楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亀田親子、厳重処罰
亀田親子が厳重処罰を食らったそうだ。僕は彼らの否定派だが(弘毅と父・史朗は特に嫌い)、ちょいと今時間があるので書きます。(始めに断っておくと、僕は格闘技ファンだが、ボクシングについてはあまり知らん。)
まず、反則行為がどうこうという話だが、僕としてはそこまで重い罪は見られないと思う。(史朗氏の試合前の威嚇は処分に相当するが。)例えばセコンドのデカい罵声や野次はPRIDEでのシュートボクセ陣と比べればまだかわいい方だし。第一、セコンドの声で試合が大きく変わるのなんで日常茶飯事だし。あの桜庭和志もセコンドとの会話を使った事あるし、ヌル山のセコンドなんて「殺せ!」とかいってるし(笑)これ、罵声でしょ?だからセコンドの指示はそこまで取り上げることはないの。『「目に肘を当てろ」などの反則を指示した』っていうけど、相手は日本人だもん。日本語の分かる相手だから、セコンドの声で動揺させるのは常套手段やん。何を今更(笑)ま、その指示を聞いてほんとに目に肘をやったらダメだけどね。
で、最終ラウンドの投げだけど。K―1時代のボブサップを見てみろよ(笑)特に中迫戦。反則負けやん(笑)何?亀田は倒してからパンチを出した?フランソワボタはどうよ(笑)てか、サップもやった(対ボンヤスキー戦)しな。須藤元気はK―1の試合でフランケンシュタイナー(あとで飛び付き三角締めと判明?)やったぞ(対小比類巻戦)。アレクサンダー大塚は菊田にわざと急所蹴りやったし。あ、マイクベルナルドは失神したグッドリッジを踏み付けたし、バンナ(だったっけ?)はゴング後のパンチで相手を怒らせたよ。さらにさらに、藤波辰爾さんなんて、タップしてもドラゴンスリーパー離さないんだから(笑)
僕が言いたいのは、ボクシンの試合はルールが厳格すぎるってことと、亀田への処分がややキツいってこと。ま、処分をキツくしたのは、最近バッシングが増えて来た『人気者』の亀田をいったん潰す事で、世間の目を向ける事と『ファンの気持ちを察してるぞ』とアピールする意味もあるんだろうけどね。
勘違いしないで欲しいけど、上に『ルールが厳格すぎる』って書いたのは、あくまで試合中の反則に対しての事ね。亀田はやりすぎた。試合前の挑発とか、マスコミへの対応はちょいとヒドいからな。その割に、試合ではガードを固めたカウンター狙いだし(笑)そのへんの‘罰’だと思えば、今回の処罰はいいけどね。
で、もう一つ。なんか一部のコアなファンの間では、『亀田がヒョコッと王座に挑戦したのがおかしい。協会も問題ある』っていう意見があるようだけど。僕はボクシングというのはスポーツであり、協会からすりゃビジネスでもあるわけだからそんなにおかしくないと思う。亀田がブームになった時、国民(特に女性)はその個性に沸いた。当然のように亀田は勝ち続けた。そんな中、ボクシングを詳しく知る者(昔の選手や本物のファン)からは『強い相手と闘ってない』などの批判が来た。ただでさえもボクシングは正直一般化しきれていないスポーツ。『強い相手と闘ってない』という意見を肯定するものが増えて来た。さっきもいったように、協会からすりゃボクシングはスポーツでありビジネスだ。ファンの要望に応えなければ廃れる。そこで『強い選手』をぶつけることにする。しかし問題は誰が『強い』と判断するのか。人数比から見てもボクシングのにわかファンの視点でみるのは必至。じゃあだれが『分かりやすく強い』のか。チャンピオンしかない。それも八百長の起こりづらい日本人だ。というわけでビジネス的プロセスから亀田が日本人チャンプと当たるのはしょうがなかったわけだ。では、試合をタイトル戦にするのかどうか。するでしょう。もしノンタイトルで亀田が勝ったら「協会は亀田を王者にしたくない」とか「タイトル戦まで話題を引っ張るためにノンタイトルだったんだ」とかになり、結局協会が損をする。つまり、たとえ今までに類を見ない事でも、『亀田が日本人とタイトル戦をする』という筋書きは、出来て当然なのだ。しかもさっき言ったように、ボクシングはまだまだ一般化してないから、亀田のこの飛び級挑戦がおかしいなんて事、普通の人は分からんからね。僕も今朝、兄の話で知りました。こんなに書いて言うのはなんだけど、上に書いた通り僕はボクシングについてあまり知らないので(笑)
で、何が言いたいかっつーと、以下の9つ。
①ボクシングは試合中の反則にはもう少し寛容になるべき
②今回の亀田の反則行為への処罰は重いけど、これまでの『余罪』を考慮すれば妥当。
③スポーツなんだから、最低限のマナーは守れ(to史朗、山本KID徳郁)。
④協会が亀田に飛び級挑戦させたのは、ビジネス面から考えると必然
⑤弘毅は髪型を直した方がいい。
⑥映画の試写会ぐらい、笑顔で対応した方がいい(to沢尻エリカ)
⑦僕は亀田否定派
⑧僕はボクシングのにわかファン…下手したらファンですらない
⑨PRIDEの復活を望む

うん、まぁこんなとこ。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

沢尻エリカ、釜山映画祭舞台あいさつの裏で生着替盗撮がばれてた

今最も注目を集める若手女優の沢尻エリカ。人気急上昇中の上野樹里や中川翔子らを集めて「沢尻会」なる会合を開いていて“エリカ様”と呼ぶオキテになっているとか。高校時代は、渋谷を縄張りにし派手なメイクとブランド物で固めたギャルファッションでセンター街を闊歩して かすぴんのタレント裏情報【2007/10/18 19:37】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。