楽しい事を中心に、日記・エッセイ・格闘技批評・・ 色々やります。是非見てください!


プロフィール

米田一弘

Author:米田一弘
本名:まだ秘密。時がきたら。
趣味:格闘技観戦(テレビ、生)
血液型:O型
出身地:千葉
利き腕:右
利き足:分からない
好きな図形:二等辺三角形
好きな食べ物:レモン、梅、酢
好きな動物:アカセスジガメ
好きなひらがな:れ
好きな芸人:江頭2:50、上島竜平
嫌いな若手芸人:上記以外
嫌いな司会者:みのもんた、草野仁、黒柳徹子
嫌いな曜日:月曜日
好きな女優:松たか子
好きな格闘家:美濃輪育久
嫌いな格闘家:秋山成勲、曙

泣く子も黙る、本能系。格闘家、美濃輪育久に憧れるあまり、自らを『リアルプロレスラー』と勘違いしてしまった経緯を持つ。部活では叫びながらランニングをこなし、風呂では素もぐりの自己記録挑戦中に溺れかけ、飼っている亀の水は30分でかえてしまう。高校入学直後、自らを見つめなおすたびに出るため単身ハワイへ。友人に会う。帰国後、猛勉強を開始。「キモい」といわれる。
(一部嘘あり。)
余談だが、母の作るおにぎりは異様にデカい。3つで僕の胃袋を満足させる特性を持つ。そんな期待に応え、僕は彼らを食べる場を選ばない。ある時は電車で、ある時はバスで、そしてまたある時はショッピングモールの食品売り場で食べ歩く。「胃袋に空きがある限り、僕は食べる」が信条。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


憎悪記念日
面白い事が起これば起こるほど、‘これ、ブログにどう書こう’と悩むようになった米田です。これが噂の『ブログ中毒』なのでしょうか。
夏休み最終日となった8/24。10:00からの学園祭ロックのコマを受けに学校へ。前日に僕が、この僕が、施設係としての任務をこれでもかとばかりに全うしている米田が交渉により獲得した集会室Fにいった。コマ責のK先輩(ちょんまげイケメンポーズ伝道師)がドアの前にいた。まだ誰も集会室を開けてないらしい。去年の今頃、僕らの代はコマの30分ぐらい前に来て自主練をしたもんだ。今年の一年生にはそんなヤツがいない。オレがちょいとシメてやる。きっと返り討ちだからやめておく。
集会室の場所取りじゃんけん(1か月後の集会室を決めるため、他サークルとする。)の今日の当番が代理を求めるメーリスを流した。男として、ブランクを乗り越えはるばる受付へ。僕が代わりに行ってやる。ちゃんとその勇姿を褒めてもらおうと、メーリスで
『番人の私の出番のようだな。』
とサークル全体にお届けしたこの”米田一弘夏の変”。このメーリスを見たT君(守護神)からのちに
「‘朝っぱらからこんなメールするなんて、ヨネって暇なんだな’と思った。」
と奨励された。
代理のじゃんけんで華麗に散って、再び集会室へ。コマが始まった。今注目株はT君(フロムオタクトゥーロックフロム埼玉)。髪を切ってからというもの、自らもコマ責を務めるミニ学園祭ロックのコマは8月24日現在3回中1参加1欠席1早退。いいペースで信頼を失っている。この学園祭コマの方でも才能の片鱗を見せる。Y君(省エネロッカー)と揃って遅刻。その割に怒られずに合流。遅れて来た後輩H君(お土産を買って来てくれた。複数個いただいた。)や後輩Sさん(夏合宿でロケット花火を与えたら、普通にこちらに噴射。)がコマ責のM先輩(鬼ロッカー)に軽く叱責されているのを見て
「遅刻とかマジふざけんなし」。
M先輩による『ウォーターゲート』(左右に軽やかにステップする技)の指導があった際は
「♪ナナナナ~ナナナナ~」
と今はやりのイロモノ系お笑い芸人を完コピ。下ネタ系の声や奇声の連発。ラインチェンジ(後ろでコマを受けている人もわかるように、定期的に前後の列が入れ替わる事)の指示にもあまり応じない。この秋、ヤツは来る。

11:30にコマが終わり、Y君とM君(暴れん坊将軍)というなかなか珍しいトリオで生協へ。膝のサポーターを買おうとするM君。
M君「この間お前がオレの取るからだぞ。」
ヨネ「ごめんね。」
何度も言うがもともと僕のなんだから、僕にそこまで非はないと思う。
M君「オレはこの800円のにしようかな。あ、ヨネ。こっちのサポーター買ってみろよ」
僕は持っているのだからそこまで買う必要はないと思う。
Y君「膝頭のところがポッカリ穴開いてるwww」
M君「そうそうそうwww結局なんの意味がないってゆーwww」
それではそこまで買う意義がないと思う。
ヨネ「てかこっちのはなんで4000円もするの?www」
笑い事ではないと思う。


なんとこのトリオ、全員プロレスと格闘技が大好きと言う奇跡のコンビ。一冊の週刊プロレスを全員で立ち読みした。もしこの3人でダンスチームを組んだら、チーム名は『週刊プロレーズ』で決まりだ。

Y君「集会室に戻る前にオレの仕事見る?」
僕が『施設係』、M君が『イベントオーガナイザー(イベントの場所や時間の調整を組む係)』、M君(若武者)が『DMC(映像や曲のアップ、ホームページの管理などを行う。)』、T君が『企画係(打ち上げなどの会場や参加者調整を行う)』を受け持っているように、彼は『たまり係』を担っている。毎日昼休みに行われている『たまり』の教室を予約するのだ。
Y君「月末に一回、暇な時に学事センターにいけばいいんだ。先着順だけど、行けばづこかしら場所は取れるんだ。もう楽すぎて逆に忘れるんだよね。てか一回忘れたし。ま、オレたまり行かないからいいんだけどさ。メーリス流すのはメンドイね。実際これだったら他校生でも出来るんじゃないか疑惑があるんだ、アヒャヒャヒャヒャヒャwww」
その瞬間、僕はサークル内で苦労を見せずに働くすべての者を代表して彼に憎悪を覚えたのだった。
いつも5人前後しか来ないたまりなのに、場所申請の時『予定人員』の欄に『50名』と大ボラを吹くY君には驚いたが、こうして彼の任務は終わった。

施設の受付に行き、昨日の引継ぎミスを挽回。
ヨネ「昨日M君、電話して来たじゃん?あろうことかM先輩に電話代わったじゃん?でもこのミスって前M君もやってたよね?」
M君「うん、オレたびたびやってるよwww」
Y君「オレ、集会室の鍵のもらい方知らないんだ。『差し替え』とか『場所取りじゃんけん』のやり方も。でも知ろうとする気持ちもないんだ。アッヒャッヒャッヒャwww」
M君「普通にY君は先輩としてあり得ないからね。」
Y君「アッヒャッヒャッヒャwww」
ヨネ「………。」
真の怒りを覚えた時、人は黙るものだとそのとき悟った。
昼飯を抜き、13:00から2時間のミニ学園祭コマにうつった。同じ集会室にいながら、Y君はこのコマに出ない。後輩Tさん(来往舎で爆睡)とニヤニヤ話して、ちょこちょこ『ヨネ』というワードを使っては、こちらを向いてあざけ笑う。コマを受けている者たちが
「Y君はコマやってる事に気付いてないのか……?
と不安がる中、その実態を知る僕は言った。
「彼はミニ学園祭、先ほど辞退を表明しました。」

「なんで?」
と周囲が問う中、また僕は答えた。
「『モチベーションが上がらない』そうです。」
ダントツで人間として最下部にいるY君。二つの学園祭を控えているこの季節、モチベーションが上がらないのは彼だけだ。

コマではT君(フロム埼玉)が僕と後輩H君(年上の後輩。T君同様、わりとチャラい系)にキザな感じの振りを入れた。3人で踊るパートらしい。
ヨネ「この振り、チャラいなぁ(笑)」
T君「チャラいっしょ(笑)」
ヨネ「オレ『チャラい』って言葉の対極に位置してるんだけどwww」
どうも。『ミスター責任感』こと、米田です。
僕のチャラい系の振りにM君(将軍)は「お腹いっぱい」発言、K先輩(伝道師)が笑い転げる。だいぶ温まったのでよかった。
立ち位置が入り、僕は4カウントでステージの右から左へ移動する事に。ガチ走りしても次の振りに間に合わない。
「技やりながら移動すれば?」
「逆立ちで移動すれば?」
「『前転』は?」
「『シフト』は?」
などと同期、後輩問わず奇怪な解決案が飛ぶ。
ちょうどその時、移動前の立ち位置が僕と対極のMさん(鬼神)が「左から右に移動したいのに間に合わない」と名乗り出た。なら簡単だ。移動前の立ち位置を僕と交換すればいい。M君(将軍)に言った。M君は言った。
「あーなるほどね。でもこのままで試しに一回やってみようよ。」
意図が分からない。そして原告側であるMさんもこの期に及んで
「ヨネの汗の跡、なんかヨダレみたいwww」
と僕の代謝まで馬鹿にする。

結局立ち位置は無事変更。波瀾万丈のコマは終了。結局2時間、自主練すらしていないY君と合流。
「後輩Tさんが『ヨネ先輩とは絡みづらい』って言ってたよ。」
「後輩Tさんが『ヨネ先輩はなんで髭剃ってないの?』って言ってたよ。」
「後輩Tさんが『ヨネ先輩はどんくさい感じ』って言ってたよ。」
内緒にすべき事を、後輩Tさんのいる前で僕に包み隠さず披露するY君。傷付く僕、気まずそうにする後輩Tさんを見て、すごく嬉しそうだった。

散々馬鹿にしといて
「マック行かね?」
と誘うY君。断ったが、後輩Tさんをも巻き込み赴く事に。
Y君「ヨネが死んでも悲しむのは地球上にいない。」
ヨネ「この地球には60億人もいるんだよ?」
後輩Tさん「ヨネ先輩、私は悲しんであげますよ。」
ヨネ「悲しんで『あげる』ってなに?」
Y君「よかったな、ヨネ。」
ヨネ「全然よくない。」
こんな会話でマックに入店。こんなメンツ、嫌だ。

ヨネ「あーまだメニュー決まってないや。後輩Tさん、先レジいいよ。」
後輩Tさん「私何も買いません。」
ヨネ「ごめん、じゃあなぜ来たwww」

集会室前のスペースで食事をする。騒がしかったのか、後輩S君(『かずひロック』を遅刻という名目ですっぽかした大胆不敵な男。)や後輩E君(ヨネに肩を貸し、僕は貸さなかった次代のヨネ候補)。
「コマ中、後輩E君がいじられてる時、ヨネが『世代交代か…』みたいな感じで凄く寂しそうな顔してたwww」
とこれまた余計な事を言うY君。今日は憎悪記念日だ。

そこに現れたのが我らが代表、M先輩(鬼ロッカー)。
M先輩「ヨネ、悪いけどオレ今からHip Hopのコマ受けるけん。この200円で2リットルの水買って来てくれ」
ヨネ「いいっすよ。」
ダンス歴2年、パシられ歴2年の米田は快諾。
「ここには一年生もいるのになんでM先輩はオレにパシらせたんだろうね。」
を最後の言葉に、僕はそこを去って生協へ。ついでに自分の分の2リットルの水も手に取りレジへ。パシられているのが第三者にもよくわかる展開へと持ち込んだ。

集会室に戻る前、Mさん(鬼神)に手招きされた。
ヨネ「何?」
Mさん「ヨダレみたいwww」
さっき聞いた。


集会室へ。一年前、右も左も分からずひたすら『ノック』などの基本技を練習したのを思い出し、ガチ自主練。『超強力』と宣伝されるヘアーワックスも、僕の発汗量の前にはその全ての効力を封じられる。Y君の
「何やってんの?」
の問いに、
「iPodで流れる一曲を丸々『ノック』して過ごそうかと思って。昔を思い出したくてさ。」
『昔はお前だってコマに遅刻しなかっただろ!?自主練やっただろ!?基礎練しただろ!?ミニ学園祭出ただろ!?』。そんなメッセージを込めて彼に送った魂の言葉。彼は言った。





「その練習、意味ないよ」。


17:30までブレイクの指導をしてくれたのはM君(将軍)。相変わらず、ブレイカーは指導の時妙に熱く、優しい。
そしてブレイクのコマが始まった。いつもコマで笑いを取るR君(シャイニングブレイカー)やK先輩(1000の笑いを持つ男)が不在の中、場を盛り上げたのはいつもは彼らのフォロー役に回るK先輩(レジェンドオブ肝試し)。バイプレーヤーとしてもメインプレーヤーとしても動けるテクニシャンぶりは見事。特に、
「オレはこのコマの前のハウスコマも受けて疲れてるんだよ!!休憩させろよ!!」
と力強く弱音を吐いたシーンが印象的だった。
コマはフロアの練習の他、『飛びシャチ』や『肘立て倒立』などもやりなかなか厳しいコマとなった。
コマのあと、明日の一発目の授業であるチャイ語の宿題のため早めに帰って来た。風呂や食事のあと、文字数が分からないチャイ語の宿題、『日記』へ。ここで役に立つのが当ブログ。だてに毎日長文を書いていない。春学期最終授業となった7/3の事について書いた日記さえ見れば、文字数なんて一瞬で分かる。




書いてなかった。何が『タンツーパイグ』だ!!

というわけで夜0:00から1時間ちょいで200字のチャイ語日記と、教科書の予習を終わらせた僕。これにて、夏休み完走。マジでこの夏…熱かった。『猛暑』って意味じゃなくて、気持ちが高ぶったって意味ね。休みの方が忙しいというパラドックスを熟知しつつ、イベントQが終われば‘まだ夏合宿がある’、夏合宿が終われば‘まだイベントBがある’、イベントBが終われば‘まだ高校のイベントがある’、高校のイベントが終われば‘まだ北海道旅行がある’…などと繰り返して来た。バイトでヘルプと再会と別れがあった。とある所にとある職業の方に会いに行った。辛い事、悲しい事を味わいまくった。だが、まだまだオレはやれる。ここで死んでも、悲しむ人なんていねぇんだから。
さぁ、2008年もあと数か月となって参りました。2009年まであと3ヶ月ちょい。2010年まであと1年と3ヶ月ちょい。まだまだやるぜ。てか、オレ米田!!!!


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。