楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バイバイサークルE(3月25日の日記)
少年の心を持ち続けるどうしようもない大人になりたいと思っております米田です。なんか名残惜しくなってまいりましたが最後の日記いきます!3月25日っす!なお、これとは別に最後に結びの記事を書いて、このブログを終わります。では以下より、日記をどうぞ!

3月25日、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)による最後の同期企画が催された。目的地は『ジョイポリス』。前日の2次会(3月28日更新の日記参照)の時、T君が「じゃあジョイポリスとか行っちゃう!?」といい、みんなも「ジョイポリスイエーイ!」みたいな流れになり、決定した。もちろん僕も「ジョイポリスイエーイ!」だった。そして急いで携帯で『ジョイポリス』と調べ、それがお台場にある室内遊園地らしいことを初めて知った。。前日の3次会(3月28日更新の日記参照)で自らエグり、自らトイレで人間ポンプと化したオレ、米田。参戦が危ぶまれたが、他のメンバーと違い僕に関しては行かなかったら誰からも「ヨネ来ないの?」的なメールは届かないと思い、執念で10時起床。ど真ん中の二日酔い。胃液が不定期に上ってくる中、電車に乗りお台場に到着した。
幹事を務めるため3次会を避け今日に備えたT君(フロム埼玉)のもとに、ぐったりしたメンバーが着々と集まってきた。12:00の事である。
T君「Aさん(ブレイキンジャザー)来られたんだ?」
Aさん「うん、早めに抜けるけどね。」
T君「あ、マジ?何時ぐらいまで?」
Aさん「15:00ぐらいで帰る。」
Nさん(人間ワンダーランド)「早っ。」
T君「ちょいじゃん!『チョイポリス』じゃん!www」
ヨネ「www」
T君「『チョイポリス』じゃん!wwwあれ?てか今日Eさん(将軍を従える踊り子)は?」
Nさん「来られないんじゃね?」
Aさん「Eさんは昨日3次会ホントにヤバかった。」
T君「マジで?笑」
Aさん「もうね、今までを超える酔い具合だった。」
T君「え、そんなに?wwwじゃあアイツも『チョイポリス』か。」
ヨネ「それ気に入ったの?www」
K君(飲み会ハッスラー)「チョイポリスかぁ。あれ、そういやM君(暴れん坊将軍)は?」
T君「13:00頃から来るって言ってた。」
K君「アイツもチョイポリス?」
T君「K君、それオレのだからね?」
K君「もうどっちが言いだしたか分かんないぐらい使う。」
ヨネ「なるほどねwww」
Aさん「てかちょっと納豆巻き食べていい?」
なんで?
K君「Aさんオレもちょっともらっていい?」
Aさん「いいよぉ~。」
K君「てか今ちょうどお昼時だもんね。♪お昼休みはウキウキドキドキ」
T君「『ドキドキ』じゃねぇしwww」

昼食を食べに駅を出て歩く。K君の『バーミヤン』案は、Aさんの凄い剣幕による「え、ヴァーーミヤン!?」という苦情により却下。ランチメニューで地震の義援金を募っている建物内のレストランへ。ランチメニューの『牛すじ煮込み』を注文した直後、隣のK君に「ヨネ、ちょっと牛すじ分けてね」と言われながら食事開始。
Iさん(猛者)が到着したのはそんな時だった。
Iさん「今来た感じだとね、みんな『ジョイポリス』の空気に負けてるよ?www」
T君「マジで!?笑」
Iさん「うんwww」
ヨネ「まぁ全体的に二日酔いだしなwww」
K君「オレ乗り物結構不安なんだけどw」
ヨネ「オレもwww」
K君「てかゴメン、オレワンチャンコーラ持ってきていい?」
ヨネ「今『ワンチャン』の使い方あってた?www」
T君「K君意味わからず使ってるでしょ?www(『ワンチャン』については2月24日更新の日記参照)」
K君「wwwあれ?今日ヨネ、シャツグアムで買った『STUSSY』着てないの?」
ヨネ「いいだろ別にwww」
T君「ホントだwなんで着ないの?www」
ヨネ「グアムで散々笑われたからだよwww(3月22日更新の日記参照)」
K君「今日もヨネ買えばいいじゃんw」
ヨネ「なんでビッグイベントのたびにオレSTUSSY買うみたいになってんの?www」
K君「それマジウケるなwww」
T君「実際自分のファッションとか笑われたらショックだかんねwwwオレヨネだったら絶対生きていけないもん。死んだ方がいい。」
ヨネ「あ、オレとして生きるよりは死を選ぶんだwww」
T君「うん、ヨネになるなら死んだ方がいい。」
Iさん「T君それひどいよ~キャキャwwww」
ヨネ「笑うのやめてもらえるかな?」

その後、Nさんがバイト先でシフトをだんだん削られていって結果自然消滅させられた話に笑かされた後、そろそろ食事も終わるタイミング。
T君「食ったぁ。」
K君「いやぁ腹減ったぁ。・・・間違った、『腹いっぱい』だったwww」
Nさん「でもそれ間違っちゃうのなんかわかるwww」
K君「いや今のマジなんでミスったんだろwww」
ヨネ「食い終わった瞬間に腹減るっていうwww今一瞬だけすんごいデブキャラになっちゃったもんねwww」
Iさん「一瞬デブキャラwww」
思ってもないことを言ってしまうその感じは、何年か前にR君(シャイニングブレイカー)から聞いたL先輩(一人操り人形)の逸話を彷彿させた(2008年12月8日更新の日記参照)。

格安のランチだったが二日酔いの僕らにとってその量は十分で、残すものも多かった。「義援金のメニューなのに食べ残していいのかね?苦笑」などと言いながら、僕らはいよいよジョイポリスへ突入。最初の乗り物は『スピンバレット』なる室内コースター。2人乗りとなれば当然『誰が外れとなるか』に注目が集まる。もちろん『外れ』とは、僕と乗ることを意味する。その犠牲者となったのは、まだ我々と合流して間もないM君(暴れん坊将軍)だった。遅刻者への洗礼。M君の『こんなことなら来なきゃよかった』と言わんばかりの表情が印象的だった。
スピンバレットに乗り込んだ僕ら二人は、「じゃあ声出した方が負けね」。そして次の瞬間二人とも「うおぉぉおぉ!!!」。安全基準をギリギリでクリアしていそうなその乗り物は、左右の揺れで僕の胃袋を刺激。乗り終わった後は、なんか口の中が酸っぱくなっていた。
その後、『ワイルドリバー』等の、バーチャルリアリティーツアー(揺れる乗り物とバーチャル映像で空を飛んだ錯覚に陥るゲーム)を3連発で楽しんだ。後半にT君が「これ終わったら一回休憩挟むから。」「じゃないとオレマジでやばいから。」「オレ三半規管弱いから」と泣きごとを言い始めたが、それでも最前列の時は両手をあげて楽しんでいた。T君はその後30秒ほど、気を失っていた。ちなみにIさんは僕の隣になった時、そこを荷物置き場にした。
T君(守護神)や、昨日華麗に散ったらしいEさんは途中から参加。Eさんは昨日のことについて、
「袋に吐いてたらその袋が破けてて大変だった。」
「隣に後輩R君(超新星)が来てくれたからなんか助けてくれるのかと思ったら、隣で吐き始めた」
と証言していた。

3Dサウンドのお化け屋敷『生き人形の間』で、T君(フロム埼玉)が終始「あー・・・あー・・・・」とサウンドが聞こえないようにバグり始めたり、K君が「オレもうギブアップ!!ギブアップ!!」と叫んだりしたあと、最後に『ハーフパイプキャニオン』なる2人乗り用のマシンに乗った。この時点で奇数だった僕ら一行。もちろん一人なら僕だ。店員の
「マシンの数の都合で、一度に9名乗ることができないのですが、4名様と5名様で分かれていただいていいでしょうか?」
に、
「いや、8人と1人でいいですか?」
とT君(フロム埼玉)。
「・・・え、8人と1人?!www」
笑いをこらえるのに必死な店員が印象的だった。

みんなが見つめる中一人で何かをする・・・このシチュエーションはあの時と同じだ。そう、1月の卒業旅行のフラダンス体験(1月21日更新の日記参照)。あの時はジャザーにガチでひかれて終わった。いざリベンジの時。
この『ハーフパイプキャニオン』はスノーボードのハーフパイプの疑似的な乗り物に乗りながら足元の操作で『パワーロック』という技を繰り出し高得点を狙うというもの。T君に「ヨネ、乗りながらメチャメチャ騒いで。」とアドバイスをもらった僕。始まったハーフパイプ。僕は全力で叫んだ。
「パワァァロォォォック!!」
「オレが第二の国母だぁぁ!!」
「どうだぁ!!」
「オレが一番だぁ!!」

あとで聞いた感想としては、「何言ってるかよくわかんなかった」「とりあえずキモかった」というものだった。
その後もいくつかのゲームをしたあとジョイポリスを去った。Iさんいわく「節電を感じさせない」ゲームセンター的なところに到着。プリクラを撮った。人数の都合上、全員が映ることが困難だったため、プリクラのカーテン内をグルグル回ってローテーションするスタイルに。なんとかいい感じのが何枚か撮れてよかった。
土産屋で「ヨネ、STUSSYのシャツ買わねぇの?」と言われ、「てかまずここに売ってねぇだろwww」とツッコみながら、見つけたのはスカイツリーの500円玉貯金箱。
ヨネ「じゃあ同期の男で、ここで記念写真撮ろっか!」
誰も集まらなかった。

とうとう夕食時。
T君「じゃあ最後だし、奮発する!?高いとこいっちゃう!?」
K君「じゃあ吉野家。」
ヨネ「輪を乱すwww」
R君(シャイニングブレイカー)「じゃあ奮発して特盛りにしてやるよ!!」
M君(若武者)「『奮発』ってそういうことかよwww」
ヨネ「あくまで吉野家の中でなんだねwww」
T君「ちょっと最後だよ!?www」
K君「じゃあ特盛りに半熟卵トッピングしてやるよ!!」
ヨネ「www」
T君「じゃあ他に店ないか、ちょっと探してみよう(笑)」
K君「頼むぞお台場マスター!!www」
ヨネ「あ、T君そんなあだ名になったんだwww」
R君「『お台場マスター』www」
Y君(シューティングスター)「手のひら返しだなwww」

これまた格安の中華バイキング屋にたどり着いた僕ら。2テーブルに分かれた。僕の席にはIさん(猛者)、Kさん(ベーグル宅急便)、Eさん(踊り子)、M君(若武者)、K君(飲み会ハッスラー)。Eさんがライチの上にたこ焼きを乗せていることに静かにテーブル内でどよめきが起こったり、K君がドリンクバーでコーラとコーヒーと酢と香辛料の入り混じったドリンクを作ってきたり、EさんとIさんがそれに杏仁豆腐とライチを足したり、R君(シャイニングブレイカー)がそれを「最後に掃除機の臭いがする」とグルメリポートしてくれたりしたあと、敢行されたのは『おいしい顔選手権』。みんなで交互に飲み、笑顔で「おいしい」というこのゲーム。順々に頬をひきつらせ、むせ返り、思わず「うわ・・・」といいながらもやりきった時は、今年度の学園祭ステージ(2010年11月25日更新の日記参照)にも勝るとも劣らない充実感が込み上げた。・・・それはない。

そしてこの後、僕に大きな仕事が待ち受けていた。
R君「そういやヨネ、『実は考えてある』んでしょ?」
ヨネ「いやそれは・・・。」
何から話せばいいのだろう。事の発端は、グアム旅行の2日目だったように思う。同じ部屋のY君(シューティングスター)とT君(守護神)は、後に続く工程を前に完全に疲れを見せ、部屋で寝始めた。そこに空気の読めない『宇宙の体力』オレ、米田。
「みんな起きようよ!ほらほら!」
彼らを起こそうと大きな声で何やら叫んでいると、横からK君(飲み会ハッスラー)が声をかけてきた。
K君「ヨネ、ラップで起こしちゃえよ。」
ヨネ「・・・はい?笑」
K君「ヨネ、じゃあ動画撮るからな。」
ヨネ「ん、ちょっと待って何?笑」
K君「じゃあこのデッキで次に流れた曲でラップしろな?」
ヨネ「え、ちょwww」
K君「はい、スタート!!」
こんなノリで始めたラップ。彼が撮った動画は保存され、その日のグアム同期飲みで公開された(3月21日更新の日記参照)。キモさとなんとなくノってる感がコラボし、あのM君(暴れん坊将軍)が「いや、わりとオレは笑ったよw」と言ったことから歯止めが利かなくなった。ついにはグアムの帰りの空港で「ここでラップやって。」「てか追いパの最後のメッセージで、ヨネだけラップやりゃいいじゃん。どうせ誰もヨネの話なんて聞きたくないんだからさ。」と言われる始末。R君の言った「『実は考えてある』んでしょ?」は、追いパの日のラーメン屋での会話からだった(3月27日更新の日記参照)。「追いパのメッセージでほんとにラップやれよ」に、「いや、グアムから帰った後実は歌詞考えたんだけどさ、まだ歌えないから無理」と答えたのだ。
R君の「そういやヨネ、『実は考えてある』んでしょ?」から、『ヨネ今やれ』的な空気になるのは、ビックリするぐらい速かった。僕はそのまま全精力を注いでラップをレストランで熱唱。後ろの一般人がチラチラ笑いながらこちらを見てきて、右にいたカップルはそのまま帰った。唯一の救いはサークルEの面々だけは「これはキモいwww」「ないないwww」「いやぁこれはヤバいわwww」と多種多様に喜んでくれたこと。レストランから出た後も、なんか「PV作りたい」とか屋系の綺麗なところへ。僕はそこで、グアム旅行の思い出を凝縮したラップを熱唱。自己紹介から入り、『ビーチで拾ったナマコを同期水入らずで投げつけあい、3000円近くを費やしバナナボートに乗り、Y君(シューティングスター)がチャモロ人の女性ダンサーと踊り合い、T君(守護神)がチャモロ人のいたずらによりココナッツの汁を顔面に浴び、夜市の社交ダンスの場で音楽を無視してヒットを打ちまくるおじいちゃんフリースタイラーにビビった濃密な時間を1分に込めた。
R君「ヨネ、マジでいいわぁwww」
ヨネ「いや、もう大変だったよ・・・グアムから帰ってきて、ワープロで歌詞作って、風呂場で練習してwww」
R君「マジかwww」
T君「あ、その場のノリで歌うカンジのラッパーじゃなくて、熟考型ラッパーなのねwww」
そう。僕が追いパのメッセージで考えていた『伝家の宝刀(3月27日更新の日記参照)』とはこのことだ。万が一、僕の順番が全体の真ん中ぐらいで、かつグダっていたら、僕はこれをやるつもりだった。グアムから帰ってきて、歌詞を作って、出来上がったのが3月20日。それ以後、‘もし追いパでラップやる空気になって、失敗してしらけたら大変だ・・・’という恐怖におびえ、僕は毎晩風呂場で練習し、通学の電車内で携帯で歌詞を確認する日々を送っていた。ただ計算外だったのは、メッセージの直線にトイレから帰ってきた時に自分の席が最前列に移動していたことと、直前のK君のメッセージにぐっと来てラップをする気が失せた事と、なによりBGMでオルゴール調の『GReeeN』が流れていたこと。でもそのおかげで、僕は最後に真面目に話す事が出来た。本当に『GReeeN』には感謝している。

いよいよ別れの時。僕らは帰りの電車で順々に人数が減っていくのを惜しみあった。最後に残ったのはMさん(敏腕ドライバー)とKさん(ベーグル宅急便)。「私とKさんはすぐ会えるよ!会お!あ、ヨネは会うか微妙」というMさんの最後の言葉が気になった。

オレはひねくれ者だ。めったに人を信じたりしないし、素直に何かを認めたりすることもない。好意を抱くことも稀で、敬意を表すことも少ない。自分を天下一の努力家だと信じているから、周囲の人間の努力もあまり凄いと思ったことはなく、かつ悩みを打ち明ける人間はそれだけ軽い悩みしか持っていないんだと蔑むことすらある。でも、そんな僕でも、サークルEのことは大好きだった。それは、彼らがホントに『凄い人間』だからだと思う。不器用で言葉が苦手だから悩むことしかできず、カッコ悪く努力することしかできず、アツく、面白い。そんなところが、カッコいい。
オレは知ってる。人は本当に辛い時、喋ることなんて出来ない。泣くことなんて出来ない。全部一人になるしかない。最後に残った大切な者だけはそのままであってほしいと思うあまり、その大切な者に打ち明けることはあり得ない。悩みを打ち明けることなどできない。ブログやミクシィで書くことなんてできない。オレは、大好きなものを離れなくちゃいけなかった時、それを知った。そういう時はきっとみんな、うずくまるしかできない。だれどそんなの、悲しすぎる。誰かが気付くべきだ。答えが返ってこなくていいから、「なにがあった」と聞いてやるべきだ。僕には幸いにも、それをやってくれた人がいた。それがサークルEだった。
国民の三大義務は、『お礼と謝罪と恩返し』。彼らに恩返しをしたかったが、残念ながらもう3月下旬。お別れの時間だ。時間がなくなってしまった。恩を返す事も、罪滅ぼしもできず申し訳ないが、その代わり一生、忘れない。そう遠くない時に、またみんなで会えたらオレは嬉しいよ。
バイバイ、サークルE。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。