FC2ブログ




楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


数少ない友人N君との再会(2月20日の日記)
ブログ更新が追いつきません米田です。ちなみにこれからもっと忙しくなります。
2月20日。後輩O君の家で7:30頃に起床。自宅では見せぬテキパキぶりで身支度を済ませ帰宅した。カメの水換えなどして、15時頃から学校(ダンスキャンパス)へ。このたび、同期の男集団で追いパでメンスペをやることが決まった。ジャンルを超えての最初で最後の共演もある。R君(シャイニングブレイカー)から、そのショーケースの概要を決めたいから集まろうとメーリスがあった。
学校前の交差点で信号待ちしていると、R君に会った。
ヨネ「あ、そうだ。R君さ、オレの家で飲みたいって言ってたよね?」
R君「あ、その日にち考えたんだけどさ・・・」
ヨネ「おかしいおかしいwwwなんでそういうのオレなしに考えちゃってる?wwwあくまで基準はオレだからね?www」
R君「あ、そう?でね、できればこの同期曲の打ち合わせを、ヨネの家でやりたいなと思ってさ。」
ヨネ「あ、いい感じに利用されてる感じね、オレwww」
ちなみにR君は昔、「ヨネの家でブレイクを練習したい」と言ったこともあった(2009年3月17日更新の日記参照)。時を越えての有言実行である。
R君「できれば何回か通せたらとも思ってるwww」
ヨネ「あ、踊っちゃう感じかwww」
K先輩(レジェンドオブ肝試し)とも遭遇。
K先輩「あ、後輩R君。オレさ、面白い話あるんだよ。」
R君「あ、オレもあります。」
ヨネ「その展開新しいなwww二人とも持ってんだwww」
K先輩「どっちからいこうかな・・・オレさわやか系だぜ?」
R君「あ、オレ下ネタ系ですw」
ヨネ「K先輩から。」
K先輩「あのさぁ・・・」
割愛するが、K先輩の話は確かに『さわやかに面白い話』だった。次はR君の話というタイミングで、T君(守護神)とK君(飲み会ハッスラー)に遭遇。R君の話を聞いていた僕に、後ろから「ヨネそのニット帽何?」「とっていい?」「は、シカト?」とヒップホッパーの二人。気づけばニット帽が捨てられていた。取りに行く間にR君の話は終わっていた。
ヨネ「普通さ、帽子取るまではあっても階段に実際に捨てたりはしないんじゃない?」
K君「あ?いいじゃん。」
T君「ヨネよかったな。愛されてんじゃん。」
ヨネ「え?」
T君「愛されてなければ帽子捨てられることなんてないぞ?」
ヨネ「あ、愛されてるからこそなんだ?へぇ・・・T君、『愛』って、なんだろうね。」
T君「www」

4人で会議を始めた。
R君「そっか、じゃあ全体はこんな感じでいいか。」
ヨネ「うん。」
K君「あとは曲決まってからじゃね?」
R君「そうだね。」
T君「てかさ・・・来たの4人だね。」
ヨネ「www」
T君「なら他の日があったんじゃないかっていうwww」
R君「おかしいなぁあと2人は来るはずだったんだけどなぁwwwじゃあ次集まる時はヨネの家でやろう。」
K君「おう、で自分の踊りたい曲持ってくりゃいいんでしょ?」
R君「そう」。
ヨネ「・・・またこの4人だったりしてね。」
K君「それウケんなwww」
T君「じゃあもう4人でやろっかみたいになっちゃうよねwww」
ヨネ「せっかくの締めの企画なのに最後に亀裂がwww」

話し合いを終え、ブレイカーと一緒に練習。K先輩とR君にまた『ウインドミル』の教えを請う。
K先輩「あぁちょっとよくなってんだけどなぁ。」
ヨネ「でも足ついちゃうんですよね。」
K先輩「お前はあれだ、『チェア』を維持してる時間が少ない。友達も少ない。」
ヨネ「それ関係ないですwwwまぁ少ないですけどwww」
後輩R君(超新星)「なんなんすか今のナチュラルなディスりはwww」
R君「『友達も少ない』www」

18:00頃まで練習し一旦帰宅。高校1年の時の友人N君との20:45の待ち合わせに向け出発。言うまでもなく、金欠の僕だが、家に500円玉貯金があるのを思い出した。いざとなればついにあそこに手をつけようと思う。そろそろ、積み上げてきたものを崩す時が来たのかもしれない。
N君とは問題なく会えた。
ヨネ「おう!すまんな今日O君(馬鹿界の帝王)とかNさん(作り天然人工おばあちゃん)とかも誘ったんだけど、結局サシになっちゃったwww」
N君「あ、サシなんだwwwいいよいいよ~(笑)」
ヨネ「あと一つ。21:30からU君(‘lonely’oneあだ名コレクター)が来る。ますますゴメン・・・。」
N君「あ、くるんだ。いいっすよぉ。」
ヨネ「あ、今から行くの、飲み屋じゃなくて焼肉屋なんだけどさ、知ってる?」
N君「知らないなぁ。どこ?」
ヨネ「いや、オレも行ったことないんだよね。で、待ち合わせ時刻の前に調べに行こうと思ってたんだけど、いかんせん待ち合わせへの到着が4分前だったっていうwww」
N君「はははwwwいいよ。」

店に到着。N君と近況を報告しあった。N君は大学で合唱サークル、というよりわりとガチな合唱部で活躍し、心理学を専攻する院生になる道を選んだらしい。今はその勉強と、社会人合唱団の活動に顔を出す日々を送っているとか。僕の方も、就職先やダンスの話をした。ちなみに焼肉屋にきたはいいが、N君は夕方6時以降はあまり食事をしない主義らしく、さらに夜10時をすると眠くなる朝方な人間らしく、あまり箸は進んでいなかった。そのうち、高校時代の話に。
ヨネ「そういや1年の時の担任は怒らなかったよね。」
N君「いや、オレは怒られんたなぁ。『聞いているのか』って。」
ヨネ「N君なにした?www」
N君「いや、数学質問したけどオレ理解悪かったからさぁ。」
ヨネ「あぁそういや3年の時もN君とは同じクラスだったよね?」
N君「そうだね、まぁ他の人誰いたか全く覚えてないんだけど。」
ヨネ「www」
N君「そういや1年の時の担任の名前ってなんだっけ?」
ヨネ「担任もかwww」
N君「オレ大学まで携帯持ってなかったから皆に連絡先教えてなくてさ。高校の人って同総会かなんかで集まってんの?」
ヨネ「一回イベントがあって、オレ踊ったことあったけど(2008年8月30日更新の日記参照)。」
N君「そうなんだぁ~知らなかったなぁ。」
とはいえ傷ついてもいないN君はやはり魅力的な逸材だった。
U君から電話が来た。
ヨネ「あ!?なに!?」
N君「そんな電話の出方ありかwww」
U君「道が分からなくて。」
ヨネ「は!?」
僕は怒りにまかせ、『改札を出て左に行って大通りを左』と適当に指示した。ちなみにその後は電話の折り返しがないように、店の名前と住所を書いたメールを送信した。
N君「あんな教え方で来られるかなwww店の前でオレ待っててあげようか?」
ヨネ「いらんいらん!それより肉食おうよ。まぁ来られなかったら結果オーライみたいなところあるじゃん。」
N君「www」

U君は到着してしまった。これまでの時間は、「埼玉スーパーアリーナでライブに行っていた」らしい。
ヨネ「あ、誰のライブ?」
U君「・・・ん?」
ヨネ「なんでお前メニュー選ぶのに必死だよwwwえ、何様?」
N君「言い方がひどいwww」
U君「今日はまだいい方だよ。誰のライブかって言うとね・・・あ、冷麺頼んでいい?」
ヨネ「なんでじらすのウザいんだけどマジでwwwてか焼肉屋で冷麺頼むって失礼だからね。この店も肉で勝負しようと決めてんだからさ。」
話を嫌々聞くと、どうやらライブとは『けいおん』というアニメの声優が出演したらしい。
ヨネ「つまりアニメオタクたちが埼玉に一同に会したんだ?」
U君「『オタク』ってやめてもらえないかな、全くホントに。」
ヨネ「ごめん、だから全国から『アニメフェチ』たちが集まったんだ?」
U君「『フェチ』ってもっとやばいだろ!笑」
N君「和訳すると、『性癖』って意味だからね。」
ヨネ「www」
一旦席をはずして戻ると、U君たちが近年の社会現象についてアツく話していた。ちなみにN君は、地球上でおける唯一のU君の理解者である。
N君「そうだね、もうコンピューターなしにはいろんなことができない時代だからね。」
U君「まぁ『コンピューター社会』って言われてるからね。」
ヨネ「なんでお前今日偉そうなの?腕組んでなんでお前ビルゲイツ気取りだよ?お前が作ったわけじゃないからね?」
N君「まぁそうだなw」

食事を終え、3人で店を出ることに。U君がカラオケのオールを提案した。N君も「店を出た時の天候次第で行ける」とちょっと意味プーなことを言いつつ、外に出て「じゃあちょっと行こうかな」。3人でカラオケに。
ヨネ「ねぇU君、お前の提案なんだから責任持ってほしいんだけどさ、オレトイレ行きたいんだけど。」
U君「頑張れよ~あと5分で着くんだから。」
ヨネ「言ったな?じゃあ5分たったら漏らすからな!?いいな!?」
N君「あ、パトカーだ。」
ヨネ「あ、すみませーん!コイツ(U君)捕まえて下さーい!」
U君「待てよ(笑)あ、そういえば最近自転車の盗難チェック厳しいな。よくされるんだよ。」
ヨネ「オレも週に3回とか食らったことあったなぁwww」
N君「あれって強化する週とかあるんだよね。オレもされすぎて、警察の人と知り合いになったりしたもん。『あ、確か合唱の子?』とか言われたりしてさ。」
ヨネ「仲良くなってるwww」
N君「‘もうチェックする意味ないじゃん’とか思ったけどさwww」

カラオケに到着。3人でオールをすることに。N君は2時過ぎに帰るという。眠くなってきている様子なN君に比べ、U君はアニソンで全開。どうやら、埼玉から持ってきたテンションはまだ続いているらしい。
ヨネ「U君今日クッソテンション高いじゃんwww深夜2時近いとは思えないwww」
U君「うん、明日は就活セミナーもあるし説明会も行かなきゃいけないし。」
ヨネ「鬱憤たまってるwww」
N君は最後の最後に再起した。そして『旅立ちの日に』をマイクなしで歌うことで見事に合唱部の爪痕を残した。
N君が帰った2時過ぎから、5時までフル回転でU君と二人で歌っていた。歌いながら予約を入れ、10曲近くたまった。勢いで「ジャニーズ縛りしよう」と言うU君に乗るオレ、米田。体力が尽き始めそんな会話も忘れた4:30、ジャニーズ縛りによる『BANG!BANG!バカンス』がU君を襲う。そんな感じで、死力を尽くしたカラオケが5時まで。
そんなわけで帰宅は2月21日朝6時頃。さて、楽しみにしていたN君との再会が終わった。彼に言われたことは何年か前同様、僕に何かを学ばせるいい薬だった。今、真面目に話したい話がある。しかしその話はあまりにも難しく、楽しくもない。僕にも友達はいくらかいるが、おそらくよほどの精神力がない限りこの話は聞くことができない。本当に悩んでいることは、打ち明けることも悩みなのだ。この数日間、その条件を満たし僕の相談相手となってくれる相手がいるか、考えた。親族、先生、先輩、同期、後輩。それこそ人生で知り合った人を懸命に思い出し、久しぶりに頭をフルに使って考えた。オレの体が限界ぎりぎりになるまで、考えたいと思う。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。