楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エール(3月21日の日記)
山岳部と会った後は必ずヘロヘロになってます米田です。
N君(怒れるウンコ)の家で9:30に目覚めた。
ヨネ「・・・てかそろそろ起きね?www」
その声で、N君とO君(馬鹿界の帝王)も起床。
N君「あれ、U君(‘lonely’oneあだ名コレクター)は?」
O君「あ、いない(笑)帰ったんじゃね?」
ヨネ「確か帰ったよw『始発で帰る』とか言ってた気がする。」
O君「あ、会ったの?」
ヨネ「うん、4時頃かな?起きてさ、アイツDSかなんかやってた。で、『寝る場所がない・・・』って言ってたwww」
N君「www」
ヨネ「で、オレソファで座って寝てたじゃん?」
N君「あ、そういえばwww移動したの?」
ヨネ「そう。深夜に起きてさ。そしたらO君が同じソファの4分の3ぐらい使って寝てたじゃん?オレ頭に来てさwwwそしたらU君が『寝る場所ない』って言ったんだけど、オレその時このポジションが空いてることに気付いてさ。‘コイツここ空いてるの気づいてないな~’って感じでシメシメと思ってこっそりここに移動した。」
N君「お前のせいでU君帰ったんじゃねぇかwww」
O君「wwwあ、ヨネ。オレ今日昼過ぎには帰るから。」
ヨネ「うん、オレもそうするよ。で、朝何する?」
N君「外雨降ってんぞ?!」
ヨネ「人生ゲームとかする?」
N君「待てよw朝から22歳の男3人で人生ゲームしないだろwww」
ヨネ「え~~なんかしようよ遊ぼうよ!」
O君「お前昨日の夜ここ来てすぐ寝たからいいけど、オレらは2時過ぎまで『バイオハザード』やってたんだぞwww」
ヨネ「wwwじゃあ『なんかしようとしたけど雨降ってるから二度寝する』っていうのを実践してみる?」
N君「www」

実践した後、昼近くに3人でガストに行った。昨日撮ったビデオを見ながらちんたら食事し、よもやの解散。全員ぐったりしていた。
駅のホームで乗り換えようとしていると、バイト終わりのNさん(作り天然人工おばあちゃん)に会った。
ヨネ「おう!バイト終わり?」
Nさん「うん。食事する?じゃあ『ココス』行こうか?」
ヨネ「・・・まぁ今さっきガスト行ったところなんだけどねwww」

Nさんと食事した。
「あ、バイトない日いつ?もう一回食事しようぜ!」
「山行くの?オレ一緒に行ってやってもいいぞ!」
「Nさん暇な日ある?早めにいってくれれば空けてやるぞ?」
という僕の誘いをことごとく断るNさん。その割にハンバーグを天下一品旨そうに食べ、僕のポテトを遠慮なく横から食べ、デザートも横取りして食べていた。

Nさんと解散し、帰宅してから休憩し、夕食。今日は一日中食っている気がする。
それが終わったタイミングで、サークルEのメーリスが流れた。
『今から後輩S君(完璧男)と食事するんで来たい人来て下さい。』。
R君(シャイニングブレイカー)からだった。食事はすませたものの、行くしかないと思ったオレ、米田。22:00、家を出た。
家を出るのが少し遅れ、R君と後輩S君を駅の改札で待たせてしまう展開に。電話が来た。
R君「ヨネ、今どこいる?」
ヨネ「駅に向かって走ってる!!あと2分だから待って・・・」
R君「ヨネさ、何でも屋Oとハンバーグ店Kどっちがいい?」
ヨネ「ちょっと待ってお前、現地で合流しようとしてるだろwww」
R君「いいから選んで。」
ヨネ「・・・じゃあハンバーグ店Kで。でもあと数分だからさ・・・」
R君「じゃあハンバーグ店Kで集合で。」
ヨネ「いや、だから待ってよwww」

ハンバーグ店Kで合流した。R君は後輩S君と、ブレイクの技のコツを教えあっていた。実は今日も彼らは練習していた。サークルEの、特にブレイカーの努力には恐れ入る。
注文する時になった。
ヨネ「R君、ドリンク券は?」
R君「ねぇんだよ、なくなっちゃった。」
ヨネ「あ、じゃあR君何飲みたい?」
R君「いいよ好きなの頼めよ。」
ヨネ「どうせR君オレの横取りするでしょ?だったらR君の好きなのにした方がいいよw」
R君「ビールで。」
ヨネ「あ、そうきたかwww」

飲み物が来た。
R君「ヨネ、ビール来たぞ。」
ヨネ「あ、R君飲んでいいよ。だって店の人も、オレのドリンク券なのにR君の前にコップ置いたもんね。」
後輩S君「ははははwww」

先日の総会や一昨日の連盟の話をした後、ツイッタ―の話になった。
R君「ヨネってツイッタ―やってる?」
ヨネ「オレやってないんだよね。でもまさにやるかやらないかの狭間。どうせしばらくしたらやるんだろうなぁってぐらいな感じ。」
R君「そっか~。オレあんまやってないんだよね。」
ヨネ「え、そうだっけ?」
R君「いや、やってるんだけどやってないみたいな。狭間。」
ヨネ「お前もかwww」
R君「いや、『フォロー』っていうの?ミクシィでいうマイミクみたいなさ。それあんまやってないんだよね。」
ヨネ「へぇ。あんまり知り合いには見てほしくないけどなんとなくつぶやきたいみたいな?」
R君「いや、ただ単にフォローしてないだけ(笑)」
ヨネ「あ、そうなの?てか後輩S君ってツイッタ―やってるの?」
後輩S君「僕はやってますよ。」
やっぱり完璧にピッタリ140字のツイートなのかな。
後輩S君「僕は1日に結構つぶやきますね。」
やっぱり完璧に時報みたいに1時間に1ツイートなのかな。
R君「たとえばさ、後輩S君ってどんなことつぶやくの?」
ヨネ「おう、知りたいwww」
後輩S君「そうですねぇ~たとえば・・・あ、今就活をしてるんですけど、今日はそれをつぶやきましたね。」
R君「ほう。」
後輩S君「『今日1次面接の予定だった会社の面接が、最終面接になった』ってつぶやきました。」
R君「・・・え、なにそれ!?www」
ヨネ「完璧だwwwよくわかんないけどwww」
後輩S君「いや、なんか1次面接だって聞いて会社に行ったんです。でもなんか合併かなんかする会社の説明みたいのを受けて、そのあと面接だったんですけど、そこで『今日は最終面接になります』って(笑)」
R君「いきなり最終www」
ヨネ「やっぱり後輩S君は選ばれし男だwww」
後輩S君「それには確かにびっくりしましたねwww」
ヨネ「そっか、面接かぁ。まぁ地震の影響で色々メンドだろうけど偉いな、頑張ってんな!」
R君「後輩S君さ・・・



面接で『これまででした最大の失敗は?』って聞かれたらどう答えるの?」
ヨネ「R君それマジいい質問だよwww知りたい!!www」
後輩S君「そうですね、実際大きな失敗談とかはあんまり思いつかないので困るんですよね。」
ヨネ「でも結構聞かれるっしょ?」
後輩S君「そうですね。その時は、『自分は細かいことにこだわりすぎて完璧主義なとことがあるので、もう少し柔軟に・・・』みたいなこと言いますね。」
R君「後輩S君の失敗・・・思い当たらねぇなwww」
ヨネ「それってすごいことだよねwww・・・あ!!あったよ!!唯一の失敗!!2年前の連盟系列イベントで、照明器具ぶっ倒したじゃん!www(2008年6月9日更新の日記参照)」
後輩S君「あぁそうですねwww」
R君「いや、オレは後輩S君にはもっと壮大なことを言ってほしい。」
ヨネ「あ、面接官が『そうきたか!』ってなるようなねwww」
R君「あ、これは!?・・・『この世に生まれてしまったことですね』って。」
ヨネ「大きいなwww」
後輩S君「それいいですねwww」
ヨネ「なるほど、こんな汚い世の中に生まれてしまったこと自体が失敗だとwwwあれだね、すっごい大物と思われるか、すっごい思想家と思われるかどっちかだねwww」
後輩S君「先輩たちはどんなこと言ったんですか?」
ヨネ「オレはゼミの論文のこと言ったかなぁ。R君は?」
R君「オレは内定した会社の最終面接でさ、『人生最大の失敗は、中学の時2人の女の子を同時に好きになってしまったことです』って言ったよ。」
ヨネ「なにそれwwwwww」
後輩S君「ははははwww」
R君「最終面接だから、就活生1人で面接官は凄い偉い人が5人ぐらいいてさ。それで、『そのせいでその恋は悲しい結末になりました』って言った(笑)」
ヨネ「しらねぇよwww」
R君「でも向こうもさ、『ということはもう今はちゃんと一人の人を好きになれるようになったのかな?』って言われて『はい』って(笑)」
ヨネ「なんだそれwwwあ、それで『この子はうちで内定を挙げればちゃんと1本でうちの会社を愛してくれる』ってなったのかなwwwなんかいいな、いい会社に入ったなぁ!!笑」
R君「オレもそう思うんだよねぇwww・・・くそぉ後輩S君の失敗談、面白いのないかな・・・。」
ヨネ「あのね、別に珍回答を言わなきゃいけないわけじゃないからさ(笑)」
R君「あ、『不平等を生んだこと』ってどう?」
ヨネ「デカイ!!wwwデカすぎる!!www」
後輩S君「それカッコいいですねぇ(笑)」
ヨネ「みんなが『バイト先で失敗して・・・』とか『サークルで友人と上手くいかなくて』って話をしてる中、後輩S君だけ『不平等を生んだこと』っておかしいだろwww」
後輩S君「あとあれなんですよね、『うちの会社の志望度は何パーセント?』も困りますね。」
ヨネ「あぁオレ『志望順位は?』っていうのは聞かれたけどね。」
後輩S君「なんて答えました?」
ヨネ「まぁ基本的にはいかに気を使えるか、社交辞令が言えるかだから、『第1志望です』っていうね。」
後輩S君「そうですよね。僕前に受けた会社では、『今まだ面接を受けてだんだん好きになってる段階なので、70パーセントぐらいです。これからまたあがっていくと思います』って言ったんですよ。」
ヨネ「いいね。いいんじゃない?」
R君「なんか面白い答えねぇかな・・・。」
ヨネ「面白くなくていいから使えそうなの考えてwww」
後輩S君「で、この間も聞かれたんで、『80パーセントぐらいで、また上がると思います』みたいなこと言って(笑)」
ヨネ「確かに次困るねwwwもうマックスにいっちゃうのかどうかwww」
後輩S君「そうなんですよwww」
ヨネ「でもあんまり素直に行き過ぎるのも良くないと思うよ。確かM君(暴れん坊将軍)だったと思うんだけどさ、ベンチャーでそれ聞かれたらしくて、『今のところ第5、6番目ですね』とかいって落ちたんだってwww(2010年5月25日更新の日記参照)」
後輩S君「『5、6番目』www」
R君「あ、ヨネ。いいの思いついた!」
ヨネ「なに?笑」
R君「あ、『志望度は、四天王ぐらいですかね?』ってどう?」
後輩S君「ははははwww」
ヨネ「なんでちょっとトーナメント形式なんだよwww」

時間にして1時間ほどの食事だったが、山岳部に続き、これまたすごく楽しかった。ちなみにこの食事の勘定時、後輩S君は自分の分を釣りなく完璧にピッタリ支払った。

さて、Nさんとの食事が終わり、もしかしたらこれが最後になるのかもしれない。いつか見たミクシィかなんかのつまらないアンケートで、『男女の間の親友はあり得るか』というのがあったものだが、僕は断然これは『あり得ない派』だった。だがもしそれがあるとしたら、彼女はその類いだろう。Nさんは、O君、N君、U君、僕、山岳部にとって大切な存在であった。貴重な相談相手であり、僕が認める指折りの『旨そうに食事をする人』であるNさんの大阪行きは、正直さびしい。だが、再び言いたい。まぁ、頑張ってくれ。

この記事に対するコメント

うい、頑張る!

次はお好み焼きを食べよう
【2011/03/24 00:02】 URL | ぼむ #TRwUphkU[ 編集]

ぼむ へ
オレら4人が君のためにわざわざ出向くということかwww

頑張れとはいうものの、イメージ的にあんまりガツガツ仕事ができる感じにはなってほしくないのでそれなりな感じでね。そいでお好み焼きはおごってね。ファイティン!
【2011/03/27 02:05】 URL | 米田一弘 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。