FC2ブログ




楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AKB in Thailand(2月1日の日記)
何度も言いますがタイ人は全体的にタイプです米田です。
卒業旅行3日目はMさん(WEBのできるWEB係)とSさん(毒舌スナイパー)、H君(遅延ズクタン)、T君(住職第一志望)とで太極拳をすることから始まる。7:15にロビーで待ち合わせていた。僕らの部屋の起床は6:00の予定だった。
朝に強い男H君によって見事起床に成功。しかしここで僕の致命的なミスが発覚する。
ヨネ「あ、すまん。今目覚ましかけた携帯の時計が6:00なんだけどさ、これタイは時差あるから今4:00だわwww」
H君「マジかよwww」
ヨネ「寝ましょ寝ましょwww」
そして次に起きたのが・・・タイ時刻で7:10.この瞬間、僕らの部屋の朝食抜きが決まった。
『太極る』メンバーで移動し、ワットポーなる場所に到着。この中のどこかで太極れるはずだったが、なかなかそれらしき人がいない。
ヨネ「Mさん、何時まで太極れるの?」
Mさん「8:00までなんだけど、今7:55なんだよねwww」
T君「あちゃ~www」
ヨネ「終わっちゃってますねこれwww」

太極れなかったのはあくまで結果論である。僕らはそんな思いで、ワットポー内にあった像の前でオリジナルで太極拳のポーズをとり記念撮影。僕らはこの時確かに太極った。

市場みたいなところで朝食を食べ、『王宮』なるところで僕らはMさん、Sさんと一旦別れた。カメラは持ってきたけどパッテリーパックをホテルの部屋に忘れたオレ、WEB係。T君にカメラを借り、AKBの『ヘビーローテーション』のリズムで「♪サワディーカーップ(サワディーカーップ)♪コップンカーップ(コップンカーップ)」と覚えたてのタイ語(それぞれ『こんにちは』『ありがとう』の意)をくちずさむT君とH君を撮影しながら、いつの間にかそこにいた観光客でかわいいと思った人を撮りまくる『世界の美女図巻』作成に必死になった。
タイ古式マッサージを受けにワットポーに戻った。朝は入れなかった建物内に入り、金色の仏を前に「表情にゆとりあるよね」「どっからでもきなさい、みたいなね」とまったり話しながら見物。その後、1時間マッサージを体験。ウトウトして、枕にべっとりよだれを垂らしたのは仕方がない。
マッサージを終えると、T君がタイ人の女学生たちと話していた。いつの間にか僕も混じり、記念撮影することに。そのまま自己紹介。「何歳なの?」と英語で聞くT君に「18歳」と英語で回答するタイ人。
T君「We are 22.(僕らは22歳っす。)」
ヨネ「And this March, we are going to graduate from school.(んでもってこの3月、卒業するんだ。)」
文法が合ってるのかは知らないがとりあえず一生懸命しゃべろうとする僕。彼女らは言った。
タイ人「・・・English please・・・(英語でお願いします。)」
ヨネ「え、英語なんだけどwww」
T君「www」

その後簡単に名前を名乗って、僕らは分かれた。『ヨネダ』という発音はタイ的にツボらしく、「ヨネダ・・・ヨネダ・・・」と何度もつぶやいていた。
T君らと買物に行く事にした。途中で拾ったタクシーが妙に日本語がうまいドライバーで、しきりに気さくに話しかけてきた。胡散臭さから車内には‘このドライバーは多額の金を請求する気かも・・・’と不穏な空気が流れるが、ドライバーはお構いなしに一人エロ話を吹っかけてきたり、携帯のワンセグでAVを見せてきたり、勝手にそれを見ながら「ワオワオ~(笑)」と言ってきたりした。それだけに目的地に着いた時いくら請求されるかは緊張感があった。しかし、要求は交渉通りの額。「え、いい人オチ?www」と僕ら。人を信じる難しさを学びながら、僕らはショッピングセンターに繰り出すのだった。

18:00に一度ホテルに戻った後、僕はH君(遅延ズクタン)と共にこの旅行の最大の目的であるムエタイへ。会場に着くと自分より年も背も低い子供のタイ人が全力でリング上で戦っていて、いきなり感慨深い気持ちになった。興行は22時過ぎまで続いた。僕は1月24日のGAORA興行の時に勝るとも劣らないテンションでひたすら声援を送った。最後の試合の後は、ヘロヘロになって引き揚げる選手の足を止め写真を撮らせてもらった。メチャメチャ楽しかった。
ホテルに戻ってからは同期で酒を飲み、ばったり就寝。タイ旅行は明日、閉幕。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。