FC2ブログ




楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


激動の一日(3月11日の日記)
すっごい目まいがすると思ったら震度5強の地震に見舞われていました米田です。皆様大丈夫でしょうか?ご無事を祈っております。
3月11日。朝は9:30起き。食事をした後家で卒論開始。英語に訳す作業は終わったが、先生からの指導が入ってからは初始動。文章の構成を全体的に変えなければならないらしい。もちろん、やりますとも。熱中したら早いオレ、米田。ぶっ続けで2時間半。部屋にこもってトコトンやった。アルバイトへ。
15時からのバイトだったが、14:40ぐらいにレジに着いた。出勤ボタンを押そうと思ったが、お客さんがきていたため接客開始。そんな時・・・
お客さん「揺れてません!?え、揺れてません?!」
「いや、これは僕の目まいです」とよくわからない回答をしかけるオレ、米田。しかし、これがのちに震度5強と計測される大地震だと判明。デパ地下は店員もお客さんも女性が多いから、大騒ぎになった。お客さんが取り乱す。店員の悲鳴。揺れる電灯。しかし、波のプールでの水没未遂(兄が救出)、山岳部時代に泊まったテント場で見舞われた最強の雷(100メートル付近に落下したが全員無事)、『事故飲み』とネタになるぐらいデカい交通事故に見舞われた箱根温泉日帰り旅行(修理費が莫大だったが全員無事。2010年12月27日更新の日記参照)、K先輩(レジェンドオブ肝試し)にかけられた塩コショウ(右目が開かなくなる。2009年8月5日更新の日記参照)、海での生き埋め(自力で脱出。2008年8月28日更新の日記参照)などなど、これまで死ぬギリギリの体験は数多くしてきたオレ、米田。死ぬ覚悟は常にできているため、めったなことでは命の危険を感じない。
レジに来ていたお客さんが「下の階に子供を置いてきている」というから誘導し、帰ってくるとレジ前の通路でおばあちゃんが動けなくなっていたから机の下に入れた。デパート内に緊張が走る。警報が鳴る。その時米田は・・・




出勤ボタンを押した。
普段と変わりない『日常』でも、こうした『異常』が起きる。普段と違う事と言えば、今日新たにうちの店にMさんというパートの女性が入ったこと(これに関してMさんを『嵐を呼ぶ男』ならぬ『地震を呼ぶ女』と命名しようと思ったがさすがにやめておく)、いつもレジでテンパった時に助けてくれる隣の中華屋さんのお兄さんがメガネを黒ぶちに変えたことぐらいだ。おそらくこのことは、地震の発生にはあまり関係がないと思われる。
地震はやむことなく数分間続いたように思う。通路を「あ、唐揚げ買い忘れた!!」と戻っていったおばちゃん以外は、みんな不安でたまらなかったはずである。昔ディズニーランドのスプラッシュマウンテンの最後の写真撮影でで成すすべなく父のカバンに顔をうずめていた僕は、この地震でそろそろ酔いが回ってきた。そこに店内放送が入る。
「本店は耐震構造となっております。どうか冷静に、本店内で机の下に隠れるあるいは柱に捕まる等してください」。
‘『耐震構造』?なら大ジョブだ’と短絡的な論理で安心する僕。こういう時、おつむの足りない人間は強い。
揺れが収まり始めたのを機に、‘勤務中だからちゃんと湯葉を売らなくては’と思い、レジで作業を始める湯葉職人のオレ、米田。

余震がこの後何度か襲った。若干酔いはしたものの、だてに昔団地に来た起震車での震度7度体験で無駄に片足立ちに挑戦した男ではない。周囲の店の人と連絡を取り合う。
総菜屋「今日って店、早めに閉めるんですかね?」
ヨネ「あ、そうなんですか?」
総菜屋「だって・・・お客さんいなくないですか?www」
ヨネ「ですね(笑)これじゃ売れないですもんねwww」
ま、うちは割といつも売れないけどな。
‘え、地震によって閉める場合僕の今日のギャラはどうなるんだろう?’‘やっぱり差し引かれるのかな?’‘でもサークルEの同期旅行の分のお金貯めないといけないんだけど・・・’‘ならお客さんいなくてもレジにいたいなぁ’など、頭の中がギャラのことでいっぱいになる最低男、オレ米田。その後、徐々にお客さんがまた増えてきた。電車が止まり、近くの店は停電しているため、避難に来た人も多いようだ。社員のおばちゃんが各店を回る。
社員のおばちゃん「ご家族の安否確認した?」
ヨネ「あぁ~でも携帯繋がらないらしいんで。」
社員のおばちゃん「そこの公衆電話使えるから交代で使っていいよ!」
ヨネ「あ、そうなんですか?わかりました。」

「わかりました」とは言うものの、果たして米田家に安否確認など必要あるだろうか?携帯を持っていない米田家。父はテレビで津波の映像を見るのが大好きな海男だし、兄は昔マラソン大会で1位になってるから大丈夫だ。強いて言うなら新しく引っ越した家はガスの元栓の場所がわからないから危険だが、そこもなんやかんやで解決してくれるだろう。改めて思う。米田家に安否確認は必要ない。
バイトは結局予定通り閉店時刻の20:00まで続いた。現金過不足が多く出てしまったのと、エレベーターが止まっていたためB1から5階まで3往復するのが非常に辛かったのはキツかったが、電車が止まっていることを知った父が車で迎えに来てくれたため助かった。むしろ車の中でケンタッキーを食べ、わりと裕福な方だったように思う。
帰宅した家は、停電していた。懐中電灯とろうそくで明かりを灯す。
兄「ヘックション。・・・寒い・・・。」
父「エアコン止まってるからな。」
一弘「まぁエアコンとまるのは今に始まったことじゃないけどね(1月21日更新の日記参照)。」
父「一弘あとで学校(ダンスキャンパス)行くの?友達連れてきてもいいぞ?」
一弘「うん、何人か学校に避難してるらしいから様子だけ見に行くよ。」
父「でも連れてこないと『ヨネ先輩見て帰るだけですか』とか言われるぞ?笑」
一弘「でもうち来ても電気ついてなくて寒いし風呂入れないしお湯も飲めないんじゃ学校の方がよくね?『ヨネ先輩の家ですか?いや、今日はいいっすわ』とか言って断られそう。」
兄「今日来なきゃいつ来るんだよwww」
一弘「そういえばうちってガスの元栓の場所わからないじゃん?漏れてないの?大丈夫?」
兄「あ、そうだね。」
父「あ・・・まぁ大丈夫だろう。だってほら、普通にろうそくついてるから。」
一弘「結果論www」
兄「www」
父「ね。ガス漏れてたら今頃爆発してるもん。」
一弘「www」

その後学校に行き、誰とも会えずに帰宅した。ちょうどドアを開けようとしたタイミングで電気が復旧。エアコンもついた。父はお茶を4杯ぐらい飲んだ。兄はもう寝ていた。
そんなわけで今日は日本中が大変な日だったわけだが、そんな日にも明日が来る。皆様お気を付け下さい。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。