楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うんこ日和
高速道路を体験した。教習生2人、教官1人の2時間授業だ。もう一人の教習生は女の子…つーか普通に落ち着きある女性だった。明らかに年上。で、教官もこれまたお初、男性のMさんだ。
皮肉なもんだ。初対面の3人は、今から数十分後には高速と言う生と死の狭間を走る運命共同体になるんだから。ムエタイの祈りの踊りを心の中で再現しながら、僕は乗車した。
運転は、1時間目が僕で、2時間目が女性。先にやる方は、路上を走って高速に入り、パーキングエリアにはいるまでだ。路上でウォーミングアップ出来る分、有利だ。
米田「じゃ、いよいよ高速ですね。緊張するなぁ。よろしくお願いします。」
教官「ヨーティクオテガイティマトゥ」
…え?
米「よし、ここからいよいよ本線。最低50キロですね。」
教「トォータテ」
…え?
なんだ、さっきから人間と人間の会話になっとらんぞ…待てよ。もしかしたらさっきは「よろしくお願いします」と、今は「そうだね」と言ったんじゃないか?なんだよ、この独特のカツゼツの悪さは。ん…待てよ。このカツゼツ……

長州力だぁぁ!!なんてこった。俺の教習所にはヒョードルもいるし、長州もいるのか!こりゃ得した気分だぜ。せっかくだからたくさん話そ。
米「長州さん…じゃなくて教官。高速ではほぼずっとアクセルじゃないですか?!なんか踏んでる感覚が無くなって来るんですけど。」
長州「トンナトトタイト(そんな事ないよ)。」
米「あ、そうですかね。緊張してるだけかな。あ、後ろの方、シートベルトちゃんと締めといてくださいね。」
女性「はい、わかりました。」
米「あと気持ちをしっかりもってくださいね。」
女「はい。ウフフ。」
おい、長州。車内いい雰囲気じゃねぇかよ。初対面だぜ俺たち。
長州「トトデタテンテントウティテ(そこで車線変更して)」
米「タイ(はい)」
ちょっと合わせてみた。気付いてはもらえんかった。一度高速を下りて再び入った。また合流しなくては。
長「タイ、トトデタントティダリニトテテ。テンヲトッタラワタティティワタティテクダタイ。(はい、そこでちゃんと左に寄せて。券を取ったら私に渡してください。)」
米「はい。さ、合流だ。」
長「マタマタマタマタ(まだまだまだまだ)。カトクティテ~(加速して~)。今だ!!」
一瞬普通になった(笑)
僕の密かな楽しみは、無事パーキングエリアで終わった。あとはもう女性に交替だもん。楽チン楽チン。
長州に休憩を命じられ、13:45に出発する事を告げられた僕ら。トイレにいったあと、自販機を見ていると、長州が来た。
長「ホラ(ほら)。」
次の瞬間、僕と女性の手のひらにはそれぞれ120円が乗せられていた。
米「ご馳走してくれるんですか?!ありがとうございます!」
女「ありがとうございます。」
梅のジュースを買ってリフレッシュ。最高に気分がいい。まだ出発まで時間があったので、フラフラしていた。
すると、僕を見つめる女性が僕に駆け寄り「危ない!」と言った。気の毒そうな顔をして僕を見る女性。いや、なんすか?
……


犬の糞を踏んでしまっていた。クソッ!フンだり蹴ったりだ。わずか15分の休憩でなぜこんな目に…。犯人の犬は僕に向かって吠え立てる…。吠えたいのは俺の方だよ。飼い主がトイレットペーパーを手に駆け寄る。
飼い主「すみません。これ(トイレットペーパー)、どうぞ。」
米「………はい。」
渋々拭き取るオレ、米田。
飼「ほんとすみません。」
米「………もういいですよ…。」
テンションが下がりまくった僕は、残りの時間を無言で過ごした。乗車。女性の運転により発進。発券機通過。高速道路合流。僕は後部座席で寝た。
目覚めるともう高速を下りて、教習所の前だった。上がりきらないテンションだが、機嫌はそこまで悪くなかった。
このあと、学科効果測定があるからな。受からんと、技能のみきわめ試験が受けられん。満点を目指して、空き時間に猛勉強。
そして…
受かった。楽勝だった。しかし点数は98点。すごくうんこな点数だったけど、合格して一安心。明日は『特別技能教習』とかいって、一時間ミッチリ車庫入れをやります。がんばろ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。