤード閉店、11次会がビデオ鑑賞、12次会がスマブラ、13次会がラーメン、14次会がビリヤード、15次会がマックシェイク、16次会が自主練習、17次会がPVでしょ。だから次18次会。」
R君「オレこのあと深夜バイトがあるんだよ。」
ヨネ「オレ、PVアップしないと。」
後輩A君「オレ、ダンスのレッスン受けに行きます。」
R君「じゃあ18次会は、『待機』で。」
ヨネ「なにそれwww」
後輩A君「あぁ、明日後夜祭ありますしねwww」
ヨネ「あ、18次会はまさかの自由時間?!www『会』してねぇぇぇwww」

そんなわけで、僕は夕方過ぎに帰宅した。
久しぶりに我が家でのんびり。ダンスの動画を見て、写真を見て、アップしたりしているうちにあっという間に夜になった。22日、これにて終了。とはいえ今、18次会中。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。