FC2ブログ




楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ上陸(1月30日の日記)
友人にはこの度のゼミの卒業旅行INタイを『単身武者修行に行って来ます』と伝えていました米田です。記憶がかなり曖昧なのでタイ旅行の日記、さっぱりめにいきます。
タイ旅行当日の1月30日。4:30にはもちろん起きれなかったオレ、米田。兄に起こしてもらっての出発。成田空港か羽田空港かは定かではないが、ひとまず日本の空港についた。今回のタイ旅行に際し、僕はガイドブックもネット検索も読まず、丸腰で挑むと決めていた。T君(住職第一志望)に授かった本で、土壇場でタイ語を学ぶオレ、米田。『僧侶』などのコアな単語の発音ばかり練習して『こんにちは』『ありがとう』系列は後回し。しかし旅行先で最も使いそうな単語『ごめんなさい』はたくさん練習した。
出発時。
Aさん(虫ハンター)「ヨネ、目、腫れてない?笑」
物貰い発生なオレ、米田。
「クリームあるから大丈夫」。
それは大丈夫なのか?オレ米田。
かくして無事日本を経った。
飛行機内で席が近くなったのはAさんとNさん(不覚のチアリーダー)だった。カメラを構える僕の方を決して向かない二人。機転を利かせて後ろ姿を撮ることにした。地味な写真になった。ちなみに彼女らは「ヨネの写真を撮ってあげる」と言ってもくれたが、いつもソロ写真だった。
飛行機は台北(タイペイ)を経由。人生で初めて日本を出た僕は飛行機内で眠りから覚めたNさんが開口一番「え?まだ着いてないの?」とクレームを放ったことにビビりながら飛行機を降りた。僕は「頼むから誰か一人オレの周りにいてね。オレこの間『ホームあローン』見たから今回迷子になるのすごい不安なんだ」と同期に懇願しながら必死で食らいついた。
空港内でややグダる。
H君(遅延ズクタン)「・・・これ何の時間?」
ヨネ「わかんない。」
T君(住職第一志望)「中締め?中締め?」
H君「もう締めるのかwww」
手荷物検査を受けた。ひっかかったのは人間凶器米田ではなくこの男、T君。この日に合わせ麦わら帽子的なものをかぶる『タイ仕様』にしてきたのが祟ったのか。中国語かなんかでブツブツ喋りながら遠慮なく次々にT君のカバンをあさる検査員。手に持ちながら鋭い目を向けてきたのは、虫よけスプレーだった。
ヨネ「え、これが持ち込み禁止なの?」
T君「え。だって虫よけだよ~?www」
タイペイだろうがなんだろうがオール日本語で勝負を挑む僕ら。ちなみにこの「虫よけだよ~?」という悲痛な叫びは、タイに着いてからも僕の耳にこびりついていた。
虫よけと別れを告げたT君は、ややテンションが下がっていた。
H君「T君残念だったね(笑)」
T君「うん・・・だって虫よけだよ?」
ヨネ「wwwまぁT君から危険な空気を感じたんだろうなw」
T君「嘘だよそんなの~。オレに危険なカンジとか今ないでしょ~帽子以外全部似合ってるのに。」
ヨネ「帽子www」
T君「しかもなんかパスポートに書かれたしさぁ。」
H君「え、どれ?」
T君「これ。・・・まぁ読めないんだけどね。」
ヨネ「いや、意外におしゃれな演出だったりしてね。『ウェルカムトゥー台北』とか。」
T君「あぁなるほどねwww」

タイ・バンコクに着き、K君(サイクリングサイクロン)のiPhoneが早速紛失したことでこの旅行に早くも勢いがついた。旅行会社が用意してくれた日本語のできるタイ人男性のガイドBさんは、「『Bチャン』トヨンデ(『Bちゃん』と呼んで)」というなかなかフランクな人だった。
「15メイノカタガタ、コチラノバスニノッテクダサイ(15名の方々、こちらのバスに乗って下さい)」
と代表者の名前ではなく人数軸で案内するBちゃん。そこにタイイズムを感じた。迷わずバスの最前列に座るH君に誘われるように僕もその隣に。振りかえると他のゼミ生はバスの最後列だった。
最前列はBちゃんのガイドが目の前で聞ける素晴らしい場所だった。
Bちゃん「オウキュウニイクトキハノースリーブ、ソデナシダメネ。アトミジカイスカートモ。アトボロボロノGパンモノーデスヨ。(王宮に行く時はノースリーブ、袖無しダメね。あと短いスカートも。あとボロボロのGパンもノーですよ。)」
ヨネ「あー知ってる知ってる。」
H君「Bちゃんオレのこの格好OK?」
Bちゃん「オッケーデスヨ(おっけーですよ)。」
日本語が流暢で助かる。
Bちゃん「イイデスカ?『スボン』ハボロボロダメネ。(いいですか?『スボン』はボロボロダメね。)」
ヨネ「・・・ん、今『スボン』って言った?www」
H君「言ったねwwwオレも気になったwww」
ヨネ「色々難しい言葉知ってんのになんで『ズボン』言えないんだろうwww」
H君「教えてあげたいねwww」
ヨネ「うん、もどかしいwww」
Bちゃんの猛攻は続く。ゼミ生から「あと何分で到着か」と聞かれ・・・
Bちゃん「ココカラデスカ?ダイタイ・・・・『キップン』デス。(ここからですか?大体・・・・『きっぷん』です。)」
ヨネ「・・・うお~~~何分なんだwww」
H君「『キップン』って言ったよねwww」
ヨネ「今のはキメてほしかったよねwww『10分』なのか『6分』なのか、それとも全く他のミスなのかwww」
Bちゃん「アトデスネ、ワタシイイアドバイスデスヨ。コレカラチュウイジコウイイマス。イイデスカ?タイハスゴクタノシイ。デモキケンナクニデモアリマス。コレマモラナイトタイヘンデスヨ。マズタクシーニツイテデスガ・・・(あとですね、私いいアドバイスですよ。これから注意事項言います。いいですか?タイはすごく楽しい。でも危険な国でもあります。これ守らないと大変ですよ。まずタクシーについてですが・・・)」
その後Bちゃんの警告が続く。1分・・・2分・・・3分・・・
ヨネ「・・・てか警告長くねぇかあまりにも?www」
H君「どんだけこの国危険なんだっていうねwww」
20分が経過していた。

ホテルに到着した。Bちゃんはホテル内の飲み物は高いからコンビニで買った方がいいと最後にアドバイス。
Bちゃん「イジョウデセツメイオワリマスヨ。ナンカシツモンアルカ?(以上で説明終わりますよ。なんか質問あるか?)」
Sさん(難あり)「『質問あるか』www」
ヨネ「なんで最後だけタメ口?www」
Bちゃんとさっぱり分かれた後、それぞれの部屋へ。僕はH君、T君と同室だった。同期15名での卒業旅行初日の夜は、『パッポン通り』なる怪しげな商店街に参加メンバー全員で行き、物価の安さに感動しながら僕はタイ人のシャイさがツボに来てルンルンしてタイランドドリームを満喫しながら、夕食に寄った店でみんなでテキーラを食らった。真の勝ち組がスイカジュースでとどめたMさん(もう一人のWEB係)だったのを悟ったのはこのずっとあとだった。
ホテルに戻り、僕は衝撃の事実を知る。
ヨネ「T君、なんか携帯充電できないんだけど。」
T君「ん、てかその充電器、海外に対応してる?」
ヨネ「『100V』って書いてある。」
T君「ダメじゃんwwwここ『200V』だよwwwてかBちゃんも言ってたしwww」
ヨネ「マジかwww」
T君「貸して。・・・ほら、充電器の警告欄に『海外での使用はしないでください』って書いてあるじゃんwww」
ヨネ「聞いてないよ~~だって読んでねぇもん。」
H君「そりゃ知らないわなwww」
ヨネ「てことはもう携帯フィニッシュみたいなことかなこれ?www」
T君「そうだね、まぁショートしちゃっただろうしねwww」
ヨネ「www」
かくして1日目が終了。なお、現地での通貨単位『バーツ』を、僕が誤って阪神タイガースの史上最強の助っ人『バース』と言い間違えていたことはここだけの内緒である。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。