楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レペゼンサークルE
突然ですが一番面白いダジャレを思いついたのでご紹介します。ちなみにオリジナルです。




『熱をつたえるのを手伝ったのは鉄だった。』
・・・『手伝った』と『鉄だった』で、いかがでしょう。
どこが面白いのと聞かれたら説明は難しい。願わくば聞かないでほしい。ただ僕は昔から、『笑い』が好きだった。『面白い人間』を好ましく思い、自分も面白い人間であったならと思ってきた。だからしばしば、『最高の笑い』とはなにかを追い求め、問い続けてきた。「下ネタは面白いけど、どん引きされることもあるなぁ」「いじりいじられ系は相手次第で寒くなるなぁ」などと考えていると、結局結論はこうなる。
『総合的に・・・ダジャレが一番面白い』。

どうも。ダジャレで笑ったことがありません米田です。

朝は12時半起き。食事をし、バイトのスケジュールをスケジュール帳に書きこみ、カメの水換えをして、ロックの飲み会に備えてバイトのシフトの代理を探し当て、いざ学校(ダンスキャンパス)へ。集会室に、意外に多くのサークルEがいて驚いた。
ヨネ「後輩T君(ミスターツイッティング)さぁ、この間集会室前の荷物置き場の掃除したでしょ(11月28日更新の日記参照)?オレのくすんだ黒のズボン、捨てたりしなかった?」
後輩T君「くすんだ黒ですか?いやぁ見なかったです(笑)てか服とかは捨ててないんですけどね。」
後輩O君(晴れ時々タメ口)「あ、オレが捨てときました。」
ヨネ「おいwww」
後輩O君「『あ、これヨネ先輩のだぁ』と思って、オレが葬っときました。」
ヨネ「あ、オレをダンス引退へと導いてくれた?笑」
後輩O君「はいwww」
ちなみに、彼が捨てたとかって話は、冗談だと思います。
ヨネ「あ、そうだ。オレな、練習靴がボロボロでさ、でも残り3カ月やん?わざわざ買うのもなぁって思っとんのよ。で、後輩O君、ヒップホップスペのコマ責プレゼントで、コマ生がK君(飲み会ハッスラー)たちになんか靴をプレゼントしたらしいじゃん?だからさ、そういうのをオレにもやってくれないかなぁって。」
後輩O君「あ、靴に『酢』って書いてですか?」
ヨネ「なんでオレにはいつも酢が付きまとうんだよwww(11月25日更新の日記参照)」
後輩O君「そういうのはヒップホッパーの後輩S君(着火)とかに言えばいいんじゃないですか?」
ヨネ「なるほどね。」

練習をしばらくしていると、後輩S君(着火)が来た。
ヨネ「後輩S君さ、ヒップホップのコマ責プレゼントで靴プレゼントしたじゃん?で、聞くところによるとそれ、好評だったらしいじゃん?」
後輩S君「まぁ確かに僕らの目から見たら、K先輩(飲み会ハッスラー)たちは喜んでいるように見えました。」
ヨネ「だろ?でね、今のオレの靴がさ、ボロボロなんだよ。」
後輩S君「ボロッ。」
ヨネ「いや、ちょwww・・・あ、でね、なんていうのかな、オレにもその、靴をくれないかなぁとさ。ほら、これこんな破けてんだよ。」
後輩S君「臭っ。ヨネ先輩臭っ。」
ヨネ「www」


後輩Y君(迷える子羊)がコンビニに行きたいというから、便乗してレッツゴーすることに。
Mさん(鬼神)「ヨネさ、曲かけてくれない?」
そういえば、集会室内のデッキを使う者がいなかった。
ヨネ「いいよ。・・・はい。・・・あれ、Mさんオレに曲かけさせといてイヤホンで練習するの?」
Mさん「ヨネさ、アイポッド小さいね。」
ヨネ「これね、シャッフル。」
Mさん「1年のころから使ってるよね?」
ヨネ「うん。」
Mさん「私なんて3回も壊れちゃったよ。」
ヨネ「へぇ、まぁオレは物を大切に使うからね。・・・ってMさん練習始めるのやめてくれる?」
お久しぶり。これがMさんの代名詞、『鬼神拳』だ(2008年10月5日更新の日記参照)。
後輩Y君とコンビニへ。
ヨネ「18:30かぁ。そろそろ帰ろうと思ってたタイミングでコンビニってことは、こりゃもう少し練習しなきゃなw」
後輩Y君「ですね(笑)僕、短い時間で集中して練習するタイプなんで。」
ヨネ「見とるよ見とるよ。後輩Y君っていつも、休まずにずっと練習してさっと帰るよね。」
後輩Y君「はい、あんまり時間に余裕ないですし。来年から4年なんで研究室はいるんですよ。」
ヨネ「そっか、理系だもんね。」
後輩Y君「はい、その研究室、10時から16時までずっと研究室にこもるらしくて。練習できなくなっちゃうんです・」
ヨネ「え、そんな大変なの!?・・・ん、16時って夕方の4時だよね?練習・・・出来んじゃね?」
後輩Y君「・・・僕も今言っててそう思っちゃいました(笑)」
ヨネ「なwwwだって5限まで授業あったら18:00だぜ?www全然いけるじゃんwww」
後輩Y君「あ~もう(笑)後輩Pさん(隠れ美人であり、皆に注目されると顔が真っ赤になる乙女な一面のあるポッパー)にこれ言ったら『大変ですねぇ』ってなったのに!!」
ヨネ「すまん、こりゃすまんwww」
後輩Y君「これじゃあオレがたいしたことないことに騒ぐちっちゃい人間みたいじゃないですかwww」
ヨネ「すまん。まぁ研究室って言ってもあれだもんな、家に帰ってから忙しいんだろ?Y君(省エネロッカー)が言ってたわ。」
後輩Y君「はい、そうらしいです。」
ヨネ「まぁそれだったらオレの入ってるゼミの次に忙しいわな。」
後輩Y君「あ、ヨネ先輩のゼミ、忙しいらしいですね。聞いたことあります。」
ヨネ「週7よ週7。3年の前期は週にレポート2つあったし。」
後輩Y君「じゃあパソコンスキルついたんじゃないですか?」
ヨネ「まぁ一般的なレベルには持っていけたかな。オレその前までは、ワードの文字のフォント変えるのが限界だったからな。」
後輩Y君「それひきます。」
ヨネ「ちょwww」
コンビニ内で、『梨水』を買うことに。「冬はやっぱり梨水だよね!!」とわざとデカイ声で言ったら、すれ違った高校5人組が一挙に梨水に群がった。いい仕事した。

集会室に戻ってきたときに、早速僕のMP3がデッキから外されていたことに確実にショックを受けつつ、僕はそのまま20:00まで練習。
後輩T君(ミスターツイッティング)「ヨネ先輩、食事に行きましょう。」
ヨネ「お、おう。」
後輩T君「21時からバイトなんで、急ぎましょう。」
ヨネ「おうwww」

ソッコーで着替えてラーメン屋へ向かう。
後輩T君「あぁロック飲み楽しみですねw」
ヨネ「おう、メチャメチャ飲みたいなwww」
後輩T君「ヨネ先輩って酒強かったでしたっけ?」
ヨネ「いや強くはないけど、M君(暴れん坊将軍)とかT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)よりは飲めるよwww」
後輩T君「ですよね(笑)」
ヨネ「オレは飲み会で、アイツらを潰して、蔑んでるところを写真に撮ってミクシィにアップするっていうのを目論んでるから。」
後輩T君「あ、これまでの復讐にwww」
ヨネ「そう、こういうところでしか勝てないからwww」
ラーメン屋到着。
ヨネ「後輩T君はコンビニのバイトで他のダンスサークルの人と知り合えたんだよね?」
後輩T君「はい、いっぱい来るんで。」
ヨネ「正統派の出会い系みたいなバイトだな。」
後輩T君「はい、マジで出会いありましたよ(笑)」
ヨネ「もうさ、この間サークルJの公演行ったじゃん(11月28日更新の日記参照)?オレサークルJに知り合いいないのよ。」
後輩T君「いなそうですね(笑)」
ヨネ「そう言われて怒れないのが辛いところだわな(笑)で、隣でお前が名前呼んで応援しまくっててさ、羨ましかったもん。オレもとりあえず名前呼んだもんね。面識全くないけど。」
後輩T君「wwwヨネ先輩ヒップホップにいたかわいい女の子ばっかり名前呼んでましたもんねwww」
ヨネ「そうそうwwwでもあれも悲しいよ?プログラムに書いてある名前確認してさ、恐る恐る呼ぶみたいな。でもさ、後夜祭のあとT君(フロム埼玉)とM君(暴れん坊将軍)と飲んだ時に話したんだけどさ、オレらサークルEでよかったなぁって。」
後輩T君「それは僕も思います。」
ヨネ「まぁ他のサークルがどうっていうわけじゃないけどさ。でもサークルJなんてほんとダンサーっぽい外見の人が多いじゃん?オレいったらホントの意味でいじめられるよ。いじりじゃなくて。」
後輩T君「なんか想像できますねwwwサークルの実力的には、まぁ僕らも個人のスキルをあげていけばもっとよくなりますしね。」
ヨネ「うん。あ!そうだこれ言っとこう!!あのさ後輩T君さ、サークル、うちの大学にダンスサークル、3つあるやん?でもさ、M君(暴れん坊将軍)考えてみ?確かに上手いよ?ロックもできるブレイクもできる。でもさ、一番じゃないじゃん?」
後輩T君「まぁそうですね。」
ヨネ「ポップにしてもうちにも上手いヤツいるけど、やっぱそこはサークルRのH先輩がトップじゃん?」
後輩T君「はい。」
ヨネ「で、ブレイクも3サークルトップって言ったらサークルRの後輩Y君じゃん?」
後輩T君「まぁそうですね。」
ヨネ「だろ?でもな、3サークルでトップのいじられキャラ誰だと思う?」
後輩T君「www」
ヨネ「わしや。」
後輩T君「確かにwww」
ヨネ「そういう意味じゃオレ、レペゼンサークルEだよ。」
後輩T君「そうですね。ダンスに関してはM先輩(鬼ロッカー)ぐらいですもんね。じゃあ、M先輩とヨネ先輩が・・・」
ヨネ「サークルEをレペゼンする2大ダンサーだなwww」
後輩T君「確かにwwwO先輩(=晴れ時々タメ口・後輩O君)も一番かどうかは分かんないですしね。堂々とサークルEをレペゼンできるのは2人だけですね。」
ヨネ「まぁオレの場合は全然堂々とできないけどな。むしろサークルEの汚点だけどな(笑)」
後輩T君「あ、そういえば来年からコマ責どうしよう。」
ヨネ「あ、新歓とかはもう後輩T君のコマ責かな?」
後輩T君「はい。」
ヨネ「他のヤツはいないの?」
後輩T君「わかんないですけど、誰にしろやっぱり実力がしっかりある人がいいですね。」
ヨネ「そうだな。あのさ、オレってダンス下手やん?でも唯一のいいところは自分のポジションを分かってたところじゃない?」
後輩T君「www」
ヨネ「どうする?オレが勘違いしてさ、学園祭のコマ責とかやってたらwww」
後輩T君「『最後だからオレやってやんよぉ!』とか言ってwww」
ヨネ「マジ空気読めってなるっしょ?www」
後輩T君「wwwいやぁでもうちのコマも危なかったですよ。」
ヨネ「な!まぁアイツ(=省エネロッカー・Y君)には直接何度も言って、本人も十分わかってんだけどさ、コマ生に恵まれてたよなwww」
後輩T君「はいwww」
ヨネ「オレは未だに最初の90分のアイソレコマの真意がわからんのだけどな。」
後輩T君「オレもわかんないですwww」
ヨネ「一回構成入れて直後の通し練でオレらボロボロだった時さ、アイツ腰怪我して踊らず前で見て笑ってた時あったよなwwwオレ、アイツには実力でもセンスでも劣ってるけどさ、途中でもうコマ責変わったろうかと思ったもんwww」
後輩T君「www」
ヨネ「あれ、後輩T君は一人でコマ責やったことは?」
後輩T君「ミニ学園祭の時にやりました。」
ヨネ「あ、そうか。あの時もさ、オレはちゃんと自分の力わかっとったで。後輩T君が一人で30人をまとめてる時さ、オレに何ができるかなって考えたわけ。その結果、オレは静かに傍観することを選んだ。」
後輩T君「www」
ヨネ「で、たまに別館で練習見た時に後ろから拍手してた。」
後輩T君「あ、してましたねwww」
ヨネ「でも大変だったでしょ?」
後輩T君「いや、でも僕振り作ったりとかするの大好きなんで。曲編も好きで、昨日の夜もずっとやってました。深夜5時ぐらいまで。なんか最近、3時ぐらいからオレの時間が始まるぜって感じなんですよね。」
ヨネ「wwwでもオレも最近そのへんまで起きてるわ。ゲームしてた。」
後輩T君「ゲームっすかwww」
ヨネ「『ゲームしてた』っていうと『ゲームをプレイしてた』って思うっしょ?違うから。オレは対戦モードでコンピューター同士が戦ってるのを見てるの。」
後輩T君「うわっ、なんすかキモッwww」
ヨネ「違う違う。お前想像してんの『ストリートファイター』とかだろ?違うんだよ。オレのはプロレスゲームだから。各団体の枠を超えた夢のカードを組んでそれにエディットキャラを交えてだな・・・」
後輩T君「それひきますよ(笑)」
ヨネ「え~面白いのに~『キングオブコロシアム』。」
後輩T君「いや、それ他の人にいってもひくと思いますよ・」
ヨネ「まぁひいでもいいんだけどさ、残念ながら一人で見てるわけじゃないんだよね。兄貴とみてます。」
後輩T君「お兄さんとwww」
ヨネ「だからとりあえず、兄貴にキモいとかって言ったのは、謝ってもらえるかな?年齢的にはK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)とタメだからさ。」
後輩T君「www」

後輩T君と二人で食事するのは初めてだった。というか、1対1で食事すること自体僕は珍しいのだが、なかなか、というか素直にいえばとても楽しかった。
明日は卒論中間提出。どんと来い!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。