FC2ブログ




楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


滑らない男(1月16日の日記)
山岳部の特攻隊長米田です。
自分が細かい事にこだわる人間なのか、どうでもよく考える人間なのかきちんと線引きするのは難しい。しかし山岳部時代の僕はきっと後者だったろうなと思う。SL(サブリーダー)という山行隊の先頭で地図を見ながら歩く時も、一か八か進み毎回のように道に迷ってきた。根っからの方向音痴、神聖なる方向音痴。就活で見知らぬ土地を毎日踏み締めていた時期(2010年2月13日更新の日記参照)も、何度となく苦しんだ。
そんな僕は、いつも同じ道同じ場所に生息しているのだが、今日はどうしても行かなくてはいけない場所があった。それが、某都市で行われる1年生のダンスイベント。12サークルから1年生が集い、ショーケース、チーム、バトルが開催される。サークルEも、もちろん参加するわけだ。
500円まで値切ってもらったチケットを、方向音痴のせいで無駄にしてはいけない。後輩M君(ボーグのラストエンペラー)に連れて行ってもらうべく、待ち合わせ。サークルEの話やチケットを極限まで値切ったから後ろめたさでウイダーを買うつもりだという話、『方向音痴といえばI先輩(=猛者・Iさん)がヤバいって話は聞いた事がありますよ』話などしながら、会場に着いた。
14:30。はなから緊張しまくり噛みまくりのMCによってイベントは進行。そして16:30。サークルEの1年によるショーケース。1年生なのにここまで沸かせられるのかというほどまでの、凄いステージが披露された。間違いなく、今日No.1のクオリティ。喉がぶっ壊れたオレ、米田。
サプライズは終わらない。なんと、サークルEはあれよあれよという間にバトルのトーナメントで勝ち進み、そして………12サークルでトップになった。オーディエンスジャッジだったから、マンモスサークルで押しかけた僕らサークルEは有利だった。でも毎年それで涙を飲んできたサークルEにとって、それは快挙。実力はもちろん、一切手を抜かず己に甘えず練習し、『伝える』ダンスをできる後輩を持てて、僕は本当に幸せ者だと思った。
後輩M君、Y君(省エネロッカー)との帰り道。
Y君「ヨネ面白い話してよ。」
ヨネ「いいよ。」
Y君「じゃあ謎かけしてよ。」
ヨネ「うぅわぁぁ!!いや急に言われても………ってフツーならなると思うんだけど、オレ実は言えるんだよね。こんな事もあろうかとさっきDJタイムで考えてたし。」
Y君「じゃあお題行くよ。」
ヨネ「え、お題!?考えてあったヤツを発表する形式じゃなくて?」
Y君「じゃあそれでいいよ。」
ヨネ「『ブレイカー』とかけまして………」
Y君「あ、やっぱあの建物〇〇〇で。」
ヨネ「………まぁまずオレがあの建物について何も知らないからかけるものがないという点と…」
後輩M君「あ、じゃあオレ『ブレイカー』でといていいすか?」
Y君「じゃあ後輩M君。」
ヨネ「え、ちょ…」
後輩M君「『ブレイカー』とかけまして、『弁護士』と解きます。」
Y君「そのココロは?」
後輩M君「『ろっぽ(六歩・六法)を極める』。」
ヨネ「おwww」
Y君「うめぇ~。」
後輩M君「イエ~イ。」
Y君「じゃあヨネ。」
ヨネ「お、あ、はい。『ブレイカー』とかけまして、『笑顔の素敵なキャンペーンガール』ととく。」
Y君「………。」
ヨネ「『そのココロは』って言わないの?」
Y君「あ?じゃあそのココロは?」
ヨネ「『はでさがでる(派手さが出る・歯で差が出る)』。」
Y君「お前それ後輩S君(完璧男)のパクリだろ?(2010年9月27日更新の日記参照)」
後輩M君「うお~最低www」
ヨネ「あーもう一回チャンスちょうだい絶対面白いの作るから!!!」
Y君「だからそういうの言わない方がいいよ。」
ヨネ「『長州力のリキラリアット』とかけまして、『ヨネ』ととく。そのココロは…『イタイ』。(1月10日更新の日記参照)」
Y君「ヨネ、キモいよ。」
ヨネ「wwwあ、もう一個浮かんだ!降ってきた!!いくよいくよ!?『ラーメン』!『ラーメン』とかけまして、『サークルEの後輩の実力』とときます。」
後輩M君「まぁ『のびる』んでしょうね。」
ヨネ「ちょwww」
Y君「じゃあヨネ、そのココロは?」
ヨネ「………『のびる』。」
後輩M君「つまんねぇwww」
ヨネ「あ、じゃあ『オリジナル技』とかけまして…」
Y君「もうその時点で意味分かんない。」
ヨネ「『もう…なんか決めらんなくなった時の最終手段』とときます。」
後輩M君「意味わかんねぇwww」
ヨネ「そのココロは…『あみだします(あみだくじをします・編み出します)』。」
Y君「…よくわかんね。」
後輩M君「www」


電車の中で、Y君の「ヨネ、すべらない話して。」に応え、僕は手持ちのネタを惜しげもなき披露した。タイトル『引っ越し』『AGO』『二度詣で』『憧れの人①』『憧れの人②』『食あたり』の6個の話はいずれもスベった。次は『帰ってきたアイツ』で勝負をかけたいと思う。

Y君、後輩S君(完璧男)、後輩A君(一人バトルロワイヤル)、後輩T君(始めは静かなヤツだったが、シャイニングブレイカー・R君の影響でどんどん基準のテンションが上がり、酒が弱いところまでをも引き継いだ2男ブレイカー)と、つけ麺屋Aへ。食券を買う。券売機の前で「えーっとこの店のオススメはなんだっけなぁ」とやっていると、後輩A君の「あ、じゃあヨネ先輩お先に失礼します」と横入りされたオレ、米田。
Y君「ヨネ、水。」
ヨネ「あ、ごめんね気が利かなくて。今入れるね。」
後輩A君「ヨネ先輩すみません。」
ヨネ「いや、むしろ『すみません』と言わせてしまってごめんね。」
後輩S君「www」

食べながら、最近引っ越した話をした。
後輩A君「てかなんで引っ越したんすか?」
ヨネ「まぁ就職の都合とかで色々な。」
後輩T君「なんで今引っ越したんですか?もったいなくないですか?1年の時から学校(ダンスキャンパス)の近くに引っ越してれば便利だったのに。」
ヨネ「いや、ゆーて一人暮らしはあこがれてたけど、色々大変らしいやん?」
後輩A君「…え何がですか?笑」
Y君「ゆーて『らしいやん?』とか言われてもここにいるお前以外の4人全員一人暮らしだからねwww」
ヨネ「いや、だからその食事とかさ。帰っても一人暮らしだと飯が出てこないわけだ。」
Y君「だからここでこうやって食ってるわけじゃん。」
後輩A君「確かに。」
後輩T君「別にそれはそんなに大変じゃないっすよ。」
Y君「うん大変じゃないよ。」
ヨネ「なんで何気なく一言言った『一人暮らし大変じゃん?』でこんなみんなにボロクソ言われなきゃいけないの?www」
後輩S君「ハハハwww」
後輩A君「いやぁそれにしても今日の1イベ、よかったっすねぇ。」
Y君「あのさ、後輩〇〇が踊ってる姿って、なんかヨネに似てない?」
ヨネ「オレが言うのもなんだけどそれかわいそすぎない?」
後輩A君「www」
ヨネ「いや、でも今日は後輩に感化されたよ。踊りたくなったな!」
後輩T君「…じゃあ踊ればいいじゃないすか。」
ヨネ「お、おう…じゃあ…踊ろうかな。」
後輩T君「ほんとですね?」
Y君「ヨネ、言ったな?」
ヨネ「なんでそんなキツいの?www義務化された自主練って自主練じゃなくね?www」
後輩A君「あーこれからテストかぁぁ~~~。」
ヨネ「あ、そうだな。でも後輩S君は就活が忙しいんか?」
やっぱり勉強と就活を完璧に両立してんのかな…。
後輩S君「そうですね、でも今は僕もテストがあるんで、勉強しながらちょこちょこ就活やるって感じです。」
やっぱり両立してる…完璧だ。
ヨネ「あ、もう内定とってるんだよね?」
後輩S君「はい。」
ヨネ「やっぱり後輩S君はコマ責も代表もやったわけだから、面接ではダンスの話をしたわけじゃん?」
後輩S君「はい。」
ヨネ「でもM君(暴れん坊将軍)とM君(若武者)とかは、『ダンスの話とか社会人はよくわかんないから伝えるのが大変だった』って言ってたよ?」
後輩S君「僕は…どちらかというと運営としてやった事を中心に話したので、ダンスの中身についてはそんなに言わなかったですね。」
さすが。完璧に相手目線で面接をしたらしい。
ヨネ「やっぱ苦労話とか聞かれた?」
後輩S君「そうですね。」
Y君「ヨネ苦労話なにしたの?」
ヨネ「サークルEでいじめに遭った話。ってバカ。」
後輩A君「www」
ヨネ「あのぉゼミの話をしました。」
Y君「ゼミでいじめに遭った話?」
ヨネ「遭ってないわwwwサークルでもゼミでもいじめに遭うってオレどんだけ問題あんだよwww」
Y君「それであの孫会社みたいなベンチャー会社にまず受かったわけか。」
ヨネ「その話未だに覚えてるのお前とオレのおじいちゃんだけだからなwww」
後輩T君「www」

食事を終え、一度帰宅。ゼミの卒業エッセイを完成させて、23:30から、義務化された自主練をしに外へ。極寒の中、踊る事90分。警備員に注意され帰った。
明日はラストゼミ。『ラスト』といってもこれから卒論の英訳があるから、全然ラストじゃないわけだが、とりあえず授業という形はこれが最後。サブゼミっすな。行ってきます。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。