楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダンス、1時間のみの復活
今日はまたハードでした。朝から計画ずれまくり、吠えまくり。夏休みはどうなるのでしょうか、米田一弘です。

朝、9:00に起きてK先輩(100分の1の男)の送別会の店を予約。…しようとしていた。起床、11:00。慌てる気も起こさせない悲壮感。着替え、パソコンで店の電話番号をゲッチュ。電話。
営業時間外だそうです。お前調子乗るなよ。焼肉屋とは言え休日の昼営業しないって商業戦略間違えてるだろ(笑)マーケティングマネジメント論推定成績『B』のこのオレが一からたたき込んでやろうか?
さんざん他の店を検索し、昼経過。昼食。13時から逆ギレ暴走開始。哲学のレポートを作成。本当ならば『13時に家を出て集会室復活→あわやのダンス復帰→同期との感動の再会→マーケティングマネジメント論のテスト終了後は話せなかったR君(シャイニングブレイカー)発見→駆け寄る米田→R君のカウンター掌底』というパターンだったが仕方がない。
『ニヒリズム』について2500字語るのは思ったより大変だったが、ブログの成果だろうか。クリア。ノート見て内容理解し、携帯に2500字の文を打ち、家のパソコンに送り、ワープロに写して印刷…2時間で出来たのは大したもんだ。
結局送別会の店が焼肉屋に決まったのは16:00ごろ。直後にダンスへ。

行きの電車。隣りで扇子を扇ぐおじさん。風が僕にもくる。ラッキー。その間、僕は一抹の不安を抱えていた。
‘2週間丸々集会室行ってないけど、その間に同期がいじり方忘れてたらどうしよう…’
大学に着き集会室に入った。
真っ先に目に飛び込んで来たのはK先輩(レジェンドオブ肝試し)。
「あ、ヨネか…」
なぜ少し落ち込む?
R君(シャイニングブレイカー)も発見。
「ヨネ、2週間の間でお前の場所は完全になくなった。」
この夏もいじられキャラで行くことになりそうです。そういえば、僕がいじられ始めたのは去年の夏合宿での食事の席でM君(暴れん坊将軍)に動機なく殴られてから。去年海で砂に埋められたのは確かM君(若武者)だったな…あれは面白かった。今年はやっぱり僕なのだろうか…。同じ事をやってパイオニアに勝てるわけがない。今年は空気次第では砂ではなくコンクリートかなんかに埋められよう。きっと盛り上がるぞ。


2週間ぶりの練習。
「ヨネ、『ウィッチウェイ』見てやる。やってみ。」
久し振りのM先輩(鬼ロッカー)による指導。もちろんやってみせた。M先輩は言った。
「うん。」
2週間も集会室に行かなかった罪なのだろうか。そこになんのアドバイスもいじりもなかった虚無感が漂った。


サークルの大半が出席する会合・月例会が始まった。8月の酒乱花火(去年は参加出来なかった伝説の企画。『ミスターヴァーリトゥード』ことK先輩主催)の告知や夏合宿の説明がなされ、その後K君(飲み会ハッスラー)がその場に立った。彼は神妙な面持ちで語り始めた。
「あの…今年の夏なんですけど。オレ、なんか面白い事やりたいと思って…。前メーリス流したんですけど…みんなで水鉄砲買いませんか?」
口調と内容の不適切感はさりげなく僕を爆笑させた。しかし水鉄砲?買いませんよ。どうせ撃たれんのオレだろ?水鉄砲より欲しいものがある。盾だ。盾を買え。こちとらはなっから攻撃系のアイテムなんて求めちゃいねぇんだから。

月例会が終わり、夏に行われる1、2年生主体のサークルの枠を超えたイベント、『イベントQ』に出るチームが初顔合わせ。I先輩(ギリギリ履修申告完了男)、T君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)、Y君(省エネロッカー)、後輩T君(ポッパー。)、そして僕だ。ジャンルを超えたチームを編成し、それに僕を誘ってくれたI先輩に感謝する。そしてそのキャパ越え具合から、イベントQでもう一つ出ようと思っていたロックチームを諦めた。僕から志願して入れてもらったチームでだいぶ自分勝手な抜け方をしてしまったけど、夏はホントに死ぬか生きるか。夏合宿でロックチームをやって、もう一つロックのチームをやる。イベントQでI先輩たちとチームで出る。合宿直後のイベントB(3、4年生主体のサークルの枠を超えたイベント)に先日クラブイベで入れてもらったロックチームで出る。そしてその後高校時代の友人とのダンスチームでイベントに出る。その後学園祭に向けたオーディション用の振りを入れてもらう。…死ぬのか、オレは。

幹事としての仕事が始まった。始めは『明日』『人数不明』『予算不明』『時間不明』『場所不明』だった条件の下、僕は店を予約した。今の僕なら何でも出来ると確信し、店に向かった。
メンバーは8人。B君(連盟に出たハウサー。歯ブラシを貸してくれた)、M君(暴れん坊将軍)、M先輩(鬼ロッカー)、B先輩(人々に『変態』と仰がれて久しいハウサー)、J先輩(巨匠)、A先輩(本日大ブレイク。天然ハウサー)、僕、そして無論主役のK先輩(100分の1の男)。店を出る数十分前にD先輩(疾風)が現れるまで、このクリーンナップで戦った。
ビールが来た。
K先輩「ヨネ、面白い乾杯して。」
ヨネ「え、K先輩なんですかそのフり(笑)最後の最後でK先輩まで僕の敵になるんですか?」
といいつつ、そこはいじめられっこ歴1年の僕。幹事として乾杯を求められる事ぐらい分かっていた。
ヨネ「本日はお集まりいただきありがとうございます。」
M君「お前のために集まったんじゃねぇよ。」
ヨネ「本日はK先輩の送別会と言う事で。急な企画となってしまったにもかかわらずこんなに集まったのはやはりK先輩の人望なのかなと…」
M先輩「長い!」
ヨネ「唯一の味方でありますK先輩がいなくなって、僕は一体どうなってしまうのでしょうか。」
K先輩「確かに(笑)気になる。」
ヨネ「『K先輩、頑張ってください』というよりは『僕、頑張ります』。乾杯!」
一年前は見事噛んで予定していた乾杯が出来なかったけど、リベンジした。
幹事として、珍しくトークもしまくった。M先輩のキレあるツッコミ、M君によるリアクションしやすいいじり、J先輩やロッカーの鮮やかな誘い笑いで大盛況。ああいう仕事が出来る人間になりたいものだ。
そんな中、僕の左隣りにいたA先輩はつわものだった。
M先輩「A先輩~。すみません。生ビール2つ頼んでもらえますか?」
A先輩「いいよ~。(店員に)すみません、生ビールを3つください。」
M君「さりげなく一つ足してきたよ(笑)」
A先輩は今までほとんど話した事がなかったけどホントに面白い人だった。
店員「こちらのお肉は塩にしますか?タレにしますか?」
A先輩「みんな~、塩とタレどっちぃ~?」
M先輩「お任せしますよ。」
A先輩「(店員に)じゃあおまかせで。」
ヨネ「店員に任せちゃうんですか?」
店員が去った後も暴走はやまない。
A先輩「あたしKさん(ちょんまげイケメン伝道師・K先輩の事。)と高校のバドミントン部で一緒だったの!」
ヨネ「マジすか!?全く知りませんでしたよ!」
A先輩「仲いいんだよ~。高校のクラスで今もたまに同窓会やるんだけど、一緒に幹事やるんだ。仲良し3人組なんだよ、あたしとKさんとたか子ちゃん(仮名)。」
ヨネ「え、『たか子ちゃん』?それもサークルEですか?」
A先輩「違うよ。」
ヨネ「じゃあなんで唐突に出て来たんですか、『たか子ちゃん』www」
しばらく焼き鳥を食べた後は…
A先輩「じゃあヨネも『変態同盟』入る?」
ヨネ「『じゃあ』って何から来た『じゃあ』ですか(笑)てかなんすか、その明らかにマイナスイメージな同盟は。」
A先輩「K君(1000の笑いを持つ男・K先輩の事。)たちのグループなの。ヨネも溶け込めると思うんだけど。」
ヨネ「それって薄く僕に『変態』って言ってますよね(笑)」

A先輩のおかげもあり、今日の送別会はすごく盛り上がった。一回携帯の写メ撮られた時は正直キツかったけど。昔それをきっかけに一人の大事な友達を失って以来、写メを敢行する人を見たら異様に暴れ出したくなり、写メを向けられたら動悸や吐き気を催すようになったのだ。実は先日の高校イベントの打ち合わせ時に最後にやられた嫌な事ってのもこれ。世の中から、写メというものが無くなる事をただひたすら祈ってます。


帰りの電車でメルヘンチックな格好しているおじさんを発見した。髪型はあれ、なんて言うんだろう。ポニーテールが左右一つずつみたいな。僕はそういういわゆる『変な人』に対する偏見はそこまで強く持っていない。『変』なんて基準は所詮他人とずれる事を恐れた人達が大衆派について他を蔑む防御行為に使うワードにすぎない。第一僕自身これまで生き方や考え方を披露するごとにそう言われて来た東洋の神秘だ。
しかしこのおじさん。ダブルテール、お姫様系ワンピースと見せかけ下は制服調のスカート(おそらく別売り)、ルーズソックスという出で立ちにもかかわらず鞄は…


ビジネスバッグ。いやいやそこはバスケットか何かでしょう(笑)
そして手に持っていたもの。それは…



DS。いやいやそこは熊のお人形さんでしょう(笑)
おじさん、徹底せよ。


今日もこんな時間に。明日は9:00に起きて哲学のレポート提出のために大学に行きます。11:00には帰って13:00からバイト。
これから施設係の仕事を1時間。出来ればバイト先のスタッフのメンバー紹介。ま、無理だな。

明日のブログは、久し振りの変則ブログです。題して『喩えブログ』。あらゆる文章を隠喩、直喩などを使ってたとえまくります。きっと長文ですな。つらいぞ!!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。